[富岡佳子private life]アクアスキュータム

Web eclat
最近はエターナルな魅力にハマっています。
お年頃ですかね?!
シンプルを目指すために必要な削ぎ落とす作業の中に、今でも新しい発見が多々あります。
この年齢になってもやっぱりファッションは楽しいです♡
関連記事
  • 偶然のようで必然20代の頃にフランスはパリに住んだことがあります。 当時、入学した語学学校で私よりも先に座っていた日本人らしき女子のお隣にピン!ときてつかさずお隣に座りました。 その頃からのご縁が続き今もたまに会っています。 類は友を呼ぶ…なんですかね?! この日のランチは、その頃を懐かしむかのようにそば粉のクレープとお互いお供にはもちろん迷わずシードルを選んでました。毎回、ランチだけでは話が尽きないのでスイーツまで行きます。 この日は、奇跡のパンケーキ! 私が前から気になっていた行列店です。行列も恰好のおしゃべりタイムだから♡
  • 結婚後初かな?!長い間スチームが壊れているであろうと思いながらも何となく使えていたので思い切れなかったのですがやっと買い換えました。 以前からアイロンを新調する時には、LIVING MOTIFで!!と思っていたので念願叶って嬉しいです。 アイロンって1度購入するとかなり長い間共にするので機能も見た目も重視したくて… まずは白シャツから使いたいな♡
  • 新宿へお買い物娘とお買い物に行くと新宿ルミネの中でもルミネエストです。 普段大人が行かないエリアですよね。 エストの上階だと夕食もなかなか可愛らしいお一人様パエリア。周りの娘と同世代くらいの20代ファッションも見ていて飽きないです。 大人には真似できない今しかできないファッションをたくさん楽しんでほしいですね!
  • デニムが盛り上がっているらしい最近、CINOHのデニムって評判いいらしいよ〜ということから、撮影で履いたデニムをみんなに物凄い勢いでおススメされました。 後ろ姿も、丈感もこんなにビンゴなのないよ!買いだよ!…と力説され えっ!本当に?!という表情をしていますが、 撮影後…即購入してしまった…じゃーーーん!! 乗せられるとすぐ有頂天。笑
  • 紙コップ撮影中に紛らしいのですか同じ紙コップがたくさん並びます。 それぞれ名前を書いたりはしますが毎回、どれだっけ?!となります。 すごいアイデア!猫型になってました。 そして愛らしい♡
  • LesMillsで理想のBODYを手に入れよう♡여러분 안녕하세요〜☺︎ みなさん、こんにちは〜! もうすぐ夏ですね!やったー!♫ 綺麗な筋が入った背中、 引き締まったお腹や脚が欲しい! と思い、最近始めたお気に入りのエクササイズを共有します☆世界で話題のグループエクササイズプログラム「LesMills」って知ってる?ニュージーランド発祥のグループエクササイズ「LesMills」 多くの医師と運動理論により監修され、 短時間で、筋肉を効果的に鍛えられると、 世界中にファンがいるエクササイズプログラムなんだそう。▲引き締まったカッコイイBODYを目指して♡       Photo by i yunmai on Unsplashジムで出逢ったのが・・・♡LesMillsというちょっと「?」な 強力エクササイズプログラム。 LesMillsを導入しているジムも多く、 近くのジムでも実施しているかもしれません☺周りの人たちは結構長く続けているらしく、こんな人達の中で私、やっていけるのだろうか。 と思いましたが、 来たからには、 参加せねば! の想いでいざっ!結果は・・・キツい。。。 でも、爽快感MAX☆彡 プログラムを必死に やり切ることだけに集中。 自分のレベルに合わせて、 「イージーオプション」や「アドバンスドオプション」により難易度を変えられたので、 テンポ良くマイペースに取り組めました!効果は・・・いつもはマシーンを使って自分でトレーニングをしていたのですが、 インストラクターの方がこまめにフォーム確認をしてくれたからか、 さらに筋肉への負担を感じられて、 開始早々絞り上がるように発汗燃焼!▲グループエクササイズ               Photo by Geert Pieters on Unsplash辛いんです、 辛いんですけど、 他の方が頑張っているのに、 私だけ休めない!!という気持ちから、 それはそれは、亀スピードでもいいので 動き続けました。 みなさん必死だったので、 周りと比べている余裕もなく、 自分との戦いに全力!やってみて、本当に終わって良かったー!!! っていう達成感と、 救われた。。。という安堵感に包まれるのですが、 これだけやったら効果が・・・♡ というワクワク感がたまりません☺︎自分の身体に合わせた頻度で、 生活に取り込んでいくと 気づけば・・・♡嬉しい変化が♡ なんて事になっているハズ♫♫続けやすい理由は、ジムに来たからには!と思って一度に2時間も3時間も、 マシーンを使ってトレーニングをしていた時と比べると、 LesMillsは、 サラッと来て、 ガシガシエクササイズして、 ぴゅーんっと帰って行く というように時短で出来ちゃうので、 効率的に引き締めたい私にはいい感じ☺︎♫▲ウエイトを使うプログラムはオススメ♡      Photo by Gursimrat Ganda on UnsplashまとめLesMillsのプログラムは発汗が凄くて爽快! 科学的な根拠に基づきプログラムが組み立てられているので 効率的にエクササイズが出来て楽しかったです☺︎♫自分のレベルにカスタマイズしながら、 出来れば短い時間で! と思っていた自分に合うエクササイズ、見つけました♡次回は・・・Bodyパンプ45? Bodyバランス60? CXWORX? などなど結構種類が多いLesMillsですが、 その特徴などをオススメプログラムに絞ってご紹介します♫ プログラム選びの参考にしてください☺こちらもどうぞ♡【穴場スポット】鳩山会館でレトロな時間を♡どこか和の雰囲気も感じ取れる、珍しい洋館。 お庭では四季が感じられ、内装には貴重なステンドグラスなどが見られます。人っ気が少なく、優雅な時間を過ごしたい方にオススメです♫モアハピ部 No.703 IJUTabiGIRL のブログ
  • 発売早々、表紙の服についてお問い合わせが相次いでいます! (ブランド名は#に) こちらは実際の表紙の撮影現場。ちょっと引きぎみでスマホにおさめたバックステージ写真です。美しい白鳥の水面下を少しだけお見せすると・・箱に座った富岡さんが、Tシャツも、パンツも、カゴも、アクセサリーも、そして時計も!とそれぞれがうまく見せられるように苦心のポーズを取ってくれています。最終的に選ばれた笑顔の1枚がめっちゃ可愛いと評判です!(副編U) #表紙バックステージ #エクラ #富岡佳子 #ロエベ #ロレックス #loewe #rolex
  • ふわっとした淡さがあり、繊細な夏のグレージュ。そのあいまいさがどんなテイストも優しく受け入れ、着こなしをおしゃれにランクアップしてくれます。夏服にグレージュを纏うことで、一枚でも味わい深い装いを演出できるスタイリングを公開。【夏グレージュ効果1】軽い夏服にシックなニュアンスを漂わせてくれる薄着の季節だからこそ、色の選択は重要。肌なじみがよく、しかも落ち着いてまろやかな印象を与えるグレージュなら、一枚でも味わい深い装いに。 端正なシャツさえシックに変えるグレージュの粋な魔法 きりりとしたシャツは端正で、ともすればまじめなだけになりがちだけれど、淡いグレージュならちょっとクールでしゃれた雰囲気が漂うから不思議。しなやかなリネンにストレッチシルクの前立てがほのかなツヤを添えて。前立てを飾るモニーレ刺繡がアクセントになるから、アクセサリーさえ不要。同系色の夏カーキと合わせ、彩りはサファリっぽく。 シャツ¥130,000・スカート¥197,000/ブルネロ クチネリ ジャパン(ブルネロ クチネリ)甘くなりがちなデザインこそグレージュで大人顔に ギャザーをたっぷり寄せたボリュームあるワンピースはコットン100%。ふんわり袖と襟もとの刺繡ステッチが愛らしい、ちょっとフォークロアなデザイン。もしこれが白ならロマンチックすぎるはず。赤みや黄みを抑えた繊細なグレージュだから、大人の粋な装いになる。スモーキーなグリーンを合わせて、グレージュをきわだたせて。ワンピース¥366,000・ベルト¥88,000・靴¥120,000/ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店(ロロ・ピアーナ)【夏グレージュ効果2】小物で添えるだけでリッチなムードにしてくれるグレージュはすべての色を受け止め、リッチな雰囲気に昇華してくれる色。あいまいさが、実は繊細な美しさを発揮する。夏に似合う淡い色調で。シルクやレザー。ツヤのあるグレージュが柔らかいムードに 涼しげなリネンのブラウスとパンツ。さっぱりとした夏スタイルに深みを増してくれるのが、グレージュの小物。シルクのストールとクロコ型押しバッグをプラス。それぞれの素材のツヤが日射しを受けて陰影を宿し、装いに上品な表情をつけてくれる。ベージュ系のワントーンでも、ナチュラルより、都会的でリッチなイメージにシフト。 ブラウス¥63,000・パンツ¥75,000・ストール¥27,000・バッグ¥157,000/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) ピアス(片耳)¥14,000/ストラスブルゴ(マリア ブラック)グレージュトーンのネックレス。おしゃれ通に見える色の遊び 白いブラウスに重ねるのは、ほのかに色づくグレージュを織り交ぜたネックレス。パールだけではコンサバティブになるけれど、グレージュのクォーツがしゃれた遊び心を醸し出す。ひんやりと涼しげなのも夏にいい。 ロングネックレス¥110,000・4連ネックレス¥140,000/三越日本橋本店 本館3Fミグジュアリー(ドナテラ・ペリーニ) シャツ¥24,000・パンツ¥28,000/サードマガジン 手に持った帽子¥37,000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) ブレスレット¥48,000/エドストローム オフィス(オール ブルース)【夏グレージュ効果3】カジュアルをさりげなくモードな気配にしてくれるさっと着る軽快な着こなしにもグレージュは有効。光を受けて複雑な陰影を宿す深い味わいが、カジュアルでもおしゃれ通で、こなれた感じに。揺れるスカートの甘さがほどよく中和されるのもグレージュ効果 動くたびに揺れるスカートはこの夏も人気。鮮やかな色もベーシックな色もいいけれど、グレージュなら小粋になること間違いなし。あいまいな色調が、甘さもカジュアル感も抑え、大人のこなれた味わいにしてくれる。シャツをはおる気軽な着こなしも、手を抜いていない感じになるから不思議。 スカート¥26,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) シャツ¥25,000・インに着たスパンコールキャミソール¥32,000/サードマガジン ピアス¥40,000/ストラスブルゴ(サイモン アルカンタラ)靴¥90,000/リエート(サントーニ)いつものデニムに合わせるのはリネンのジャケット リネンは夏グレージュをちょうどよいムードで着る代表的な素材。どんな着こなしにもなじむアウターをひとつ用意しておけば、最後の仕上げに困らない。リネン特有のざらりとした風合いが、カジュアルに溶け込み、ますます底上げしてくれる。肩がきちんとあるのもいい。 ジャケット¥63,000/アマン(カバナ) ノースリーブのトップス¥23,000/コロネット(エアロン) デニムパンツ¥19,000(レッドカード)・靴¥27,000(ルチェンティ)/以上ゲストリスト ブレスレット¥94,000/エドストローム オフィス(オール ブルース)あると頼れる「 夏グレージュアイテム」1. 涼やかだけれど表情のある色がトップスを選ばない夏グレージュのボトム 黒や紺より軽く、白ほどコントラストがつかないので、全体の印象がしっとりと上品に。甘さやカジュアルさも受け入れて、なじませてくれるからデイリーに活躍。 サファリシックな着こなしもグレージュなら優しく落ち着く ランダムなプリーツは揺れるたびに複雑なニュアンスを醸し出して素敵。ほんのり透け感が上品で、より繊細なグレージュに。ジャケットと合わせてサファリっぽい装いをしても、淡い色調でまろやかな印象。 ウエストゴムのスカート¥30,000/アストラット 新宿店(アストラット) ジャケット¥44,000/サードマガジン Tシャツ¥8,100/エイトン青山(エイトン) ピアス¥5,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ユナイテッドアローズ) スカーフ¥9,500/フレームワーク ルミネ新宿店(アモーメント) バッグ¥59,000(ペリーコ)・靴¥27,500(ペリーコ サニー/以上ビームス ハウス 丸の内たっぷりのボリュームも重くならない。溶け込むグレージュで上品に フロントにタックを入れたパンツも淡い色で夏仕様。ブルーのレースという個性的なトップスも受け入れてくれる。 ウエストゴムのパンツ(共布ベルトつき)¥59,000(トム)・靴¥27,500(ペリーコ サニー)/以上トゥモローランド カーディガン¥32,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) ブラウス¥48,000・チューブトップ¥9,000/サードマガジン ピアス¥13,000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップ オーディベール) ブレスレット¥22,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ラバー) バッグ¥265,000/ジミー チュウプラス白トップスのグラデーション配色でほんのりとした甘さを スイートなレースの白ブラウスも落ち着いてシックなグレージュで涼しいグラデーションを実践。サラッとした感触でしわにもなりづらいパンツをワードローブにプラス。いつでもクールな着こなしができる。 ウエスト後ろゴムのパンツ¥16,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) ブラウス¥58,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) バッグ¥210,000/ジミーチュウ 靴¥48,000/マルティニークルコント ルミネ有楽町店(ペリーコ)シャカシャカと涼しい素材で黒ニットをぐっと軽やかに ウエストにゴムを仕込んだデザインがインでもアウトでも使いやすい、シンプルなスカート。ほのかに光沢を帯びた素材はとても軽く、黒いニットに合わせてもトーンアップして夏の雰囲気に。ヌーディなサンダルをニットと同色にして。 スカート¥14,000/リエス(リエス) ニット¥37,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) イヤリング¥18,500/セシル・エ・ジャンヌ ネックレス¥23,000(ヘレナ ローナー)・バッグ¥139,000(ザンケッティ)/以上ヴェルメイユ パーイエナ 日本橋店 靴¥32,000/ラヴァンチュール マルティニーク(カジャック)スポーティなパンツこそグレージュでおしゃれ度アップ センタープレスのパンツは黒だと重く、白は避けたい。グレージュならベーシックカラー同様の使いやすさで、そのうえちょっと上級っぽく見える。パーカも街カジュアルに。 パンツ¥26,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) パーカ¥36,000/キャバン代官山店(キャバン) カットソー¥6,800/スローン メガネ¥48,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ディータ) ネックレス¥13,500/チェリーブラウン バッグ¥37,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)2. さらりとはおれば、こなれた雰囲気の大人配色が完成夏グレージュばおり 合わせれば黒は軽やかに、赤はまろやかに。ふわりとはおるだけでマイルドさを加えてくれるから重宝。粋な風情になるのもうれしい。 合わせる色を選ばずシックに決まるグレージュニット ざっくりとした編み地のほどよい重みで、しっとりと体を包み込むコットンニット。しかも色の受け入れ力に長(た)けたグレージュなら、頼れるアウターに。長い丈はワンピースはもちろん、パンツやスカートにもグッドバランス。 カーディガン(ベルトつき)¥45,000/ebure ワンピース(ベルトつき)¥27,000/ウィム ガゼット 青山店(ウィムガゼット) ピアス¥28,000/カオス丸の内(ホリー ライアン) バングル¥39,000/セシル・エ・ジャンヌ バッグ¥128,000 /エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥159,000/ドゥロワー 青山店(エドワード・グリーン)透けるシャリッとした素材でシックなベールをかけて 肌にもドライで心地いいコットン混の短めカーディガン。鮮やか色も受け入れつつ、さわやかでシックな印象にしてくれる。短め丈&ラグランスリーブはボリュームあるボトムとも相性がいい。 カーディガン¥23,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) カットソー¥7,200/エイトン青山(エイトン)パンツ¥32,000/ビームス ハウス 丸の内(エッフェ ビームス) ブレスレット¥49,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ラバー) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥86,000/マルティニーク丸ノ内(ジルサンダー)ルーズなジャケットをはおればこなれた味わいもアップ ゆったりとしたサイズ感で粋にはおれるダブルのリネンジャケット。ヘリンボーン織でグレージュが明るいトーンながら表情豊か。デニムにもサラッとプラスするだけで、おしゃれ上手に見えるのがうれしい。さりげなく肩にかけて。 ジャケット¥39,000/カオス丸の内(カオス) Tシャツ¥12,000/エイトン青山(エイトン) デニムパンツ¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(ジェイブランドフォーセオリー) サングラス¥13,000/トゥロモーランド バッグ¥54,000/フレームワーク ルミネ新宿店(モダン ウィービング)靴¥51,000/アマン(ペリーコ)3. 小物で少量の色を足す。おしゃれ通に見せるのに効果的プチ夏グレージュ バッグや靴など小物をグレージュに。まろやかになじみながら、じわりと小粋さがアップするのが魅力。ころんとしたフォルムの今どきバッグをグレージュで上品に 斜めがけにも、小さなハンドバッグとしても使える愛らしいバッグもグレージュならいっそう活躍。白でもベージュでもない独特の色が上級センスをアピール。ダークカラーはトーンアップ、スイートカラーはシックな雰囲気にとどんな色も受け止めつつ、しゃれた着こなしにしてくれる。 バッグ¥186,000/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ) シャツ¥14,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード) パンツ¥33,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) 靴¥51,000/リエス(ペリーコ)肌にきれいになじむフレームで小粋な夏顔に 顔をキュッと引き締めて、おしゃれのアクセントにもなるサングラスは、夏に威力を発揮する小物。ブラックやブラウンのベーシックカラーとはひと味違うグレージュのフレームで、軽やかな夏の顔に。肌とのコントラストが薄まる色だから、キツい印象にならないのもいい。 サングラス¥28,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(エナロイド) カーディガン¥23,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス)かすかに色を感じる繊細なストールは顔映えも優秀 ごく淡いグレージュの大判ストールをふわりと巻いて。肌になじみつつ、顔映りもよく、さらに絶妙な色調でリッチな印象もアップしてくれる。空調対策に便利なだけじゃなく、おしゃれを底上げしてくれる必需品。 ストール¥27,000/ビームス ハウス 丸の内(ファリエロ サルティ) ブラウス¥25,000/エリオポール代官山(ラスパイユ) パンツ¥41,000/レリアン お客様相談室 ピアス(片耳)¥12,000/ショールーム セッション(マリア ブラック)ヌーディ感がたまらない。最強のパンプスをひとつ 発売されて以来、おしゃれ通の支持を集め続けるグレージュ靴の代表格。足を美しく見せる一足は夏はもちろん、オールシーズンで活躍。肌ときれいになじみ、どんな色の服にも似合う受け入れ力が素敵。いつもはスニーカーやサンダルでも、ここ一番にはこんな足もとがひときわ注目を集めるはず。靴¥74,000/ジミー チュウ スカート¥54,000/トゥモローランド(リー マシュー)人気スタイリストが伝授! “夏グレージュ”の着こなし実用例1. スタイリスト 徳原文子さんさらりとはおるだけでカジュアルが即ランクアップ。 リゾート地で活躍する夏グレージュのストール 開放的なリゾートでの着こなしをランクアップするために使うのが徳原さん。「グレージュは大人っぽくて小粋で上品に見せてくれる色。だから印象を大きく変えられる大判ストールを選びます」。ざらりとしたナチュラルな風合い、フリンジが効いたストールを旅のお供に。「体をすっぽり包むサイズ感も、ちょっとこなれたリッチな雰囲気になります。リゾートでの私の定番は、ジャージーのワンピースにビーチサンダルとカゴバッグ。ラクちんなスタイルもこのストールでいい感じに大人のムードに」。レストランでのディナーにも気負いなく行ける着こなしにシフトアップ。「どんな服にも合わせやすいので、ストールをグレージュにするのはおすすめです」。繊細なグラデーション配色でシックなカジュアルサファリ 「ジャケットがリネンなので、インとボトムは柔らかな素材を」。 ジャケット¥34,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) タンクトップ¥23,000/ストックマン(クリステンセン ドゥ ノルド) スカート¥39,000/トランジット パーサッチ青山店(トランジット パーサッチ) バッグ¥19,000(サン アルシデ)・靴¥18,000(プレインピープル)/以上プレインピープル青山 ブレスレット¥94,000・バングル¥48,000/エドストローム オフィス(オール ブルース)2. スタイリスト 池田奈加子さんイメージは’70年代のサファリルック。 微差にこだわって色を重ねるヘルシーなグレージュ すぐに思い浮かぶのが「’70年代のサンローランに代表されるイメージ。夏のグレージュはサファリテイストの着こなしをベースにするのが素敵だと思います」と池田さん。エポレットや胸ポケットにサファリっぽさを感じるリネンのジャケットを主アイテムにピックアップ。「グレージュは色としては淡くまろやか。デザインできちんと印象づけると着こなしが引き締まります」。色調は涼やかなグレージュを生かし、同系色の微差を重ねて。「インにはグレー、ボトムはカーキ。小物まで同系色でありながら、少しずつ異なる色を重ねて、深みのあるグラデーションに」。淡いグレージュだからこそ楽しめる配色の妙。「色をなじませるグレージュ効果を存分に使って」。繊細なグラデーション配色でシックなカジュアルサファリ 「ジャケットがリネンなので、インとボトムは柔らかな素材を」。 ジャケット¥34,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) タンクトップ¥23,000/ストックマン(クリステンセン ドゥ ノルド) スカート¥39,000/トランジット パーサッチ青山店(トランジット パーサッチ) バッグ¥19,000(サン アルシデ)・靴¥18,000(プレインピープル)/以上プレインピープル青山 ブレスレット¥94,000・バングル¥48,000/エドストローム オフィス(オール ブルース)3. スタイリスト 村山佳世子さん街スタイルを小粋に。日焼け肌も白肌も魅力的にきわだたせるリッチなグレージュ 村山さんはちょっと濃いめの色調のニットをおすすめ。「夏のグレージュの魅力は、なんといっても肌になじんでかっこいいということ。日焼け肌だと肌とワントーンになって素敵だし、白肌はより澄んだ印象になる。だから私は素肌に着たいんですよね」。ピックアップしたのはカーディガン。「素肌に着ているかのように前をとめるのは私が好きな着方です。Vゾーンのあきも潔く、プルオーバーよりしゃれて見えます。そこにキャメルのボトムで夏らしい装いに」。村山さんの提案は街スタイルで、グレージュの受け入れ力を肌に使うというひねり技。「グレージュ×キャメル配色はカリッと乾いた印象で辛口に仕上がります。優しい色だからこそ軽快に着こなしたい」。カーディガンをトップスにしてヨーロッパマダム風のグレージュ 「街でも夏らしさはキープして」。 カーディガン¥32,000/スローン パンツ¥47,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) サングラス¥55,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バングル¥42,000/ザ ストア バイシー 代官山店(ダイナソーデザイン) ストール¥19,000/リーミルズ エージェンシー(ジョンストンズ) バッグ¥36,000/ジャーナルスタンダード 表参道(ヘリュー) 靴¥55,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)撮影/長山一樹(S-14) 渡辺謙太郎(MOUSTACHE) 魚地武大(TENT) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/池田奈加子 徳原文子 村山佳世子 モデル/富岡佳子 田沢美亜 ゆうき 構成・文/宮崎桃代 ※エクラ7月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND