この色こそ大人をキレイに見せる! 40代、50代のための2019年春の新色②ファンデーション

Web eclat

40代、50代のための春ファンデーション

「肌づくりの良し悪しは”若さ”に直結する」といっても過言ではありません。これからの季節に気になる「紫外線」、「テカリ」、「くずれ」はもちろん、今回は、そこから一歩踏み込んだ「くすむ」、「垢抜けない」、「シミや赤みが目立つ」といった大人の肌悩みにもしっかり応える、野毛、北林おすすめファンデーションをご紹介します!

人気のクッション系なら、おすすめはこの2品!

「手軽でテクニックいらずなクッション系は、世代を問わず人気のファンデーションですが、この春エクラ世代におすすめなのは、一歩進んだ”進化系”クッション。より便利に、春の肌を簡単にキレイに仕上げてくれます。」(野毛)

野毛のおすすめ①コンシーラーつきの進化版クッション

「ありそうでなかった、コンシーラーがついたクッションファンデ。スポンジも涙型で、目尻や赤み、小鼻など気になる部分にスッと入ってつけやすく、簡単にカバー可能。外出時も、コンシーラーを持ち歩く必要がなく、いつでもどこでも感動の明るさが手に入ります。ファンデーションのスベスベ仕上がりも気に入っています。」(野毛)ブラン エクスペール クッション コンパクト アーバン デュオ パレット SPF36・PA+++¥7,500/ランコム

野毛のおすすめ②くすみがパーンと飛ぶ湿式ファンデーション

「これは正確にはクッションではく、湿式タイプなのですが、いいところしか見つからない完璧な仕上がりです。薄づきなのにくすみを一掃し、肌を明るく整えてくれるだけでなく、色がにごらず他のメイクの邪魔をしない。さらにすごいサラサラの”つき”で、もちもいい。クリームだと、ベタつきやテカリが気になる私も、『夏に使える!』と思ったくらいです。」(野毛) クレ・ド・ ポー ボーテ タンプードルクレームエクラ SPF25・PA+++¥10,000/資生堂インターナショナル

旬の質感も簡単! 肌ランクを上げる2つのリキッド

「この春ならではの”生き生きとしたきちんと肌”を簡単に再現するのが、この2つのリキッド。カバー力とツヤ感のバランスが、”旬”のど真ん中の質感なので、ただつけるだけで肌が垢抜けます。どちらもカバー力があるので、伸ばしたあと、スポンジでなじませると自然な仕上がりに。重ねるとより端正な仕上がりになります。」(北林) 

北林おすすめ①ふわっと軽やかな理想のセミマット肌が完成

「ツヤツヤというより、ややマットな肌がトレンドな昨今。『そう言われても、何をどうつけたらいいかわからない』という人にもおすすめなのがこのファンデーション。自然なツヤを残した仕上がりなので、マット初心者でも失敗がありません。気温や湿度に左右されない処方で、”もち”がかなりいいというのも魅力!」(北林)ディオールスキン フォーエヴァー フルイド マット SPF35・PA+++ 30ml ¥6,000/パルファン・クリスチャン・ディオール

北林おすすめ②メイクしながら美肌を狙えるスキンケアファンデーション

「『天然由来成分97%』の自然派リキッドファンデーションですが、ゲランが発売するだけあり、カバー力や透明感、ツヤ感といったメイクアップ効果に抜かりなし! 肌への優しさ、仕上がりの美しさの両方が、高いレベルでかないます。専用のブラシも出ていて、これを使うと毛穴やキメもキレイにカバーし、さらに上質でしなやかな美肌に!」(北林) レソンシエル SPF20・PA+++ 30ml ¥7,000/ゲラン  *北林が使用しているブラシ*レソンシエル ブラシ¥6,200/ゲラン

美容愛好家 野毛まゆり
外資系化粧品会社の販売・教育を担当したのち、広報PRに。その後退職し、大手化粧品会社の新ブランドの立ち上げなどに携わる。化粧品業界で培った豊富な知識と経験を生かし、女性誌を中心に、美容愛好家として活躍中。

美容ライター 北林道子
大学時代よりライターを始め、エクラ世代が経験してきた美容トレンド&悩みをひととおり知り尽くすひとり。美容誌やエクラをはじめとする女性誌、webなどで、美容テーマを長年にわたり担当。

「お悩みずばっと解決!美容塾」は、毎月5日・15日・25日に配信予定です。
関連記事
  • くしゃみを繰り返す自分に「花粉症ではない、、」と念仏のように唱えていたものの、 血液検査であっさり花粉症と判明 自覚してからというものの、余計に鼻がムズムズ、くしゃみが止まらなくなった気がします。 そんな状況を打破すべく、 周りの花粉症に悩む人にリサーチして とりいれているのがこちらの3アイテム   (右)ラロッシュ ポゼ UVイデア XL プロテクション トーンアップ (中央)イハダ アレルスクリーンジェル EX (左)ピッタ・マスク ラロッシュポゼのトーンアップ下地で 外的要因から肌をプロテクトしつつ透明感アップ! さらにイハダのジェルを鼻の周りに塗って イオンの透明ベールで花粉をブロック! 仕上げに花粉を99%カットしてくれる 話題の新ポリウレタン素材のマスクをオン! こちらはつけても息がしやすく、 なによりファンデーションがつかないのが超優秀 この三種の神器のお陰で、花粉に怯えず 外を堂々と歩けるようになりました 春はこの3アイテムで乗り切ります! (ボブッコ) #magazinelee #leeweb #LEE編集部のお買い物 #ラロッシュポゼUVイデアXLプロテクショントーンアップ #イハダアレルスクリーンジェルEX #ピッタマスク #今週も都内は花粉が非常に多い予報 #花粉症
  • ベース、コンシーラー、パウダー。幸せ肌の名脇役!①保湿ベース 下地で“キレイな素肌”を仕込んでおくと後のプロセスが楽に ファンデを厚塗りしたくない! ならば欠かせないのが下地。下地の段階で肌を整えて、「私、初めからこんな欠点のない素肌でしたけど」と偽装してしまえば、重ねるファンデは薄くてすむというわけ。最近の下地は色ムラや薄いクマ、シミなら十分隠れるのでしっかり活用。またピンクやピーチ系の色を選ぶことで、幸せ感もプラスできる。それからアラフォーの場合、気になるのは日中の乾燥だけど、これもデイケア並みの保湿力、エイジングケア力のある下地におまかせ。たかが下地、されど下地。賢く使って幸せ美肌。右)感触からして美容液! たっぷりのケア成分で肌荒れを防ぎ、リフトアップも。AQ エッセンス グロウ プライマー SPF25・PA++ 30㎖¥7,000/コスメデコルテ  左)植物由来のスクワランと9 種の植物成分を配合し、保湿感と明るさを。プリスティーンコンプレクションヴェール SPF27・PA+++ 30g¥4,000/THREE幸せ肌の名脇役!②優秀コンシーラー薄くつく&塗りやすい、筆ペンタイプを1本厚塗りに見える原因のひとつがコンシーラーの使いすぎ。とはいえ、「隠したいところがいっぱいで、カバーしないわけには……」というのがアラフォーの本音。だったらコンシーラー自体を薄づきタイプに変えてみては? 筆ペンタイプのコンシーラーは、つきが薄いうえ、シミなどの点のトラブルはピンポイントで、クマなどの面のトラブルは広い範囲にもと、フレキシブルに使いやすいのが魅力。下地やファンデを塗ってみて、最後にどうしても隠れないトラブルだけに加えると、より厚塗り感を回避できるはず。幸せ肌の名脇役!③あでやかパウダーハッピー肌の仕上げは明るさオンのお粉で決まりファンデで好みの肌をつくったら、最後にひとはけ、カラーパウダーをのせても。色と光の効果で肌に幸せ感を与えてくれるから。ひと昔前のカラーパウダーは、ギラギラしたり、色みが突出しすぎて、マリソル世代には「?」なものもあったけれど、今季のパウダーは粉がキメ細かく、肌なじみよく、臆せずトライできるものばかり。全体につけて、肌色をコントロールするほか、頰やTゾーンなどの高い部分にのせて立体感を出し、洗練度を上げるのもアラフォーならではの使い方。そのうえメイク直しにも大活躍!右)透明感を出したい人におすすめ。皮脂を吸収する働きもあり、澄んだ肌色が長く続く。混ぜても、1色ずつ使っても。メテオリットコンパクト 2 ¥7,400/ゲラン 左)陶器っぽい清潔感のある肌になるパウダー。うるおった肌を思わせるツヤが、お直し時にジャスト。リタッチ プレスト パウダー 01¥6,500/SUQQU【Marisol3月号2019年掲載】John Chan(物) スタイリスト/程野祐子  取材・文/入江信子
  • 服に合わせてファンデーションを選ぶ"逆引き”主義が、おしゃれな肌への近道だった⁉ あなたのスタイルを格上げする、ファッションコンシャスな肌づくりについて教えてもらいます! 教えてくれたのは… BAILAのファッション&ビューティを支えるヘア&メイクアップアーティスト 笹本恭平さん 旬のファッションに絶妙にハマるおしゃれ感のある顔づくりで、多くのスタイリストさんが信頼を寄せる売れっ子。「おささ」の愛称で親しまれる癒し系キャラ♡教えて、おささ!「おしゃれな肌」ってどういうことですか?完璧な肌≠おしゃれな肌隙のない美魔女のような肌より、自分らしさが透けて見える肌のほうが、断然素敵 「アラを見せないように手を尽くした肌は、きれいかもしれないけれどどうしても違和感が出てしまう。しかもくずれてしまえば台なしですよね。ベースメイクは"腹八分目”でとどめて、その人の生きざまや重ねてきた深みを透けさせたい。それがほかの誰とも似ていない、唯一無二の魅力になると思うから」「ファンデーションは隠すためのもの」という意識を捨てる 「ファンデーションは肌のアラを"隠す”のではなく、"美肌印象をつくる”ものだと思ってほしい。カバーしようと意識した瞬間、大抵は厚塗りになってしまいます! 透明感やきめの細かさ、なめらかな肌感を印象づける、頰の中央だけに塗るくらいで充分」タイムレスな品のよさと端正なムードはマスト。そこに“今の気分”を加えて 「どんなにトレンドが変わっても、表情を生き生きと見せる血色感や品のよい端正なムードは肌づくりに不可欠な要素。それをクリアしたうえで今の気分やしたい服装に合った質感を楽しめたら……スタイルをグッと格上げできますよ」今、ファンデーションの進化は最高潮。何を使っても美肌は保証されるからこそ、「なりたい自分」に合わせて選びたい 「ファンデーションというと肌悩みに合わせて選ぶ人が多いようですが、今の時代は『なりたい自分』や『好きな服』を軸に決めてしまってOK。絶対に合格点以上の肌にはなれるし、そのほうがずっとおしゃれ感で差をつけられるはず!」おささアンサー:「おしゃれな肌」とは服と肌がマッチしていること「たとえばカジュアルな服装にきっちりつくり込まれた肌って、なんだかチグハグな感じがしますよね。自分の好きなスタイルにはどんな肌感が合うのか? その"マイ・スタンダード”を知っておくことが、おしゃれな人の絶対条件です」 この春は洋服を選ぶ感覚で、ファンデーションを手に取って!撮影/嶌原佑矢 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/辻村真理 モデル/谷口 蘭 取材・原文/小川由紀子 ※BAILA2019年4月号掲載
  • エクラ世代の美容愛好家・野毛まゆりとビューティライター北林道子が、「知りたいのにどこにも情報がない」、「これって本当のところ、どうなの?」といったエクラ世代の美容の疑問を調査&ご紹介! 「今どき感」と「肌映え」の両方を叶える大人リップ 『トレンドも押さえたいけれど、品があって、肌映えするものじゃないと』、『乾かず、唇をふっくらキレイに見せてくれることが大前提!』などなどわ大人がリップに求める条件は決して少なくありません。そんな厳しいニーズに応えるものは果たしてあるのか⁉︎ あるんです‼︎ 今回は、数ある春の新色の中から、野毛と北林が選んだリップをご紹介します!  野毛のおすすめ① メイクを選ばない透明感レッド 「赤リップとブルーを組み合わせたユニークなリップ。青みが適度に赤みを弱めてくれるため、赤リップ初心者でも使いやすい1本です。つけ方や青みの加減でいろんな”振り幅”が楽しめ、ファッションのテイストやアイメイクやチークの色を選ばず、スッと気軽につけられるのも魅力。個人的には、全然ベタベタしないのに乾燥しないテクスチャーも気に入っています」(野毛) 「つけるとモーブっぽい仕上がりに。固すぎず柔らかすぎずの心地よいテクスチャーです」(野毛)RMK カラーポップリップスティック03 ¥3,500 /RMK Division ※限定品RMKの公式サイトはこちら 野毛のおすすめ② なめらかなのに、”きちんと感”を演出できる深紅 「『アナ スイは20代〜30代のためのブランド』というイメージがありますが、実はこういった若者ブランドこそ、濃い色は使いやすいものが多いんです。この深紅リップも、のびがとてもなめらか。失敗なくキレイにつくだけでなく、香りもいいので、つけると気分がとても上がります」(野毛) 「見たままのクリアな発色。肌映え効果も抜群です」(野毛) リップスティックF ¥2,800/アナ スイ コスメティックス アナ スイ コスメティックスの公式サイトはこちら 北林のおすすめ① リップクリーム感覚でつけられる軽いレッドピンク 「リップケアとしても使える高いトリートメント効果がありながら、口紅同様の発色。カテゴリー的には”色つきバーム”なのですが、それをはるかに超える大人クオリティのリップです。パッケージもスタイリッシュでおしゃれなので、ササっとつけるだけで気分もアップ。カップにもべたっとつかず、色も意外と長持ちしますよ!」(北林) 「シャツやジーンズにもよく合い、カジュアルシーンにうってつけ! これは1度塗りですが、重ねづけすると、きちんと感も演出できます」(北林) ローズ・パーフェクト301¥4,200/パルファム ジバンシイパルファム ジバンシイの公式サイトはこちら 北林のおすすめ② 落ち着きの”肌映え”をかなえるローズレッド 「レッドは確かに肌映え効果抜群ですが、つけ慣れていないと『派手じゃないか』、『浮いていないか』と落ち着かなくなることも。そんな人におすすめなのが、ローズニュアンスの”肌映え”と”落ち着き感”が絶妙なバランスレッド。赤リップのいいとこ取りで、気軽に新鮮メイクが楽しめます」(北林) 「仕上がりはセミマット。けっこう落ちないので、食事会のときにもおすすめです」(北林)。デアリングリィ ディスティンクト リップスティック07 ¥3,900/THREETHREEの公式サイトはこちら 美容愛好家 野毛まゆり外資系化粧品会社の販売・教育を担当したのち、広報PRに。その後退職し、大手化粧品会社の新ブランドの立ち上げなどに携わる。化粧品業界で培った豊富な知識と経験を生かし、女性誌を中心に、美容愛好家として活躍中。 美容ライター 北林道子大学時代よりライターを始め、エクラ世代が経験してきた美容トレンド&悩みをひととおり知り尽くすひとり。美容誌やエクラをはじめとする女性誌、webなどで、美容テーマを長年にわたり担当。 「お悩みずばっと解決!美容塾」は、毎月5日・15日・25日に配信予定です。
  • イスラエル発のブランド Laline(ラリン)。パッケージも店頭のムードも“可愛い”イメージだけど、実はうら若い女子だけに独占させるのはもったいないブランド。なかでもエイジングケア視点+αで私がおすすめしたいアイテムは、ちょっとレアなこの1本。Lalineの生まれ故郷・イスラエルといえば? そう、死海ですよね。 死海でとれる塩には保湿効果の高い天然ミネラルや、肌を引き締め活性化、つまりエイジングケアに最適な塩化マグネシウムがたっぷり。もちろんLalineも、そんな死海の塩やミネラルをふんだんに配合したアイテムばかりなのですが、なかでも私がオススメしたいのは、このローズ ヘア&ボディミスト。ホホバやアルガンなどの美容オイル層と、アロエベラやザクロ果実エキスを配合した美容液層の二層タイプ。全身に使える麗しいミストです。シェイクするとこんな優しいピンクに。スプレータイプなのでとっても便利。細やかな霧が、髪やボディにうるおいのヴェールをかけてくれます。 テクスチャーはややあっさりめ。だから即なじんで髪は重くなりすぎず、肌は柔らかに。オイルと美容液の割合が絶妙で、春先のうるおい補給にぴったりです。香りはバラにピーチやアプリコットを忍ばせた初々しい香り。最初はちょっと甘いかな?と思いましたが、ふんわりほのかに残る程度なので朝、女としてのテンションを上げるのにぴったり。髪から始まって腕や脛など、そろそろ露出が始まるパーツに毎朝シュシュッとして楽しんでいます。そしてもうひとつテンションが上がったのが、このボトルの中のきらめき。オイルがダイヤモンドみたいにきらめくんです。思わず見とれてしまいました。 ちなみにこのヘア&ボディミスト、サイトを見たところ定番では存在しておらず、限定の香りのリリース時に現れるレアアイテムな模様。気になる方は店頭やサイトをこまめにのぞいてみては? ちなみに今は、日本限定デザインのチェリーブロッサムシリーズも展開されていますよ(ただしこのヘア&ボディミストはラインナップされておらず。残念)。余談ですがLalineのハンドクリームもベタつきが残らず優秀! なじませて即キーボードに向かえるのでデスクに常駐させています。100gとたっぷり容量なのに、なんと¥1800の衝動買いプライス! 右が限定発売中のチェリーブロッサム、左が4/26から発売されるローズシリーズのもの。こちらも死海のミネラル配合ですから、手もとのエイジングケア対策としてこちらもぜひ。ローズ ヘア&ボディミスト  100mL  ¥3400/Laline<4月26日(金)数量限定発売> ●「Laline」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • 先日の記事でもご紹介させていただいた、資生堂の新ファンデーション「薬用ケアハイブリッドファンデ」。商品をいち早く体験できる体感イベントが全国3都市(東京・大阪・名古屋)で開催されると聞きつけ、3月21・22日にベカリーカフェ 426 表参道で行われた第1弾へ行ってきました!イベントで体感できる薬用ケアハイブリッドファンデは2種類。■薬用美白ケア×シミをカバーして明るく『HAKU 美白美容液ファンデ』 >>関連記事はこちら■薬用肌荒れケア×なめらかに仕上げる『dプログラム 薬用スキンケアファンデーション』薬用ケアハイブリッドファンデについては、HAKU 美白美容液ファンデの記事で詳しく解説しておりので、ぜひご参考に!>>関連記事はこちら今回のお目当ては、気になっていたdプログラムの「薬用スキンケアファンデーション」。「dプログラム」といえば、資生堂ブランドの中でも特に、敏感肌でお悩みの方に人気のスキンケアブランド。花粉症など、季節の変わり目の肌環境変化により、肌荒れや赤みが気になる今日この頃。そんな肌でも安心して、きれいな仕上がりを実現できるファンデーションが欲しいなと思っていました。イベント会場では、開発担当者の方から直接、それぞれのファンデーションの特徴や開発秘話を聴くことができます。『つけている時はもちろん、落とした後の肌も楽しみになるファンデーション』というフレーズが印象的でした。肌荒れしている時って、ファンデーションはしない方がいいのかな?負担にならないのかな?と考えがち。しかも、そんな時こそ肌悩みをメイクで隠したいな……と思ったり。そんな時の頼れる味方として新登場したのが、dプログラムの新ファンデーション。メイクアップベースを含め、全てのアイテムに2種類の薬用有効成分が配合されています。①肌荒れ予防(トラネキサム酸)②ニキビ予防(グリチルリチン酸ジカリウム/グリチルリチン酸ステアリル)だから!日中のつけている間、肌荒れを防止しながらしっかりケアし、つけるたびキレイな素肌へと導いてくれるのです!さらに、実際に薬用スキンケアファンデーションのパウダーを従来のものと触り比べてみると、その違いも明らか。きしみ感がなく、ふんわりサラサラでなめらかな手触り!このパウダーにより、なめらかでふんわりとしたフォギー肌に仕上がるようです。会場で実際に、自分の肌色に合ったファンデーションを選んでタッチアップしていただきました。首と頬の色両方をチェックするので、白浮きせず自分の肌にしっくりくる色を選んでいただけます!一度ベースメイクを落とし下地で整えたあと、ブラシを使って薬用スキンケアファンデーションをつけてみると、こんな感じ。セミマットで軽やかな仕上がりが、とても心地よいです♪朝はHAKUの「薬用美白美容液ファンデ」を仕込んで、日中のお化粧直しにdプログラム「薬用スキンケアファンデーション」をW使いしたら、美白も肌荒れ対策もパーフェクトな完全無敵肌になれるんじゃないか……!?タッチアップの後は、お試しさせていただいた化粧下地とファンデーションのサンプル、さらにオリジナル金平糖のプレゼントをいただきました♡肌荒れしがちな今だからこそ、購入前にサンプルでお試しさせていただけるのが嬉しい!東京会場は、残念ながら終了してしまいましたが、3月30日(土)・30日(日)は大阪、4月6日(土)は名古屋で開催されるようです。すべて無料で体験できるので、お近くの方はぜひ遊びに行ってみては♪「体感イベント」詳細はこちら>>https://www.shiseido.co.jp/carehybridfd/event/
  • イライラっとしたら…かんたん薬膳で春先の不調を美味しく解消しましょう♪イライラしたり、怒りっぽくなったり…春先に何だか気持ちが落ち着かないなぁと感じることがありませんか?気持ちを穏やかに伸びやか~にする機能を持つ肝が春になると元気になり過ぎやや暴走気味に。肝が激しく動けば、気持ちもまた激しく動いてイライラや怒りを感じやすくなるんです。そこで今回は肝の働きを穏やかにする薬膳食材を使ったスープごはんをご紹介したいと思います。『トマトとセロリのスープごはん』(材料1人分) プチトマト5~7個/セロリ50g茎と葉が付いたものだと○/豚ひき肉50g/白ごはん1膳/鶏がらスープ300㏄ ※アジアン二杯酢…ナンプラー大さじ1/2、酢大さじ1/2 【準備】セロリを茎と葉に分けて、茎は筋を取りスライス、葉は千切りにします。生姜はみじん切りにします。ナンプラーと酢をあわせてアジアン二杯酢を作ります。 ①鍋に水と肉を入れて中火で炒り煮にし、水分が飛んだら生姜を加えます。 ②生姜の香りがたってきたらトマト、セロリを加えます。トマトの皮が少しはじけ、セロリが少し柔らかくなるまで炒めます。 ③チキンスープ、ごはんを加えて5~6分煮込みます。仕上げにセロリの葉をのせて、アジアン二杯酢をお好みの量でかけたら出来上がりです。お鍋ひとつでパパッと作れる薬膳レシピです。仕上げの”アジアン二杯酢”、酸味のある調味料も肝の激しい動きを抑える働きがあります。 イライラッときたら”トマト”と”セロリ”!!(笑)覚えておいていただけたら嬉しいです♪ 皆さんが伸びやかに穏やかに、そして健やかに春を過ごせますように。 最後までお読みいただきありがとうございました。  natsuko 美女組No.130 natsukoのブログ
  • ヘア&メイクアップアーティスト岡野瑞恵さんが「ニュアンスがすごい!」と絶讃されたのはこのアイテムのおかげでしたキッカ リキッドアイライナーW 02 バルサミコしなやかなコシのある太筆と、目のキワなどの細いラインも繊細に仕上がる極短筆。そのうえ、なんとも言えないバランスのいいダークブラウンのニュアンスも絶妙で。このWエンドアイライナーは、まるでまつ毛が増えたように目もとの印象が美しく決まるんです。女優さんに使用したところ「ラインの印象は強くないのに、瞳に目線が引き寄せられる!」「ニュアンスがすごい!」と絶賛されまくり鼻高々(笑)。自信をもっておすすめします!まつ毛のすき間を埋める極短筆のフィルカラーと、目じりの角度を操る太筆のラインカラーの2本がWエンドで1本に。人気のブラウンブラックが定番化。¥4,500/カネボウ化粧品ヘア&メイクアップアーティスト 岡野瑞恵さん撮影/国府 泰 取材・文/田中あか音
関連キーワード

RECOMMEND