美シルエットで最強のワードローブ! 2019年春「進化したシャツ&シャツドレス」コーデ35

Web eclat
ロングシャツコーデ

1/35

シャツ¥28,000/ユナイテッドアローズ 有楽町店(ユナイテッドアローズ)

2/35

シャツ¥34,000(リジエール)・スカート¥26,000(アパルトモン)/以上アパルトモン 青山店

3/35

シャツ¥39,000/マディソンブルー

4/35

シャツ¥28,000/ロンハーマン(フランク&アイリーン フォー ロンハーマン) 

5/35

シャツ¥30,000・パンツ¥38,000/オーラリー

6/35

シャツ¥25,000/アパルトモン 青山店(アメリカーナ)

7/35

8/35

9/35

シャツ¥22,000/マルティニーク丸ノ内(マルティニーク) パンツ¥29,000/サードマガジン

10/35

シャツ¥50,000/マディソンブルー

11/35

シャツ¥23,000/ティッカ

12/35

シャツ¥19,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) ワンピース¥19,000/エイトン青山(エイトン)

13/35

シャツ¥28,000/ロンハーマン(フランク&アイリーン フォー ロンハーマン) デニムパンツ¥38,000/サザビーリーグ(マザー) 

14/35

シャツ¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー)

15/35

シャツ¥54,000/ドゥロワー 青山店(ブリエンヌ)

16/35

シャツ¥33,000(参考価格)/アマン(フィナモレ) スカート¥18,000/エストネーション

17/35

ロングシャツコーデ1

18/35

ロングシャツコーデ2

19/35

ロングシャツコーデ3

20/35

ロングシャツコーデ4

21/35

ブラウス

22/35

プリントシャツ

23/35

アール ジュビリーシャツ

24/35

アッパーハイツシャツ

25/35

セドリック シャルリエシャツ

26/35

トゥモローランドシャツ

27/35

サードマガジンシャツ

28/35

レリアンシャツ

29/35

ケイトシャツ

30/35

サードマガジンシャツ

31/35

シャツドレスコーデ1

32/35

シャツドレスコーデ2

33/35

シャツドレスコーデ3

34/35

シャツドレスコーデ4

35/35

【ロングシャツ×ホワイトパンツ】
身幅、袖幅、着丈とすべてがビッグなつくりになった、今年らしさを象徴する一枚。ベーシックなブルー×白のストライプ柄で挑戦しやすいのもいい。ぐっと襟を抜いて着たい。
シャツ¥52,000/アパルトモン 青山店(R13) パンツ¥42,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) ピアス¥58,000/エスケーパーズ(ソフィ ブハイ) 3連バングル¥18,000/プラージュ 代官山店(ニナ&ジュール)
【ネイビー ワントーンコーデ】シャツをジャケット感覚で重ねたワントーンが新鮮!

開襟シャツのラフさと、サテン素材のきれいめ感が絶妙な一枚を、同系色のカットソーの上にジャケット風にはおって。ドロップしすぎない肩とほどよくゆとりのある袖が、ネイビーをまじめに見せず、今どきなワントーンへと導いてくれる。

シャツ¥28,000/ユナイテッドアローズ 有楽町店(ユナイテッドアローズ) カットソー¥4,800/ユナイテッドアローズ新宿店(バトナー) パンツ¥25,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ピアス¥9,000・バングル¥21,000/プラージュ 代官山店(フィリップ オーディベール) バッグ¥80,000/ロンシャン・ジャパン(ロンシャン) 靴¥106,000/マルティニーク丸ノ内(ジルサンダー)
【ダークブラウン ワントーンコーデ】上品な透け感があればダークカラーも重く見えない

ほんのり透ける素材で、後ろ身頃が長いフォルム。フロントのみインにしておなかまわりをカムフラージュしつつ、後ろは出してヒップをカバー。伸縮性のあるタイトスカートも進化系シャツがあれば安心。


シャツ¥34,000(リジエール)・スカート¥26,000(アパルトモン)/以上アパルトモン 青山店 イヤリング¥12,000/トゥモローランド(アレクサンドリヌ) ネックレス¥63,000/RHC ロンハーマン(ミズキ) サングラス¥32,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(BJ クラシック) バングル¥14,000/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク(レベッカ ピント) バッグ¥39,000/ドゥロワー 青山店(ドラゴン) 靴¥59,000/プラージュ 代官山店(ネブローニ)
【ブラック ワントーンコーデ】黒がもつほどよい緊張感をフェミニンアイテムで中和

やや厚手のブラックシャツは、黒ベースのドット柄スカートを合わせてかわいげをプラス。五分袖になったカフスを折るだけで、肌がほどよく見えて軽やかに決まる。ゴージャスなパールの多連ネックレスが顔まわりの華やぎもアップしてくれる。

シャツ¥39,000/マディソンブルー スカート¥22,000/RHC ロンハーマン(RHC) ピアス¥22,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ラウラロンバルディ) ネックレス¥38,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(コンチー) バッグ¥49,000(カパフ)・靴¥44,000(ネブローニ)/以上マルティニーク丸ノ内
【ベージュ ワントーンコーデ】心はずむまろやかなベージュ。白をさしていっそう軽快に

少しピンクがかったベージュシャツは、顔映えがよく幸せ見えさせてくれる色。ふんわり広がる甘めのティアードスカートと合わせるとぐっと女っぽい。白ニットを腰に巻くと脚長効果も。

シャツ¥28,000/ロンハーマン(フランク&アイリーン フォー ロンハーマン) ニット¥28,000/ebure スカート¥24,000/ショールーム セッション(マリハ) サングラス¥25,000/プラージュ 代官山店(ブラン) バングル¥38,000(シンパシー オブ ソウル スタイル)・靴¥59,000(ネブローニ)/以上フラッパーズ バッグ¥67,000/アパルトモン 青山店(へリュー)
【グレー ワントーンコーデ】ニットを重ねたワントーンでシャツの新しい表情を楽しむ

シャツとパンツは同じ素材のセットアップ。さらに同系色のニットを上に重ねてすそを出せば、力が抜けた大人のきれいめワントーンが完成。シルバーのスニーカーや白いバッグが、グレーと相性抜群で全体がすっきりモダンにまとまる。

シャツ¥30,000・パンツ¥38,000/オーラリー ニット¥28,000/ebure メガネ¥32,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(オリバーピープルズ) ネックレス¥20,000/カオス丸の内(ワッコワッコ×カオス) バッグ¥53,000/プラージュ 代官山店(ドラゴン) 靴¥83,000/トッズ・ジャパン(トッズ)
【ライトブルー ワントーンコーデ】シャツのフォルムと仕上げのひと手間で定番コーデを更新

ボタンダウンシャツとデニムの定番コーディネートも、後ろが長い進化系シャツでこんなに新鮮に。袖は無造作にたくし上げ、フロントのみパンツインに。そのラフなひと手間が今どき感をさらにアップしてくれる。

シャツ¥25,000/アパルトモン 青山店(アメリカーナ) デニムパンツ¥46,000/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク(R13) イヤリング¥11,000/プラージュ 代官山店(フィリップ オーディベール) バッグ¥47,000/ロンシャン・ジャパン(ロンシャン) 靴¥26,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ファビオ ルスコーニ)
【大草直子さん】王道ブランドの逸品に今の気分が見事に融合した一枚を、コートのように

リネンのシャツ¥37,000/カオス丸の内(フィナモレ) デニムパンツ¥23,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ピアス¥29,000/エスケーパーズ(モダン ウィーヴィング)(右手)バングル〈細〉¥18,000・〈太〉¥54,000/アダワット トゥアレグ(アダワット トゥアレグ) (左手)ブレスレット¥179,700/ハム 神宮前 アトリエ&ショップ(hum) 時計¥1,620,000/ソーウインド ジャパン(ジラール・ペルゴ) リング¥137,000/マリハインターナショナル(マリハ) バッグ¥63,000/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店(ア ヴァケーション) その他/スタイリスト私物
【大草直子さん】クチュール感が味わえる白シャツ+上品なスカートで春らしいお出かけスタイルに

計算されたディテールで美しい着映え感が手に入るデザインの効いた白シャツ。エレガントなジャカードのスカートと合わせれば、全身に存在感が生まれ、どこに行っても恥ずかしくないスタイリングに。

シャツ¥22,000(ヴェルメイユ パー イエナ)・バッグ(ストラップつき)¥59,000(マージ シェアウッド)/以上ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店 スカート¥21,000/ HRM STORE(HRM) ピアス¥140,000/ボン マジック(ボン マジック) バングル¥88,000/アスプレイ サンモトヤマ 銀座本店(アスプレイ) リング¥137,000/マリハインターナショナル(マリハ) その他/スタイリスト私物
【リネン素材】
きめ細かなリネンの質感でクリーンに着られるサンドカラー。胸もとのポケットがカジュアルなアクセントに。

シャツ¥22,000/マルティニーク丸ノ内(マルティニーク) パンツ¥29,000/サードマガジン
【リネン素材】
ほんのり透けるぐらい薄手のリネン素材なら、メンズライクなカーキも女っぽく決まる。肩が落ちたビッグサイズが多い中、セットインでコンパクトに着るのが逆に新鮮。

シャツ¥50,000/マディソンブルー
【リネン素材】
細かい番手の糸を高密度で織り上げた上質感が自慢。背中にタックが入ったゆったりシルエットと、気分が上がるブルーでさわやかに。

シャツ¥23,000/ティッカ
【リネン素材】
今季シャツははおりアイテムとしても活躍させたい。ノースリーブのワンピースの上にはおれば、二の腕がカバーされ着こなしの幅も広がる。少し肌が透けるぐらいの薄さなら、夏に重ねても暑苦しく見えない。

シャツ¥19,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) ワンピース¥19,000/エイトン青山(エイトン)
【リネン素材】
大人も挑戦してみたいベビーピンク。少し色あせた風合いになるリネンだから甘くなりすぎないのもいい。

シャツ¥28,000/ロンハーマン(フランク&アイリーン フォー ロンハーマン) デニムパンツ¥38,000/サザビーリーグ(マザー)
【リネン素材】
比翼仕立てで装飾なしのすっきりとしたデザイン。ボックスシルエットだからラフになりすぎず、きちんとしたシーンにも着用できる。

シャツ¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー)
【リネン素材】
胸もとの細かなピンタックが美しいブザムシャツ。シャツを着るとまじめになりすぎるという人には、控えめなスタンドカラーとゆったりシルエットをおすすめしたい。

シャツ¥54,000/ドゥロワー 青山店(ブリエンヌ)
【リネン素材】
マットな色調になるリネン素材なら、鮮やかなビタミンオレンジも派手になりすぎないのがいい。イタリアンマダムのように、胸もとを開けて堂々と着こなしたい。

シャツ¥33,000(参考価格)/アマン(フィナモレ) スカート¥18,000/エストネーション
【ロングシャツ+ワイドパンツコーデ】
長めシャツにあえて重さのあるワイドパンツを合わせる“ロング×ロング”の最旬バランス。すっきり見えのコツは袖をたくし上げたり足の甲を見せること。


シャツ¥35,000/トヨダトレーディング プレスルーム(ジャンネット) カットソー¥8,900/エイトン青山(エイトン) パンツ¥32,000/アングローバル(イレーヴ) ネックレス¥54,000/デ・プレ(レジェ) バッグ¥28,000/オルサ(オルセット) 靴¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ)
【ロングシャツ+デニムパンツコーデ】
シャツとデニムの定番コーディネートも、この春はロングシャツで今どき感をアップ。ストライプ柄なら縦長の視覚効果でほっそり見えるのもうれしい。

シャツ¥38,000(参考価格)/アマン(フィナモレ) カーディガン¥24,000(ハウント/ハウント代官山)・デニムパンツ¥19,000(レッドカード)/以上ゲストリスト バッグ¥169,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥89,000/アパルトモン 青山店(ミッシェル ヴィヴィアン)
【ロングシャツ+カラーパンツコーデ】
華やかなカラーパンツには白シャツの中和力が頼りに。

シャツ¥24,000/デ・プレ パンツ¥34,000/サードマガジン サングラス¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ヴィクター&ロルフ) スカーフ¥16,000(マニプリ)・バッグ¥48,000(ウェルデン)/以上フラッパーズ 靴¥62,000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー)
【ロングシャツ+レギンスパンツコーデ】
体にフィットするレギンスやスキニーには、やや厚手のシャツを合わせるのが正解。


シャツ¥66,000/マディソンブルー カットソー¥6,500/サードマガジン(ヘインズ×カーラ) パンツ¥12,000/アストラット 新宿店(アストラット) メガネ¥32,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(BJ クラシック) ピアス¥32,000/デ・プレ(アンコモンマターズ) 時計¥11,000/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク(タイメックス) バッグ¥210,000/ジミー チュウ 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)
【ブラウス風シャツ】
1.ボウタイつきでもエレガントになりすぎないのはノーカラーだからこそ。シャツ¥19,000/トゥモローランド(トゥモローランド コレクション)

2.袖先にたっぷり膨らみをもたせた優雅さと、すっきりとしたバンドカラーの組み合わせが新鮮。★シャツ¥25,000/エクラプレミアム通販(シンメ) 

3.ゆったり着られるビッグシルエット。薄手素材だから黒でも軽やか。シャツ¥15,000/ユナイテッドアローズ 有楽町店(ユナイテッドアローズ) 

4.ストライプのハンサムさと、肩にギャザーを施したクラシックな要素がハイブリッド。シャツ¥12,000/トゥモローランド(マカフィー) 

5.繊細な刺繡で花柄を施したフェミニンな一枚。シャツ¥15,000/マーコート(ミズイロインド) 

6.上質素材のブルーストライプに胸もとのフリルが洗練されたたたずまいに。シャツ¥85,000/ドゥロワー 青山店(シャルベ)
【プリントシャツ】
1.ブランド初となる小花柄シャツは、メンズも着られそうなモノトーン。シャツ¥51,000/マディソンブルー 

2.洗練された大人の遊び心を感じさせる南国風の花柄。ピンクがアクセントに。シャツ¥19,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) 

3.切りっぱなしの襟ぐりがしゃれ見え。複数のストライプ柄を組み合わせて。シャツ¥42,000/アマン(アンスクリア)

4.くたっとしたユーズド風の質感と、カーキの延長で着られるヤシの木柄は大人のこなれ感たっぷり。シャツ¥39,000/アパルトモン 青山店(ル シュペルブ) 

5.コットンシルクの上質感と落ち着いたオレンジのチェック柄が大人仕様。シャツ¥45,000/ストラスブルゴ(ハイアリン)
【変わりデザインシャツ・バックコンシャス】
後ろ身頃がボタンで開くことで、厚手のビッグシャツが燕尾風のシルエットに変化。ボトムインにしてももたつきにくい設計に。

シャツ¥22,000/ショールーム セッション(アール ジュビリー) パンツ¥33,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク)

【変わりデザインシャツ・バックコンシャス】
フロントはシンプルなシャツらしい表情、一転バックスタイルは、リボン結びで背中がほんのり見える女っぽさ。この二面性を楽しみたい。

シャツ¥21,000(アッパーハイツ)・パンツ¥10,000(ステートオブマインド)/以上ゲストリスト
【変わりデザインシャツ・ウエストコンシャス】
ウエストより少し上にシャーリングを施し、ほどよくシェイプさせたデザインは、一枚でさらりと着るだけで、脚長&メリハリのある美しいボディラインをつくり出す。ライラックがエレガント。

シャツ¥66,000/ストラスブルゴ(セドリック シャルリエ) パンツ¥38,000/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク(ゴールド サイン)
【変わりデザインシャツ・ウエストコンシャス】
ベルトでシェイプさせてもしわにならない、しなやかで着心地のよい一枚。ジャケット感覚ではおりにしても素敵。

シャツ(共布ベルトつき)¥28,000/トゥモローランド(バッカ) スカート¥59,000/ebure
【変わりデザインシャツ・透け素材】
コンパクトフォルムのベーシックな白シャツを、オーガンジーのようにうっすら透ける素材で女らしさをアップ。チノパンやミリタリーパンツなどメンズライクなボトムと合わせたい。

シャツ¥25,000/サードマガジン パンツ¥28,000/ebure インナー/スタイリスト私物
【変わりデザインシャツ・透け素材】
ドロップショルダーで身幅が広い、体が泳ぐビッグシルエット。上半身がほんのり透けて見えることで、ボディが華奢見えする。顔映えのよいイエローに、刺繡で施したボーダー柄がかわいらしい。デイリーに活躍してくれる。

シャツ¥35,000/レリアン お客様相談室(レリアン)
【変わりデザインシャツ・袖コンシャス】
スタンドカラーのきれいめシャツに、大きなバルーン袖がインパクト大。二の腕をすっぽり覆うのでおしゃれ感と体型カバーが同時にかなう。

シャツ¥64,000/プラージュ 代官山店(ケイト) パンツ¥21,000/デ・プレ
【変わりデザインシャツ・袖コンシャス】
ブルーと白のストライプがオーセンティックなシャツ生地に、大胆な袖がついた人気のデザイン。手の甲まですっぽり覆う長さのある袖がモード感たっぷり。ジャケットなどを重ねて袖先を出すレイヤードにも。

シャツ¥23,000/サードマガジン デニムパンツ¥23,000/ゲストリスト(アッパーハイツ)
【シャツドレス】一枚で着るワンピースだからこそ素材の美しさをストレートに堪能

上質なシルクがつくり出す品のあるツヤが、淡いグレーのワンピースをぐっと華やかな存在に。共布ベルトでウエストをきゅっとマークすれば、優雅なドレープが生まれ、メリハリのある美シルエットに見せてくれる。繊細なピンタックを袖に施すなど細部まで意識したデザインは、特別な日のお出かけシーンにもぴったり。

ワンピース¥95,000/ストラスブルゴ(ハイアリン) ピアス 各¥52,000/ショールーム セッション(ヒロタカ) バッグ¥310,000/トッズ・ジャパン(トッズ)
【シャツドレス】透ける・重ねる着こなしで新しいワンピースの魅力を発見

細かなギンガムチェック柄のシルクタフタのシースルーワンピース。黒で統一したトップスとパンツを下に重ねてすっきりと。

ワンピース¥38,000/トゥモローランド(バッカ) カーディガン¥22,000/ロンハーマン トップス¥6,900/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) パンツ¥26,000/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク(チノ) ピアス¥11,000/マルティニーク丸ノ内(ルーカス ジャック) バッグ¥48,000/アパルトモン 青山店(スタウド) 靴¥24,000/フラッパーズ(スペルタ)
【シャツドレス】落ち感のある流れるようなシルエットで立ち姿まで美しく

上半身は襟つきのシャツディテールでハンサムに、スカート部分は動くたびにドラマチックなオーラを放つドレープたっぷりのとろみ感。このメリハリが今どきのかっこよさを演出。ウエストをシェイプできるドローストリングつきだから、脚長感と美シルエットも手に入る。

ワンピース¥37,000 /ゲストリスト(アッパーハイツ) ジャケット¥52,000 /サードマガジン ピアス¥35,000/ドゥロワー 青山店(グーセンス パリ) バッグ¥55,000/トゥモローランド(トーマソカンドリア) 靴¥74,000/ジミー チュウ
【シャツドレス】個性のある色と柄で、シンプルなシャツワンピースが見違える

フロントにピンタックを施したシンプルなシャツワンピースが、ヴィンテージライクな色と柄でとびきりおしゃれなムードに。あえてシェイプしないAラインシルエットと絶妙な着丈、しなやかな素材感も大人が素敵に見えるポイント。レトロシックな小物と合わせて、一歩先いくワンピーススタイルに挑戦したい。

ワンピース¥24,000 /プラージュ 代官山店(ノルヤ アイロン) 帽子¥40,000/デ・プレ(ミュールバウアー) バッグ¥359,000 /アパルトモン 青山店(マーク クロス) 靴¥54,000/アマン(ペリーコ)
eclat5月号掲載 撮影/金谷章平 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/田沢美亜 ゆうき 取材・文/坪田あさみ ※★マークのついた商品は、エクラプレミアム通販(https://flagshop.jp/eclat/)で購入できます。
関連記事
  • 今の時期、何を着たらいいのか悩みますよね。そんなこの時期の1週間コーデを振り返ってみて一番大活躍していたのはTシャツでした!少しづつ秋めいてきた?今日この頃。 9月も中旬だというのにまだまだ暑い日は多いし。 かといって。夏物をいつまでも着ているわけにもいかないし。 トップスをニット素材の物に変えてみたり。 シューズをサンダルからミュールなどつま先を出さないものにしたり。 何となく、9月になったらつま先は出さないマイルール。 試行錯誤して、少しづつ秋を意識したコーディネートにシフト中です。tops/ZARA skart/slobe IENA shose/pellico bag/j&m davidson トップスをニット素材にチェンジして秋を意識し始めた今月上旬。 袖はないけど、生地を秋素材にシフト。 shirt/EVERYDAY I LIKE pants/Deuxieme Classe shose/CAMINANDO 少し涼しくなった日。 長袖シャツをまくって、ダボっとしたシャツなので長袖だけど暑くない。 ブラウンブームにのって、このパンツもブラウンチェック。 ネイルも秋モードです♥ T-shirt/プチバトー pants/ZARA cardigan/Deuxieme Classe shose/CAMINANDO bag/Deuxieme Classe 小物やカーディガンでブラウンを投入して秋を意識したカジュアルコーデ。 アップヘアに大ぶりのピアスが好きなのでこの日もべっ甲柄の大ぶりピアス♥ ここからは毎日Tシャツかも?! T-shirt/L'Appartement skirt/UNIQLO shose/MANOLO BLAHNIK bag/J&M DAVIDSON 大分涼しくなって、Tシャツがちょうどいい気候。 T-shirts/Aulii moment cardigan/Deuxieme Classe pants/Deuxieme Classe bag/BEIGE. shose/odette e odile やっぱりTシャツにブラウンコーデの日。 T-shirts/UNIQLO pants/ZARA blouson/Deuxieme Classe shose/converse 週末のカジュアルコーデ。 この秋は全体的にブラウンブームですね。 ショッピングしていてもブラウンが可愛くみえてしまって 今秋のお買い物はブラウンを買っている率が高い~。 もちろん大好きなモノトーンコーデも健在ですが。 小物や色で少しづつ秋を取り入れて、秋コーデ、楽しみましょう!!! インスタグラムやっています♥美女組No.144 Makiのブログ
  • 【20代におすすめ! 秋のシャツコーデまとめ】シーズン問わず大活躍のシャツ。シンプルに一枚で着たり、はおったり、人気のプリーツスカートとも好相性♡ お仕事OKなきちんとコーデから休日コーデまで、おすすめのシャツコーデはこちら! [目次] 【秋のシャツコーデ】20代におすすめのシャツコーデ 【秋のシャツコーデ】おすすめのアイテム ※記事発信時点での情報のため、価格や仕様が変更になっている場合や、販売が終了している場合があります。【秋のシャツコーデ】20代におすすめのシャツコーデ【秋のシャツコーデ】仕事を頑張る日のシャツ×デニム。実はロングブーツで見えないおしゃれも!『ザ シンゾーン』のシャツ仕事が忙しい週末もおしゃれはあきらめたくなくて、淡いブルートーンのビッグシャツ×ワイドデニムで清潔感あふれるリラックスカジュアルに。ゆったりコーデをスタイルよく見せたいから、足もとは”動ける高ヒール”がマスト。そんな時、太めのパンツなら中にシンプルなロングブーツを仕込む手が使える! 見えないテクで脚長美脚がいとも簡単に叶うし、安定感のあるブロックヒールなら歩きやすさもお墨つき。ブーツとバッグ、さらにメイクも大人っぽいブラウン系で揃えたら、さりげなく秋のムードが高まる♡靴(7.5)¥76000/エリオポール代官山(ロートルショーズ) シャツ¥17800/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) パンツ¥15000/TOMORROWLAND(MACPHEE) バッグ¥45000/土屋鞄製造所(土屋鞄製造所) →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】キリッと知的な外勤コーデ、だけどバンドカラーや細ヒールで女らしさも絶好調♪『カレンテージ』のシャツ取引先に後輩を連れて行く日は、白シャツ×チノパン×パンプスにジャケットも忘れず持って、きちんと頼れる先輩コーデ! クリーンな白・優しげなベージュ・おしゃれなブラウンのグラデーションで品よく柔らかな印象に仕上げれば、取引先の人にも後輩にも親近感を持ってもらえそう。シャープな衿よりバンドカラーで可愛げを、こなれたローファーよりヒールパンプスできれいめ感を。そしたらホラ、女性らしさもぐっと高まって♡ パンツと靴を茶系トーンでつないで脚長効果もばっちり!シャツ¥28000/ブランドニュース(カレンテージ) パンツ¥19000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) 靴¥14500/ダイアナ 銀座本店 ジャケット¥15990/イェッカ ヴェッカ 新宿 バッグ¥22000/ルーニィ メガネ¥37000/アイヴァン 7285 トウキョウ イヤリング¥1600/お世話や(リミテッドナンバー) →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】印象的なシャツ&美脚ブーツの知的さでショーパンコーデを大人にシフト!『ビリティス・ディセッタン』のシャツ平日にショーパンがはきたいなら靴はきれいめが鉄板。だけどパンプスだとバランスが難しいし、ショートブーツだとふくらはぎが気になっちゃう。その点ベーシックな黒のロングブーツが一足あれば、気になる部分がぜ~んぶ隠せて脚もまっすぐきれいに見える♡ ストライプ柄のダブルカフスシャツも目を引くから、ショーパンの可愛げ以上にきちんと&知的なムードが際立って素敵でしょ。すっきり寒色コーデに、オレンジ色のバッグやビッグフープピアスで華を添えるのもお忘れなく♡靴(8.3)¥86000/エリオポール代官山(ペリーコ) シャツ¥48000/ビリティス(ビリティス・ディセッタン) シャツ¥17800/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) パンツ¥49000/ジャーナル スタンダード 表参道(プッシュボタン) バッグ¥35000/アルファ PR(アエタ) ピアス¥16000/フラッパーズ(シャルロット ウーニング) →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】シンプルシックな”ふわピタ”コーデをきれい色パンプスで感度高めに!『MP STORE』のロングシャツ職場の同僚の家でランチパーティー♪ そんな時はロングシャツ×クロップトパンツで、休日のリラックス感ときれいめ感を絶妙にミックスするのがおすすめ。シャツのボタンをきちんと上まで留めるだけで今っぽいバランスになるし、ネックレスや同系色カーデで奥行きのあるしゃれ感も演出できて。こなれたブラウンをシャープな黒で引き締めたシックな着こなしに、きれい色のパンプスでお呼ばれの特別感をオン♡ロングシャツ¥16000/MP STORE ルクア店 ニット¥28000/TICCA パンツ¥19000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ フィロソフィー) 靴¥12000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店 ショルダーバッグ¥12000/セムインターナショナル(バイスベルサ) トートバッグ¥6000/エスケーパーズ(オープン エディションズ) ネックレス¥7800/カージュ ルミネエスト新宿店(イン ムード) →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】長いスカート、そろそろ飽きない?『グリーンレーベル リラクシング』のシャツ実はじわじわと増えているミニスカート。1ミリずつでも脚を出す勇気を出して早くはいた人の勝ち。絶対可愛いです。大丈夫! 秋になったらタイツもブーツもあるやん!(笑)。スカート¥22000/ティースクエア プレスルーム(テラ) シャツ(9月上旬発売予定)¥15000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店(ブラクトメント) ニット¥15000/GREED International(ベッド&ブレックファスト) リュックサック¥16000・時計¥9800/ハイ! スタンダード 帽子¥8700/CA4LA ショールーム ピアス¥17000/グラストンベリーショールーム(スチュードベーカーメタルズ) →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】オートミール色の次に気になる色。《グレーとグレー》『カレンテージ』のシャツ自然とマニッシュで、でも強すぎなくて。なんてことないのに、すごくおしゃれ。グレーは“普通のよさ”が詰まっている色。だから数年おきに、この色の魅力へ気持ちが戻ってきてしまうんです。Tシャツ¥9800/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) パンツ¥42000・シャツ¥28000・Gジャン¥32000/ブランドニュース(カレンテージ) 靴¥12000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店 バッグ¥9900/メイデン・カンパニー(バッグス ユーエスエー) メガネ¥31000/アイヴァン 7285 トウキョウ ブレスレット¥36000/UTS PR(ルフェール) →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】ロングシャツが着たい日はボタンを上まで留めて着こなしバランスを一新!『ヤン マッケンハウワー』のシャツすらっと縦長なロングシャツ×ワイドパンツの着こなしを新鮮に楽しむために♡ 今までのようにシャツの衿を抜かず、ボタンをきちんと上まで留めてみる。コクのある秋色をいち早く取り入れてみる。それだけでホラ、着慣れたコーデがこんなに素敵に生まれ変わる。おだんごヘアとストラップサンダルで上下にわかりやすい抜け感を作れば、布分量が多くても重たく見える心配ナシ。さらに柄ポシェットを斜めがけすれば、無地コーデにメリハリも出せてしゃれ感もぐっとアップ!シャツ¥37000/シップス プライマリーネイビーレーベル(ヤン マッケンハウワー) パンツ¥20000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店 靴¥24000/ラ ジュンヌ ブティック(ファビオ ルスコーニ) バッグ¥6473/ザラ・ジャパン イヤリング¥10000/ココシュニック オンキッチュ 新宿マルイ店(マージョリー・ベア) リング¥15000/モットハウス・トーキョー(ネッティ・ケント) →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】トレンドのサファリシャツから鮮やかなグリーンをのぞかせて技あり!『ダブルネーム』のシャツ会議の日は気品あふれるベージュトーンのパンツコーデでさりげなく気合いを入れていきたいもの。フープイヤリングやパールネックレス、スカーフを巻いたレザーバッグでエレガントな大人の装いに仕上げて。今っぽいしゃれ感は、会議中も目に留まる上半身に足すのがポイント! 今季トレンドのサファリシャツを前あき広めにゆるっと着こなして、パキっと鮮やかなグリーンのカットソーをチラ見せ。それだけでなんだか頭が冴えわたって、新しいアイデアが浮かびそう♪グリーンのリブカットソー¥1490/コエ 渋谷店(コエ) ベージュの五分袖シャツ¥4900/ダブルネーム ベルトつきワイドパンツ¥9800/RD ルージュ ディアマン 黒パンプス¥4500/ダブルエー オリエンタルトラフィック(ダブルエー) ショルダーつきハンドバッグ¥5400/サック フープイヤリング¥1400/サンポークリエイト(アネモネ) 時計¥21000/オ・ビジュー(ロゼモン) パールネックレス¥2500/サンポークリエイト(アネモネ) スカーフ¥1960/DHOLIC(DHOLIC LADIES+) →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】この秋大流行のブラウンでおばさん見えしない方法1『ジェーン スミス』のシャツたとえばプリーツスカートならおじ靴。“コンサバにしない”が得策! はくだけで一気に女っぽさが増すブラウンのプリーツスカートは、足もとまできれいめなヒールパンプスにするとエレガントになりすぎて、ともすると老けて見えそう。おじ靴で重たくするほうがおしゃれなバランス。スカート¥26000/リエス 靴¥46000/グラストンベリーショールーム(サンダース) シャツ¥23000/UTS PR(ジェーン スミス) 帽子¥54000/CA4LA ショールーム(ジェームス ロック) ピアス¥18000/TOMORROWLAND(レレサドゥキ) →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】この秋大流行のブラウンでおばさん見えしない方法2『エディット バイ イェッカ ヴェッカ』のシャツデコルテを出すと、大人っぽいを通り越して老け見えの危険信号が点滅! タートルネックをラフに伸ばして、重ねたシャツのボタンは上まできちんと留めて。“ちゃんと今の気分を知っている人”に見えるほうが老けないし、やわらかなブラウンだから重たくなることもなし。シャツ¥8990/イェッカ ヴェッカ 新宿(エディット バイ イェッカ ヴェッカ) ニット¥25000/インターリブ(サクラ) サングラス¥38000/アイヴァン PR イヤリング¥10000/ココシュニック オンキッチュ 新宿マルイ店(マージョリー・ベア) →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】レオパード柄のスカートは可愛い+αの魅力あり!『アンスクリア』のシャツ花柄よりドット柄より、これからは。女っぽかったりカッコよかったり、新しい自分になれる柄を着たい。ストライプシャツと合わせるような新しいコーディネートで。スカート¥20000/ヌキテパ AOYAMA シャツ¥34000/アマン(アンスクリア) 靴¥46000/グラストンベリーショールーム(サンダース) メガネ¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ ストール¥38000/シップス 渋谷店(ウーア) →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】ローファーをコーデ全体のまとめ役に抜擢!『シンゾーン』のシャツストライプの大人っぽいシャツ、カジュアルなカーキのパンツ。足もとがヒールパンプスだとちょっと気取ってる感じになるし、スニーカーだとラフすぎる。そこでビットローファー! きれいだけどメンズっぽさやこなれ感もあって、全体を“ちょうどよく”まとめてくれる。靴(2.5)¥8500/Fin シャツ¥19000/シンゾーン ルミネ新宿店 パンツ¥18000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ) バッグ¥6990/ロコンド(MANGO) イヤリング¥7300/ロードス 時計¥18000/エイチエムエスウォッチストア 表参道 →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】旬のフォトTシャツにばさっとはおって『アナカ ノワー』のシャツ前を開けてもさまになるのがいいところ。フォトTときれい色プリーツで、休日に着たい高感度なカジュアルに。スカート¥26000/ショールーム セッション(アダワス) シャツ¥25000/アンシェヌマン(アナカ ノワー) Tシャツ¥11000/UTS PR(ジェーン スミス×マイク オマリー) バッグ¥42000/アルファ PR(アエタ) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) バングル¥1500/お世話や →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】季節が深まれば、タートルをインに重ねて『エメル リファインズ 』のシャツ肌寒くなったらタートルと重ねて。裾を前だけインすれば、プリーツの表情を生かしつつ好バランスに着こなせる。スカート¥22000/ルーニィ シャツ¥9900/エメル リファインズ ルミネ新宿店 カットソー¥9500/アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店(アナトリエ) 帽子¥7800/コンバース トウキョウ 代官山 ピアス¥17000・バングル¥25000/UTS PR →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】シンプルに一枚で、ただし裾はインしないこと『バナー バレット』のシャツブラウン×マスタードの今年らしい色合わせが映える着こなし方。スカーフやバッグなど小物でレディに転ばせて。スカート¥4990/スタディオクリップ シャツ¥14800/バナー バレット 靴¥14500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥18700/ビヨンドザリーフ アトリエ スカーフ¥16000/フラッパーズ(マニプリ) イヤリング¥2900/サンポークリエイト バングル¥1500/お世話や →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】トップスの中に仕込んで、着こなしにさりげない立体感を『グリーンレーベル リラクシング』のシャツ薄手ならインナーにもなってくれる。パイソン柄のスカートでシャープに。スカート¥9050/フリークス ストア渋谷 シャツ¥8900/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店 カットソー¥23000/スローン 靴¥19800/アルアバイル バッグ¥49000/ビショップ カチューシャ¥600・イヤリング¥1400/お世話や サングラス¥30000/アヤメ 時計¥24000/オ・ビジュー →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】秋流行の大本命、ブラウンのシャツジャケット『ルーマー』のシャツ黒よりやわらかく、でもグレーより新鮮なブラウンはトレンドを“やりすぎず、あくまでさらりと”見せてくれる色。だから一枚で簡単に、そして絶妙に新しいおしゃれを楽しめる!こんなふうに一枚パッとはおるだけで気分が変わって、とびきりおしゃれに見えるのが理想的!シャツ¥22000/アルファ PR(ルーマー) パンツ¥14000/AKTE カットソー¥15000/GREED International(ベッド&ブレックファスト) 靴¥22000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(コルソローマ9) ネックレス¥8200/カージュ ルミネエスト新宿店(イン ムード) 帽子¥12000/CA4LA ショールーム →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】はおるだけで“ムードをまとえる”この秋いちばんのマスト!『カレンテージ』のシャツシャツよりシックで、ジャケットより軽やか。そんないいとこ取りの新星に、ブラウンの上品さや女性らしさが加われば無敵。Tシャツにはおるところから始めよう。シャツ¥49000/ブランドニュース(カレンテージ) Tシャツ¥12000/ミュラー オブ ヨシオクボ パンツ¥12000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店(ブラクトメント) サングラス¥34000/モスコット トウキョウ ネックレス¥7800/カージュ ルミネエスト新宿店(イン ムード) →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】ゆるシャツ&カーデの肩かけで余裕な表情に。勝負の日こそリラックス♪『ダブルネーム』のシャツ今日は社内コンペの勝負デー。シャツ×パンツのきちんとコーデが気合い入りすぎって思われたくないから(笑)、おしゃれな抜け感を作って正解! ストレッチ入りの美脚パンツになじみ色のサンダルで軽さをオン。上半身はベージュのゆるシャツをアウトで着たり、ネイビーのカーデをラフに肩かけしたり。大人シックな配色だから、ほどよく着くずした方がむしろ余裕が感じられて素敵でしょ♡ 仕上げにパールネックレスで上品さを、メガネで知的さと遊び心をプラスすれば、デキる感ばっちり!ベージュの五分袖シャツ¥4900/ダブルネーム ネイビーカーディガン¥2769/無印良品 池袋西武 センタープレスパンツ¥5643/アテニア オレンジサンダル¥5490/ロコンド(MANGO) ショルダーバッグ¥4400/アンビリオン(カシュカシュ) シルバーリング¥2400/サンポークリエイト(アネモネ) パールネックレス¥2500/サンポークリエイト(アネモネ) メガネ¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) →秋のシャツコーデを詳しく見る▲【秋のシャツコーデ特集】トップに戻る 【秋のシャツコーデ】おすすめのアイテム【秋のシャツコーデ】コーデュロイ素材のシャツ『プラステ』のシャツ¥9990/プラステ →秋のシャツコーデを詳しく見る『ルーマー』のシャツ¥30000/アルファ PR(ルーマー) →秋のシャツコーデを詳しく見る【秋のシャツコーデ】チョコみたいな甘めブラウンのシャツ『アッパーハイツ』のシャツ¥27000/ゲストリスト(アッパーハイツ) →秋のシャツコーデを詳しく見る▲【秋のシャツコーデ特集】トップに戻る 秋ファッション、秋コーデ関連特集もチェック♪【2019年】秋ファッションのトレンドは? - 注目のキーワードや、『ユニクロ』『ZARA』など人気ブランドの秋冬展示会ジャケットコーデ特集《2019秋》- トレンドのブラウンやチェック柄など、20代におすすめのレディースコーデ秋のオフィスカジュアル特集《2019年版》- 20代におすすめのコーディネートは?ブラウンコーデ特集《2019秋》- この秋大流行のブラウンでつくるトレンドコーデまとめチェック柄コーデ特集《2019秋》- 秋のトレンド! 大人っぽくてかわいいおすすめコーデまとめ
  • 気になる人から、距離の縮まる連絡が! エフォートレスな一枚で着映えワンピで思わずスキップしちゃう昼休み たまった書類を片づけるデスクワークの日は、さらりとワンピースで。旬な辛口なブーツとマイクロバッグで手抜き感ゼロ! 落ち着いたカラーのストライプワンピは、縦感を強調してくれスタイルアップが叶うのがうれしい! お昼休憩中は、一昨日再会した彼とのLINEに心なごんで。久しぶりにドキドキして、なんだかウキウキ♡ もしかして、恋が始まっちゃうかも!? ワンピース¥24000/ラヴァンチュール マルティニーク ピアス¥7500/ステラハリウッド バングル¥4500/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(ナイン) バッグ¥58000/マルティニーク丸ノ内(エレナ ギゼリーニ) 靴¥38000/ツル バイ マリコ オイカワ 【今月のPROFILE】広告会社のプランニング部勤務・花青山にある少人数の広告会社で、コピーや販促企画を手がける広告プランナー。週の大半は打ち合わせと営業で外出。恋愛はしばらくごぶさただったけれど……。 明日のコーデ一の画像をもっとみる 明日のおすすめ着回しアイテム 【"瞬間美人"見えアイテム】シャツワンピ一枚でもはおりとしてもきれいに決まるシャツワンピース。くすみトーンのストライプも知的な印象。共布ベルトつき。¥24000/ラヴァンチュール マルティニーク 「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから 撮影/藤原 宏〈Pygmy Company〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/川上さやか  モデル/松島 花 取材/久保田梓美 企画/渡辺真衣 WEB構成/衛藤理絵
  • 彗星の如く現れ、いま最も注目を集める若手シンガーソングライターのビリー・アイリッシュ(17)。透き通るような歌声からは想像できないほど、奇抜なファッションを好むことでも知られている。 Photo:Getty Images ビリーは、今年3月にファーストアルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』をリリースすると、全米や全英のアルバム・チャートをはじめ、世界11カ国で1位を獲得。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いのビリーだが、そんな彼女と切っても切れないのがファッション。 この投稿をInstagramで見る if only i dressed normal id be so much hotter yeah yeah come up with a better comment im tired of that one BILLIE EILISHさん(@billieeilish)がシェアした投稿 - 2019年 9月月15日午後10時13分PDT オーバーサイズのTシャツやパンツを好むビリーは、バギー(袋のように大きい)アイテムを取り入れた"バギースタイル"に夢中。最近のファッション誌のインタビューでは、なぜ"バギースタイル"を徹底しているのかについて語った。 この投稿をInstagramで見る you’re the one that i need, im the one that you loathe BILLIE EILISHさん(@billieeilish)がシェアした投稿 - 2018年12月月5日午後3時27分PST 「私は"バギースタイル"をしていない人に対して、スラット・シェイミング(肌の露出が多い服を着たり、セクシーな写真をSNSに投稿している女性を批判すること)をしようとしているわけではない」と前置きしたうえで、「オーバーサイズの服を選ぶのは、周りの人に私の胸を見て気まずい思いをさせないためでもある」と、胸を隠すためにボディラインが目立たない服を選んでいると告白。 Photo:Getty Images さらにビリーは、「つい最近、男友達とフェイスタイムをしたときにタンクトップを着ていたんだけど、彼が『シャツを着ろよ』と言ってきたの。だから『着てるわ』って言い返した。胸が小さい人はタンクトップ1枚でも許されるのに、胸が大きい私がタンクトップを着るとスラット・シェイミングされるなんておかしい」と打ち明けた。 Photo:Getty Images以前には、自身の大きな胸がツイッターのワールドトレンド入りし、話題を集めたビリー。当時はオーバーサイズの服を着ている理由を、自分の意と反する「性的な対象に見られたくない」という解釈をされてしまったことを受けて、「私は自分の着たい服を着ているだけ」とSNSでコメントをしていた。 "バギースタイル"を選ぶのは、自分が好きな服であり、大きな胸を目立たなくするためでもあると明かしたビリー。17歳の赤裸々な告白は、多くの人の心に響いたはず。 >>リアーナ、自身の下着ブランドのショーに登場! 圧巻のランジェリー姿で会場を沸かせる >>カミラ&ショーンの刺激的なパフォーマンスに、ステージを揺らす腰振りパフォーマンスまで! 「2019 MTV VMA」の話題をレポート
  • まず見つけたのは、こちらのミリタリーコート。 ボリューミーなシルエットとロング丈が可愛かった~♡ あえて女子っぽいワンピースなどと合わせても素敵! コート・・・Ungrid 次に目を付けたのが、レオパード柄のトレンチコート。 しっとりとしたトーンなので、派手にならずに大人っぽく着られるのが◎! ベイクドカラーのボトムも♡ 次のお気に入りアイテムはこちら! きれいめなセンタープレスデザインに、なんといっても今年らしいベイクドカラーがツボ♡ パンツ・・・ELENDEEK こちらのパンツを使ったトラッドコーデに挑戦! 今年の秋はダブルのジャケットも気になっていて、ネイビーはすでに持っているのでこんなベージュのジャケットもいいなぁ。 ジャケット、プルオーバー・・・Adam et ROPE パンツ・・・ELENDEEK その他・・・私物 Instagramもやってます。よろしければご覧ください
  • トレンドのブラウンはグラデーションでコーディネイト。ひとさじピンクが効果絶大!いつもなら美容院へ行くのはもう少し先だけれど、増税前にあちこち駆け込んで今月中に済ませられることは済ませておくつもり。トレンドでもあり最近のお気に入りでもある濃淡のあるブラウンのグラデーション。そこに艶ありピンクをさりげなくあしらえば、もっさり見えずに可愛く見える。白髪染めも兼ねたヘアカラーも少し明るめのブラウンを入れてもらって、全体的にブラウングラデを楽しんじゃおう。ニット¥15,000/ジェット ルミネ新宿店 ルミネ2(ジェット ロサンゼルス) パンツ¥27,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) ピアス¥21,000/デミルクス  ビームス 新宿(マリア ブラック) バッグ¥274,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) 靴¥68,000/デ・プレ(クレジュリー)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「グレー」の関連記事もチェック
  • LEE×ラシットのコラボバッグは、子連れお出かけにも◎ 発売中の10月号でも紹介しているラシット @russet_official とのコラボバッグ。 LEEコラボ限定でひとまわり大きくしたトートは、何かと持ち物が多くなる子連れ時にもあれこれ詰め込める包容力のあるサイズ感です。 そして、セットのショルダー付きポーチは、ストラップを短くすれば、子どものポシェットにも! 親子おそろコーデになって、娘も嬉しそうでした 写真2枚目のようにストラップをトートのほうに付け替えれば、斜めがけできて両手がフリーに。 これまたベビーカーを押したり、子どもの手を引いたりするときに大助かりです! ラシットならではのしなやか素材は、ほどよく体に寄りそってくれるから、斜めがけ心地も快適。 上質感があるのにとっても軽いから、肩も凝りません ・ 先日ミツコがアップしていたネイビーもシックで惹かれましたが、このベージュモノグラム×スモーキーピンクのツートーンは、大人の可愛さも漂う上品配色で、服にも色のなじみよし。どちらも絶妙なカラーリングで、迷っちゃいますね〜。 秋の行楽シーズンがスタートするこの時季、新調バッグにいちおしです!(M美) #ラシット #トートバッグ #ナイロントート #magazinelee #LEE10月号 に掲載中! 本誌で #蛯原友里 さんが持っている写真、とっても素敵なので必見!!
  • 秋の気配は感じるものの、まだ暑い日。そんなときは何を着る?!もう夏服は終わりかなぁ、と思っていたら 暑さを感じる今日。 でも夏っぽい服装はもう着たくない。 そんなときは、色に頼ります。 ワンピース:birthday bash / カーディガン:PLSTブラックのノースリーブワンピースは、 完全に夏っぽいアイテム。 それに、 この秋冬のメインカラーになるブラウンのカーディガンを。 ちなみにカーディガンも 夏のUV加工のコットンカーディガンです。 ですが、 ブラウンをさすだけで、 秋ぽくなるので不思議。 夕方以降涼しくなれば、 カーディガンを羽織れるので 便利。便利。 ▶︎▶︎My instagram 美女組No.113michiのブログ
関連キーワード

RECOMMEND