Sサイズさんも”桃代セオリー”で素敵に!

Web eclat
ご自身も身長150㎝のファッションエディター宮崎桃代さんが、
リサーチ力と審美眼をいかし、すべて本気で試して選んだ、
Sサイズさんも素敵に見える服と小物が大好評。
すでに完売アイテムも出ています!

読むたび目からウロコの"桃代セオリー"、まだの方は5月号をぜひ!
(副編 K沢)

#宮崎桃代 #桃代セオリー
#sサイズコーデ
#エクラ #エクラプレミアム
#jマダムのおしゃれ
関連記事
  • 足もとから今年らしさと軽やかな気分を連れてくるサンダルは、早めにチェックしておきたい。大人に似合う旬のデザインだけをそろえました。FABIO RUSCONI×éclat 太ストラップサンダル安定感と存在感を備えた太めストラップがポイントフェミニンにもカジュアルにも合わせやすく、それでいて存在感のある一足。しっかり甲を支える太めのストラップは、デザインのアクセントとしてだけでなく、履き心地の安定感にもひと役買って。FABIO RUSCONI×éclat 太ストラップサンダル(パイソン) ¥24,000+税>>ジャケット¥59,000/トヨダトレーディング プレスルーム(チルコロ 1901) Tシャツ¥ 5,000/ユナイト ナイン(カラフル スタンダード) スカート¥59,000/ebure サングラス¥48,000/ファブ(ティエリー ラスリー)FABIO RUSCONI×éclat 異素材コンビサンダル品のいいアクセントになるスエード×エナメルのコンビネイビーの異素材使いをエクラで別注。スエード×エナメルがアクセントになりつつ、同色なのでコ ーディネートに迷わない。また、女っぽい華奢ヒールも、足首ストラップで歩きやすさは上々。FABIO RUSCONI×éclat 異素材コンビサンダル ¥31,000+税>>FABIO RUSCONI×éclat スカーフ柄リボンつきサンダルトレンド上手になれるスカーフ柄を足もとで投入スカーフ柄テキスタイルは、レトロムードな今季のトレンド。フラットで歩きやすいのはもちろん、横幅広めなトゥのフォルムや、足なじみのいいスエード素材のアッパーも毎日履きたくなる理由。FABIO RUSCONI×éclat スカーフ柄リボンつきフラットサンダル ¥26,000+税>>PARK MANSION スエードストラップサンダル小さなリボンをあしらってヌーディながらかわいげも装備つま先側のストラップに添うように、小さなリボンを配して。かかとストラップのホールド感に加え、ソールにアンチスリップを搭載し滑りにくい仕様。クリーンなブルーと定番ブラックの2色展開。PARK MANSION スエードストラップサンダル ¥23,000+税>撮影/金谷章平 ヘア/Dai Michishita メイク/水野未和子(3rd) スタイリスト/徳原文子 モデル/ゆうき 取材・文/東原妙子
  • 春旅を軽やかに楽しむのに欲しいのは本当に役立つ洋服や小物。旅好きアラフィー世代が、旅先でのドレスアップシーンにも重宝する旅小物をご紹介。これがあれば、自信を持ってディナーに臨めます!レストランでライター・大野智子さん推薦「ザネラートのバッグ」パスポートもスマホも入り2WAYで持てて便利 「ショルダーバッグに、チェーンストラップをはずせばクラッチとしても使えるから、旅先のレストランやバーに便利。柔らかなレザーも心地よく、小さいながらポケットも充実していて整理しやすいのも旅におすすめ」。 ★ウォレットバッグ(H12.5×W24×D4)¥59,000/エクラプレミアム通販(ザネラート)ザラネートはエクラプレミアムからご購入いただけます!購入はこちら>編集SH推薦「MOY Parisのピアス」軽いコットンパールだから旅には複数持参して 「コットンパールだから気軽に持っていけ、豊富なカラーバリエも魅力。ラインストーン側を前にしても後ろにしても素敵。リゾート地でも、とてもつけ映えして友人にも大好評」。 コットンパールピアス(アクア、ゴールド、ラベンダー)各組¥6,700/OTOMO SARL(モイ パリ) ★ホワイト、グレージュ、ブルーはエクラ通販で販売中モイ パリはエクラプレミアムからご購入いただけます!購入はこちら>室長M推薦「ヨーコ チャン エッセンスのブラウス」旅先のドレスアップでも手抜き感なく美しい 「定番のプルオーバーブラウスはとっても美しいのにしわにならず、旅先のドレスアップでも手を抜いた感じにならないので、真夏以外はスリーシーズン重宝しています。着丈に前後差があり、後ろできれいなすそ広がりになるので、一枚でも安心感あり」。 ブラウス¥37,000/YOKO CHAN(ヨーコチャン エッセンス)スタイリスト・伊藤ゆみさん推薦「エブールのコットンリブニット」たたんでもしわにならない旅ドレスはニットが一番 「旅先でもドレスアップの洋服は必ず持参しますが、たたんでもしわになりにくい、着ていて疲れない、が絶対条件。ニット素材ならしわの心配がなく、さらに軽く着心地も抜群でノンストレス。きれいなシルエットなのにリラックスして着用できるので重宝します」。 ニットワンピース¥28,000/ebureライター・向井真樹さん推薦「バレナ ベネツィアのリネンジャケット」軽いのにきちんと見え!一枚あれば助かるジャケット 「イタリア製のガーゼのような軽い素材。さらに、裏地も芯地も使っていないからカーディガン感覚ではおれるジャケット。カジュアルなワンピースやカットソーでもこれをはおるだけで、自信をもってディナーに臨めます」。 リネンジャケット¥76,000/ジャーナル スタンダード ラックス 表参道店(バレナ ベネツィア)スタイリスト・伊藤ゆみさん推薦「ロランスのパンプス」華やか素材のローヒールなら疲れないのに美しい 「旅先でのドレスアップはハイヒールもいいけれど、スーツケースでかさばるのが難点。このローヒールパンプスはそんな心配もなく繊細なチュール素材でフラットシューズなのにヒールを履いているような華やかさも醸し出してくれて◎」。 チュールフラットシューズ 各¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)撮影/木村 慎 スタイリスト/伊藤ゆみ 取材・文/大野智子 撮影協力/アワビーズ UTUWA ※バッグのサイズ表記はH =縦、W=横、D=マチを表し、単位は㎝です。★マークの商品は、エクラプレミアム通販(https://flagshop.jp/eclat/)で購入できます。 ※エクラ5月号掲載
  • 履き心地よく美脚見えする、今季らしいポインテッドトゥタイプが集結! スーツの色が軽やかになる春、足もとも明るいトーンのグレーが必要不可欠に。働く50代に支持されるブランドの名品パンプスをチェック。1.ペリーコシャープなラインが特徴的な、ペリーコのポインテッドトゥの新シリーズ「テミ」。すそ広がりのフレンチヒールは8㎝とは思えない安定感。汎用性の高いライトグレーは春から夏にかけてずっと活躍。靴(H8)¥48,000/アマン(ペリーコ) ジャケット¥352,000・ブラウス¥58,000・パンツ¥75,000/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) ピアス¥80,000・リング¥64,000/ダミアーニ 銀座タワー(ダミアーニ) スカーフ¥15,000/トゥモローランド(マニプリ) バッグ¥199,000/トッズ・ジャパン(トッズ)2.マノロ ブラニクかかとのカットワークや細ヒールが美しい、モダンアートのような一品は、ドレスアップの仕上げに。靴(H9)¥115,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)3.バリーごくシンプルなポインテッドトゥに、かかとのゴールド使いがアクセントに。きめが細かく柔らかなキッドスエード製。靴(H5.5)¥60,000/バリー 銀座店(バリー)他の画像を見るeclat5月号掲載 撮影/金谷章平(モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/戸野塚かおる モデル/生方ななえ 取材・文/新田幸子 撮影協力/UTUWA ※本文中の( )内の数字は編集部で計測。H=ヒールの高さを表し、単位は㎝です。 ※掲載商品の価格は、本体価格(税抜)で表示しております。
  • 今月号のBAILAのテーマにもなっている「”普段着ファースト”とのおしゃれが楽しい!」。 なんでもない日こそ、自分目線で気分が上がるコーディネートを決めたいですよね。 今回は、なんでもない日の普段着を盛り上げてくれるお気に入りのアイテムとコーディネートをご紹介します。tops|GU(ジーユー) pants|Mila Owen(ミラオーウェン) shoes|SESTO(セスト) outer|ZARA(ザラ) なんでもない日でも忘れたくないのは、大人の可愛げ。 お気に入りのGU(ジーユー)のレーストップスは、7分袖で今のシーズンにぴったり。 裾に向かって広がる軽やかなシルエットなので、体のラインを出し過ぎずに楽に着られる1枚です。 カラーもホワイトとナチュラルな風合いなので、通勤コーデにもとり入れやすいアイテムです。 なんでもない日は、レーストップスにデニムを合わせてカジュアルダウン。 Mila Owen(ミラオーウェン)のハイウェストストレートデニムは、程よいワイド感とストレートな形が、足をまっすぐ綺麗に見せてくれますよ。 ピタッとしたスキニージーンズにしてしまうと、コンサバ感が強調されてしまうので、このワイド感がちょうど良いバランスに。 何もない日はそっけない普段着を気がちですが、そんな時こそ気分を盛り上げてくれるとっておきのアイテムで新しいおしゃれを楽しみましょう。▶︎ instagramはコチラスーパーバイラーズ 石本愛衣のブログ
  • こんにちは!   ディレクターの内山です。   最近、着物熱が高まっています。   着物熱のはじまりは、2018年LaVivant秋冬号で米沢織りのワンピース作りのために、山形の米沢織りを取材してから。 そこで出会った『紅花染め』の反物から、私の着物熱ははじまりました。   山形の米沢で明治17年から続く、紅花織りの「新田」さんで見せていただいた紅花染めの反物。   山形県の花に指定されている「紅花」色で染まった反物。   山形で紅花が咲き始める7月。   咲き始めてから、1週間で満開になる紅花は、棘がまだ柔らかい早朝に摘まれます。   摘まれた花は、洗われ、足で踏み傷つけ、発酵することで、鮮やかな赤い色が生まれます。   自然の紅花の色で染められた糸から布へ。   こちらも「新田」さんで見せていただいた紅花染め。   吸い込まれるような美しい紅色です。   そんな紅糸から織られた反物に、取材中に一目惚れしました。   ピンクから紫、ピーチオレンジと広がる縦シマの紬。   優しい色でありながらモダンです。         実は、数年前に、「きものsalon」という雑誌の編集長を務めていたこともあり、母も着物好きで、一通りのものは揃えてもらっていましたので、着物はもちろん、帯も小物も見るのも触るのも大好き。   喜久子先生も持っていてくださった、編集長を務めていた頃の「きものsalom」。   しかし、編集長当時は「私、着物着ません」と宣言していました。   というのも、日々の忙しさのなかで、時間的にも余裕のない生活をしていましたし、なんといっても、性格的に着物を着るときにまつわる、ちまちましたこと(着るときに必要な紐やらなんやらを用意したり、脱いだ後の手入れや整理)が面倒で、「性に合わない」と思っていたのです。   それが   出会いってあるものですね。(笑   人って変わるものですね。(笑   この反物にもう一目惚れ!!   あれ? 着物は着ないんじゃなかった??と声が聞こえる中   こんな素敵な仕事の旅先で出会えた紬は、地域の唯一無二の工芸品であり、着て広めることが地域貢献!という言い訳を自分にして、お持ち帰りをしたのです。   自宅で、何度、反物を箱から取り出して眺めてはニヤニヤしたことでしょう。     それがやっと仕立て上がりました!   そして久しぶりに、仕立て上がった着物に、腕を通した時、   あれ??こんなに着物体系だったかしら??と思うくらい、着物が体にぴったり。   帯はモダンなすくい帯。   そうなんです!   50代後半になり、下半身にボリュームができて、着物がきれいに着こなせる、まあるい体系になっていたのです。(笑   これにはびっくり!!   洋服は似合うものがだんだん限られてくるというのに。着物が似合ってきましたか!?と何かすとんと落ちるものがありました。   40代後半の夏着物。まだ着物が馴染まないほっそりした体系でした(笑   こういう時は、いい出会いがあるもので、着物と帯を扱っている、隠れ家のようなお店「嶋屋」の山口喜久子先生に出会えたことも大きく、帯との合わせや、反物から仕立てるときの美しさのこだわりを教えていただきました。   それからというもの、実家で眠っていた着物を、チェックしたり、きもの編集長時代に憧れていた、黒ベースの小紋柄も仕立ていただきました。   黒のような、紫のような、茶色のようなモダンな小紋。   先生との出会いもあり、50代後半にしてやっと着物をたくさん着たい!という思いがふつふつと湧いてきたのです。   とはいえ、これからの着物。   今は、茶道もしていませんし、パーティーがたくさんあるけではない、結婚式に出席なんてほぼない年齢。(笑)   そして、好みの着物も、はんなり「京好み」ではなく、 小紋や紬が好きなのでどちらかというと「江戸好み」。   そう、訪問着ではなく小紋や紬を、ワンピースを着るように、カジュアルに楽しんで着たい!のです。 髪型もボブのままで着られる着物。   なので、自分でさっと着物が着られるようになりたくて、喜久子先生に着付けを習うことにしました。     そして、実家から全く袖を通してなかった、朱赤の絞りに、結城紬も自宅にお引越し。     着物に合う、帯や帯締めを考えるのがとっても楽しいです!   先日、先生のところでこちらの小紋にも一目惚れ。   明るいベージュに四季折々の小紋柄がなんて美しいこと。   着物の沼に入らない程度に楽しみながら(笑   60歳になったら、着物もワンピースも同じ感覚よ!なんてことが言える素敵なマダムになっていたいです。   あと4年。   その前に、まずは着物を収納できる場所つくりから始めねば。   GWはクローゼットの断捨離です。   ★山口喜久子先生の連絡先 きものと帯「嶋屋」 03(3303)7562       Article By Shinobu Uchiyama 1990年(株)世界文化社入社。『家庭画報delicious』『MISS』『MISSwedding』『きものSalon』『GOLD』の各誌の編集長を12年間経て、2016年6月から㈱集英社・ブランド事業部・コンテンツマネージャーになり『LaVivant』ディレクター。『GOLD』編集長時代には、料理本『編集長のお家ごはん』を出版。ファッション、美容はもちろん、ライフスタイル全般への造詣が深く、同世代の読者を導く存在です。クシマクロビオティックコンシェルジュ、オーガニック料理ソムリエ、中医学薬膳、調理師免許の資格を持つ料理家でもある。オスカープロモーション所属
  • いよいよG Wが近づいてきましたね♪ もう予定は決まりましたか? せっかくの長期休暇、旅先や外出先でもおしゃれは意識したいものです。 そこで、旅先や普段でも使える!今こそ買い足すべきアイテムをご紹介します! シワが気にならない!旅先で重宝するアイテム3選 BLUEBIRD BOULEVARD ワッシャーツイルシャツドレス¥39,000+税 真夏でも涼しく過ごせる、体のラインを拾わないゆったりデザインのワンピース。 生地にワッシャー加工が施してあるので、シワが気になりません。 移動時間の長い旅にも重宝するはずです! Le pivot デニムライクローブ¥19,000+税 風合いがあり、さらっとはおるだけで雰囲気の出るローブ。 シワが気にならないから旅にも普段の冷房対策にも便利です。 E by eclat 鹿の子カットソーライダース¥18,000+税 これからの時期に活躍すること間違いなしの羽織もの。 カーディガンやジャケットの要素を併せ持つ優れものです。 軽くてシワになりにくいのと、持ち運びやすく夏場の冷房対策にも◎ お気に入りの小物を連れて出かけたい! E by eclat ビッグポーチつき 2WAYショルダーバッグ¥17,000+税 収納力と使いやすさ、大人に似合う上質感、そしてなんといっても軽いこと! 注目は、安定感ある幅広&アクセントカラーのロング、2種のストラップ。 旅先の予定に合わせて簡単につけ替えOKなのも嬉しいポイントです。 さらに、同色柄ビッグポーチにも装着可能です♪ 使い勝手の良さを是非試してみてください! まずは足元からチェンジ!インパクト大の大人サンダル FABIO RUSCONI×eclat 太ストラップサンダル(パイソン)¥24,000+税 しっかり甲を支える太めのストラップは、デザインのアクセントと履き心地の安定感にもひと役買っています。 夏らしいトレンドのパイソンを是非取り入れてみてください。   GWはもうすぐ!お気に入りの1点を見つけてみてください! eclat premium5月号掲載商品はこちらから    
  • シンプルなのにどこかエレガントで、大人が素敵に見える──。人気スタイリスト森慶子さんが提案する初夏のおしゃれは、“適度なきちんと感”と“着心地よさ”がキーワード。大人の女性に映えるミニマムな「シンプルシック」の美しさを堪能して。森 慶子×éclat ボウタイつきジャージーブラウス、ペンシルスカート自分らしく着こなせて、ちょっと特別になれる組み合わせ「きちんとした印象に見せながらもモダンに見えるシルエットやスカート丈などを工夫し、着心地や動きやすさを考えてブラウスはジャージー素材、スカートにもストレッチが効いている生地を選びました。ボウタイブラウスはデニムとの相性も抜群ですし、スカートにニットのプルオーバーなど、カジュアルな服と合わせても素敵。この2着で、コーディネートの幅がグンと広がります」(森さん)ブラウスは布帛のような適度な張りがあるジャージー素材。取りはずし可能なボウタイは、スカーフのように首にひと巻きしたり、リボン結びをせずにたらしたりとさまざまなアレンジも楽しめる。スカートは高級コットンのナチュラル感と張りのあるサテンストレッチの快適性を備えた素材。 体の線を拾いにくいシルエットと美脚に見えるロング丈で、下半身をすっきりした印象に。森慶子×éclat ボウタイつきジャージーブラウス ¥18,000+税>>森慶子×éclat ペンシルスカート ¥16,000+税>>blanc iris ダイヤモンドピアス ¥38,000+税>>森 慶子×éclat 共布ベルトつきロングワンピースカジュアルな気分で着こなせるストレスフリーなワンピース 「ワンピースは一枚で着こなしが決まるアイテムですが、特にこのシーズンに活躍してくれる一着があれば便利だと思って。スーツ用として新開発されたハイクオリティな生地を贅沢に使い、たっぷりした裾のボリューム感としなやかな落ち感を表現しました。袖丈やベルト位置にもこだわり、着映えして見えるシルエットに。ロング丈ならではの優雅さも、ほかにはない魅力です」(森さん)リクシオンという特別な新素材が、ゆるやかに広がるAラインの裾とフルレングスに近いロング丈を可能に。潔いほどミニマムなワンピースは、手入れも簡単なので夏まで大活躍。森慶子×éclat 共布ベルトつきロングワンピース ¥24,000+税>>blanc iris ダイヤモンドピアス ¥38,000+税>>サンダル/スタイリスト私物SLOANE シルクコットンカーディガンきれいに調和しながら、華やかさも加わる上品カラーが秀逸コーディネートしやすいシンプルでベーシックなニットに、愛用者多数のスローン。「もともと、このブランドのテイストが好きなのですが、特に今回はこの色にひと目惚れしました」 という森さんが選んだのは、ライトブルーのカーディガン。 美しい色でもビビッドではないスモーキートーンなので、どんな色の服にもなじみやすく、さりげないさし色使いが可能。なめらかなコットンと光沢のあるシルクをミックスしたハイゲージニット。とろみある肌ざわりのよいはおりは、スリーシーズン活躍すること間違いなし。前立てに貝ボタンを使用。 SLOANE シルクコットンカーディガン ¥31,000+税>>森慶子×éclat ボウタイつきジャージーブラウス ¥18,000+税>>森慶子×éclat ペンシルスカート ¥16,000+税>>blanc iris ダイヤモンドピアス洗練されたデザインとサイズ感は、まさに大人の女性のためのジュエリー日本人女性がディレクションし、フランスでデザインされている人気のジュエリー、ブランイリスは森さんご本人も愛用中。「特に、ほどよいデザイン性とコストパフォーマンスのよさが、気に入っています。ピアスは単品で買えるので、ほかのピアスとの組み合わせを楽しんでいます」。(森さん)ゆるやかな弧を描くホワイトゴールドの中にダイヤモンドを敷き詰めた、「パヴァーヌコレクション」。左右で異なるアレンジができるので、毎日つけていたくなるステディなピアス。blanc iris ダイヤモンドピアス ¥38,000+税>>森慶子×éclat ボウタイつきジャージーブラウス ¥18,000+税>>blanc iris ダイアモンドネックレス(ホワイト) ¥68,000+税>>Aeta ディアレザー巾着型ショルダーバッグシンプルな服にひときわ映えるのは、気品あるレザーの小物レザーを中心に素材にこだわり、職人の手により製作される注目のジャパンメイドブランド。 柔らかな鹿革のバッグは、「ミニマム&モダンで、まさに私が好きなイメージそのもの」。(森さん)マチがなく開閉部分にゴムを内蔵しただけのシンプルな形のショルダーバッグ。長く愛用していくことで経年変化が楽しめるのも、上質で希少価値の高い鹿革ならではの魅力です。Aeta ディアレザー巾着型ショルダーバッグ ¥34,000+税>>blanc iris ダイヤモンドピアス ¥38,000+税>>SLOANE コットンTシャツ ¥7,800+税>>MARGARET HOWELL プリーツスカート ¥58,000+税>>MARGARET HOWELL Tシャツ、プリーツスカート初夏のさわやかなイメージを演出するモノトーンの端正な組み合わせマーガレット・ハウエルの流行に左右されることのないモダンなシックなアイテムは、おしゃれな大人の女性のワードローブには欠かせない。今回、森さんがセレクトしたのは、布帛のような張りのあるコットン素材のTシャツと軽やかなイメージのスカート。「今年らしい気分のプリーツスカートを、初夏にふさわしい白で着こなすのがおすすめです」。(森さん) Tシャツは一枚でも様になる張り感があり、柔らかさもある鹿の子織コットンは、サラリとした着心地が魅力。二の腕を華奢に見せる袖のデザインも、大人にうれしいデザインポイント。スカートは適度に張りのある素材感と、ヒップ位置でプリーツが消えるようなデザインのおかげで、腰まわりがすっきりとした印象に。プリーツのラインもシルエットを縦長に見せるのにひと役。MARGARET HOWELL Tシャツ ¥12,000+税>>MARGARET HOWELL プリーツスカート ¥58,000+税>>blanc iris ダイヤモンドピアス ¥38,000+税>>Aeta ディアレザー巾着型ショルダーバッグ ¥34,000+税>>靴¥9,500・ソックス¥2,500/アングローバル(MHL)撮影/菊地 哲 ヘア/hanjee(SIGNO) メイク/佐々木貞江 スタイリスト/森 慶子 モデル/ブレンダ 取材・文/黒澤弥生
  • 「この春は、パンチのある小物を選ぶのがおすすめです。シンプルな着こなしに存在感のある靴やバッグを合わせると、一気に今年らしさが宿ります」と、スタイリストの村山佳世子さん。自身がこの春に購入したものと共に、村山スタイルに欠かせない最新靴&バッグをご紹介。1.村山佳世子の“私的”春アイテム❶「ピンク、グリーン、ブルーの3枚パックTに、代々木上原のセレクトショップ、ペールジュートでひと目惚れ。きれい色をあまり着ない私にとっては、スモーキーカラーのTシャツがちょうどいい」 ❷「たくさん持っているのに、毎シーズンついつい買い足してしまう大好きなかごバッグ。昨年買いそびれたロエベのかごバッグを、この春、手に入れました。ころんとしたかわいいフォルムがお気に入り」 ❸「流行の兆しを見せるハーフパンツ。膝丈の黒なら気負いなくはけるかなと思いシンメのグルカタイプを購入しました。サイズは29。わざとワンサイズアップして、ゆるめシルエットを楽しみます」 ❹「ロエベは、昨シーズンくらいから気になっているブランドです。細身のシルエットとリネン混のラフな素材感が気に入ったカジュアルパンツ。シンプルなトップスとの着こなしも様になる一本です」 ❺「スニーカーは、スポーツメーカーの一足を選びました。少し厚底のモノトーン。デニムスタイルからスカートスタイルまで、どんな着こなしにも合う着回し力と、ほどよいモード感が自慢です」 ❻「今シーズン、白トップスを着るなら、断然サーマルが気分です。素材にニュアンスがあるので、カジュアルボトムとのワンツーコーデもどこか特別感のある雰囲気に。ハイクのロングスリーブを購入」すべて本人私物2.DADスニーカー「ダッド(=お父さん)とネーミングされた、ボリューム感満点のハイテク系厚底スニーカー。ちょっと派手すぎるかな? と思うくらいのものが、今っぽさの決め手に」 ❶フリンジ状のトリミングが特徴的なシルバースニーカーは、見た目のボリューム感をいい意味で裏切る、軽さにも注目したい。 ❷この春、スポーティなメッシュスニーカーを買い足すなら、きれい色で決まり!  ❸スタッズ使いと赤のソールで、存在感たっぷりに仕上がったソックススニーカー。 ❹ボリューム感のあるデザインと上品なピンクベージュのスエード素材のバランスが絶妙。❶¥83,000/トッズ・ジャパン(トッズ) ❷¥77,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) ❸¥149,000/クリスチャンルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン) ❹¥53,000/ブッテロ トーキョー(ブッテロ)3.モード系サンダル「毎年買い足したいサンダル。今季は、リボンやストラップつき、色柄に特徴のあるものなど、いつもより“クセ”のあるタイプで遊びを取り入れてみて。着こなしの鮮度が上昇します」 ❶太めのアンクルリボンとメッシュのボディがモード顔。 ❷アンティーク加工されたレザーがニュアンス満点のブロンズサンダル。ビジューボタンがとびきりキュート。 ❸太めのメタリックヒールとベルトストラップがデザインのポイントに。 ❹レオパード柄部分はサテン、ストラップはスエードと、素材のミックス感もとびきりラグジュアリーな一足。ウエッジソールならハイヒールでも安定感あり。❶¥114,000/カオス丸の内(ジルサンダー) ❷¥86,000(ロシャス)/ドゥロワー 丸の内店 ❸¥76,000(クレジュリー)/ドゥロワー 丸の内店 ❹¥109,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)他の画像を見るeclat5月号掲載 撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/村山佳世子 取材・文/磯部安伽
関連キーワード

RECOMMEND