今行くべき、大人を満足させる最新ホテル&グルメ情報 五選

Web eclat

1.朝から夜までおいしく。広尾の名所が生まれ変わる

『ミケランジェロ 広尾』

広尾駅前の名所カフェがイタリアンカフェ&トラットリア『ミケランジェロ』に生まれ変わる。緑あふれる、東京で指折りの並木道にせり出す、ここでしか味わえないオープンテラスカフェはそのままに。地下には新しく「ふだん着で予約なしで通える」トラットリアができるという。定番のイタリアンをおいしいワインとともに、自然体で美味を楽しめるスペースになりそう。

1階のカフェは7時にオープンし、朝食メニューを始めるという。パンオショコラ、ベジベネディクトなど、クオリティの高いエレガントな朝餉が味わえる。ランチはもちろんのこと、スイーツやカフェメニューも充実したアフタヌーンティー、コストパフォーマンスの高いディナー……と大人の女性にとって使い勝手がいい一軒になりそう。

1/4

2/4

3/4

4/4

地下のトラットリアはリーズナブルな価格で本格的なメニューが味わえる。チーズ類やアペタイザーも豊富なので、ワインもすすみそう
ベジベネディクトなど朝食限定メニューは¥300〜
トラットリアメニューの一例「ホロホロ鶏のペヴェラーダソース」。メインは¥2,000前後で味わえる
ランチはパスタ、ピッツァ 各¥1,200(サラダつき)。パスタ、ホットサンド等の盛り合わせプレート¥1,400など
東京都港区南麻布5の1の27
1F(カフェ) 7:00~23:00
※朝食メニュー 7:00~10:00LO
B1(トラットリア) ランチ11:00~14:00LO、ディナー17:00~22:00LO ㊡火曜

2.木の香り漂う小さな空間で本物の味を楽しめる

『和敬』

おいしい和食屋探しはむずかしい。名店はハードルが高く、カジュアルすぎてももの足りない。西麻布の交差点から少し入った裏通りに、小体な和食店がオープンした。ご主人の竹村竜二さんは愛媛出身。『分とく山』で修業後に松山で独立。人気店としての地位を確立していたのに、「年齢的にもラストチャンスと思い、東京で勝負したいとこちらに移ってきました」。

瀬戸内海の海の幸がメインと思いきや、「フードマイレージはなるべく少なくしたほうがいいし、自分の目で確かめて買いたいので」と魚は豊洲に通う。確かな技に裏打ちされた品格ある風情が料理に漂う。無垢の木をふんだんに使った店内にはほのかに木の香りが。カウンターは6席、6名までの個室もあり、ランチも営業し、使い勝手もよい。リーズナブルで、きちんとおいしい希少な和食店の登場だ。

1/3

2/3

3/3

「八寸」。タコの軟らか煮、わかさぎしんびき揚げ、鶏チーズ焼き、よもぎ麩田楽など
「お椀」。えんどう豆のすり流し。車エビ、ごぼう餅、水前寺のり、梅にんじん、かつらしょうが。食材の味がふわりと立ち上る初夏らしい一品。料理は夜の献立から
カウンターや壁、床もけやき、杉の無垢材が
東京都港区西麻布2の7の9 1F ☎03・3486・0149
12:00〜14:30(クローズ)、18:00〜21:30(LO)
㊡日曜(日・月曜連休時は日曜営業)
昼¥6,800(前日までの完全予約制)、夜¥13,000

3.数寄屋造を生かした情緒ある和のラグジュアリーホテル

『そわか(SOWAKA)』

「そわか」とは、インドのサンスクリット語で「幸あれ」の意味。昨年秋に本館のみオープンしていた『そわか(SOWAKA)』が、新築された現代的な和の意匠の新館を加えて、3月25日にグランドオープン。本館は、100年の歴史を刻む元老舗料亭の数寄屋建築を大規模にリノベーション。繊細な職人の技術が光る、同じ間取りはひとつとしてない、個性豊かな客室に仕上がっている。新館には、京都の路地を思わせる専用廊下や、坪庭の配置で個々の部屋のプライバシーが保たれた、わびさびを感じさせるモダンな客室が誕生。

新館、本館ともに、京都の伝統的な町家の改修実績も豊富な建築家・魚谷繁礼氏が担当したことでも話題だ。レストランの料理を手がけるのは東京・西麻布の『ラ・ボンバンス』。京都の食材を用いたクリエイティブな料理を提供する。

1/4

2/4

3/4

4/4

本館の客室は、すべて異なる造りとしつらえ。2階のスイート、かつての「ほら貝の間」は、ベッドが隣り合わせになったハリウッドツインベッドを備える
凛とした印象のロビースペース
歴史が感じられる日本庭園を望む客室もある
木目が美しい風貌の新館。京祇園の八坂神社から徒歩3分の好立地
京都府京都市東山区下河原通八坂鳥居前下ル清井町480
☎075・541・5323 全23室(本館10室、離れ1室、新館12室)
本館¥30,000〜、新館¥40,000〜(1泊1室料金、税・サ別)
http://sowaka.com/

4.四万十ヒノキを用いた美しいホテルが開業

『美馬旅館 はなれ 木のホテル』

高知・四万十町にある『美馬旅館』は、120年余りの歴史をもち、数々の文化人や名優が宿泊した老舗旅館。昨年末、本館近くにはなれとして、『美馬旅館 はなれ 木のホテル』をオープンした。地場産の四万十ヒノキを用い、独特の構造で仕上げた開放感ある明るい造り。旅館の6代目館主と親交のある歌舞伎俳優の隈取りを押し写した押隈や、地元出身の画家・今西中通のデッサンなども展示している。靴を脱いで、木の香りに包まれてリラックスできるホテル。

1/3

2/3

3/3

photo:Kenichi Uemura
高知県高岡郡四万十町本町4の41
☎0880・22・1103 全7室
シングル¥7,000〜(1室1名)、窪川スイート¥20,000〜(2名1室利用の室料・税別) 
http://mimaryokan.jp

5.新トリートメント「SAKURA」で深いリラックスを

『ザ・リッツ・カールトン スパ 東京』

ザ・リッツ・カールトン東京の46階に位置するスパが、トリートメントを全面的に一新して『ザ・リッツ・カールトン スパ 東京』としてリブランドオープン。新しく考案された「SAKURA(サクラ)」は、フルボディ、フェイシャル、スカルプを含む、人気のトリートメント。温めた桜色のローズクォーツとエッセンシャルオイルを用いて行う、流れるリズムと軽いタッチが心地よく、深いリラクゼーションへと導いてくれる。桜の世界観を味わえるトリートメント。

1/3

2/3

3/3

東京都港区赤坂9の7の1東京ミッドタウン46F
☎03・6434・8813(7:00〜22:00)
SAKURA(120分)¥57,000(税・サ別)
http://www.ritz-carlton.jp/spa_fitness/
eclat5月号掲載 撮影/GOURMET 上原ゆふ子 取材・文/GOURMET 北村美香 HOTEL 坪田三千代
関連記事
  • 私ごとですが、最近約10年ぶりに髪を数十センチ切りボブヘアにしました。仕上がりとしては満足しているのですが、短い髪あるあるとしてよく言われる“広がる問題”に早速直面しています。しかも割と細毛でクセもあるので、日によっては一部分だけピヨんとはねてしまう、なんてことも。 長年ロングヘアだったため、短い髪の上手なセット方法なんて知らないし、知っていたところで不器用だからきっとうまくできない……。思い立つがまま切ったはいいものの、これはどうしたもんかしら、と悩んでいた時にふと記憶が蘇ってきました。 それは1年以上前の濡れツヤ髪ブーム全盛期のとき、とある展示会でデザイナーさんが見事な濡れツヤヘアをされていたんです。すごく素敵だったので、スタイリング剤なに使ってますか?と尋ねたところ、なんと答えはベビーオイル! いろんなヘアプロダクトを試した結果、ツヤが長持ちして髪がまとまるのは、なんだかんだでコレ、ということでこのアイテムに落ち着いたとのこと。当時はロングヘアだったこともあり、結局自分で使うことはなかったのですが、髪を短くした今ぜひ試してみよう!と早速ドラッグストアで購入してみました。 今の気分としては普通にさらっとまとまった髪にしたいので、私は少量を手のひらで伸ばし毛先だけに塗布。すると確かにツヤが出る! そしてちょっと重めのオイルだからか、髪にもちゃんとまとまりが。つけすぎなければベチャッとすることもなく、そうそうこんな感じにしたかった!という仕上がりに。ベビーオイルなので、拭いたりすることなくそのまま手に馴染ませてしまえるのも、ズボラとしては地味に嬉しいのです。 身の回りにある超定番商品、他にも使う場所を変えるだけでグッと活躍するものがあるのでは!?と固定観念を外すきっかけにもなりました。
  • BAILA8月号でも特集が組まれている「2019年上半期ベストコスメ」。 みなさん、もうチェックされましたか? BAILA8月号では、業界きっての美のスペシャリスト総勢35名の方が、BAILA世代にぴったりなベストコスメをご紹介しています。スキンケアからベースメイク、ポイントメイクまで幅広いアイテムが掲載されていて読み応えたっぷりですよ。 今回は、BAILA8月号にならって、私が選ぶ「2019年上半期ベストコスメ」についてご紹介していきます。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; min-height: 14.0px} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 私が「2019年上半期ベストコスメ」に選んだアイテムがこちら。 【アイシャドウ】リンメル ロイヤルヴィンテージ アイズ 014 【ハイライト&チーク】THREE スリー シマリング グロー デュオ01 【リップ】ロレアルパリルージュシグネチャー 112  こちらの3アイテムを選びました。 本当はベースメイクやファンデーション・アイブロウなど、他のアイテムもご紹介したかったのですが、2019年上半期を通して継続的に使い続けたり「これいい!」と思ったアイテムに出会えず・・。なので、2019年上半期に本当にヘビロテして、底が見えるくらい溺愛したアイテムを選出してみました。 では、早速1つずつご紹介して行きます。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; min-height: 14.0px} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'; text-decoration: underline} span.s2 {text-decoration: underline} span.s3 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} まずは、アイシャドウ。 私が2019年上半期にヘビロテしたアイシャドウは「リンメル ロイヤルヴィンテージ アイズ 014」です。お値段が1,620円という2,000円以下のプチプラアイシャドウ! 昨年の秋に発売されたアイテムですが、オレンジ系ブラウンのバレットなのでシーズン問わず活躍するアイシャドウとして重宝しています。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 4色全部使うとヴィンテージ感漂う深みのある目元になるのですが、私は左下のオレンジ感強めのカラーをアイホール全体に、そして右下の濃いブラウンをアイライン代わりに締め色として使っています。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} 伸びがよく、粉とびもないので、忙しい朝にも重宝しています。 また、ラメのようなギラギラ感は全くなくベルベッドのような輝きで目元を上品に彩ります。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 実は昨年にもブログでご紹介したこちらのアイシャドウ。 お気に入りすぎて2個目に突入です! p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} お次はリップ。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; min-height: 14.0px} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 2019年の春に出会って5月頃に急にヘビロテし始めた「ロレアルパリルージュシグネチャー 112 オレンジブラウン」です。 「透け感マットリップ」と言われているロレアルパリルージュシグネチャー。 さらさらとした軽いオイルと水をミックスしたライトフィルム処方なので、とてもみずみずしいタッチを実現。鮮やかなカラーが唇にぴたっと密着し、唇の質感が透けるようなソフトな発色を叶えてくれます。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; min-height: 14.0px} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 唇の輪郭にフィットするフェザー型アプリケーターが、とにかく塗りやすくてお直しにもぴったり。 香りはフルーティーの中に微かなバニラを感じさせる少し甘い感じです。 そして何より、発色・キープ力が抜群に良いリップなのに、乾燥しない!という優秀さが2019年上半期ベストコスメに選出した理由です。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; min-height: 14.0px} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} フレッシュなオレンジでとっても健康的なカラー。オレンジの中にも微かにブラウンが配合されているので、カジュアルな抜け感のあるオレンジリップに仕上がります。 この夏トレンドのサファリカラーのコーディネートとも相性抜群です。 ロレアルパリルージュシグネチャーは、他にもカラー展開があるので秋冬になったらまた新しいカラーを追加しようか検討中です。 最後は、ハイライト&チーク。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; min-height: 14.0px} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} こちらは有名なアイテムなので、知っている方がほとんどなのではないでしょうか? 私は2019年上半期ベストコスメに選んだのは「THREE シマリング グロー デュオ01」です。 この底見え加減から、どれだけヘビロテしたのかお分かりいただけるかと思います。 THREE シマリング グロー デュオは、肌の内側から発光しているかのようなツヤ肌を作ってくれる「明るめのハイライト」とブラウンの「シェーディング」の2色がセットになっています。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} クリーム状のハイライトとシェーディングなのですが、肌にのせるとパウダーのように変化するので、私はファンデーションやお粉の後に使用しています。 明るいカラーは、元々ハイライトとして使っていたのですが、2019年上半期にハマったのは「シェーディング」カラーの方。このカラーをチークとして使うのにハマりました。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 明るいカラーを、ハイライトとしてCゾーン、鼻筋、目頭の少し下に塗っていきます。(*グレーの囲み参照)これだけで顔にメリハリが付き、ツヤ肌だけではなく目元をグッと印象的な雰囲気にしてくれます。 最後にシェーディングカラーを頬骨の辺りを中心に、横に広げるイメージで塗っていきます。塗る前はブラウン系の濃いカラーに見えますが、実際に肌にのせるとナチュラルな血色感のあるカラーに。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} オレンジ系のアイシャドウやリップにハマっていたこともあり、チークは赤やピンク系よりもTHREE シマリング グロー デュオのシェーディングカラーがしっくりきて、2019年上半期はとにかくヘビロテしていました。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 最後に、2019年上半期ベストコスメに選出したアイテムでメイクをした時がこちら。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 全体的にオレンジ系のカラーで、ツヤ感重視のメイクが定番となった2019年上半期でした。 2019年下半期は、スキンケアやベースメイクを開拓したいと思います! みなさんの2019年上半期のベストコスメはなんですか? ▶︎ instagramはコチラ
  • 7月早々に手に入れた夏物。 まだ寒かったのでしばらくは重ね着で♪ 寒い7月が続き、せっかくお得に手に入れた夏物コーデを イマイチ楽しめない日が続いています。 でもやっぱりセールは楽しいですね♪ お気に入りのブランドで50%OFFなんて 興奮してしまいます(*´▽`*) 写真は戦利品の一部ですが ブルーのワンピも、黒のワンピも、バッグも半額!!! スポーツサンダルは30%OFFです!!! 7月上旬 美女組さんたちとのランチの日。 朝から寒くて、雨模様。 ワンピースだけだと寒かったので ノースリーブワンピをジレ風に重ねて着ていきました。 ワンピース le coeur blanc バッグ le coeur blanc サンダル oriental traffic   ノースリーブワンピ YECCA VECCA流行りのスポーツサンダルも素足で履くのは足先が冷えてしまうほど その日は涼しかったので ソックスを履いていきました。 (写真は脱いでしまいましたが・・・) ワンピースでも、ソックスでもOKの 今のスポーツサンダルコーデはありがたいですね。そろそろ梅雨明けするかな? 夏コーデ、楽しめるかな? ランチ会は No.143ASUKAさん、No.144Makiさん、No.151らんさん の4人で、銀座有楽町にある ギリシャ料理のお店「THE APOLLO」にて。 ハワイで挙式を終えたばかりのASUKAさんの お話も聞かせていただき 幸せのおすそ分けをしていただきました♪ ASUKAさん♡おめでとうございます(≧◇≦) 美女組No.160 yukoのブログ
  • サルヴァトーレ フェラガモが新作シグネチャーバッグ「ボクシィズ」を全国のフェラガモ ブティックおよびフェラガモ公式オンラインストアにて展開中だ。“a future classic(未来の定番)”となるように、というクリエイティブ ディレクターであるPaul Andrew(ポール・アンドリュー)の想いが込められた今回のバッグは、21世紀のニーズに適した独創的なハンドバッグに仕上がっている。 ボクシィズ〈H17.5×W17.5×D9cm〉各¥210,000/フェラガモ・ジャパン製作にあたって、まず「バッグに求める一番大事な点は何か」と多くの女性たちに尋ねることから始めたというアンドリューは、彼女たちの答えから「プライバシー、利便性、丈夫さ、美しさ、そして大胆さ」という共通点を見出したという。「ボクシィズ」はこれらのニーズすべてに応えられるようにデザインされ、フェラガモのレガシーともいうべき技巧を凝らして作り上げられた。 ボクシィズ〈H17.5×W17.5×D9cm〉¥210,000/フェラガモ・ジャパン軽量でありながらしっかりとした台形型で、フェラガモのシグネチャーが随所に施されているのもポイント。「Gancini(ガンチーニ)」の形をしたクロージャーに加え、トップハンドルとキーフォブにもガンチーニが取り付けられている。カラー、素材ともにバリエーション豊かに展開し、サイズも3種類をラインナップ。最高級の素材を使用したこの新作バッグは、あなたの長年の相棒になること間違いなし。機能性と効率性に富んだ「ボクシィズ」を手に入れて。 ボクシィズ〈H20×W22×D10cm〉¥670,000/フェラガモ・ジャパンフェラガモ・ジャパンhttp://www.ferragamo.com0120-202-170 text: Fuyuko Tsuji
  • 涼しげなPVCトートと、オリジナルのレオパード柄をアレンジしたポーチがセットの 8月号付録は、可愛さも使いやすさも最強! 水にも強くビーチやフェスに、優れた収納力でデイリーにと、幅広い夏のシーンに大活躍間違いなし。BAILAスタッフはどんなふうに楽しんでいるかな? しゃれ感アップの使いこなしをチェック! BAILAスタッフは、こんなふうに楽しんでいます! STYLIST 川上さやかさん バカンス先のお供にもぴったり 「水場でも使いやすいPVC素材のバッグは、ビーチやプールに行くときにも重宝。レオパード柄のポーチに合わせて、水着やはおりもブラウン系で大人っぽくシックにまとめました」 EDITOR 伊藤真知さん 旬のグリーンとトレンド感満点に 「持ち手のロゴやポーチの柄がハッキリしているので、ビビッドな夏色とも相性◎。女らしい細身のスカートに合わせれば、お仕事やデ ートなど“街”にも使いやすくて便利です」 STYLIST 池田メグミさん きれいめコーデのアクセントとして 「バッグにトレンドがぎゅっと詰まっているぶん、着こなしは白シャツ+薄色デニムでさわやかに。パールのネックレスや高めのヒール 靴を合わせて、品よく仕上げるのもポイント」 編集U かごの代わりにワンピに合わせて 「甘めのワンピース+かごバッグが夏の定番セットでしたが、今年はこのPVCトートへ更新。辛口なレオパード柄やスポーティなロゴのおかげでほっこりせず、しゃれ感もアップ!」 特別付録【レペット(Repetto)】コラボPVCトートバッグ&ポーチ 撮影/ケビン・チャン 取材・文/伊藤真知 ※BAILA2019年8月号掲載
  • 荷物は少なく、身軽にパッキング!でもおしゃれに着回したい!こんにちは、らんです。 なかなか梅雨明けせず、気温も低く、最近はコーデが4月の頃に戻っているようなの気がします。寒くて長袖を着る日も少なくありません。 早く梅雨明けしてほしい‼︎と願いながら、7泊9日ハワイ旅行のコーデを振り返りたいと思います^ - ^ 1日目(日本夜出発、ハワイ朝到)日本出発日のコーデ 機内でも楽に寝られる締め付けない服装で。足元はきちんとつま先が隠れるものを 到着は朝なので、長く着ていてもシワにならない素材のものを選んでいます Tops GU Pants Liesse Shoes GU 現地2日目日中は子供達とプール、夕方からワイキキ周辺を散策し食事へ行った日のコーデ Hat GU SetUp Liesse Sandals Banana Republic 現地3日目アラモアナショッピングセンターでお買い物の一日でした Tops GU Pants PLST Sandals HERMES現地4日目娘のBDディナーと、家族写真の撮影の日コーデ 肩からかけているセーターは前日にJ.Crewで調達 Onepiece PLST tops J.Crew Sandals Banana Republic(2日目と同じ) 現地5日目友人宅のコンドミニアムでBBQの日 2日目のセットアップのパンツを着回し Tops UNIQLO U Pants Liesse(2日目と同じ) Sandals HERMES(3日目と同じ) Stole HERMES 現地6日目ファーマーズマーケットやワード地区などの散策 お土産の調達なども Tops GU(1日目と同じ) Pants PLST(3日目と同じ) Hat GU(2日目と同じ) Sandals HERMES(3日目と同じ)現地7日目終日子供たちとプールで遊ぶ一日 Tops UNIQLO U(4日目と同じ) Bottoms James Perse Sandals Banana Repablic(2日目と同じ) Hat GU(2日目と同じ) 現地8日目、日本到着日午後便で帰国 午前中はパッキングとのんびりブランチ Tops GU(3日目と同じ) Pants Liesse(1日目と同じ) Shoes GU(1日目と同じ) 宿泊したシェラトンワイキキには、5階と18階にランドリールームがあるので、いつも洗濯することを前提に洋服を持って行きます。Tシャツなどは洗濯せずに再度着たくないので、7泊9日で3回ほど洗濯機を回しました。(ちなみにアメリカの乾燥機は超強力なので高温で乾燥機を回し過ぎると洋服にダメージを与えます。Low Tempで回すことをお勧めします) 今回、出発時に来ていた洋服以外に持って行ったのは 半袖Tシャツ2枚 黒パンツ1本 セットアップ1着 ハーフパンツ1枚 ワンピース1枚 その他小物、水着、下着、パジャマ、洗面用具だけでした。 スーツケースは、全体の40%ほどの充足率。帰りにお土産などを入れるスペースを確保していきます。 リゾート地への旅行の目的はリラクゼーションですので、着ていて楽なもの、汗をかいても洗濯機で丸洗いでき清潔に保てるもの、皺になりにくい素材のものを選んで持って行きます。機内やきちんとしたレストランでは、リゾートであっても失礼のない服装を選びます。アラフォーですから、TPOはきちんと考慮したコーディネートをしたいですよね。 以上、ホノルル旅コーデでした。 まだ東京の梅雨明けには時間がかかりそうです。 夏風邪などひかぬよう(先日娘はヘルパンギーナになりました )皆様もどうぞご自愛ください。美女組No.151 らんのブログ
  • 淡ピンクと赤ストライプ。白でなじませたらホラ簡単おしゃれな夏コーデ♪こなれたTシャツ×レディなスカートは”カジュアルだけど女っぽい”が即叶う定番コーデ。だけど今年は、さらに色合わせで新鮮さを狙うのが上級者! 白を混ぜたような淡いピンクのTシャツと、赤と白が半々のストライプスカート。女の子なら誰もが好きなきれい色同士を白でなじませれば、ホラこんなに軽やかで今っぽいおしゃれ感に♪ 急に気温が上がって晴れ間ものぞく日は、Gジャンもメッシュバッグもサンダルも白でまとめて、さわやかな夏コーデを楽しむチャンス! Tシャツ¥8000/ゲストリスト(アッパーハイツ) スカート¥16500/ペルルペッシュ Gジャン¥19000/オブレクト 靴¥5900/セムインターナショナル(ニコラスライナス) バッグ¥18000/アルファ PR(アエタ) ターバン¥800/お世話や飯豊まりえの【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/東 京祐 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/飯豊まりえ スタイリスト/石上美津江 原文/野崎久実子
  • こんばんは❤︎ 東京は日照時間が少なくて 今年はまだあまりアイスを食べて いませんでしたが、、 今日は連休明けの仕事で疲れたので さっぱり!すっきり!した アイスが食べたくなり 買って帰ったのがこちら☝︎❤︎セブン-イレブンの『巨峰シャーベット&マスカット氷』です☻お値段は税込¥127となっています* 赤城乳業とセブン-イレブン・ジャパンとの 共同開発商品なのだそうです☻フタをあけてみると鮮やかな巨峰アイスが♡巨峰シャーベットの部分には 巨峰果汁を16%使用しているらしく、 ひと口食べた瞬間から ジューシー感が口の中いっぱいに 広がります…❤︎* シャーベットとかき氷なので さっぱりしていながらも しっかり濃厚な果実感があります✨二層になっています❤︎そして、下の部分には マスカットのかき氷が入っています✨ 巨峰シャーベットに比べると マスカットかき氷部分の氷は粗めなので 食感の違いも楽しめます❤️✌️気になった方は是非 チェックしてみてくださいね☻カフェ・ファッション・その他諸々更新中!☻しょこたうるすのInstagramはこちらから❤️☝︎モアハピ部 No.562 しょこたうるす のブログ
関連キーワード

RECOMMEND