[富岡佳子private life]エクラ&ミッドランドスクエア ファッションイベント

Web eclat
当日は生憎の雨模様でしたがたくさんの方にお越しいただけまして大変感謝しております。エクラではここまで大きなファッションイベントはもしやお初ではないでしょうか?!
なのでスタッフ一同数ヶ月前からこの日を楽しみにしておりました!
私もほぼ30年のモデル歴の中で苦手で避けていたウォーキングを何十年ぶりにちょっとしてみたり…下手くそ〜〜とか一人で心の中で叫ぶ。笑
オフショットは、会場へ向かうビフォーアフターのショットです。終わった後のこの満面の笑み。笑
ステキなブーケをご用意いただき感謝です…編集長とのツーショット!!
トークも息がぴったりでとても私自身が楽しかったです♡
最後にサプライズでバースデーも祝っていただきました!
ミッドランドスクエアのスタッフの皆様ありがとうございました!エクラ一同またお呼びいただければいつでも参上いたします。笑
関連記事
  • 一大決心をして、周囲の越えに押されて……。さまざまなきっかけで大人になってから好きなことに出会い、極めていくうちに自宅でサロンを開いて活躍しているアラフィー女性が増えてきている。カービング教室を主宰する柴田さんは、35歳のときにタイで「カービング」に出会ってから熱中するようになり、今では柴田さんの元から独立した講師を育てるまでに。これまでの経緯や現状、将来について伺いました。カービングほれたら一直線!海外でも経験を積み講師を育てるほどに柴田ななさん(No.9 カービング教室主宰・50歳) カービング作品をより美しく展示するため、毎月関西から東京に出向いてタイのフラワーアレンジメントを勉強中。カービングはタイの伝統工芸で、ソープや硬い野菜・フルーツなどに美しい彫刻を施すアート。35歳のとき、タイで見た実演に感動したのが、カービングとの出会いだった。子育てが落ち着いた38歳のとき、カービング教室へ。 「暇さえあれば月に何度もレッスンに通い、文字どおりカービングにのめり込みました。タイ人の先生が来日されたと聞けば、先生を追いかけて全国を転々とするほどの熱心さ(笑)。そして数年かけて何度も渡航し、本場バンコクの有名スクールのプロフェッショナルコースを修了しました」  並行して日本で認定講師の資格をとり、42歳で自宅サロンとカルチャー教室の講師をスタートさせた。 「ますますカービングに没頭し、自分の腕を磨き、海外のコンテストにも挑戦する日々。そして48歳のとき、サロン専用の部屋や倉庫を備えた自宅を新築しました。家族のストレスが減り、機能的にレッスンを行えるように。育ってきた生徒さんたちの声に応じて講師認定コースを新設し、独立した講師が同じカリキュラムを使えるようにテキストやレシピを一新しました。好きなカービングを教えることで、生徒さんが新たな一歩を踏み出すお手伝いをすることが、今の生きがいです」 サロンで使っているテキストとできあがりイメージの写真は、すべて柴田さんのオリジナル。ソープカービングコース、フルーツ&ベジタブルコース、マスターコースそれぞれにテキストを用意サロン専用の部屋は、ヨーロピアンクラシックな内装で落ち着いた雰囲気。レッスン前には必ず、必要な道具やレシピが書かれたテキストを人数分セットして生徒を迎える撮影/山下みどり 藤澤由加 取材・文/小林みどり ※エクラ5月号
  • "ホッと一息ヨガ "を体験!studio yoggy さんが行なっている、「#ヨガ休みいただきます」というキャンペーンで、5月から始まる特別プログラム「ホッと一息ヨガ」を、先日体験させていただきました! どんなプログラム?ホッと一息ヨガは、通常のヨガのクラスのように、難しいポーズをするのではなく、"シャヴァ・アーサナ"という、マットに寝転がり、目を閉じ、全身の力を抜く。というリラクゼーションのポーズに重きを置いたコースです。 ヨガはほとんどやったことのない私ですが、最後まで無理なく出来たので、「ヨガやってみたいけど、難しそう...」と悩んでいる方が始めるのにちょうどいいクラスかと思います! プログラムの考案者である、インストラクターのマレさんが、前でお手本を見せながら教えてくださいました。 ポーズをしている間、マレさんが私達の間を歩きながら、言葉でポーズの説明をしてくださったのですが、その語り口がとても穏やかで、よりリラックスすることができました。 最後に"シャヴァ・アーサナ"をやったのですが、ヒーリングミュージックを聴きながら、ブランケットをかけて横になっていると、自然と心が緩んで、気がつくと数分眠っていました。笑 スタジオは緑がいっぱいで、使わせていただいたヨガマットはカラフルでとても可愛かったです♡ 今回このプログラムを体験させていただいて感じたのは、スタジオに行って、ウェアに着替えて、マットの上でストレッチをして、というヨガをするまでの準備の時間が、心をリラックスさせる準備になるということです! リラックスするという時間を意識的にとるとこは大事なことだなあ。と思いました☻ "ホッと一息ヨガ"は、東京・大阪・名古屋のスタジオで実施されるそうなので、気になった方は、是非studio yoggyさんのHPでチェックしてみてください♡マレさん。一緒に写真撮っていただきました♡モアハピ部 No.646 あみ のブログ
  • 数多くの女性のファッションスタイルを提案してきたスタイリスト・室井由美子さん。今回はベーシックなアイテムで作る「大人なパリスタイル」を教えてもらいました。いつもと違うコーデで旅行に行きたい方は必見です!trip to Paris(パリ)!!スタイリスト室井由美子さんBAILAほか『LEE』『Marisol』『éclat』などの女性誌から商品開発・イベントまで幅広く活躍。ベーシックを軸にしたリュクスなスタイルに定評がある。旅先では「暮らすように過ごす」ことを大切にしているそう。「“大人のきちんと感”を演出しながら、眺めていても気分が上がる服がパリの相棒に」パリに行ったらボーダーやデニム、バレエシューズのようにパリらしいおしゃれがしたいし、着回しよりも毎日いろんなコーディネートを楽しみたい派。そのほうが気分が上がります。いつでも気をつけているのが、旅でもきちんと感のある装いにすること。丁寧なサービスを受けるためであり、すべては気持ちよく過ごすことにつながります。グローブ・トロッターのスーツケースは置いてあるだけで可愛くて絵になりますし、開けたときに美しいと思えるようにパッキングします。20年ほど使っていても丈夫というグローブ・トロッターのスーツケースをお供に。旦那さんとの旅行では、大きいほうが室井さん用。毎日のおしゃれが飽きないように服だけでなくハットやバッグ、シューズなども数種類持参して。ブルーやグリーンなど強い色が多めでも、足もととバッグがブラウン〜白で統一されているのでどう組み合わせても素敵な着こなしが成立。滞在先に着いたらまずは服にアイロンをかけて、自宅と同じような心地よい空間をつくることからスタート。「マルシェで買い物して夫(シェフ)が料理を作ってくれることも。ワインを飲みながら二人でいただく時間も好き」。丸めないパッキングなら開けたときも美しい!アウターやワンピースのような丈の長いものは先をしまわないでいちばん下に入れ、その上にたたんだ洋服を。外に出ている洋服の端で上からふたをしたら完成。最後にスカーフをのせても。6つのルールで作る大人なパリのワードローブ Rule_1 パリらしいベーシック強い色はボトムで取り入れて華やかさをプラス。「写真映えにもなりますし、日本ではできない色合わせも楽しみたい」。ピンクのパンツはイレーヴRule_2 3色トップスオーラリーのリブニットは色違いで。「着心地、形、フィット感などパーフェクトな一枚。いつも着ているストレスのないものを持っていきます」Rule_3 遊びのある小物キュートなグリンのイヤリングやハルポのネックレス。「手もとはクラシックなデザインのジュエリーが多いので、ハズしとして投入します」。Rule_4 ローヒール足もとは歩きやすさ重視。白パンプスはマノロブラニク、メタリックバレエはセリーヌ、茶色バレエシューズはカルツァイウォーリ フィオレンティーニ。Rule_5 きれいめワンピorセットアップ思い切りのいい長め丈が気分というワンピースはスカーフをプラス。ルージュ・ヴィフの黒のセットアップ(左)はラドローのPVCバッグと合わせて。Rule_6 キレイ色強い色はボトムで取り入れて華やかさをプラス。「写真映えにもなりますし、日本ではできない色合わせも楽しみたい」。ピンクのパンツはイレーヴ。ホテルに着いたらまずは巣作り!居心地のよい空間に。「お気に入りの香水やルームスプレーで自分らしい空間をつくります。食べ歩きも多いのでシミ抜きもマスト」。(右から)メゾン フランシス クルジャンの香水、ザ・ランドレスのシミ抜き、ルームスプレー、ワインオープナー。撮影/草間大輔〈impress+〉 取材・原文/昼田祥子 撮影協力/アワビーズ ※BAILA2019年5月号掲載
  • 本誌をご覧いただいた方はすぐどなたの足かわかりますよね♡スポーティアイテムのミックスコーデが新鮮!と大好評の白石麻衣さんの特集。MORE5月号に掲載中です。新しい号が4月26日に発売となりますがその前にぜひ、ステキなお顔はぜひ今発売中の本誌&デイリーモアでチェックしてくださいね♡(副編Y)
  • ZARAのノーカラーツイードジャケットならホテルランチもOKです。この前ZARAでこんなジャケットを見つけました。ノーカラーのコットンツイードで、色もベージュと白が混じった柔らかな色合い。パンツでもスカートでもバランスのいいちょっと長め丈で気になる下半身もカバー。コンサバに見えてポケットやフロント部分はジッパーになっているところがZARAらしいデザインです。今日はグルメな従姉妹のバースデーランチに、丸の内の東京會舘にある「ロッシニ」へ。リニューアル後初めての訪問です。エントランスも高級感があって素敵。皇居のお堀を望む抜群のロケーション。華やかな赤が印象的なシックでモダンな店内。入るだけで気分が上がります。中央にRの文字があしらわれた薔薇の柄のお皿もオリジナルのもの。 3人までなら是非ボックス席で。落ち着いてゆったり食事が楽しめます。そしてそして、ロッシニといえばローストビーフ!テーブルにシェフが来てサーブしてくれます。量はたっぷり200g。柔らかくてジューシーでとても美味♡メインがこの量なので、大食いの私もお腹いっぱい、大満足でした〜。少食の女子はちょっと無理かも(笑)。お誕生日は彼女の方なのに、プレゼントしてくれたハウスオブロータスのポーチセット。繊細でオリエンタルは刺繍が可愛い♡ そしてプレートのメッセージと、その場で撮って現像してくれた写真はお店から。きめ細かいサービスと心遣いはさすがです。 アニバーサリーなどの場合は予約時に一言伝えておくといいですよ。今日はこのジャケットにペールピンクのインナーと白のパンツを合わせて春らしく。キチンと見えるけど着ていて楽チンなのも大事なポイントです。 jaket・・・zara tops・・・beige. pants・・・epoca the shop bag・・・roger vivier shoes・・・manolo blahnik華組 有村一美ブログ
  • 結婚式のウエディングドレス・20代プレ花嫁さんへのおすすめ♪一生に一度の結婚式。ウエディングドレス選びをしている20代のプレ花嫁さんにおすすめの形やブランドは? 実際に結婚式を挙げたモアハピ部メンバーのウエディングドレスも♡ [目次] 結婚式のウエディングドレス、20代に人気の種類や形は? まるでお姫様♡『THE HANY』のウェディングドレスが可愛すぎる! 『モニーク・ルイリエ』の"candy"というウエディングドレス【モアハピ部 No.312 くくさん】 自分に似合うウエディングドレス選び【モアハピ部 No.628 かんちゃんさん】 ※それぞれ掲載時の情報です。最新の情報はオフィシャルサイト等でご確認をお願いいたします。結婚式のウエディングドレス、20代に人気の種類や形は?女子なら一度は夢見るウェディングドレス。シルエットはAライン?スレンダー? 雰囲気はゴージャス?シンプル? 肩は出す?袖付き? かなえたい条件を挙げていったらキリがない〜! じゃあ、トレンドにのっかってみるのもひとつの手かも♡ ウェディングドレスのクチコミサイト『DRESPIC(ドレスピック) 』で、テイスト別にこの1年で最も見られているのは【クラシカル】!【20代に人気のウエディングドレス】ウエディングドレスは断然「クラシカル」が人気♡©アクア・グラツィエ表参道グランドサロン 上品なレースをたっぷりと使っていたり、スカート部分にパニエを入れない落ち感のあるシルエット、ハイネックやロングスリーブなど控えめな肌見せなどなど……時代を超えて愛される、大人っぽいデザインが人気の様子♡イギリスで執り行われた、ハリー王子とメーガン・マークルさん(サセックス公爵夫人)のロイヤルウエディングの影響や、ガーデンウェディングの流行でグリーンに似合うウエディングドレス、という観点で選ぶ人が増えているため、クラシカル人気が高まっているそう。落ち着いた雰囲気のデザインが多いので、お色直しや二次会で着るのもオススメです♬【三配り嫁】って知ってる? ウエディングドレスやリング、フォトまで、2018年のウェディングトレンド大・発・表♡▲【《結婚式特集》ウエディングドレス編】トップに戻る まるでお姫様♡『THE HANY』のウェディングドレスが可愛すぎる!【20代のウエディングドレス選び】『THE HANY』の可愛すぎるウエディングドレスたち「ウェディングドレス」を見ると、ますます結婚したくなっちゃいませんか?w今日は「いつか着れたらいいなぁ」という人から、「もうすぐ着る予定!」というプレ花嫁さんまで必見の、素敵なドレスSHOPをご紹介します♪ 場所は便利な青山。オシャレなお店が立ち並ぶ一角に店舗を構える『THE HANY』です。シンプルなものから色鮮やかなカラフルなものまで多種多様なデザインが豊富な『THE HANY』のドレスたち。私自身秋に結婚式を挙げる予定なので、『THE HANY』のドレスも見てみたいなということで友人であるデザイナーの羽仁衣(ハニー)ちゃんにお声がけしました♪移転したSHOPにいくのが初めてだったので、お店がかわいくて写真を何枚も撮ってしまいましたよ〜!長い廊下を抜けるとウエディングドレスのフィッティングルーム。色とりどりの美しいウエディングドレスたちは、どれもこれも着たくなってしまう素敵なものばかり。なかでも私のオススメは、ハンドメイドでひとつひとつ丁寧に作られたお花がとってもキレイな「Monique(モニーク)」と「Papillon(パピヨン)」というウエディングドレス。背中にとまる蝶がなんとも美しく、大人の可愛さとエレガントさが楽しめます。ボリューム感のあるウエディングドレスは、360度どこからでも美しい写真が撮れてとってもフォトジェニック♪ モデルさんが着てみせてくれましたが、本当にため息の出る可愛さでした♪この他にもウエディングドレスはもちろんたーーーくさんありましたので、プレ花嫁さんはぜひ『THE HANY』でもたくさんのかわいいウエディングドレスをチェックしてみてくださいね☆まるでお姫様♡『THE HANY』のウェディングドレスが可愛すぎる!▲【《結婚式特集》ウエディングドレス編】トップに戻る 『モニーク・ルイリエ』の"candy"というウエディングドレス【モアハピ部 No.312 くくさん】【20代のウエディングドレス選び】念願のウエディングドレス『28歳、結婚式を挙げました!』ウエディングドレスは【MONIQUE LHUILLIER -モニーク・ ルイリエ-】の"candy"というウエディングドレス。トリートドレッシングで決めました!私のウエディングドレス選びは即決 笑3着試着させて頂いたのですが、1番最初に着たこの"candy"が理想にぴったりすぎて!!ポイントは3つありました。①ビーチフォトを撮影する予定だったので、太陽の光を浴びてキラキラするデザイン②家族だけの結婚式・パーティーなので、ボリュームがありすぎず距離感が近く取れるもの③可愛すぎず大人っぽすぎず、カジュアルさもあるものこれを全て叶えてくれて、本当に大好きな運命のウエディングドレスです❤️ブーケはこのウエディングドレスのイメージに合わせて手作り!イメージ通りにできてお気に入りです❤️ビーチフォトは、とにかく撮りたい写真のイメージをたくさん伝えてこだわり満載で撮ってもらいました!【くく婚】ハンドメイド・ビーチフォト・スイーツビュッフェ・・こだわりを詰め込んで❤️『28歳、結婚式を挙げました!』▲【《結婚式特集》ウエディングドレス編】トップに戻る 自分に似合うウエディングドレス選び【モアハピ部 No.628 かんちゃんさん】【20代のウエディングドレス選び】ウエディングドレス♡シルエットも色々!ウエディングドレス選びについて紹介します(^^)私はワタベウエディングさんにお世話になっています。先日衣装合わせに行ってきました*私はそれほど具体的な希望やイメージもなく(笑)、知識も全くない状態で衣装合わせに行ったのですが。。ウエディングドレスにはプリンセスライン、マーメイドライン、Aライン・・・などたくさんの種類の形があります。最初に希望のドレスをいくつか選び、気になったものを数着試着していく感じでした。①最初に着たものがこちら!チュールのスカートがかわいい、シンプルデザインです。後ろ姿のリボンが気に入りました。リゾートらしいデザインのドレスです。②2着目がこちら!かわいらしすぎるかなと思ったのですが、着ると案外良い感じ!スカートにボリュームがあって写真映えも◎な感じでした。③3着目は、自分ではあまり選ばないものを。写真で見たときはうーん。。。と思ったのですが、着てみるとすごく良い!クラシカルなレースで後ろ姿も素敵です。マーメイドタイプとAラインの中間デザインみたいです。④4着目はBEAMSデザインのドレスです。こちらは、ベースはマーメイドドレスなのですが、チュールのスカートを付けたり上にブラウスを着たりと何通りものアレンジができます。すごくかわいい!後ろ姿!ウエディングドレス、着れば着るほど迷います!笑でも、写真で見ると、うーん。。っていうものでも、着るとすごく良かったりします。なのでいろいろなタイプを着てみることをお勧めします!私もすごく迷ったのですが、デザインの好みももちろんですが、ハワイという土地柄や、写真映りや、いろいろなことを考慮して選びました。見えないからこそお気に入りの靴を履きたい!ウエディングシューズ♡私は正直なところ、靴はドレスで隠れるしなんでもいいかな~と思っていたんです。笑でも、ウエディングフォトなどを見ていると、足元だけのショットがあったり、ドレスを持って歩くときなど意外と靴も見えるんですね。それに、新たな人生の一歩となる日なので、靴選びも大切なんだと思います(*^-^*)ウエディングプランナーさんにお話を聞くと、最近は、THE ウエディングシューズ!っていうものより、普段使いもできるようなデザインのものを買う花嫁さんが多いようです。白じゃなくても、ピンクやブルーなど淡いパステルカラーを選ぶ方もいるようです!私が選んだのは、DIANAの《チャンキーヒール レース刺繍パンプス》ウエディングフォトでもたくさん歩くと思うので、歩きやすさも重視しました。レースのデザインが繊細で、とってもかわいい!きれいめな普段コーデにも使えそうなデザインです。あともう一つ、ウエディングシューズ選びに大切なのはヒールの高さです!ウエディングドレスに合ったヒールの高さを選ぶことが◎ヒールの高さによってドレスの見え方も変わってくるそうです。私は5cmヒールに合わせてウエディングドレスを作ったので、5cmヒールのデザインを探しました。ヒールで靴を選ぶのって、結構大変なんですね!履きたい靴がある方は、靴に合わせてウエディングドレスを選ぶのが良いかもしれません。【ウエディングドレス】一生に一度だからこそ!自分に似合うドレス選び大切な1日に運命の一足♡【ウエディングシューズの選び方】▲【《結婚式特集》ウエディングドレス編】トップに戻る 結婚式・ウエディング関連記事もチェック♪女子の“ウェディングドレスを着たい!”願望を無料で叶えてくれる『and photo』が最幸すぎ♡ 「リングピロー」や「ブライズメイド」・・・・・・"結婚式ワード"の言い伝えのホント、知っていますか?研究室にサッカー場!? 「世界にひとつだけ♡」のオリジナル結婚式が素敵すぎ!夢見るライターみかりんの妄想ウェディング♡  今いちばん気になる結婚式場6選!
  • 10連休は目前! ストレスなく着られてサマになる服や小物は旅先に欠かせないアイテム。気軽に羽織れる軽アウターから細見えするリラックスパンツ、ノンストレスのピアスまで旅のお供に連れていきたい名品をご紹介。GWをおしゃれに、そして快適に過ごすためのアイテムをぜひチェックして!E by éclat 鹿の子カットソーライダースさっと気軽にはおれて様になる大人のはおりものが誕生ハードすぎないディテールが大人にちょうどいい鹿の子カットソーライダース。体のラインを拾わない素材、辛口ファスナーと襟デザインの視覚効果による着やせ&小顔効果も◎。開け閉めで雰囲気が変わる袖ファスナー。さっと脱ぎ着しやすいので、旅先でのはおりものとして重宝すること間違いなし。E by éclat 鹿の子カットソーライダース ¥18,000+税>>ZANELLATO×éclat チェーンつきウォレットバッグ機能性とクオリティの高さは折り紙つき1976年にイタリア・ヴィチェンツァに、革製品を取り扱うサルトリア工房として創業したZANELLATO。シルクタッチのようなベビーカーフを使用したウォレットバッグがエクラ別注色のグレーで登場。チェーンをはずせば長財布としても。背面のポケットには交通系ICカードも入り、利便性抜群。 デイリーにはもちろん、身軽に歩きたい旅先でのウォレットとしてぜひ活用して。ZANELLATO×éclat チェーンつきウォレットバッグ ¥59,000+税>>L’UNE サルエルパンツ“腰まわりゆったりで裾細え”がカギ。実は万能シルエットのパンツ「黒田知永子さんがよく話されている『ちょっと変な形のパンツは七難隠す』。本当にそうなんです! すっきりシンプルなパンツのほうが体型の難が出やすいと実感しています。これは“腰まわりゆるめ、裾きゅっ”のテーパードぎみシルエットで、身長にかかわらずバランスよく着こなしやすい。マニッシュなテーパードパンツの美しさで定評があるブランドなので、クセありといっても個性的すぎず上品にはけます。裾が細めなのでスニーカーでもヒール靴でも合わせやすい。実はいろいろ万能なんです。」(エクラプレミアム室長 宮田)L’UNE サルエルパンツ ¥38,000+税>>MOY Paris コットンパールピアスふだん使いから旅先まで活躍の幅が広い便利アイテムパリ在住の元コーディネーター・大友靖子さんが立ち上げたブランド。モードコンシャスなネックレスも素敵ですが、私はこのピアスにひと目惚れ。シンプルでどんな服にも合わせやすく、ラインストーンのキラキラ感で顔まわりがほどよく華やかになります。大粒ですが軽くて肩が凝らないところもうれしい(笑)。昨年の3月号でご紹介したときにはあっという間に完売しました。今回も、昨年と同じサイズをセレクト。鉄板のホワイト、グレーのほか、このシックなブルーをプラス。黒や紺などの濃い色の夏服に合わせたら素敵に映えそう。(エクラプレミアム室長 宮田)MOY Paris コットンパールピアス ¥6,700+税>>
  • コーディネートの仕上げにプラスするミニショルダーとスニーカー。確かに、軽やかで小粋な着こなしになるのがうれしい。街できわだつおしゃれな大人の、こなれ上手なスタイルを実践。1.何げないように見えたら成功。 定番の着こなしになじませる白いミニバッグと白いスニーカー。どんな服にもマッチするのがこの組み合わせ。白は合わせる色も選ばず、トーンアップしてくれる。だから、ちょっとグレード感のあるものをチョイスしたい。デニムがぐっときれいめに。バッグ「ダブルT バッグ」(縦21×横17×マチ14㎝)¥166,000・スニーカー¥88,000/トッズ・ジャパン(トッズ) ジャケット¥69,000/ユナイテッドアローズ 原宿本店(カバナ) ニット¥21,000/アストラット 新宿店(アストラット) デニム¥32,000/アパルトモン 青山店(3×1) サングラス¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥48,000・バングル¥98,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(ソフィー ブハイ)2.小さなバッグは効かせ色に。 春色のアクセントが軽快ミニショルダーのサイズ感は鮮やかな色を着こなしに取り入れるのにちょうどいい。そうなるとスニーカーは格ある白が装いを底上げするのに有効。バッグ「ミニダッフルバッグ」(縦17×横21×マチ17㎝)¥68,000/イーストランド(マンサー・ガブリエル) スニーカー「ロートップ」¥69,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) コート¥42,000/アストラット 新宿店(アストラット) パンツ¥49,000/ユナイテッドアローズ 日本橋店(アンスクリア) イヤリング¥22,000/シジェーム ギンザ(ルーチェ マッキア)3.大人ピンクの足もとなら、 なんだか弾むように歩きたくなる春だもの、色のスニーカーも見逃せない。ただし本気のスポーツ系はアクティブすぎて、むずかしい。ラグジュアリーに仕上がった大人のブランドがしっくりくる。バッグはニュアンスあるグレー。ソフトな感触が体になじんで心地いい。バッグ「ポスティーナ」(縦14.5×横19×マチ9㎝)¥60,000/ストラスブルゴ(ザネラート) スニーカー「TREK COMET」¥77,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) ニット¥23,000/サードマガジン(サードマガジン) パンツ¥35,000/ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア(チノ) ピアス¥27,000/アッシュ・ペー・フランス(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス)他の画像を見るeclat5月号掲載 撮影/野口貴司(San・Drago) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/村山佳世子 モデル/ゆうき 構成・文/宮崎桃代 撮影協力/フリッツ・ハンセン 青山本店 COUNTRY HARVEST
関連キーワード

RECOMMEND