CINOH、Scye etc.抜け感ある肉厚カットソー&とろみ素材ワンピ【Jマダムブランドの“ほぼノースリーブ”ワンピース】

Web eclat

体のラインを拾わない肉厚カットソーや、ドレープを効かせたとろみ素材をセレクト

ほどよく抜けのあるモダンさが魅力の「CINOH」

フロントのワンタックで胸もとに立体感を、また異素材であしらったポケットがちょうどいいしゃれ感アクセントに。明るめのネイビーで初夏気分に。

ワンピース¥25,000/モールド(チノ) 帽子¥23,000/エストネーション(センシ スタジオ) ブレスレット¥125,700/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) バッグ¥98,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥154,000/アパルトモン 青山店(ジュゼッペ ザノッティ)

1.オケージョンもOKな華やかさならVERMEIL par iena

しっとりとした肌ざわりのとろみ素材を使用。全体にたっぷり施したドレープが動くたびにドラマチックな雰囲気を演出。グログランリボンによる付属のベルトを軽く巻くことで脚長効果も発揮。ちょっとしたドレスアップシーンでも重宝する。

ワンピース(ベルトつき)¥20,000/ヴェルメイユパー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ)

2.トラッドを今どきに再構築するScye

きめが細かくさらりとした肌ざわりのカットソーは、肉厚感があるので体のラインを拾わず、まっすぐなシルエットでクリーンな印象に。一枚ではもちろん、レギンスに重ねた着こなしも今年らしく、白でも透けにくいからデイリーに活躍。足首が見えるロング丈は誰もが着やすい絶妙丈。

ワンピース¥25,000/マスターピースショールーム(サイ)

3.リュクスで女らしいたたずまいを演出するHYALINES

ニュアンスのあるピンクベージュが美しい、ツヤのある上質なシルクを使用したワンピースは、たっぷりのギャザーがつくり出す柔らかな表情が魅力。二の腕がすっきり見えるアームホールや、ウエストコンシャスなメリハリのあるシルエットなど、抜群の華やかさと着映え力を発揮。

ワンピース¥75,000/ストラスブルゴ(ハイアリン)

年々暑さが厳しくなる夏に向け、「やっぱり着たい!」という声の多いノースリーブワンピース。全体のシルエットや素材感、アームホールのあき具合など、細部にまでこだわったワンピースなら、ラクちんな着心地で大人の体型をきれいに見せてくれます。アラフィー世代から人気のブランドの“ほぼノースリーブワンピース”をお披露目。
年々暑さが厳しくなる夏に向け、「やっぱり着たい!」という声の多いノースリーブワンピース。膨張して見えないダークカラー×柄で、視線をひとり占めできる“ほぼノースリーブのプリントワンピース”を大公開。
年々暑さが厳しくなる夏に向け、「やっぱり着たい!」という声の多いノースリーブワンピース。一枚で美シルエットを形成するワンピースは、コーディネートいらずの嬉しい一枚。好きな色を見つけて自由にまとってみては?
撮影/西崎博哉(MOUSTACHE/モデル) 坂根綾子(物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ 撮影協力/アンダーズ 東京 ※エクラ6月号掲載
関連記事
  • 「後ろ姿がきれい」ってこれからの必須かも!肌見せの季節が近づいてきた! でもミニスカートで脚を出したり、オフショルでデコルテを見せるのはなんだか子どもっぽくなりそうで……。そんなover25歳のベストな肌見せは「背中」という説! 自分では見えないからこその無意識な色気、インナーで調節できるほどよさ、後ろを向いた時の意外性。これが全部、しかもカンタンに手に入る、背中見せワンピをおひとつ♡今日は何を重ねよう。コーデアイデアが無限に広がるイメチェン上手な一枚ブラウンと白を下に重ねてやわらかさと抜け感を。きれいめ小物でシックな佇まいに。ワンピース¥19000/ルーニィ タンクトップ¥7800/シンゾーン ルミネ新宿店 スカート¥11000/ノーリーズ&グッドマン銀座店 靴¥23000/ペレテリア ヒットマン(スペイン メイド パークマンション) バッグ¥7490/ロコンド(マンゴ) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) ピアス¥2280・ブレスレット¥2800/サンポークリエイト(アネモネ)ロマンティックな裾に対しての背中見せがいいギャップ。太陽の下で映えるオレンジカラーは夏のデートにうってつけ。¥29000/コエル深く入った背中のカッティングに、体に添うタイトなラインがセンシュアル。鮮やかなカラーを選べば、潔い女性らしさが手に入る。¥30000/シップス 渋谷店(ウーア)シックなネイビーのロング丈なら、バックシャンも気軽にトライ可能!フロントはデコルテが映えるシンプルなVネック。立体的な後ろリボンとのギャップではっとさせて。ワンピース¥7900/オンワード樫山(シェアパーク) 靴¥6500/コンバース バッグ¥29800/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) ピアス¥2055/サードオフィス(ROOM) ♡7月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/鈴木絵美 撮影/新田君彦(えるマネジメント) 坂田幸一(製品) ヘア&メイク/河嶋 希(io/理央分) 林 由香里(ROI/友菜分) モデル/内田理央(モア専属) 鈴木友菜 スタイリスト/高野麻子 撮影協力/AWABEES
  • シャープな顔立ちゆえにキツい印象を持たれてしまう猫顔さん。ピンクやベージュのやわらか色を駆使して、すべてのパーツの丸みを強調することで、顔圧ダウンして優しげに。目もとは淡い色のアーチ眉に、アイシャドウとマスカラで縦の丸みを引き立てて。リップ&チークもピンクを曲線的に塗り、ピュアな可愛げを演出。 【猫顔・犬顔】あなたはどっち?いつものクールな猫顔メイクはこんな感じ…チェンジ1.【EYE】やわらかな陰影で“縦の丸み”を演出1さりげなくまぶたに溶け込むベージュ系パレットで、ソフトな陰影を引き立てて。レ キャトル オンブル ルミエール ナチュレル ¥6900(限定品)/シャネル 2マットブラウンのまつげで、やわらかな奥行きを演出。RMK マットマスカラ N 02 ¥3500/RMK Division 3ほわっと抜け感のある眉をかなえる、ミルキーなブラウンの3色パレット。フーミー アイブロウパウダー N bright brown ¥1800/Clueパレット1abをレイヤード。アイホール全体と下まぶたに、縦幅を出すように丸く塗るのがコツ。眉は3cdを混ぜふんわりとしたアーチ形に。ブラウンマスカラ2を上下に塗り、黒目の上下は重ね塗りをチェンジ2.【CHEEK】大人ピンクをふんわり丸くぼかすなめらかになじんで、ふわっと色づくパウダーチーク。大人ガーリーなピンクを選んで、ほのかな甘さをプラス。ブラッシュ スプティルSP 330 ¥5700/ランコム大人ピンクのチークを、頰の中心に広く丸くふんわりとぼかす。ブラシで塗ったあとに、輪郭を指でぼかすとほんのり染まったようなやさしげで可愛い印象に【LIP】ピンクリップで上唇にボリュームをゴールドパールが潜むペタルピンク。アディクション  リップスティックピュア 023フェイク ロマンス ¥2800/アディクション ビューティゴールドのつやをたたえた甘すぎないスマートピンクのリップを直塗り。上唇はオーバーぎみに丸みを出すように塗ると、ふっくらとした印象に仕上がるソフトなカラーで丸みを引き出して端正な猫顔に曲線美とゆるっとした空気感をワンピース¥38000/リコドット(ステア) イヤクリップ¥8000/A few リング¥32000/トゥモローランド(アンコモンマターズ) (左ページ)オールインワン¥24000/トゥモローランド(マカフィー) ピアス(1個)¥5000/A few(モデル上)ワンピース¥38000/リコドット(ステア) リング¥32000/トゥモローランド(アンコモンマターズ)  (モデル下)オールインワン¥24000/トゥモローランド(マカフィー) ピアス(1個)¥5000/A few撮影/川原 歩(スーパーバイラーズ)、富田 恵(物) ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/辻村真理 モデル/谷口 蘭、シエル(猫) 取材・原文/長田杏奈 ※BAILA2019年7月号掲載
  • フラット靴しか履いていないのに、ちゃんときれいで女っぽい。パンツ派・SHIHOの「楽してきれい」なコーデ術をマスター! 旬のチェックパンツに、白スニーカーで安心感とこなれ感を投入 トレンドの目新しいチェックパンツが、定番の白コンバースでぐっと身近でこなれた印象に。仕上げに肩かけジャケットできちんと感、大ぶりピアスで女っぽさを足して。 スニーカー¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) Tシャツ¥14,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム  クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥65,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) ジャケット¥79,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) ピアス¥5,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ユナイテッドアローズ) バッグ¥90,000/TOMORROWLAND(ワンドラー)靴そのものに「品格」がある上質なレースアップ靴でハーフパンツもきれい見え パンプスに匹敵するきちんと感がありつつ、歩きやすいレースアップ靴は休日カジュアルの格上げにも大活躍。少年ぽくなりすぎないよう、トップスはギャザーブラウスでやや甘めに。 靴¥159,000/ドゥロワー 丸の内店(エドワード・グリーン) ブラウス¥36,000/デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店(グリントマティ) パンツ¥17,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) メガネ¥32,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(BJ クラシック) バッグ¥75,000/ジャーナル スタンダード  レサージュ 青山店(バッグ イン プログレス)クロップドパンツには シルバーの輝きで女っぽさをプラス! クロップドパンツを旬のグリーンにすればさらに上級者感がアップ。はおりとバッグは黒を選んであくまでシックな印象にまとめて。靴¥24,000/フラッパーズ(カルツァイウオーリ・フィオレンティーニ) ワンピース¥36,000(インディビジュアライズド シャツ)・バングル¥106,000(ソフィー ブハイ)/フレームワーク ルミネ新宿店 カットソー¥6,500/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス  ビームス) パンツ¥20,000/ヴェルメイユ パー  イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) イヤリング¥5,800/ティアラ(ラ ピエス) バッグ¥40,000/ウィム ガゼット青山店(イアクッチ)シンプルなワントーンにレースパンプスでレディな女っぽさをひとさじ 甲が浅いポインテッドトゥのおかげで、バランスがむずかしいワイドパンツでもすらりとした印象に。靴¥78,000/ヴェルメイユ パー イエナ日本橋店(ニナ リッチ) カットソー¥24,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) パンツ¥19,000/ジャーナル スタンダードレサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) メガネ¥32,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(オリバーピープルズ) ネックレス¥15,000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップ  オーディベール) バッグ¥21,000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) 涼しげなギャザーパンツを、スリッパサンダルでほんのりモードに ウエストがゴムになった薄手のギャザーパンツは涼しく快適。とろみ素材が女らしい一本を、ギャザー袖のシャツブラウスと合わせてふわっと女らしい印象に。一見ルーズになりそうな着こなしをローファー風の大人スリッパでかちっとモードに引き締めて。靴¥57,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(サルトル) ブラウス¥16,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) パンツ¥19,000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(フォンセ) サングラス¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ヴィクター&ロルフ) ピアス¥8,000/レリタージュ マルティニーク(エイム) バッグ¥10,000/TOMORROWLAND【Marisol7月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO 蛯原友里 
  • 旬コーデに欠かせないノースリーブを、きれいに大人っぽく見せるには? 選ぶポイントと着こなしのコツを簡単解説! 1 2 3 4 カラダがキレイに見えるディテールにこだわる 1[詰まりクルーネック] タイトなノースリは、ネックが詰まっていると上半身がひとまとまりに見えて全身がスマートに。コンパクトな上半身がバランスアップの秘訣 上品スポMIXで。 ニット¥12000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ) スカート¥8900/レンアイ ケイカク ルミネエスト新宿店 イヤリング¥1200/お世話や(Osewaya) キャップ¥4600/Kangol Headwear バッグ¥6000/ビームス ボーイ 原宿(ナプロン) サンダル¥12000/サン・トロペ(ヴィーセヴン・トゥエルヴ・サーティ)2[落ち袖] 肩を覆うように少し余分な布があるタイプは、二の腕をあいまいにしつつ、自然に女っぽく見える。ほんのり体が泳ぐシルエットでナチュラル可愛く 適度な柔らかさのニットが、つかず離れずの絶妙な距離感で体形をカバー。シャープなVあきは大胸さんもすっきり。リネンスカートとネオナチュっぽく。 ニット¥6400/N. スカート¥15800/ビームス ボーイ 原宿 イヤリング¥1600/お世話や(Osewaya) バッグ¥4800/ユニバーサルランゲージ 渋谷店 サンダル¥3990/セシール(イマージュ)3[袖フリル] トレンドの小さめについたフリルは、気になる部分から目線をそらしつつコーデも盛れてお得。全身すっきりなIラインに、フリルでポイントを サンドカラーでまとめて今っぽく。 ニット¥7900/ヒロタ(31 Sons de mode) パンツ¥9500/MERCURYDUO ベルト¥6500/ビームス ウィメン 原宿(レイ ビームス) イヤリング¥1700/お世話や(Osewaya) バッグ¥9800/& シュエットギャラリー 池袋サンシャインシティアルパ店 サンダル¥12500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)4[シャーリング] ボディのお肉を直接拾わずふわっとカバーしてくれる。縦に入るプリーツは視覚的にもすっきり!細いパーツだけ見せて、爽やか夏デニムコーデ シャーリングで肉感を逃がしつつ、縦ラインも強調される優秀なデザイン。デニムパンツと合わせて軽やかな縦長コーデに。 ブラウス¥1990/UNIQLO デニムパンツ¥6000/アダストリア(ローリーズファーム) イヤリング¥1400/お世話や(Osewaya) バッグ¥4900/ACCOMMODEルミネエスト新宿店 靴¥13000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)他にもある! 美人見えディテール透けデコルテ 胸元の透かし編みで、視覚的にボディのボリュームをダウン。すっきり美人見え。 ニット¥4990/エヴリス 新宿ルミネエスト店裾広がり Aラインに広がるブラウスタイプは、体の線が分かりにくい上に、相対的に腕も細く見えるメリットが。 ブラウス¥4900/UNRELISHニセ袖 袖口にレースを足したトレンドのデザインは軽やかに二の腕をカバーしてくれる。 カットソー¥4800/RD ルージュ ディアマン他の画像を見るモデル/貴島明日香 佐々木美玲 撮影/千葉太一(モデル) 齊藤晴香(物) ヘア&メイク/牧田健史 スタイリスト/松尾正美 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • 大好きなTシャツスタイル。毎年シーズンはじめに定番の無地のものを買い足しますが、今年はこのロゴTが目に入り気に入って連れて帰り大正解でした。 いつもプチバトーのぴったりしたTシャツを着ていますが、少しゆったりしたこのTシャツは着ていてとても心地よく、お気に入りの一枚になりました。 Tシャツはマルティニークで買った、Les Petits Basicsというブランドのもの。 袖丈も着丈も丁度良い長さで、肩幅が広い私でもゆったりとしていてとても良い着心地。 ちなみに、ロゴの意味は、「私は気にしません。」だそう。 はい!私も気にしません。 ロエベの籠バッグ、ペリーコのパイソンサンダルで大人のきれいめカジュアルに。 ターコイズの大ぶりのリングはミラノ在住の友人が買い付けてきてくれたイタリアのものです。 この日は華組の一美さん、まゆみさん、りえさんとのランチへ。楽しいお喋りに時間を忘れました。 InstagramもUPしています。 ↓華組 近藤和子ブログ
  • おしゃれも春夏モノへのシフトが完了した今日この頃。冬物の収納見直しに着手し始める……という人も、実は多い季節のようです。 LEE100人隊の3名も、新たな収納道具を取り入れ。 まずはハンガーの見直しから。TB あけみさん、No.094 さわこさんは、定番のマワハンガーを投入していました。 黒ハンガー・094 さわこさん「今まで、見て見ぬふりをしていたクローゼットの中身を見直すことにしました。アパレル関係の仕事のせいか、洋服大好き、洋服がなかなか捨てられない性格なのですが、思い切って整理。見た目もすっきりさせたくて、衣類が滑り落ちないハンガー、MAWAハンガーで統一することにしました」 黒ハンガー・094 さわこさん「噂通り、幅も取らなくて、色も黒に統一したら、すっきりコンパクトに(白と迷いました)!ちなみにアイテムによって、2種類のハンガーを使い分けています」 黒ハンガー・094 さわこさん「エコノミック。襟のない丸首のシャツやブラウス、ニットなどに。お気に入りのシャツやブラウスなど、肩部分にハンガーのあとがつかず、ズルズルと滑り落ちることがありません」 黒ハンガー・094 さわこさん「シルエット。襟付きジャケット、型崩れしてほしくないトップスに。まだまだクローゼットの中身は見直し中ですが、程よい余裕とすっきりとした見た目で、お洋服選びも簡単に、スムーズになった気がします。まさに時短。忙しい朝、少しでも時間が節約できると気分よく過ごせる。ママが気分がいいと、子供もご機嫌な気がします」 白ハンガー・TB あけみさん「衣替え。今年は、まずは服の断捨離から。有難いことに、数年前からミモレ~ロング丈が流行り、もはや定番となってきたので、年齢的にもそちらにシフト…膝丈のものはほぼ処分。これだけでもだいぶスッキリ。ただ、ロング丈のもので困るのは収納。私の寝室のクローゼットは高さが無いので、ロング丈のものをそのまま吊るせず。今まで平置きにしてごちゃごちゃしていたのですが、mawaハンガーの白を投入(右端にある黒いハンガーは以前購入したmawaのもの)」 白ハンガー・TB あけみさん「ワンピース、ロングスカートは畳んでパンツ用のハンガーに。シャツ、カーディガンも吊るして。Tシャツ、カットソーは置くスペースが無いので別の部屋に。ひとまず、これが使い易い」 色や形も豊富なマワハンガー。手持ち服を見直して、必要な形状、本数を見極めたいですね。 続いては、TB わちさんが冬物整理に迎えたアイテムをご紹介。 わちさんが新たに購入したのは、段ボールを収納箱にできるクリップ、GENERAL VIEW BOX LATCH。 TB わちさん「GENERAL VIEW BOX LATCHで冬物整理。段ボールを収納箱にできるクリップ」 TB わちさん「BOX LATCHとは、段ボールの蓋をした状況でサイドから差込み……」 TB わちさん「真ん中までスライドさせると、蓋が開いちゃったりしなくなるクリップです」 TB わちさん「段ボールもとりあえず、今まであったものを使うことにしましたので、ボロい。夫の本格的なピーコートや息子のお下がりでまだサイズが大きいものなど。ラベルもそのうちちゃんと貼ろう」 わちさんが段ボール収納に乗り出したきっかけも気になるところ。 「冬物は今まで、引き出しタイプのプラスチックのケースに入れていたのですが、 ・ニットやウールは通気性のあるものに入れたい と思っていました。木製のタンスを買うことも考えたのですが、 ・今後、子供の成長に合わせて家具のレイアウトを変える可能性有。 ・自分ひとりで動かせる。 ・やっぱり違う収納にしたくなったとき、資源ゴミに出せる。 ・ローコスト という条件を並べてみて、段ボールと、このBOX LATCHを組み合わせて季節外の衣類を収納してみることにしました。欧米の日用品を扱う通販サイト、GENERAL VIEWで買いました」(わちさん) 「以前は、段ボールに紐をかけたり、ホコリがはいらないように紙をかけたりしていましたが、そんな必要もなくなりました。出し入れも楽になりました」と使い勝手にも満足している様子です。 収納に段ボール、斬新な発想ですね! 衣類見直しと、暮らしに合った収納アイテムの選択。あたたかいこの季節に進めておきたいものですね。
  • クールな黒は夏も積極的に取り入れたい色。とはいえ定番色だからこそ、無難になりがちなのが悩みのタネ。そこでオシャレに定評のある6人の有名人たちに、夏の黒コーデの新鮮なアイディアを披露してもらいました!Rina Kawaei 川栄李奈さん プレイフルな黒 大人可愛いドット柄ワンピで   ハッピーオーラをまとって 1枚でサマになる主役ワンピをシンプルに。メンズっぽい開襟と女らしい袖、ウエストのギャザーのバランスも絶妙。 ワンピース¥22000/フレッドペリーショップ東京 ピアス¥1926/サードオフィス(ルーム) バッグ¥4900/ジオン商事(スリーフォータイム) バングル¥6800/ティアラ(ラ ピエス) スニーカー¥7900/フィラ カスタマーセンター(FILA) 年齢より若く見られがちなので、大人っぽく見える黒い服は普段からよく着ています。夏だと開襟シャツにパンツを合わせたり、ちょっと長めのワンピースが定番だけど、無地を選ぶことが多いんです。だからこのワンピースは新鮮。ドットが白ではなくベージュなので可愛くなりすぎないのもいいですね。足元にボリュームのあるスニーカーを合わせるのは普段のスタイルに近いかな。どこかにカジュアルな要素を取り入れたいんです。 Profile ●かわえい りな 1995年2月12日生まれ、神奈川県出身。女優として数多くの作品に出演。現在はドラマ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系・金曜23時15分〜)に出演中。6月21日(金)公開の劇場アニメ『きみと、波にのれたら』で声優として主演を務める。 『泣くな赤鬼』©2019「泣くな赤鬼」製作委員会 城南工業高校野球部の監督・小渕(堤真一)は"赤鬼先生"と呼ばれ恐れられていた。甲子園出場を目前にしながら夢に敗れ10年の月日がたったある日、かつての教え子・ゴルゴこと斎藤智之(柳楽優弥)と再会する。妻・雪乃(川栄李奈)と息子と幸せな家庭を築く立派な大人へと成長したゴルゴだったが、末期ガンで余命半年であることを知らされ……。 ●全国公開中撮影/山本雄生 ヘア&メイク/KOBA(PUNCH) スタイリスト/高野麻子 構成・原文/菊池美里 本誌編集部 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • その昔、私はジェーン・バーキンになりたかったのです。 すみませんいきなり何言ってんだって話ですよね。20歳そこそこの頃、私はミニシアターと名画座だけを信じ、京都にカフェ巡り旅行に行き、「趣味はレコード屋をまわることかな」という男子のことを好きになる人間でした……だっ……ダッサー!!! 仕方ないんですよ、そんな時代だったから。もちろんファッション・アイコンは60~70年代の女優やアーティスト。ミア・ファローとかジーン・セバーグとかアンナ・カリーナとか。中でも憧れていたのがジェーン・バーキンのスタイルで、当時のどから手が出るほど欲しかったのが「あのカゴ」。どんなシーンでも無造作に荷物を突っ込んで持っていた、円筒形のバスケットです。今やさまざまなブランドがあのタイプのカゴを出していますが、確か当時日本であのデザインのものはほとんど売っていなかった記憶が。悔しい思いを抱えつつ、時は流れ、自分の中には「カゴが好き」という要素だけが残されました。さまざまなカゴを見つけては買ってきたのですが、ちょうど10年前に手に入れたのが、こちらです。 当時、新しく浴衣を誂えたばかりで、「これに合うちょっと大人なカゴが欲しいわ」と探していて見つけました。虎斑竹という模様入りの竹で編まれたカゴです(確か高知のものだったと記憶しています)。編み目も細かく表面も滑らかな手触りでひと目で気に入り、手に入れたもの。しばらくウキウキと使っていたのですが、ある日はっと気づいてしまったのです。「このサイズ感とワンハンドルのデザイン、"あのカゴ"に似ている……!」 大人になって忘れていたと思っていた若き日の好みが、呪いのように自分を支配していたことを。 保存それから10年、私はこのカゴのことを「和風ジェーン」とこっそり呼んでいます(笑)。こちら、程よく入った虎斑の模様のおかげで和装だけでなく、ワンピースやデニムにも合うんですよ。使い始めて10年ですが、きっとこれからも手に取ると思います。
関連キーワード

RECOMMEND