新緑のきれいな嵐山・茶寮八翠のテラス席

Web eclat
連休中、嵐山へ行ってまいりました。満足に下調べもせず行ってしまったのですが、行きの電車でWeb éclatをチェックし、4月号で気になっていた「茶寮八翠」の予約ができました。

桜の季節は過ぎてしまいましたが、記事に従ってテラス席をキープ。雨上がりのしっとりとした新緑が目にもやさしく、ゆったりとした令和初日のひとときでした。

今の季節いただける和菓子は、「老松」とコラボレーション。香り高い紅茶やコーヒーともよく合いました。

エクラ6月号の京都ホテル特集は、宿泊券プレゼントつきです。どうぞお見逃しなく!(編集M岡)

#京都 #嵐山 #茶寮八翠 #アフタヌーンティー #和菓子 #Web éclat #エクラ
京都旅はホテルの選び方で、より楽しく、より深く堪能できる。今、最も訪れたい京都のラグジュアリーホテルと、今こそ行くべき最旬ホテルの宿泊プランを10組20名様にプレゼント!
関連記事
  • スキンケアでもメイクでも、大人にうれしいコスメの進化はとどまるところを知らず、今年の上半期も優秀な新作が目白押し。「自分に無理のないケア」を日々心がけている美容家・野毛まゆりさんが、べたつきやすいという自身の肌にも心地よく使えるアイテムを厳選!野毛まゆりの超私的ベストコスメ「いくら健康的な生活をしても、なかなか若いころのようにはいかないけれど、アラフィー世代だからこそこだわりたいのが『自分に無理のないケア』。コスメの可能性が広がり、パフォーマンスがとにかくすごい!と実感できた今期。本気で愛用しているのは、ベタつきやすい私の肌にみずみずしく心地よく使えて、気分も上がるアイテムです!」1.ITRIM(イトリン) エレメンタリー フェイシャルプロテクション「感触が好き。自然由来の香りも好き。化粧下地にも優秀な感激UV!」 天然由来成分97%にして、紫外線をはじめ環境ストレッサーからマルチに肌を守りぬく。「ベタつかない、もたつかない。のばしやすく、ムラにもならず感激! 顔をくすませず、どのファンデーションとも相性がよいのも毎日使いやすく、かなりうれしい♪」。SPF45・PA++++ 80g ¥12,0002.コスメデコルテ フェイスパウダー 00「とにかくくすまない!すべすべの仕上がりを長時間保つ夏肌の必需品」 「なめらかな肌になり、毛穴落ちがないどころか完璧に隠してくれる! 適度にカバーするので、UVケア後にこれをつけるだけの日も。専用パフでつけてもブラシ仕上げでも美しい」。軽くきめ細かくなめらかで、しっとりと肌になじむ。00はぬれたようなツヤ感。20g(パフつき)¥5,0003.クレ・ド・ポー ボーテ タンプードル クレームエクラ「『自然できれい』と何度もいわれたほめられファンデーション」 「すごいです! シミも色ムラや赤みも飛ばし、毛穴も目立たず、透明感もあるのに隠したいところは隠してくれる。すべすべのきれいな肌が一日続くので、お化粧直しもラクでした」。みずみずしく肌に溶け、パウダーに変化。さらりとした肌質感で快適に。SPF25・PA+++ 全8色 各¥10,0004.エスティ ローダー マイクロ エッセンス ローション フレッシュ「とにかくさわやかで、肌の透明感が見違える。感動的THE化粧水!!」 「化粧水の果たすべき役割をすべてこなす逸品! コットンをすべらせながら使うと、格段に透明感アップ。なめらかな感触で、そのあとのコスメのなじみがよくなるのもしっかり感じられる」。積み重ねてきた発酵技術を生かし、肌に強さをもたらしてふっくらキメの整った肌に。200㎖ ¥12,500これもLOVE賞 MTG リファダブルレイ 「左右のラインを同時につまみ流せて簡単! 便利! 時短!左右対称でケアできてラクなうえに、鏡の中の自分としっかり対峙できます。また頰骨の位置が高いと、それだけで若い印象に。コレはそのケアもできて最高!」。¥28,800【Profile】 野毛まゆり 美容愛好家。化粧品業界で培った豊富な知識と独自の美容メソッドを、Web éclat連載コラム「お悩みずばっと解決!美容塾」でも好評配信中!>>「エクラ大人のベストコスメ2019上半期」はこちらから撮影/大原敏政(aosora) 構成・文/巽 香
  • ヒールが苦手な人でも大丈夫。フラットシューズとフラットサンダルをご紹介!【1】 ジミーチュウ/アシュリー ウィリアムズのコラボレートシューズ「一見ミスマッチにも思える組み合わせがこんなに可愛いとは! 赤いペディキュアで履きたい心ときめく一足です」とスタイリスト室井由美子さんが絶賛するのは、ジミー チュウがアシュリー ウィリアムズとコラボレートした一足。夏にぴったりなPVC素材で、先端にレースとスクエア形のバックル、さらにクリスタルをちりばめ、カジュアル感とクラシックさを融合した。靴¥99,000/ジミー チュウ(ジミー チュウ/アシュリー ウィリアムズ)【2】ファビアナ フィリッピのビジューサンダルスタイリスト大沼こずえさんが「昔から大好きなブランド。フラットなのに華やかで大人っぽいサンダルは旅先で活躍間違いなし!」とお気に入りなのが、ファビアナフィリッピのフラットサンダル。大振りビジューをあしらったリュクスなムードで、ドレスでもパンツでも夏のコーディネートを格上げしてくれる。サンダル¥168,000/アオイ(ファビアナフィリッピ)【3】ビルケンシュトックのサンダルビルケンシュトックの定番「アリゾナ」が、トスカーナの五つ星ホテル「ホテル イル ペリカーノ」とコラボレーション。ラフィアやスエード、シルクなどでクラスアップ。履き心地のよさはそのままにリゾートライクな大人のたたずまいが魅力。「スポーティ感が控えめなこの素材使いこそ、『待ってました!』と言いたいコレクション。夏のヘビロテは確実です」と副編集長S田。サンダル(左から)¥61,000・¥50,000・¥54,000/ビルケンシュトック・ジャパン(ビルケンシュトック)【4】アグのシープスキンファーサンダルアグ®から登場した、シープスキンファーを使った個性的なサンダル。ふかふかの履き心地のよさはもちろん、ほどよく厚底で脚長に見えるのもうれしい。写真のパープルのほかにチャコールやブラックなどベーシックカラーも選べる全5 色がラインナップ。「長く愛用しているブランドですが、今回のサンダルはカラーの展開も広く、カジュアルにはもちろんハズシとしても欲しいです」とスタイリスト辻 直子さん。サンダル¥15,000/デッカーズジャパン(アグ®)撮影/佐藤 彩 スタイリスト/伊藤ゆみ 取材・原文/坪田あさみ 【Marisol7月号2019年掲載】
  • 家族関係の変化を痛感せざるを得ないアラフィー世代。悩みは人それぞれでも、“考えさせられながら読む”小説にはそのヒントが! 新刊で家族をめぐる物語を描いた江國さんに、小説に宿る「家族とは何なのか」についてを伺いました。『彼女たちの場合は』 江國香織 集英社 ¥1,800 姉妹のように仲がよくていとこ同士の逸佳と礼那は、親に黙ってアメリカを見る旅へ。当初は心配するばかりのふたりの両親だったが……。少女たちの新鮮な感受性を通して、若いころにしかできない旅を描いたロードノベル。気づかなくてもいいことに気づかされたとき、夫婦に危機が作家の江國香織さんにとって家族の物語は“ずっと大好きで、たくさん読んできたもの”。「自分より大事な存在になりえるのが家族。その幸福と不幸が描かれた家族の話はとても豊かで、何度でも読み返したくなります」と語る。彼女自身もさまざまな家族を書いてきたが、最新作『彼女たちの場合は』で取り上げたのはアラフィー世代の家族。ニューヨーク在住でいとこ同士の逸佳(いつか)(17歳)と礼那(れいな)(14歳)が親に黙ってアメリカを見る旅に出たことで、ふた家族が心配するところから物語は始まるが、礼那の両親――潤(うるう)と理生那(りおな)の間には、不穏な空気まで漂うようになる。 「長編小説を書くときは最初に登場人物の情報、例えば性格や誕生日や身長などを細かく考えておきますが、先の展開は何も考えない。人物が勝手に動くのを待つんです。ただ礼那の家は、彼女がいない時間と空間ができると両親がうまくいかなくなるのでは、という予感がありましたね」“子はかすがい”というが、それが急になくなることは夫婦にとってひとつの試練。娘から楽しそうな手紙が届いたりしたことで理生那は落ち着いていくが、潤は行方がつかめない状態が耐えられない。現実の受け止め方が違う夫婦がお互いに抱く疑問を、エクラ読者なら理解できるのではないだろうか。「若いころは、結婚式でよく聞く“結婚したら片目をつぶって相手を見よう”というあいさつが大きらいでした。“もし自分があいさつを頼まれたら、両目を開けたまま相手から目を離すなといってやる”と思っていたくらい(笑)。でも年を重ねるにしたがって、時には片目をつぶって見ないふりをしたり、ちょっと許したりするほうがいいのかもと思うようになった。ただ理生那のように何かがきっかけで“自分は夫を愛することはできるが信頼はできない”と気づいてしまったら、夫婦でいつづけるのは厳しいかもしれませんね」 愛があれば大丈夫とはかぎらない、愛と信頼は別ものということなのだろうか。 「愛ってわりと簡単だな、と思うんです。どうしてもわき出たりするものだし、ましてや一回家族になったりしたら、多少きらいなところがあっても気持ちが冷めても“この人と一緒にいてよかった”と感じる瞬間があるから。それに比べると信頼はむずかしい。信頼できる、できないって大きな問題だなと思います。最初は心配していた理生那が落ち着いたのも、ある瞬間から逸佳と礼那を信頼できたから。一般的に女性のほうが子供と一緒にいる時間は長いし、理生那の場合は娘との関係が密だったから、可能だったのかもしれませんが。そう考えると潤はちょっと不利ですね」家族の中でも個は尊重されるべき。これからの時代はさらにさまざまなできごとを経験しながら、のんびり旅を続けていく逸佳と礼那とは対照的に、理生那と潤の関係はぎくしゃくするばかり。クリスチャンではない理生那が教会に通う心情を潤は理解できないが、それは残酷なほどふたりの距離を表しているようだ。「理生那にとっては妻や母である以前の自分、一個人に戻れる場所が教会だった。キリスト教のあり方に興味と共感をもったのだと思いますが、環境によっては仏教やイスラム教でもよかったのかもしれません。一方潤は、理生那だけでなく自分のことも一個人としては考えられない。娘との関係が妻より不利なうえに、夫や父親、会社員としてしか自分を認識できない彼をちょっとかわいそうに思いました」物語の後半、家で子供たちを待ち続けていた理生那が意外な行動に出る。それは若き日の自分を思い出すことにつながり、やがてある確信を得るが……。 「理生那と潤が昔どういう恋愛をしたかはわかりませんが、たぶんお互いや結婚について疑問をもたなかったのだと思う。理生那が潤と出会う以前まで振り返ってみたことは、それに気づくことにつながるから、夫婦にとって危険かもしれない。でも私は『いいのでは』と思います。それでもなお理生那が潤と一緒にいたいかどうかは、やってみないとわからなかったから」 逸佳と礼那の旅は、ふたりだけではなく家族にも変化と成長をもたらした。でもそれらは「旅がなかったとしてもいつだって避けられないもの」と江國さんはいう。 「成長はいいことばかりではなく、それによって失うものもあるけれど、いずれにしろ人は一カ所でとどまることはできないから。もうひとつ、いつも避けられないのが孤独。家族といても恋人といても、人にはまず尊重されるべき個性がある。それが孤独を招いたとしても、寂しいのではなく自由なんです。そういえば次のページで私がおすすめした家族の本も、個人と自由について考えたものが多くなりましたね。私自身もたびたび、個々の勝手を許す家族を書いています。家族はもともと一人ひとりを役割で認識しがちですが、ひと家族の人数が少ない今はますますその傾向が強まる可能性も。だからこそ、家族といても個人をしっかりもっていないと危険だなと思います」これまでもさまざまな家族が登場 江國さんが描く家族小説穏やかで確かな家族の日常『流しのしたの骨』 新潮文庫 ¥550 19 歳のこと子は4人姉弟の三女。彼女だけでなくおっとりした長姉も妙ちきりんな次姉も小さい弟も問題を抱えていたが、両親を含めた家族がかけがえのない居場所だった。風変わりだが幸福な宮坂家を描く。周囲から浮いた一族の歴史『抱擁、あるいはライスには塩を』 集英社文庫 上・下 各¥600 東京・神谷町の洋館で暮らす柳島家。そこには3世代が同居していたが、4人の子供のうちふたりが父か母が違うなど複雑な事情があり、教育方針も独特だった。個々の成長と一族の変遷を描いた重厚な作品。長女の秘密が三姉妹に変化を『思いわずらうことなく愉しく生きよ』 光文社文庫 ¥700 結婚して7年の麻子は夫からのDVを隠す主婦。結婚はしないが同棲中の治子は外資系キャリアウーマン。恋愛なんて信じないという育子は自動車教習所の事務員。犬山家三姉妹ののびやかな生き方とは。撮影/古谷 勝 取材・文/山本圭子 撮影協力/アワビーズ
  • 暑くるしい季節は、家での時間を少しでも快適に過ごすため、麻を効果的に暮らしにプラスしてみるのはいかが? 触り心地が涼しくなるだけで、ぐっと居心地がよくなり、部屋の温度さえひんやり感じられるはず。1.ベッドリネンはさわやかな白。 スローとクッションでさし色をプラス 「夏は、真っ白なベッドリネンで。麻のデュべカバー(かけ布団用カバー)に布団を入れず、カバーを肌がけがわりにして眠ります」。適度な重みが心地よい眠りへと誘い、サラリとした肌ざわりと抜群の吸水性でさわやかな寝心地。 プリーツ デュべカバー ピュアホワイト(麻100%、シングルサイズ150×210㎝〜)¥36,300 〜・ピュアホワイト ボックスシーツ(麻100%、シングルサイズ100×200㎝〜)¥17,600 〜・プリーツ ピローケース ピュアホワイト(麻100%、50×70㎝、ふち5㎝)各¥7,700・シェル クッション(中材込、生地 麻100%、刺繡 ポリエステル、45×45㎝)各¥16,000・ネリンガスロー アイスグレー(麻100%、150×230㎝)¥24,200 /リネン&デコール2.室内側カーテンは 透け感のあるクールカラーを 窓辺には2種類の麻のカーテン、室内側に透け感のあるネイビー、窓側には透け感のあまりない白&トープを。「日中は手前だけを引いています。落ち着いたネイビーは夏の強い日射しを遮り、見た目も涼やかに感じられます」。 すべて私物3.クロスは明るめのグレー。 ランナーの横使いを夏のもてなしに 「ランナーを横に使う『ブリッジ』という敷き方ならフォーマルすぎず、軽やかなおもてなしができます」。ランナー、ナプキンなどクロスは明るめのグレーでまとめ、ガラスや籐を合わせて、カジュアルで大人な夏のテーブルに。 ランナー(参考商品)・リモージュ ナプキン(麻100%、47×47㎝)¥1,540・ブルージュ キッチンタオル(麻100%、45×70㎝)¥1,870 /リネン&デコール その他/私物他の画像を見るリネンを指南してくれたのは…… LINEN & DECOR代表 菊川博子さん LINEN & DECORではオリジナルの麻商品を中心に、暮らしを豊かに、美しくする商品を提案する。 https://www.linenanddecor.net撮影/川上輝明(bean) スタイリスト/石山とみ子 菊川博子 取材・文/鈴木奈代 撮影協力/ FILE(http://file-g.com) ※eclat7月号掲載
  • Tシャツをカジュアルになりすぎず、素敵に着こなすコツは“きれいめ合わせ”にあり。アラフィー世代から絶大な支持を得るスタイリスト・村山佳世子さんが、Tシャツのラフさを中和する逸品ボトムをご紹介。メソッド1:合わせるボトムはニュアンスのある色と素材で女っぽさを意識する光沢や透け、ドライな質感といったニュアンスのある素材を取り入れて、Tシャツのラフさを中和。カジュアルすぎないほどよい緊張感が心地いい「リネンのハイウエストのマキシスカートとの合わせで、クルーネックのベーシックなTシャツがぐっときれいめに。今季大人気のリネンアイテムはTシャツ合わせに大活躍。ドライな質感が今どきだから、トレンド感のあるスタイルに見せるのに重宝します」(村山さん)。 Tシャツ¥5,000/ユナイト ナイン(カラフル スタンダード) スカート¥47,000/カオス丸の内(カオス) 手に持ったカーディガン¥31,000/スローン ピアス¥247,000/TASAKI バッグ¥318,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥27,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)【Profile】 村山佳世子 シンプルで洗練されたスタイリングにファン続出のトップスタイリスト。『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)を上梓し大ヒット中。>>「大人のTシャツ“きれいめ合わせ”」はこちらから撮影/菊地 哲 ヘア/ EIJI SATO メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/田沢美亜 取材・文/坪田あさみ ※エクラ7月号掲載
  • 人気TV番組「ガイアの夜明け」や「あさチャン!」、さらにTwitterやInstagramなどSNSでも取り上げられ、超話題になった【ワークマン(WORKMAN)】の超撥水ストレッチパンツを購入してみました。超撥水×伸縮×4Dストレッチシリーズのスリムフィットパンツ4D超撥水ストレッチパンツ 015ブラック(品番:WM3136)¥2900/ワークマン(フィールドコア)このタグ↓が目印。ブラックとインディゴの2色展開で、サイズはS・M・L・LL・3Lの5サイズ展開。主に男性着用想定のユニセックスパンツではありますが、身長166cmの沖島はSサイズを購入しました。・驚くほど水を弾くストレッチパンツ ・洗濯機で洗濯しても撥水力が持続する ・全方向ストレッチ120% ・4D立体構造 ・膝の曲げ伸ばしラクラク ・ウエストゴム ・スマホが入るサイズの大きなポケット多数 ・Dカンつき ...と、作業着由来の使いやすい工夫が¥2900にギュギュッと詰め込まれたこちらのパンツ。素材やディテールを詳しくチェックしていきましょう。買うべき理由①:“驚くほど水を弾く”撥水加工デニムもともとこの【ワークマン(WORKMAN)】の超撥水パンツは「うっかり雨の日に履いても、デニムなのに雨を弾く!」という、バイクライダーのみなさんの口コミから評判が広がったもよう。コーティングやフィルム加工をしていないので“防水”とは異なりますが、大きな水滴を垂らしてみるとこの通り、本当にめちゃくちゃ弾きます! ということは、コーヒーやおしょうゆをうっかりこぼしても、すぐに拭き取れば、黒だから汚れも目立ちにくいし、ダメージはほぼゼロ。梅雨どきや、突然のゲリラ豪雨に見舞われがちな真夏も安心してはけますね。ちなみに、洗濯を繰り返すことで撥水機能は低下してしまいますが、なんとアイロンがけをすると復活するそう!買うべき理由②:ひざの曲げ伸ばしラクラク! 4D立体構造4Dとは、生地のパーツを4つに分けて縫製した立体的な構造をさします。パンツをはいていて最も最も負荷のかかるひざまわりに計4本のダーツが縫いつけられていて、ひざの曲げ伸ばしの動きにぴったりフィット。さすが、バイクライダーのみなさんお済みつきのクオリティ。自転車や車ユーザーの方、また座り仕事の多い方にはとくにうれしい構造だと思います。ひざから下はストレートラインです。身長166㎝の沖島で、お直しせずにかかとギリギリの丈です。小柄な方はカットしたりロールアップしたりして調整したほうがよいかもしれません。ウエストからヒップまわりにぴったりフィットするよう、パターンが別に切り替わっています。股上の裏側にはなんと当て布までしてあるんです! おまたに食い込みにくい、女性の体にやさしい構造♡買うべき理由③:全方向120%ストレッチ生地採用ウエストまわりの後ろ半分は幅広ゴムになっていて、かのユニクロ(UNIQLO)の超ヒット商品、EZアンクルパンツと同じつくりです。ちなみに、この4Dストレッチ構造のおかげさまで、身長158㎝にしてウエスト80㎝・ヒップ100㎝の超どすこい体型である沖島母も、ガードルなしでこのパンツのファスナーが完全に閉まりました! 脅威のストレッチ力をおわかりいただけると思います。買うべき理由④:ポケットが全部で7つ、手ぶらOKパンツ!左足太ももサイドには、スマートフォンが余裕で入るスリットポケットつき。なんと、約幅20㎝×高さ11㎝×厚み2.5㎝もある長財布までがスッと入っちゃうほど大容量なんです!反対側の右足太ももサイドには、フラップつきの特大ポケットが。なんとマチがついていて、物を入れて多少ふくらんでもすっきり見えするつくりになっています。買うべき理由⑤:デニム大好き女子も大満足の本格派ディテールウエストまわりは5ポケット。いかにもデニムらしい本来のディテールをしっかり踏襲しています。しかも、フロントボタンとビスをよ~くご覧ください。「FieldCore」とブランドロゴがしっかり刻まれています。ボタンやビスまで【ワークマン(WORKMAN)】オリジナル仕様なんです!買うべき理由⑥:こんなに高機能で、本体はコットン98%以上、非常に機能に優れているうえ、綿98%を使用し、はき心地にこだわって作られています。ポリウレタンを2%ミックスすることで、脅威のストレッチ力を発揮するわけですね。では次に、この超撥水4Dストレッチパンツを使ったコーディネートを考えてみました。超撥水4Dストレッチパンツを実際はいてみて、シルエットをチェック!※横にスライドしてフロント・サイド・バックスタイルをチェック!前 ウエストラインはほどよくハイライズです。身長や脚の太さ&長さにもよりますが、ひざまわりが超立体構造のため、ひざから下のラインが多少もっさり見える可能性が。足首まわりをすっきり見せる工夫をしましょう(後述)。横 お尻にも太ももにも超特大ポケットがついていますが、そんなにゴツく見えず、意外とすっきり、スキニーパンツ感覚ではけるのがおわかりいただけますでしょうか?後ろ バックポケットもアシンメトリー。左側がフラップつき、右側がスリットです。ベルトループは前に3本、後ろに4本で、右後ろのループにはいろいろぶら下げられるDカンがついています。取材・文/沖島麻美 ※掲載されているのはすべて私物で、個人の感想が含まれています。また、価格や在庫状況は2019年6月初旬時点での情報です。
  • SNSで見かけてから、ずっと気になっていたドーナツ屋さんへ行ってきました♡ドーナツファクトリー 「koé donuts kyoto」koé donuts kyotoでは"オーガニック"、"天然由来"、"地産地消"をキーワードにしたエシカルなドーナツをいただくことができます。 しかも!とってもフォトジェニックでかわいいんです!♡"ヴィーガンドーナツピスタチオ"、"koé donutsシナモンシュガー"オシャレでおいしそうーーー!♡ しかも環境にも身体にも優しいなんて最高すぎます\( ´ω` )/♡ お味ももちろん◎ タピオカ粉が入っているそうで、モッチモチ♡♡♡ ふわふわ系よりもしっかり食べ応えがあるドーナツの方がわたしは好きなのでかなり好みのタイプでした\( ´ω` )/おいしすぎる♡手を汚さずにドーナツを食べれるようにつけてくださるペーパーナプキンもオシャレでかわいすぎてキュンキュンします!♡ テイクアウトも可能なので、手土産にもグッドです! さらに!イートイン限定のドーナツもいただいてきました。ドーナツメルト ストロベリーこちらもかわいいー!♡ 撮るだけでSNS映え!!!!! ドーナツで、なめらか〜な生クリームとイチゴをサンド。 フォークとナイフでいただく、ケーキドーナツです♡いちごの酸味と生クリームの甘さと少ししっとりめのドーナツが見事にマッチ◎ これもおいしすぎるー! 席数も意外と多く、ゆったりめのイートインスペースには、ドーナツ博士のオシャレなフォトスポットも! プロップスなどもあるので、こちらでもSNS映えな写真を撮れちゃうので、お見逃しなく♡わたしもまだまだ食べたいドーナツがたっくさんあるので、またぜひ行きたいー♡ 東京にもオープンしないかなぁ…♡と期待しています♩ 河原町駅からも近いので、ショッピングや観光の合間の休憩タイムにも便利で、京都のオススメのスポットです♡モアハピ部 No.510 MIYU のブログ
  • その昔、私はジェーン・バーキンになりたかったのです。 すみませんいきなり何言ってんだって話ですよね。20歳そこそこの頃、私はミニシアターと名画座だけを信じ、京都にカフェ巡り旅行に行き、「趣味はレコード屋をまわることかな」という男子のことを好きになる人間でした……だっ……ダッサー!!! 仕方ないんですよ、そんな時代だったから。もちろんファッション・アイコンは60~70年代の女優やアーティスト。ミア・ファローとかジーン・セバーグとかアンナ・カリーナとか。中でも憧れていたのがジェーン・バーキンのスタイルで、当時のどから手が出るほど欲しかったのが「あのカゴ」。どんなシーンでも無造作に荷物を突っ込んで持っていた、円筒形のバスケットです。今やさまざまなブランドがあのタイプのカゴを出していますが、確か当時日本であのデザインのものはほとんど売っていなかった記憶が。悔しい思いを抱えつつ、時は流れ、自分の中には「カゴが好き」という要素だけが残されました。さまざまなカゴを見つけては買ってきたのですが、ちょうど10年前に手に入れたのが、こちらです。 当時、新しく浴衣を誂えたばかりで、「これに合うちょっと大人なカゴが欲しいわ」と探していて見つけました。虎斑竹という模様入りの竹で編まれたカゴです(確か高知のものだったと記憶しています)。編み目も細かく表面も滑らかな手触りでひと目で気に入り、手に入れたもの。しばらくウキウキと使っていたのですが、ある日はっと気づいてしまったのです。「このサイズ感とワンハンドルのデザイン、"あのカゴ"に似ている……!」 大人になって忘れていたと思っていた若き日の好みが、呪いのように自分を支配していたことを。 保存それから10年、私はこのカゴのことを「和風ジェーン」とこっそり呼んでいます(笑)。こちら、程よく入った虎斑の模様のおかげで和装だけでなく、ワンピースやデニムにも合うんですよ。使い始めて10年ですが、きっとこれからも手に取ると思います。
関連キーワード

RECOMMEND