大型連休のお供に最適! 旅に持っていきたい名品リスト

Web eclat

E by éclat 鹿の子カットソーライダース

さっと気軽にはおれて様になる大人のはおりものが誕生
ハードすぎないディテールが大人にちょうどいい鹿の子カットソーライダース。体のラインを拾わない素材、辛口ファスナーと襟デザインの視覚効果による着やせ&小顔効果も◎。開け閉めで雰囲気が変わる袖ファスナー。さっと脱ぎ着しやすいので、旅先でのはおりものとして重宝すること間違いなし。

ZANELLATO×éclat チェーンつきウォレットバッグ

機能性とクオリティの高さは折り紙つき
1976年にイタリア・ヴィチェンツァに、革製品を取り扱うサルトリア工房として創業したZANELLATO。シルクタッチのようなベビーカーフを使用したウォレットバッグがエクラ別注色のグレーで登場。チェーンをはずせば長財布としても。背面のポケットには交通系ICカードも入り、利便性抜群。 デイリーにはもちろん、身軽に歩きたい旅先でのウォレットとしてぜひ活用して。

L’UNE サルエルパンツ

“腰まわりゆったりで裾細え”がカギ。実は万能シルエットのパンツ
「黒田知永子さんがよく話されている『ちょっと変な形のパンツは七難隠す』。本当にそうなんです! すっきりシンプルなパンツのほうが体型の難が出やすいと実感しています。これは“腰まわりゆるめ、裾きゅっ”のテーパードぎみシルエットで、身長にかかわらずバランスよく着こなしやすい。マニッシュなテーパードパンツの美しさで定評があるブランドなので、クセありといっても個性的すぎず上品にはけます。裾が細めなのでスニーカーでもヒール靴でも合わせやすい。実はいろいろ万能なんです。」(エクラプレミアム室長 宮田)

MOY Paris コットンパールピアス

ふだん使いから旅先まで活躍の幅が広い便利アイテム
パリ在住の元コーディネーター・大友靖子さんが立ち上げたブランド。モードコンシャスなネックレスも素敵ですが、私はこのピアスにひと目惚れ。シンプルでどんな服にも合わせやすく、ラインストーンのキラキラ感で顔まわりがほどよく華やかになります。大粒ですが軽くて肩が凝らないところもうれしい(笑)。昨年の3月号でご紹介したときにはあっという間に完売しました。今回も、昨年と同じサイズをセレクト。鉄板のホワイト、グレーのほか、このシックなブルーをプラス。黒や紺などの濃い色の夏服に合わせたら素敵に映えそう。(エクラプレミアム室長 宮田)
関連記事
  • 夏のマストアイテムといえば「Tシャツ」。カジュアルすぎず、上品さをひとさじ加えた働く40代のためのTシャツコーデをまとめてご紹介。【目次】 ■スカート派も、パンツ派も! Tシャツのきれいめコーデカタログ ■働くアラフォー「美女組」のリアルTシャツコーデは? スカート派も、パンツ派も! Tシャツのきれいめコーデカタログ■ロゴTシャツ×キャッチーな赤いマキシスカートのコーデベーシックカラーならどれも赤と相性がよいけれど、ジャケットにベージュを選べば優しげな印象のなかにも洒落感を覗かせてくれる。ジャケット¥9,800/フレームワーク ルミネ新宿店(ロスコ) Tシャツ¥12,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(エーピー ストゥディオ) スカート¥37,000/ロンハーマン(シーピー シェイズ フォー ロンハーマン) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥43,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ネブローニ) バングル¥14,000/リエス(メゾン ボワネ) ▶ロゴTシャツ×キャッチーな赤いマキシスカートのコーデ 詳細はこちら■カジュアルなTシャツ×レーススカートのコーデよく目にするのが、透け感の強いレースアイテム。むずかしそうに見えますが、質感とテイスト、どちらも対極にあるカットソーTシャツを足せば、グッと身近に。これ以上の女っぷりは必要ないのであぜ編みニットのざっくり感や肌露出を減らすレギンスを足し算。Tシャツ¥7,000(ヘインズ × カーラ)・スカート¥54,000(サード マガジン)/サード マガジン 肩にかけたニット¥28,000・レギンス¥15,000/ボウルズ(ハイク) ピアス各¥15,000/ショールームセッション(マリア ブラック) バッグ¥188,000/ジミー チュウ 靴¥78,000/ジャーナル スタンダード レサージュ  青山店(ミッシェル ヴィヴィアン)▶カジュアルなTシャツ×レーススカートのコーデ 詳細はこちら■コンパクトなTシャツ×大きめジャケットのコーデTシャツをコンパクトにしてインのコーデをピタふわシルエットにすれば、大きめジャケットをバサッとはおってもグッドバランスに決まる。仕上げに小さめバッグやパールでさりげなく旬のアクセントを加えれば、さらにメリハリとしゃれ感がアップ。パンツ¥28,000/オーラリー ジャケット¥39,000/カオス丸の内(カオス) Tシャツ¥14,000/エイトン青山(エイトン) ネックレス¥18,000/バーニーズ ニューヨーク(ベン アムン) バッグ¥73,000/エドストローム オフィス(サイモン ミラー) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ)▶コンパクトなTシャツ×大きめジャケットのコーデ 詳細はこちら■きれいめTシャツ×再びトレンドに戻ってきたショートパンツのコーデ上品な光沢とほどよい厚み、大人のためのきれいめTシャツの決定版。再びトレンドに戻ってきたショートパンツ合わせも、品よく決まる。 Tシャツ¥7,800/スローン ジャケット¥42,000(ヴェルメイユ パー イエナ)・バッグ¥141,000(ザンケッティ)/ヴェルメイユパー イエナ 日本橋店 パンツ¥23,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) メガネ¥27,000/オプティカルテーラー クレイドル青山店(GLCO) ネックレス¥14,000/フレームワーク ルミネ新宿店(フレームワーク) ベルト¥16,000/サード マガジン(プントヴィータ) バングル¥45,000/TOMORROWLAND(アンコモンマターズ) ストール¥29,000/ロンハーマン(アソース メレ フォー ロンハーマン)▶きれいめTシャツ×ショートパンツのコーデ 詳細はこちら■胸ポケットつきの白Tシャツ×おなかではけるハイウエストデニムおなかではけるハイウエストデニム、胸ポケットつきの白Tシャツなど、定番のカジュアルにも"上半身を小さく見せる"ひと工夫を。縦長アウターの力を借りれば、Iラインがきわだち、いっそうスタイルよく。コート¥49,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) Tシャツ¥11,000/サザビーリーグ(ラッド バイ デミリー) デニム¥22,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) バングル¥39,000・リング¥26,000/エストネーション(アリアナ ブサード ライフォル) バッグ¥128,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥19,000/アルアバイル▶胸ポケットつきの白Tシャツ×おなかではけるハイウエストデニム 詳細はこちら■マニッシュなカーキのTシャツ×ベイカーパンツのコーデマニッシュなカーキのTシャツはすそに少し前後差があるのでアウトにしても着こなしやすく、ボトムスを選ばずに着こなせてかなり使える!Tシャツ【徳原文子さんコラボ】¥7,200(エムセブンデイズ)・靴¥22,000(ファビオ・ルスコーニ)・ベイカーパンツ¥19,000(シンゾーン)・オリジナル ボート アンド トートバッグ ミディアム オープントップ¥6,900(エルエルビーン)/SHOP Marisol 帽子/スタイリスト私物▶マニッシュなカーキのTシャツ×ベイカーパンツのコーデ 詳細はこちら■白Tシャツ×デニムのシンプルコーデTシャツ×デニムと言えばすぐに思い浮かぶ永遠のアイコン、ジェームズ・ディーンや白洲次郎、吉田栄作のようにいつの時代も男ゴコロをくすぐる青春コーデは、女性が着てもかっこいい。しかもこちらのコーデ、何を合わせても着こなしやすいのが特徴で、アラフォーが着こなすなら黒シャツワンピースをガウンのように羽織って、赤小物で色をさせば、一気に女っぷりがあがる。ワンピース¥48,000/アングローバル(イレーヴ) Tシャツ¥5,000/ユナイト ナイン(カラフル スタンダード) デニムパンツ¥43,000/サードマガジン(リダン) ネックレス¥54,000/アパルトモン 青山店(ハルポ) ストール¥27,000/ビームス ハウス 丸の内(ファリエロ サルティ) バッグ¥24,000/アマン(アルテサーノ) 靴¥25,000/essence of ANAYI(ファビオ ルスコーニ)▶白Tシャツ×デニムのシンプルコーデ 詳細はこちら■白Tシャツ×女らしいスカートのコーデ旬の〝ダサ可愛い〞足もとで一気にコーデが今年顔に! "ダッド=休日に父親が履くような"野暮ったさが、コーデのアクセントになる! とメンズから火がついたこのブーム。マリソル世代が取り入れるなら、女らしいスカートの足もとに、がおすすめ。スニーカーだから歩きやすいのはもちろん、厚底でスタイルアップがかなうのもひそかなメリット。スニーカー¥28,000/オーラリー(東京デザインスタジオニューバランス×オーラリー) Tシャツ¥19,000/スティーブン アラン トーキョー(サヤカ デイヴィス) ニット¥28,000/メイデン・カンパニー(アンデルセン-アンデルセン) スカート¥38,000/ブルーバード ブルバード ピアス¥11,000/アルアバイル(フィリップ・オーディベール) サングラス¥21,000/フレームワーク ルミネ新宿店(レイ バン) ネックカフ¥28,000(ロンハーマン ジュエリー)・バッグ¥30,000(ヤング&オルセン ザ ドライグッズ ストア)/ロンハーマン▶白Tシャツ×女らしいスカートのコーデ 詳細はこちら■Tシャツ×ゆるやかに広がるスカートコーデ腰からヒップはすっきりと、すそに向かってゆるやかに広がる計算されたシルエットがこのコーデのグッドポイント。Tシャツとのワンツーコーデも、スカートのシルエットの美しさでぐっと着映える。小脇に抱えたクラッチバッグとシースルーパンプスはシルバーで統一して、華やか&クールに着こなして。【徳原文子さんコラボ】Tシャツ¥7,200・スカート¥16,000(エムセブンデイズ) シルバーチュールパンプス¥24,000(ファビオ ルスコーニ)・ショルダーつき2wayバッグ¥19,000(ジャンニ キアリーニ)/SHOP Marisol バングル/スタイリスト私物▶Tシャツ×ゆるやかに広がるスカートコーデ の詳細はこちら■ベージュTシャツ×レーススカートのコーデ甘派が大好きなレースも、黒なら少し大人っぽい印象で辛派でも着こなせる。ここに白Tシャツのように爽やかすぎない、ベージュTシャツを合わせれば、さりげない大人のカジュアルデートコーデの完成。Tシャツ¥13,000/ティッカ 肩がけしたカーディガン¥31,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(スローン) スカート¥54,000/サード マガジン 帽子¥12,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ラ メゾン ド リリス) バッグ¥45,000/ジャンニ キアリーニ 表参道店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ)▶ベージュTシャツ×レーススカートのコーデ 詳細はこちら働くアラフォー「美女組」のリアルTシャツコーデは?\アラフォーの読者ブロガー「美女組」 No.162 yasukoさんのTシャツコーデをチェック/Tシャツ Hanes × beefy スカート MADISONBLUE シューズ converse バック Tod's▶No.162 yasukoさんのTシャツコーデ 詳細はこちら\アラフォーの読者ブロガー「美女組」 No.164 kanaさんのTシャツコーデをチェック/AURALEE / シームレス クルーネック ビッグTシャツ ¥8,100(税込) ▶No.164 kanaさんのTシャツコーデ 詳細はこちら\アラフォーの読者ブロガー「美女組」 No.109 yukieさんのTシャツコーデをチェック/GU/ヘビーウェイトオーバーサイズTシャツ 白 ¥1490(+税)▶No.109 yukieさんのTシャツコーデ 詳細はこちら\アラフォーの読者ブロガー「美女組」No.163 tomomiyuさんのTシャツコーデをチェック/UNIQLO U/クルーネックT▶No.163 tomomiyuさんのTシャツコーデ 詳細はこちら
  • 大人に似合うおしゃれなレイングッズが、梅雨の時期の救世主。防水機能はもちろん、途中で雨がやんだり、晴れの日だっておしゃれに決まる、そんなアイテムを集めました。CONVERSE ジャックパーセル ゴアテックス RH HI永遠の名品スニーカーに防水透湿機能をプラスジャックパーセルとしても新鮮なハイカットパターンに、「GORE-TEX® ファブリック」を搭載。アッパー、ヒールラベル、アウトソールを黒でまとめ、モダンな仕上がりに。CONVERSE JP GORE-TEX HI RH ¥15,000+税>> NT レインヒールパンプス美フォルムだけじゃない撥水性と歩きやすさを装備イタリア製の合皮を使用し、見た目にもエレガントな撥水パンプス。裏側と中敷には、吸湿性の高い素材を採用。インソールにはアーチパッド入りで、ヒールありでも歩きやすい。NT レインヒールパンプス ¥17,000+税>> VIOLAd’ORO バンブーハンドル PVC バッグたっぷり入って使いやすいトレンドのPVCバッグ雨の日にもうれしいPVCに型押し加工を施したバッグは、今季のトレンド。スポーティな素材も、バンブーハンドルつきで上品に。見せたくない中身は、付属の巾着に入れて。VIOLAd’ORO バンブーハンドルPVCバッグ ¥25,000+税>>HUNTER PENNY LOAFERレインブーツの人気ブランドから旬のペニーローファーが登場天然ラバーからハンドクラフトされた一足は、高い防水性が魅力。トレンドのトラッドなムードを備えたペニーローファーは、雨が降らない日でも足もとからおしゃれを底上げ。 HUNTER PENNY LOAFER(ブラック) ¥15,000+税>>HUNTER PENNY LOAFER(ネイビー×ホワイト) ¥15,000+税>>MACKINTOSH PHILOSOPHY Barbrella®驚きの軽量&細身フォルムで毎日愛せる晴雨兼用傘約90gという驚きの軽量&かさばらない細身で人気の「Barbrella®」シリーズの雨傘。さらにUV加工を施しており、晴れの日にも使えるという優れモノ! 旅のお供にも最適。MACKINTOSH PHILOSOPHY Barbrella® ¥7,000+税>>MODA ITALIANA サイドゴアレインブーツシンプルで合わせやすいサイドゴアの防水ブーツイタリアのシューズブランドから、足首までしっかりカバーした完全防水仕様のサイドゴアブーツが到着。すっきりしたシルエットとシンプルなデザインは、デイリーにも。MODA ITALIANA サイドゴアレインブーツ ¥6,800+税>>撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 取材・文/東原妙子
  • トラブルと隣り合わせの夏の肌。皮脂に毛穴にくすみに紫外線。まず意識すべきケアは、たっぷりの泡で包み込んでしっかり汚れを落とすこと。とくに朝の洗顔は、一日の肌運命を左右すると肝に銘じて、丁寧に。そのタイミングで爽やかな香りを深呼吸すれば、前向きな気分で始動できるはず。日中は、アンバランスな肌を整えるお守り的ミストローションをデスク脇にセット。デリケートな夏肌も優しくいたわるクレンジングウォーターヴェリターブル・オー・イオニゼ・イジェニーク・レクティフィエ 200ml ¥4,600/オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー本店超ドライ肌、敏感肌、エイジング肌におすすめの、イオンと微量元素を含むクレンジングウォーター。銀で古い角質を穏やかに取り去りながら、ゲルマニウムやクロロフィルで肌バランスを整え、トラブルを未然に防ぐ。朝晩の洗顔代わりに、コットンに含ませてやさしく拭き取って。 オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー本店www.buly1803.com0120-09-1803皮脂と毛穴が気になる肌をさっぱりクリアにヴェレダ クレンジングフォーム 150ml ¥2,800/ヴェレダ・ジャパンワンプッシュでキメ細かいふんわり泡が出てくるフォーム洗顔料。潤いバランスを保つ穏やかな処方で乾燥を防ぎながら、毛穴の汚れや皮脂、軽いメイクを取り除き、つっぱり感なく、磨き上げたようにすべすべのツルツル肌に。爽やかな柑橘系の香りも夏に心地いい。 ヴェレダ・ジャパンhttps://www.weleda.jp/0120-070601アーユルヴェディックな洗顔ソープでなりたい肌へオーロメア ハーバルソープバー トゥルシーニーム 78g ¥750(5月24日発売)/ビーバイ・イーアーユルヴェーダ発想で、ハーブエキス、オイル、スパイスを肌質や体質に合わせて配合したハンドメイドソープ。清涼感のあるトゥルシーニームは、肌を引き締めてツルツルに。その他、しっとり柔らかな肌へ導く甘く優雅な香りのヒマラヤンローズ、肌のキメを整えるラベンダーニームもラインアップ。 ビーバイ・イーhttps://www.bxe.co.jp/brand/auromere0120-666-877癒しの香りの洗顔で、ブルーな梅雨を乗り切るガミラシークレット ネロリ&ラベンダー 115g ¥3,300(限定発売中)/シービック1kgのオリーブの実から採れたエクストラバージンオリーブオイルをたっぷり配合した、イスラエル発100%植物素材の手作り石けん。洗いながら保湿し、肌不調を整える石けんに、香りでストレスを和らげ心身を調和させるネロリ&ラベンダーが誕生。洗顔するたび幸せな気分に。 シービックwww.gamilasecret.jp03-5411-0841毛穴を引き締め、ほてった肌をクールダウンネロリラ ボタニカ ホーリーハーバルシャワー 2019 100ml ¥3,600(限定発売中)/ビーバイ・イーメイクアップアーティストの早坂香須子さんがプロデュース。ホーリーバジル水にローズマリー葉水とグレープフルーツ果皮水など国産の植物エキスをブレンドして保湿し、摘みたてのみずみずしい香りが心にも潤い補給。メイクの上からひと吹きしたり、揺らぎ肌や繊細なベビーの肌にも。 ビーバイ・イーhttps://sincere-garden.jp/nerolilabotanica/0120-666-877 >>【for BODY】汗もニオイもべたつきも一掃! 心まで浄化するボディケア
  • 年々暑さが厳しくなる夏に向け、「やっぱり着たい!」という声の多いノースリーブワンピース。全体のシルエットや素材感、アームホールのあき具合など、細部にまでこだわったワンピースなら、ラクちんな着心地で大人の体型をきれいに見せてくれます。アラフィー世代から人気のブランドの“ほぼノースリーブワンピース”をお披露目。定番のベーシックカラーはカッティングやシルエットにこだわった逸品ぞろい都会的でリュクスな女らしさのある「ADORE」 すそにかけて控えめに広がるシルエットが上品な、リネンのベージュワンピース。アームホールが内側にくびれることなくまっすぐなラインに見せてくれるので、二の腕がすっきり細見え。 ワンピース¥52,000/ADORE ピアス¥29,000/エスケーパーズ(モダン ウィーヴィング) バングル¥12,000/ミュラー オブ ヨシオクボ ストール¥27,500/カオス丸の内(アソース メレ) バッグ¥34,000(ヘリュー)・靴¥69,000(ジュゼッペ ザノッティ)/以上アパルトモン 青山店1.洗練された上質カジュアルが魅力の「ATON」 白肌はもちろん、ほんのり焼けた夏の肌とも相性のいいブラウンは、少し透けを感じさせるメッシュ素材で重く見えないのがいい。たっぷりとドレープを施すことで、丸みのある体型でも肉感を拾わずボディラインをカバーしてくれる。ぴったりしない袖口が腕からわき肉を目立たせないつくりに。 ワンピース¥55,000/エイトン青山(エイトン)2.トレンドの効かせ方が絶妙な「ESSEN.LAUTREAMONT」 前後ともにVネックになっているので、デコルテまわりと背中をすっきりシャープに、またウエストよりも少し高い位置についた共布リボンが、腰高ポイントを強調し脚長に見せてくれる。結ぶとエレガントに、自然にたらしてもノンシャランなムードでこなれて見える。ワンピース(リボンつき)¥42,000/エッセン.ロートレアモン3.エレガントなモード感が味わえる「CYCLAS」 コンサバになりがちなネイビーのワンピースを、張りのある素材感とモダンなデザインで、洗練された大人の印象に。さらにウエスト後ろにはゴムが入っているので、後ろ姿を自然とシャープに見せてくれる。ポケットがサイドについているのもうれしい。 ワンピース(ベルトつき)¥89,000/ザ シークレットクロゼット神宮前(シクラス)>>「雰囲気出しワンピース」の記事はこちらから撮影/西崎博哉(MOUSTACHE/モデル) 坂根綾子(物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ 撮影協力/アンダーズ 東京 ※エクラ6月号掲載
  • 日本文化の発信地「銀座」には、アラフィー世代になったからこそ一層魅力を感じられる、粋なお店がたくさん。現代作家の工芸品やユニークな展示が魅力の個性派書店、質の高い更紗小物を取り揃えた老舗呉服店まで、秀逸なセレクトがキラリと光るお店を、黒田千永子さんのコメントとともにご案内。毎日の食卓に映える、現代作家の工芸品がそろう日々(にちにち)「以前のギャラリーで佃眞吾さんや森本仁さんの個展にうかがっていたので、’18年の移転オープンを楽しみにしていました」と、黒田さん。すでにこちらにも何度か足を運んでいる。日々気軽に使えて飽きがこない、料理映えする器や花器が多く、おなじみの作家だけでなく、新しい作り手の発掘にも力を入れている。個展は年間約35本。陶器だけでなく、ガラス、木、金工の作品も。最近は料理好きな男性客や外国人客も増え、ますます活気が。型吹きガラスの器は、谷口嘉さんの作(6/21〜26に作品展開催)。クリアな質感と金彩の縁のラインが美しい。 グラス¥12,000・オーバル鉢¥13,000柔らかな自然光の入る店内は器の色合いがわかりやすい。力強い染付の器は加藤委さんの作品ディスプレイとしても魅力的な引き出しの中には、安斎新さん・厚子さん夫妻の作「てふてふの豆皿」¥1,800などが(以上、すべて常設展示の作品)【Data】 中央区銀座3の8の15 APA銀座中央ビル3F ☎03・3564・1221 12:00~19:00(作品展最終日は〜17:00) ㊡木曜、年末年始 Instagram @ginzanichinichi「一冊の本」から着想を得た展示が魅力の、個性派の書店森岡書店一冊の本と、それにまつわる世界を5坪ほどの空間に展示し、著者と読者をつなぐユニークな書店。取材時には多肉植物を扱うユニット『TOKIIRO』の洋書と、シックな器を使った寄せ植えの販売も。「実際に著者のかたとお話ができ、かわいい植物の生態や世話の方法も教わりました。本をアートのように扱う発想、素敵ですね」と黒田さん。著者目当てに来る人もいれば、最近はミニマルな日本文化に触れたいという海外からのお客も多いそう。取材時には『Stylish SUCCULENTS』を取り上げ、著者であるTOKIIROの近藤義展さん・友美さん夫妻が在店。5月以降のスケジュールはTwitterやInstagramなどで発信「4年がたって、最近は企画をいただくことも増えました」と話す店主の森岡督行さん実際に多肉植物に触れることで、著書の世界をリアルに感じられる【Data】 中央区銀座1の28の15鈴木ビル1F ☎03・3535・5020 13:00〜20:00 ㊡月曜、お盆、年末年始 Twitter @morioka_ginza古きも新しきもそろう。質の高い更紗小物にうっとり銀座むら田趣味のよいきものや帯はもちろん、インド更紗(さらさ)やバティックを使った小物、綿の風呂敷なども見応えがある。更紗好きの黒田さんは帯に目をとめ、「インドの古布を使った更紗帯、紬に合わせたいなあ」と目を輝かせた。聞けば150年以上たった布だとか。このような貴重な布は小さな端切れもむだにせず、古帛紗(こぶくさ)や名刺入れ、楊枝入れなどに仕立てられる。代々、手技を大事にしてきた老舗呉服店ならではのセレクトにため息。更紗布の世界は奥が深い。時代を経た風合いもまた魅力。名刺入れ(¥1,400~)や茶扇子入れ(¥5,000~)で取り入れて古いインド更紗で作られた数寄屋袋¥25,000、巾着袋¥26,000。かわいい色柄に見とれてシケ引き紬に和更紗帯を着こなす店主、村田あき子さんは6代目。「伝統的な手技による織りのものに惹かれますね」【Data】 中央区銀座6の7の7 ☎03・3571・2077 10:30~18:00 ㊡日曜、祝日、夏季(8月中旬)、年末年始 www.ginzamurata.co.jp撮影/荒木大甫 スタイリスト/池田奈加子 取材・文/山崎陽子 ※エクラ6月号掲載
  • SLOANE(スローン)のシルクリブは着心地が良くて、きれいめもカジュアルも自在です。GWにクローゼットの整理をしました。 今まで気の向くまま気に入ったものを買ってきたので、「数量を決める」という作業をしてみました。 ハンガーの本数を決めてシャツは5着分、スカートは10着分・・・最強に着まわせるクローゼットに育ててます。 目標は「いつでも夜逃げできるよ」と言い放つミニマリストな友人です(笑) その作業で手放した洋服から学んだことは、ベーシックなアイテムこそ納得のいくものを選ぶ!ということ。 例えば、休日しか着ないのにパーカーを5着も持っていました。きれいめにも使えてずっと愛用しているドレステリアに絞りつつ、でもそれも着古したのとタイトなシルエットが今の気分ではなくなってしまったので(サイズ1が流行っていた頃のもの。。。)手放して現在0に。 カーディガンも同じ感じで、春夏用は0になりました。 カーディガンはここだ!というブランドがなかったので、一番気になっていたSLOANE(スローン)をツインで新調してみました。シルク100%のリブVネックカーディガン。 カラーはやさしい桜色。 これがベージュと同じように使えて便利なんです。 肌さわりがさらさらっと気持ち良くて、人気なのがよくわかりました。程よい透け感があって、真夏の冷房対策にも手放せなくなりそう。 カジュアルにも着回せるし、シルクの光沢感はすごく上品に見えます。SLOANEいいなーとずっと思いつつ、なかなか店頭で出合えなかったことと、この値段かけて大丈夫ですか?私。。。と躊躇するところがありました。 でも袖を通してみて納得! 「素材感」を贅沢に感じられるこのカーディガンは、今、一番気分の上がる服。 ベーシックアイテムを見直したい方にすごくオススメしたいです。FLAG SHOPにもたくさんあります^^美女組No.167 hirokoのブログ
  • 人気ヘア&メイク6人が、皮脂毛穴によるテカリ肌も毛穴レス肌に変えてくれるメイクのコツとおすすめのアイテムを特別に教えてくれました。プロのワザを盗んで、毛穴レス肌を目指そう! お題 今日のモデルさん、テカってギラギラ!!皮脂毛穴がひどい〜!!さぁ、どうする?教えてくれたのは…ヘア&メイク AYAさんその人らしさがきわだつ、透明感あふれるナチュラルビューティなメイクが得意。なかでも丁寧なベースづくりに定評あり。ヘア&メイク 小田切ヒロさん媚びない、知的な美しさを引き出す天才。スキンケアにも精通し、愛あふれる言葉で美容を通して美しい生き方を説く。ヘア&メイク Georgeさん“今っぽくておしゃれ”と“現実的で簡単”を両立させるテクニック&アドバイスは雑誌でもタレントやモデルにも大人気。メイクアップアーティスト 耕 万理子さんモードから実用、舞台メイクまで幅広いジャンルで活躍中。自身も毛穴悩みがあるため、的確な商品選びに定評あり。ヘア&メイク 長井かおりさん女性を輝かせるメイクテクニックの引き出しは無限。わかりやすいテクと説明でイベントやセミナーにひっぱりだこ。ヘア&メイク 広瀬あつこさんメイクが苦手な一般の女性でも取り入れやすい、簡単かつナチュラルに可愛くなれる「スマイルメイク」の提唱者。【メイクスタート!】1.テカる部分に収れん化粧水Point.収れん化粧水で出すぎる皮脂を適量にコントロール「テカる部分にのみ収れん化粧水でコットンパックします」(Geroge)「水分不足による皮脂過剰の疑い。ローションパックでたっぷり保湿」(広瀬)「収れん化粧水をテカるTゾーンにコットンでパッティングして入れ込む」(長井)2.皮脂吸着下地でマットに整える「顔全体にのばしたあと、気になる部分に指の熱を与えながらトントン塗る」(小田切)(耕)これを仕込むだけでさらっと感が持続して本当にテカらない、と二人が大絶賛。ソフィーナ プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地 25㎖ ¥2800(編集部調べ)/花王「保湿、カラー下地のあとにテカる部分のみこれを塗り込んで」(George)環境ストレスからも肌を守りつつ、さらさらマットな肌を一日キープ。ステージ パフォーマー ブロック:ブースターSPF50・PA+++ 30㎖ ¥4500/シュウ ウエムラ3.リキッドFDの前にパウダーを仕込む「リキッドFD前のパウダーでテカリ予防」(George)「テカる部分に赤ちゃんのデリケートな肌用のパウダーを仕込むと、赤ちゃんのようなポアレスマットな肌に」。ベビーパウダー(プレスド)(医薬部外品)¥350/資生堂4.マット仕上げのFDを塗布Point.皮脂吸着効果のあるロングラスティングなファンデーションを選ぶ「スポンジを水でぬらしてからしぼり、それでFDをつけるとくずれにくい」(長井)「天然毛の毛足の短いブラシを肌にフィットさせながらくるくると塗る」(耕)5.パウダーで化粧膜をフィックス「パフにパウダーをとり、磨くようにくるくる塗る」(AYA)(左から)プレストセッティングパウダー シャインコントロール 8.1g ¥4300・ミニ ヴェロア パフ2個 ¥1200/ローラ メルシエ ジャパン「化粧直し時はフェイスラインからつける」(広瀬)「フェイスラインから中心部につけていくとほどよくつやが残りつつ、ベタつきを防げます」。フェイスパウダー 00 20g¥5000/コスメデコルテ「ブラシでつけるとマシュマロ肌に♡」(耕)フェイスファイナル 全2色  10g ¥5300/マリークヮントコスメチックス5.メイクを固めるミストをシュッ!Point. 粉→水→粉→水で化粧膜を強固にくずれにくくする「仕上げにミストで潤いのベールをかける」(長井)「最後に潤いを与えつつ、化粧膜を強固にするミストを吹きつけます」。オイルインでカサつきにくくベタつかないミスト状化粧水。リサージ ヴェイルキープミスト 50㎖ ¥2500/カネボウ化粧品撮影/ケビン・チャン イラスト/沼田光太郎 取材・原文/平 輝乃 ※BAILA2019年6月号掲載
  • Tシャツワンピはついつい休日に着たくなるけど、だらしなく見られるのは絶対に避けたいもの。ハイテク系スニーカーを合わせれば簡単にしゃれ見えコーデの出来上がり。今回は、Tシャツワンピを大人っぽく着こなすための、“なじませ”ハイテク系スニーカーをご紹介。Tシャツワンピに“なじませる”俺様スニーカー(左上)靴¥15000/リーボック アディダスグループお客様窓口(リーボック クラシック)(右上)靴¥24000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(サブソル)(左下)靴¥11000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア)(右下) 靴¥19000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア)カジュアル度の強いグレーこそなじませ配色、の足もとで洗練!グレーのTワンピが持つ、気取らない印象はそのままに、ボリュームのある足もとでぐんと今っぽく味つけ。ワントーンだからこそ、ハイテクスニーカーのスポーティさが大人っぽく映える。ワンピース¥24000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ) 靴¥15000/リーボック アディダスグループお客様窓口(リーボック クラシック) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) ピアス¥44000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(リジィー フォルトゥナート) バングル(左手)¥18000/UTS PR(ノース ワークス) ブレスレット(右手)¥41000/ジョリー&コー(イディアライト) バッグ¥18000/トゥモローランド(カルトガイア)ルーズに見えがちな白は、ワントーンで洒脱に着こなすクリーム寄りのアッパーのスニーカーで、白のワントーンにもさりげなく奥行きが。ボリューミーなソールも膨張色の日のスタイルアップに頼もしい。ワンピース¥9000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店(ビューティ&ユース) 靴¥24000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(サブソル) 肩に巻いたニット¥34000/オーラリー サングラス¥42000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥14000/ショールーム セッション(マリア ブラック) リング¥23000/Rice バッグ¥33000/アナイ軽やかな白ソールを選べば黒も重たく見えずバランス良好黒ワンピ×黒スニーカーは、誰もがスマートに見える鉄板コンビ。小物もシックな色合いで統一すれば、ぐんと女らしいカジュアルに。ワンピース¥1990/ユニクロ 靴¥11000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア) コート¥139000/アマン(アンスクリア) ピアス¥12000/トゥモローランド(リジー フォー チュネート) ネックレス¥14000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップオーディベール) 時計(ベルト)¥5500・(フェイス)¥24000/ノジェス バッグ¥24000/アニエスベーちょうどいいしゃれ感も大人っぽさも。トレンドのブラウンならすべてかなう肌なじみのいいピンク~ブラウンの配色スニーカーはさわやかなクリアソール。夏らしいかごバッグをプラスして、量感のあるブラウンワンピを涼しげに演出。ワンピース¥18000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) 靴¥19000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア) サングラス¥16000/4K(A.D.S.R. ) バングル¥30000/ビームス 六本木ヒルズ(キャッツ) ネックレス¥33000/シップス 渋谷店(ノブリー スタジオ) バッグ¥30000/RHC ロンハーマン(ドニー)撮影/鈴木 新〈go relax E more〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア/左右田実樹 メイク/水野未和子〈3rd〉 スタイリスト/石田 綾 モデル/松島 花 取材・原文/野崎久実子 ※BAILA2019年6月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND