【人気スタイリスト福田亜矢子の辛口ベーシック服】今すぐ着たい春アイテムを厳選

Web eclat

Chaosのリネンダブルジャケット

「ジャケットが得意なカオス。前シーズンから大ヒットしている、身幅がゆったりとした、着丈も長い今どきフォルムのジャケットは、1枚仕立てで気軽にはおりやすく、コーディネートでも大活躍。そこで今シーズン絶対重宝する、ホワイトを別注しました。リネン素材だからまじめにならず、白のもつ女らしさも楽しめます。」(福田さん)

白のもつ正装感と気負いなくはおれるオーバーサイズの今っぽいバランスが絶妙。着るほどに体になじみ、風合いが増すのもうれしい。京都の職人によるていねいな仕立ても魅力。

デニムパンツ¥24,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ピアス¥20,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バングル¥19,000(キャッツ)・バッグ¥156,000(ザンケッティ)/以上カオス丸の内

THIRD MAGAZINEのワッフルプルオーバー&リネンペプラムスカート

「ほどよくエッジを効かせたモードなデザインで、存在感のある着こなしがかなうサードマガジンに、華やかだけれど決してスイートになりすぎないサックスブルーのロングスカートと、上半身の丸みや肉感を感じさせない立体感のあるプルオーバートップスを別注。この組み合わせは、まさに私が今すぐ着たいスタイル!」(福田さん)

プルオーバーは、カジュアルなワッフル素材ながら、後ろ姿が美しく見える背中あきデザインで女らしいたたずまいに。一枚で着映えするゆったり長めの着丈は、少しだけインすれば自然な立体感が。
腰まわりはギャザーなしですっきり、裾に向かってマーメイドラインを描く人気のペプラムスカートを、春のきれい色で別注。リネンの風合いを生かしつつしわになりにくいのも優秀。
ピアス¥37,000/サードマガジン(アニカ イネズ) バッグ¥32,000/コード(ヴァジック)

TICCAのビッグロングシャツ

「シャツに定評のあるティッカの定番シャツワンピースは、体のラインを拾わないビッグシルエットと、ほっこりしないメンズライクなストライプ柄がお気に入り。特に今シーズンは、一枚で着るのはもちろん、シャツワンピースの下にデニムを重ねたり、前を開けてはおりにしたりと、いろいろな着方が楽しめます。」(福田さん)

カラー違い、素材違いでそろえるファンも多い、ティッカで最も人気のアイテム。ボタンを多めに開けて着れば、ボーイッシュな雰囲気が一転、襟がきれいに抜けて女らしい印象に。

デニムパンツ¥19,000/ゲストリスト(レッドカード)  ピアス¥23,500/フラッパーズ(シャルロット ウーニング)

MADISONBLUEのリネンガウンコート&セルビッチジャカードデニム

「着丈やフォルム、リネンの種類などトレンドや時代の気分に合わせて毎年少しずつアップデートされているガウンコートは、私も愛用している定番アイテム。また、大人になると年々むずかしいと感じるデニムは、このブランドならではのこだわりが凝縮された一本。自然とスタイルアップできるので、きっと出番も多いはず。」(福田さん)

本来カジュアルなリネンを、ほどよく厚みと張りのある質感でクールな雰囲気に仕立てて。細部までカッティングにこだわった珠玉の一枚は、まるで羽根のような着心地のよさ!
丸みのある腰まわりのシルエットが下半身をすっきり、さらにダーツが入ったヒップ部分がおしりをキュッと高く見せてくれる。短いトップスを合わせても、自信をもって着こなせる。
撮影/金谷章平 ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/田沢美亜 取材・文/坪田あさみ
関連記事
  • 夏に活躍するリネンのジャケットこんにちは yasukoです ずっと欲しかった ベージュのリネンジャケット 夏は外気と室内の温度差があるので 涼しげなリネンがいい ジャケットはきちんと見えるし 今年は チャレンジした白のワンピースを購入したので ジャケットで甘辛バランスもとれます ジャケット theory 好きなコーデのTシャツ にジーパンに サラッと羽織るだけでも様になる 去年ZARAで夏のジャケットを購入たら 大活躍でしたので 今年も夏のジャケットを購入 キュプラが入っているので 艶感がありさらっしてます 繊細な生地ですので 洗濯はクリーニングに出した方が良さそう ですね 夏の簡単コーデに アラフォーらしくきちんと感を入れたければジャケット yasuko美女組No.162 yasukoのブログ
  • 個人発のECサイトが盛り上がりを見せる中、「FLÉN(フレン)」は早くも実店舗がOPENするという実力派。大人っぽいデザインの中にある繊細な女らしさが特徴のアイテムは絶対に欲しくなるはず!店舗もOPEN! 新潟発、インスタグラマー姉妹のFLÉN(フレン)繊細な女らしさと今っぽさを兼備したスタイルで注目を集め、セレクトショップの立ち上げを発表するとともに顧客が一気に増加。8月には新潟県燕市吉田に店舗をオープン予定。◆https://flen-official.comディレクター 大森亜弥さん(@_by_ami)スタッフ MAOさん(@mao_look)Qブランドを始めたきっかけは?昔から服が好きでSNS歴も長かったため、インフルエンサーとして経験したことを生かしてリアルなセレクトネットショップを始めることにしました。幸いすぐに軌道には乗ったのですが、常に研究や反省をし初心を忘れずに日々努力しています。絶妙な大人の甘さを存分に楽しめるブランドの顔・オーバーサイズトレンチコートは完売→追加を繰り返し、計400枚売れ。スカート¥13000/フレンキャミソール各¥1800/フレン靴¥6000/フレン撮影/さとうしんすけ スタイリスト/門馬ちひろ ※BAILA2019年6月号掲載
  • そろそろ梅雨のシーズンが近づいてきましたね。一日中雨だったり、突然カーッと晴れたり。そんな不安定な天気が多い時期に頼りになる“雨具見えしない”レインシューズ。大人に似合うデザインを信頼ブランドからご紹介いたします!     レペットの代表作であるバレエ靴「サンドリオン」 Repetto/CENDRILLON Baby/¥23,000+税 華奢でクラシカルな雰囲気はそのままに、雨の日も履けるビニール素材で仕上げたのが「サンドリオン・ベイビー」です。つややかなアッパーは、まるでパテントレザーのような高級感。また同色で統一されたアウトソールに施された滑り止めは、ブランドロゴをモチーフにした柄に。見えないところにまで愛らしさのある一足。フレンチシックなブラックとレッドの2色。ヒール1cm。     今年こそ手に入れたい!洗練フォルムのロングセラー Traditional Weatherwear/サイドゴアレインブーツ/¥11,000+税 「高見え力がすごい!」「細身だから黒ブーツなのに重たく見えない」とLEEスタッフの間でも評判&愛用者の多い、サイドゴアのプルストラップ付きショートブーツ。上品な光沢を放つ天然ゴムのアッパーに、ウイングチップやメダリオンのディテールがおしゃれに映えます。足首あたりが少しくびれたすっきりシルエットで、女性らしく美しい履き姿を演出します。履き口からカラーソックスをちらりとのぞかせても素敵!ヒール3cm。     細部にまでレザー見えにこだわった天然ゴム100%のデッキシューズ Traditional Weatherwear/ラバー製デッキシューズ/¥11,000+税 セミマットなツヤ感にサイドのシューレースのディテールなど、レザーのデッキシューズを忠実に再現したデザインが魅力。適度に厚みを持たせた、防水効果の高い天然ゴムのアッパーは見た目以上にしなやかで、足に心地よくフィット。横幅を抑えたスマートなシルエットなので、パンツはもちろん、フェミニンなスカートにも好バランス。ファッション性の高いレイングッズを得意とするブランドならではのワザが光ります。     イタリアのファクトリーブランドが手がける女性が履きやすいおじ靴 HENRY&HENRY/レースアップ レインシューズ/¥3,900+税 数々の高級メゾンの靴を手がける、イタリアのファクトリーから生まれた「ヘンリーアンドヘンリー」。イタリア製にこだわったハイクオリティなデザインと、手の届きやすい価格のバランスが優秀。ほっそりとした端正な形と、本格派なメダリオンディテールが目を引くレースアップシューズは、大人の女性にちょうどいいメンズっぽさ。きちんと感が求めらるシーンにも対応します。雨や汚れに強く手入れの楽なPVC素材。     不安定な天気で憂鬱な日こそ、おしゃれな足元で気持ちよく過ごしたいですよね! 本格的な梅雨の到来前に是非こちらの特集ページをご覧ください!  
  • スタイリスト松村さんのショッピングリストを全公開!その買い物は、新しいおしゃれにトライする「攻め買い」? マイスタイルを支える「守り買い」?思いきって手に入れた「清きよ水みず買い」? 早い時期から新作をたくさん見ているスタイリストが、自分のワードローブに選ぶ自腹買いアイテムとは? スタイリスト 松村純子さんスタイリスト 松村純子さん「“ナチュラルでありながら女っぽい”スタイルが好き」な松村さん。「好きな服がシンプルなぶん、小物でアップデートしていきたい。例えばヘアバンドは自分的には挑戦アイテムですが、『好きなものは好き』と素直に購入しました。少しずつマイスタイルになじませていきたいです」▶︎攻め買いINSCRIREの薄手とろみトレンチ「実はかなり薄手で、光沢感のあるシアーな質感。なのに形はベーシックなトレンチ、という絶妙なバランスに惹かれました」。トレンチコート¥139,000/アマン(アンスクリア)▶︎清水買いhumチェーンブレスレット「少しずつ買い集めているハムのジュエリー。手持ちのバングルや時計との重ねづけをイメージしています」。チェーンブレスレット¥166,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム)▶︎守り買いYLÈVEのオフホワイトニット「ざっくりした編み地のヘルシーな雰囲気がお気に入り。ワイドパンツと合わせたり、ワンピースなどとレイヤードしてもいい」。ニット¥42,000/アングローバル(イレーヴ)▶︎清水買いHERMÈSHのウォッチ4「この深みのあるパープルの色みに惹かれて購入。スタイリングは色で冒険しない私にとって、手もとのちょうどいいさし色になってくれます」。時計/エルメス(本人私物)▶︎攻め買いLa Maison de Lyllisのヘアバンド「私的にはかなり攻めアイテムですが、黒なら使いこなせそう」。ヘアバンド¥5,800/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ラ メゾン ド リリス)▶︎守り買いSergio Rossi & JIMMY CHOOのポインテッドパンプス「どんなにカジュアルな日も、足もとで女っぽさをキープ。ポインテッドトゥはヒールあり、なし両方そろえたい」。(右から)フラットシューズ¥87,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) パンプス¥88,000/ジミー チュウ▶︎守り買いFilMelangeパックTシャツ「特にこのブラウンの色出しが秀逸」。パックTシャツ(3P)¥18,000/ロンハーマン(フィルメランジェ フォー ロンハーマン)▶︎守り買いACNE STUDIOS BLÅ KONSTのストレートデニム「常に自分に合うデニムを探していて、いい出会いがあれば必ず購入」。デニムパンツ¥26,500/アクネ ストゥディオズ アオヤマ(アクネ ストゥディオズ ブロ コンスト)【Marisol6月号2019年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/発田美穂
  • 池尻大橋にある THE GLOBE ANTIQUES & CAFEへ☕︎ 店内はアンティークな家具が置いてある ヨーロピアンな雰囲気のカフェです!チーズケーキをいただきました♡この日はジャケットにパンツスタイル! 中には重宝している UNIQLO UのTシャツを合わせました。 バイラーズ れなさん*ももちゃん*まりんちゃん*ともみさん足元は白のスニーカーで外しました バイラーズの方に会うと 皆さん色んな分野で活躍されていて素敵だなと 毎度毎度、良い刺激をもらっています。 楽しかった〜〜 また更新します(^ ^) スーパーバイラーズ 山田裕美子のブログ
  • 最高に今っぽいセットアップを旬小物で飾って仕事もデートもOKに!速攻おしゃれにキマるセットアップを夏に向けてアップデート! きちんと感のあるジャケットに軽快なバミューダパンツ。淡いベージュコーデをおしゃれに引き締めるのはインのブラウンT。この新鮮な着こなしバランスとトレンド配色で確実にセンスアップして。仕上げにパールネックレスとピンヒールで気品を、ベレー帽とかごバッグで可愛げをトッピング。今日は定時で上がって出張帰りの彼を駅まで迎えに行く約束♡ こんなコーデならテンション上がって仕事もはかどる、はかどるっ♪ジャケット¥32000・パンツ¥16000/ルーニィ Tシャツ¥8000/ビショップ(ハンドバーク) 靴¥46000/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ¥36000/エリオポール代官山(ラダ) 帽子¥3600/フリークス ストア渋谷 ピアス¥6400/リフラティ シップス ルミネ横浜店(ランドシヌール) ネックレス¥23000/カドー 伊勢丹新宿店佐藤栞里の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡6月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/佐藤栞里 スタイリスト/石上美津江 
  • 夏のマストアイテムといえば「Tシャツ」。カジュアルすぎず、上品さをひとさじ加えた働く40代のためのTシャツコーデをまとめてご紹介。【目次】 ■スカート派も、パンツ派も! Tシャツのきれいめコーデカタログ ■働くアラフォー「美女組」のリアルTシャツコーデは? スカート派も、パンツ派も! Tシャツのきれいめコーデカタログ■ロゴTシャツ×キャッチーな赤いマキシスカートのコーデベーシックカラーならどれも赤と相性がよいけれど、ジャケットにベージュを選べば優しげな印象のなかにも洒落感を覗かせてくれる。ジャケット¥9,800/フレームワーク ルミネ新宿店(ロスコ) Tシャツ¥12,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(エーピー ストゥディオ) スカート¥37,000/ロンハーマン(シーピー シェイズ フォー ロンハーマン) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥43,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ネブローニ) バングル¥14,000/リエス(メゾン ボワネ) ▶ロゴTシャツ×キャッチーな赤いマキシスカートのコーデ 詳細はこちら■カジュアルなTシャツ×レーススカートのコーデよく目にするのが、透け感の強いレースアイテム。むずかしそうに見えますが、質感とテイスト、どちらも対極にあるカットソーTシャツを足せば、グッと身近に。これ以上の女っぷりは必要ないのであぜ編みニットのざっくり感や肌露出を減らすレギンスを足し算。Tシャツ¥7,000(ヘインズ × カーラ)・スカート¥54,000(サード マガジン)/サード マガジン 肩にかけたニット¥28,000・レギンス¥15,000/ボウルズ(ハイク) ピアス各¥15,000/ショールームセッション(マリア ブラック) バッグ¥188,000/ジミー チュウ 靴¥78,000/ジャーナル スタンダード レサージュ  青山店(ミッシェル ヴィヴィアン)▶カジュアルなTシャツ×レーススカートのコーデ 詳細はこちら■コンパクトなTシャツ×大きめジャケットのコーデTシャツをコンパクトにしてインのコーデをピタふわシルエットにすれば、大きめジャケットをバサッとはおってもグッドバランスに決まる。仕上げに小さめバッグやパールでさりげなく旬のアクセントを加えれば、さらにメリハリとしゃれ感がアップ。パンツ¥28,000/オーラリー ジャケット¥39,000/カオス丸の内(カオス) Tシャツ¥14,000/エイトン青山(エイトン) ネックレス¥18,000/バーニーズ ニューヨーク(ベン アムン) バッグ¥73,000/エドストローム オフィス(サイモン ミラー) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ)▶コンパクトなTシャツ×大きめジャケットのコーデ 詳細はこちら■きれいめTシャツ×再びトレンドに戻ってきたショートパンツのコーデ上品な光沢とほどよい厚み、大人のためのきれいめTシャツの決定版。再びトレンドに戻ってきたショートパンツ合わせも、品よく決まる。 Tシャツ¥7,800/スローン ジャケット¥42,000(ヴェルメイユ パー イエナ)・バッグ¥141,000(ザンケッティ)/ヴェルメイユパー イエナ 日本橋店 パンツ¥23,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) メガネ¥27,000/オプティカルテーラー クレイドル青山店(GLCO) ネックレス¥14,000/フレームワーク ルミネ新宿店(フレームワーク) ベルト¥16,000/サード マガジン(プントヴィータ) バングル¥45,000/TOMORROWLAND(アンコモンマターズ) ストール¥29,000/ロンハーマン(アソース メレ フォー ロンハーマン)▶きれいめTシャツ×ショートパンツのコーデ 詳細はこちら■胸ポケットつきの白Tシャツ×おなかではけるハイウエストデニムおなかではけるハイウエストデニム、胸ポケットつきの白Tシャツなど、定番のカジュアルにも"上半身を小さく見せる"ひと工夫を。縦長アウターの力を借りれば、Iラインがきわだち、いっそうスタイルよく。コート¥49,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) Tシャツ¥11,000/サザビーリーグ(ラッド バイ デミリー) デニム¥22,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) バングル¥39,000・リング¥26,000/エストネーション(アリアナ ブサード ライフォル) バッグ¥128,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥19,000/アルアバイル▶胸ポケットつきの白Tシャツ×おなかではけるハイウエストデニム 詳細はこちら■マニッシュなカーキのTシャツ×ベイカーパンツのコーデマニッシュなカーキのTシャツはすそに少し前後差があるのでアウトにしても着こなしやすく、ボトムスを選ばずに着こなせてかなり使える!Tシャツ【徳原文子さんコラボ】¥7,200(エムセブンデイズ)・靴¥22,000(ファビオ・ルスコーニ)・ベイカーパンツ¥19,000(シンゾーン)・オリジナル ボート アンド トートバッグ ミディアム オープントップ¥6,900(エルエルビーン)/SHOP Marisol 帽子/スタイリスト私物▶マニッシュなカーキのTシャツ×ベイカーパンツのコーデ 詳細はこちら■白Tシャツ×デニムのシンプルコーデTシャツ×デニムと言えばすぐに思い浮かぶ永遠のアイコン、ジェームズ・ディーンや白洲次郎、吉田栄作のようにいつの時代も男ゴコロをくすぐる青春コーデは、女性が着てもかっこいい。しかもこちらのコーデ、何を合わせても着こなしやすいのが特徴で、アラフォーが着こなすなら黒シャツワンピースをガウンのように羽織って、赤小物で色をさせば、一気に女っぷりがあがる。ワンピース¥48,000/アングローバル(イレーヴ) Tシャツ¥5,000/ユナイト ナイン(カラフル スタンダード) デニムパンツ¥43,000/サードマガジン(リダン) ネックレス¥54,000/アパルトモン 青山店(ハルポ) ストール¥27,000/ビームス ハウス 丸の内(ファリエロ サルティ) バッグ¥24,000/アマン(アルテサーノ) 靴¥25,000/essence of ANAYI(ファビオ ルスコーニ)▶白Tシャツ×デニムのシンプルコーデ 詳細はこちら■白Tシャツ×女らしいスカートのコーデ旬の〝ダサ可愛い〞足もとで一気にコーデが今年顔に! "ダッド=休日に父親が履くような"野暮ったさが、コーデのアクセントになる! とメンズから火がついたこのブーム。マリソル世代が取り入れるなら、女らしいスカートの足もとに、がおすすめ。スニーカーだから歩きやすいのはもちろん、厚底でスタイルアップがかなうのもひそかなメリット。スニーカー¥28,000/オーラリー(東京デザインスタジオニューバランス×オーラリー) Tシャツ¥19,000/スティーブン アラン トーキョー(サヤカ デイヴィス) ニット¥28,000/メイデン・カンパニー(アンデルセン-アンデルセン) スカート¥38,000/ブルーバード ブルバード ピアス¥11,000/アルアバイル(フィリップ・オーディベール) サングラス¥21,000/フレームワーク ルミネ新宿店(レイ バン) ネックカフ¥28,000(ロンハーマン ジュエリー)・バッグ¥30,000(ヤング&オルセン ザ ドライグッズ ストア)/ロンハーマン▶白Tシャツ×女らしいスカートのコーデ 詳細はこちら■Tシャツ×ゆるやかに広がるスカートコーデ腰からヒップはすっきりと、すそに向かってゆるやかに広がる計算されたシルエットがこのコーデのグッドポイント。Tシャツとのワンツーコーデも、スカートのシルエットの美しさでぐっと着映える。小脇に抱えたクラッチバッグとシースルーパンプスはシルバーで統一して、華やか&クールに着こなして。【徳原文子さんコラボ】Tシャツ¥7,200・スカート¥16,000(エムセブンデイズ) シルバーチュールパンプス¥24,000(ファビオ ルスコーニ)・ショルダーつき2wayバッグ¥19,000(ジャンニ キアリーニ)/SHOP Marisol バングル/スタイリスト私物▶Tシャツ×ゆるやかに広がるスカートコーデ の詳細はこちら■ベージュTシャツ×レーススカートのコーデ甘派が大好きなレースも、黒なら少し大人っぽい印象で辛派でも着こなせる。ここに白Tシャツのように爽やかすぎない、ベージュTシャツを合わせれば、さりげない大人のカジュアルデートコーデの完成。Tシャツ¥13,000/ティッカ 肩がけしたカーディガン¥31,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(スローン) スカート¥54,000/サード マガジン 帽子¥12,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ラ メゾン ド リリス) バッグ¥45,000/ジャンニ キアリーニ 表参道店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ)▶ベージュTシャツ×レーススカートのコーデ 詳細はこちら働くアラフォー「美女組」のリアルTシャツコーデは?\アラフォーの読者ブロガー「美女組」 No.162 yasukoさんのTシャツコーデをチェック/Tシャツ Hanes × beefy スカート MADISONBLUE シューズ converse バック Tod's▶No.162 yasukoさんのTシャツコーデ 詳細はこちら\アラフォーの読者ブロガー「美女組」 No.164 kanaさんのTシャツコーデをチェック/AURALEE / シームレス クルーネック ビッグTシャツ ¥8,100(税込) ▶No.164 kanaさんのTシャツコーデ 詳細はこちら\アラフォーの読者ブロガー「美女組」 No.109 yukieさんのTシャツコーデをチェック/GU/ヘビーウェイトオーバーサイズTシャツ 白 ¥1490(+税)▶No.109 yukieさんのTシャツコーデ 詳細はこちら\アラフォーの読者ブロガー「美女組」No.163 tomomiyuさんのTシャツコーデをチェック/UNIQLO U/クルーネックT▶No.163 tomomiyuさんのTシャツコーデ 詳細はこちら
  • トップスとの1・2コーデが基本になるこれからの季節、白パンツを買い足すなら断然、太めがおすすめ!脚のラインを拾わず、はくだけで即、今年顔に!BRAND:ATON/エイトンPRICE:¥49,000 MATERIALS:コットン100% SIZE:1、2 メンズライクなボリュームシルエットに女性らしいラインを加えて 独特のハリのある生地で着映え効果満点。かなり太めのワイドだけど、ハの字形に入ったフロントタックで腰まわりすっきり。パンツ¥49,000/エイトン青山(エイトン) カットソー¥10,000/アングローバル(イレーヴ) ベルト¥8,000/コントワー・デ・コトニエ  ジャパン(コントワー・デ・コトニエ) 帽子¥5,800/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ラ メゾン ド リリス) ピアス¥32,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) ブレスレット¥49,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ラバー) バッグ¥34,000/オルサ(オルセット) 靴¥45,000/オデット エ オディール 新宿店(ジョックス アンド アン) BRAND:THEORY LUXE/セオリーリュクスPRICE:¥29,000 MATERIALS:コットン・ポリウレタン混 SIZE:32、34、36、38、40、42、44 清潔感たっぷりのクロップドワイド。ストレッチ入りではき心地も抜群! 女っぷりを上げる足首の抜け感と、脚のラインを拾わない安心感。働く女性から絶大な支持を得るブランドならではの、一挙両得な一本。ほどよく肉厚なストレッチ素材で、下着の透けも気になりにくい。ベルトループのないミニマムなウエストデザインは、ボリュームトップスをゆるっとインする着こなしもきれいに決まる。パンツ¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) ブラウス¥17,000/エリオポール代官山(エリオポール) ピアス¥10,000/ラヴァンチュール マルティニーク(アプレスキー) バッグ¥157,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥38,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) BRAND:AEWEN MATOPH/イウエン マトフPRICE:¥23,000 MATERIALS:ポリエステル・ウール混 SIZE:34、36、38シワになりにくいとろみ素材の一本は、オフィスシーンにもぴったり 細身ではなくやや太めのテーパードシルエットで、今どきの女らしさを表現。ピシッときいたセンタープレスも、美脚見えに効果大! パンツ¥23,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(イウエン マトフ) ジャケット¥69,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(クチュール ド アダム) Tシャツ¥22,000/ マディソンブルー サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥24,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 時計¥13,000/DKSHジャパン(タイメックス) バッグ¥120,000/グローブ・トロッター  銀座(グローブ・トロッター) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ) BRAND:VERMEIL PAR IENA/ヴェルメイユ パー イエナPRICE:¥21,000 MATERIALS:コットン・ポリウレタン混 SIZE:34、36、38、40 マリンパンツのフロントディテールがおなかまわりカバーにも威力を発揮! ゴールドボタンがシンプルな着こなしにアクセントを生む、ストレッチデニム素材のマリンパンツ。脚につかず離れずの絶妙な太さと着映えデザインで、リッチ感漂う大人のカジュアルスタイルに。パンツ¥21,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) ニット¥21,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) ヘッドアクセ¥3,400/ティアラ(ラ ピエス) イヤリング¥13,000/デ・プレ(イリスフォーティーセブン) バッグ¥59,000/ANAYI スカーフ¥11,000/フラッパーズ(マニプリ) 靴¥32,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)【Marisol6月号2019年】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ モデル/蛯原友里
関連キーワード

RECOMMEND