その名も「スーパーストロベリー」というどら焼き【編集部おやつ】

Web eclat
他では食べられない、ここならではのユニークなフレーバーで注目を集める「なか又」のどら焼き。ずっと気になっていたのですが、ついに念願叶って、知人が前橋に行ったついでに買ってきてくれました!

まるでショートケーキのように華やかなこちらの一品は、その名も「スーパーストロベリー」。

生地はもちもちで食べ応え十分。いちごと生クリームと、そしてその中に隠れた餡のコンビネーションが最高でした♡ (副編N)

#なか又どら焼き #スーパーストロベリー #前橋グルメ
関連記事
  • 先週末、大阪→京都の旅行に行ってまいりました。ショッピングを楽しんだり、おいしい食べ物に舌鼓を打ったりと大満喫(大阪のファッションは本当~~に盛り上がってました。ぜひ編集Iのこちらの記事をご一読ください!)。今回は定番の老舗&新店含めて、京都の甘いもの記録を残させてください……! ぎおん徳屋で本わらび餅を「飲む」 もはや飲み物ですね。食べ始めた瞬間、なくなっている。中心に据えられた氷でひんやりと冷やされたわらび餅は、透明でなめらか。つるつると喉に入っていって、一瞬です。黒蜜のナチュラルな甘さも広がって、口福この上なし。夏にもぴったりです。夕方ごろに到着し、多少並んだものの比較的スムーズに入れました。京都の大定番として訪れる際は必ず食べたい一品です。ユナイテッドアローズ 六本木店でも7月末までは食べられるのですが、やはり祇園の町家で食べるのが楽しいですね。 宇治 中村藤吉本店で抹茶三昧 こちらも老舗の名店です。駅のお土産コーナーでも見かける、1854年創業の由緒ある茶商。東京や京都駅などでも食べられますが、ぜひ広々とした宇治本店で食べたいもの。優美な日本庭園も広がる空間で格別です。おすすめは看板メニューの「生茶ゼリィ」。抹茶とほうじ茶の二種類がラインナップ。なめらかな舌触りと、自然な味わいが魅力です。ほんのりした苦味もちょうどいい。アイスクリームも、こっくりとした甘さながらまったくしつこくありません。ほうじ茶も大変香ばしくて、癒やされました~。そして宇治本店では限定の手土産も充実。 こちらは通販と本店限定の「茶フィーユ」。抹茶の薄焼きチョコレートクレープです。午後のティータイムにちょうどいい軽さ。コーヒーとも相性抜群でした! さらにもうひとつ気になったこちらも購入。 宇治に縁があるといわれている兎をモチーフにした和三盆。干菓子なので日持ちもしますし、お土産にぴったり。口の中でふわーっと溶けるのと、何よりルックスがかわいらしい。 ラデュレが四条にやってきた! 東京でもおなじみ、ラデュレのサロンもなんと京都四条に初オープン! 1階にはテイクアウトのスイーツを販売するブティック、2、3階にはイートインができるサロン・ド・テが。伝統的な唐紙をラデュレらしく解釈した壁紙や天井など、内装がとってもかわいいんです。京都の和のエッセンスが、フランスの視点でアップデートされている。中心地ながら、どこか異国のような情緒も感じられます。床は、日本建築に特徴的な木と石の組み合わせと、モダンなカーブを描くソファとのミックスマッチが面白いです。 限定品は、マカロンボックス“キョウト”。外箱のイメージは18世紀フランスのクラシックデザイン。繊細なイラストレーションにブランドらしい可憐さが漂います。箱を開けると“マッチャ・キョウト”と“ヤツハシ”のマカロンが。後者は聖護院八ツ橋本店とのコラボレーション。新・京都土産として推したい一品です。 そんな感じで、ひたすら甘味を堪能したり、遊んだり、休んだりした週末でした。京都はただ歩いていても楽しくて大好きな街、またすぐに訪れたいなぁと画策しています。
  • 先日、友人がグループラインにこんな質問を投げかけてきました。「やかんを買いたいのだけど、みんなのオススメは?」。これに対し明確に回答できたのは、8人中私を含む2人だけ。残りの6人は、やかんではなく電気ケトルを使っているとのこと。中には「かさばるし、置き場に困るから捨てた」という声も。もしかして、今ややかんって少数派なの? そのことがやけに気になってきて、それ以来会う人会う人に聞いてみたところ、やはり電気ケトル派が7:3の割合で優勢でした(自分調べ)。 確かに電気ケトルは沸くスピードが早いうえに、沸いたら自動的にスイッチも切れる優れもの。必要な分だけサッと沸かしたいときにはすごく便利です。ただし電気ケトルは1リットル以下の容量が主流ですから、一度に大量の湯を使いたい場合は不向き。うちは家族全員がお茶をたくさん飲むので、容量2リットル以上のやかんが絶対必要です。 我が家で愛用しているやかんはビタクラフトのもの。子どもが生まれてから大活躍しております。ミニマルなデザインですが、ぽってりとしたフォルムは愛嬌があってかわいいんですよ。ステンレス製で軽いし、そそぎ口も洗いやすく、使い勝手は抜群。おしゃれなやかんは探せばいろいろありますが、デザインや手入れのしやすさなど総合的にみて、私はビタクラフトが一番だと思っています。 息子が超絶猫舌なので、就寝前にたっぷりの湯を沸かして茶葉を煮出し、翌朝までに冷ましておくのが日課です。毎晩子どもの寝かしつけを終えてから、今日はどれにしようかと茶葉を選び(ほとんど麦茶かルイボスティーの二択ですが)、煮出している間が安らぎのひととき。できたての熱々のお茶をすすりながら、深夜に甘いおやつを頬張っていると、無駄にやさしい気持ちになれます。さっき子どもが泣いてたときにもっとかまってあげればよかった、朝夫にあんな言い方するんじゃなかった、とひとり反省会をしつつ、こっそり自分だけの世界に浸れる、実に穏やかな時間です。 >>無印のファイルボックスがこんなに使えるとは知らなんだ #深夜のこっそり話 #1028 >>アウトドア・モードの必勝アイテム #深夜のこっそり話 #1124
  • 世界中の人たちから愛され続けている楽園、ハワイ。地球上にある唯一無二のこの存在に魅了され、取り憑かれ、通い続けてきた人もきっと多いはず。そんなハワイ通の方々に聞いた、ディナーにぴったりのおすすめのレストランをご紹介。徳原文子さん(スタイリスト)、坪田三千代さん(旅行ライター)推薦Hy’s Steak House(ハイズ・ステーキ・ハウス)記念日などにおしゃれして出かけたいステーキレストラン。フィレ肉の中でも希少なシャトーブリアンをキアヴェ炭でひとつひとつていねいに焼き上げたステーキは、さすが40年以上の歴史をもつだけあって、安定のおいしさ。「ストレートな味わいの正統派ステーキはここ。前菜も充実!」(坪田さん)、「お肉はもちろん、サイドのマカロニグラタンが大好き」(徳原さん)と肉以外のメニューの満足度も高い。シックな雰囲気のバーもおすすめ。分厚いガラス張りの向こうに、キアヴェ炭でステーキを焼くシェフの姿が拝める、中央のシートは人気。重厚なインテリアもまたここのよさ。ぜひおしゃれして訪れたいシャトーブリアンと野菜のロースト。注文は2人分以上から(1人分$65) 黒トリュフ、キングクラブ、マカロニのチーズグラタン($23)2440 Kuhio Ave., Honolulu ☎808・922・5555(17時以降は日本語対応可) 17:00~21:30(最終入店) 無休 ※ドレスコードあり(男性は襟つきシャツ、つま先の隠れる靴〈スニーカー可〉着用。サンダル、野球帽不可。子供も同様)。要予約。次は:ワイン×シーフードNo.1のレストラン飛田和緒さん(料理家)推薦Azure Restaurant(アズーア レストラン)ロイヤル ハワイアン ホテルのシグニチャーレストランは、ハワイ産の魚介類を味わいながらワイキキサンセットが楽しめる稀有なところ。日本人シェフ、桂真悟氏が腕をふるう繊細な料理と雰囲気が好きという飛田さんもこちらの常連。「今日のおすすめの魚介類と調理法が選べるメインがいいですね。ピンクシャンパンも旅気分をアップしてくれます」。バーセクションは予約なしでも気軽に入れるので夕暮れ時、ディナーの前の一杯にも。ピンクシャンパンや白、赤など、ワインの品ぞろえが豊富なことでも知られる。ペアリングのコースもありコナ産のロブスターの甘味をたっぷり堪能するひと皿($31)。きゅうり、ローカルラディッシュ、バジルなどを使ったソースをからめてキュートなピンクの壁にこの看板が目印2259 Kalakaua Ave., Honolulu ☎808・921・4600  17:30~21:00(LO)、 バー17:00~22:30 無休 ※スポーツウエア、水着、ビーチサンダルは不可。 予約がベター。次は:最終日ディナー候補No.1のレストラン内野 亮さん(コーディネーター)推薦Merriman’s Honolulu(メリマンズ・ホノルル)レストラン横の青々とした緑生い茂る畑、入口前の小さな畑で揺れるハーブ。“農場から食卓へ”をコンセプトに、20年以上も前からハワイでいち早く地産地消を掲げ、賞賛され続けているハワイ島のメリマンズが、昨年、オアフ島に待望のオープン。「90%ハワイ産の新鮮な野菜、肉、魚介を使った料理は、どれも素材の味がしっかり感じられるもの。ぜひ最終日に訪れて、心にも体にもハワイの味を刻んでいってほしいです」と内野さん。高い天井と窓が、より気持ちのいい雰囲気を醸し出す店内目の前で、なます、しょうゆバターなどと合わせてくれるフレッシュな味わいのテーブルサイド・ポケ($16)さっとソテーした大粒のホタテは甘く、とろけるおいしさ。ダイバー・シー・スキャロップ($42)1108 Auahi St., Honolulu ☎808・215・0022 (日本語対応可) ランチ11:00~17:00、ディナー17:00~21:00 (金・土曜~21:30) 無休次は:デザートのおいしさNo.1のレストランショーン・モリスさん(マーケティング&PR、フードライター)推薦MW RESTAURANT(エムダブリュー・レストラン)ハワイの名店『アラン・ウォンズ』出身の夫婦が切り盛りする、今のハワイを背負って立つハワイリージョナルキュイジーヌレストラン。オープンから5年がたつ今も、お客さんがひっきりなし。特別な日にも、デイリーにも使える気軽さもいい。ハワイ在住の日系4世、ショーンさんはここが大のお気に入り。特にデザートには思いが深く「デザートのおいしさはハワイいち。ディナーのあとにデザートだけ何種類も食べにくることもあるくらい」イチゴそのものを凍らせて削る、本格派のイチゴのシェイブアイス($12)これもショーンさんがイチ押しの、ガーリックマッシュルームソースが効いているジューシーなプライムリブアイステーキ($58)オープンキッチンまでの抜けが気持ちいい広々とした店内。客席との距離もゆったりで優雅な雰囲気1538 Kapi‘olani Blvd., Suite 107, Honolulu ☎808・955・6505 月~木曜10:30~21:00、金曜10:30〜22:00、土曜16:30~22:00、日曜16:30~21:00 ㊡元日、感謝祭、クリスマス ※予約がベター。次は:ローカル人気No.1のレストラン桐島かれんさん(モデル)推薦Maguro Brothers Waikiki(マグロブラザーズ・ワイキキ)かつて築地で働いていた日本人兄弟が切り盛りするマグロ料理の専門店。ダウンタウンにほど近いチャイナタウンで人気に火がつき、ここワイキキにもお店をオープン。目利きのふたりが選んだとろけるマグロめがけて開店前から列を成す大人気店だが、並ぶ価値はあり! マグロを中心に、ホタテやイカなどを合わせた丼物が種類豊富にそろう。桐島さんお気に入りの「中トロ&ポケコンボ」($15.52) 15時にチャイナタウン店を閉めてからワイキキ店をオープンする415 Nahua St., Honolulu, Pearl Hotel Waikiki 1F ☎808・230・3470 17:30~21:00 ㊡日曜 ※予約不可撮影/内田 恒 構成・文/赤澤かおり 本誌編集部 コーディネート/内野 亮 ※eclat8月号掲載 ※掲載されている情報は2019年6月現在のものです。
  • サクラとともにランチにやってきました♪ 人間と同じ食事を食べたそうに見つめてきます。ちゃんと我慢できたので、あとでおやつを多めにあげちゃおうかな~♡「おなかすいたワン~。それスパゲッティっていうんでしょう~? おいしそうだな~!」■名前 サクラちゃん■性別 女の子■犬種 ミニチュアシュナウザー■生年月日 2016年1月13日■性格 おてんば!■特技 高いところからジャーンプ!■好物 鳥の手羽先の生肉■マイブーム 毎晩私のお布団で一緒に寝ること■チャームポイント 長~いまつ毛→サクラちゃんの投稿はこちらから
  • おやつをめぐる記憶にまつわる、エッセイ連載 お菓子は甘い総合芸術。味に意匠に文化に歴史。だからこそ、たったの一口で時空を巻き戻すことすらできるのだ。昔の味も未来の味も、自由自在の時間旅行記。  東急東横線に乗るたびに「このまま乗り続けていればプルプルの豚足そば(徳記)に、ほわほわのマーラーカオ(聚楽)に会えるのに」と思ってしまうから途中下車がしんどい。元町・中華街駅から地上に出れば、豪華絢爛な牌はい楼ろうの向こうにせいろの湯気と中華提灯がぼんやり輝く麗しの異界、チャイナタウンが広がっているのだ。いやいやチャイナタウンなんてあれでしょ、冷凍点心と料理の鉄人風の等身大パネルと激安食べ放題の看板が並ぶ胡散臭い観光地でしょう、と思っていたこともあったけど、せり出す看板群の合間に佇む控えめな個人店の一つひとつに、手作りの心意気と小さな歴史が息づいていることを知って以来、好きになった。中華街におけるいい店は見た目の地味さに比例する。  真紅の看板に手書きの値札が連なる紅こう棉めんは1952年創業、広東省出身の譚さん一家によって営まれる老舗のお菓子屋さん。手作りの中国菓子が並ぶショーケースは尊さのあまり発光して見える。特に月餅は店の代表選手で、型押し模様がキリリと浮かび上がる「豆沙大月餅」は、月というより金印の如き荘厳なオーラを放ち、ついこうべを垂れたくなる。ありがたや……。そう呟きながらナイフを入れればベンタブラックばりの漆黒が。吸い込まれそうな自家製餡がぎっしり詰まった断面にかぶりつけば、ねっとりとしたあんこが黒胡麻の香りとともに広がって、現実に踏みとどまることなどもう不可能。口から異国に染まるパワーに翻弄され、これが広東菓子の魔力なのか……と白目を剝きそうなティータイム。 紅棉●神奈川県横浜市中区山下町190☎045-651-2210営業時間 10時~20時 無休自家製黒餡の大月餅「豆沙大月餅」(¥520)のほかエッグタルトやマンゴープリンも人気メニュー PROFILEひらの さきこ●1991年生まれのフードエッセイスト。著書に『生まれた時からアルデンテ』(平凡社)がある。instagram:@sakikohirano SOURCE:SPUR 2019年3月号「スイーツタイムトラベル」 photography:Masaya Takagi styling:Keiko Hudson >>「平野紗季子のスイーツタイムトラベル」TOPへ戻る
  • わざわざ狭いところを通ったり、人は通れない隙間にちょこんと座るのが好きなゆら。どこか得意げな表情が愛くるしい(笑)。「こういうところが落ち着くんだニャ☆」■名前ゆらちゃん■性別女の子■猫種やや長毛のミックス(保護猫なので不明)■生年月日2016年ぐらい(推定)■性格食いしん坊で甘えんぼ。飼い主の姿が見えないと探しにくる寂しがり屋■特技おねだり■好物おやつの「モンプチクリスピーキッス」■マイブーム寝ている飼い主の髪の毛で遊ぶこと■チャームポイント「ヘーゼル」と呼ばれる2色が重なった瞳。お尻をゆらゆら振って歩く後ろ姿→ゆらちゃんの投稿はこちらから
  • 全国のおいしいものを知りつくした「エクラうまいもの班」がこの夏一番のお気に入りを個人的にリコメンド!1.「エッゲル・フランツ」のシードル (ライター・佐々木ケイおすすめ) 植物学者である生産者が無農薬、無肥料栽培するりんごで造る北イタリア産ナチュラルシードル。瓶内2次発酵、酸化防止剤無添加。ニワトコの花やカリンを加えたものも。「ワインのように食中酒として楽しめます」。 750㎖ 各¥2,500 ●輸入元 エヴィーノ  ☎048・799・3678  http://interlink-okinawa.jp/3.「紫野和久傳」の果椒 (ライター・西村晶子おすすめ) 「フルーツやナッツのお菓子の中で今、一番のお気に入り。山椒のピリッとした刺激がワインやウイスキーに合い、辛党への手みやげにも重宝」。実山椒と数種のナッツやドライフルーツがふんだんに。 ¥2,500(大)  ●東京都千代田区丸の内3の3の1新東京ビル1F  ☎03・3240・7020 
  • 【カルディ コーヒーファーム(KALDI COFFEE FARM)】には、夏の絶品グルメが大集合! なかでも、レッドでホットでチリな旨辛系のおつまみ&おやつが大充実しているんです! 今回は、話題の中華麻辣系から激辛ハバネロ系、ちょっぴり和風な七味唐辛子系、タイ風トムヤムクン系まで、キンキンに冷えたビールやワインと楽しみたい絶品おつまみ9選をご紹介します。 【カルディ(KALDI)】夏のおすすめ旨辛おつまみ 目次1.しびれ麻辣ポテトチップス 2.しびれ王 麻辣ピーナッツ 3.しびれ麻辣そらまめ 4.まるごと唐辛子スナック 5.餃子ぬれせんべい 6.オリエンタルクリスプ トムヤムナッツ 7.シラチャーおかき 8.ハバネロちーずサンド 9.京風七味の柿の種 1.しびれ麻辣ポテトチップス しびれ麻辣ポテトチップス ¥192/カルディ コーヒーファーム 舌がしびれるような山椒(花椒)の辛さ「麻味(マーウェイ)」と、舌がヒリヒリするような唐辛子の辛さ「辣味(ラーウェイ)」の2つの辛さがミックスされた「麻辣(マーラー)」味のお菓子が大人気です。みんな大好きスナック、ポテトチップスが麻辣風味に進化したのがこちら。 国産のじゃがいもを使用した薄くてパリパリのポテトチップスに、唐辛子と花椒の辛さがダブルでガツンときいています。 2.しびれ王 麻辣ピーナッツ しびれ王 麻辣ピーナッツ¥129/カルディ コーヒーファーム さまざまなフレーバーのピーナッツをリリースしているカルディ(KALDI)ですが、この夏は麻辣味が人気のもよう! 麻婆豆腐や麻辣火鍋などの四川料理のホームである中国は四川省産の花椒を使っているので、辛さにコクがあります! 麻辣油をまぶしたピーナッツと、刻んだ唐辛子、花椒の実をミックス。3つを合わせて一緒にいただくと、複雑な辛味と旨味が舌の上でスパークします☆ エディター沖島、こちらを気に入りすぎて、同じく辛いものが大好きな、我らがBAILAカバーモデルで女優の桐谷美玲さんに差し入れしたことも! 3.しびれ麻辣そらまめ しびれ麻辣そらまめ¥149/カルディ コーヒーファーム 麻辣系が続きますが、お次は炒ったそらまめです。火を吹きながらカンフーで辛さと戦うパンダのパッケージがゆる可愛いですが、そらまめ独特の旨味と、しびれるような辛さのダブルパンチが相性抜群! 薄皮ごと炒ってあるので、カリカリの食感も2層に。食べごたえがあり、永遠にビールが飲める旨辛おつまみです。 4.まるごと唐辛子スナック まるごと唐辛子スナック¥98/カルディ コーヒーファーム なんと、唐辛子そのものに衣をつけてまるごと揚げた大胆な発想のおやつ。真っ赤な見た目に「どれだけ辛いの!?」と一瞬ひるみますが、野菜チップスのような感覚で意外とサクサク食べられます。今回ご紹介しているラインナップのなかでも食べやすいほうかも! スナックとしてはもちろん、サラダやお惣菜、麺類など夏ごはんのトッピングに使っても◎。サクサクした軽い食感が、ふだんのおかずに絶妙なリズムと辛味を加えてくれます。 5.餃子ぬれせんべい 餃子ぬれせんべい¥257/カルディ コーヒーファーム ぬれせんべい独特のもちもちした食感と、皮のパリパリ感、さらに餃子のあんのジューシー感がお口のなかで大渋滞するユニークなおつまみ。丸い餃子の皮をぺたんと2つに折った形が愛嬌たっぷりです。 国内産うるち米のほかに、乾燥キャベツや乾燥ニラなど、餃子のあんに使用される食材が使われています。濃いくちのしょうゆにごま油、ラー油でアクセントをプラスしているよう。完売と再入荷を繰り返す、カルディ(KALDI)の大ヒットおつまみなのだとか。 6.オリエンタルクリスプ トムヤムナッツ オリエンタルクリスプ トムヤムナッツ¥298/カルディ コーヒーファーム 中華系麻辣陣営に負けじとばかりに気を吐くタイ陣営のおつまみにも注目です! イチ推しはこちらのトムヤムナッツ。カシューナッツに、唐辛子に加えてカフィアライムリーフ、レモングラスなど、エスニック料理によく使用されるのハーブを入れたスペシャルナンプラーソースに絡めであります。 ゴロゴロと煮詰められたような甘辛いトムヤムクンフレーバーがかなりクセになります。食べごたえもじゅうぶん! サラダ、チャーハン、焼きそばなど夏に食べたいエスニック料理にトッピングするのもおすすめだそう♪ 7.シラチャーおかき シラチャーおかき¥150/カルディ コーヒーファーム 「いぶりがっこおかき」など、たくさんの名品を持つカルディ(KALDI)オリジナルおかきですが、ついに大人気ホットソースである「シラチャー」フレーバーが爆誕! シラチャーはタイ(チョンブリー県・シーラーチャー郡)発のホットソースで、アメリカでマス向けに商品化され大ヒット! カルディ(KALDI)でも大人気なんだそうです。 シラチャーの味は、タバスコよりもマイルドで、パプリカや唐辛子など、原料として使われている野菜の味が驚くほどしっかりしていて、コクがあります。おかきは真っ赤に染まっていますが、噛みしめるとマヨネーズのような味わいもして、かなり新鮮! 8.ハバネロちーずサンド ハバネロちーずサンド¥178/カルディ コーヒーファーム 唐辛子の王様ともいわれる激辛のハバネロ。こちらは、アメリカで人気のハバネロ入りペッパージャックナチュラルチーズを魚肉シートで挟んだおつまみです。 口にいれた最初はふつうの鱈チーズのような感じなのですが、噛んでいくうち、マイルドなチーズのなかに潜んでいたハバネロの激辛が、最初はジャブのように、そして突然めちゃくちゃ主張してきます!  9.京風七味の柿の種 京風七味の柿の種¥149/カルディ コーヒーファーム 定番の柿の種(せんべい部分)に、風味を重視した京風七味をまぶしたおつまみ。もちろん辛いのですが、鼻に抜けるふくよかな香りが爽快です。 ピーナッツがないぶん、おかきそのものの旨味や辛味と真剣に向き合えるのが◎。ビールはもちろん、日本酒や焼酎にもよく合いますよ。 いかがでしたか? いずれも、いつも飲んでいるビールやワインのお供としてグイグイお酒がススんでしまう禁断の味わい♡ 飲みすぎ&食べすぎに気をつけていただきながら、ほどよくお楽しみいただくことをおすすめします! 【カルディ コーヒーファーム】公式オンラインサイトはこちら 取材・文/沖島麻美 ※記事内容には個人の感想が含まれます。また、価格や在庫状況は2019年7月中旬時点での情報で、店頭やオンラインストアでは予告なく変更になる場合があります。
関連キーワード

RECOMMEND