優しげフェミニンがかなう! “ワンピース見えニットアップ”コーデ4

Web eclat

ワンピース見えニットアップ

華のあるもの、ベーシックなもの……。ニットとスカートがそれぞれ着回しやすいかどうかも要チェック!

白地にシルバーの織り模様でひときわ華やか

銀色の花柄が華やかな印象を与えてくれるセットアップは、春のお出かけの日にぴったりな華やかな雰囲気が魅力。ニット素材だから着席でもしわが気にならず、ラクちんなのも見逃せないポイント。

ニット¥46,000・スカート¥46,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) ネックレス¥250,000/ロンハーマン(タナーズ インディアン アーツ) バッグ¥142,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥37,000/アルアバイル(バルダン)

とろみ素材の黒はリネンジャケットで今っぽく

上品なベージュジャケットを装いの輪郭にして。

ニット¥22,000・スカート¥26,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) ジャケット¥69,000/アマン(カバナ) 帽子¥39,000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) ネックレス¥84,000/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター(ソフィー ブハイ) バッグ¥110,000・チャーム¥39,000/J&Mデヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥69,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(カサディ)

縦長のネイビーに加えた白シャツがよき縁取りに

綿混のワッフル素材のニットプルオーバーとタイトスカートでつくる、ネイビーのセットアップスタイル。インさせた白シャツが縁取り効果となって、清潔感を添えつつ、装いを春らしく更新。全身の色と小物を合わせることで、ニット素材でもラフにならず、ちょっとしたよそ行きスタイルに。

ニット¥39,000・スカート¥39,000/マディソンブルー シャツ¥22,000/ティッカ スカーフ¥23,000/アマン(アルテア) バッグ¥36,000/コード(ヴァジック) 靴¥16,000/デ・プレ

ディテールとシルエットでベージュがモダンに昇華

ゆったりトップスやアシンメトリーなスカートがモード感を加え、今どきのベージュに昇華。

ニット¥25,000・スカート¥38,000/ボウルズ(ハイク) ピアス¥41,000/トゥモローランド(アンコモン マターズ) サングラス¥43,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ストール¥18,000/アパルトモン 青山店(メゾン ド バカンス) バッグ¥318,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥38,000/ザ・グランドインク(ロランス)

ニットアップで優しげフェミニン 記事一覧

柔らかな素材で自然な女性らしさが出せるニット素材のセットアップ、“ニットアップ”は、この春注目のアイテム。アラフィーが選ぶべきデザインと、春の着こなしテクをお披露目。
柔らかな素材で自然な女性らしさが出せるニット素材のセットアップ、“ニットアップ”は、この春注目のアイテム。前を閉めれば1枚でも着られるカーディガン×タイトスカートのニットアップで、着こなしの幅を広げて。
柔らかな素材で自然な女性らしさが出せるニット素材のセットアップ、“ニットアップ”は、この春注目のアイテム。すっきりと美しい縦長シルエットを形成するカーディガンニットアップが主役の、しゃれ見えコーディネートをお披露目!
撮影/魚地武大 スタイリスト/福田亜矢子 取材・文/松井陽子 ※エクラ5月号掲載
関連記事
  • 夏に活躍するリネンのジャケットこんにちは yasukoです ずっと欲しかった ベージュのリネンジャケット 夏は外気と室内の温度差があるので 涼しげなリネンがいい ジャケットはきちんと見えるし 今年は チャレンジした白のワンピースを購入したので ジャケットで甘辛バランスもとれます ジャケット theory 好きなコーデのTシャツ にジーパンに サラッと羽織るだけでも様になる 去年ZARAで夏のジャケットを購入たら 大活躍でしたので 今年も夏のジャケットを購入 キュプラが入っているので 艶感がありさらっしてます 繊細な生地ですので 洗濯はクリーニングに出した方が良さそう ですね 夏の簡単コーデに アラフォーらしくきちんと感を入れたければジャケット yasuko美女組No.162 yasukoのブログ
  • 個人発のECサイトが盛り上がりを見せる中、「FLÉN(フレン)」は早くも実店舗がOPENするという実力派。大人っぽいデザインの中にある繊細な女らしさが特徴のアイテムは絶対に欲しくなるはず!店舗もOPEN! 新潟発、インスタグラマー姉妹のFLÉN(フレン)繊細な女らしさと今っぽさを兼備したスタイルで注目を集め、セレクトショップの立ち上げを発表するとともに顧客が一気に増加。8月には新潟県燕市吉田に店舗をオープン予定。◆https://flen-official.comディレクター 大森亜弥さん(@_by_ami)スタッフ MAOさん(@mao_look)Qブランドを始めたきっかけは?昔から服が好きでSNS歴も長かったため、インフルエンサーとして経験したことを生かしてリアルなセレクトネットショップを始めることにしました。幸いすぐに軌道には乗ったのですが、常に研究や反省をし初心を忘れずに日々努力しています。絶妙な大人の甘さを存分に楽しめるブランドの顔・オーバーサイズトレンチコートは完売→追加を繰り返し、計400枚売れ。スカート¥13000/フレンキャミソール各¥1800/フレン靴¥6000/フレン撮影/さとうしんすけ スタイリスト/門馬ちひろ ※BAILA2019年6月号掲載
  • そろそろ梅雨のシーズンが近づいてきましたね。一日中雨だったり、突然カーッと晴れたり。そんな不安定な天気が多い時期に頼りになる“雨具見えしない”レインシューズ。大人に似合うデザインを信頼ブランドからご紹介いたします!     レペットの代表作であるバレエ靴「サンドリオン」 Repetto/CENDRILLON Baby/¥23,000+税 華奢でクラシカルな雰囲気はそのままに、雨の日も履けるビニール素材で仕上げたのが「サンドリオン・ベイビー」です。つややかなアッパーは、まるでパテントレザーのような高級感。また同色で統一されたアウトソールに施された滑り止めは、ブランドロゴをモチーフにした柄に。見えないところにまで愛らしさのある一足。フレンチシックなブラックとレッドの2色。ヒール1cm。     今年こそ手に入れたい!洗練フォルムのロングセラー Traditional Weatherwear/サイドゴアレインブーツ/¥11,000+税 「高見え力がすごい!」「細身だから黒ブーツなのに重たく見えない」とLEEスタッフの間でも評判&愛用者の多い、サイドゴアのプルストラップ付きショートブーツ。上品な光沢を放つ天然ゴムのアッパーに、ウイングチップやメダリオンのディテールがおしゃれに映えます。足首あたりが少しくびれたすっきりシルエットで、女性らしく美しい履き姿を演出します。履き口からカラーソックスをちらりとのぞかせても素敵!ヒール3cm。     細部にまでレザー見えにこだわった天然ゴム100%のデッキシューズ Traditional Weatherwear/ラバー製デッキシューズ/¥11,000+税 セミマットなツヤ感にサイドのシューレースのディテールなど、レザーのデッキシューズを忠実に再現したデザインが魅力。適度に厚みを持たせた、防水効果の高い天然ゴムのアッパーは見た目以上にしなやかで、足に心地よくフィット。横幅を抑えたスマートなシルエットなので、パンツはもちろん、フェミニンなスカートにも好バランス。ファッション性の高いレイングッズを得意とするブランドならではのワザが光ります。     イタリアのファクトリーブランドが手がける女性が履きやすいおじ靴 HENRY&HENRY/レースアップ レインシューズ/¥3,900+税 数々の高級メゾンの靴を手がける、イタリアのファクトリーから生まれた「ヘンリーアンドヘンリー」。イタリア製にこだわったハイクオリティなデザインと、手の届きやすい価格のバランスが優秀。ほっそりとした端正な形と、本格派なメダリオンディテールが目を引くレースアップシューズは、大人の女性にちょうどいいメンズっぽさ。きちんと感が求めらるシーンにも対応します。雨や汚れに強く手入れの楽なPVC素材。     不安定な天気で憂鬱な日こそ、おしゃれな足元で気持ちよく過ごしたいですよね! 本格的な梅雨の到来前に是非こちらの特集ページをご覧ください!  
  • スタイリスト松村さんのショッピングリストを全公開!その買い物は、新しいおしゃれにトライする「攻め買い」? マイスタイルを支える「守り買い」?思いきって手に入れた「清きよ水みず買い」? 早い時期から新作をたくさん見ているスタイリストが、自分のワードローブに選ぶ自腹買いアイテムとは? スタイリスト 松村純子さんスタイリスト 松村純子さん「“ナチュラルでありながら女っぽい”スタイルが好き」な松村さん。「好きな服がシンプルなぶん、小物でアップデートしていきたい。例えばヘアバンドは自分的には挑戦アイテムですが、『好きなものは好き』と素直に購入しました。少しずつマイスタイルになじませていきたいです」▶︎攻め買いINSCRIREの薄手とろみトレンチ「実はかなり薄手で、光沢感のあるシアーな質感。なのに形はベーシックなトレンチ、という絶妙なバランスに惹かれました」。トレンチコート¥139,000/アマン(アンスクリア)▶︎清水買いhumチェーンブレスレット「少しずつ買い集めているハムのジュエリー。手持ちのバングルや時計との重ねづけをイメージしています」。チェーンブレスレット¥166,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム)▶︎守り買いYLÈVEのオフホワイトニット「ざっくりした編み地のヘルシーな雰囲気がお気に入り。ワイドパンツと合わせたり、ワンピースなどとレイヤードしてもいい」。ニット¥42,000/アングローバル(イレーヴ)▶︎清水買いHERMÈSHのウォッチ4「この深みのあるパープルの色みに惹かれて購入。スタイリングは色で冒険しない私にとって、手もとのちょうどいいさし色になってくれます」。時計/エルメス(本人私物)▶︎攻め買いLa Maison de Lyllisのヘアバンド「私的にはかなり攻めアイテムですが、黒なら使いこなせそう」。ヘアバンド¥5,800/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ラ メゾン ド リリス)▶︎守り買いSergio Rossi & JIMMY CHOOのポインテッドパンプス「どんなにカジュアルな日も、足もとで女っぽさをキープ。ポインテッドトゥはヒールあり、なし両方そろえたい」。(右から)フラットシューズ¥87,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) パンプス¥88,000/ジミー チュウ▶︎守り買いFilMelangeパックTシャツ「特にこのブラウンの色出しが秀逸」。パックTシャツ(3P)¥18,000/ロンハーマン(フィルメランジェ フォー ロンハーマン)▶︎守り買いACNE STUDIOS BLÅ KONSTのストレートデニム「常に自分に合うデニムを探していて、いい出会いがあれば必ず購入」。デニムパンツ¥26,500/アクネ ストゥディオズ アオヤマ(アクネ ストゥディオズ ブロ コンスト)【Marisol6月号2019年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/発田美穂
  • 夏のマストアイテムといえば「Tシャツ」。カジュアルすぎず、上品さをひとさじ加えた働く40代のためのTシャツコーデをまとめてご紹介。【目次】 ■スカート派も、パンツ派も! Tシャツのきれいめコーデカタログ ■働くアラフォー「美女組」のリアルTシャツコーデは? スカート派も、パンツ派も! Tシャツのきれいめコーデカタログ■ロゴTシャツ×キャッチーな赤いマキシスカートのコーデベーシックカラーならどれも赤と相性がよいけれど、ジャケットにベージュを選べば優しげな印象のなかにも洒落感を覗かせてくれる。ジャケット¥9,800/フレームワーク ルミネ新宿店(ロスコ) Tシャツ¥12,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(エーピー ストゥディオ) スカート¥37,000/ロンハーマン(シーピー シェイズ フォー ロンハーマン) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥43,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ネブローニ) バングル¥14,000/リエス(メゾン ボワネ) ▶ロゴTシャツ×キャッチーな赤いマキシスカートのコーデ 詳細はこちら■カジュアルなTシャツ×レーススカートのコーデよく目にするのが、透け感の強いレースアイテム。むずかしそうに見えますが、質感とテイスト、どちらも対極にあるカットソーTシャツを足せば、グッと身近に。これ以上の女っぷりは必要ないのであぜ編みニットのざっくり感や肌露出を減らすレギンスを足し算。Tシャツ¥7,000(ヘインズ × カーラ)・スカート¥54,000(サード マガジン)/サード マガジン 肩にかけたニット¥28,000・レギンス¥15,000/ボウルズ(ハイク) ピアス各¥15,000/ショールームセッション(マリア ブラック) バッグ¥188,000/ジミー チュウ 靴¥78,000/ジャーナル スタンダード レサージュ  青山店(ミッシェル ヴィヴィアン)▶カジュアルなTシャツ×レーススカートのコーデ 詳細はこちら■コンパクトなTシャツ×大きめジャケットのコーデTシャツをコンパクトにしてインのコーデをピタふわシルエットにすれば、大きめジャケットをバサッとはおってもグッドバランスに決まる。仕上げに小さめバッグやパールでさりげなく旬のアクセントを加えれば、さらにメリハリとしゃれ感がアップ。パンツ¥28,000/オーラリー ジャケット¥39,000/カオス丸の内(カオス) Tシャツ¥14,000/エイトン青山(エイトン) ネックレス¥18,000/バーニーズ ニューヨーク(ベン アムン) バッグ¥73,000/エドストローム オフィス(サイモン ミラー) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ)▶コンパクトなTシャツ×大きめジャケットのコーデ 詳細はこちら■きれいめTシャツ×再びトレンドに戻ってきたショートパンツのコーデ上品な光沢とほどよい厚み、大人のためのきれいめTシャツの決定版。再びトレンドに戻ってきたショートパンツ合わせも、品よく決まる。 Tシャツ¥7,800/スローン ジャケット¥42,000(ヴェルメイユ パー イエナ)・バッグ¥141,000(ザンケッティ)/ヴェルメイユパー イエナ 日本橋店 パンツ¥23,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) メガネ¥27,000/オプティカルテーラー クレイドル青山店(GLCO) ネックレス¥14,000/フレームワーク ルミネ新宿店(フレームワーク) ベルト¥16,000/サード マガジン(プントヴィータ) バングル¥45,000/TOMORROWLAND(アンコモンマターズ) ストール¥29,000/ロンハーマン(アソース メレ フォー ロンハーマン)▶きれいめTシャツ×ショートパンツのコーデ 詳細はこちら■胸ポケットつきの白Tシャツ×おなかではけるハイウエストデニムおなかではけるハイウエストデニム、胸ポケットつきの白Tシャツなど、定番のカジュアルにも"上半身を小さく見せる"ひと工夫を。縦長アウターの力を借りれば、Iラインがきわだち、いっそうスタイルよく。コート¥49,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) Tシャツ¥11,000/サザビーリーグ(ラッド バイ デミリー) デニム¥22,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) バングル¥39,000・リング¥26,000/エストネーション(アリアナ ブサード ライフォル) バッグ¥128,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥19,000/アルアバイル▶胸ポケットつきの白Tシャツ×おなかではけるハイウエストデニム 詳細はこちら■マニッシュなカーキのTシャツ×ベイカーパンツのコーデマニッシュなカーキのTシャツはすそに少し前後差があるのでアウトにしても着こなしやすく、ボトムスを選ばずに着こなせてかなり使える!Tシャツ【徳原文子さんコラボ】¥7,200(エムセブンデイズ)・靴¥22,000(ファビオ・ルスコーニ)・ベイカーパンツ¥19,000(シンゾーン)・オリジナル ボート アンド トートバッグ ミディアム オープントップ¥6,900(エルエルビーン)/SHOP Marisol 帽子/スタイリスト私物▶マニッシュなカーキのTシャツ×ベイカーパンツのコーデ 詳細はこちら■白Tシャツ×デニムのシンプルコーデTシャツ×デニムと言えばすぐに思い浮かぶ永遠のアイコン、ジェームズ・ディーンや白洲次郎、吉田栄作のようにいつの時代も男ゴコロをくすぐる青春コーデは、女性が着てもかっこいい。しかもこちらのコーデ、何を合わせても着こなしやすいのが特徴で、アラフォーが着こなすなら黒シャツワンピースをガウンのように羽織って、赤小物で色をさせば、一気に女っぷりがあがる。ワンピース¥48,000/アングローバル(イレーヴ) Tシャツ¥5,000/ユナイト ナイン(カラフル スタンダード) デニムパンツ¥43,000/サードマガジン(リダン) ネックレス¥54,000/アパルトモン 青山店(ハルポ) ストール¥27,000/ビームス ハウス 丸の内(ファリエロ サルティ) バッグ¥24,000/アマン(アルテサーノ) 靴¥25,000/essence of ANAYI(ファビオ ルスコーニ)▶白Tシャツ×デニムのシンプルコーデ 詳細はこちら■白Tシャツ×女らしいスカートのコーデ旬の〝ダサ可愛い〞足もとで一気にコーデが今年顔に! "ダッド=休日に父親が履くような"野暮ったさが、コーデのアクセントになる! とメンズから火がついたこのブーム。マリソル世代が取り入れるなら、女らしいスカートの足もとに、がおすすめ。スニーカーだから歩きやすいのはもちろん、厚底でスタイルアップがかなうのもひそかなメリット。スニーカー¥28,000/オーラリー(東京デザインスタジオニューバランス×オーラリー) Tシャツ¥19,000/スティーブン アラン トーキョー(サヤカ デイヴィス) ニット¥28,000/メイデン・カンパニー(アンデルセン-アンデルセン) スカート¥38,000/ブルーバード ブルバード ピアス¥11,000/アルアバイル(フィリップ・オーディベール) サングラス¥21,000/フレームワーク ルミネ新宿店(レイ バン) ネックカフ¥28,000(ロンハーマン ジュエリー)・バッグ¥30,000(ヤング&オルセン ザ ドライグッズ ストア)/ロンハーマン▶白Tシャツ×女らしいスカートのコーデ 詳細はこちら■Tシャツ×ゆるやかに広がるスカートコーデ腰からヒップはすっきりと、すそに向かってゆるやかに広がる計算されたシルエットがこのコーデのグッドポイント。Tシャツとのワンツーコーデも、スカートのシルエットの美しさでぐっと着映える。小脇に抱えたクラッチバッグとシースルーパンプスはシルバーで統一して、華やか&クールに着こなして。【徳原文子さんコラボ】Tシャツ¥7,200・スカート¥16,000(エムセブンデイズ) シルバーチュールパンプス¥24,000(ファビオ ルスコーニ)・ショルダーつき2wayバッグ¥19,000(ジャンニ キアリーニ)/SHOP Marisol バングル/スタイリスト私物▶Tシャツ×ゆるやかに広がるスカートコーデ の詳細はこちら■ベージュTシャツ×レーススカートのコーデ甘派が大好きなレースも、黒なら少し大人っぽい印象で辛派でも着こなせる。ここに白Tシャツのように爽やかすぎない、ベージュTシャツを合わせれば、さりげない大人のカジュアルデートコーデの完成。Tシャツ¥13,000/ティッカ 肩がけしたカーディガン¥31,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(スローン) スカート¥54,000/サード マガジン 帽子¥12,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ラ メゾン ド リリス) バッグ¥45,000/ジャンニ キアリーニ 表参道店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ)▶ベージュTシャツ×レーススカートのコーデ 詳細はこちら働くアラフォー「美女組」のリアルTシャツコーデは?\アラフォーの読者ブロガー「美女組」 No.162 yasukoさんのTシャツコーデをチェック/Tシャツ Hanes × beefy スカート MADISONBLUE シューズ converse バック Tod's▶No.162 yasukoさんのTシャツコーデ 詳細はこちら\アラフォーの読者ブロガー「美女組」 No.164 kanaさんのTシャツコーデをチェック/AURALEE / シームレス クルーネック ビッグTシャツ ¥8,100(税込) ▶No.164 kanaさんのTシャツコーデ 詳細はこちら\アラフォーの読者ブロガー「美女組」 No.109 yukieさんのTシャツコーデをチェック/GU/ヘビーウェイトオーバーサイズTシャツ 白 ¥1490(+税)▶No.109 yukieさんのTシャツコーデ 詳細はこちら\アラフォーの読者ブロガー「美女組」No.163 tomomiyuさんのTシャツコーデをチェック/UNIQLO U/クルーネックT▶No.163 tomomiyuさんのTシャツコーデ 詳細はこちら
  • 夏に向けての準備に! スタイリスト高野麻子さんが気になるNEWS☆ASICSTIGER 人気イラストレーターとコラボ! 『アシックスタイガー渋谷』のオープン1周年を記念してイラストレーター長場雄さんとのコラボアイテムが登場。コンセプトは“彼女に恋する男の子”。シンプルながら、味があって愛らしい。Tシャツ¥4000・帽子¥4200/アシックスジャパン(アシックスタイガー)PETIT BATEAU × BOTTER 楽しげで、心躍るプリントを♪ 『プチバトー』とのコラボレートコレクションを手がけたのは、オランダ人デュオによる注目ブランド『ボッター』。ひとひねりある手描きのフラワープリントのドレスは「大人に似合うカラフルさが素敵です」¥20000/プチバトー・カスタマーセンター(プチバトー) CAT IN DA HOUSE! 猫好きさん、いかがですか? “猫を愛する人の生活をおしゃれに彩るもの”を提案するブランド。もこもこの刺しゅうで猫の顔を描いたかごバッグが夏の人気アイテム。「愛嬌のある表情がたまらないんです!」(縦16㎝×横32㎝×マチ12㎝)各¥14000/フラッパーズ(キャット イン ダ ハウス) See By Chloé アイコンバッグがデニムになった アイコン的な人気のバッグ5型のボディをデニム素材にした、これからの季節にぴったりのカプセルコレクション。4/27発売。(上・縦30㎝×横36㎝×マチ4㎝)¥34000・(下・縦18㎝×横22㎝×マチ7㎝)¥47000/クロエ カスタマーリレーションズ(シーバイクロエ)atelier ST, CAT × nano・universe カジュアル服に映える女っぽさ 「今のイヤリングブームをつくったといっても過言ではないアクセブランドと野尻美穂さんとの“さすが!”なコラボです」(右)¥18500・(左)¥22500/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(アトリエ エスティーキャット×ナノ・ユニバース バイ ミホノジリ)MAISON SPECIAL “スペシャル”を“スタンダード”に オンオフを問わずおしゃれを楽しむ大人に向けた新ブランドがデビュー。「一見ベーシックだけど表情のあるワッフル素材を使っていたり。日常がちょっぴり特別になるアイテムをワードローブに加えてみませんか?」。ブラウス¥26000・スカート¥26000/メゾン スペシャルSHAKA × FREAK’S STORE スポサンの季節がやってくる! 南アフリカ発の『シャカ』といえば近年のスポサンブームを牽引してきたブランドのひとつ。人気モデル「FIESTA」のチャンキーヒールデザインは『フリークス ストア』でしか手に入らないスペシャル。各¥10800/フリークス ストア渋谷(シャカ×フリークス ストア) ♡6月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/坂田幸一 スタイリスト/高野麻子
  • 夏スタイルをシックに仕上げるなら大人仕様のキャメルカラーを選ぶべし※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができますお仕事スカートの強い味方といえば、やっぱりすっきりシルエットのタイトスカートに決まり。斜めに入ったラップ風切り替えが、気になるおなかを目立たせず着やせ効果を発揮してくれるし、ウォッシャブルだからお家でも洗えて重宝する一枚。スカートがシャープな分、トップスにはふんわり甘めなものを選んで。スカート¥13,000(エムセブンデイズ)・エンブロイダリーブラウス¥26,000(ティッカ)・ショルダーバッグ【レヴューリザードミニ】¥18,000(トフ&ロードストーン)・ドットチュールサンダル¥23,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
  • 年々暑さが厳しくなる夏に向け、「やっぱり着たい!」という声の多いノースリーブワンピース。全体のシルエットや素材感、アームホールのあき具合など、細部にまでこだわったワンピースなら、ラクちんな着心地で大人の体型をきれいに見せてくれます。アラフィー世代から人気のブランドの“ほぼノースリーブワンピース”をお披露目。定番のベーシックカラーはカッティングやシルエットにこだわった逸品ぞろい都会的でリュクスな女らしさのある「ADORE」 すそにかけて控えめに広がるシルエットが上品な、リネンのベージュワンピース。アームホールが内側にくびれることなくまっすぐなラインに見せてくれるので、二の腕がすっきり細見え。 ワンピース¥52,000/ADORE ピアス¥29,000/エスケーパーズ(モダン ウィーヴィング) バングル¥12,000/ミュラー オブ ヨシオクボ ストール¥27,500/カオス丸の内(アソース メレ) バッグ¥34,000(ヘリュー)・靴¥69,000(ジュゼッペ ザノッティ)/以上アパルトモン 青山店1.洗練された上質カジュアルが魅力の「ATON」 白肌はもちろん、ほんのり焼けた夏の肌とも相性のいいブラウンは、少し透けを感じさせるメッシュ素材で重く見えないのがいい。たっぷりとドレープを施すことで、丸みのある体型でも肉感を拾わずボディラインをカバーしてくれる。ぴったりしない袖口が腕からわき肉を目立たせないつくりに。 ワンピース¥55,000/エイトン青山(エイトン)2.トレンドの効かせ方が絶妙な「ESSEN.LAUTREAMONT」 前後ともにVネックになっているので、デコルテまわりと背中をすっきりシャープに、またウエストよりも少し高い位置についた共布リボンが、腰高ポイントを強調し脚長に見せてくれる。結ぶとエレガントに、自然にたらしてもノンシャランなムードでこなれて見える。ワンピース(リボンつき)¥42,000/エッセン.ロートレアモン3.エレガントなモード感が味わえる「CYCLAS」 コンサバになりがちなネイビーのワンピースを、張りのある素材感とモダンなデザインで、洗練された大人の印象に。さらにウエスト後ろにはゴムが入っているので、後ろ姿を自然とシャープに見せてくれる。ポケットがサイドについているのもうれしい。 ワンピース(ベルトつき)¥89,000/ザ シークレットクロゼット神宮前(シクラス)>>「雰囲気出しワンピース」の記事はこちらから撮影/西崎博哉(MOUSTACHE/モデル) 坂根綾子(物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ 撮影協力/アンダーズ 東京 ※エクラ6月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND