亜希さん50歳のインタビュー「完璧に見せるよりも大切なこと」とは?

Web eclat

完璧に見せるよりも大切なこと。

「先日、50歳の誕生日を迎えました。数字としては区切りのよい年齢なのに、特別な節目という感じがしないんです」という亜希さん。
このごろ、気になることはスルーせず、根気強く考えてみることがおもしろくなってきたのだそう。
「前より理屈っぽくて、きっと面倒になったと思うけど、そんな自分も好きなんです」

本当の私は強くない。今までは強いと信じていた

“今”をていねいに生きることが先の幸せにつながる気がします
30歳、40歳の誕生日のほうが、年齢を節目としてとらえていた気がします。「5年後はこうなりたい」「10年後までにこれをやりたい」と次の節目までにかなえたい目標を設定して、それががんばる原動力にもなっていたと思います。 

50歳の今は、目標が遠くにはないんです。「今、これをする」とか「今日はこう過ごしたい」と、その時々、目の前のことがテーマになっている。 

このところの自然や社会の変化に、私たちの誰もが、いつどこで何があるかわからない状況で生きているんだ、と感じるようになったからかもしれません。 

それに、その時々の“今”が積み重なって5年後、10年後の自分になるのだから、今をていねいに生きることが、結局、先々の幸せにつながるのだろうな、と思うようになってきました。 

年齢を重ねると小さなことが気にならなくなるという人のほうがたぶん多いと思いますが、私の場合は逆。若いころのほうが大雑把で、このごろになってひとつひとつを見逃せず、ちょっと面倒くさい人になってきています(笑)。でも、このタイミングで面倒くさい人になっている自分がいやではなくて、むしろ、気づきや発見があっておもしろいのです。 

例えば、自分自身について。「亜希さんは強い」とよく人からいわれ、自分でもそう思っていたけど、本当はそんなに強くないから強いと思われたかったのかもと最近、ふと気がつきました。
大変な状況のときほど、人から弱っていると思われたくなくて強がっていた。

「いつも元気で、仕事をして、お弁当も作って、子供の野球の応援にも行って、亜希さん、すごくない?」といわれると、やっぱりうれしくて。“ひとりで全部やってる自分”にプライドみたいなものもあって。そのときは、そんな気合があったから、なんとかやってこれたとも思うんです。

でも、今は自分の弱さも認めています。体調をくずすこともあれば、自信がもてなくなることもあります。ひとりでできないときは誰かに頼ったり、甘えたりしてもいいよね、と思えるようになったのは、自分の中の変化です。


ブラウス¥85,000/ブラミンク

インスタの投稿ボタンが押せなくなった時期がありました。これって意味はあるの?と

若さにしがみつかない潔さのある先輩たちがお手本です
今までだったら気にしなかったことを立ち止まって考えてしまうこともあります。インスタにお弁当の画像を投稿することが多いのですが、あるとき、ハッと疑問がわいてきたんです。「今日はアップしなくていい」と自分が判断したのは、映りのよさそうな弁当ではないから? きれいなものだけをアップする自分ってどうなの? そう思うと、インスタの投稿ボタンを押せなくなって、1カ月ぐらい間が空きました。 

SNSで自分はどういう発信をしていきたいのか。そもそも、私が発信することに意味があるのか。などと、簡単には答えの出ないようなことをぐるぐると考えました。われながら、理屈っぽい思考回路でけっこう疲れるんです。でも、習慣としてやってきたことを何も考えずに続けるのではなく、気になったことがあれば考え直してみることが今の私にとっては必要なことに思えます。 

ぐるぐる考えて見えてきたのは、お弁当の写真にかぎらず、自分でいやになるようなかっこつけた表現はしたくないということ。「こういうふうに見せなきゃ」というイメージに自分自身がとらわれて自分を偽るような発信はしたくないということ。 

これから体力は落ちていくし、見た目の老化も避けられないけれど、「それも含めて、今の私です」っていう表現をしていけたらいいなと思います。 

幸い、お手本にしたい50代、60代がまわりにいてくださいます。その人たちは体のケアもするし、おしゃれも楽しむ一方、若さにしがみつかない潔さがある。若く見せることよりも大事なことが自分の芯にちゃんと養われているんですね。自分の人生を歩んでいるという堂々としたかっこよさがある。 

そんな人たちを知ると、年をとることは寂しいことばかりではなくて、プラスの面もあるのだなと思います。 

もちろん、若い人はパワフルだし、肌のハリは違うし、うらやましいなと思うことはいっぱいある。自分の若いころの写真でさえも、今見ると、本当にかわいいと思える。加齢に伴うマイナス面は否定しようがないです。 

だからせめて、マイナス面は事実として淡々と受け入れつつ、同時に、ここまで経験を重ねてきたからこそのプラスの面もあると思える、“プラマイゼロ”ぐらいの年のとり方をできたらいいのかなと思っています。
人の悩みを一緒に考えているとき生かされていると感じます
自分自身の変化以上に、子供たちの成長を見て、人生の時間は確実に前に進んでいるなぁと実感します。 

今年の春の朝、スノボに出かける高校生の長男をなんの心配もせず送り出せたんです。少し前までは、出かける前日に準備を手伝い、当日送り出したあとも、ちゃんとバスに乗れたかな、ケガはしないかな、お金は足りてるかなと、うちに戻って顔を見るまであれこれ思っていたのに、今回は見事に何も気にならなかった。「あ、これが親離れ、子離れか」とわかった瞬間でした。 

こういう日はいつかくると思っていたし、そのときは寂しいだろうなと覚悟していました。ところが、まったく寂しくなかったのです。子育ての醍醐味はこの瞬間かも、と思いました。肩の荷が半分下りた感じもありました。この調子で、早く親元を離れていってほしいとまで思えたことが自分でも驚きでした。 

母と子であることに変わりはないけど、私と息子はもうはっきりと“個”と“個”。彼は“個”として社会の中に入っていきつつあるんだなと思います。 

ちなみに、このときのスノボに行く費用はお年玉を貯めたお金でやりくりしてもらいました。「親の財布からもらったのと自分のお年玉から使うのでは、どういうふうに違うか、それをちゃんと見てきて教えてほしい」って。このごろは息子たちに対しても“この人の考えを聞いてみたい”というスタンスの私です。 

息子たちの成長に伴って、子育てにかけていた時間が減り、自分の自由になる時間が増えていきます。その時間をどう過ごすか、そこはまだ、漠然としています。ただ、自分の中にキーワードっぽくあるのは“会話”や“対話”。 

今、一番幸せを感じるのが人の話を真剣に聞いているときなんです。子育ての悩み、自分の体調のこと、家族のことについてが多いかな。悩みの解決になるかどうかはわからないし、人の役に立っているなんて大それたこともいえないのですが、目の前の相手がふっとオープンな状態になったり、表情がふわっと明るくなることがあるんです。それがすごくうれしくて。つらい思いを抱えている人や弱っている人の悩みを一緒に考えているとき、不思議と自分が生かされていると感じます。 

もちろん人の話を聞くだけではなく、自分の話も聞いてほしい。人生観や考え方を語り合う時間がすごく楽しくて、充実感があります。恋愛より人間愛(笑)。会話が楽しくて、人間力があって、生きる力がある人には、性別や年齢にかかわらず魅かれます。

オールインワン¥33,000/ナゴンスタンス リング¥26,000/ハウス オブ ロータス 青山店

一日一日、一食一食、一睡眠、一カット…。束ではなく、ひとつひとつの濃さが大切になりました

ダボダボのデニムが今、一番、私らしいアイテムです
ファッションとの関係も気がついたら変わってきていると思います。“かっこいい”とか“メンズライク”なテイストが好きだった時期がけっこう長かったかもしれません。例えば黒を着るときは、強く見せたくてファッションで武装していた面もあったし、しおれそうな自分を服の力を借りて支えようとしていたところもあったのかなと思います。 

今なら、同じ黒を着るにしても、とんがった感じではなく、飾りけなくゆったりと着たい気分です。 

最近は優しい色に心惹かれて、明るい緑やピンクも好きです。ふわっと風をはらむような空気感のあるブラウスを着ることも増えました。 

そして、今、一番自分らしいと思うのはダボダボのデニムのコーディネート。自分を解放できて、今の私の生き方を表しているアイテムだと思います。人にどう見られたいかではなく、自分自身がどうありたいか。自分の正直な気持ちにフィットしているかどうか。それが今の私のファッションの基準になっている気がします。 

この基準はほかのことにも当てはまりそうです。気分にフィットする一着一着を選ぶように、一食一食、真剣に何を食べるか考えて、味わって食べる。スケジュールもたくさん詰め込まないで、ひとつひとつ納得のいくようにやってみる。会う人一人ひとりとの時間を大事にする。 

スピーディに動いて、たくさんの用事を効率よくこなすほど、「私ってすごい」と思えた時期もありました。でも、ずっとそんな生活を続けていくと、自分がすり減っていく気がするのです。

「ご自愛ください」っていう、手紙の末文に添える言葉がありますよね。あの言葉は、「自分がすり減ることのないように、自分自身を優しく扱ってあげて」という意味として、私に響きます。

同世代の女性たちへ、そして私自身にも、「ご自愛ください!」です。

ブラウス¥44,000/ドゥロワー 日本橋店(ドゥロワー) デニム¥33,000/ナゴンスタンス リング¥15,000/ハウス オブ ロータス 青山店 時計¥200,000/ケアーズ 表参道ヒルズ店(クリスチャン ディオール) 靴/本人私物
撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) ヘア&メイク/野田智子 モデル・スタイリング/亜希 スタイリング協力/土田麻美 撮影コーディネート/松井陽子 インタビュー・文/加藤ナオミ
関連記事
  • オフィスと外の気温差に負けずにプロジェクトの資料作り! デスクワークの日はスニーカー出勤で。すっきりしたTシャツに、今っぽいハイウエストのスカートできりりと仕上げ、冷房対策のはおりも忘れずに! 白×ネイビーをベースに、きれい色を2つトッピングして大人の可愛げをプラス。足もとがカジュアル日は、バッグやアクセは上品なものを選んで大人っぽくまとめるのがコツ。デスクで仕事に没頭していたら、後輩の遠藤くんから「昨日のお礼です!」とコーヒーを貰っちゃった。そういえばミーティングの後、仕事の進め方をいろいろレクチャーして、さらに仕事の悩み相談ものってあげたんだっけ……。先輩として当たり前のことをしただけだけど、感謝されるとなんだかうれしい♪  カーディガン¥22000/ロートレアモン Tシャツ¥9000/ebure スカート¥12000/エメル リファインズ ルミネ新宿店(エメル リファインズ) バッグ¥ 36000/ケイト・スペード(ケイト・スペード ニューヨーク) 時計¥29000/ウエニ貿易(ヘンリーロンドン) バングル¥60000/ブランイリス エストネ ーション六本木ヒルズ店(ブランイリス)  ネックレス¥8400/サイクロ スニーカー¥9990/ アディダスグループ お客様窓口(アディダス オリジナルス) 【今月のPROFILE】広告代理店企画営業・絵美里33歳。広告代理店の企画部所属。営業の後輩と組み、地方企業のリブランディングを進行中。趣味はアート鑑賞。一人の時間も楽しいけれど、夏だもん、恋がしたい!(笑) 明日のコーデ写真一覧へ>> 明日のおすすめ着回しアイテム 【スリット入りタイトスカート】 後ろはゴムで、着心地とスタイルアップを両立。スマートなタイトシルエットは、スリット入りで足さばきよく。¥12000/エメル リファインズ ルミネ新宿店(エメル リファインズ) 【薄手カーディガン】 さし色に、はおりに。なにかと使える薄手カーディガンは、フレッシュなレモンイエローを選んで。¥22000/ロートレアモン 【白Tシャツ】 落ち感素材で女っぽく着られるTシャツ。こちらもパキッとした白を。¥9000/ebure 「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>>撮影/魚地武大〈TENT〉(物)スタイリスト/石田 綾 取材/久保田梓美 WEB構成/衛藤理絵
  • えっ!上下でこの価格??でもプチプラなんて言わせません今日はこれを書くのをどうしようか、少しためらいました。だって上下買ったのに、お会計2,246円って…。さすがにプチプラ記事といえども躊躇します。 何も、この連載は「激安に挑戦!」というコーナーではないのですが、ユニクロに行ったら「この組み合わせ絶対カワイイ」と思う商品があり、値段を見たらたまたま破格の2,000円台になってしまいました。あくまで「安いから」目線ではなく、「これ欲しい」が基準の本命品。だから今日も自信をもって書きます!素敵です!夏本番を前にアイテムをおさらいしていたら、やっぱりもう1枚これが必要。ワッフルのノースリーブです。先日の「ホワイトコーデ」の記事でご紹介させて頂いたものと色違いになります。あの時は上下「白×白」を目指していたので、こんな素敵なベージュがあることがまったく目に入っていませんでした。しかもその時の990円より、更にお得に790円+税とは!(価格には変動があります)▶ユニクロ「ワッフルノースリーブ(白)」の記事はこちら白を着てホレました。さまざまなプチプラで990円のワッフルを見ていますが、どれも同じようにGOサインは出しません。これまで見てきた範囲では、10%くらいしか「欲しい」と思うものに出会えませんでした。だいたいパッと一瞬みれば「OK・NG」を出せるのですが、その見極めはリブ部分(首や脇まわり)や、ワッフル生地の薄さや安っぽさなどetc…。ユニクロのワッフルはメンズの長袖も愛用していますが、とても990円には見えない生地厚で丈夫な商品です。続いてスカート。タイトのリブロングです。買った後に気づきました。これも以前ご紹介したレギンスとまったく同じ商品のスカートバージョンだということを!やっぱり好きな素材って再び買ってしまうものですね。このレギンス、履きやすいですよね~~~!まだ肌寒い日は愛用中です。そのスカートバージョンだから履きやすいわけですよ。レギンスのスリットにも惚れていましたが、やっぱりスカートにも、後ろ側に大きくスリットが入っています↓これだけで、女性らしさと歩きやすさが格段にUP。シンプルな無地よりリブが入っていると、トップスが無地でもボヤけないので好きです。 丈はわりと長めですが、ユニクロのオンラインストアではレギンス同様に「丈短め」が選べるのがうれしいですね。スカートも限定価格で1,990円→1,290円でした♪(時期により異なります)▶ユニクロ「レギンス」記事はこちらということで、今回は上下2,000円台で揃ってしまいました。しかもどちらもベーシックカラーなので、夏だけでなく秋に継続できて、とてもお得な気分です♪ 梅雨明けはまだ先になりそうですが、気温は高くなってきたので、ノースリーブもそろそろ出番かな?【Saturday】プチプラ×ブランドのミックスコーデ↑まずは上下2,246円で。シューズやバッグなどの小物は、色さえまとめればプチプラでもキマると思いますが、素材などに良いものを使った小物を合わせると、より自信をもって着られます。ベージュと黒って、やっぱり大人女子必須の便利な組み合わせですね!【Sunday】リブスカートに合わせたモノトーンコーデ ↑スカートの黒に合わせ、シックにモノトーンでも大人っぽい印象です。スカートが無地なので、Tシャツにはロゴを入れると引き締まります。タイトはスニーカーとの相性も抜群ですよね! ↓ベージュのトップスに濃いブラウンの組み合わせも好きです。以前ご紹介した「ナノユニバース」のリネンパンツのヘビロテ率が、今相当高いです!↓上下2,246円(笑)これまでプチプラを見る目を長い間磨いてきたからこそ、選び抜いた商品を自信をもって着られます!やっぱり服は「何着てるか」じゃない「どう着るか」。楽しくて、なおかつおしゃれに見えれば、それでよしです。 でも、この価格でこれ以上はもうきっと見つからないですね!▶ユニクロ「ワッフルT(ノースリーブ)」の詳細はこちらをチェック▶ユニクロ「リブタイトロングスカート(丈標準76~80cm)」の詳細はこちらをチェック………………………………………………………………………………………………… ★オマケのプチプラVol.40★ 「キャン・ドゥのヘアアクセサリー(108円)」 100均はヘアアクセサリーの進化が止まりませんね。大人の商品も素敵なものが見つかりますが、わたしは9歳の娘のゴムをよく探しに行きます。長かった「ピンク時代」を経て、やっとヘアゴムもベーシックカラーに突入(祝)! そうなると、こちらも選ぶのが楽しくなってきました。「なくした、落とした」は日常なので、へコまない100均で十分。 「キャン★ドゥ」では、色のニュアンスが絶妙なヘアアクセサリーがたくさん見つかるんですよ!このゴムだけは、どうか「商品替え」しないで欲しいです(涙)↓よく買うのはベージュ系とグレー系で、1セット5色×3本=15本で108円!ブラウンのグラデーションにサンドベージュ、アイボリー、微妙なグレーのニュアンスにあいまいなアイスブルー…。子どものゴムは「黒」「紺」「茶」と決まったものばかりなので、このニュアンスカラーはめずらしくておしゃれ♪「飾りゴム」がNGな保育園、幼稚園ではカラーゴムが必須ですよね。 これも大人用の商品ですが、子どもの髪に付けてもとてもおしゃれで気に入っています↓シュシュはグレージュの色味が素敵でポニーテールによく使い、大きなクリスタルが入ったゴムは存在感があり、左右色違いで三つ編みなどに使っています。クリスタルのヘアピンも、サイドや前髪に挿してあげるとおしゃれ。もちろん大人も素敵です!暑くなり始め、まとめ髪が増える季節ですね。服の色に合わせたヘアゴムで「後ろ姿美人」、目指しましょう♪ 美女組 Akane 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
  • 見た目の清涼感と、汗の目立ちにくさと着やせ効果で夏にうれしい黒。2WAYで着回し可能なデザインが単調になりがちな夏のおしゃれを広げてくれます!ne Quittez pas レースガウンたっぷりギャザーがおなかまわりをカバー。涼やかなレース使いでエレガントにカジュアルさと女らしさのバランスが絶妙と大人気だったカシュクールワンピースが、よりすっきり見えるデザインに改良。レースのさりげない透け感は見た目にも涼しげ。バッグ¥29,000/ebure (センシスタジオ)  靴¥43,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ネブローニ) インナー/スタイリスト私物カットソーに重ねてガウン感覚でも着用可前ボタンタイプなので、軽い羽織りとしても活用可能。裾にスリットが入っているため、レイヤードしても印象は軽やか。ne Quittez pas レースガウン ¥24,000+税>>デニムパンツ¥19,000/ゲストリスト(レッドカード)  ネックレス¥15,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(フィリップ オーディベール)  靴¥43,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ネブローニ) カットソー/スタイリスト私物ESSEN.LAUTREAMONT×éclat 2WAYコクーンドレスシンプルながら、袖スリットとドレープに大人のエレガンスが漂う光沢のないマットな素材で、オン&オフ、昼&夜と、幅広いシーンで活躍する一枚。袖まわりにドレープを加えたハーフスリ ーブは、肩先のスリットに腕を通せばフレンチスリーブとしても着られる2WAY仕様。ドライタッチの素材は、さらりとした着心地と美しい落ち感も魅力。スリットに腕を通すとフレンチスリーブに。表情の違いを楽しめます。ESSEN.LAUTREAMONT×éclat 2WAYコクーンドレス ¥24,000+税>>バングル¥14,000・バッグ¥54,000/リエス (メゾン ボワネ) 帽子/スタイリスト私物(ne Quittez pas レースガウン)撮影/前田 晃(MAETTICO) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子 モデル/田沢美亜 取材・文/坪田あさみ (ESSEN.LAUTREAMONT×éclat 2WAYコクーンドレス)撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE)  ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子 モデル/Emi Renata 取材・文/東原妙子
  • たまたま見つけたユニクロユーから新しく出たカーブジーンズ&カーブパンツ。ハイライズで脚長効果、マリソル世代にこそ似合う曲線を描くシルエットに一目惚れです♡大人買いした”カーブパンツ”シリーズ☆ワイドフィットカーブジーンズです。ワイドフィットカーブパンツです。先日インスタグラムで素敵なエクラ世代のマダムが、 ユニクロユーのワイドデニムにGUのレースのノースリーブブラウスを合わせて いらっしゃるのを拝見、まさかのプチプラに驚いた次第。 特にデニムのシルエットを二度見です! すぐに調べたのですが、取りあえず実物をみなければ始まりません! ワイドデニムって、履いてみないとわからないもので・・・。 広げてみるも、この丸みを帯びた太いシルエット、太く見えないのか??? ハイライズって、かなりのハイライズ(;゚Д゚)ちょっと勇気が要る・・・。 しかしあの素敵なマダムを思い出せば、履いてみないわけにいかず とりあえずチャレンジです。 腰回りのデザインとフィット感。ハイライズがかっこ良く決まります!バックデザイン、フィット感も文句なしです♡ちょいとかっこつけて細みえ狙ってます(笑)正面を向くとこんな感じです。たまたま見つけたチノパンも”カーブシリーズ”すっかり虜になるシルエットでした。 ノータックなのにカーブを描いたシルエットのおかげか、履くとしっかり立体感! マリソル世代の丸みを帯びてきた体にピッタリだと思いました♡ お尻もキュッと上がって見えます! これ、私の身長に合わせて裾をカットしたのですが、全くシルエットは崩れません。 あのインスタで一目ぼれしたバランス、これやわ~♡ この夏、セールに参戦する気力が湧かない私、 その気持ちが保てるかわかりませんが(笑)大人買いすることにしました!! たまたま見つけたチノパンはこの秋の最新パンツ(7月中旬から展開)でした。 デニムのみならず、チノ素材、ジャージ(ウール)素材と展開される模様。 まだまだ楽しみです☆ 私はチノ素材の色違いに手を出しそう・・・。カーブパンツの腰回りデザイン☆カーブパンツの色展開☆ワイドフィットカーブジーンズの色展開☆腰位置が高く、脚がまっすぐ見える優れもの。 加えてマリソル世代の丸みを帯びたシルエットに沿う”カーブ”したデザイン。 試してみる価値はありだと思います。 カーブパンツはオンラインでのみですがXS,XL以上の展開もありました。 小さいさんも大きいさんもチャレンジできますよ♡美女組No.142 yoccoのブログ
  • 1週間の「明日なに着てく?」をまとめてお届け!【7月12日(金)〜7月18日(木)のコーデ】 7月12日(金)のコーデ デコルテがきれいに見える上に腰高印象になるのがうれしいカシュクールブラウスにネイビーのスカートを合わせて知的に。足もとはレッドのきれいめサンダルで、甘すぎない可愛げをプラスして。 7月13日(土)のコーデ  デニムとTシャツのネイビーのワントーンに、太陽の下が似合うレモン色をきかせて夏の休日スタイル。カジュアルなデニムも、ネービーでまとめれば大人っぽい印象に。今っぽいサンダルやバッグで、旬な味付けも。 7月14日(日)のコーデ 休日のお出かけには、着心地のいいポロシャツとシフォンスカート、それに動けるスニーカーがぴったり。今旬ベージュはネイビーアイテムと合わせやすく、抜け感があっておしゃれに見えるのがうれしい。 7月15日(月)のコーデ 知的なネイビーも透け感デザインときれい色スカートを合わせればドレッシーな雰囲気に。足もとは締め色パンプスで、美スタイルに仕上げて。ヌーディーカラーのバッグは、今季らしさを上げてくれる上に抜け感も。 7月16日(火) シンプルなTシャツをきれいな印象で受け止めてくれるネイビーパンツは、通勤コーデの心強い味方! スカーフと揺れるイヤリングで、顔まわりに華やかさをプラスしたら、シューズはピンクのサンダルで可愛げを足すのも忘れずに。 7月17日(水)のコーデ コットンツイルのジャケットはしなやかで軽やか。盛夏でも涼しく快適に過ごせるうれしいアイテム。ボトムのスカートは青みのあるピンクだから、ネイビーとの組み合わせも浮かずに馴染む。インはベージュで好感度高く。 7月18日(木)のコーデ 知的なネイビーならTシャツ通勤もエレガント。コンパクトなシルエットは女らしさを見せつつアクティブな印象もあってミーティングにもぴったり。シックで今っぽいブラウンとの配色で差をつけたい。 撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/石田 綾、小松嘉章 モデル/絵美里、池上幸平、遠藤史也(メンズノンノモデル) 取材/久保田梓美 WEB構成/衛藤理絵
  • 先日31歳のお誕生日を迎えましたLenaです(^^)旦那さんも7月が誕生日なので、お互いの誕生日の間ぐらいに毎年焼肉を食べに行くのですがせっかくお祝いやしちょっといい焼肉に♪なんて思っていたのに旦那さんが予約したところは安くておいしい焼肉屋さんでした(笑)おしかったんやけどねもうちょっと特別感だそうや。ここいつでもいけるやん。っていう想いを内に秘めときました(笑)結構外食の多い生活をしているんですがやっぱり外食が続くと体が重たい・・・浮腫みもひどいし、疲れもとれない。(運動不足やしね)これじゃあかん!と思って先月末にファスティングをしました*皆さんファスティングしたことありますか?私は2回目なんですが、1回目の時はよくわからず「とりあえず2日間ご飯食べへんかったらいいんやんな?」ぐらいの感じでしていたので失敗←今回はやりかたをちゃんと調べてからトライしました。2日間のファスティングとは言え、準備期間や回復期間も含めると約2週間ほど。(またもや準備期間をちゃんととれていなくて実は大変でした 笑)どうやってファスティングをしたかは次のページへ♪ファスティングについてちょっと喋ってます↓https://www.instagram.com/p/BzNy2Gpnj31/?utm_source=ig_web_button_share_sheet本来であれば準備期間は一週間ぐらいあった方がいいです。徐々に食事の量を減らし、動物性のものやカフェインも徐々におさえていって2日間をむかえないといけないところ私は前日に軽く抑えたのみでした(悪い例)前日までコーヒーを飲んでいたのでおかげさまで1日目はひどい頭痛に悩まされました(笑)2日間はファスティング用のドリンクとお水を1日2ℓこれだけですごします。仕事している方が気がまぎれるだろうと思って仕事の日にあてていたんですが仕事が手につかないぐらいの頭痛(←迷惑)もう1日でやめてしまおうか・・・なんて本気で思っていました( ;∀;)(ファスティング中はお薬も飲めません!頭痛薬飲む人は頭痛になりやすいらしい・・・)夜には頭痛もましになり、このまま寝てしまえばなんとかなるかも!と早めの就寝。そのおかげか、次の日には頭痛もおさまっていつも通りでした♪2日目は全然しんどさもなく空腹感もほとんどなくて(口がさみしい感じはずっとありますが)もう一日できそう♪って余裕なぐらい。ただやっぱりご飯を食べていないので力の入らない感じはあります。踏ん張れない・・・ボディのお客様がいなくて本当によかったと心の底から思った(笑)2日間無事に固形物を取らずすごす事ができました♪おかげで体重は-2.5キロ!見た目もスッキリしました(^^)/でも、一番大切なのはここからの回復期。胃がからっぽなのでとても吸収率の良い状態になっているし突然今まで通りに食べてしまうと、胃がびっくりしてしまいます。痩せるどころか太る。回復食1食目はネットにもたくさんのっていた「すっきり大根」にしましたこれを食べる事によって宿便がとれてすっきりするんです。必ず回復食の1食目に(^^)40分ぐらいかけてしっかり噛んでその後は消化にいいお味噌汁やお野菜くたくたに煮たものや納豆や豆腐等3日目あたりから炭水化物やお肉を少しずつ増やしていき1週間ぐらいをかけて普通の食生活に戻していくのがおすすめです。(私多分回復食3日ぐらいしかできてません)お粥がいいともいわれていますがダイエットを目的でされるなら、あまりおすすめしません(3日目以降からOK)最初に食べた大根の甘みやおだしの味がしみてご飯食べれる事の幸せを感じてました (笑)スタッフからもお客様からも「やせたね!」とか「なんか小さくなったね (笑)」と言われ見た目にも結構変化はありましたが。一番は浮腫みが解消された事と身体が軽くなったこと!スキニーが緩くなってずり落ちそうな状態に。ファスティング中インスタもまめに更新していたんですが結構みんなからの反響があって「やり方教えて」とか「やってみたいけど踏み切れてない」とかみんなファスティング興味あるんだなぁって再確認!だからいい機会だし、ファスティングカウンセラーの資格を秋ぐらいにとろうかと検討中(^^)夏は外食の予定だらけなので秋にもう一回ファスティングしたいと思います*
  • 今年50歳の節目を迎えた、エクラカバーモデル・富岡佳子さんの夏の私服スタイルを大公開! 足もとのパイソンサンダルで辛口のモード感をプラスした、富岡さんの夏のオールホワイトスタイリングをお披露目。SUMMER STYLE1ひとくせ効かせたアイテムを選べば、コーディネートはがんばらなくていい。それが、“夏の白”を特別に見せるコツノースリーブTシャツの胸もとにコットン素材の大きなフリルをあしらったトップスと、リボンベルトを配したワイドパンツで、オールホワイトの着こなしを完成。「どちらも素材に張り感があって、ハンサムな甘さが手に入る白アイテムです。夏の白は服自体にひとくせあるものを選べば、コーディネートがシンプルでも特別感がある着こなしになるはず。足もとにはパイソンサンダルを合わせ、さらに辛口を加えました」。【ITEM LIST】 TOPS:FABIANA FILIPPI PANTS:SOFIE D’HOORE EARRINGS:TASAKI BANGLE:TIFFANY&Co. BRACELET/RING/BAG:HERMÈS STOLE:ASAUCE MÊLER SHOES:ZARA“リラックス&モード”をつくるこの夏の主役アイテムZARAのパイソン柄サンダル「着こなしをハンサムに仕上げてくれるパイソン靴は以前から好きなアイテムのひとつです。甲のVラインととんがりトゥのおかげで、スリッパなのにかっこよく決まる一足。この夏のヘビロテサンダルです」撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリング協力/村山佳世子 モデル・コーディネート/富岡佳子 取材・文/磯部安伽 ※エクラ8月号掲載 
  • 顔立ちを活かした前髪で、自分らしいこなれ感のあるカジュアルスタイルを手に入れて。元々前髪は短めが好みなのですが、短めバングがトレンドと聞いて改めて流行りの前髪をリサーチしてみたところ、主なトレンドは「シースルーバング」と「ショートバング」! 中でもショートバングは「ベビーバング」が注目されているようです。ナチュラルなショートボブにベビーバングがアクセントに♡アラフォーがベビーって、何歳サバを読むつもりなんだと言われそうですが、実はカジュアルでこなれた印象に仕上がるので大人にも取り入れやすいヘアスタイルなんです。 幅を狭めに作るとよいと『40代のヘアスタイル図鑑』にもありましたね! ただ、この前髪が似合うのは… 顔タイプが『子供顔』の方限定。 『大人顔』の方には女っぷり溢れる「かきあげバング」などがおすすめです。 子供顔か大人顔かは、判断するのにちょっとコツがいるので、中には自称童顔の大人顔なんて方もいらっしゃるのですが、 一か八かのショートバングでケガをしないためにも、気になる方は一度チェックしてみてくださいね。美女組No.126 好美のブログ
関連キーワード

RECOMMEND