春のシャツワンピコーデで箱根旅•.*•

Web eclat
Free's Martは数年前まではインポートも扱うFree's shopとして展開していました。その頃から大好きなブランドです♪

2月のまだ寒いとある日、お店の前を通るとマネキンが着ていた真っ白なシャツワンピースに一目惚れ♡♡♡
やっと着る機会が訪れました🌸


カッコ良く着ていたマネキンとは違って小柄な私にはだいぶ長い😭
ウェストをベルトでキュッと締めて、上部をふんわり出して長さを調整。
明るい色のスカーフを巻いたり、カラフルバッグと合わせてメリハリをつけて。

真っ白なので膨張して見えないようにアクセントカラーを取り入れながら着こなしを楽しみたいと思います😊

ワンピース:Free's Mart
レギンス:Free's Mart
バッグ:TOMORROWLAND
スカーフ:COACH
パンプス:GU
箱根までは自宅から車で1時間弱という有り難い近さ♡
今回は小田原に立ち寄り、超人気店「うなぎ亭 友栄」さんで鰻を食べるのも旅の目的の一つです😋
事前予約は受付けていない為1.5時間待ちの末、美味しい鰻を頂けました。私は白焼き御膳に😊
生ワサビをすりおろし、ゆず胡椒、生山椒など薬味で頂く鰻は絶品でした💗実は鰻はあまり得意ではなかった私ですが、都内在住の友人から「ここの鰻を食べてから大好物になった」と聞いていて、一度行ってみたかったんです。本当に美味しかったので鰻が苦手な方にもオススメですよ✨✨
  • 卵黄と頂く肝焼き
    卵黄と頂く肝焼き
  • 牡蠣の煮こごり
    牡蠣の煮こごり
昼食の後は箱根「天悠」へ。箱根小涌園敷地内にある一昨年オープンしたばかりの大人向け温泉旅館です。
館内は広々としていて清潔感あふれ、どこにいても快適✨
夕食は別棟の国登録有形文化財建造物「貴賓館」に移動して頂く懐石料理。こちらも絶品でした✨
今回息子はお友達の家でお泊まり会だったので、久しぶりに夫婦で温泉旅。
食事とお酒を楽しみ、ゆっくり会話も出来て充電満タンできました♪何度も温泉に浸かり、お肌もツルツルになった気がします。
箱根また行きたいなー♨️
大活躍のシャツワンピース♪もう少し暖かくなったらボタニカル柄バッグに合わせてこんなコーディネートも💛💚
関連記事
  • 大好きなTシャツスタイル。毎年シーズンはじめに定番の無地のものを買い足しますが、今年はこのロゴTが目に入り気に入って連れて帰り大正解でした。 いつもプチバトーのぴったりしたTシャツを着ていますが、少しゆったりしたこのTシャツは着ていてとても心地よく、お気に入りの一枚になりました。 Tシャツはマルティニークで買った、Les Petits Basicsというブランドのもの。 袖丈も着丈も丁度良い長さで、肩幅が広い私でもゆったりとしていてとても良い着心地。 ちなみに、ロゴの意味は、「私は気にしません。」だそう。 はい!私も気にしません。 ロエベの籠バッグ、ペリーコのパイソンサンダルで大人のきれいめカジュアルに。 ターコイズの大ぶりのリングはミラノ在住の友人が買い付けてきてくれたイタリアのものです。 この日は華組の一美さん、まゆみさん、りえさんとのランチへ。楽しいお喋りに時間を忘れました。 InstagramもUPしています。 ↓華組 近藤和子ブログ
  • Tシャツをカジュアルになりすぎず、素敵に着こなすコツは“きれいめ合わせ”にあり。アラフィー世代から絶大な支持を得るスタイリスト・村山佳世子さんが、Tシャツのラフさを中和する逸品ボトムをご紹介。メソッド1:合わせるボトムはニュアンスのある色と素材で女っぽさを意識する光沢や透け、ドライな質感といったニュアンスのある素材を取り入れて、Tシャツのラフさを中和。カジュアルすぎないほどよい緊張感が心地いい「リネンのハイウエストのマキシスカートとの合わせで、クルーネックのベーシックなTシャツがぐっときれいめに。今季大人気のリネンアイテムはTシャツ合わせに大活躍。ドライな質感が今どきだから、トレンド感のあるスタイルに見せるのに重宝します」(村山さん)。 Tシャツ¥5,000/ユナイト ナイン(カラフル スタンダード) スカート¥47,000/カオス丸の内(カオス) 手に持ったカーディガン¥31,000/スローン ピアス¥247,000/TASAKI バッグ¥318,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥27,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)【Profile】 村山佳世子 シンプルで洗練されたスタイリングにファン続出のトップスタイリスト。『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)を上梓し大ヒット中。>>「大人のTシャツ“きれいめ合わせ”」はこちらから撮影/菊地 哲 ヘア/ EIJI SATO メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/田沢美亜 取材・文/坪田あさみ ※エクラ7月号掲載
  • 難しいTシャツ選び。今年はロゴTが欲しい! エクラ世代のTシャツは、選び方を間違うと部屋着っぽくてだらしなく見えてしまう。 そんな難しいTシャツ選びですが、良いものがあれば今年こそロゴTを着てみたい。 そんなとき armoire caprise で、ロゴが小さく、プリントではなく刺繍になっているロゴTを発見。 シルエットもとてもきれいで、まずは白のロゴTと決めていたので即決でした。Whim Gazette のリネンマキシスカート、enrecreのウォレットバッグ、ipanemaのビーサンに 鮮やかなオレンジのNALIのビーズネックレスとピアスを合わせてみました。もう一枚は、DOUBLE STANDARD CLOTHINGのほぼノースリーブロゴT。ビッグシルエットで 丈も長め、体型もカバーできるきれい見えTシャツです。「D」がインパクトのあるロゴですが、 形もきれいでこちらもシンプル。ジレにワイドパンツという私の定番コーデです。ジレを脱ぐとこんな感じでこちらも一枚で形がキマる!ロゴT初心者はまずシンプルに。 無地とは違った遊び心が結構いいかも!バリエーションも楽しめそうなロゴTにすっかり ハマっちゃいました。 エクラ7月号のを参考に、さらっと着られる「きれい見えTシャツ」を探してみては いかがでしょうか。華組 沢辺史ブログ
  • きれい色のシャツワンピースやアクセントになるバッグなど、これから活躍するアイテムにひと目惚れ!【1】エキップモンのシャツワンピース「展示会でこのワンピースを見つけて ひと目惚れ。華やかなのに派手に 見えないのは上質シルクだからこそ。 ジャケット合わせでお仕事シーンにも」と編集長イシダが手に入れたのがエキップモンのシャツワンピース。コーラルオレンジの発色が柔 らかで美しく、オープンカラーの胸もとも 抜け感を演出しエレガント。 ワンピース ¥52,000/サザビーリーグ(エキップモン) 【2】 ベースレンジのビッグシルエットシャツコーディネートにほどよい抜けを演出してくれるビッグシルエットシャツ。肌が少し透ける軽い生地でありながら適度な張りもあり、袖をロールアップしてもさまになる。「アンダーウエアのイメージの あるブランドだけに、 着心地がすごくよくて感動。 髪をまとめてさわやかに 着こなしたいです!」とスタイリスト松村純子さん。 シ ャツ¥20,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィ エム クラス 丸の内店(ベースレンジ) 【3】エルメスのバッグ「シンプルになりがちな夏の装いに、 アクセントになるバッグが大活躍。 ゆるいコーデも大人らしい装いに」とスタイリスト福田亜矢子さんがひと目惚れしたのが、エルメスのシルク素材のバッグ。前面にはクラシカルな"ブ リッド・ドゥ・ガラ"を、背面にはグラフ ィカルなドット柄で二面性を楽しめる。 バッグ(縦33×横33cm) ¥228,000/エルメスジャポン(エルメス) 【4】フォクシー ニューヨークのレインコート「梅雨時にちゃんとした レインコートが欲しいと 思い、探し続けて ようやく見つけた一枚。 シャカシャカしない 素材がお気に入り!」と副編集長SGURが喜んでいるのがフォクシー ニューヨークのレインコート。2wayス トレッチ生地で着心地がよく、晴れた日にはスプリング コートとしても着てもいい。 レインコート¥86,000/FOXEY 銀座本店(フォクシー ニューヨーク) 撮影/佐藤 彩 スタイリスト/伊藤ゆみ 取材・原文/坪田あさみ 【Marisol7月号2019年掲載】
  • Tシャツをカジュアルになりすぎず、素敵に着こなすコツは“きれいめ合わせ”にあり。アラフィー世代から絶大な支持を得るスタイリスト・村山佳世子さんが、黒Tシャツをしゃれたムード漂うスタイルに仕上げる着こなしを提案。 メソッド1:合わせるボトムはニュアンスのある色と素材で女っぽさを意識する光沢や透け、ドライな質感といったニュアンスのある素材を取り入れて、Tシャツのラフさを中和。Tシャツと真逆の上品な光沢で大人の洗練スタイルへ「洗練されたブルーの色みが印象的なシアー感のあるパンツを合わせると、黒Tシャツがメンズライクにならず抜け感のあるしゃれたムードに仕上がります」(村山さん)。 Tシャツ¥11,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥43,000/ジャンポールノット 青山店(ジャンポールノット) ネックレス¥240,000・ブレスレット¥178,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) ベルト¥44,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) バッグ¥236,000・靴¥92,000 /トッズ・ジャパン(トッズ)【Profile】 村山佳世子 シンプルで洗練されたスタイリングにファン続出のトップスタイリスト。『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)を上梓し大ヒット中。>>「大人のTシャツ“きれいめ合わせ”」はこちらから撮影/菊地 哲 ヘア/ EIJI SATO メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/田沢美亜 取材・文/坪田あさみ ※エクラ7月号掲載
  • これから夏に向かって欠かせないTシャツ。シンプルさが魅力のアイテムだからこそ、選び方を間違えると、着こなしが地味に見えてしまうことも……。大人の体型や要望を知りつくしたエクラ御用達ブランドなら、コーディネートの迷いも一挙解決!1.BLAMINK 絶妙カラーのフレンチスリーブT 極細の上質な糸の生地を使用し、自然なツヤとしなやかな着心地を実現。フレンチスリーブになった袖は、袖口にリブをあしらうことで、二の腕がほっそり見えるよう工夫。グリーンがかったグレーはほかにない絶妙色。ブランドマークの刺繡が施されているので、すそをアウトにして着てもおしゃれ。 「刺繡入りTシャツ」¥21,000・スカート¥180,000/ブラミンク ピアス¥256,000・ブレスレット¥166,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) 靴¥93,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)2.HYKE メンズライクな地厚ホワイトT 透けにくく地厚な白Tシャツは、しなやかで肌ざわりのよいインドの超長綿を使用し、洗濯しても毛羽立ちにくいのが特徴。ビッグシルエットと肘まで長さのある五分袖など今どき感もたっぷり。 「ショートスリーブTシャツ(ビッグフィット)」¥14,000/ボウルズ(ハイク) パンツ¥36,000/カオス丸の内(カオス) 帽子¥37,000/ストラスブルゴ(ボルサリーノ) ピアス¥35,000・バングル¥226,000/ステディ スタディ(トムウッド) バッグ¥98,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)3.INSCRIRE 大人な肌見せバックコンシャスT メンズで使用されているラフさのあるコットン生地を再構築し、女性らしい一枚に。どちらもフロントはシンプル、後ろにはアクセントとなるディテールを効かせて意外性のある着こなしに仕上げて。 (右)背中に深いスリット入り。スラックスなどを合わせたときに女っぽさがちらりとのぞく。「クルーネックTシャツ」¥9,400・(左)腕を上げたときに背中が見える瞬間が女らしい。さりげない肌見せが大人の遊び心を刺激。「エプロンTシャツ」¥14,000/アマン(アンスクリア)他の画像を見る撮影/金谷章平(モデル) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ ※eclat7月号掲載
  • 友達からいただいた楽チンワンピース 可愛い壁のMR.FRIENDLY Cafe梅雨入り前の暑かった日 友達と久しぶりに代官山へ この日は三人色違いワンピースで三つ子コーデでした(^-^) 同じワンピースでもそれぞれの個性が出ていて、 大人のお揃いコーデもいいですね♪ こちらのワンピースはcoca のもの エンボス加工で汗をかいてもさらっとしています ふんわりシルエットなので、そのまま着ても可愛いし、ウエストでブラウジングするとスタイルアップして見えます 店内の電飾はパイソン柄三人でバンダナスタイルカラフルで見た目もおしゃれなモダンメキシカン他の画像を見る友達のお誕生日のお祝いで 代官山のモダンメキシカンのお店 Hacienda del cielo へ 店内の装飾も素敵でしたが、代官山の街並み が見渡せるテラスで過ごしてきました メキシカン料理 どのお料理も見た目もおしゃれで野菜たっぷりで 美味しかったです(o^^o)写真の掲載は友人の許可を得ていますこの日はみんなで偶然にもワンピースに合わせたのはパンツ そして、みんなバンダナスタイルでした(╹◡╹)♡ 梅雨時期、髪の毛がうねりやすいですが バンダナスタイルならうねった髪でもおしゃれっぽくみえるのでこの時期のオススメヘアスタイルです今回も三人でワイワイ♬ とっても楽しいお誕生日会でした♡美女組No.69かんちゃんのブログ
  • イメージを底上げしてくれて、どんなテイストも色も受け入れてくれる夏グレージュ。なかでも今季、ぐっとおしゃれに見せてくれる頼れるアイテムを厳選。コーディネートが夏らしく、大人の表情に!1.サファリシックな着こなしも グレージュなら優しく落ち着く ランダムなプリーツは揺れるたびに複雑なニュアンスを醸し出して素敵。ほんのり透け感が上品で、より繊細なグレージュに。ジャケットと合わせてサファリっぽい装いをしても、淡い色調でまろやかな印象。 ウエストゴムのスカート¥30,000/アストラット 新宿店(アストラット) ジャケット¥44,000/サードマガジン Tシャツ¥8,100/エイトン青山(エイトン) ピアス¥5,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ユナイテッドアローズ) スカーフ¥9,500/フレームワーク ルミネ新宿店(アモーメント) バッグ¥59,000(ペリーコ)・靴¥27,500(ペリーコ サニー)/以上ビームス ハウス 丸の内2.シャカシャカと涼しい素材で 黒ニットをぐっと軽やかに ウエストにゴムを仕込んだデザインがインでもアウトでも使いやすい、シンプルなスカート。ほのかに光沢を帯びた素材はとても軽く、黒いニットに合わせてもトーンアップして夏の雰囲気に。ヌーディなサンダルをニットと同色にして。 スカート¥14,000/リエス(リエス) ニット¥37,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) イヤリング¥18,500/セシル・エ・ジャンヌ ネックレス¥23,000(ヘレナ ローナー)・バッグ¥139,000(ザンケッティ)/以上ヴェルメイユ パーイエナ 日本橋店 靴¥32,000/ラヴァンチュール マルティニーク(カジャック)3.透けるシャリッとした素材で シックなベールをかけて 肌にもドライで心地いいコットン混の短めカーディガン。鮮やか色も受け入れつつ、さわやかでシックな印象にしてくれる。短め丈&ラグランスリーブはボリュームあるボトムとも相性がいい。 カーディガン¥23,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) カットソー¥7,200/エイトン青山(エイトン) パンツ¥32,000/ビームス ハウス 丸の内(エッフェ ビームス) ブレスレット¥49,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ラバー) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥86,000/マルティニーク丸ノ内(ジルサンダー)他の画像を見る撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/田沢美亜 ゆうき 構成・文/宮崎桃代 ※eclat7月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND