専業主婦からポーセラーツのインストラクターに!【「自宅サロン」で輝くJマダムたち】

Web eclat

ポーセラーツ

人生折り返しの45歳を前に決意!日常を忘れる時間を提供したい

鈴木たま江さん(エクラ 華組・48歳)

ポーセラーツの自宅サロンを開いて3年。大人好みのモダンなデザインの器が作れると好評で、週に2 〜3日生徒を迎える。

夫の説得になんと2年! 勉強を重ね、専業主婦から転身
ポーセラーツとは、白磁やガラスの器に好みのデザインの転写紙をはりつけて高温で焼く、クラフトアートのひとつ。特に絵心がなくてもセンスのいい器が気楽に作れるので、幅広い年齢の女性たちに人気だ。鈴木さんも、もともとはそんなひとり。友人の自宅サロンで楽しさに目覚め、半年後には2年間のインストラクターコースを受講しはじめた。

「それまでもお花やオブジェデザイン、カルトナージュなどさまざまな習い事を経験してきました。好きになると極めたくなるタイプで、講師資格を取得したものもいくつかありますが、自信がなく趣味に終わっていました。

ところが、42歳でポーセラーツに出会い、サロンを開くなら今しかない! と心がぐぐっと動きました。子育てが一段落して虚無感を覚えていたし、今までの経験を生かして何かをするなら年齢的にタイムリミットだ、今が最後のチャンスだと強く感じたから」

自宅に人を招いてサロンを開くとなれば、家族の協力が不可欠だ。夫の返答は、「今やっていることが全部続けられるならいいよ」。家事や子育てに影響が出るようなら認められないといわれ、鈴木さんは発奮する。

「それはもう、何度も家族会議です(笑)。自宅サロンを開くということから、話題は女性の生き方ややりがいの話へ。くじけそうになったこともありましたが、何度も話し合いを繰り返す中で、私の本気度が伝わったのでしょう。インストラクターコースが修了するころには、夫も認めてくれました。そこからはとても協力的で、夫とビジネスの話もできるようになり、以前より夫婦の会話が広がりました」 

サロン開業に向けて、一気に動きだす。長らく職業に就いていないし、年齢的にも失敗したくない。女性起業セミナーに通い、書類の書き方からブランディング、写真の撮り方などを勉強した。そして焼き窯や白磁、転写紙などの道具を準備し、45歳で開業。

「生徒さんは知人からのご紹介やHPを見て来てくださるかたが多く、自分のペースで通ってらっしゃいます。皆さんが日常を忘れて癒される空間づくりを大切にしていきたいです」
転写紙は常時100種ほど用意。デザインの方向性がサロンイメージに直結
鈴木さんの作品。モダンで洗練されたデザインが持ち味
生徒の作品が並ぶサロンスペース
一大決心をして、周囲の越えに押されて……。さまざまなきっかけで大人になってから好きなことに出会い、極めていくうちに自宅でサロンを開いて活躍しているアラフィー女性が増えてきている。20代後半から40代まで趣味でチョコレートを作っていたという磯辺さんは、周りの声に後押しされ、昨年ビーガンチョコレートのサロンをオープン。これまでの経緯やこれからについてのお話を伺いました。
一大決心をして、周囲の越えに押されて……。さまざまなきっかけで大人になってから好きなことに出会い、極めていくうちに自宅でサロンを開いて活躍しているアラフィー女性が増えてきている。カービング教室を主宰する柴田さんは、35歳のときにタイで「カービング」に出会ってから熱中するようになり、今では柴田さんの元から独立した講師を育てるまでに。これまでの経緯や現状、将来について伺いました。
一大決心をして、周囲の越えに押されて……。さまざまなきっかけで大人になってから好きなことに出会い、極めていくうちに自宅でサロンを開いて活躍しているアラフィー女性が増えてきている。フラワーデザイナーの花田さんは、資格を取得したのちに自宅サロンを開設。サロン開設のきっかけや現状、将来についてを伺いました。
一大決心をして、周囲の越えに押されて……。さまざまなきっかけで大人になってから好きなことに出会い、極めていくうちに自宅でサロンを開いて活躍しているアラフィー女性が増えてきている。ジェルネイリストの山本さんは、家族や自身の体調の変化に応じてペースを調整しながら自宅に構えるサロンを11年間運営。彼女の開業までの経緯や現状についてをご紹介します。
一大決心をして、周囲の越えに押されて……。さまざまなきっかけで大人になってから好きなことに出会い、極めていくうちに自宅でサロンを開いて活躍しているアラフィー女性が増えてきている。しかし、いざ始めるにしても開業までの期間の目安、得られる収入、集客方法など気になる点もさまざま。そこで、自宅サロンを構えたことのあるアラフィー女性たちに自宅サロンの事情をリサーチ!
撮影/山下みどり 藤澤由加 取材・文/小林みどり ※エクラ5月号
関連記事
  • マリソル編集部からのお知らせみなさまこんにちは。ただいまマリソル9月号「知花くららとトライ!『アラフォーこころの短歌』」テーマにて、読者のみなさんからの短歌を募集しています。 お題:仕事、家庭、恋愛、子育て、おしゃれetc…シーンやジャンルは問いません。 気になったこと、はっとしたこと、ときめいたこと、腹が立ったこと。 あなたが感じたこころのままを、五七五七七に込めて送ってください。 応募締め切り:2019年6月24日(水)23時まで 詳しい応募方法はMarisol ONLINEから、もしくは「アラフォーこころの短歌」で検索を! みなさまのご応募をお待ちしております❤️ ※応募にはHAPPY PLUSの「プラス会員」登録が必要です ※未発表のものに限らせていただきます ※お一人様何首でも応募可 ※いただいた短歌やコメントは編集部と知花くららさんが読んだうえで、マリソル 2019年9月号本誌および電子版にペンネームとともに掲載される場合があります。 ※いただいたコメントは、掲載時に編集部が改変する可能性があります。 ※ご提供いただいた個人情報は本企画以外で使用することはございません。
  • スキンケアでもメイクでも、大人にうれしいコスメの進化はとどまるところを知らず、今年の上半期も優秀な新作が目白押し。美容ジャーナリスト・小田さんは、美白をスタンダードケアとして環境やストレスに負けない透明ツヤ肌をキープ! そんな彼女が美白の先進性を感じた“超私的ベストコスメ”をご紹介。小田ユイコの超私的ベストコスメ「ベースメイクで本格美白ができたり、新規美白有効成分が誕生したりと、特に美白でニュースが多かった今年上半期。シミをつくらないということは、若々しい美肌を持続させること。環境やストレスに負けずにいつまでも透明ツヤ肌でいたければ、美白をスタンダードケアにすべきだと再認識。そこに先進性を感じたコスメが私的定番に!」1.ディオール アディクト リップ グロウ マックス 212「染まるようにぴたりとフィット。表情まで明るく華やぐ」 「一日のうちに1回は『それどこのリップ?』と聞かれます。バームが唇をふっくらつややかにしつつ、パールリッチなカラーがしっかり発色。ベタつかず、しかも色が長持ち。いつのまにか素唇に!? ということもない」。唇を24時間保湿。¥3,800/パルファン・クリスチャン・ディオール2.富士フイルム アスタリフト ホワイト エッセンス インフィルト「黒いかたまりに見えたシミが、くずれるようにベージュ化!」 「頑固な居座りジミにまで届く、先端技術に拍手を!  濃いシミが薄くなるのを実感し、頰の色ムラも均一に。浸透しにくいシミ部分にもスッとなじむのは、さすが『ナノ化』の王者、富士フイルム!」。根深いシミに潜み、メラニンをため込む「シミの骨」を浄化。30㎖(医薬部外品)¥7,0003.ランコム UV エクスペール トーン アップ ローズ「ファンデーション不要と思うほど明るく、幸せそうな肌に」 「3本目をリピート中。肌がトーンアップして、女性らしい血色透明肌に。紫外線、空気中の汚染物質から肌を守ってくれて、ムズムズせずいつも快適。服に移らないので首、デコルテまで使用」。都市型生活のあらゆる悪影響から守る「ピンクの美人UV」。SPF50+・PA++++ 30㎖ ¥5,8004.ポーラ ホワイトショット MX「エネルギーに満たされ光がまわる肌に。すっぴんを自慢したくなる美白!」 「肌そのものが、息を吹き返したようになる乳液。ジェル状なのでスッとなじみ、なかなかなじまないストレスがありません。シミが明るくなっていくとともに、肌全体がサテンのようになめらかに」。表皮細胞を強化し、眠れる力を呼び覚ます新美白アプローチ。78g(医薬部外品)¥11,000これもLOVE賞 資生堂薬品 ザ・コラーゲン〈ドリンク〉W 「翌朝、内側からハリと透明感が高まる体感がうれしくて、夜寝る前に飲んでいます。コラーゲンを生み出す力を高めるから、肌だけでなく血管や骨、歯茎のことも考えて飲み続けたい。保存料無添加なのもうれしい」。50㎖ ¥250【Profile】 小田ユイコ 美容ジャーナリスト。美的好奇心をもち、最新コスメを科学的視点からも探究。むずかしい理論もわかりやすく伝える、その語り口にも定評あり。>>「エクラ大人のベストコスメ2019上半期」はこちらから撮影/大原敏政(aosora) 構成・文/巽 香
  • いつの時代の話でも、どんな国のものでも、どこか他人事とは思えないのが家族小説のおもしろさ。今回は家族の物語が大好きという江國香織さんに、たくさんの候補の中から選りすぐりを紹介していただいた。1.『野鴨』 庄野さんのご家庭をモデルにしたシリーズの一冊。冴えた視線と厳選した言葉で、穏やかな日常や楽しいエピソードが描かれています。一度庄野さんのご自宅にうかがったときは、小説そのままで感動しました! 庄野潤三 講談社文芸文庫 ¥1,4002.『波』 作者はスリランカの大津波でふたりの息子と夫と両親を失う。あまりにつらい状況ですべてにNOといいたくなるが、時間をかけて個人でぽつんといることを受け入れていく。家族とは人間とはと、考えさせられます。 ソナーリ・デラニヤガラ 佐藤澄子/訳 新潮社 ¥2,0003.『ある家族の会話』 イタリアの女流作家の自伝的小説。背景にあるのはファシズムが迫る時代ですが、家族の中で語られる本当か嘘かわからない一族の話の豊かさといったら! その家庭でしか通じない言葉や話があることの幸せを感じます。 ナタリア・ギンズブルグ 須賀敦子/訳 白水Uブックス ¥1,000他の画像を見る撮影/古谷 勝 取材・文/山本圭子 撮影協力/アワビーズ ※eclat7月号掲載
  • アラフィーが、Tシャツをカジュアルになりすぎず、素敵に着こなすコツは“きれいめ合わせ”にあり。アラフィー世代から絶大な支持を得るスタイリスト・村山佳世子さんが、Tシャツに合わせたい小物をピックアップ。メソッド2:ゴージャスすぎない本物志向の小物使いでさりげなく大人の風格をカジュアルなTシャツにゴージャスな小物はトゥーマッチ。上質だけどTシャツになじむデザインをさらりとつけて。ボーダーと相性抜群のパール。小玉で短いものをさりげなく「定番のコンパクトな黒×白のボーダーTシャツにパールを小さく効かせる、そんなフレンチレトロな雰囲気がかわいくて。パールは小玉、襟ぐりの内側に収まるぐらいの短さでカジュアルに楽しみたい」(村山さん)。 Tシャツ¥9,000/アニエスベー パールピアス¥161,000・パールネックレス¥348,000/TASAKI パンツ¥38,000/アングローバル(マーガレット・ハウエル) バッグ¥415,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ)【Profile】 村山佳世子 シンプルで洗練されたスタイリングにファン続出のトップスタイリスト。『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)を上梓し大ヒット中。>>「大人のTシャツ“きれいめ合わせ”」はこちらから撮影/菊地 哲 ヘア/ EIJI SATO メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/田沢美亜 取材・文/坪田あさみ ※エクラ7月号掲載
  • 長らく水着を封印していた人に朗報! 今季はアラフィーたちが愛する大人ブランドから、続々と水着が登場。アラフィー世代にも人気の「エンフォルド」をディレクションする植田さんが’18年にスタートさせた「ナゴンスタンス」。発色のよい色や柄、吟味された素材を使用した、ただ隠すだけでないメリハリのあるデザインは、大人にも優しいものばかり!någonstans【ナゴンスタンス】休日に必要な服として大人のための水着と水際アイテムをスタート’18年デビューした「ナゴンスタンス」は、エクラ世代にも人気の「エンフォルド」をディレクションする植田みずきさんがデザインするブランド。 「3人の男子の母として休日服に必要性を感じていたんです。“någonstans”はスウェーデン語で、“どこかへ”という意味。日常とは違う休日を過ごすための服を思い描いてつけました。水着をつくったのもその延長。出産を経験して若いころとの体型の変化を感じつつ、それでも子供と安心して海やプールで遊びたかったし、おしゃれも楽しみたくて。ただ隠すだけでなく、発色のよい色や柄、素材を吟味し、背中や肩は大胆に出したデザインでメリハリをつけています。洋服のように着られる水際アイテムを充実させたのも必要性を感じたから。だから、多くのかたに大人に優しいと思ってもらえるのは本当にうれしいです」1.とろみ感のあるやや厚めの生地を使用。オフショルダーでケープをまとっているかのようなデザイン。カップとショーツつきで、これ一枚でOK。オールインワン¥33,000 2.アンダーバストの幅が広めで、動いてもずれにくく安心。トップ¥11,000 3・9.上下別売りになっているので、色の組み合わせが自由に楽しめる。ボトム 各¥11,000 4.まるでリネンのような生地は乾きやすい素材で、泳がずにビーチやプールサイドで過ごすのにぴったり。取りはずし可能なインナーブラつきで一枚でも着用可能。トップ¥28,000 5.同素材のボトムは、すそ幅が広めで、脚がすっきりと見える大人向けのデザイン。ショートパンツ¥26,000 6.1と同素材で洋服見えするカップつきのキャミトップ。キャミソールトップ¥15,000 7.ボクシーなシルエットの同素材のショートパンツ型。中に水着ショーツつき。ショートパンツ¥15,000 8.アメリカンスリーブタイプですっきりとヘルシー。クロプトトップ¥13,000 10.街ではニットとしても着られるというスタイリッシュなラッシュガード。水にぬれても軽く払うだけで乾きやすいのが特徴。ニット¥20,000 /ナゴンスタンス  11.ロンハーマンとの別注のオールインワン。鮮やかな色と表情のある生地が目をひく。カップとショーツつき。オールインワン¥27,000/ロンハーマン【Profile】 någonstans デザイナー 植田みずきさん ’11年「ENFÖLD」のクリエイティブディレクターとしてブランドを立ち上げる。’12年に「någonstans」のクリエイティブディレクターに就任しブランドを立ち上げ、’18年にブランドデビュー。撮影/佐藤 彩(静物) スタイリング協力/土田麻美 スタイリング・取材・文/松井陽子 ※エクラ7月号掲載
  • コンドームなしでセックスすれば妊娠できると思っていました約半年の妊活期間を乗り越え、妊娠したことを発表。自らの経験を振り返りながら語るリアルなメッセージ。妊活をスタートさせて初めて知った妊娠の難しさ現在、妊娠6カ月。約半年の妊活期間を乗り越え「秋に男児を出産予定です」と発表したはあちゅうさん。「妊活をスタートさせたのは昨年の8月なのですが、本気で妊娠を考え始めたのは2017年。周りに妊娠・出産を経験する友達が増えたのもひとつの理由ですが、いつか小説を出したいという目標を達成できたのも大きなきっかけ。追い続けてきた夢が叶ったその時“子どもが欲しい!”と強く願うようになったんです」過去には「過度なダイエットで生理が来なくなってしまい婦人科に6年間通った」経験も。その後も生理不順が続き「婦人科系が弱い自覚があっただけに、以前から妊娠に関しては少し焦りは感じていた」そう。「昔から“子どもが欲しい”気持ちはとても強くて。焦りを感じていたものの、専業主婦をしながらふたりの子どもを産んだ母のもとで育ち、“自分もお母さんになるのが当たり前だ”と思って生きていたんです」しかし、妊活をスタートさせてからはそれが簡単ではないことを実感。「それこそ“コンドームなしでセックスすれば妊娠できる”と思っていたのですが、全然できない。そこで初めて健康なカップルでも自然妊娠する確率が半数以下であることを知ったり……。まず、痛感したのが自分の知識の乏しさでした。私はタイミング法からトライしたのですが、そこで驚いたのが卵子の寿命が6〜24時間と短いこと。そのピンポイントな数時間を狙い受精させなければいけない。これが想像以上に大変で。特に私の場合は排卵日が落ち着かず、エコーで診てもらわないと排卵日がわからない。その前後は何度も病院に通うことに。さらに、排卵日が来たら来たで、これまたピンポイントにセックスしなければいけない。仕事の予定も立てづらく、こんなにも生活が左右されるとは思ってもみなかった。夫婦の営みが義務になってしまい、“いったい、何をしているんだろう”と虚無感に襲われたこともあれば、生理が来るたびにガックリ肩を落としたことも。頑張りどころがわからない、ゴールが見えない、それがいちばんつらかったですね」今からできることをしておいて損はない!そんな経験を経て今思うのは「時間がかかるかもしれないことを予測しておけばよかった」ということ。「だからこそ、妊娠を望んでいる人は今できることをしておいたほうがいいと思うんです。たとえば、風疹の検査。抗体がないと妊活を2カ月間中断しなければいけないので。焦っている身にはこの2カ月間がとても大きい! 婦人科に通い自分の体を知ることも大事なこと。妊活を始めてから婦人科系の病気に気づく人も私の周りでは多く。私自身、妊娠に影響はなかったものの小さな筋腫が見つかりました。治療に時間がかかることもあるので、早くから婦人科に通う習慣をつけておくのがベスト。また、婦人科にはたくさんの情報も。私も妊活専門の雑誌があることを待合室で初めて知ったんですよ」妊活は心に負担がかかることも。そこで、彼女が心がけていたのが「ポジティブな情報に触れること」。「エッセイからブログまで、いろんな人の体験談を読んだのですが。多かったのがだんなへの恨み節(笑)。それを読むことで私も“そういえばウチも……”と、今まで気づかなかっただんなの無神経さに気づいてしまったりして。そこで、これはよくないなと。妊娠や出産が楽しみになる情報に目を向けるようになりました。そんなエッセイを今から楽しみながら読むのもオススメです。知識を得ることができるし、少しでも触れておくと、その立場になった時に気持ちが全然違うと思います」トップス¥3990・オールインワン¥9990/イェッカ ヴェッカ 新宿 イヤリング¥1290/アメリカンホリック作家・エッセイスト。MOREの人気連載をまとめた単行本『普通っぽいのになぜか心に響いて離れない 恋と仕事51の名言』(集英社 ¥1200)、2018年7月に事実婚を発表した、AV男優のしみけんさんとの夫婦生活を描いたエッセイマンガ『旦那観察日記〜AV男優との新婚生活〜』(スクウェア・エニックス ¥1000)など著書多数 ♡7月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 構成・文/石井美輪 撮影/布施鮎美 ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) スタイリスト/福永いずみ
  • 話題のウェブ限定ブランド、N.O.R.Cの秋冬展示会へ。 エクラでもおなじみのスタイリスト福田亜矢子さんがディレクションするトレンドラインのN.O.R.C(1枚目)には、気になるブラウンのスタイリングがずらり✨右のドレスのようなトレンチコートも素敵でした スタイリスト斉藤くみさんディレクションのベーシックライン、N.O.R.C by the line(2枚目)は、人気のトレンチに加えてカシミアのコートも充実のサイズ展開! センタープレスのデニムもきれいでした✨(編集SH) #N.O.R.C #福田亜矢子 #斉藤くみ #エクラ展示会
  • WEB限定記事第3弾は、街歩き。旅の拠点となるルクセンブルク市は、ヒストリカルな旧市街と、国際都市たるモダンな新市街の両方の側面を持ちます。街に緑も多く、要塞都市であるからこそできた高低差のある風景も独特!街の中心地に、こんなに気持ちがいい自然があるなんて!旅の拠点となるのは、国際空港がある首都のルクセンブルク市。城塞で囲まれたヒストリカルな旧市街と、豊かな自然、そしてモダンな国際都市が共存するこの街は、旅に欲張りなエクラ世代をも満足させてくれる。ルクセンブルクは、963年、岩山に建設された小さな砦がルーツ。「小さな砦」を意味する「リュシリンブルフク」が、国名の語源になったとも。その後、壮大な城壁が築かれ要塞都市となり、国家が形成、大公国へと発展した。天気がいい日はテラス席でランチやお茶を。レストランの看板も個性的で可愛らしい。アルゼット川から見上げる要塞跡は大迫力。かつての屈強な城壁は、今は緑の渓谷に。国民一人当たりのGDPが世界一の富裕国となった現在も、要塞時代の面影はそこかしこに。内部に全長約20kmの地下道や武器庫まで掘られている屈強な要塞は、解体まで実に16年も要したのだとか。そんな街並みは世界遺産に登録され、各国からのツーリストを迎え入れている。街の散策は、まずは旧市街の中心部から。大公宮殿の周囲には、立ち寄ってみたくなるデリやレストラン、カフェ、ブティックが点在。テラス席があるレストランが並ぶ石畳の通りは、ゆっくりとランチを楽しむにはぴったりのスポットだ。城壁に造られた遊歩道から眼下を眺めれば、川岸にグルント地区の絵画のような街並みが。ペトリュス渓谷に架かるアドルフ橋。橋の上からの渓谷までの高低差は約50m。要塞の下にあるグルント地区まで歩けば、ゆったりと流れる川の岸辺に修道院や美しい住宅が並ぶ絵画のような街並みが。崖を利用して造られた高低差のある街全体の風景は、立体的かつ独特。ヨーロッパのどの街でも見たことがない風景に、心が奪われる。旧市街に建つノートルダム大聖堂。祭壇の上には、繊細な描写のステンドグラスが。谷間にあるグルント地区と旧市街のエスプリ広場を繋ぐエレベーターからの眺めは絶景!そんな旧市街とは対照的な風景を見せるのが、新市街。世界有数の金融センターでもあり、EUの拠点もあるモダンな街を歩けば、そこかしこで、いろいろな言語を耳にする。それもそのはず、ルクセンブルクは人口約61万人のうち、半数近くが外国人というコスモポリス。公用語であるルクセンブルク語とフランス語、ドイツ語の3言語に加え、英語を話すのもごく日常的なことなのだ。新市街にある美術館「MUDAM」。ユニークな現代アートのコレクションに好奇心が刺激される。お土産を探すなら、旧市街の中心部にある「ルクセンブルクハウス」へ。果実酒にマスタード、ワイン、民芸品などが揃う。外国人のツーリストにも優しく、治安も良く、美しいルクセンブルク。ぜひ次のデスティネーション候補に入れておきたい。“ルクセンブルク版・養命酒”とも呼べそうなBUFF。炭酸水と割れば、消化を助けるための食後酒にも。■ショップ情報 Luxembourghouse ルクセンブルクハウス 住所/2 Rue de l'Eau, 1449 Luxembourg City ☎+352・26262627 http://www.luxembourghouse.lu/ <<第2回/ルクセンブルクは美食がいっぱいの国!撮影/織田桂子 取材・文/芹澤和美 取材協力/ルクセンブルク貿易投資事務所 SAKURA Voyages(サクラ・ヴォヤージュ)
関連キーワード

RECOMMEND