自分で見て常に楽しめる、好きな世界観をつくれるリング【伊藤美佐季の大人のジュエリー】

Web eclat

<リング>自分の目で見て常に楽しめるリングは好きな世界観をつくって

ピアスやネックレスと違い、リングは常に自分で眺め、楽しむことができるアイテム。顔との距離もあるので、自分の顔だちに関係なく、好きな世界観を追求しやすいので、遊び心を存分に楽しんで。

軽やかさと、品格を重ねづける大人の余裕を

同じ手にアクセサリー感覚のリングと、クラス感ある凝ったつくりのリングを横レイヤード。ジュエリー上級者の余裕を感じさせる演出法。

リング〈人さし指〉(シルバーにゴールドコーティング)¥85,000/ショールーム セッション(ザ レタリング) 〈薬指・指先から〉「セルパンボエム」(PG)¥94,000・「キャトル ラディアント」(YG)¥375,000・「キャトル クラシック」(PG×WG×YG ×ブラウンPVD×D)¥740,000/ブシュロン カスタマーサービス(ブシュロン)

自由にダイヤモンドがのぞく画期的デザインにひと目惚れ

今、伊藤さんが最も欲しいと思っているのがこのリング。「指の間からペアシェイプカットやマーキースカットのダイヤモンドが顔をのぞかせる、贅沢さと楽しさが満喫できるこのリングは、つけるだけで幸せになれそう」。

リング「セルティ スィル ヴィット」〈人さし指〉(PG×D)¥4,400,000・〈中指・指先側から〉(WG×D)¥2,200,000・(WG×D)¥3,750,000/エストネーション(レポシ) ドレス¥71,000/メゾン・ディセット(ロゼッタ ゲッティ)

大人のおしゃれを完成させるために欠かせないのが、ジュエリー。知っているようで実は知らない、自分らしい選び方や最旬のつけこなしを、ジュエリースタイリングの第一人者・伊藤美佐季さんがお届け! 自分がつけるべき部位を決めたら、次はどんなふうにジュエリーをつけこなすか。エクラ世代におすすめの1クラス上のつけ方をご紹介。
大人のおしゃれを完成するために欠かせない、ジュエリー。でも、自分に似合うジュエリーの選び方や最旬のつけこなしなど、実は知らないことも多いのでは? ジュエリースタイリングの第一人者・伊藤さんが、自身が実践する“自分に似合うジュエリーの見つけ方”を伝授!
大人のおしゃれを完成するために欠かせない、ジュエリー。でも、自分に似合うジュエリーの選び方や最旬のつけこなしなど、実は知らないことも多いのでは? ジュエリースタイリングの第一人者・伊藤さんが、アラフィー世代におすすめのピアスつけこなしテクニックを伝授。
大人のおしゃれを完成するために欠かせない、ジュエリー。でも、自分に似合うジュエリーの選び方や最旬のつけこなしなど、実は知らないことも多いのでは? ジュエリースタイリングの第一人者・伊藤さんが、自身も最も好きなジュエリーだと語る「ブレスレット」のスタイリッシュなつけこなし方法をレクチャー。
撮影/長山一樹(S-14) ヘア/JUN GOTO メイク/fusako(OTA OFFICE) スタイリスト/伊藤美佐季 モデル/田沢美亜 取材・文/大野智子 ※エクラ6月号掲載 ※この特集中の素材略記は以下のとおり。YG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールド、PG=ピンクゴールド、RG=ローズゴールド、PT=プラチナ、D=ダイヤモンド。  
関連記事
  • 読者に聞いた「柄アイテムが着たいのはこんな時」ランキング☆20代の働く女子、MOREインフルエンサー「モアハピ部」に聞きました!「どんな時に柄アイテムを着たくなりますか?」仕事に恋に女子会に、大忙しな20代後半のモア世代。みんなは一体どんな時に、どんな理由で柄アイテムを着てる? 共感の嵐&意外な意見も飛び出した!?3位 写真を撮りそうな日・デートの時「旅行の時は、その国や場所に合わせた柄を選びます」(No.643 ちーぽんさん)のように、写真を撮る機会の多そうなイベントに合わせて柄ものをゲットする人も多いみたい。また、華やかに見せたいデートでも柄は活躍。「女性らしさを演出するのに使います」(No.557 ゆずさん)、「デートで可愛らしさをプラスしたい時に!」(No.617 ひろみんさん)その他には……◆時短したい時 「着るだけで女の子らしくなれる柄アイテムは、時短になり重宝しています」(No.687 みこみこさん)、「一枚でおしゃれしてる感が出るから、あえて近所への買物に柄ものを選ぶこともあるんです」(No.674 にゃんこさん)◆仕事の日 「清潔感、上品さ、季節感を兼ね備えているチェック柄は平日にも活躍するので、毎年買い足しています」(No.562 しょこたうるすさん)、「柄があるときちんと感の中にも、ちゃんとしゃれ感を出せるのがいい」(No.457 samenyanさん)◆自分を印象づけたい時 「好印象なストライプ柄は、仕事で初めましての方がいる場で着ます」(No.510 MIYUさん)花柄のロングワンピース¥27000/フレイ アイディー ローゲージニット¥18000/フリークス ストア渋谷(フリークス ストア) ロングブーツ¥38000/オデット エ オディール 新宿店 ショルダーバッグ¥16800/ショールーム セッション(ヤーキ) シルバーピアス¥28000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店 メガネ¥32000/アイヴァン PR2位 女友達におしゃれって思われたい時わかりやすくおしゃれしてる感をアピールできるし、何よりほめてもらえるから、という理由で、女友達と会う日に柄アイテムが選ばれていました。特に、話題のトレンド柄を着ていく人が多いみたい。「コーデをほめてもらえる女子会には、旬の柄を。どんなに素敵に着こなしてもはやりの柄は、男性には理解されないことも多いので(笑)」(No.562 しょこたうるすさん)ストライプ柄のバンドカラーシャツ¥17800/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) アニマル柄のゆれ感スカート¥9000/N.ルミネエスト新宿店 パイソン柄ミュール¥32000/アマン(イエナ×ペリーコ サニー) 黒バッグ¥31000/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ロザ ルー) 地金ピアス¥2296/サードオフィス(ROOM) 時計¥28000/オ・ビジュー(ロゼモン) 1位 気分を上げたい日「好きな服でテンションを上げたい時には柄アイテム!」(No.697 よーすけさんたまりあさん)、「華やかになって、あか抜けるから着ていて元気になれるんです」(No.457 samenyanさん)と、いちばん多かったのは自分の気持ちを高めるために柄ものを着るという意見。なんだかさえない日や、ここぞという日。柄のパワーを上手に使って毎日を楽しく賢く過ごしていました!つまり……気分を上げたり“印象操作”をしたり。柄ものを上手に使えば毎日が充実する!チェック柄のジャケット¥49000/アンティット ネイビーのブラウス¥9990/プラステ グレーのスティックパンツ¥21000/スタニングルアー 青山店 白甲深パンプス¥8800/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店 チェック柄バッグ¥35000/コード(ヴァジック) パールピアス¥11000/フリークス ストア渋谷(ヴェラッティ) 時計¥28000/オ・ビジュー(ロゼモン) ベルト¥6800/ユニバーサルランゲージ渋谷店 ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/谷口大輔 ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/鈴木友菜 スタイリスト/石田 綾 撮影協力/とらや赤坂店 LYURO 東京清澄 -THE SHARE HOTELS- PITMANS プロップス ナウ アワビーズ TITLES
  • 着映えするグレー×ピンク配色コーデなら同性の上司受けも好印象でばっちり※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます仕事もできて人間的にも尊敬できる女性上司と1年ぶりのランチ。10月16日はボスの日ということもあって、私おすすめのお店でランチを予定。いつも華やかな上司を見習って女性らしさときちんと感を両立した着こなしでスタンバイ。ジャケットのインにはボウタイブラウスで華やぎを、スタイルアップを意識したハイウエストパンツでキリッとシャープに、オフィスコーデを楽しんで。ジャケット¥78,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) ブラウス¥29,000/サード マガジン パンツ¥36,000/ebure メガネ¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(イレスティーバ) バッグ¥46,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥48,000/エストネーション(ペリーコ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「テーラードジャケット」の関連記事もチェック
  • 年を重ねていくと、増えていく髪のお悩み。うねりがひどい、カールを持続させたい、ほつれ毛どうにかしたい……それぞれの悩みにあわせたスタイリング剤を選べば解決。美容のプロたちが、エクラ世代におすすめのスタイリング剤を教えてくれました。1.エッセンシャル flat くせ・うねりときほぐしセラム 「最先端テクノロジーでうねりを根本からケアできます。加齢によるうねりストレスを解消」(美容ジャーナリスト・安倍佐和子さん)。「広がり、ゴワつきがなくなり、顔印象さえ変わる髪質になれるのを実感」(美容家・神崎 恵さん)。「これをつけてからブローすると、ふにゃっとした私の髪もうねりにくくなるんです!」(美容ライター・中島 彩さん)。 120㎖( オープン価格)/花王(10月19日発売/オンライン限定発売中)2.コキュウ メロウセラム 「ほどよいセット力があるのに、何度でも手グシを入れられる再現性の高さがあるため、剤をつけすぎる心配がありません。ナチュラルで絶妙なやわらかい毛流れ&ニュアンス質感を楽しみたいときに」(『marr』美容師・masatoさん)。 70g ¥2,000/セフテイ3.エルジューダ ポイントケアスティック 「季節の変わり目など、ふわふわと浮いてしまう中途半端な“浮き毛”が多い時期に、マスカラ状のブラシでなでるだけで収めてくれます。つけている感覚がなく、自然で美しい仕上がりに」(ヘア&メイク・広瀬あつこさん)。 15㎖(美容室限定品) ¥1,500/ミルボン他の画像を見る撮影/西原秀岳(TENT) 取材・原文/松井美千代 ※eclat11月号掲載
  • DAY17 この絶妙なレイヤード、自撮りせずにいられない!自分でもびっくりするくらい今日のコーデがいい感じなので恥ずかしながら自撮りしちゃう! しかも英会話教室の鏡で(笑)。妹の“映え映え病”がうつったかな。このワンピがパンツレイヤードと相性いいことすっかり忘れてた。さりげないジオメトリック柄は、花柄ともケンカせずなじみ、むしろ引き立てている。黒タートル、黒靴、黒バッグとまわりを黒でまとめるのが大事。花柄のロングワンピース¥27000/フレイ アイディー ジオメトリック柄のワイドパンツ¥14000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店(ブラクトメント) 黒タートルニット¥15000/アンタイトル ロングブーツ¥38000/オデット エ オディール 新宿店 黒バッグ¥31000/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ロザ ルー) 地金ピアス¥2296/サードオフィス(ROOM) シルバーバングル¥70000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店▶︎▶︎▶︎『柄アイテムが必要だ。着回し30days』とは? ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/谷口大輔 ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/鈴木友菜 スタイリスト/石田 綾 撮影協力/とらや赤坂店 LYURO 東京清澄 -THE SHARE HOTELS- PITMANS プロップス ナウ アワビーズ TITLES
  • アラフィー世代の定番のコーディネート術「ワントーン」。これまで主流だった色のグラデーションだけでつくる華やかな印象のワントーンから、この冬はメンズライクな色を加えて、装いのムードを刷新! グレーのワントーンスタイルにカーキのワンピースを重ねた、ハンサムな印象と女らしさが絶妙にマッチしたスタイルをご紹介。グレーはカーキを加えることでメンズライクなムードに刷新!これまで主流だった色のグラデーションだけでつくる華やかなグレーのワントーンから一歩進んで、この冬は濃いめのカーキを取り入れたメンズライクな色の広がりに挑戦したい。タートルニットにワンピースを重ねることで、ハンサムな色の中に女らしさを感じさせる装いに落とし込むのが大人流。 ワンピース¥89,000/エイトン青山(エイトン) ニット¥25,000/スローン サングラス¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥18,500・バングル¥36,500/セシル・エ・ジャンヌ バッグ¥35,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(オーウェンバリー)靴¥101,000/ジミー チュウ >>新ワントーン 記事一覧はこちら撮影/金谷章平 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ RINA 取材・原文/坪田あさみ ※エクラ11月号掲載
  • クライアントと会うとき、会食のときなど、いつものスーツに華やかさが必要なときこそ「ボウタイブラウス」の出番。端正なノーカラー&テーラードジャケットにふさわしいボウタイブラウスの着こなしをご提案。ノーカラージャケットには存在感のある華やかなリボンタイプを首もとすっきりのノーカラージャケットには、大きめリボンのボウタイブラウスが好相性。こんなハイネックタイプなら、さらにきちんとした印象に。シルク100%で袖に大きなスリットが入った鮮やかグリーンのブラウスは、ジャケットを脱げばパーティにも通用する華やかさ。 ブラウス¥54,000/オットデザイン(ルーム エイト ブラック) ジャケット¥66,000・スカート¥39,000/SANYO SHOKAI(ポール・スチュアート) ティペット¥37,500/ガシュロウ アンド コール(ガシュロウ アンド コール) 時計¥1,067,000/ポアレ ジャポン(ポアレ) ブレスレット¥250,000・リング¥200,000/ベルシオラ(ベルシオラ) バッグ¥199,000/シーエイチ キャロリーナ ヘレラ銀座店(シーエイチ キャロリーナ ヘレラ)テーラードジャケットにはさりげなくなじむマニッシュなネクタイ風で一方、襟のあるテーラードジャケットには、さらりとたらすタイプのシンプルなボウタイブラウスがマッチする。こちらはシルク100%のしっとりとした素材感が肌に心地よいホワイト。Vネックのプルオーバーに細身のボウタイがドッキングした、使い勝手のよいデザイン。 ブラウス¥75,000/三喜商事(バンフォード) ジャケット¥120,000・パンツ¥56,000/東レ・ディプロモード(セブンティ) ピアス¥182,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥156,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥92,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク) >>働く女性のエグゼクティブコーデ&アイテム 記事一覧はこちら撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/吉村友希 モデル/生方ななえ 取材・原文/新田幸子 ※エクラ11月号掲載
  • 着こなしにムードをくれるノーカラーのシャツドレス旬でありつつも、ブレないきちんと感を備えた服だから、浮かないし、埋もれない。シャツドレスなら、ほのかに女っぽくなる。私たちにいちばん今必要なお仕事服!シャツのボタンを上まで留めて真面目に着ても素敵に決まる! ベーシックカラーでまとめ、洗練感と知的さをアピール。衿つきよりもコンサバ感がなくて、ヘルシーで、今っぽいノーカラーなら、紺ブレを重ねても変な堅苦しさはゼロ!ジャケット¥39000/プラージュ 代官山店(リアム プラージュ) ワンピース¥32000/アンシェヌマン(ルクスルフト) バッグ¥34000/オルサ(オルセット) ピアス¥12000/LIFE’s 代官山店 バングル¥8000/ココシュニック オンキッチュ 新宿マルイ店(ヨキ)知的なネイビーと旬なベージュ、自信をくれる洗練配色を味方に。ラフに肩はおりした紺ブレが、適度な抜け感になって。ジャケット¥55000/ザ ストア バイ シー 代官山店 ワンピース¥80587/シップス 有楽町店(クリスタセヤ) 靴¥30000/パリゴ 丸の内店(ピッピシック) バッグ¥18000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) イヤリング¥11000/アルアバイル(ドミニク・デナイブ・パリス) 時計¥24000/オ・ビジュー(ロゼモン) スカーフ¥18000/グラストンベリーショールーム(ア ピース オブ シック)甘すぎないけどちゃんと女らしさがある。こんな一枚が、大人の女性を目指す私たちには頼もしい! タートルニットとのレイヤードでアレンジも楽しんで。ワンピース¥48000/アンデコレイテッド ニット¥12000/アンティット 靴¥5500/ローリーズファーム バッグ¥8800/リリー ブラウン ピアス¥11800/シップス 有楽町店(ソコ)カッコよくて、女っぽくて。まさに今の気分にぴったりなバランス。シャツドレスのボタンは全開だとラフすぎるし、全部留めると重たげに。おすすめは、下半分だけ開けて、隙間からチノパンがチラ見えするくらいの抜け感。全体をパンツに合わせてアースカラーでまとめると、よりスタイリッシュに。ワンピース¥31000/アンシェヌマン(エルマフロディット) パンツ¥18000/ルーニィ 靴¥2490/GU バッグ¥9800/リリー ブラウン イヤリング¥1600/ジオン商事(スリーフォータイム) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/金谷章平 ヘア&メイク/林 由香里(ROI/翼分) 河嶋 希(io) モデル/本田 翼 佐藤栞里 土屋巴瑞季 スタイリスト/石上美津江
  • 「流行を弄ぶ」の精神で、新しい顔に挑戦!秋のメイク、アラフォーはどんな色、どんなアイテムを選べばキレイになれるの? そんな疑問に答えるべく、おなじみ美容家の神崎恵さんが登場! ■うるんだまなざしが色っぽいレッドシャドウで深みを出して 女性らしいレッドシャドウを核にしたメイク。「肌から浮くけど、浮きすぎずに魅力を引き出してくれるのがレッド。目もとをきわだたせるため、リップはヌーディにして、気配チークで目と唇のバランスをとって」カットレースブラウス¥18,000/パブリックトウキョウ ウィメンズ新宿店(パブリックトウキョウ) シングルピアス¥30,000・リング¥70,000/e.m.表参道店(e.m.)☆使用アイテム1)光を含んだベルベット質感がヌードカラーをシックに転ばせる。芳醇なブラウンベージュ。ザ ルージュ ベルベット BE801¥3,500/コスメデコルテ 2)ローズからベージュへのグラデーションが美しい。やや女っぽさ転びの"気配チーク"。ピュアカラー ブラッシュ  10¥5,500/SUQQU 3) どこかノスタルジックな偏光ピンクネイルは、愛らしさとトレンド感が入り混じる色。ルナソル ネイルカラー EX02¥1,500(限定発売)/カネボウ化粧品4)のばすとピタリとフィットして、ソフトなレッドの色みとつやめきがまぶたに広がる。インフィニトリーカラー 10¥3,200/セルヴォーク■シックな口紅×キラキラシャドウで大人の今を体現 女っぷりカラーのリップをつけた日は、目もとは控えめ。とはいえ、普通のヌード系ではつまらないからキラキラシャドウをプラス。「目はツヤのみ、唇はマットのバランスで」紺ブレ¥59,000/ebure トップス¥11,000/フローレント リング¥17,000(シンパシー オブ ソウル スタイル)/フラッパーズ イヤリング¥32,000/エナソルーナ神宮前本店(エナソルーナ)☆使用アイテム1)水面のきらめきを思わせるまばゆさ。クリアベースなので、どんなシャドウとも組み合わせられる。トーン タッチ アイズ 12・2)こまやかなピンクパールでひそやかに女っぷりを上げて。毎日、活躍必至なブラウンシャドウ。同 05各¥3,700/SUQQU 3)まろやかなブラウンなら洗練の指先を約束。服の色を選ばずつけられる。ネイルホリック BR363¥300(編集部調べ)(限定発売)/コーセーコスメニエンス 4)光を吸い込む真性マット質感が優美。女の格を高めるバーガンディ。ルージュ アリュール ヴェルヴェット エクストレム 130¥4,200/シャネル 5)しっかり引ける太筆と細く引ける極短筆のコンビが秀逸。ツヤラインで目をイキイキさせて。キッカ リキッドアイライナー W 03¥4,500/カネボウ化粧品【Marisol 9月号2019年掲載】撮影/天日恵美子(人物) John Chan(物) ヘア/津村佳奈(Un ami) メイク&モデル/神崎 恵 スタイリスト/石関靖子 取材・文/入江信子 構成/原 千乃
関連キーワード

RECOMMEND