マキシ丈、レースetc.おしゃれプロたちのお気に入りの一枚!【本当に着たい!マイベストワンピース2】

Web eclat

福田亜矢子さん推薦

夏の悩み、ラフすぎ&もの足りなさに “着映え感”を添えるお気に入り

福田さんがディレクターを務めるノーク。「着ていてとにかくラクちん。リネンで雰囲気のあるマキシ丈が気に入ってます。ペタンコサンダルでドレスダウンが今の気分」。

ワンピース¥14,000/ノーク サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) ピアス¥19,000・バングル¥12,000/ミュラー オブ ヨシオクボ ストール¥27,500(アソース メレ)・バッグ¥141,000(ザンケッティ)/以上ヴェルメイユ パー イエナ 銀座店 靴¥69,000/アパルトモン 青山店(ジュゼッペ ザノッティ)

松井陽子さん推薦

ありそうでなかった!脱・コンサバなレース

目をひくのは、シルバーグレージュの美しい色と静謐(せいひつ)なコットンレースの表情。異なる2種類のレースを使ったノースリーブは、ギャザーたっぷりの甘めデザインながら洗練された雰囲気。「ともするとコンサバになりそうなレースを、さりげない大人のワンピースに仕上げたところが素敵。あえてスポーティなサンダルやバッグで着こなしたい!」。

ワンピース¥125,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー)

編集長O推薦

凛とした麻素材に香るエレガンスに心惹かれて

女らしさとほどよい華があるワンピースが好みの編集長。「今年はリネンにも惹かれて、こちらを購入。実用性抜群なのに、歩くとスリットから脚がさりげなく見えたり、ゆるやかに体に添ったシルエットがとにかくエレガント。ジュエリー映えしつつ、ペタンコのサンダルでも様になる。この懐の深さが一番の魅力かもしれませんね」。ベルトなしで着用しても。

共布ベルトつきワンピース¥58,000/ebure

展示会、リース先、撮影現場などで、誰よりも早く数多くのワンピースを目撃しているおしゃれプロたちが“雰囲気アップ”を狙えるワンピースをそれぞれ発表! スタイリスト・森さん、エディター&ライター・大野さん、副編Uのお気に入りの一枚は!?
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/田澤美香 取材・文/向井真樹 ※エクラ6月号掲載
関連記事
  • 大人に似合うエレガントデザインで人気。TOFF & LOADSTONEのスマホケースにエクラ別注カラーが登場。ふだん使いはもちろんビジネスの場にもふさわしい大人向きのルックスをぜひ手に入れて。TOFF&LOADSTONE×éclat スマートフォンポシェット人気のスマホケース3型がエクラプレミアムの別注品として 登場。シルバーやリザードの型押しなど、リュクスなルックスは、ふだん使いはもちろん、ストラップを取りつければ、レセプションバッグとしても活躍。iPhone からAndroidまで、すべてのスマートフォンのサイズに対応可能です。右 TOFF&LOADSTONE×éclat スマートフォンポシェット・リザード(ゴールド×パイソン×アイボリー) ¥20,000+税>>中 TOFF&LOADSTONE×éclat スマートフォンポシェット・リザード(シルバー) ¥19,000+税>>左 TOFF&LOADSTONE×éclat スマートフォンポシェット・リザード(グレージュ×マゼンタ)¥18,000+税>>取り外し可能なチェーンが付属しているので、レセプションバッグとしても◎。磁気干渉防止シートを内蔵したカード用ポケットが4つあり、使い勝手は抜群。エクラプレミアムの別注品カラーは、毎シーズン完売必至!お買いのがしなく!撮影/小林美菜子 スタイリスト/吉村友希 取材・文/新田幸子
  • 20代女子の着こなしがおっさん化!? おっさんずジャケットがかわいくて。2019年は、春からジャケットがず〜っと必須アイテム。もちろん秋も欠かせません♬ しかし、ラインアップには微妙に変化が。おじさんみたいな渋めのジャケット、つまり【おっさんずジャケット】が大流行中なんです! “わざと渋め”なジャケットが、デニムを新しくする! ややビッグサイズで渋め配色のチェック柄。そんな“ダッド”な雰囲気のジャケットを、定番デニムにばさっと。可愛げや女っぽさがむしろ引き立つような、ちょっと上のカジュアルがこんなに簡単。ジャケット¥16000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店 ブラウス¥14000/ルーニィ パンツ¥28000/エスストア(シー) 靴¥48000/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ¥4900/センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店 イヤリング¥3300/サンポークリエイト(mimi33) ソックス¥2300/HUMAN WOMAN“重ねやすい”デザインで活躍度とアイデアは無限! 主張しすぎないチェックと軽めの素材。厚手のニットや大きめのフーディに重ねてももたつかない気軽さがうれしい。¥8000/ジーナシスおっきめのフーディとは相思相愛。遊び心あるおしゃれトラッド♬ 朱赤のスカートにロングブーツ。とびきりメンズライクな上半身に、とびきり女の子気分のボトムと靴。こんなカジュアルがやっぱり好き。ジャケット¥32000/ピーチ(ミューニック) フーディ¥12000/ハイ! スタンダード(チャンピオン) スカート¥19000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店 靴¥78000/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ¥32000/スピック&スパン ルミネ新宿店(パリサ ワン) ピアス¥2300/ローズ バッド(8degrees) リング¥6500/ソムニウムカラフルなニットとの楽しくて可愛いミックス♡ ポップなラベンダー色とおじさんライクなチェック。自由で意外性のあるミックスが素敵。ジャケット¥8990/キャン(テチチ) ニット¥28000/ランチフィールド(ランブルレッド) パンツ(一部店舗のみ販売)¥1990/GU 靴¥10400/ビショップ(ドロゲリア クリベリーニ) バッグ¥34000/オルサ(オルセット) メガネ¥40000/アイヴァン 7285 トウキョウ 時計¥40500/オ・ビジュー(ロゼモン) ソックス¥1800/ノーデザイン(シックストックス)女の子カジュアルに、今の気分の仕上げとハズしを。ロンTにロンスカの定番カジュアルをぐっと大人っぽく見せながら、最高のハズしにもなるのがチェック柄ジャケットの素晴らしさ!ジャケット¥29000/ローズ バッド(mici) カットソー¥1490/GU スカート¥34000/フラッパーズ(エンリカ) 靴¥13800(ニューバランス)・帽子¥3500(ビーミング by ビームス)/ビーミング ライフストア by ビームス コクーンシティ店 バッグ¥8000/UTS PR(ヌンク) イヤリング¥6800/ルーニィ“女っぽい”の理想形は、キャミワンピにばさっとはおること。とろみあるキャミワンピにヘリンボーンのダブルジャケットを。“カジュアルなのに女っぽい”のいいさじ加減、この秋なら絶対これだ!ジャケット¥26000/アーバンリサーチ ロッソ ルミネ新宿店 ワンピース¥42000/フィーニー カットソー¥4900/メイデン・カンパニー(アップサイクル) パンツ¥28000/ボウルズ(ハイク) 靴¥15000/ローズ バッド(JAM) バッグ¥5990/プラステ バングル¥590/GUこなれた着方ができるように計算ずく! 素材の落ち感や袖をロールアップした時に見える裏地など、簡単に“着くずす”ことができるように計算されたデザイン。ウエストベルトつき。¥39000/ジオン商事(ドレスレイブ) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/花村克彦 坂田幸一(製品) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) モデル/飯豊まりえ スタイリスト/辻村真理
  • 柔らかなグレージュのワントーンコーデでさりげなく品よく周囲になじむような服装を心がけて体育の日は姪が通う幼稚園の運動会なので、彼女が走るリレーだけでも一瞬応援しに行き、午後は年下くんと待ち合わせ。見るからに女性らしいふわふわ素材とフルレングス丈でデート感もありつつ、同系色のストールをガウンっぽく羽織って慎ましやかな雰囲気を醸し出して。園の運動場はヒール禁止なので、足もとは黒のワークブーツで全体を引き締めることも忘れずに。ワンピース¥64,000/レリタージュマルティニーク(レリタージュ マルティニーク) ネックレス¥18,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(フィリップ オーディベール) ストール¥59,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(アソース メレ) バッグ¥24,000/ジャーナル スタンダード 表参道店(ザ ディレッタント) 靴¥68,000/パラブーツ青山店(パラブーツ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「ジャケットコーデ」の関連記事もチェック
  • いま福岡におるとです。 ユウコです。 ということで お久しぶりなブログは九州は福岡からお送りいたします。 "福岡"と言えば大学時代にツナギを着て自転車で街を駆け抜けた日々が懐かしいマイルーツシティ。 クロスバイクで走っていたあの頃からもう10年。 でも時の流れは残酷じゃなくてとっても新鮮でした。 久々に歩く街で 東京とはまた違った面白いお店を沢山発見できて。 たとえばこんな… スパイスの効いたカレー屋さん"KAI"@薬院 東京ではあまりお目にかかれない栗の素揚げも食べました。美味。 登るだけでも愉しいショップの先は。 静かに存在感のある家具が揃うアンティークインテリアのお店。 もともとは医療用のランプは、さわると人肌の温もり感。 横浜のアーティストのチラシが可愛く音も良い(ここ福岡関係ない)。 そしてみつけたこんなセレクトショップ。 実は銀座の東急プラザにもあるのですが、雰囲気もセレクトも違う。 ハイブランドはハイブランドでも アイテムをセレクトするオーナーさん店長さんの編集センスの光るお店。 マルジェラ、ヴェトモン、プランシー、ステラとかとか。 こういうところに来ると お勉強もかねて "私に似合うもの、教えて貰いたいです…" と言うことにしているのですが なんとコーデを組んでくださいました。。何処の馬の骨かわからないわたしに、、感謝です vest / PLAN C onepiece / rokh bag & boots / Maison Margiela 普段ベストとかジレ着ないから新鮮… ワンピースは袖のところがふわりとしていて愛らしいシルエットに。 こちらはスポーティーなルック。 Tops & Boots & Knit / Maison Margiela Bag / DRIES VAN NOTEN Pants / Acne Studios  人生初のニット帽。 思ったよりいいかも… そしてこのトップスが後ろもパンチがあってカッコいい。 失敗した。。 後ろ姿撮り忘れて半身。。 でも伝わっているはず、 この大判柄のダイナミックかつ男前な空気感。 そして、そこに合わせるマルジェラの ブーツも極彩色。 柄オン柄、いいなぁ。 最後はこのボリュームたっぷりのアウター。 オール DRIES ヴァン ノッテン!! こんなボリュームアウター 自分では選ばないですが華奢に見えるんですね中の人が。 着ていて女子な気分にさせてくれるんだなぁ、ビッグシルエット。 気に入って自撮りまでする始末… ハイブランドなので 決してお安くはないものの、 こんなアイテムをサラッと買うために 仕事頑張ろうと思います。 (それかアラブの石油王と友達になる…) 最後に、ずっと一緒にアイテムを選んでくれて相談にのってくださったスタッフの狩峰(かりみね)さんとパチリ。 ほぼ始めて伺ったお店ですが、 雰囲気もホスピタリティも素晴らしかったです。 福岡はこういうお店と出会えるけんよかね☺️ ほかにも行ったところをシェアしているかもしれないインスタはこちら↓ instagram tsunoyuko 
  • アメピンや、さりげなく華やぐディテールつきの飾りピンもマスト。質感やパーツが統一されていれば、数本重ねづけしてもさりげなくまとまる!一見シンプルなまとめ髪なのに後ろ姿は……♡ こんなギャップも狙ってこう! ワンピース¥3900/レトロガールシンプルヘアに可憐なニュアンスを盛ってくれる、こんなピンも大豊作。パール系なら大人感も。  ヘアピン(2本セット)¥990/アダストリア(ミィパーセント)▼ ▼ ▼ How to 低めポニーを三つ編みにし、結ぶ。前髪は透けさせよう。耳後ろにピン2本をON。耳の後ろに可愛いアクセント(右)ヘアピン¥990・(左)ヘアピン¥1290/イーハイフンワールドギャラリー ルミネエスト新宿モデル/江野沢愛美 撮影/花盛友里(モデル) 富田恵(物) ヘア&メイク/吉﨑沙世子(io) スタイリスト/金山礼子 構成・原文/通山奈津子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • 洗練された旬の大人服が得意な「カオス」からも、はくだけでコーディネートがキマる“時短パンツ”が登場。前後差のあるすそのデザインが印象的なドレスパンツが、美脚見えを叶えながら品格漂う装いへと導いてくれます。玄関先での悩みを一掃する、どんな足元とも好相性な頼れる一本をご紹介。Brand:カオス【Chaos】横糸に30年前のヴィンテージモヘアを使用し、張り感をもたせた贅沢なウール素材。メンズのドレスパンツのような仕立てで、同素材のタキシードジャケットとのセットアップも美しくかなう。前後差のあるすそはヒールを履いたときに前すそがもたつかないように、また、サイドの側章もまっすぐ下に落ちる設定になっているなど、美脚見えの秘訣がそこかしこに。洗練された旬の大人服が得意なカオスらしさが凝縮されている。フラット靴、ショートブーツも合って玄関先での悩みが一掃されました。美しいシルエットに包み込まれる安心感で、下半身のコンプレックスも忘れられる(笑)。この冬はこれさえあれば大丈夫!(エディター&ライター/新田幸子さん)インナーは黒でまとめて美しいフォルムを強調。シックなアウターを主役におしゃれを印象づけて。 パンツ¥35,000/カオス丸の内(カオス) コート¥178,000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ) ニット¥54,000/マディソンブルー バングル¥17,000/アッシュ・ペー・フランス(メドゥスィン・ドゥース) バッグ¥101,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥87,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)ベルト位置、ダーツの配置にこだわり、腰まわりはメンズボトムのような端正で直線的なシルエットに。丸みを帯びた女性のヒップラインもすっきりとシャープに引き立ててくれる >>時短パンツ 記事一覧はこちら撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/室井由美子 モデル/LIZA 取材・原文/松井陽子 ※エクラ11月号掲載
  • アラフィーの定番カラー「グレー」は、ワントーンコーデでも大人気。メンズライクな雰囲気の着こなしから、ラグジュアリー×カジュアルの絶妙なバランスの組み合わせまで、今季旬のグレー系ワントーンスタイルを大公開。グレーはカーキを加えることでメンズライクなムードに刷新!これまで主流だった色のグラデーションだけでつくる華やかなグレーのワントーンから一歩進んで、この冬は濃いめのカーキを取り入れたメンズライクな色の広がりに挑戦したい。タートルニットにワンピースを重ねることで、ハンサムな色の中に女らしさを感じさせる装いに落とし込むのが大人流。 ワンピース¥89,000/エイトン青山(エイトン) ニット¥25,000/スローン サングラス¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥18,500・バングル¥36,500/セシル・エ・ジャンヌ バッグ¥35,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(オーウェンバリー)靴¥101,000/ジミー チュウリッチ素材をカジュアルダウン。すっきりなじんで上品に仕上がる毛足の長いファージレは、エレガントなスカートよりもメンズライクなコーデュロイのワイドパンツで、ぐっとカジュアルにこなれさせて。ファー特有のラグジュアリーさが引き算され、ニット&コーデュロイのデイリーなコンビも格上げされる。 ジレ¥165,000/アマン(プロタゴニスタ) ニット¥31,000/スローン パンツ¥39,000/ebure 帽子¥48,000/エストネーション(ジジ バリス ミリナリー) 2重に巻いたネックレス¥250,000/ロンハーマン(タナーズ インディアン アーツ) バッグ¥59,000/アマン(エレメ)ツヤ素材との組み合わせでスウェットがお出かけ仕様に再ブレイク中のスポーティなスウェット。合わせるボトムはカジュアルさは控えめに、ダークグレーの光沢が美しいシルク混スカートで、女らしさが漂うグレーのワントーンコーディネートに仕上げて。素材のメリハリが着こなしのポイント。 スウェット¥26,000/エイトン青山(エイトン) スカート¥39,000/アングローバル(イレーヴ) メガネ¥33,000/アイヴァン PR(アイヴァン) スカーフ¥16,000/フィーゴ(ピエール=ルイ・マシア) バッグ¥194,000/ジミー チュウ 靴¥48,000/ビームス ハウス 丸の内(ペリーコ) >>新ワントーン 記事一覧はこちら撮影/金谷章平 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ RINA 取材・原文/坪田あさみ ※エクラ11月号掲載
  • 差をつけるのならきれいなブルーのベルトつきで個性を主張して 爽やかなブルーが秋色ワンピを引き立てる。ウエストベルトで腰位置が上がって脚長に見えるのが◎ 。 ジャケット¥9900・バッグ¥5900/RANDA ワンピース¥24000/SNIDEL イヤリング¥9000/アビステ 靴¥19000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) \まだまだあるよ!/テーラードジャケットカタログ■シックなグレー。明るめトーンだから秋色とも好相性。 ジャケット¥10800/UNRELISH■ 今年のトレンドカラー、ブラウンは真っ先買い決定! ジャケット¥12000/dazzlinモデル/新木優子 撮影/藤原宏(Pygmy Company) 齊藤晴香(物) ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/松尾正美 構成・原文/道端舞子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス 撮影協力/ギャラリー猫町 森岡書店
関連キーワード

RECOMMEND