桜の美しさをアートで鑑賞、国宝の『桜図』【「京都」桜にまつわる10の愉しみ】

Web eclat

桜アートを鑑賞

幼くして亡くなった秀吉の長男・鶴松の菩提を弔うために創建された智積院の前身・祥雲禅寺に描かれた障壁画『桜図』。金と白の色の対比、胡粉を盛り上げる手法など、父・等伯とは違う作風もあり、見どころいっぱいの八重桜

智積院

京都を代表する桜のアートといえば、智積院に収蔵されている国宝の『桜図』。金箔を背景に力強い大木に細い枝が広がりを見せ、大胆な構図にして繊細な描写。豊臣秀吉の注文を受け桃山画壇を代表する絵師・長谷川等伯の子・久蔵が描いたもので、父の作品『楓図』との連作になっている。残念ながら久蔵は完成直後に26 歳の若さで急逝してしまうが、作品には今も才能が生き続けている。
【DATA】
京都市東山区東大路七条下ル東瓦町964
☎075・541・5361
9:00~16:00
拝観料¥500
撮影/内藤貞保 中田 昭(桜) 吉澤健太(井上さん) 取材・文/西村晶子 本誌編集部 ※エクラ4月号掲載
関連記事
  • 最近発売された話題の本や永遠に愛される名作などから、キーワードに沿った2冊のイチ押し&3冊のおすすめBOOKをご紹介します。【今月のキーワード】記憶と時間と愛についての物語30歳のクリスマスにルースは実家へ帰る。父はアルツハイマー病に、母と弟は過去の父の不実に、ルース自身は婚約者との別れに悩まされていて、彼らの日常は重いリアリティに縁取られている。それなのに! ルースの日記という形で進む物語の、どこまでも軽い口語体のユーモアと爽やかさ、風に吹かれても消えないともしびのような小さな明るさに驚かされる。30、40、50年と生きてきた父の時間が、記憶と一緒にぽろりぽろりとこぼれ落ちていく。その記憶を補填するように、ルースは日記をつけ、時折そこに父の古い日記がはさまって時間が並走し始める。そしてある日、日記から日付が消失して《パパ》は《あなた》になる。娘は書く。《私はこうやって、あなたの代わりに、日々の瞬間を集めている》。父が幼き娘の言葉を記録したように。1年の間に、父と娘、家族の関係は交錯したりにじんだり反転したり砕けそうになったりもする。それでも、ささやかな記憶と記録の断片が彼らを結びつけて、やがて再びクリスマスがやってくる。家族って、こんなにもやわらく危なっかしくて愛おしい。【イチ押しBOOK1】レイチェル・コン、〈訳〉金子ゆき子の『さようなら、ビタミン』大学教授だった父がアルツハイマー病になり、介護のため実家へ戻ったルース。失恋したり、父のために偽ものの授業を開講したり、親友と飲みすぎたり、ドライブしたり、食用クラゲを買ったり。1年間の日記形式でつづられる、温かな家族小説。(集英社 ¥1900)【イチ押しBOOK2】谷口菜津子の『彼女と彼氏の明るい未来』①記憶と時間をめぐるもうひとつの物語は、理性と欲望がせめぎあう、ブラックだけどピンク色のラブコメディ『彼女と彼氏の明るい未来』。彼女の過去の恋愛(というか性体験)が気になるいっくんと可愛すぎるゆきかちゃん。幸せだったはずの日々が妄想で揺らぎ、VRタイムマシーンで巻き戻される。“誰かのことを強く強く想う”ことを描き続ける漫画家・谷口菜津子だからこそ描ける、ポップで可愛いだけじゃない愛の形に共振する。28歳同士の同棲カップルの幸せな日常に落ちる影——それは、最高すぎる彼女にかけられた「ヤリマン疑惑」。ネガティブ全開な彼氏は、目の前にあるものこそ真実だ! と過去を投げ捨て、幸せを守りきれるのか!? (KADOKAWA ¥720)『この橋をわたって』『また旅。』『セミ』【オススメBOOKはこの3冊】『この橋をわたって』/新井素子星新一に激賞されたデビューから42年。長い作家生活の中でも珍しい短編やショートショートなど8編を収めた最新作品集。猫、AI、増えるケーキなど、日常のすぐ隣にある不思議が、軽やかな口語体で描かれる。(新潮社 ¥1500)『また旅。』/ 岡本 仁旅の行き先は日本のあちこち23カ所。長崎でたこを作り、旭川で熊を思い、京都で“珈琲倒れ”をし、新潟で自転車に乗る。早朝には散歩をする。生活と旅が重なって発見と出会いを鮮やかに定着させる。(京阪神エルマガジン社 ¥1800)『セミ』/ショーン・タン 〈訳〉岸本佐知子泣いているのか笑っているのか、《トゥクトゥクトゥク》。灰色の空間でスーツを着込み、働き続けて17年。ついにやってきた別れの日。上へ、上へとのぼっていくセミの姿に、幸せの意味を考えさせられる。(河出書房新社 ¥1800) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/鳥澤 光
  • 「上品な酸味」を楽しめる至極の逸品をご紹介。夏バテ予防&リフレッシュ効果も抜群。ただ酸っぱいだけじゃない、「おいしい酸味」をどうぞ!1.柴漬けの誕生地、大原の赤紫蘇の色と香りがすばらしい 「京都 なり田」の大原紫葉 国産なすと大原の赤紫蘇を塩だけで漬けたシンプルな柴漬け。その酸味はピュアで優しく、発酵食品の極みともいえる奥深い味。「昔ながらの京都のお漬け物のよさを知っていただけたら」と11代目の成田典子さん。肉厚のなすは食べ応え十分で、これだけで立派なごちそう。 1袋¥550  ●京都府京都市北区上賀茂山本町35  ☎075・721・1567  https://www.iio-jozo.co.jp/3.懐かしさを感じる“昔ながらの梅干し”。 「延楽梅花堂」の杉田赤しそ漬 梅干し名人・乗松祥子さんの梅干しは、一度食べたら忘れられない味。赤紫蘇と控えめの塩のみで作られ、究極の酸っぱさながら、余韻に残るかすかな甘味に心惹かれる。杉田梅とは遺伝子組み換えをしていない昔ながらの品種で、乗松さんはその植樹にも情熱を傾けている。 130g ¥1,500  ●東京都世田谷区等々力2の13の19  ☎03・6672・6880
  • あらゆるシーンで頼りになる、ワンピース31着を日替わりでご紹介。day16は、背中が少しあいたブラウンのニットワンピースにデニムを重ねたラクちんコーデで姪と行列のかき氷屋さんにGO!day 16姪と待ち合わせて、行列のかき氷屋さんにGO!背中が少しあいたブラウンのニットワンピースに、デニムを重ねてストレスフリーな着こなしに。 ワンピース¥19,000/エリオポール代官山(エリオポール) パンツ¥23,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ピアス¥17,000(モダン ウィービング)・ネックレス¥71,000(ハルポ)/以上エスケーパーズ バングル¥100,000 /カオス丸の内(アフターシェイブクラブ) バッグ¥12,000 /ウィム ガゼット青山店(バリ ワークステッド) 靴¥39,000/ブッテロ トーキョー(ブッテロ) インナー/スタイリスト私物  >>7月の雰囲気出しワンピース31days 一覧はこちら撮影/金谷章平 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ ※エクラ8月号掲載
  • 夏のチェックとストライプには、コーデを重たく見せずに歯切れのよさを加える「白」の存在感が重要! シンプルなスタイルに遊びをプラスした、おしゃれマダムたちのTシャツ×チェック&ストライプスタイルをご紹介。“カーキT×ストライプでアーバンスタイルが完成”齊藤登紀子さん(三陽商会 宣伝課 プレス担当) 大ヒット中のエクラとのコラボT。齊藤さんはカーキを愛用中。「身長167㎝のやせ型だからか、体操着のように見えてしまうTシャツとパンツが苦手でした。でもこのコラボTは高密度でしなやかな素材に前後差をつけたので、インでもアウトでもバランスよく着られます。黒白のワイドストライプパンツでちょっと差のつく着こなしを楽しんでいます」。 Tシャツ・パンツ/エヴェックス バイ クリツィア“好きな配色のチェックで白Tの鮮度をアップ!”朝生育代さん(エクラ 華組) 大学生の息子さんの付き添いで買い物に出かけた際、上半身が華奢な体型にアクネのTシャツがぴったりなことに気づいた朝生さん。「首の詰まり具合やフィット感が理想的。チェックのパンツで大人トラッドに着てみたい」。レタードネックレスとネイビーのサドルバッグにもセンスが光る。 Tシャツ/アクネ パンツ/ドゥロワー ネックレス/カドー バッグ/クリスチャン・ディオール 靴/エルメス >>おしゃれな人のTシャツスタイル 一覧はこちら撮影/目黒智子(朝生さん) 大瀬智和(齊藤さん) 取材・文/向井真樹 ※着用アイテムはすべて私物のため、すでに販売が終了しているものもあります。 ※エクラ8月号掲載 
  • 趣ある雰囲気で京都らしさを味わえる◎Instagramで見たお蕎麦がめちゃくちゃ美味しそうで、どうしても来てみたかった ”蕎麦と料理と酒 三味洪庵”に行ってきました~!場所は、地下鉄東山駅のすぐ近くです。 私は三条から歩いて行ったのですが、それでも10分ほどで到着したので、京都の有名観光地からでもすぐアクセス出来ますよ♪ 三連休の中日に行ったのですが、30分ほど待って入店出来ました◎夏季限定メニュー≪冷かけ≫すだち蕎麦これがずっーと食べたかったすだち蕎麦!!店名が、"蕎麦と料理と酒"ということで、せっかくだからお酒も飲もう!とお昼からお酒も飲んじゃいました♡友達がすだち酒で、私がゆず酒!あつあつの天ぷらを食べながらお酒を飲めて、そしてなんといっても、すだちの夏らしい爽やかさとお蕎麦の組み合わせが最高で、本当に幸せなランチタイムでした!私の顔が本当に幸せそう、、笑予約優先のテラス席もあります♪今回行った時が雨だったので、利用出来なかったのですが、テラス席もあります。 テラス席のすぐ横には、白川が流れていて、雰囲気は本当にTHE京都って感じ◎本格的に暑くなる前に、またリピートしたいと思います! 次はテラス席で食べれたら最高だろうなあ、、!みんなも京都に来たらぜひ行ってみて!!私は今回、本店に行きましたが、何店舗か京都にあるみたい♪ ≪本店情報≫ 場所:京都市東山区三条通北裏白川筋西入石泉院町393番地 ランチ:11:00~15:00(14:30  L.O) ディナー:17:00~20:30(20:00 L.O) 定休日:月曜日(祝日の場合は火曜日休み) 公式サイトに詳しい情報載ってます◎京都にずっと住んでるけど、まだまだ知らないところばかりだし、美味しいご飯屋さんをもっともっと開拓していきたいな!!モアハピ部 No.695 aya のブログ
  • アラフィー女性たちの多くが抱えている、自身の「ニオイ」への不安。実際、以前よりもニオいやすくなっているの? その原因は? 気になる“ニオイの真実”を専門家たちが徹底解説!ニオイまでも女性ホルモンの影響を受けているエクラ世代まずはニオイの専門医、五味常明先生にアラフィー女性のカラダのニオイの実態について教えてもらった。 「女性の場合、アラフィーになると、年々女性ホルモンが減少していきます。この減少がニオイと汗に大きな影響を与えるのです。というのも、女性ホルモンはニオイを抑える役割があるので、女性ホルモンの減少とともにニオイが発生しやすくなります。またアラフィー女性は、女性ホルモンが減ることで男性ホルモン優位に。汗や皮脂の分泌を促す男性ホルモンの働きが優位になることで、過剰な皮脂が汗を酸化させニオイが出やすくなるのです。さらに更年期のホットフラッシュで一気に多量の汗をかくと、濃くニオイの強い汗になってしまいます」 婦人科医の福山千代子先生いわく「閉経によってデリケートゾーンがニオいやすくなるという事実も。自浄作用が低下することでまわりの雑菌が入りやすくなり、ニオイを発生しているケースが」。 さらには口臭も更年期と関係があるそうで……。「歯周病など物理的にニオイを発生しやすい世代ですが、更年期になるとネバネバ唾液が出やすく、口臭がきつくなる傾向があります」(石井さとこ先生)。ニオイへの不安を払拭するためにも、エクラ世代は全方位でニオイ対策をして正解。女性ホルモンの影響が直結!アラフィーのニオイの真実真実1 男性ホルモンが優位になり、加齢臭が出やすくなる40代以上は女性も加齢臭が増える!「皮膚上で活性酸素が皮脂を酸化させ発生する『ノネナール』という成分が加齢臭の原因。その成分が男女問わず40代から増え、加齢臭が出やすくなります」(資生堂・井上さん)。 「女性ホルモンは活性酸素を抑え、汗や皮脂を調整する役割のホルモン。それが更年期になると減少するので年齢とともに活性酸素が増え、さらに男性ホルモン優位になることで皮脂量も増加。その結果、女性の加齢臭が出現しやすくなります。また男性ホルモンが年々減少する男性に比べ、相対的に男性ホルモンが優位になっていく女性のほうが、長く加齢臭が続きます」(五味先生)。加齢臭が出てくる部位は…… 皮脂量の多い部分に注意 「加齢臭が出やすい部分=皮脂量が多い部分です。前面では頭皮、胸もと、わき、背面では首の後ろ、背中などが加齢臭が発生しやすく、清潔に気をつけたい部位です」(井上さん) 加齢臭を予防するには 「加齢臭の原因となる動物性タンパク質のとりすぎに注意を。ビタミンC・E、ポリフェノールなど抗酸化作用の高い食品や大豆イソフラボンなどの植物性タンパク質を摂取することで加齢臭の予防を」(五味先生)真実2 “若い女性の香り”ラクトンが減少し、年齢によるニオイが目立ちやすく「若い女性からは『ラクトン』という甘い香りが発生しています。ラクトンが体臭を打ち消していましたが、それが30代以降になると減少し、加齢臭などを感じやすくなります」(ロート製薬・植松さん)。 「年齢を重ねるとラクトンも酸化されて、若さを印象づけるニオイが減少してしまうんです」(五味先生)。 「ニオイには水溶性と油溶性のものが。加齢臭は油溶性なので、専用の洗浄料でないと落ちにくい場合も」(植松さん)。ラクトンは30代から年々減少していく……対策はラクトンを補うボディウォッシュで ラクトンを配合し、体臭をマスキングできるボディ洗浄料。加齢臭などのニオイのもとをすっきりと落とす処方。 デオコ 薬用ボディクレンズ 350㎖ ¥1,000(編集部調べ)/ロート製薬真実3 代謝が悪くなり、口内&デリケートゾーンもニオイのもとがたまりやすい「閉経すると膣へ届く栄養がぐっと減り、粘膜のターンオーバーが乱れます。以前は自浄作用で排出できていた菌がとりきれず、デリケートゾーンのニオイが発生」(福山先生)。 「エストロゲンの減少が唾液分泌量の減少とつながっているともいわれています。ネバネバ唾液でニオイがきつくなるほか、口腔内の粘膜の代謝が遅くなり、口臭のもとがたまりやすく」(石井先生)。真実4 更年期でイライラしやすくなると“ストレス臭”も発生 「緊張やストレスを感じると硫黄化合物系のSTチオジメタンという“皮膚ガス”が全身から発生していることを発見。それを『ストレス臭』と名づけました。ストレスの原因は日常のさまざまなシーンに存在します。通勤の満員電車、緊張を伴う会合……。女性は更年期を迎えると、ホルモンバランスがくずれて、ちょっとしたことでイライラしたり、多量の汗をかくホットフラッシュへの不安と緊張から、ストレス臭が発生する可能性が高まります。しかもストレス臭を嗅(か)いでいると疲労や混乱の心理スコアが上がる、という研究結果もあるんです。無意識で発生してしまうニオイなので、ストレスを軽減させる生活習慣を見つけたり、ニオイのハーモナージュ効果がある消臭剤などで対処していく必要があります」(資生堂・勝山さん)真実5 ホットフラッシュで“ベッタリ汗”をかいてしまう 「汗の原料は血液。体内でミネラルを再吸収して水に近い結晶にして汗腺から排出しています。汗自体にはニオイはありませんが、表皮の常在菌などと触れ酸化することで、徐々にニオイが発生。じっくりかいた水に近いサラサラの汗は、粒が小さくて蒸発しやすく、気化熱で体温を下げ、体温調節に作用。一般的に、ニオイがないよい汗といわれています。けれどホットフラッシュで一気に出たベタベタの濃い汗は別。こちらの汗にはアンモニアなどのニオイ物質が多く含まれていて、汗そのものにニオイがあります。また蒸発しにくく皮膚上に残りやすい。蒸発しにくいから体内の温度が下がらず、体温調節しようとして、さらに大量の汗をかくという悪循環に。結果ダラダラと長い時間ニオイのある汗をかくことになるのです」(五味先生)お話をうかがったのは… ●五味クリニック院長 医師 五味常明先生 「ニオイ」を専門的に治療および研究し、この分野をリードする日本を代表する医師。 ●アヴェニュー ウィメンズクリニック 院長 医師 福山千代子先生 婦人科専門クリニックにて、エクラ世代の女性の悩みを同性ならではの視点で診療。 ●ホワイトホワイト 院長 歯科医師 石井さとこ先生 審美歯科の専門歯科医として、口腔内からの健康と美しさを啓蒙しつづけている。 ●資生堂 化粧情報開発センター 研究員 井上裕基さん 制汗・消臭の製品を多く開発。『エージーデオ』には開発から長くかかわっている。 ●資生堂アドバンスト リサーチセンター 薬剤師・研究員 勝山雅子さん 肌と体と美しさの関係を紐解き、ニオイの悩みにつながる『ストレス臭』を研究。 ●ロート製薬 東京学術チーム 薬剤師 植松由起さん 薬剤師の資格をもち、ロートの最新研究や知見をわかりやすくユーザーに伝える専門家。撮影/富田 恵 取材・文/松井美千代 イラスト/きくちりえ(Softdesign) ※エクラ8月号掲載
  • 「せっかくの同窓会に、いつもどおりのスキンケアではあのころの輝きにはほど遠い」と、悩めるアラフィーに救世主! 本来、夜使うべき贅沢マスクをあえて当日の朝に使ってみて。乾燥で肌がしぼみがちな人は、ハリ・潤いに特化したマスクでフレッシュなハリ肌の復活を!LANCÔME二重構造のマスクでハリと透明感を密封注入 卵の殻の二重構造からヒントを得たマスクに、無重力状態でもたくましく育つ亜麻仁の抽出エキスをたっぷり。奥から弾むハリはもちろん、角層のくすみもオフ。 レネルジー MFS ダブル ラッピング マスク 20g×5セット¥10,500/ランコム 編集SHが試しました!フィット感がよく、出かける前に準備しながらもつけていられるし、ベタつかず5分後にはファンデーションもOKなので、朝にぴったり。もっちりハリが出て、ふっくらと明るい肌になり、自信をもって出かけられそう。Guerlain ぷるぷるマスクに高濃度のハチミツをイン 治りにくい傷にハチミツを塗布した包帯で覆うハニーバンデージ効果を応用したマスク。肌のようなぷるぷるのマスクに高濃度のハチミツを配合。濃密ハチミツパワーでハリも輝きも。 アベイユ ロイヤル バンデージ マスク 4枚¥14,400/ゲランライター山崎が試しました! ぷるんと肌に密着するマスクが心地よく、朝使ってもすこぶる快適。一番驚いたのは、しわへの効果。くっきり刻まれた目じりや額のしわが軽減。ファンデーションの毛穴落ちもなく、つるりん肌実感。COVERMARK 点滴のように潤い注入! ハリ・ツヤ効果は24時間持続 皮膚のもと・母細胞に着目、皮膚再生医療の技術を応用。美容成分を点滴のごとく継続的かつ高浸透に肌へ注入。短時間で潤い・ハリ・ツヤが回復し、持続力も抜群。 セルアドバンスト マスク WR 26㎖×6枚¥8,000/カバーマーク副編K藤が試しました! 乳液やクリームをつける必要なし! というくらい潤う。マスク後は、たっぷり眠ったようなハリ。小じわも消え、頰にはツヤ玉。かなりしっとりするので、メイクまでは30分ほどおくとベター。est乾燥激しい砂漠の環境でも乾かない究極の潤い力 砂漠の塩湖でも潤いを逃さない極限微生物が生み出す保湿成分配合の化粧水約30回分を1枚に濃縮。浸透を高める密着技術を採用したマスクで、ごくごく飲むように潤い満タン肌に。 エスト ザ ローション マスク 5セット¥6,000/エスト編集Sが試しました!したたるほどの贅沢使い。余った液は首〜デコルテまで広げ塗り。上下2枚の極薄シートが顔にぴったり。細胞までぷるんとハリが出る感じで、ほうれい線も軽減。肌色がワントーンUPし化粧のりも上々。撮影/ケビン・チャン スタイリスト/山本瑶奈 取材・文/山崎敦子 ※エクラ8月号掲載
  • エクラ世代の美容愛好家・野毛まゆりとビューティライター北林道子が、「知りたいのにどこにも情報がない」、「これって本当のところ、どうなの?」といったエクラ世代の美容の疑問に答えます! 一年の中でもっとも「化粧くずれ」が気になるシーズン到来! 今回は40代、50代が悩む「皮脂くずれ」、「毛穴くずれ」、「眉くずれ」の3つにフォーカスし、ジメジメ暑い季節も、キレイをキープするコツをご紹介します! 顔全体の皮脂くずれ ファンデーション前に、パウダーの”薄膜”を仕込んで、サラサラ肌キープ! 「これは私が、”絶対にくずれてはいけない”美容部員時代に見つけたワザ。夏はパウダーファンデーションを使う方も多いと思いますが、朝つけるときに皮脂や汗でムラになったりしませんか? そんなときは、まずファンデーションの前に、フェイスパウダーを薄くなじませ、その上からファンデーションをなじませると、サラサラの肌が完成。パウダーの皮脂吸着力は高く、その後のくずれ具合がまったく違います」(野毛)「今愛用しているのがこの2品。ファンデーションも付属のスポンジではなく、パウダーのパフでなじませると、さらにもち、つきともによくなります」(野毛)。(パウダー)フェイスパウダー 00 ¥5,000<パフ付き>/コスメデコルテ (ファンデーション)スノー ホワイト シフォン¥5,000(セット価格)/アルビオン コスメデコルテの公式サイトはこちらアルビオンの公式サイトはこちら毛穴くずれ 小鼻などくずれやすい部分だけケアして、効率的に”きめ細やかな肌”に見せる 「乾燥肌でも、さすがにこの時期は、メイクくずれが気になるのではないかと思います。私もそうなのですが、だからと言って、皮脂ケアやマットなファンデーションに頼ると、今度は肌がパサパサになるというジレンマも。その場合は全部ではなく、”毛穴”だけに絞ったケアが有効。毛穴詰まりに特化した洗顔料を朝使ったり、メイク前に毛穴用の下地をプラスするといった基本のケアを加えるだけでも、毛穴はかなり引き締まり、くずれにくくなります。」(北林) (左)「泡立たないジェル状で、毛穴の奥まで入り込んで汚れを溶かし出すような頼もしさを感じる洗顔料。洗い上がりはすっきり」(北林)。スムージングジェルウォッシュ150g ¥3,200/ルナソル (右)「毛穴ケアは、毛穴をもっとも気にする”SNS世代”向けのブランドにいいものがあったりします。これはかなり売れているという毛穴ベースで、小さく軽いので持ち歩き、メイク直しにも使います」(北林)。キャンメイク ポアレスクリアプライマー 01クリア¥700/井田ラボラトリーズルナソルの公式サイトはこちらキャンメイクの公式サイトはこちら眉くずれ メイクがくずれると、真っ先になくなってしまう”眉”は、パウダーで事前にフォロー 「しっかりある人なら問題ないのですが、もともと眉が薄く、落ちてしまうと”別人”になってしまう人っていますよね。私もその一人なので、実は細心の注意を払って死守しています。落ちないタイプのアイブロウを使うことはもちろんですが、事前にパウダーをなじませておくと、もちが全然違うので、毎朝必ず! そして極力細いペンシルで描き、パウダー、眉尻にはリキッドを重ね、”4刀流”で、眉をキープしています」(野毛)「もともとコンシーラーのフィット感を高めるためのパウダーですが、眉にも有効。ファンデーションのあと、落ちやすい眉山〜眉尻を中心に、細いブラシで的確に乗せます。小鼻の毛穴カバーにも使える、応用範囲の広いパウダーです」(野毛)。シークレットブライトニングパウダー¥2,600・カモフラージュパウダー ブラシ¥3,200/ローラ メルシエローラ メルシエの公式サイトはこちら 美容愛好家 野毛まゆり外資系化粧品会社の販売・教育を担当したのち、広報PRに。その後退職し、大手化粧品会社の新ブランドの立ち上げなどに携わる。化粧品業界で培った豊富な知識と経験を生かし、女性誌を中心に、美容愛好家として活躍中。 美容ライター 北林道子大学時代よりライターを始め、エクラ世代が経験してきた美容トレンド&悩みをひととおり知り尽くすひとり。美容誌やエクラをはじめとする女性誌、webなどで、美容テーマを長年にわたり担当。 「お悩みずばっと解決!美容塾」は、毎月5日・15日・25日に配信予定です。
関連キーワード

RECOMMEND