千吉良恵子発、リフトアップの「たるみ消しチーク」テク 五選

Web eclat
メイクアップアーティスト 千吉良恵子さん 洗練された上品なメイク提案は、エクラをはじめ、各女性誌で大人気。チークの匠と称される簡単で効果抜群のテクニックは、アラフィー必見!

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.練りチークとリキッドファンデーションを
混ぜてポンポンと3点のせる
手持ちのリキッドファンデーションと混ぜた練りチークを、薬指の第1関節くらいまでとり、黒目の外側ラインから頰骨に沿って外側に斜め上に向かって3点置き。ファンデーションと混ぜることで、より肌と一体化する。
2.置いた3点を指で
楕円形になじませる
1のテクで3点に並べて置いたチークを、指先でつなげるようにしながら、楕円形にとんとんとんと優しいタッチで肌になじませていく。なじませる範囲は3点を置いた位置が目安。そこから広げなくても大丈夫。

3.チークの境目をスポンジで
ひとなぞりし、溶け込ませる
指でぼかしただけでは、チークが肌から浮く可能性も。最後に何もついていないスポンジで、チークのアウトラインを軽いタッチでひとなぞり。チークの境目がより肌になじんで内側からの自然なツヤとハリ感を演出できる。

4.黒目の中心から外側に
上下に半円ずつ1〜2刷毛
濃い色のチークを太めブラシにとり、黒目の中心から仕込みチークで入れた場所を覆うように、上下にそれぞれ半円を描くようにパウダーチークをふわっと重ねる。仕込みチークが入っているので1〜2回で十分。パウダーを重ねることで、チークの持ちも断然アップする。

5.上側だけシュッと45度の
ストレートラインを入れる
パレット中央の淡いチークを付属のブラシにとり、チークの上側に黒目の中心から目じりに向かって45度の角度にすっとひと刷毛。これが引き上げチークの一番のポイント。肌全体の印象はもちろん、目もとのたるみもキュッと引き上がって、効果絶大!

仕込みは、赤み系練りチーク

1/3

2/3

3/3

みずみずしくぬれたようなツヤ演出でハリ感も復活。スリーク フェイス N RD301 ¥3,000/エレガンス コスメティックス
頰にツヤの立体感を。鮮やかで深みのあるレッド。美しい仕上がりが長持ち。クリーム ブラッシュ RD450 ¥3,500/コスメデコルテ
健康的な自然な血色感を演出。肌に溶け込むようなテクスチャー。レ ベージュ スティック ベル ミン 25 ¥5,500/シャネル

引き上げは、コーラル濃淡パレット

1/3

2/3

3/3

濃淡2色にハイライトとシェイディングも。リサージ ビューティアップヴェイルPK-1 ¥3,000・ケース¥1,500/カネボウ化粧品
上品なツヤを演出してくれる真珠パウダー配合。肌になじむアプリコットピンク。スペアチーレ チーク 04 ¥7,000/ノエビア
しっとり柔らかなパウダーは、テクがなくても肌と一体化。ルナソル カラーリングソフトチークス 01 ¥5,000/カネボウ化粧品
アラフィーの最大の肌悩みである「たるみ」。また、その「たるみ」を解決してくれる「チーク」が苦手という悩みを持っている人が多いのも事実。そんな両方の悩みを解決に導くのがテクいらずの千吉良流チーク! 入れるだけで下がった肌がキュッとアップして見える、必見テクニックを公開。
アラフィーの最大の肌悩みである「たるみ」。また、その「たるみ」を解決してくれる「チーク」が苦手という悩みを持っている人が多いのも事実。そんな両方の悩みを解決に導くのがテクいらずの千吉良流チーク! 「おてもやんになったら?」「外出先でのチークのお直しは?」など、アラフィー女性のチークのお悩みに、メイクアップアーティスト・千吉良恵子さん本人が回答。
eclat6月号掲載 撮影/天日恵美子(モデル) 富田 恵(物) ヘア&メイク/千吉良恵子(cheek one) スタイリスト/程野祐子 モデル/樹神 取材・文/山崎敦子
関連記事
  • シャネルのクッションファンデーション「ヴィタルミエール グロウ」リピート3個目のお気に入りです。リピートしている理由は、”艶” ”保湿力” ”手軽さ”シャネルからでているクッションファンデーションで「ル ブラン クッション」も使用してみたのですが、艶がより感じられたのは、ヴィタルミエール グロウだったので、こちらをリピートしています。ヴィタルミエール グロウは、艶感が出る仕上がりで、保湿力がかなり高いです。年中乾燥肌な私は、乾燥しやすいものだと鼻の皮が剥けてしまったりするので、ファンデーションを選ぶ基準として、保湿力の高さが重要です。また、老け顔なので、艶がある方が若く見える気がして、マットより艶重視です。つけたてのみずみずしい艶が長時間続くので嬉しいです。クッションファンデーションは、パフにとってポンポンっとのせるだけでベースメイクが完了するので手軽さも良いです。リキッドも好きなのですが、使用する前後で2回手を洗いに行くのが面倒で・・・。準備に時間が取れないことが多いので、ささっと終わるクッションファンデーションが手放せません。
  • 汗をかいたら、泣いたら、雨が降ったら、テンションが下がってしまう……メイクのヨレ(涙)。せっかく朝丁寧に仕込んだメイクも、鏡を見てガッカリなんてこと、ありませんか?そこでライターゆうりがお試ししてよかったアイテムを紹介☆  6/16に『コーセー』から発売されたばかりのメイク キープ ミスト」が本当に優秀なんです!  メイクの仕上げにサッと吹きかけるだけで、まさにお悩み解消!   汗・皮脂プルーフ成分配合なので、泣いても、汗をかいても、雨が降っても化粧くずれを防いでくれるというスプレータイプのミストです。  水とオイルの2層構造になっているので、よく振ってから使います。オイルが入っているので、長時間キープしながら、乾燥を防いでうるおいもキープ出来ちゃう優れものです!  サイズも80mlなので旅行にも持ち歩きやすいサイズ感♪  ぜひお試しあれ♡(ライターゆうり)メイク キープ ミスト 80ml ¥1200/コーセー
  • イメージを底上げしてくれて、どんな色もテイストも受け入れてくれる夏グレージュは、アラフィーの強い味方。ぐっとおしゃれに見せてくれる頼れるアイテムを厳選。ぐっとおしゃれに、夏らしくなる、頼れる夏グレージュのコーデをご紹介。1.たっぷりのボリュームも重くならない。 溶け込むグレージュで上品に フロントにタックを入れたパンツも淡い色で夏仕様。ブルーのレースという個性的なトップスも受け入れてくれる。 ウエストゴムのパンツ(共布ベルトつき)¥59,000(トム)・靴¥27,500(ペリーコ サニー)/以上トゥモローランド カーディガン¥32,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) ブラウス¥48,000・チューブトップ¥9,000/サードマガジン ピアス¥13,000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップ オーディベール) ブレスレット¥22,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ラバー) バッグ¥265,000/ジミー チュウ2.スポーティなパンツこそ グレージュでおしゃれ度アップ センタープレスのパンツは黒だと重く、白は避けたい。グレージュならベーシックカラー同様の使いやすさで、そのうえちょっと上級っぽく見える。パーカも街カジュアルに。 パンツ¥26,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) パーカ¥36,000/キャバン代官山店(キャバン) カットソー¥6,800/スローン メガネ¥48,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ディータ) ネックレス¥13,500/チェリーブラウン バッグ¥37,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)3.合わせる色を選ばずシックに 決まるグレージュニット ざっくりとした編み地のほどよい重みで、しっとりと体を包み込むコットンニット。しかも色の受け入れ力に長けたグレージュなら、頼れるアウターに。長い丈はワンピースはもちろん、パンツやスカートにもグッドバランス。 カーディガン(ベルトつき)¥45,000/ebure ワンピース(ベルトつき)¥27,000/ウィム ガゼット 青山店(ウィムガゼット) ピアス¥28,000/カオス丸の内(ホリー ライアン) バングル¥39,000/セシル・エ・ジャンヌ バッグ¥128,000 /エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥159,000/ドゥロワー 青山店(エドワード・グリーン)他の画像を見る撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/田沢美亜 ゆうき 構成・文/宮崎桃代 ※eclat7月号掲載
  • スキンケアでもメイクでも、大人にうれしいコスメの進化はとどまるところを知らず、今年の上半期も優秀な新作が目白押し。美白やエイジングケア、UVケア、ファンデーションといったさまざまなカテゴリーから名品が誕生した今季のコスメから、美容ジャーナリスト・安倍さんが実際に使って感動したという超私的コスメをご紹介。安倍佐和子の超私的ベストコスメ「今期は美白のみならずエイジングケアやUVケア、ファンデーションといったカテゴリーも充実。エイジングケアや美白効果をもつファンデの台頭、老化因子の抑制に斬り込むエイジングケア誕生など、その先進性に幾度、感動したことか。一品との出会いによって、改めて自分の肌の伸びしろに気づける。そんなコスメにぞっこんです!」1.ゲラン レソンシエル「処方、心地よさ、美しい仕上がり。今期最高傑作!」 「皮膚常在菌のバランス、肌フローラを整える画期的な処方でありながら、天然由来成分97%。洗練されたデザインなど、すべてが革新的。もちろん透明感のあるつややかな仕上がりも、文句なしに完璧!  心地いい使用感まで、今期の最高峰だと思う」。SPF20・PA+++ 全10色 30㎖ 各¥7,0002.ランコム アプソリュ レクストレ マスク「マスクケアした翌日のツヤとハリ感はほれぼれするほど」 「2種を混ぜ合わせてつくるクリームマスクは、まるで神聖な儀式のよう。お手入れのステップも後肌も、とにかくドラマチック。跳ね返すようなハリとみずみずしい透明感が瞬時に戻ってくる」。ランコム ローズのパワーをそのまま肌に。パールローズ 30㎖、セラムベース 8㎖×14本 ¥63,0003.シャネル サブリマージュ レサンス ルミエール「上質な真珠のようにまばゆく優しい白肌をかなえる」 「美容キャリアのある女性の心を、一瞬でつかんで離さない上質なテクスチャーと香りで、美白カテゴリーを超える完成度の高い美容液。なじみ深い植物の恩恵をサイエンスで昇華させた、そんな印象も好感度大」。肌構造を強化する働きをもつ植物の力で、肌の光を引き出す。40㎖ ¥50,0004.ポーラ ホワイトショット RXS「地球環境と美白の関係に斬り込んでこの傑作が完成!」 メラニンと気温の関係に着目。「深刻化する暑さに危機感を感じる今、『暑さ焼け』という事実のからくりを解明してくれたことに感謝! 人類が向き合うべき新たな課題に取り組み、ベタつかず保湿力の高いジェルクリームが完成。美白トレンドを牽けん引いんする傑作」。50g(医薬部外品)¥12,000これもLOVE賞 THREE スキャルプ&ヘア リインフォーシング シャンプー R & コンディショナー R 「精油のバランスが見事。髪が根元からふんわり立ち上がってつややかに整うので、スタイリングがラクに。一日の疲れも吹き飛ぶ香り」。シャンプー 250㎖ ¥3,600・コンディショナー 165g ¥3,800【Profile】 安倍佐和子 美容ジャーナリスト。大人が本当に使うべきものを見抜くエキスパート。ユーザーに寄り添い、力のある言葉でコスメを表現、信頼を集める。>>「エクラ大人のベストコスメ2019上半期」はこちらから撮影/大原敏政(aosora) 構成・文/巽 香
  • 緊急時に頼れるコンビニコスメの中で、「クオリティーも侮れない!」と注目度が高いのが、パラドゥのプロダクト。好感度良し、トレンド感良し、コスパ良しの愛されコスメに、新商品・新色・限定色が続々登場する。   パラドゥ ピュアリップカラー (右から)BE01、RD01 ¥900(2019年6月19日発売)   じわっとにじむような発色でピュアな色っぽさを演出するティントリップ「ピュアリップカラー」が新登場。肌色よりも彩度を高く、明度は低く設定したこだわりのカラーで、大人の肌を美しく見せることに長けた1本。 唇がほんのり透ける軽い質感とバームのような潤い感で、気軽につけこなすことができる。色は、強さを秘めたベージュBE01と、知性を感じるレッドRD01の2色展開。塗り重ねる程に濃密に変化するニュアンスの振り幅も楽しんで。 パラドゥ エッセンスルージュS (右から)PK01、WN01 ¥900(2019年6月19日発売) 美発色と濃密な潤いが備わった、人気の口紅兼唇用美容液「エッセンスルージュS」。とろけるように唇にフィットするから、リップクリームなしでも安心してのせられる上、塗りたてのツヤが長時間キープ。色もちに優れた唇への密着力の高い処方で、メイク直しの手間が省けるのもうれしい。 新たに加わる新色は、可憐で上品な仕上がりの、黄味と青みを絶妙なバランスで忍ばせたピンク系PK01と、凛とした印象に仕上がる、深みレッドにブラウンを効かせたワイン系カラーWN01。どちらも印象的でありながら、肌になじむよう緻密に設計され、幅広いシーンにマッチする。   パラドゥ カラーパレット ¥1,000(2019年6月19日発売)うっかりポーチを忘れた日にうれしい、チークと3色アイシャドウをセットした「パラドゥ カラーパレット」。コンビニコスメだけあり、誰の肌色にもなじみよく、美肌見え効果をもたらす発色と質感が持ち味。 ゴールドパール入りのピンクコーラルチークは、肌にナチュラルなツヤと血色感をプラスし、幸福感をメイク。アイシャドウはTPOを選ばず好感度の高いベーシックでフェミニンな定番カラーを揃えており、繊細なパールが華やかさと透明感をプラスしてくれる。 パラドゥ ネイルファンデーション PK3 ¥500(2019年6月19日限定発売)  自爪を磨き上げたようなツヤ感。そして爪の黄ばみや色ムラなどの悩みをごく自然にカバーしてくれるクリアな発色が人気を博している「ネイルファンデーション」。仕上がりのクオリティもさることながら、はがれの要因である“水によるふやけ”を回避する耐水性や、お直しに便利な速乾性も備わった優秀な1本。 限定色のPK3は、淡いピンクにほんのりと青みが透けた透明感が魅力。可愛らしさの中にも、凛とした大人の顔を覗かせて。  手早く仕上げてもキレイが長持ちする機能性に加え、コストパフォーマンスも抜群のパラドゥ。一度使えば、ポーチにスタメン入りさせたくなりそう!   パラドゥ カスタマーセンターhttp://www.parado.jp0120-335413 text:Saori Nozawa >>ビューティニュース ⇩パラドゥの新商品・新色・限定色はここからチェック!
  • 撮影/岩谷優一(vale.)「乾燥肌で、崩れの原因は主にうるおい不足。屋外での中継中は頻繁にお直しできないので、朝のスキンケアもベースメイクも保湿力を重視しています」(貴島さん、以下「貴」) 朝のスキンケアに使う推しコスメは? 高保湿クリームを薄く塗って乾燥崩れを予防 アンブリオリス モイスチャークリーム  75ml ¥2800/アンブリオリス・ジャパン クレンジングにも使えるマルチクリーム。無印良品の化粧水&ミノン アミノモイストの乳液の後に、保湿力が頼もしいこのクリームで保湿! 量が多すぎるとテカリの原因になってしまうので、"薄く"塗るのがコツ。目元だけにポイントで使うこともあります。(貴) 朝のベースメイクアイテムの推しは? うるおって肌にぴたっと密着! 最愛UV下地 アスタリフト D-UVクリア ホワイトソリューションSPF50+・PA++++ 30ml ¥3900/富士フイルム 表情の動きにフィットし崩れ予防。日焼け止め効果が高く、乾燥を防いでくれ、ファンデーションとのフィット感もバッチリ。崩れにくさUPのため、下地&ファンデーションは指でなくスポンジでたたき込むこと、パウダーはブラシで密着させることが重要!(貴) 日中のお直しに使う推しコスメは? パウダーつきコンシーラーがあれば、完璧♡ RMK スーパーベーシック コンシーラーパクト  SPF28・PA++(コンシーラーのみ)¥5500/RMK Division 使い勝手のいい2本のブラシがセットに。上2色のコンシーラーで崩れた部分をピンポイントで直せるうえ、パウダーがセットになっていてテカリも一瞬で隠せるから、この1品だけ持っておけばお直しはバッチリ。つけすぎないよう量を調整するのが大切です。(貴) PROFILE●きじま あすか 『ZIP!』7代目お天気キャスター。番組でのメイクはほとんどがセルフ。幅広い世代に支持される好感メイクのお手本!▼ 関連記事もチェック!撮影/富田恵 構成・原文/与儀昇平 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • パンダ目、怖くない!ポイントは少ないアイテムでいかに〝ちゃんと塗り〟感を出すか大人メイクの正解は〝きちんと塗って、崩さない〞!初夏のキレイが続く秘密を教えます!ヘア&メイクアップアーティスト 中山友恵さんヘア&メイクアップアーティスト 中山友恵さん女性のライフスタイルに溶け込みながらセンスのいい旬の顔を作るテクニックで、各メディアで引っぱりだこ。女優、タレント、モデルからの指名もひっきりなし■アイライン メタリックブラウンで崩れない目ヂカラをまつ毛の間の肌色が目立ち、 埋めなければならなくなってしまう黒のアイライン。この「間埋め」こそがにじみの原因。メタリックブラウンならまつ毛の間が目立たず、埋める必要ナシ!アイシャドウは、ライン1本分塗らずにあけておくメタリックブラウンでやや太めのアイラインを。アイシャドウはアイライン1 本分、塗らずにすき間をあけておく。アイシャドウとアイライナーが混ざり合うことなく、崩れ防止に。速乾性にすぐれ、にじまない優秀メタリックブラウン繊細なきらめきがディファイン効果で目ヂカラをもたらし、まつ毛の間のすき間感をカムフラージュ。インジーニアス リクイドアイライナー EX 02¥2,800/RMK Divisionフィット感抜群。一気に引けるライナー熊野×奈良の職人技で作られたペン先は、ピタリとまつ毛ぎわに寄り添い、まつ毛の間埋めを必要としない。ウズ アイオープニングライナー ブラウン¥1,500/フローフシ■マスカラ 根元にはつけすぎず、中間から毛先を集中塗り目ヂカラアップを狙うあまりの、根元へのたっぷり塗りはパンダ目のもと! 中間から毛先を放射状に広げれば、華やかさで目ヂカラもアップするし、根元崩れも防げる。ブラシはまつ毛の根元に食い込ませない!マスカラブラシを最初に当てるところは、まつ毛の根元からやや離れた位置。そこからスタートすると、まつ毛の中間から毛先にマスカラ液が集中。放射状にバラけさせて。的確な位置から塗り始められるコーム型マスカラとかすだけでカールアップも。コーム型でバラけさせるのも簡単。ウォータープルーフ。マジョリカ マジョルカ ラッシュエキスパンダー ロングロングロング¥1,200/資生堂涙、皮脂にも強いスーパープルーフ根元づけしなくても強力にカールロック。優しげなまなざしを作る赤みブラウン。ヒロインメイク ロング&カールマスカラ スーパーWP 02¥1,000/伊勢半(KISSME)自まつ毛並みに自然。だけど印象的!ぬれたようなツヤ黒まつ毛に仕上がり、根元攻めしなくても目ヂカラ大。すんなり長く、セパレートが簡単! お湯で落ちる処方。アイラッシュ マスカラ¥4,300/SUQQU崩れ知らずのメイクで縁取られた鉄壁パーツで、表情までイキイキ!【Marisol 6月号2018年掲載】撮影/天日恵美子(人物) 国府 泰(物) ヘア&メイク/中山友恵(Three PEACE)スタイリスト/程野祐子 モデル/樋場早紀(マリソルビューティ専属) 取材・文/小田ユイコ 構成/原 千乃
  • あまたある今年のトレンド、大人ならどうこなす? ちょっとしたコツやテクニックで、印象は変わる。本日の議題は「明日からすぐに役立つスタイリングハック」について。これさえ押さえれば、あなたのスタイリングレベルも"首脳級"!01.「モードなコンサバ」ってなんだ?ポロシャツ(白)¥16,000・(黄)¥14,000/ラコステお客様センター(ラコステ) スカート¥104,000/セメント(ポステレガント) ヘアクリップ( 2 本セット)¥4,800/RHC ロンハーマン(バレットスタジオ) サングラス¥27,000/カレン ウォーカー ギンザ シックス店(カレン ウォーカー) バッグ¥61,000/デューン(ビルディングブロック) タイツ¥5,500/ぽこ・あ・ぽこ(LOOKFROM LONDON) パンプス¥150,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)選ぶべきトップスは「ポロシャツ」、それも2枚! 新しいスタイリングのヒントを探すなら次のシーズンのコレクションをチェック。秋冬の大本命は「クラシック」「きれいな服」というキーワード。その気分を着こなしに取り入れるなら、選ぶべきは端正なポロシャツと、ヴィンテージライクなレザーのタイトスカート。ただしポロシャツは、2枚を重ねてイエローのボーダーを襟元からのぞかせ、遊び心をプラス。レースタイツ、ボックスバッグ、懐かしいヘアクリップもマスト。02.「セットアップ」を着回すジャケット¥86,100・パンツ¥45,400/エドストロームオフィス(アワー レガシー) 中に着たノースリーブブラウス¥66,000/スーパー エー マーケット(アトランティックアスコリ) ピアス¥38,000/エスケーパーズ(アンコモン マターズ) バッグ¥28,000/セメント(ジュン ミカミ) サンダル¥42,000/オン トーキョー ショールーム(メゾンエウレカ)首まわりに思い切ったボリュームを。"味変"小物の力も借りてみる リネンのダブルブレストジャケットに、センタープレスパンツ。仕立てのいいセットアップは強い味方だけど、面積が広い分いつも同じ印象になりがちなのが困りどころ。たとえば、こんな巨大なスカーフ風の襟がついたブラウスを合わせてみるのはどうだろう。印象激変の要は首まわり。思い切った量感のものをぶつけることで、スタイリングのバランスが変わり新鮮に。デザイン性の高いバッグ&シューズも"味変"アイテム。03.「頭まわり」どう盛る?カチューシャ¥23,500・ヘアピン¥22,000/ドーバー ストリート マーケット ギンザ(シモーン ロシャ) ノースリーブTシャツ¥3,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ヘインズ) 中に着たTシャツ¥1,500・いちばん下に着たTシャツ¥3,200/ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター(ヘインズ) スカート¥79,000/THE WALLSHOWROOM(ウォーク オブ シェイム)「足したら、引く」を遵守すれば"大人のガーリー"もいけます! カチューシャやヘアピン。ロマンティックなヘアアクセサリーはトレンドのひとつだけど、二の足を踏んでいる人も多いはず。いわゆる"大人のガーリー"を成功させる秘訣は、とにかくバランスに尽きる。パールとストーンを組み合わせたデコラティブなカチューシャに合わせるのはプレーンな無地の黒Tシャツ。ヘアメイクとのバランスも重要。頭まわりを飾るなら、メイクアップは控えめに、艶めくまぶたとほのかに染まったモーブの唇のみで「引き算」を。カチューシャの後ろ、サイド寄りにヘアピンを重ねるというテクニックも、横顔にニュアンスが出るのでおすすめだ。04.「かご」でほっこりしないバッグ¥120,000(ダニエラ グレジス)・ニットキャップ¥34,000(サバイバル オブ ザ ファッショネスト)/ドーバー ストリート マーケット ギンザ ジャケット¥82,500/大丸製作所2(オーバーコート) 中に着たポロシャツ¥12,000/ラコステお客様センター(ラコステ) ショーツ¥10,000/カーハート WIP ストア トーキョー(カーハート WIP) ネックレス(上)¥90,000/DES PRÉS(イリスフォーティーセブン) ネックレス(下)¥53,000/ステディ スタディ(トムウッド) サンダル¥110,000/シジェーム ギンザ(ニコラス カークウッド) 靴下/スタイリスト私物安心のモノトーンに「透ける」質感を かごを「男の子っぽく」持ってみる。ジャケット&ショーツにキャップ。シアーなソックスで艶やかな裏切りを。05.「柄シャツ」を攻略せよシャツ(メンズ)¥26,000/TOMORROWLAND(ギットマン) 中に着たリブトップス¥9,000/RHC ロンハーマン(RHC) パンツ¥65,000/CLIFF co.ltd.(FUMIKA_UCHIDA) メガネ¥29,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥9,000/TOMORROWLAND(ソコ) 上のネックレスにしたブレスレット¥128,000/ハルミ ショールーム(オー) 下のネックレストップ¥185,000・同チェーン¥110,000/イレアナ・マクリ/ザ・ショーケース バイ デルパン GINZA SIX店(イレアナ・マクリ) ベルト¥21,000/BOWLES(HYKE) 靴¥35,250/エドストローム オフィス(エイティーズ)シャツの下の「仕込み」が肝要 懐かしさとギリギリ感が今再び新鮮な柄シャツ。大人がこなすなら、レイヤリングにひと工夫。ボトムと同系色のリブトップスを重ね、上半身から靴までをシックなワントーンでまとめたうえで仕上げのトッピングとしてシャツをオン。06.「黄色」が着たいドレス¥65,000/コロネット(ミラ・ショーン) ジャケット¥19,000/カーハート WIP ストア トーキョー(カーハート WIP) チョーカー(上)¥95,000・(下)¥70,000/リンクスオブ ロンドン 青山店(リンクス オブロンドン) ショルダーバッグ¥42,000/エスケーパーズ(レイチェル コーミー) 靴下¥1,200/ぽこ・あ・ぽこ(We LoveColors) パンプス¥44,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ネブローニ)アレンジ自在のドレスをぜひ! 今年の「黄色」に代表される、ビビッドなトレンドカラー。小物などを選びがちだけど、実はドレスで取り入れるのが断然コスパよし! 上から何かを羽織ったり、下に何かを重ねたり。スタイリングの幅も広いし、合わせるもので分量調整も簡単にできるから。今から手に入れるのにおすすめなのは、秋冬も活用できそうなベルベット素材。ワークジャケットで着くずして。07.「透ける服」シーズン2ブラウス¥49,000/CLIFF co.ltd(. FUMIKA_UCHIDA) Tシャツ¥4,000/Shibuya"T"パンツ¥90,000/ドーバー ストリートマーケット ギンザ(トゥーグッド) 帽子¥55,000/シジェーム ギンザ(ローラハット) ネックレス¥185,000/イレアナ・マクリ/ザ・ショーケース バイデルパン GINZA SIX店(イレアナ・マクリ) 靴下¥1,200/ぽこ・あ・ぽこ(WeLove Colors) サンダル¥65,000/TOMORROWLAND(マーティネッツ)大本命はオーガンザ。さて、何を重ねる? 昨年のPVC人気から一転、この夏の「透ける」ブームはオーガンザへ。スタンドカラー、後ろ開きのフェミニンなブラウスは中に重ねる服次第で印象も激変。オールドスクールな古着のロゴTをのぞかせて。トップスで遊んだ分、ボトムはノンウォッシュデニムとヒール靴できれいめに。08.「パワー・ロマンス」の こなし方ブラウス¥238,000/シャッツィ・チェン 中に着たTシャツ¥7,800/レショップ(リバーサイドツール アンド ダイ) 肩に巻いたロングTシャツ¥24,800/エドストローム オフィス(アワー レガシー) ショーツ¥22,000/ディアゲスト(オンブレ ニーニョ) イヤリング¥9,000/ケイト・スペード(ケイト・スペード ニューヨーク) イヤーカフ¥18,500/ハルミ ショールーム(コールムーン) リング(左手薬指)¥283,000・(左手親指)¥58,000・(右手人さし指)¥58,000・(右手中指)¥49,000/ステディ スタディ(トムウッド) ブーツ¥18,333/ロング ビーチ 表参道店ストリートにウェスタン。力強いテイストを、あえてぶつける レースのフリルたっぷりのブラウスも、今年はシンプルなボトムと合わせたりしない。「力のある」ロマンティックだからこそ、タイダイのTシャツや切りっぱなしのスウェットショーツ、カラフルなウェスタンブーツなど、アクの強いアイテムとスタイリングすることで一歩突き抜けた着こなしに。09.「ターコイズ」復権マルチカラーストーンネックレス¥26,850(カルビン・ロバト)・星ネックレス¥30,560(マリー・L・タフォヤ)・ターコイズネックレス(N・キングマン)¥13,890/マライカ ミティ 青山店 シルバーネックレス¥100,000/ハルミ ショールーム(オー) ゴールドネックレス¥34,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(イヴィ) パールネックレス¥87,000/シジェーム ギンザ(ペトラドゥムリング) キャミソール¥33,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(カルメイヤー) 帽子¥6,200/ラコステお客様センター(ラコステ)「土くさくない」ターコイズが、今はいちばん新しい 夏はネックまわりのおしゃれにも気を配りたい。ここ最近カムバックの兆しを見せているのがターコイズのジュエリー。プリミティブな方向に転ばせてしまうと"昔のまんま"になってしまうから、目指すべきは「モダン」。コツは、大きすぎないものをゴールドやパールなど異素材とミックスして重ねづけすること。10.「足もとスタイリング」の最新サンダル¥63,000/TOMORROWLAND(マリアムナッシアザデー) 靴下¥1,200/ぽこ・あ・ぽこ(We Love Colors) スカート¥20,000/4K(タン)質感の違いが際立つワントーンで揃える 素足にサンダルもいいけれど、ひとつツイストを加えるのならおすすめしたいのが、シアーなハイソックス。シルバーのグリッターがきらめくサンダルにはグレーのソックスを合わせて。トーンを揃えることで、シックにまとまる。 SOURCE:SPUR 2019年7月号「夏の「Tサミット」」photography: Wakaba Noda〈TRON〉 styling: Yuuka Maruyama〈makiura office〉 hair: HORI〈bNm〉 make-up: DAKUZAKU〈TRON〉 model: Annie
関連キーワード

RECOMMEND