軽やかさも華やぎも手に入る! アラフィーの味方の「雰囲気出しワンピース」33

Web eclat

【1】Jマダム御用達ブランド

定番のベーシックカラーはカッティングやシルエットにこだわった逸品ぞろい

都会的でリュクスな女らしさのある「ADORE」

すそにかけて控えめに広がるシルエットが上品な、リネンのベージュワンピース。アームホールが内側にくびれることなくまっすぐなラインに見せてくれるので、二の腕がすっきり細見え。

ワンピース¥52,000/ADORE ピアス¥29,000/エスケーパーズ(モダン ウィーヴィング) バングル¥12,000/ミュラー オブ ヨシオクボ ストール¥27,500/カオス丸の内(アソース メレ) バッグ¥34,000(ヘリュー)・靴¥69,000(ジュゼッペ ザノッティ)/以上アパルトモン 青山店

1.洗練された上質カジュアルが魅力の「ATON」

白肌はもちろん、ほんのり焼けた夏の肌とも相性のいいブラウンは、少し透けを感じさせるメッシュ素材で重く見えないのがいい。たっぷりとドレープを施すことで、丸みのある体型でも肉感を拾わずボディラインをカバーしてくれる。ぴったりしない袖口が腕からわき肉を目立たせないつくりに。

ワンピース¥55,000/エイトン青山(エイトン)

2.トレンドの効かせ方が絶妙な「ESSEN.LAUTREAMONT」

前後ともにVネックになっているので、デコルテまわりと背中をすっきりシャープに、またウエストよりも少し高い位置についた共布リボンが、腰高ポイントを強調し脚長に見せてくれる。結ぶとエレガントに、自然にたらしてもノンシャランなムードでこなれて見える。ワンピース(リボンつき)¥42,000/エッセン.ロートレアモン

3.エレガントなモード感が味わえる「CYCLAS」

コンサバになりがちなネイビーのワンピースを、張りのある素材感とモダンなデザインで、洗練された大人の印象に。さらにウエスト後ろにはゴムが入っているので、後ろ姿を自然とシャープに見せてくれる。ポケットがサイドについているのもうれしい。

ワンピース(ベルトつき)¥89,000/ザ シークレットクロゼット神宮前(シクラス)

柄の印象で視線を操るプリントワンピース。膨張して見えないダークカラーが豊富

キャッチーさと上品さを兼ね備えた「VONDEL」

フレンチシックの流行で再び人気が高まるドット柄。さりげないフレンチスリーブが二の腕の存在感を薄めてくれる。アシンメトリーなすそが歩くたびに美しい残像を残す。

ワンピース¥46,000/FUN Inc.(フォンデル) ジャケット¥39,000/カオス丸の内(カオス) ピアス¥49,500・ボーンカフ¥152,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥120,000/ドゥロワー 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥156,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)

大人に似合うかわいげデザインが見つかる「SACRA」

かわいげな小花柄は黒ベースの配色で大人っぽく。共布ベルトと内側に配したドローストリングでウエストをシェイプさせれば、メリハリのあるフェミニンなシルエットに。花柄一枚だと甘すぎるという人は辛口なジャケットを肩はおりして、露出した二の腕も自然にカバーしたい。

ワンピース(ベルトつき)¥36,000/インターリブ(サクラ)

すっきりとミニマムなデザインが得意なAURALEE

コントラストが控えめなグレンチェックのワンピースは、きちんと感と女らしさが見事に融合。ボディラインを拾わない余裕のあるシルエットと、アームホールが大きくあいたデザインは、黒いベアトップなどダークカラーのインナーを仕込むことでわきが見えてもすっきりと締まって見える。

ワンピース(ベルトつき)¥46,000/オーラリー

ハンサムで女らしい二面性が評判LE PHIL

前身頃に使用したストライプ柄の縦長の視覚効果によって全体をスレンダーに、また後ろ身頃にあしらった異素材の落ち感プリーツが、背中からヒップまわりの肉感をふんわりカバー。襟ぐり浅めのフロントデザインはきちんと感を演出しつつ、後ろはきれいめフェミニンといった二面性を楽しめるのもいい。

ワンピース¥29,000/ル フィル

体のラインを拾わない肉厚カットソーや、ドレープを効かせたとろみ素材をセレクト

ほどよく抜けのあるモダンさが魅力の「CINOH」

フロントのワンタックで胸もとに立体感を、また異素材であしらったポケットがちょうどいいしゃれ感アクセントに。明るめのネイビーで初夏気分に。

ワンピース¥25,000/モールド(チノ) 帽子¥23,000/エストネーション(センシ スタジオ) ブレスレット¥125,700/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) バッグ¥98,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥154,000/アパルトモン 青山店(ジュゼッペ ザノッティ)

1.オケージョンもOKな華やかさならVERMEIL par iena

しっとりとした肌ざわりのとろみ素材を使用。全体にたっぷり施したドレープが動くたびにドラマチックな雰囲気を演出。グログランリボンによる付属のベルトを軽く巻くことで脚長効果も発揮。ちょっとしたドレスアップシーンでも重宝する。

ワンピース(ベルトつき)¥20,000/ヴェルメイユパー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ)

2.トラッドを今どきに再構築するScye

きめが細かくさらりとした肌ざわりのカットソーは、肉厚感があるので体のラインを拾わず、まっすぐなシルエットでクリーンな印象に。一枚ではもちろん、レギンスに重ねた着こなしも今年らしく、白でも透けにくいからデイリーに活躍。足首が見えるロング丈は誰もが着やすい絶妙丈。

ワンピース¥25,000/マスターピースショールーム(サイ)

3.リュクスで女らしいたたずまいを演出するHYALINES

ニュアンスのあるピンクベージュが美しい、ツヤのある上質なシルクを使用したワンピースは、たっぷりのギャザーがつくり出す柔らかな表情が魅力。二の腕がすっきり見えるアームホールや、ウエストコンシャスなメリハリのあるシルエットなど、抜群の華やかさと着映え力を発揮。

ワンピース¥75,000/ストラスブルゴ(ハイアリン)

大人の遊び心をリュクスに取り入れた 「BLAMINK」

鮮やかなイエローにうっすらとストライプ柄が施されたラップドレスは、ノースリーブながら生地が二の腕に斜めにかぶるデザインで、腕全体をほっそり見せてくれる視覚効果あり。イレギュラーヘムの立体感が抜群に華やかなムードを演出。

ワンピース¥120,000/ブラミンク ピアス¥69,000(ソフィー ブハイ)・バングル¥63,000(タプレイ)/以上エスケーパーズ バッグ¥172,000/ジミー チュウ 靴¥71,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)

大人が似合うかわいげカラーならここ「MARIHA」

きれい色初心者は原色よりも肌なじみのいいニュアンス系が正解。上品なライラックを引き立てるすそ広がりなシンプルシルエットは、おなかまわりがゆったりしたリラクシングな着心地。深すぎず浅すぎない絶妙なあき具合のVネックと、狭めのアームホールはインナーなしでもOK。

ワンピース¥28,000/ショールーム セッション(マリハ)

繊細な色出しと上質素材にこだわる「ebure」

デイリーだけでなくオケージョンにも活躍する、エレガントさ抜群のブルーグレー。繊細なレースとウエストにあしらったリボンベルトが女らしさをいっそう高めて。ウエストにたっぷりとったギャザーがつくり出す上半身の膨らみとスカートの美しいドレープが、歩くたびにラグジュアリーに揺れる。 ワンピース(ベルトつき)¥98,000/ebure

大胆な大人の色使いが得意な「BLUEBIRD BOULEVARD」

少ししわ感のあるヴィンテージライクなリネンを使用した深みと落ち着きのあるトーンなら、面積が広いワンピースでも華やかな色に挑戦しやすい。ウエストよりも少し高めの位置についたベルトと、ボリュームたっぷりなフレアシルエットが脚長効果をさらに高めてくれる。

ワンピース(ベルトつき)¥39,000/WEST(ブルーバード ブルバード)

【2】おしゃれプロが本当に着たい! マイベストワンピース

大人の思いを受け止めるミニマムでモダンな自信作

森 慶子さん推薦

時代性と着心地に配慮したシンプルシックな一着を自ら手がけた森さん。「少しモダンに着こなしたくて、ゆるやかに広がるAラインをフルレングスに近いロング丈に。スーツ用に開発されたハイクオリティな素材なので着心地も◎」。仕事にもおすすめ。 ★ベルトつきワンピース¥24,000/エクラプレミアム通販(森慶子×エクラ) ネックレス¥30,000/ブランイリス伊勢丹新宿店(ブランイリス) バッグ¥22,000/アルファPR(アエタ) 靴¥23,000/オカイユ(ボールページ)

撮影で富岡さんが着用した姿を見て即、購入決定!

副編U推薦

「5月号の撮影で、富岡さんがこのワンピースを着用して撮影する現場に立ち会い、ひと目惚れ。昔から好きなブルー系ストライプのシャツ地のさわやかさもさることながら、ふわっと風をはらんだシルエットで雰囲気が出せるなと思って!(笑)」。二の腕や肘が隠れるデザインスリーブは大人に優しいデザイン。はおりいらずで着られるのもうれしい。

ワンピース¥15,800/マーコート(ミズイロインド)

大好きなシャツワンピースこそ今どき感を重要視

大野智子さん推薦

シャツワンピース好きの大野さん。撮影で出会ったリトを即、購入。「一枚で着ても様になるし、暑い夏にだらしなく見えないことも大切な条件。この手のワンピースは、お気に入りを見つけたら毎シーズン買い足しています。スニーカーやかごバッグを合わせてデイリーに着たいです」。大人に寄り添う白は、ゆったり着られるデザインがマスト。

ワンピース¥39,000/ザ・ウォール ショールーム(リト)

夏の悩み、ラフすぎ&もの足りなさに “着映え感”を添えるお気に入り

福田亜矢子さん推薦

福田さんがディレクターを務めるノーク。「着ていてとにかくラクちん。リネンで雰囲気のあるマキシ丈が気に入ってます。ペタンコサンダルでドレスダウンが今の気分」。

ワンピース¥14,000/ノーク サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) ピアス¥19,000・バングル¥12,000/ミュラー オブ ヨシオクボ ストール¥27,500(アソース メレ)・バッグ¥141,000(ザンケッティ)/以上ヴェルメイユ パー イエナ 銀座店 靴¥69,000/アパルトモン 青山店(ジュゼッペ ザノッティ)

ありそうでなかった!脱・コンサバなレース

松井陽子さん推薦

目をひくのは、シルバーグレージュの美しい色と静謐(せいひつ)なコットンレースの表情。異なる2種類のレースを使ったノースリーブは、ギャザーたっぷりの甘めデザインながら洗練された雰囲気。「ともするとコンサバになりそうなレースを、さりげない大人のワンピースに仕上げたところが素敵。あえてスポーティなサンダルやバッグで着こなしたい!」。

ワンピース¥125,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー)

凛とした麻素材に香るエレガンスに心惹かれて

編集長O推薦

女らしさとほどよい華があるワンピースが好みの編集長。「今年はリネンにも惹かれて、こちらを購入。実用性抜群なのに、歩くとスリットから脚がさりげなく見えたり、ゆるやかに体に添ったシルエットがとにかくエレガント。ジュエリー映えしつつ、ペタンコのサンダルでも様になる。この懐の深さが一番の魅力かもしれませんね」。ベルトなしで着用しても。 共布ベルトつきワンピース¥58,000/ebure

レギンスとの重ね着でほんのりエスニックをきれいめ仕上げ

徳原文子さん推薦

「今どきでいつ、誰に会っても好印象を与えられる一枚です」。素材はコットン。

シャツワンピース¥36,000/ユナイテッドアローズ 新宿店(フィータ) レギンス¥12,000/サードマガジン ピアス¥55,000/エスケーパーズ(ソフィー ブハイ) サングラス¥44,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(アイヴァン 7285) バングル¥68,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(マリア ルドマン) バッグ¥33,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(へリュー) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ)

今シーズンこそワンピース感覚のオールインワンに挑戦

編集S推薦

数々のブランドから登場するオールインワンを見てマイベスト探しにスイッチが。「以前ステラ・マッカートニーが着ていたクールでモードな姿にひと目惚れ。カジュアルなワーク見えを避けたいので、柔らかな素材を探していて出会った一枚です。とろみ素材のネイビーが私好み。ヌーディなサンダルに大ぶりのピアスやバングルを合わせたい!」。

オールインワン¥39,000/エッセン.ロートレアモン

洗練エスニック柄なら大人かわいい着こなしができる

坪田あさみさん推薦

「プリントワンピースは、一歩間違えるとおばさんっぽく見えると警戒していたのですが、これは別格。土くささを抑えた洗練されたプリントが気に入りました。休日のショッピングに、ブルゾンやダッドスニーカーを合わせて楽しむ予定」。シフォンの透け感で軽やかに着られるマキシだから、タンクトップとデニムにはおっても。

ワンピース¥88,000/イザベル マラン(イザベル マラン エトワール)

シルクのとろみ感でシャツワンピースを大人モードに

池田奈加子さん推薦

シャツワンピース好きの池田さん。「カジュアルな素材が多い中、シルクの黒はまさに私好み。はおりとしても使えるので季節をまたいで楽しめるのも魅力です」。

シャツワンピース¥29,000/サードマガジン イヤリング¥11,000/プラージュ 代官山店(フィリップ オーディベール) バングル¥27,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(フィリップ オーディベール) バッグ¥98,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥54,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)

仕事にもきちんとした席にも! 理想のワンピースに出会えました

村山佳世子さん推薦

ボートネックにフレアスリーブのワンピースは、腰に飾りとしてのレザーベルトつき。「夏らしいかごバッグやサンダルも似合うし、首もとに小さなスカーフを巻いて、ワンピースと同じネイビーの靴とバッグを合わせてもいい。白小物なら少しモードにと、コーディネートがたくさん浮かぶところも気に入りました」。素材は張りのある綿麻。

ベルトつきワンピース¥180,000/ブラミンク バッグ¥42,000/アマン(ペリーコ) 靴¥29,000/ウィム ガゼット 青山店(イル サンダロ オブ カプリ)

欲しいのは脱・無難な更新ワンピース

宮崎桃代さん推薦

「大人がプリントを着るなら無地感覚のシックな柄を、となるけれど私の場合、着るなら大胆にいきたいし、変わり映えして見えるのが目標。チューリップ柄ですが、大きな柄使いと潔い配色だから、小気味よく着られそう。リゾートとはひと味違う、街ならではのプリントを選びました」。とろみ素材、Vネックのカシュクールデザイン。

ワンピース¥59,000/トゥモローランド(ナンバーシックス)

慣れ親しんだシルエットを等身大仕様に更新

編集M推薦

「いつもならベーシックカラーに手がのびるのに、展示会でこのライラック色にひと目惚れ。若いころ着ていたフィット&フレアですが、大人も安心して着られる丈感や、ボディラインを強調しない落ち感のあるとろみ素材を使うなどの配慮に感激! 今の私も臆することなく着られそうです」。素材はトリアセテート×ポリウレタン。 ワンピース(6月展開予定)¥34,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー)

【3】池田奈加子さんが提案! 最愛の一枚

異素材のショートブルゾンとカゴバッグで軽やかに

マキシ丈の優雅さに、カゴバッグやスエード素材のスポーティなブルゾンをミックスして、リッチな軽やかさをプラス。そのカジュアル感が、今どきのムードに導いてくれる。

ワンピース(インナーつき)¥225,000・ショートブルゾン¥188,000/アオイ(ファビアナフィリッピ) バングル¥48,000・ブレスレット¥94,000/エドストローム オフィス(オール ブルース) バッグ¥20,000/ドゥロワー 青山店(ア・ポワン)

エッジの効いたディテールでピュアな白も大人っぽく

エターナルな美しさがきわだつ、純白のワンピース。ラグランスリーブや、切りっぱなしの首もととすそなど、エッジの効いたディテールがさりげないアクセントになって、洗練されたムードを演出。

ワンピース¥383,000/コロネット(ニナ リッチ) リング¥190,000/ローリー・ロドキン銀座店(ローリー・ロドキン) 靴¥110,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン) ピアス/モデル私物

クリーンな白バッグ、輝くシルバー靴でヘルシーに

ウエストとバックスタイルにあしらわれた切り替えがつくる立体的なフォルムを、着慣れたネイビーとミニマルなデザインでリアルクローズに。つややかで華のある素材感を、シンプルなTシャツワンピースの延長線上でカジュアルダウンして着こなすのがポイント。 ワンピース¥115,000・バッグ¥81,000・靴¥84,000(3点ともスポーツマックス)・サングラス¥31,000(マックスマーラ)/以上マックスマーラ ジャパン

さりげなくも、意外性のあるデザインが新鮮

ほのかに透ける裏地がホルターネックのような仕立てになっていて、ラグランスリーブのように見えるデザイン。肩から袖にかけてボタンがあしらわれ、そのすき間から素肌が見える仕掛けに。シックな配色も効いて、凛とした女性らしさがかなう。

ワンピース¥55,000/サザビーリーグ(エキップモン) ピアス¥55,000/エドストローム オフィス(オール ブルース) 靴¥100,000/ロンハーマン(マノロ ブラニク)

ていねいな縫製が生む美しいたたずまいを堪能して

玉虫色のような輝きをはらむ絶妙カラーのワンピースは、上質な生地を2枚重ねた特別感が魅力。フロントのタックや、変化形のフレンチスリーブ、たっぷりとギャザーのとられたバックスタイルなど、こまやかでていねいな縫製が生む美しい仕掛けが、大人の女性を美しく引き立ててくれる。

ワンピース¥180,000/ブラミンク バッグ¥22,000(ヴィオラドーロ)・靴¥33,000(チェンバー)/以上エストネーション

撮影/西崎博哉(MOUSTACHE)、金谷章平、坂根綾子、魚地武大(TENT) ヘア&メイク/野田智子 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/福田亜矢子、田澤美香、池田奈加子 モデル/ゆうき、富岡佳子 取材・文/坪田あさみ、向井真樹、松井陽子 撮影協力/アンダーズ 東京 ※エクラ6月号掲載
関連記事
  • DAY17 この絶妙なレイヤード、自撮りせずにいられない!自分でもびっくりするくらい今日のコーデがいい感じなので恥ずかしながら自撮りしちゃう! しかも英会話教室の鏡で(笑)。妹の“映え映え病”がうつったかな。このワンピがパンツレイヤードと相性いいことすっかり忘れてた。さりげないジオメトリック柄は、花柄ともケンカせずなじみ、むしろ引き立てている。黒タートル、黒靴、黒バッグとまわりを黒でまとめるのが大事。花柄のロングワンピース¥27000/フレイ アイディー ジオメトリック柄のワイドパンツ¥14000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店(ブラクトメント) 黒タートルニット¥15000/アンタイトル ロングブーツ¥38000/オデット エ オディール 新宿店 黒バッグ¥31000/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ロザ ルー) 地金ピアス¥2296/サードオフィス(ROOM) シルバーバングル¥70000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店▶︎▶︎▶︎『柄アイテムが必要だ。着回し30days』とは? ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/谷口大輔 ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/鈴木友菜 スタイリスト/石田 綾 撮影協力/とらや赤坂店 LYURO 東京清澄 -THE SHARE HOTELS- PITMANS プロップス ナウ アワビーズ TITLES
  • アラフィー世代の定番のコーディネート術「ワントーン」。これまで主流だった色のグラデーションだけでつくる華やかな印象のワントーンから、この冬はメンズライクな色を加えて、装いのムードを刷新! グレーのワントーンスタイルにカーキのワンピースを重ねた、ハンサムな印象と女らしさが絶妙にマッチしたスタイルをご紹介。グレーはカーキを加えることでメンズライクなムードに刷新!これまで主流だった色のグラデーションだけでつくる華やかなグレーのワントーンから一歩進んで、この冬は濃いめのカーキを取り入れたメンズライクな色の広がりに挑戦したい。タートルニットにワンピースを重ねることで、ハンサムな色の中に女らしさを感じさせる装いに落とし込むのが大人流。 ワンピース¥89,000/エイトン青山(エイトン) ニット¥25,000/スローン サングラス¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥18,500・バングル¥36,500/セシル・エ・ジャンヌ バッグ¥35,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(オーウェンバリー)靴¥101,000/ジミー チュウ >>新ワントーン 記事一覧はこちら撮影/金谷章平 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ RINA 取材・原文/坪田あさみ ※エクラ11月号掲載
  • 着こなしにムードをくれるノーカラーのシャツドレス旬でありつつも、ブレないきちんと感を備えた服だから、浮かないし、埋もれない。シャツドレスなら、ほのかに女っぽくなる。私たちにいちばん今必要なお仕事服!シャツのボタンを上まで留めて真面目に着ても素敵に決まる! ベーシックカラーでまとめ、洗練感と知的さをアピール。衿つきよりもコンサバ感がなくて、ヘルシーで、今っぽいノーカラーなら、紺ブレを重ねても変な堅苦しさはゼロ!ジャケット¥39000/プラージュ 代官山店(リアム プラージュ) ワンピース¥32000/アンシェヌマン(ルクスルフト) バッグ¥34000/オルサ(オルセット) ピアス¥12000/LIFE’s 代官山店 バングル¥8000/ココシュニック オンキッチュ 新宿マルイ店(ヨキ)知的なネイビーと旬なベージュ、自信をくれる洗練配色を味方に。ラフに肩はおりした紺ブレが、適度な抜け感になって。ジャケット¥55000/ザ ストア バイ シー 代官山店 ワンピース¥80587/シップス 有楽町店(クリスタセヤ) 靴¥30000/パリゴ 丸の内店(ピッピシック) バッグ¥18000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) イヤリング¥11000/アルアバイル(ドミニク・デナイブ・パリス) 時計¥24000/オ・ビジュー(ロゼモン) スカーフ¥18000/グラストンベリーショールーム(ア ピース オブ シック)甘すぎないけどちゃんと女らしさがある。こんな一枚が、大人の女性を目指す私たちには頼もしい! タートルニットとのレイヤードでアレンジも楽しんで。ワンピース¥48000/アンデコレイテッド ニット¥12000/アンティット 靴¥5500/ローリーズファーム バッグ¥8800/リリー ブラウン ピアス¥11800/シップス 有楽町店(ソコ)カッコよくて、女っぽくて。まさに今の気分にぴったりなバランス。シャツドレスのボタンは全開だとラフすぎるし、全部留めると重たげに。おすすめは、下半分だけ開けて、隙間からチノパンがチラ見えするくらいの抜け感。全体をパンツに合わせてアースカラーでまとめると、よりスタイリッシュに。ワンピース¥31000/アンシェヌマン(エルマフロディット) パンツ¥18000/ルーニィ 靴¥2490/GU バッグ¥9800/リリー ブラウン イヤリング¥1600/ジオン商事(スリーフォータイム) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/金谷章平 ヘア&メイク/林 由香里(ROI/翼分) 河嶋 希(io) モデル/本田 翼 佐藤栞里 土屋巴瑞季 スタイリスト/石上美津江
  • 2019年LEE11月号の見どころは? 現在発売中のLEE11月号、100人隊の感想は?お気に入り隊員さんのイチ押し特集に、注目するのも◎。たっぷり15人分をまとめてお届けします! 1・TB さりいさん(兵庫県) LEE11月号を買いました 「LEE11月号を買いました。ざっくりした白ニットを着たともさかりえさんの表紙が目をひきました。いよいよニットの季節ですね! 【すっきり見え「新・ゆるニット」】 気になるのはメンズニット。レディースで愛用しているニットと同じデザインなら、苦手なオーバーサイズもチャレンジしやすい気がしてまずはメンズニットから探してみようかなと思っています」 「【「気持ちまで整う!」収納BOOK】 収納にまつわるモヤモヤに踏み込んだ今回の特集。ライターの一田さんとOURHOME Emiさんとの対談では『問題は”収納以前”にある』という一田さんの言葉が刺さりました……。ひとりで背負いすぎ、分類しすぎ、収納グッズありき……まさに自分のことのようで、一田さんとEmiさんの的確なアドバイスに目からウロコの連続でした」 「100人隊愛用の収納グッズが紹介されたページもぜひ、チェックしてみてください!わが家の子どもの服収納には、OURHOMEさんの『みじたくシール』を使っています。子どもが保育園に入るときに買ったのですが、自然とおかたづけの習慣が身に付きました」 2・TB 季絵さん(神奈川県) LEE11月号*服もメイクも食も秋冬です! 「【今夜は「シンプルごはん」と「具だくさん汁もの」があればいい】 根菜たっぷりの汁ものって大好き♪娘はおいもやコーンが喜ぶかな……と考えながらレシピを見るのが好き。離乳食への取り分けを考えながら献立を考えなくちゃ。【神保町パパママリーズ】 いつも思わず笑ってしまう楽しいネタやリアルにお役立ち情報がいっぱい。今月号は大人のおやつ事情。みんな何食べてるのかな?と興味津々。編集M美さんの台所で子どもから隠れて……に共感!!わかる!私もこっそり急いでおやつを食べてます!!」 3・No.043 ミキティさん(神奈川県) 11月号♡ 秋冬の赤リップとゆるニット 「11月号表紙のともさかさん。表紙のゆるニットに赤系のリップ超可愛くないですか♡40歳記念インタビューも掲載されています。ますますお美しい♡」 「そしてやっぱり惹かれるゆるニット。好きなお店もこういうの出してて……気になってはいたのです(LEEマルシェにもあります〜)」 「【別冊「気持ちまで整う!」収納BOOK】 今回はこちらも楽しみにしてました。衣替えしつつ大掃除も頭をよぎる今日この頃。実例がたくさんで、すごく参考になりそう!100人隊同期のお名前もチラホラ。見かけると何だか嬉しくなります。お知恵を拝借〜」 4・No.093 mieさん(東京都) LEE11月号別冊付録「気持ちまで整う!収納BOOK」と共にストレスフリーな生活へ!! 「最新号早速購入♪まだ細かいところまで読み深められてはいませんが、付録の収納BOOKは目から鱗のアイディアがたくさん!個人的にpart3の”中の人”の突っ張り棒テクニックに驚き!こ、こんなとこまで!!という内容になっておりました」 「我が家でも壁面を使った収納はしてはいますが、まだまだできるものってあるんだ!と発見も多く、試してみたいもの満載。靴箱の扉にフック使ってます♪年末に向けて、今から収納BOOKと共にストレスフリーな生活を目指したいと思います♡」 5・No.032 ゆかりさん(岐阜県) 久々のGU:ニットベストと最新号 「LEEweb川口ゆかりさんのコラムが大好きです。先日GUアイテムについて2連投されていたのですっかり触発されまして!久々にGUへ。ニットベストを購入しました。しかもしかも、LEE11月号にもニットベストコーデが載っているではありませんか♡」 「推奨の、シャツワンピにレイヤード」 「ワンピースじゃないけれど、同じエクリュで合わせてもよさそう。ベルテッドクルーネックニットベスト。何気に同素材のベルトがついています(私は外して着る予定)。大きいサイズしかなかったのですが、着丈が長めになってかえっていい感じになったよ。今見ていたらLEEweb『今日の編集部』でもニットベストコーデが紹介されていて、何だか勝手に嬉しくなったのでした」 6・TB ちひろさん(東京都) LEE11月号のレシピから2品作りました♪ 「LEE11月号が発売されましたね。ニットやコートの特集もあり、おしゃれはすでに秋から冬モードへ!ごはんもほっこり温かいものが欲しくなってきますよね。特集『今夜は「シンプルごはん」と「具だくさん汁もの」があればいい』から、ワタナベマキさんの『チキンときのこのコーンクリームスープ』と、角田真秀さんの『さつまいもの塩麹炊き込みごはん』を作りました。これがもう、家族に大好評♡」 「LEE11月号、発売日に買って早速楽しんでいます。 ■大人のアイメイクは「旬ブラウン」と「ひとさじホワイト」 ブラウンと言っても、グレイッシュブラウン、ピンクブラウン、オレンジブラウン、赤みブラウン……。今やこんなにもバリエーションがあるんだとびっくり。アイメイクの更新ってなかなか難しい印象があったけど、明日から取り入れやすそうなテクニック満載ですごく参考になります。 ■LEEマルシェ 五明祐子さんのお買い物、マネしていいですか? これ欲しい……!!の連続。ほどよくカジュアルミックスされた五明さんコーデ、本当に好きです♡12closetの新作も目移りしてしまい、毎晩悩んでいます(笑)」 7・TB nahoさん(埼玉県) 整理収納を考える別冊付録がスゴイ!LEE11月号 「今回は豪華な別冊付録『「気持ちまで整う!」収納BOOK』 がついてきます。なんと60ページというボリューム!!そんな別冊付録で私がご紹介させて頂いたものについて少しだけ触れさせてください♡カインズのA4ファイルボックス&専用ふた(p.41)。他のお店にはあるようでない商品!ふたが山型なのでたっぷり収納でき、取っ手も付いてるんです。我が家はこれに、トイレットペーパー、キッチンペーパー、箱ティッシュ、おしりふきなどの消耗品のストックを入れています。その他、寿司桶、電気鍋、大きめタッパーも入れています(笑)」 「セリアのキッチン消耗品収納ケース(p.44)。私はこの消耗品収納ケースにしてからストレスフリーになりました!もう長いことこの状態なので、収納問題としては正解に近い状態なのかなと思います(あくまで我が家にとって)」 「ちなみに、このケースにはカインズのスキット(p.50掲載)シリーズがピッタリ^^収納用品の合わせ技で家事が気持ちよくこなせます」 8・No.036 コニーさん(東京都) LEE11月号、秋はショートボブ! 「少し遅れましたが、本日LEE11月号を買って帰りました。これは偶然なのか、はたまた必然なのか?は分からないのですが、ヘアサロンの帰りに購入して帰宅後に読んで驚きました!今月号の特集にある、ショートボブにしてきたばかりだったんです。私、髪型だけ浅見れいなさんじゃない?と喜んでおります(笑)。ちょうど今月号ではアレンジ特集もされているので、全国のショートボブの皆さん必見。別冊付録のように、セミロングだった長さから髪の毛も断捨離してスッキリです」 9・No.013 kaeさん(東京都) 作ってみました☆「シンプルごはん」と「具だくさん汁もの」 「LEE11月号が発売されていますね。気になる特集ばかりで、これから熟読したいと思いますが……料理特集も毎回楽しみで♡気になったものをいくつか(ごはん×汁ものを4種類)作ってみました。 ■今夜は「シンプルごはん」と「具だくさん汁もの」があればいい 今回作ってみて、美味しいご飯と具沢山汁物 ものがあれば十分だなと思いました。栄養もしっかり摂れるし、作るのも2品ならそんなに時間をかけずに作れるし、洗い物も少なく済む(いいことばかり♡)。他にも魅力的なレシピがいっぱい!活用したいです♪」 10・No.080 みぽぽさん(埼玉県) LEE11月号:読み応えありまくり 「LEE、定期購読しています。今月号の表紙、ともさかりえさんの白のニットと、ボールドの字体が映えますね。 ■ふわふわ幸せのシフォンケーキ 40歳とは思えないエビちゃん。か、可愛いーー。シフォンケーキ、100人隊の中でも作られている方がたくさんいて、私も気になっています。でもシフォンケーキって難しそう。ふわふわにならなさそう……とおもっていたので、失敗しない作り方を元に私も作ってみたいなぁと思いました!憧れはシフォンサンド。これが作れたら幸せだなぁー。いつか娘と一緒におやつに食べたいーーと妄想しています」 11・No.047 いいともさん(東京都) 秋感じるLEE11月号 「LEE11月号を買いました。 ■ALL 2万円台までで見つけたきれい見え「ウールコート」 コート特集があると冬を意識しますね。P.40に載っているgreen label relaxingの鮮やかなブルーのダッフルコートに目が釘付け。膝丈まであるみたいだし、欲しいなーと思ってしまいました。キレイめに着れるダッフルコートが欲しいなーと思っています」 12・No.027 うっちーさん(東京都) 秋の夜長にじっくり堪能☆LEE 11月号 「ともさかりえさんが麗しい表紙で絶賛発売中のLEE11月号☆」 「旬スカートの日は気分一新!「厚底スニーカー」 流行りの健康経営の一貫で、職場がスニーカー通勤の奨励をはじめました。お仕事コーデにも、似合うスニーカーほしいなぁとちょうど思っていたので、スカートと合わせるスニーカー特集はイメージ湧きますね!カラー別の特集で、通勤に合うかなぁとGRAYが気になります」 「別冊は超豪華☆『「気持ちまで整う!」収納BOOK』。Emiさんとライターの一田さんとのスペシャル対談からはじまり、15人のプロのリアル収納ライフ、100人隊オススメグッズと、これは別冊の域を超えた別冊!おうちの収納計画の妄想を広げながら、じっくり読みたいなと思います♪」 「LEEとともに夜おやつ☆寒くなってもとにかくアイスが好き! むしろ秋冬にぬくぬくしながら食べるアイスが最高の贅沢だなんて思っています♪宅急便を出しに行ったセブンイレブンで見つけた、セブンプレミアムゴールド『金のミルクアイス』。ミルクの濃厚感はありながらも食べやすいクリーミーさでした。125mlの量も食後にちょうどいい。アフォガード気分でコーヒーと一緒に。秋の夜長を満喫です☆」 13・No.089 mimiさん(茨城県) LEE11月号付録 気持ちまで整う!収納BOOK 「LEE11月号買いました!別冊付録『「気持ちまで整う!」収納BOOK』。タイトルにも心地よさを感じるー。シンプルが好きでシンプルな暮らしをしていますが、どうも収納が苦手で。引き出し開けてあらら……わたし、あるある。収納のプロの収納の格言があり、それぞれ納得。心に染みる。100人隊の方のおすすめ収納グッズも、たくさん紹介されていて、わたしの芯をみつけて取り入れようと思う!LEE11月号は付録もおすすめです」 14・No.067 はなさん(神奈川県) LEE11月号は別冊の収納BOOKが付録☆&フリーペーパー“SENSE UP LEE” 「それでは早速読んだ感想を。 ■ともさかりえの “4 Colors” Basic “Black” アニエスベーのカーディガンプレッションやCHURCH’Sのサイドゴアブーツ、Beautiful peopleのライダース……憧れの品が沢山!! ■雅姫さんとハグオーワーとLEE 一緒に歩んだ20年 雅姫さんがLEEのインテリアページに初登場!が1999年の4月号。そこから20年。ハグオーワーも20年!おめでとうございます!ナンタケット島へのページや、暮らしのセンス進化形の特集はよく憶えています!雅姫さんディレクションのリバティプリントのペンケースも大事にとってあります。『変化も進化も受け止める好奇心を失わ』ないということ、とても大事ですよね。雅姫さんの姿勢を少しでも見習って行きたいです」 「■今夜は「シンプルごはん」と「具だくさん汁もの」があればいい 永久保存版の料理特集!!!料理研究家の角田真秀さんと、ワタナベマキさんによるレシピ集。駅構内などに置いてあるフリーペーパー“SENSE UP LEE”にもたくさんレシピが載っています。もう、端から端まで全部作りたい!!今は、冷蔵庫にて角田さんレシピの塩豚を仕込み中♡ ■五明祐子さんのお買い物、マネしていいですか!?/雅姫さんが提案するこの秋の甘辛ワードローブ The Bagmatiのボアかごバッグが可愛すぎて目が釘付けに(笑)。雅姫さんの着ているヌキテバ×ハグオーワーの花柄ブラウスやワンピースも素敵……。理衣さんの着るサキ(saqui)のコートも憧れます。 ■わが子の「学校へ行きたくない」に親ができること 「かなりセンシティブなテーマですよね……。児童精神科医の斉藤万比古先生が『不登校治療をして来た経験上、諭して学校に行くようになった子どもはほとんどいません』という言葉が胸にズシリ……。小中学校の9年間で『学校に行きたくない』って思わない子どもはほとんどいない!と斉藤先生は断言します。不登校やいじめのない社会になれば良いなと強く願います……!」 15・No.023 ASAMIさん(埼玉県) LEE11月号発売中 「【最新号LEE11月号】LEE100人隊の応募をしてから1年が経つんだなー。と思いながら。個人的なオススメはこちら! その1【p223〜p231】【わが子の「学校へ行きたくない」に親ができること】 子どもがいるご家庭だと、誰しもが1度は経験する事だと思います。学校だけでなく、保育園、幼稚園、学童、習い事……など。色々な場面での『行きたくない』に当てはまるのでは?と思っています。 その2【p245 左下】【神保町 リーマン日記】 これ、本当好きです(笑)、楽しい!面白い(笑)今回は『男たちはどんなニットにグッとくるのか?』です。男性陣(編集長はじめ、スタッフの方々)が好きな女性のニットについて語っています。最後は話がそれたりして、本当楽しい(笑)!ニタニタしながら、読んでいます!」
  • ブルー? ピンク? 好きな色をジルスチュアートで華やかなきれい色が目を引く今季の『ジルスチュアート』。自由に重ねることで生まれる新鮮なおしゃれ感が、秋のフェミニンスタイルをもっと素敵に輝かせてくれる♡【BROWN × BLUE】こなれ感をくれる最旬のカラーコンビで、レディな装いを更新。こっくりとしたブラウンにヴィンテージ感のあるサックスブルー。この秋、大注目のトレンド配色ならコートとワンピのさりげないコーディネートもぐんと目新しい雰囲気に。ノーカラーコートをリュクスに見せてくれるフォックスファーのビッグポケットは着脱自在なのもうれしい。コート¥65000・ワンピース¥29000・靴¥35000・バッグ¥16000/ジルスチュアート 青山店【MOCHA PINK × DUSTY PINK】ピンクをグラデ風につなげて、カジュアルなワンツーもどこか女っぽく。レディライクな千鳥格子柄のニットは、あえて太めのコーデュロイパンツでカジュアルにハズすのがおしゃれ。ほのかに甘いムードも漂わせつつバランスよくまとまるのは、上下をピンクで統一して一体感を出したからこそ。ニット¥19000・パンツ¥19000・バッグ¥16000・イヤリング¥6500/ジルスチュアート 青山店【BLUE × LAVENDER】ラベンダーでそっとなじませて、鮮やかなブルーを優しく着る。ざっくりとした質感やゆとりのあるシルエットが今年らしいネップニットに、きれいなIラインのレーススカートをコーディネート。ボトムのアイシーなラベンダーがブルーの強さをほどよく中和して、やわらかく印象的な装いに。ニット¥22000・スカート¥22000・靴¥35000・バッグ¥16000・イヤリング¥6500/ジルスチュアート 青山店MORE11月号の付録もきれい色っ♡「付録が可愛すぎる!」と完売続出のMORE11月号、手に取ってくれましたか? リュクスなバイカラーミニ財布(縦7.5cm×横9.5cm×マチ2.5cm 札入れ1、小銭入れ1、カード入れ3)は、・手のひらサイズの三つ折りタイプ・大容量コインケースはL字形ファスナーつき・お札は折らずに収納可能・カードケースつきと可愛いだけでなく機能面も超充実☆ ゴールドのブランドロゴがリッチ感を後押し。まだ手に入れてない方は、今すぐ書店へ!スカーフ¥7000・バッグ(参考商品)・ビーズイヤリング¥7500・フープイヤリング¥6500/ジルスチュアート 青山店 ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/野崎久実子 撮影/横山創大 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/内田理央(モア専属) スタイリスト/大平典子
  • 「流行を弄ぶ」の精神で、新しい顔に挑戦!秋のメイク、アラフォーはどんな色、どんなアイテムを選べばキレイになれるの? そんな疑問に答えるべく、おなじみ美容家の神崎恵さんが登場! ■うるんだまなざしが色っぽいレッドシャドウで深みを出して 女性らしいレッドシャドウを核にしたメイク。「肌から浮くけど、浮きすぎずに魅力を引き出してくれるのがレッド。目もとをきわだたせるため、リップはヌーディにして、気配チークで目と唇のバランスをとって」カットレースブラウス¥18,000/パブリックトウキョウ ウィメンズ新宿店(パブリックトウキョウ) シングルピアス¥30,000・リング¥70,000/e.m.表参道店(e.m.)☆使用アイテム1)光を含んだベルベット質感がヌードカラーをシックに転ばせる。芳醇なブラウンベージュ。ザ ルージュ ベルベット BE801¥3,500/コスメデコルテ 2)ローズからベージュへのグラデーションが美しい。やや女っぽさ転びの"気配チーク"。ピュアカラー ブラッシュ  10¥5,500/SUQQU 3) どこかノスタルジックな偏光ピンクネイルは、愛らしさとトレンド感が入り混じる色。ルナソル ネイルカラー EX02¥1,500(限定発売)/カネボウ化粧品4)のばすとピタリとフィットして、ソフトなレッドの色みとつやめきがまぶたに広がる。インフィニトリーカラー 10¥3,200/セルヴォーク■シックな口紅×キラキラシャドウで大人の今を体現 女っぷりカラーのリップをつけた日は、目もとは控えめ。とはいえ、普通のヌード系ではつまらないからキラキラシャドウをプラス。「目はツヤのみ、唇はマットのバランスで」紺ブレ¥59,000/ebure トップス¥11,000/フローレント リング¥17,000(シンパシー オブ ソウル スタイル)/フラッパーズ イヤリング¥32,000/エナソルーナ神宮前本店(エナソルーナ)☆使用アイテム1)水面のきらめきを思わせるまばゆさ。クリアベースなので、どんなシャドウとも組み合わせられる。トーン タッチ アイズ 12・2)こまやかなピンクパールでひそやかに女っぷりを上げて。毎日、活躍必至なブラウンシャドウ。同 05各¥3,700/SUQQU 3)まろやかなブラウンなら洗練の指先を約束。服の色を選ばずつけられる。ネイルホリック BR363¥300(編集部調べ)(限定発売)/コーセーコスメニエンス 4)光を吸い込む真性マット質感が優美。女の格を高めるバーガンディ。ルージュ アリュール ヴェルヴェット エクストレム 130¥4,200/シャネル 5)しっかり引ける太筆と細く引ける極短筆のコンビが秀逸。ツヤラインで目をイキイキさせて。キッカ リキッドアイライナー W 03¥4,500/カネボウ化粧品【Marisol 9月号2019年掲載】撮影/天日恵美子(人物) John Chan(物) ヘア/津村佳奈(Un ami) メイク&モデル/神崎 恵 スタイリスト/石関靖子 取材・文/入江信子 構成/原 千乃
  • 通勤も休日も自分らしいおしゃれを楽しむBAILA専属読者インフルエンサー集団、スーパーバイラーズ。彼女たちの着こなしに欠かせないのは、旬アイテムが見つかる【ZARA、ユニクロ、GU】など人気の高コスパブランドです。例えばブラウンのアイテムやセットアップ、ワンピースなど、秋に欠かせないアイテムをプチプラでうまく見つけて日々のコーディネートにヘビロテ中。今回はそんなスーパーバイラーズのプチプラ高見えコーデをまとめてお届け。おしゃれの参考にして! <目次> 1.トレンドカラーをお安く♡【GU】のプチプラブラウンコーデ 2.女らしさが一気に高まる【GU】のプチプラベージュコーデ 3.通勤対応【ユニクロ】プチプラきれいめスタイル 4.こなれ感で差がつく【ユニクロ】の休日プチプラカジュアル  5.女子会で映える!【ZARA】で見つけたプチプラトレンド服 6.自慢したい高コスパ服【しまむら、DHOLICほか】プチプラ最旬アイテム ※掲載アイテムは全て私物です。販売が終了している場合があります。 1.トレンドカラーをお安く♡【GU】のプチプラブラウンコーデ この秋真っ先にワードローブに加えたいブラウンアイテムはGUでバリエ豊富&プチプラで見つかるんです! スーパーバイラーズもニットやパンツなど早速取り入れています。 【GUのブラウンブラウス】 「GUで購入したスタンドカラーブラウス。ブラウンの色合いがかわいいです。しっかりした生地で、デザインもシンプルなので高見えするのが高ポイント。秋の通勤服にぴったり。」(丸茂亜未さん) プチプラアイテムが充実!読者インフルエンサーのブログをチェック 【GUのブラウンスウェット】 「まだ暑さが残っていた日、TシャツにGUのメンズスウェットをオン。今期のGUのメンズスウェットのカラーや厚みがすごく好みなんです♡ 色違いのベージュも買おうか悩み中。ライトブラウンのパンツと合わせてワントーンに。」(徳山仙恵さん) プチプラアイテムが充実!読者インフルエンサーのブログをチェック 【GUの美脚フレアパンツ】 「裾が広がったデザインのパンツは足が細く長く見えるので好き♡ パンツ以外にも肩にかけたスウェットと靴がGU。 全身プチプラコーデ。パンツは長めの丈で履きたかったので、あえてLサイズにしてウェストをぎゅっとベルトでとめてます。」(徳山仙恵さん) プチプラアイテムが充実!読者インフルエンサーのブログをチェック 【GUのブラウンワンピース】 「BAILAを参考にブラウンの濃淡コーディネート。GUのワンピースに韓国で買ったジャケットを合わせています。ジャケットの淡いブラウン、ワンピースの濃いブラウン、スニーカーの淡いベージュでグラデーションに。」(高橋茉衣さん) プチプラアイテムが充実! 読者インフルエンサーのブログをチェック 【GUのブラウンチェックジャケット】 「トレンドのブラウンチェックジャケットにセミフレアパンツをコーディネート。どちらもGUです。ジャケットの今年らしさはもちろん、パンツの美脚感にも感動! ユニクロのロゴT、H&Mのパンプスも合わせて、全身¥7000のプチプラコーデです。」(小野絵里さん) プチプラアイテムが充実!読者インフルエンサーのブログをチェック 【GUのワッフルトップス】 「GUで見つけたワッフルトップス。濃いめのブラウンがとってもかわいいし、¥990ととってもリーズナブル! 赤茶っぽいブラウンのギャザーロングスカートはユニクロ。上下プチプラのブラウンワントーンスタイル。」(丸茂亜未さん) プチプラアイテムが充実!読者インフルエンサーのブログをチェック 2.女らしさが一気に高まる【GU】のプチプラベージュコーデ どんなアイテムでも一気に女らしさを高めてくれるベージュ。気づけば今日も手にしてしまう。今っぽさも着回し力も優秀なプチプラアイテムがこちら! 【GUのニットセットアップ】 「SNSでも“絶対買い!”と話題のアイテム。トップスはゆるっとラフに着たかったのでLサイズを。ベージュのワントーンスタイルもプチプラで簡単にかないました。それぞれ単品でも活躍するので、長く愛用できそうです」(櫻田結子さん) プチプラアイテムが充実! 読者インフルエンサーのブログをチェック 【GUのニットベスト】 「ふらっと入ったGUでかわいすぎるベストを見つけました!Tシャツとデニムに合わせてナチュラルにコーデ。ざっくり着たかったのでサイズはXLをチョイス。ベージュ以外にも黒も購入。インナーを変えれば冬まで長く使えてコスパ最高です。」(宮原真由子さん) プチプラアイテムが充実!読者インフルエンサーのブログをチェック 3.通勤にも対応【ユニクロ】プチプラきれいめスタイル 上質&上品アイテムが低価格でそろうユニクロはオフィスコーデの強い味方! トレンドをさりげなく取り入れた、スーパーバイラーズお得意のプチプラきれいめスタイルをまとめました。 【ユニクロのハイウエストストレートパンツ】 「最近購入した、ユニクロの『ハイウエストドレープワイドストレートパンツ』。ストンと落ちるラインがとても美しく、ワイドパンツなのにぼってりせずキレイめに履ける! 上品なダークトーンのブラウンカラーもお気に入り♡ この日は食事会だったのでブラウスと合わせてきれいめに。」(伊佐治里保さん) プチプラアイテムが充実!読者インフルエンサーのブログをチェック 【ユニクロのブラウンセットアップ】 「ユニクロをのぞいたら可愛いセットアップを発見。ちょうど探していたブラウンだったので即決! 深みのある上品な色味、きれいなリブ、肩落ちのゆるシルエットと、使える条件が揃っています。」(櫻田結子さん) プチプラアイテムが充実!読者インフルエンサーのブログをチェック 【ユニクロのブラウンニット、リブスカート】 「トレンドカラーのブラウンコーディネートに挑戦。ニットもスカートもどちらもユニクロです。コットン100%で着心地抜群だし、着膨れしないのがうれしい。スカートはサイドスリット入りで美脚が狙えそう。」(田石ゆきさん) プチプラアイテムが充実!読者インフルエンサーのブログをチェック 4.こなれ感で差がつく【ユニクロ】の休日プチプラカジュアル オフスタイルこそ高コスパなアイテムを活用したい。おしゃれの幅が広がるユニクロの秋カジュアルあいをチェック。 【ユニクロのパーカ、リブタイトスカート】 「パーカは程よく薄手なので肌寒くなってきたこの時期にぴったりです。前が短めで後ろが少し長く、スカートやパンツを履いたときにちょうどお尻にかかる長さ。スタイルアップして見えるんです。スカートもユニクロです。」(櫻田結子さん) プチプラアイテムが充実!読者インフルエンサーのブログをチェック 【ユニクロのベイクドカラーTシャツ】 「Tシャツはユニクロで3ケタ! 赤みがかったブラウンなのでラズベリーのプリーツスカートともすんなりなじんでワントーン風な着こなしに。」(大津真鈴さん) プチプラアイテムが充実!読者インフルエンサーのブログをチェック 【ユニクロのカーキシャツ】 「休日、美容院へ行く日のコーデです。ユニクロのオーバーサイズシャツはメンズもの。GUの透かし編みニットスカートを合わせて女らしさを足しています。足元はビットローファーを合わせました。」(徳山仙恵さん) プチプラアイテムが充実!読者インフルエンサーのブログをチェック 【ユニクロのリブニットパンツ】 「ユニクロで見つけたリブニットパンツはセールで¥990! 色をかなーり迷いましたが、ボトムスとして持っておらず、なおかつ合わせやすそうなブラウンに。履いてみたら形がとってもきれい。おススメです!!」(宮原真由子さん) プチプラアイテムが充実!読者インフルエンサーのブログをチェック 5.女子会で映える!【ZARA】で見つけたプチプラトレンド服 絶妙なトレンド感はおしゃれ女子から圧倒的な支持! 今っぽいディテールの服から旬の小物までスーパーバイラーズが集めたZARAアイテムをご紹介。 【ZARAのモノトーンワンピース】 「一目惚れしたワンピースは¥8900。ロング丈とモノトーン柄がお気に入りです。前がボタンで全部開くので、これからの時期ははおりとしても活躍しそう。」(堤友香さん) プチプラアイテムが充実!読者インフルエンサーのブログをチェック 【ZARAのチェックプリーツスカート】 「細かいチェックのスカートは歩くたびに揺れるプリーツ仕立て。韓国で買ったジャケットをはおってブラウンレイヤードスタイルに。クラシカルな雰囲気に憧れて、スクエアのバッグをチョイスしました。」(櫻田結子さん) プチプラアイテムが充実!読者インフルエンサーのブログをチェック 【ZARAのフリル衿シャツ】 「フリル衿のシャツが気になっていたものの“甘すぎるかな”となかなか手を出せないでいましたが、ZARAでこちらの白シャツを発見。ナチュラルな風合いとゆるシルエットで甘くなく着られます。黒で引き締めれば大人仕様に。」(宮原真由子さん) プチプラアイテムが充実!読者インフルエンサーのブログをチェック 【ZARAのウエストコンシャストップス】 「ZARAで購入したこちらのトップスはウエスト部分をキュッと締められるタイ/リボンつき。 華やかなコンシャストップスがあると通勤コーデの幅も広がるのでおすすめです。オフィスの定番、テーパードパンツと。」(日下知世さん) プチプラアイテムが充実!読者インフルエンサーのブログをチェック 【ZARAのブラウンプリーツスカート】 「大好きな組み合わせ、Tシャツとプリーツスカートを色で今年っぽくイメチェン。BAILAを参考にブラウン濃淡の組み合わせです。カジュアルにしたかったので足元はスニーカーに。」(大津真鈴さん) プチプラアイテムが充実!読者インフルエンサーのブログをチェック 【ZARAのシンプル黒トップス】 「気温もぐっと下がり、本格的に秋がスタートしましたね。新しく購入した秋服でお出かけしてきました。ZARAの黒トップスは胸元の開きがきれいでお気に入り。バッグと靴はアイボリーで抜け感を出しています。」(海野尾美紀さん) プチプラアイテムが充実!読者インフルエンサーのブログをチェック 【ZARAのオーバーサイズジャケット】 「今の時期にはおるアイテムを探していたとき、ZARAで発見。オーバーサイズとコーデュロイが今年らしくて一目惚れしてしまいました。ロゴTやデニムを合わせてアウトドアの日をイメージしたコーディネート。」(大津真鈴さん) プチプラアイテムが充実!読者インフルエンサーのブログをチェック 【ZARAのバッグ、シューズ】 「ZARAのミュールは¥5990。ゴールドのチェーンがアクセントになって、シンプルなコーディネートもサマになります。軽いしヒールも5cmで程よいのでとっても歩きやすいです♪ パイソン柄のバッグもZARA。」(菊地実李さん) プチプラアイテムが充実!読者インフルエンサーのブログをチェック 【ZARAの黒ブーツ】 「ZARAで出会ったブーツは驚きの¥5900! どんなボトムにも合うデザインなので秋冬中ヘビロテできそうです。かかとにゴールドのラインがあしらわれているのもお気に入り。」(堤友香さん) プチプラアイテムが充実!読者インフルエンサーのブログをチェック 6.自慢したい高コスパ服【しまむら、DHOLICほか】プチプラ最旬アイテ ほかにもスーパーバイラーズが愛用するコスパブランドがいっぱい。とくにこの秋活躍しているアイテムを紹介します。お買い物の参考にして! 【しまむらのコーデュロイシャツ】 「くすみカラーとコーデュロイが今年らしさ抜群のシャツはしまむらのもの。絶対使えると確信を持って、発売されたと同時に購入! シンプルコーデにさっと羽織るだけでサマになるので重宝しています!」(水谷綾香さん) プチプラアイテムが充実!読者インフルエンサーのブログをチェック 【しまむらのドットスカート】 「細かなドットのプリーツスカートはしまむらで。シアーな素材やすとんと落ちるシルエットが上品でお気に入り。シワになりにくいので、通勤服としても活躍しています。」(伊佐治里保さん) プチプラアイテムが充実!読者インフルエンサーのブログをチェック 【DHOLICのベージュジャケット】 「ベージュのジャケットはDHOLICのもの。柔らかなカラーとシルエットがお気に入り。ユニクロのタンクトップとデニムスカートを合わせて大人のカジュアルスタイルに。」(山田裕美子さん) プチプラアイテムが充実!読者インフルエンサーのブログをチェック 【So close, のカットソーパンツ】 「今っぽいブラウンとストレートシルエットがお気に入りのパンツはSo close, のもので¥5900。カットソー素材で柔らかく、はき心地が良いのもポイント高し。同色のシャツとほぼワントーンスタイルに。」(神谷江礼奈さん) プチプラアイテムが充実!読者インフルエンサーのブログをチェック 【ur'sのリブトップス、fifthのリブタイトスカート】 「トップスはざっくりと開いたUネックがデコルテラインを綺麗に見せてくれます。スカートもトップスと同じ、リブ素材のロングタイトスカート。“女っぽ”を意識させたコーデに仕上げてみました。」(山嵜由恵さん) プチプラアイテムが充実!読者インフルエンサーのブログをチェック 【DHOLICのベージュセットアップ】 「今年気になっているワントーンコーデはセットアップが簡単。DHOLICでプチプラで見つけました。カーディガンを羽織って通勤にも活用しています。」(山田裕美子さん) プチプラアイテムが充実!読者インフルエンサーのブログをチェック
  • きれいめ代表“MICA&DEAL(マイカ&ディール)”と“カジュアル代表”AMERICANA(アメリカーナ)”のFLAG SHOPでも大人気のブランドがタッグを組んだ“MICANA(マイカーナ)” なんとFLAG SHOPでしか買えません!それぞれのブランドのいいとこ取りでなんとも良い塩梅に仕上がりました!! ニットベストとシャツワンピのワンツーコーデでプレッピー! MICANA/【AMERICANA】×【MICA&DEAL】別注チルデンニットベスト/¥18,000+税 今季人気のビッグシルエットなニットベストで簡単に大人のプレッピースタイルの完成! チルデンニットの立体的な編み目やネイビーとボルドーのラインもポイントに◎ 袖口がゆったりしていて重ね着しやすいのでこんなスタイルも挑戦しやすい!   MICANA/【AMERICANA】×【MICA&DEAL】別注シャンブレーシャツワンピース/¥21,000+税 下に重ねているのはこちら。 50年代アメリカのシャンブレーシャツの生地を忠実に再現した本格仕様ながら、裾のスリットで足捌きも抜群! ジャケットを重ねた大人オーバーオールスタイル MICANA/【AMERICANA】×【MICA&DEAL】別注ツウィードダブルジャケット/¥36,000+税 そのままではカジュアルな印象のオーバーオールもこんなジャケットを重ねれば、一気におしゃれ上級者に。 表情豊かなミックスツウィードで品の良さがランクアップ!落ち着いた色なので、お仕事スタイルにも使えます。     MICANA/【AMERICANA】×【MICA&DEAL】別注オールインワン/¥22,000+税 野暮ったく見えないすっきりした細身のシルエットにこだわったオーバーオール。 コットンとポリエステルの混合素材で着心地はもちろん、光沢感が出て大人っぽさを演出します。     MICANAの大人カジュアルアイテムまだまだあります!
関連キーワード

RECOMMEND