Sサイズさんも”桃代セオリー”で素敵に!

Web eclat
ご自身も身長150㎝のファッションエディター宮崎桃代さんが、
リサーチ力と審美眼をいかし、すべて本気で試して選んだ、
Sサイズさんも素敵に見える服と小物が大好評。
すでに完売アイテムも出ています!

読むたび目からウロコの"桃代セオリー"、まだの方は5月号をぜひ!
(副編 K沢)

#宮崎桃代 #桃代セオリー
#sサイズコーデ
#エクラ #エクラプレミアム
#jマダムのおしゃれ
関連記事
  • 難しいTシャツ選び。今年はロゴTが欲しい! エクラ世代のTシャツは、選び方を間違うと部屋着っぽくてだらしなく見えてしまう。 そんな難しいTシャツ選びですが、良いものがあれば今年こそロゴTを着てみたい。 そんなとき armoire caprise で、ロゴが小さく、プリントではなく刺繍になっているロゴTを発見。 まずは白のロゴTと決めていたので即決でした。Whim Gazette のリネンマキシスカート、enrecreのウォレットバッグ、ipanemaのビーサンに 鮮やかなオレンジのNALIのビーズネックレスとピアスを合わせてみました。もう一枚は、DOUBLE STANDARD CLOTHINGのほぼノースリーブロゴT。ビッグシルエットで 丈も長め、体型もカバーできるきれい見えTシャツです。「D」がインパクトのあるロゴですが、 形もきれいでこちらもシンプル。ジレにワイドパンツという私の定番コーデです。ジレを脱ぐとこんな感じでこちらも一枚で形がキマる!ロゴT初心者はまずシンプルに。 無地とは違った遊び心が結構いいかも!バリエーションも楽しめそうなロゴTにすっかり ハマっちゃいました。 エクラ7月号の「きれい見えTシャツ」の正解、を参考にさらっと着られるTシャツを 探してみてはいかがでしょうか。華組 沢辺史ブログ
  • 素材の上質感や着やせして見えるシルエット、着心地のよさ、旬カラーなどがつまったTシャツを探しているアラフィー女性たちに朗報! 大人の体型や要望を知りつくしたアラフィー御用達ブランドから“大人仕様の旬カラーTシャツ”をご紹介。1. ATONの大人の体にちょうどいい華奢(きゃしゃ)見えパーフェクトTエイトンには、大人の要望に応えてくれる優秀なTシャツのバリエーションが豊富にそろう。その代表がこちら。体のラインを拾わずゆるすぎないシルエットが大人にちょうどいい。袖山が腕に添うように収まり、上半身がほっそり見えるのもポイント。独特のシャリ感がある生地は、さらりとした肌ざわりと速乾性を実現。今夏らしいボルドーがワンツーコーデをしゃれた印象に。 「フレスカ ショートスリーブTシャツ」¥12,000/エイトン青山(エイトン) スカート¥37,000/アマン(アンスクリア) ピアス¥122,000・ボーンカフ¥152,000・ブレスレット¥152,000 /ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥172,000/ジミー チュウ1.スリット入りヌバックコットンT 皮革の裏側にバフをかけて仕上げたヌバックのような表面感をもつ生地を使用。長めのサイドスリットを施したビッグシルエットが今どき。「ヌバックコットン スリット入りTシャツ」¥19,000 2.前後差ビックシルエットT ヒップをすっぽり覆うよう後ろが長くなった前後差のあるラウンドヘム。ゆったりとした長めの袖が二の腕もカバー。レイヤードスタイルにも取り入れやすい。「スヴィン ラウンドヘムTシャツ」¥14,000 3.大人仕様なゆるノースリーブT 二の腕や肩のラインをカバーし、すっきりと見せてくれるとリピーター続出。ゆったりとした身幅と広めの袖口が抜け感を演出。「フレスカ ノースリーブカットソー」¥11,000 4.ATON定番ユニセックスT 毛羽が少なく脱色しにくいという特徴のある和歌山のスヴィンコットンを使用。油分を失わず、繊維に傷がつかないことから、洗濯を繰り返してもつややかで美しいブラックをキープ。「スヴィンユニセックスTシャツ」¥12,000 5.華奢見えパーフェクトT 「フレスカ ショートスリーブTシャツ」¥12,000 /エイトン青山(エイトン)2. YLEVEのしゃれ感抜群立体フォルムT前はフラットめでコンパクトに、後ろは膨らみを出した立体的フォルムなら、一枚でさらりと着るだけで鮮度の高い着こなしに。糸の紡績からオリジナルで手がけたオーガニックコットンを使用。 「オーガニックコットンバイオショートスリーブTシャツ」¥11,000/アングローバル(イレーヴ) スカート¥47,000/カオス丸の内(カオス) サングラス¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バングル¥68,000/エストネーション(アリアナ ブサード ライフォル) バッグ¥36,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ハイディ クライン) 靴¥22,000/アマン(マウロ・デ・バーリ)「オーガニックコットンバイオショートスリーブTシャツ」¥11,000/アングローバル(イレーヴ)3. ebureの二の腕ほっそりシームレスT肩に縫い目がなく、袖がドルマン風になったビッグシルエットTシャツは、首もとが詰まっているのでルーズにならず、自然とボディラインを拾わないつくりに。洗練された淡いベージュは、白がむずかしいと感じている人にも取り入れやすい。 「スーピマコットンTシャツ」¥9,000/ebure パンツ¥36,000/アングローバル(イレーヴ) ピアス¥126,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) ストール(別注色)¥27,500/カオス丸の内(アソース メレ) バッグ¥63,000/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥69,000/エスケーパーズ(マルティニアーノ)「スーピマコットンTシャツ」¥9,000/ebure4. BLAMINKの絶妙カラーのフレンチスリーブT極細の上質な糸の生地を使用し、自然なツヤとしなやかな着心地を実現。フレンチスリーブになった袖は、袖口にリブをあしらうことで、二の腕がほっそり見えるよう工夫。グリーンがかったグレーはほかにない絶妙色。ブランドマークの刺繡が施されているので、すそをアウトにして着てもおしゃれ。 「刺繡入りTシャツ」¥21,000・スカート¥180,000/ブラミンク ピアス¥256,000・ブレスレット¥166,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) 靴¥93,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)「刺繡入りTシャツ」¥21,000/ブラミンク5.BARENAの一枚で華やかさ抜群!バタフライスリーブTたっぷり布量をとったフレア状のバタフライスリーブが、カジュアルになりがちなTシャツをフェミニンに盛り上げて。袖の内側はわきをとめているので、腕を上げても中が見えないつくり。アウトにしてもすっきり決まるよう、すそにかけてほっそりとしたシルエット。 「ドルマンハーフスリーブTシャツ」¥17,000 /エリオポール代官山(バレナ) スカート¥39,000/エイトン青山(エイトン) ピアス¥84,000/ストラスブルゴ(ソフィーブハイ) バッグ¥24,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(アポワン)「ドルマンハーフスリーブTシャツ」¥17,000 /エリオポール代官山(バレナ)>>「Jマダム的きれい見えTシャツ」はこちらから撮影/金谷章平(モデル) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ ※エクラ7月号掲載
  • 長らく水着を封印していた人に朗報! 今季はアラフィーたちが愛する大人ブランドから、続々と水着が登場。当時「cher」のオーナー兼バイヤーであった山崎さんは、自身のショップに展開したことをきっかけにカルフォルニア発の「Seea」の魅力に惹かれるように。波の中での動きに耐えられるタフな機能性と、フェミニンでエレガントなデザインに注目!Seea【シーア】注目のサーフブランドの水着は、大人が納得のデザインと機能が魅力カリフォルニア発の「Seea」は、’11年にサーフィンをこよなく愛する女性が立ち上げた水着ブランド。それを現地在住の友人に紹介され、いち早く日本で展開したのが、当時「cher」のオーナー兼バイヤーだった山崎嘉子さん。「七里ガ浜の『CherShore』で取り扱ったのですが、私もサーフィンをするのでそのよさが実感できたんですね。以来、愛用していて、ショップを閉じた今も日本のPRを引き受けサポートしています。過剰なデザインはサーフィンのじゃまになるし、日焼け対策や、脱げにくさなどの波の中での動きに耐えられるタフな機能性も必要。それをクリアし、海でも映えるフェミニンでエレガントなサーフウエアに仕上げているところがこのブランドの魅力。それは大人の水着選びにも共通しているなって思って。サーフィンするしないにかかわらず、トライしてほしいです」メリハリ配色は色白さん向け。リバーシブルなのもうれしいUVカット機能のしっかりとした素材で美しく日射しをガード。メリハリのあるモノトーン柄と、着映え感のあるカラーパターンの2WAYで着られる。 スーツ¥22,700/シーア華奢な人はグラマラス見えする素材とデザインを要チェック(右)起毛感のある柄でグラマラスな印象に。スーツ¥20,000・(左)高いホールド力でバストを美しくキープ。 トップ¥12,400・ボトム¥9,700/シーアヒップが気になる人は、ホールド力の高めなボトムを選んでしっかりとホールド力のある生地感が心地よさの理由。コンパクトなシルエットと、ウエストまわりのディテールで華奢な印象に。 トップ¥11,000・ボトム¥11,700/シーアバストがふくよかな人はブラタイプが◎。ベロア素材も登場新作のベロア素材は、着るだけでリッチ感もひときわ。 (上から)ボレロ¥12,400・トップ¥11,000・ボトム¥9,700・トップ¥11,000・ボトム¥7,600/シーア【Profile】 Seeaセールス&PR 山崎嘉子さん ’95年、原宿で「cher」をスタート。代官山に続き、’08年に鎌倉・七里ガ浜に「CherShore」をオープン。海辺の人気ショップは惜しまれつつも’17年に閉店。現在はサーフィンを楽しむ中「Seea」に携わる。撮影/佐藤 彩(静物) スタイリング協力/土田麻美 スタイリング・取材・文/松井陽子 ※エクラ7月号掲載
  • エクラ世代から支持されているボブスタイル。短いから手入れが楽というだけでなく、夏の”涼感”も演出。涼感ボブの中でも髪質悩みに応えてくれるボブを「雰囲気出しボブ」と命名。人気美容師提案の髪質改善スタイルをご紹介。1.面をキープしたカットと透明感カラーで艶ツヤボブフロントにいくほど長さのある"前下がり" フォルムで、顔まわりの「面」を強調するシルエットに。面があることでツヤが出やすくなる。また髪色はハチミツベージュに。透明感と輝きを与えられ、白髪カバーもかなえられる。毛先のカットラインもまっすぐ風に。全体を重めに見せるのも髪のパサつきを抑え、ツヤを与えられる工夫。重くなりすぎないよう、内側で毛量調整を。>>「いいことづくめの涼感ボブ」はこちらから【担当/野口尊さん(ROI) モデル/松田順子さん[45歳・主婦]】 ニット¥16,000/ドロワット・ロートレアモン ネックレス¥34,000/エル・エー・エイチ・ヴァンドーム青山 有楽町マルイ店(エル・エー・エイチ・ヴァンドーム青山)2.顔まわりのほどよいレイヤーでうねりをカムフラージュうねりは無理やりまっすぐに伸ばすよりも、ゆるやかな毛流れのようにまわりと同化させてしまうのが得策。うねりが出現している顔まわりとハチ上の髪にレイヤーを入れて、後ろへ流しやすい毛束をつくることで解消! ボブの毛先全体に1カールのパーマをプラス。丸みのあるフォルムのほうがうねりが目立ちにくく、毛流れもつくりやすい。>>「いいことづくめの涼感ボブ」はこちらから【担当/榊原章哲さん(Garland) モデル/福島久美子さん(オンラインショップ経営・51歳)】 ブラウス¥32,000/フィルム(ディーネロ) イヤリング¥9,000/プラス ヴァンドーム そごう横浜店(プラス ヴァンドーム)3.こめかみに毛束をつくりふんわり前髪にチェンジこめかみの位置にひとすじの短い毛束をつくる。それが支柱となり、立ち上げた前髪がつぶれるのをカバー。短い毛束をつくってもボブならわざとらしくならず、全体フォルムになじむので、お悩み解消とおしゃれヘアを両立。グラデーションカットで丸みを出しやすいボブに。さらに毛先1カールのパーマでブローが簡単。丸み毛先が重なることで、全体もつぶれにくく。>>「いいことづくめの涼感ボブ」はこちらから【担当/CHIEさん(PearL) モデル/浅野花英さん(看護師・43歳)】 ワンピース¥35,000/フローレント ネックレス¥10,000/アンテプリマ そごう横浜店 アクセサリー(アンテプリマ)4.うねりを利用した曲線フォルムで柔らか印象硬い髪質はうねりが寝ぐせ風に見えがち。そこでうねりを"曲線" と解釈し、全体をレイヤーと毛量調整で曲線フォルムに調整。パーマをかけずとも硬い髪質を軟らかく見せる効果があり、外ハネ毛先が自然に収まる。硬い髪が広がらないように前髪&レングスは長めボブに設定。中間を根元から間引き、空間をつくることで軽さも生まれる。>>「いいことづくめの涼感ボブ」はこちらから【担当/masatoさん(marr自由が丘) モデル/鈴木ゆう子さん(人材育成コンサルタント・45歳)】 カットソー¥14,000/ゲストリスト(ルミノア) ピアス¥2,800/フィービィー プラス(フィービィー)5.まとまる毛先の秘密は襟足の内側での毛量調整広がりやすい毛先の内側を間引いて毛量調整を。くるっと内巻きにしやすくカットすると、収まりがよくなり広がりを予防。ボリュームが出にくいトップと毛先の落差をなくし、1カールのブローだけでセットが完了できる。毛先の収まりがいいぶん、フロントは動かしやすくするため軽めに調整。ワックスで毛束を流したり、束感をつくることで今っぽい抜け感が生まれる。>>「いいことづくめの涼感ボブ」はこちらから【担当/杉山由夏さん(broocH) モデル/奥野里絵さん(主婦・51歳)】 ブラウス¥14,000/ファスサンファール(ブラーミン) イヤリング¥12,000/アンテプリマ そごう横浜店 アクセサリー(アンテプリマ)撮影/岩谷優一(vale.) メイク/広瀬あつこ 藤本 希(Cheek One) スタイリスト/程野祐子 取材・文/松井美千代 ※eclat7月号掲載
  • Tシャツをカジュアルになりすぎず、素敵に着こなすコツは“きれいめ合わせ”にあり。アラフィー世代から絶大な支持を得るスタイリスト・村山佳世子さんが、黒Tシャツをしゃれたムード漂うスタイルに仕上げる着こなしを提案。 メソッド1:合わせるボトムはニュアンスのある色と素材で女っぽさを意識する光沢や透け、ドライな質感といったニュアンスのある素材を取り入れて、Tシャツのラフさを中和。Tシャツと真逆の上品な光沢で大人の洗練スタイルへ「洗練されたブルーの色みが印象的なシアー感のあるパンツを合わせると、黒Tシャツがメンズライクにならず抜け感のあるしゃれたムードに仕上がります」(村山さん)。 Tシャツ¥11,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥43,000/ジャンポールノット 青山店(ジャンポールノット) ネックレス¥240,000・ブレスレット¥178,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) ベルト¥44,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) バッグ¥236,000・靴¥92,000 /トッズ・ジャパン(トッズ)【Profile】 村山佳世子 シンプルで洗練されたスタイリングにファン続出のトップスタイリスト。『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)を上梓し大ヒット中。>>「大人のTシャツ“きれいめ合わせ”」はこちらから撮影/菊地 哲 ヘア/ EIJI SATO メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/田沢美亜 取材・文/坪田あさみ ※エクラ7月号掲載
  • BAILA7月号はもう読まれましたか? 今月号は今の時季に参考になる雨の日の通勤コーデや、いますぐ取り入れたくなる夏のコーデがたくさんあります 個人的なオススメは、、、♡ 「雨の日こそ、“旬”を取り入れてハッピーに」 紫陽花の生け方やコーヒーをいれる達人が参考になりました 「夏のワントーンは「きれい色」と「サファリカラー」の二択でしゃれ見え」 もともと大好きなサファリカラー その中でも、肌タイプ的にもベージュやブラウンが大好きだけど、 バイラをみて久しぶりにカーキもいいな〜と思いましたセオリーのパンツほしい!! ちょうど軽い素材でストーレートのパンツ探していましたハウントのアイシーなグレーニットも質感がとっても素敵で惚れ惚れ こちらもほしい!!笑そして今月号の付録は、ずっとずっと変わらず大ファンの別冊婚バイラ♡と、肌ラボ美白ジュレマスクです! 嬉しすぎます!! 「10年後に見ても美しいドレス」は、本当にそのとおり♡で、その人に合うモノを選び、流行に流され過ぎないスタイルを持っているところがカッコよくて、面白かったです スタイリストのサトカナさんの大人なドレス選びも素敵でした(^-^)今月は大事な日がたくさんあるので(笑)、付録の美白マスクを使ってケアを楽しみたいと思いますスーパーバイラーズ 菊地実李のブログ
  • フランス、ドイツ、ベルギーに囲まれたルクセンブルク。周辺各国の食文化に触発されながら発展したその料理を、国境を越えて味わいに来る美食家も多いのだとか。WEB限定記事第2弾は、その「食」にクローズアップします。「ウン・プラトー」にて、食前酒にあわせた前菜。見た目も楽しませてくれる。「ケンプ・コーラー」のショーケース。デリコーナーにはいつも多くの人が。ルクセンブルクは、国民一人当たりのミシュラン星付きレストラン数が世界一を誇るグルメな国。街を歩けば、そこかしこに名店が見つかる。 この国の料理がおいしくなる一番の理由は、その立地。世界中から人が集まる土地柄、当然、料理も世界中の味が集まるのだ。なんといっても、隣は美食の国フランスと、マイスターの国ドイツ、食材豊富なベルギー。それらのエッセンスを吸収し発展した料理は、この国が世界屈指の富裕国となった近年、ますますクオリティーを上げている。 「ケンプ・コーラー」の棚にずらりと並ぶオリーブオイル。お土産も見つかりそう。街は治安がよく、夜遅くまでディナーを楽しむ環境は万全。そんなルクセンブルクを旅するのなら、食はとことん楽しまなければ! とくに首都のルクセンブルク市は、デリやビストロ、ミシュラン星付きのレストランまで、豊富な食のチョイスがある。気軽に試せるのは、デリやパティスリーに併設するレストラン。「ケンプ・コーラー」「オーバーバイス」など、大公宮御用達の店は高級食材ブティックのようで、ショーケースを見ているだけでもワクワクしてしまう。白ワインのジュレが香るパテ・オ・リースリング郷土料理の代表格といえば、白ワインのジュレを挟んだひき肉のパイ包み焼き「パテ・オ・リースリング」。シャンパンと同じ製法で作られる「クレマン・ド・ルクセンブルク」がよく合うニョッキ「クニーデレン」は、家庭の食卓に並ぶ、“ママの優しい味”。レストランでは、ルクセンブルク特有のワインソーセージ(現地でワインツォーシィスと呼ばれる、ワイン風味のソーセージ)を入れ、クリーミーなマスタードソースをからめたアレンジも人気だ。クニーデレンはぜひソーセージ入り、マスタードソースで。ルクセンブルクのマスタードは塩辛くなく、風味豊か。クニーデレンが人気の「バイ・ド・ボウエン」は、地元の人に愛される家庭的なレストラン。さらに、ルクセンブルクではスイーツにも魅了されるはず。なかでも、「オーバーバイス」のチョコレートは甘さが残らないのにカカオをしっかりと感じられて、チョコレートの概念が変わってしまうほど!大公宮御用達の「オーバーバイス」。チョコレートはこの国が誇る味!「ウン・プラトー」でのディナーの始まりは、テラス席の食前酒から。ディナーはぜひ、この国の著名な料理家やグルメ家に知られた「ウン・プラトー」へ。テラス席で食前酒にジンカクテルを楽しんだ後、シックな店内でコースをいただくのがおすすめ。今、ルクセンブルクで熱いのがジンのカクテル。レストランでは、オリジナルのカクテルで味を競い合う。ジンカクテルを楽しんだ後は、店内に移動してメインディッシュを(ウン・プラトー)。■レストラン情報 Kaempff-Kohler ケンプ・コーラー 住所/18 place Guillaume, L-1648 Luxemburg Stadt ☎+352・2686861 http://www.kaempff-kohler.lu/ Bei de Bouwen バイ・ド・ボウエン 住所/35 rue Laurent Menager, L-2143 Luxembourg Stadt ☎+352・26202114 http://beidebouwen.lu/ Oberweis オーバーバイス 住所/16, Grand-Rue, 1660 Luxembourg Stadt ☎+352・470703 https://www.oberweis.lu/en Um Plateau ウン・プラトー 住所/6 Plateau Altmunster, L-1123 Luxemburg Stadt ☎+352・26478426 http://umplateau.lu/ <<第1回/ルクセンブルクの古城ホテルとスパホテル撮影/織田桂子 取材・文/芹澤和美 取材協力/ルクセンブルク貿易投資事務所 SAKURA Voyages(サクラ・ヴォヤージュ)
  • ブラウンやカーキ、ベージュなど、自然を感じさせるこの夏のトレンドカラー。シックなトーンは抜け感のある着こなしでさらに色香をアップ! 【カーキワントーン】 ゆるっと抜けのあるシルエットなら渋めのカーキも軽やかに決まる袖口をたくし上げたオーバーサイズのシャツとゆるめのテーパードパンツで、リラックスした装いに。ヌーディなサンダルも抜け感づくりにひと役。シャツ¥24000/エストネーション パンツ¥28000/セオリー ピアス¥98000/ゲストリスト(ハウント代官山/ガブリエラ アルティガス) バッグ¥10000/アニエスベー 靴¥33000/エフユーエヌ(チェンバー)媚びないカーキだからこそフェミニンコーデもうまくいく袖コンシャスな抜き襟ブラウスと女らしいリネンのフレアスカート。落ち着いた表情に導いてくれるサファリカラーなら、ちょっぴり甘めのコーデも照れずに着こなせる。ブラウス¥2990/コエ 渋谷店(コエ) スカート¥22000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ウィム ガゼット) ピアス¥25000/デ・プレ(エレナ ローナー) ネックレス¥18000/シルバースプーン バッグ¥45000/フルラ ジャパン(フルラ) ストール¥21000(参考価格)(アルテア)・靴¥27500(ペリーコ サニー)/アマン【ベージュワントーン】シックな印象のサンドベージュは素材感のギャップで魅せるのがカギ肌がほんのり透けるシアーなニットに合わせたのは、シャリ感のあるリネンスカート。質感の異なるアイテム同士のかけ合わせなら、ベージュのワントーンが立体的に。ニット¥20000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) 中に着たキャミソール¥8500/メイデン・カンパニー(スープレルース) スカート¥14000/ロペ マドモアゼル ジャケット¥56000/ebure サングラス¥25000(ブラン)・ピアス¥7000(ソコ)/トゥモローランド バッグ¥42000/クルーズ(ELIN) 靴¥45000/ザ・グランドインク(ロランス)小物まで同系色でまとめることでミルクティーベージュがより上品にまろやかなベージュのワントーンは、グラデーションを意識して継ぎ目を見せずにつくれば女らしさがさらに上昇。トップス¥9500/ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店(ベースレンジ) スカート¥28000/ボウルズ(ハイク) カーディガン¥15000/アルアバイル ピアス¥27000/エストネーション(アリアナ ブサード ライフォル) ブレスレット各¥16000/アガット バッグ¥28000/ポール・スミス リミテッド(ポール・スミス) 靴¥15000/オデット エ オディール ユナイテッドアローズ 福岡ヴィオロ店(オデット エ オディール)【ブラウンワントーン】重厚感のあるブラウンは華やぎスカーフでしゃれ感を底上げブラウンと同系色のオレンジが効いた柄スカーフなら、色なじみよく美しくまとまる。ニット¥23000/エフユーエヌ(フォンデル) パンツ¥17000/ウィム ガゼットルミネ新宿店(ウィム ガゼット) ピアス¥1490/アメリカンホリック プレスルーム(アメリカンホリック) スカーフ¥18000/フラッパーズ(マニプリ) 時計¥33000/ポール・スミス リミテッド(ポール・スミス) バッグ¥16800/ショールーム セッション(ヤーキ) 靴¥48000/メゾン イエナ(エーティーピー アトリエ)【グレーワントーン】引き締め役はひとさじの黒。やわらかなグレーをクールに転ばせてグレーのスタイリッシュな魅力を上手に引き立ててくれるのは、シックなモノトーンカラー。足もとに黒をひとさじ取り入れることで、きれいめシンプルなワンツーコーデに凜としたムードが加わる。カーディガン¥26000(レンコントラント)・パンツ¥38000(エストネーション)/エストネーション メガネ¥27000/アイヴァン PR(アイヴァン) 時計¥15000/ウエニ貿易(ヘンリーロンドン) バッグ¥85000/ロンシャン・ジャパン(ロンシャン) 靴¥44000/フラッパーズ(ネブローニ)撮影/鈴木 新〈go relax E more〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/中村アン 取材・文/野崎久実子  ※BAILA2019年7月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND