シンプル服に小物でパンチ、が好きです。

Web eclat

日本でも売っているとは思いますが、ヒューストンのCOSで見つけたネイビーのノースリーブニットは、袖ぐりが身頃よりも太いニットになっていて、ちょっとしたアクセントになっています。
白のワイドパンツを合わせて初夏の爽やかさをイメージしてみました。





白のワイドパンツは、あまり太すぎず(ガサツな性格なもので、太いものは自分が履いている靴に引っ掛けてしまうのです。)さらりとした生地のものを探していて、COOMBというブランドで見つけました。
これはまさに理想のパンツでした!



ネイビー&ホワイトという究極のシンプルさなので、靴もバッグもZARAの蛇&蛇に。この位シンプルな服には許されるかな。





この日は、大好きなネイビーとホワイトコーデで一人気楽なお買い物にふらりと行ってきました。

Instagramもアップしています。
👇
関連記事
  • 偶然にも三人ともワンピース♪紅葉前の鎌倉へ。1日ゆっくり散策してきました。ご一緒したのは 元華組の山崎則子さんと、鎌倉在住の華組先輩・佐藤綾子さん。 実は今回私は、関東に越してきて初めての鎌倉。 これまで鎌倉は、家からわりと近いのに、素敵スポットの選択肢が多過ぎてどこから手をつければいいかわからないでいました…^ ^; うん十年ぶりの鎌倉です♪まずは、腰越「しらすや」で、腹ごしらえ。 つやっつやの生しらす丼をいただきました。 実は生しらすも私初めて。 釜揚げしらすしか食べたことがありませんでした… 生しらすは、とれる日ととれない日があるらしいので、食べることが出来て良かったです^ ^ しらすのお食事処は、どこもかしこもいっぱい。待ち必至です。 女三人、お喋りしてたら、すぐですけどね… 国指定史跡『明月院』趣があり撮りたい場所がいっぱい♪季節外れの小さな紫陽花がぽつぽつと悟りの窓食事の後は、北鎌倉の「明月院」へ。 紅葉や紫陽花の季節は、有名な円窓を観る為、観光客の長蛇の列ができるそうですが、 今は人も少なく、気候も寒くも暑くもなく、 本当にゆったり気持ち良く散策出来ました。 でもやっぱり紫陽花の季節にも、訪れてみたい。 あの株数の紫陽花に囲まれた参道…美しいに違いない。紫陽花の季節にこの参道でお写真撮ってみたいなぁ…名月院の緑と静かな佇まいに癒された後は、一息つくためカフェへ☕蔦が絡んだ味ある外観北鎌倉『喫茶 ミンカ』綾子さんが、 私が好きそう♪ と、連れて行ってくれた 「喫茶 ミンカ」 そのとおりでした。 こういうこじんまりした古民家カフェが大好きなんです。 夕暮れまで、ゆっくりまったりしました☕この日着て行ったのは、 frenchpave の黒のロングワンピース。 芦屋発のブランドで、最近お気に入りです。 分かりにくいですが、スカート部分にはレースがあしらわれています。 ゆったりしているので、私には珍しくベルトでウエストマークしてみました。小物は、 ブラウン系のペイズリー柄のストールと、 友人が作ってくれた麻紐の編みバッグに 手持ちのファーを自分で縫いつけて冬仕様に。 毎年秋になると加えるリメイクです。 ネイルやイヤリングも黒で統一して、 ブラックワントーンの大好きなフォークロアコーデで。 お出かけには、気分が大切 ♪ ですね。『円覚寺』鎌倉にお詳しい綾子さん、則子さんのおかげで、初鎌倉も大満喫。 ありがとうございました^ ^ 金沢生まれ、京都に家がある私にとって、なんだか肌が合うのかしら… 鎌倉は、落ち着いた魅力のあるときめく場所でした。 これから色々巡ろう♪ 華組インスタはこちら★華組 謝名堂華菜子ブログ
  • コートにはまだ早いけど、冷え込む朝晩に晩秋の気配を感じる時期にぴったりな“薄軽アウター”。なかでも、とろけるようなダブルフェイスや、ボディラインを整えて見せてくれるボンディングなど、落ち感や張りで魅せるフェミニンアウターは要チェック! 大人の余裕で着こなせる逸品を公開。落ち感や張りで魅せる上質素材をRich Feminine【リッチフェミニン】とろけるようなダブルフェイスや、ボディラインを整えて見せてくれるボンディングなど、素材の表情でシルエットが決まるのが、今季のフェミニンアウターの特徴。まとうように、大人の余裕で着こなしたい。ジレの延長線でサラッとはおれるフードつきケープ今季、数多く登場するケープ。ベーシックな着こなしに、前後差のあるフードつきで差をつけて。 ケープ(ランドオブ トゥモロー別注)¥145,000/ランド オブ トゥモロー(セヤ) ニット¥63,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) パンツ¥32,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) メガネ¥34,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥65,000/アパルトモン 神戸店(アグメス) バッグ¥145,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥83,000/トッズ・ジャパン(トッズ)ズレない工夫がうれしい、肌映えベージュケープ背中にギャザーを寄せ、フロントには片方の端を通すスリット入り。 ケープ¥110,000/スプラス インターナショナル(ロゥタス) シャツ¥34,000/アマン(アンスクリア) パンツ¥35,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) サングラス¥34,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥17,000/ゴールディ アッシュ・ペー・フランス(メドゥスィン・ドゥース) バッグ¥365,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥76,000/トッズ・ジャパン(トッズ)ボンディングは大人の味方。揺れる素材合わせで新鮮にボンディング特有の張り感がブルゾンのカジュアルなムードをセーブ。この素材感がボディラインをいい意味であいまいに見せるので、はおるだけで自然と体型をカバー。水玉のセットアップでフェミニンに。 ブルゾン¥38,000/ebure ブラウス¥46,000・スカート¥50,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ピアス¥33,000/アッシュ・ペー・フランス(ダニエラ・デ・マルキ) バッグ¥116,000/トッズ・ジャパン(トッズ) タイツ/スタイリスト私物トレンチのディテールを一重のしなやかな素材でトレンチのカッチリとした見え方と着心地が苦手な人に推薦。ドロップショルダーで袖は太め、ドレープのきれいなノーカラーは、はおるだけで旬のムードも漂う。日本人に似合うベージュ選びも秀逸。¥65,000/ebure>>アウター 記事一覧はこちら撮影/菊地 哲 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/ゆうき 取材・原文/向井真樹 ※エクラ11月号掲載
  • ニット¥1990/INGNI パンツ¥11093/3rd Spring メガネ¥990/GU バングル(3本セット)¥1300/お世話や(Osewaya) バッグ¥3990/ロコンド(MANGO) 靴¥2203/神戸レタスハイウエスト、センタープレス、ワイドシルエット。美脚を叶えるハンサムパンツはピタトップスを合わせて女らしさを上乗せして。注目のアシンメトリーな鎖骨見せデザインなら、今っぽさも色っぽさも盛れて大満足。足元はトラッドなローファーで上品に。モデル/松川菜々花 撮影/岡部東京 ヘア&メイク/小松胡桃(ROI) スタイリスト/金山礼子 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。 ▶ワイドパンツコーデ記事一覧はコチラ
  • 新調したコートを素敵に着こなしたいなら、足もとはショートブーツに任せるのが吉。今どきのコートには、ちょっと丸いトゥのショートブーツがぴったり。プラスするだけでシックでモードな足もとを演出する、厳選の一足をご紹介します。今どきのコートの重さも受け止めるちょっと丸いトゥがレトロ。新顔ブーツがいい感じ 丸めのトゥが今季、トレンドとして復活。このボリューム感が、今のコートと絶妙なバランスに。スニーカーとは違う、シックでモードな足もとが完成。 ブーツ(6)¥147,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) コート¥150,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ニット¥29,000/インターブリッジ(マジェスティック フィラチュール) デニムパンツ¥19,000/デミルクス ビームス 新宿(アッパー ハイツ) ピアス¥850,000・ネックレス¥210,000・リング¥353,000/ポメラートブティック 銀座店(ポメラート) バッグ¥109,000/イーストランド(マンサー・ガブリエル)>>「ショートブーツ」 記事一覧はこちら撮影/彦坂栄治(まきうらオフィス) ヘア&メイク/小林 懸(glams) スタイリスト/望月律子(KIND) モデル/RINA 構成・原文/宮崎桃代 ※エクラ11月号掲載  ※本文中の( )内の数字は編集部で計測したヒールの高さで、単位は㎝です。
  • 友人達とアマン東京のアフタヌーンティーへ。 この時期はハロウィンアフタヌーンティーで、 いつもながら、それぞれのお菓子の細工が本当に可愛いんです。上のボックスから四つのお菓子を選べます。 アフタヌーンティースタンドはこんな感じです。 う〜ん、どれからいただくか悩んでしまいます。 可愛すぎて食べるのがもったいない…。 今日は大好きなSHE Tokyoのスカートで。 こんなドラマティックなスカートはボーダーカットソーやライダースジャケットでカジュアルダウン。 こちらが今日のスタイリングです。 Skirt…SHE Tokyo Jacket…beautiful people Tops…ZARA Bag…PELLICO Boots… MICHEL PERRY 華組 成田千恵ブログ
  • もこもことした温かみのある素材感が恋しくなる季節。ファーやムートンなどウォーム素材のバッグを取り入れ、冬の先取りを楽しんで。着こなしに今っぽい印象も加えてくれるはず!arron バンブーハンドルバケツバッグこっくり深みのある色調が、高級感を後押しするアイテム生産はすべてイタリアのトスカーナで行い、上質なイタリアンレザーと、熟練技師によるハンドクラフトにこだわったアクセサリーブランド。今季のおすすめは、リアルファーを使ったこのバッグ。ふかふかな風合いのボディに、対照的なバンブーハンドルが絶好のアクセント。甘くならない、ごく淡いピンクもあり。間口は、巾着状のひもで閉じられるので安心。arron バンブーハンドルバケツバッグ ¥33,000+税>>arron ファー巾着バッグ(ブラウンフォックス)抱きしめたくなる! 上質なリアルファー巾着上質なイタリアンレザーと100%トスカーナ製にこだわったアロンのバッグは、熟練技師による典型的なハンドクラフトのスタイルが特徴。美しいリアルファーの風合いを楽しみたい。ふわふわのラビットと毛足の長いフォックス、2種類のファーで展開。arron ファー巾着バッグ(ブラウンフォックス) ¥40,000+税>>EVEX by KRIZIA エコファー3WAYポシェットバッグふわふわのファーで小ぶりながらも存在感抜群ふわふわ手触りが心地よい厳選されたエコファーを使用したシンプルな着こなしでもぱっと華やぐ演出力がある、コロンと小さ目の3WAYポシェットです。アクリルハンドルで手持ち、合皮のハンドルでサッチェル持ち、ショルダーストラップで斜め掛けと3通りの持ち方ができて便利。EVEX by KRIZIA エコファー3WAYポシェットバッグ ¥13,000+税>>
  • ハロウィン以降からクリスマス、さらに年末年始にかけて、ドレスアップする機会が増えるシーズンです。イベント前に駆け込みたくなるのは頼れる【ZARA(ザラ)】♡ 昨年センセーショナルなデビューで話題となった限定シーズナルコレクション「ZARA CAMPAIGN COLLECTION(ザラ キャンペーン コレクション)」がカムバックしました! オケージョンだけでなく、普段着としても着回せるワンピースやコート、バッグ、シューズやアクセサリーなど、ホリデーシーズンの装いにぴったりな華やかアイテムが公式オンラインストアに登場! さらに、ZARA(ザラ) 新宿店では、期間限定でポップアップストアも開催中です。今回は、そんなとっておきが揃う「ZARA CAMPAIGN COLLECTION(ザラ キャンペーン コレクション)」2019秋冬の限定新作アイテムのなかから、編集部のおすすめをお届けします。 ZARA CAMPAIGN COLLECTION(ザラ キャンペーン コレクション)2019秋冬全ビジュアル&エディターおすすめアイテム公開 無数のパターンを持つチェック柄のなかでも、無地感覚で着回せて、トレンドのクラシカル感も漂わせるグレンチェックのワンピースやジャケット、パンツたち。セットアップで着たり、シャツワンピにコートを重ねたりと、贅沢にレイヤードすることで華やか度がアップ! リボンタイがついたグレンチェック柄の端正なシャツワンピース。コーディネートやアクセサリーづかい次第で、ドレスアップにも通勤服にも着回せる便利な一枚。¥13990/ザラ・ジャパン(ザラ) 大胆に裾をカットし、切りっぱなし仕立てにしたクロップト(ショート)丈のチェック柄ダブルブレザー。13990/ザラ・ジャパン(ザラ) イメージビジュアルでクロップト丈ジャケットの下にセットアップで合わせているのが、ボックスプリーツが入ったワイドパンツ。サイドにポケットつきです。¥11990/ザラ・ジャパン(ザラ) 大人世代に似合うワンピースやドレスの種類が豊富に揃うのがZARA(ザラ)人気が高いポイント♡ 「ZARA CAMPAIGN COLLECTION(ザラ キャンペーン コレクション)」2019秋冬新作には、ヴィンテージスカーフのような大柄で華やかなプリントドレスが豊富に揃います。 ZARA(ザラ)プレスチームのイチ推しがこちら。ボウタイつき、体をきれいに見せてくれるフィット&フレアのシルエット、さらにスカート部分には、ボックスプリーツの中にさらに繊細なアコーディオンプリーツがあしらわれていて華やぎ倍増! ¥17990/ザラ・ジャパン(ザラ) 留め具つきのボアジャケットやスパンコールスカート、オールインワンなど“ワンピース以外”のアイテムでドレスアップするのも、ほかの人とのおしゃれに差をつけるコツ。襟もとにはボウタイやスカーフをあしらい、大輪の花を咲かせるイメージで装って。 ドレスアップしたワンピースやセットアップの上に着るアウターって悩ましいもの。ドレスと同じテンションの華やかさが求められます。そこでおすすめがこちらのボアコート。表地にループ状のボアでボリュームを出した表地のボアと、裏地のスカーフライクな柄、さらにノーカラーの襟もとにあしらわれたメタルチェーンのコンビネーションが艶やか! ¥13990/ザラ・ジャパン(ザラ) 一見難易度が高そうなスパンコールスカートも、繊細なサイズのスパンコールを敷きつめたシックなボルドーカラーで、シフォンプリーツなどとミックスされた軽さを感じるデザインなら取り入れやすい! ¥15990/ザラ・ジャパン(ザラ) ドレスアップのキーアイテムとして根強い人気を誇るZARA(ザラ)のワンピース。2019年秋冬はボウタイつきやサテン地、バイカラーなど、モダンでクラシカルなデザインがトレンドです。一枚で、またお手持ちの定番トレンチコートの下に忍ばせて華やかに。 一枚でマスタードオレンジとブラックのツートーンカラー配色が楽しめるユニークなドレス。襟元から流れる長いボウタイとクラシカルなフィット&フレアデザイン、さりげないバルーンシルエットがエレガントな印象へと導きます。¥17990/ザラ・ジャパン(ザラ) 華やかな光沢を帯びた落ち感のあるサテン生地の特徴を生かし、ウエスト前部分でツイストを入れることで生まれるドレープで、メリハリのある女らしいシルエットに仕立てたワンピース。手持ちのトレンチコートを上に羽織れば即、パーティスタイルの完成です。¥17990/ザラ・ジャパン(ザラ) レッドベースに、アイボリー・ブルー・オレンジ・グレーに染めわけた女神の彫刻の後ろ姿を全面にプリントした、大胆ながら高貴さすら漂うボウタイドレス。¥17990/ザラ・ジャパン(ザラ) (左)フューシャピンクの総レースワンピースの上にブルーのブラウスを重ね、さらにピンストライプコートを重ねた上級レイヤードコーデ。(右)ブラックのシングルボタンジャケット同柄のスカートつきパンツを合わせたマニッシュなドレスアップスタイル。襟もとからボウタイをふわっと見せるのが女らしく着るコツです。 ベーシックな黒のシングルボタンジャケットですが、なんとリバーシブルで着られる2WAY仕様! 裏返すと2枚重ねたような仕立てに見えるユニークなデザイン。¥17990/ザラ・ジャパン(ザラ) ウエストまわりにスコート(ミニスカート)を巻いたようなデザインがユニークなピンストライプのストレートパンツ¥11990/ザラ・ジャパン(ザラ) ジャケットやブレザーの襟もとから、ボウタイブラウスのリボンをふわっとのぞかせる着こなしは2019年秋冬コーデのトレンドのひとつ。落ち感や光沢感を帯びた生地づかいだったり、プリントやレースを使ったフェミニンなブラウスがイチ推し。¥9990/ザラ・ジャパン(ザラ) 極彩色で描かれたアート柄のワンピースの下に、フューシャピンクの総レースのボウタイワンピースを重ねた、他人に差がつくレイヤードドレスアップが楽しめるのが今回の「ZARA CAMPAIGN COLLECTION(ザラ キャペーン コレクション)いちばんの醍醐味! 今回のビジュアルスタイリングでインナーとして多く使われているのが、こちらの総レースボウタイワンピース。ピンクのほかにマスタード(オレンジ)、ブラックの3色展開です。薄手のレースで細身シルエットでなので、ほかのワンピースやジャケット、コートなどの下に着てももたつきません。¥15990/ザラ・ジャパン(ザラ) ドレスアップするなら、ワンピースやスカートの裾からのぞく足もとのおしゃれにも手を抜かないで! フラワープリント入りLIMITED EDITION レースタイツ¥2590/ザラ・ジャパン(ザラ) 最後にもう1セット、端正なパンツのセットアップをご紹介。こちらも襟もとにはボウタイブラウスやシャツが鉄則です。ダブルブレスト仕様ウールブレザー¥17990・ウールストレートパンツ¥11990/共にザラ・ジャパン(ザラ) いかがでしたか? ハロウィンやクリスマス、年末年始まで、一年のうちで最も心踊るホリデーシーズンのドレスアップの相棒に、ぜひ「ZARA CAMPAIGN COLLECTION(ザラ キャンペーン コレクション)」の限定アイテムをチェックしてみてくださいね♡ 2019秋冬新作続々入荷中【ZARA(ザラ)】公式オンラインストアへ 取材・文/沖島麻美 ※掲載されている価格および在庫状況を含む情報は、2019年10月18日時点でのもので、実際のZARA(ザラ)店頭および公式オンラインストアでは予告なく変更になる場合があります。
  • コートにはまだ早いけど、朝晩には晩秋の気配を感じる今の時期にぴったりな“薄軽アウター”。なかでもアスレジャーコートやC.P.Oジャケットなど、気軽にはおれるカジュアル系のアウターは、今季のマストアイテム。きれいめな着こなしとも好相性なカジュアル&スポーティな薄軽アウターを、着こなしとともにご紹介。きれいめな着こなしとも相性抜群!Casual & Sporty【カジュアル&スポーティ】人気継続のアスレジャーコートをはじめ、ワーク系の流れをくむ新顔、C.P.Oジャケットなど、気軽にはおれるカジュアル系は今季のマスト。ワンピースやセンタープレスパンツとの新鮮なコーディネートが着こなしを刷新してくれる。アスレジャー型ならワンピースとも好相性ツイード素材のクラシックワンピースとの意外性も受け止めるアスレジャー型。ストレッチタフタの微光沢を感じる濃紺。 ブルゾン¥53,000/SANYO SHOKAI カスタマーサポート(マッキントッシュ ロンドン) ワンピース¥160,000/マディソンブルー バングル¥19,000/アマン(アンセム フォーザ センセズ) バッグ¥194,000/ジミー チュウ 靴¥100,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン) タイツ/スタイリスト私物はおった姿に差がつく 新感覚のマウンテンパーカアウトドアの機能美に、ふんわり広がるテントラインシルエットとこなれ感たっぷりのドルマンスリーブを採用したニューカマー。ネイビーのピンストライプパンツとカーキの相性も抜群! ブルゾン¥49,000/カオス丸の内(ヴァシュモン) ニット¥48,000/アングローバル(イレーヴ) パンツ¥45,000/エリオポール代官山(アルベルト ビアーニ) バッグ¥71,000/ドゥロワー 六本木店(ワンドラー) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ)シャツ感覚で楽しみたい注目度No.1のC.P.Oトレンドを意識するならこちら。アメリカの海軍下士官のユニフォームがルーツのアウターに、こんなエクリュカラーも登場。トーンをそろえて優しげに。 ブルゾン¥29,000/カレンソロジー 青山(カレンソロジー) ニット¥29,000/ebure パンツ¥29,000/カオス丸の内(カオス) ピアス¥65,000(アグメス)・靴¥66,000(ニナ リッチ)/以上アパルトモン 神戸店 バッグ¥89,000/アッシュ・ペー・フランス(ジャマン・ピュエッシュ)ミニマムなデザインが光る端正なネイビージャケット光沢のあるしなやかなウールを裏地なしのシャツジャケットに。両わきに配したポケットとシルバーのスナップボタンだけがポイントだからこそ、スカートにもパンツにも合わせやすい。 ¥69,000/エイトン青山(エイトン)>>アウター 記事一覧はこちら撮影/菊地 哲 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/ゆうき 取材・原文/向井真樹 ※エクラ11月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND