春は“しゃらりん”と揺れるスカートで、一層ドラマチックに!【しゃらりんスカートで華やぎ】

Web eclat

羽衣のようにふわり

シアーなプリーツは立てばすっきり、動けばふわり。まとうことで女らしさが増す羽衣の魔力。

2種類のリブ編みでヌードベージュが表情豊かに

リブを上は細く、下は幅広く、編み方を変えて仕上げたスカート。リネン混ニットのシャリッと乾いた質感がヌードカラーを引き締め、さらりと揺れる表情にメリハリをつけてくれる。

スカート¥29,000(ゲミニー)・ニット¥14,000(ウィム ガゼット)/以上ウィム ガゼット 青山店ジャケット(ベルトつき)¥48,000/アングローバル(イレーヴ) ピアス¥33,000/エスケーパーズ(ガラ イズ ラブ) サングラス¥34,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(BJ クラシック) バッグ¥53,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(メゾン ボワネ) 靴¥65,000/スタニングルアー青山店(アレクサンドル バーマン)

繊細にしてシックなプリントのラップスカート

パイソン柄も透ける素材ならハードにならずシックな雰囲気。アコーディオンプリーツを黒いベルトで締めるラップスカートは、今季注目のレギンスとのレイヤードを。止まっているときと動いているときのシルエットのギャップに、ほんのり色香が漂って素敵。

スカート¥85,000・レギンス¥15,000/ボウルズ(ハイク)ジャケット¥76,000/マディソンブルー Tシャツ¥6,800/スローン ネックレス¥33,000/RHC ロンハーマン(RHC) バッグ¥33,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(へリュー) 靴¥30,000/デ・プレ(フラッタード)

アンバランスの魅力

ちょっとくずれたバランスに人は心さざめくもの。前と後ろの長さが違うフィッシュテール。

揺れたときに美しい。凝ったデザインで軽やかに

キュプラ×リネンのつややかな素材でデニムカラーも光を受けて軽やか。後ろを長くしたフィッシュテール、フロントだけにたっぷりのタック、両サイドにスリット。3つのディテールが相まって、たっぷりのボリュームももたつかずにきれいに揺れ動く。女らしく動くスカートはスイートに着るのもいいけれど、ときにはジャケットで凛々しく装いたい。

スカート¥68,000・肩にかけたジャケット¥118,000・ボウタイブラウス¥50,000/マディソンブルー イヤリング¥31,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(グーセンス) バッグ¥128,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ザンチェッティ) 靴¥62,000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー)


スリットでちらり

揺れるのはほんの少しだけ。春のそよ風を味方につけて、一瞬の変化が着こなしを楽しくする。

タイトスカートも両サイドのスリットで“しゃらりん”

わずかな風にも反応する軽いポリエステルですそが豊かな表情に。ボリュームレスでも揺れ方が劇的。

スカート¥16,000/ジャーナル スタンダード レサージュ青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) ジャケット¥98,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) シャツ¥11,000/マーコート(ミズイロインド) 肩にかけたニット¥28,000/メイデン・カンパニー(アンデルセン-アンデルセン) ピアス¥30,000/エスケーパーズ(モダン ウィーヴィング) メガネ¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ヴィクター&ロルフ) バッグ¥171,000/ピエールアルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥54,000/アマン(ペリーコ)


にぎやかに花モチーフ

シルバー糸の光沢が華やかさを増すシルク混のフェミニンなフレア

透けるイエローにシルバーとピンクで刺繡を施した優雅な素材をあえてデイリーに着る贅沢。スカートが主役ゆえ、ほかのアイテムはヌードベージュで統一すれば上品な装いが完成。スキンカラーのペチコートで透け方もきれい。

スカート(ペチコートつき)¥58,000/ビームスハウス 丸の内(エッフェ ビームス) ニット¥24,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) バッグ¥134,000・靴¥74,000/ジミー チュウ

シルクのバイアス仕立ては心にも体にもスルリとなじむのがいい

台形シルエット、ウエストゴム、すそは切りっぱなし。エレガントな花プリントがシンプルな1枚仕立てで今どきのカジュアル感に。スルリと肌に心地いい。

スカート¥54,000(リー マシュー)・ジャケット¥138,000(チンクワンタ)/以上トゥモローランド Tシャツ¥5,000/ユナイト ナイン(カラフル スタンダード) バッグ¥16,000/アルアバイル(ルル・ウィルビー) 靴¥24,000/ニューバランス ジャパンお客様相談室(ニューバランス)


さわやかなレース

たっぷりの分量、たっぷりの丈。甘いレースはボリューム感で大人の迫力をさりげなく。

量感が生む重みが揺れ方を素敵にしてくれる

可憐なコットンレースを2枚重ねにし、5枚はぎで仕立てた量感たっぷりのフレアスカート。贅沢に布を使ったちょっと重みのあるすそがゆっくりとスローモーションで揺れ、大人にふさわしい存在感を発揮。全身をエクリュでまとめると、よりすっきりと涼やかな装いに。

スカート¥205,000/マディソンブルー カシュクールブラウス¥34,000/ビームス ハウス 丸の内(エッフェ ビームス) バッグ¥46,000/マルティニーク ルコントルミネ新宿店(エレナ ギゼリーニ) 靴¥27,500/アマン(ペリーコ サニー)

歩くたびに“しゃらりん”と揺れるスカートは、女らしい華やぎが宿り、着ている自分までもなんだか晴れやかな気分に。一枚でドラマチックな着こなしが叶う“プリーツ”スカートと、ビビットな色味で華を添える“春色”スカートをご紹介。
撮影/金谷章平(モデル) 魚地武大(TENT/物) へア/hanjee(SIGNO) メイク/佐々木貞江 スタイリスト/徳原文子 モデル/ブレンダ 構成・文/宮崎桃代 ※エクラ4月号掲載
関連記事
  • 季節の変わり目、シューズクロゼットにあれば必ず活躍する3足はこれ。抜け感も、カジュアルもモードもクリアする頼れる3足で、「今日合わせる靴」に、もう悩まない。1.服の色を選ばず肌になじむ「茶サンダル」素足となじみつつ美しい存在感ある茶のサンダル。色を効かせる装いには、足もとはさりげないぐらいがちょうどいい。靴(ヒール高5㎝)¥92,000/トッズ・ジャパン(トッズ) トップス¥15,000(ウィム ガゼット)・ストール¥27,500(アソースメレ)/以上ウィム ガゼット 青山店 パンツ¥16,000/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス ビームス) ピアス¥32,000/アガット バッグ¥14,000/フラッパーズ(マニプリ)2.どんな装いも清潔感ある印象「白スニーカー」足もとを白にすると、ダークカラーが涼しくクリーンに。同じネイビーの服も軽快。靴「ヴレイ」¥58,000/バリー 銀座店(バリー) トップス¥15,000(ウィム ガゼット)/ウィム ガゼット 青山店 パンツ¥16,000/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス ビームス) バッグ¥82,000/アパルトモン 青山店(ジウリア マレスカ) ピアス¥26,000/エスケーパーズ(クレッシオーニ) サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) バングル¥15,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ソコ)3.無難な着こなしがしゃれて見える「銀の靴」銀の靴なら、同じ服もちょっとモダンなイメージに。靴(ヒール高0.8㎝)¥25,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ) トップス¥15,000(ウィム ガゼット)/ウィム ガゼット 青山店 パンツ¥16,000/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス ビームス) 帽子¥70,000/CA4LA ショールーム(カシラ) ピアス¥100,000(ウノアエレ)・バングル¥17,000(ワンエーアールバイウノアエレ)/以上ウノアエレ ジャパン ネックレス¥55,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ウルサ メジャー) バッグ¥42,000/アマン(ペリーコ)他の画像を見るeclat6月号掲載(4月30日発売) 撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/望月律子(KIND) モデル/LIZA 構成・文/宮崎桃代 ※掲載商品の価格は、本体価格(税抜)で表示しております。
  • 初夏から夏、私たちに必要なのは、女らしい雰囲気も、今どきのリラックスした空気感も、まとうだけで感じさせてくれる、"素敵な雰囲気の漂う"ワンピース。さらりと一枚で着られるものから、今年らしいレイヤードが楽しめるシャツタイプまで、アラフィーにうれしいデザインが目白押し。今季は、きっと何枚も欲しくなるはず!1.異素材のショートブルゾンとカゴバッグで軽やかにマキシ丈の優雅さに、カゴバッグやスエード素材のスポーティなブルゾンをミックスして、リッチな軽やかさをプラス。そのカジュアル感が、今どきのムードに導いてくれる。ワンピース(インナーつき)¥225,000・ショートブルゾン¥188,000/アオイ(ファビアナフィリッピ) バングル¥48,000・ブレスレット¥94,000/エドストローム オフィス(オール ブルース) バッグ¥20,000/ドゥロワー 青山店(ア・ポワン)2.エッジの効いたディテールでピュアな白も大人っぽくエターナルな美しさがきわだつ、純白のワンピース。ラグランスリーブや、切りっぱなしの首もととすそなど、エッジの効いたディテールがさりげないアクセントになって、洗練されたムードを演出。ワンピース¥383,000/コロネット(ニナ リッチ) リング¥190,000/ローリー・ロドキン銀座店(ローリー・ロドキン) 靴¥110,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン) ピアス/モデル私物3.クリーンな白バッグ、輝くシルバー靴でヘルシーにウエストとバックスタイルにあしらわれた切り替えがつくる立体的なフォルムを、着慣れたネイビーとミニマルなデザインでリアルクローズに。つややかで華のある素材感を、シンプルなTシャツワンピースの延長線上でカジュアルダウンして着こなすのがポイント。ワンピース¥115,000・バッグ¥81,000・靴¥84,000(3点ともスポーツマックス)・サングラス¥31,000(マックスマーラ)/以上マックスマーラ ジャパン他の画像を見るeclat6月号掲載(4月30日発売) 撮影/金谷章平 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/池田奈加子 モデル/富岡佳子 取材・文/松井陽子 ※掲載商品の価格は、本体価格(税抜)で表示しております。
  • 待ちに待ったGWが始まりますね!気温も20度を超える日が多くなり汗ばむことが多くなってきたこの季節、そろそろ半袖など身軽で涼しい服を着たい。でも、カラダで自信の無い部分も出てしまうのではと不安の方も多いはず。本日発売『フェリースルネス』の新作アイテムは体型カバーだけではなく、カラダのラインもキレイに見せ、しかも洗濯機で丸洗いできちゃう優れモノ!これから始まる夏本番に向けて是非チェックしてみて下さい♪ ◆歩くたびに揺れるラッフル袖で気になる二の腕もしっかりカバー◆ Feliz Lunes/袖ラッフルフリルブラウス/¥7,900+税 ふんわりとボリュームのあるフリル袖がフェミニンな表情を与えるブラウス。身頃はシフォンとの2枚重ねになっており透け感の心配はなくシフォン生地が軽やかな印象です。袖丈も少し長めで気になる二の腕もしっかりカバーし華奢見せもアピール。インしてもすっきり決まり、ボトムスを選ばない着回し力もポイント。 もう1色はフェミニンで落ち着いたピンクカラー。立体的にキレイに見えるフリル袖は、袖端の糸を微配色にしてアクセントにしています。脇下にはインナーを見せないように少し長めにガードを付けているので電車などのつり革に手をかけても心配なし。このまま洗濯機で洗ってもOKなので手間要らずで本当に重宝できるブラウス♪   ◆いかり肩を隠すドロップショルダーとウエストゴムでスタイルアップも叶う◆ Feliz Lunes/ウエストシャーリングブラウス/¥7,900+税 ウエストシャーリングでメリハリをプラスした立体的なフォルムが魅力の大人顔ブラウス。袖にポイントを持たせたフレア袖や肩の張りをカバーするドロップショルダーなど細部にこだわりを効かせています。ほど良いあきのネックラインも抜け感を生みこなれた印象に。夏のコーデに合わせたいギンガムチェックもオススメ! もう1色はフェミニンなラベンダーカラー。生地が綿混なので肌触りがさらりとして着心地も快適。デニムなどに合わせて爽やかなコーデもとても合います。※洗濯機で洗えます   ◆気になるウエスト周りもこれで解消。クラシカルな雰囲気の大人ドットスカート◆ Feliz Lunes/ウエストスリムドットスカート/¥8,900+税 ブラック×ホワイトのクラシックな組み合わせが上品でクラス感を引き立たせてくれるスカート。カジュアルに見えがちなドット柄も大きさや色合いにこだわり大人の女性が着れるように作りました。少し高めのウエスト仕様にすることで気になるウエスト周りもすっきりに。ミモレ丈なのでドレッシーにもカジュアルにも使え着映え度も高い一枚です。 もう1色は、夏に着回したいネイビーカラー。グログラン生地を使用することで裏地が無くても透け感はなく、立体的なタックフォルムでキレイなフレアを形作ります。※洗濯機で洗えます   ◆裾にかけてのテーパードシルエットとセンタープレス入りで足がスッキリ細見えします◆ Feliz Lunes/【洗える】美脚ストレッチパンツ/¥8,900+税 ボディラインにきれいに沿う、サテンストレッチ素材で履き心地が快適なテーパードパンツ。裾にかけてのテーパードシルエットとセンタープレス入りで足がスッキリ細見えします。フロントはきれいめながらもバックにはゴム入れて着用感も考慮、股ぐりとヒップには程よくゆとりが入っているので着心地も楽です。 もう1色のホワイトは透け防止加工を施しているため安心して履くことができます。おうちでも洗えるので汗ばむ季節にも大活躍。さらりとした生地も軽やかで体型カバーも叶える優秀アイテムです。※洗濯機で洗えます ◆ウエストマークすることでスタイルアップも!爽やかなストライプワンピース◆ Feliz Lunes/シャンブレーストライプワンピース/¥11,000+税 爽やかなストライプ柄が魅力的な洗練された大人のワンピース。共布ベルトでウエストマークしてメリハリを効かせたり、外してゆったりとカジュアルに装うのもおすすめ。洗練されたストライプや袖ラインなど細見えディテールをさりげなく散りばめ、スタイルUP効果も期待大。裏地はないが透け感もない為気にならず、もしもに備えて安心のペチコートも付いています。 バックスタイルもとてもキレイ。抜き襟っぽく着用することでかしこまり過ぎずこなれたスタイリングに。オンでもオフでも着回せる万能ワンピース※洗濯機で洗えます   いかがでしたか? 『フェリースルネス』のサイトではここでは紹介しきれなかった優秀アイテムがまだまだ沢山あります!是非チェックしてみてください♪  
  • 週末のホームパーティーは、大好きな友達と特別な料理やトークを楽しむとっておきの時間。自分らしくリラックスできて、ちゃんとおしゃれにも決まるホムパ用コーデをご紹介します。DIESEL[ディーゼル]週末のホームパーティには自然体で過ごせる旬顔デニムで楽しみな週末のホームパーティ、友人たちとの暗黙のドレスコードは、笑顔が似合うリラクシングなデニムスタイル。動きやすく、さわやかなカラーのスキニー&さりげない肌見せのホワイトトップスで、ヘルシーな魅力をふりまいて。クーラーバッグいっぱいのおいしいものとブーケを手に、颯爽と。デニム¥25000・シャツ¥23000・バッグ¥39000・靴¥27000/ディーゼル ジャパン(ディーゼル) デリクーラーバッグ¥2400/ザ・コンランショップ 新宿本店(ザ・コンランショップ)ボリュームあるアクセサリーは楽しい話題の的にもなってくれるテーブルを囲んでゲームやトークで盛り上がる。そんなときは思わず目に留まるしゃれ感アクセを。サークルとボールをつなげたモダンなピアスやシルバーのリングが、ちょっとしたしぐさや表情を生き生きと見せてくれる。ピアス¥29000/エスケーパーズ(モダン ウィーヴィング) リング¥68000/ショールーム セッション(ザ レタリング) ブラウス¥33000/サードマガジン(サード マガジン)JILLSTUART shoe[ジルスチュアート シュー]玄関に並ぶ姿も愛しい!脱いでも絵になる自分らしい足もと出迎えられた玄関では、意外に足もとのおしゃれまで注目されるもの。気を抜かずに臨みたい。ラメをあしらったスポサン、スターモチーフつきのスニーカー、可憐なレースをシンプルフォルムに落とし込んだパンプス……甘さをひとさじ加えたトレンド靴のバリエーションが、その人らしさを雄弁に語ってくれる。(右から)サンダル¥14500・スニーカー¥14500・ヒールパンプス¥17500/モーダ・クレア(ジルスチュアート シュー)DIESEL[ディーゼル]大好きな仲間たちとの集まりには愛着のわくデニムジャケットと一緒に気心の知れた友人たちと、親交を温め合う機会。羽織っていくアウターも、ずっと愛していける定番のデニムジャケットがいい。ナチュラルなワインとオーガニックチョコを手土産に、休日のカジュアルスタイルにさらりと羽織って。ジャケット¥29000・キャップ¥9800/ディーゼル ジャパン(ディーゼル) 椅子の上のワイン(右)春らしい色とフルーツの味わいのロゼ。¥4800・(左)果実味あふれるシャルドネ。¥6800/コスメキッチン 椅子の上の箱のチョコレート¥1980/サマーバードオーガニックヘアに巻いたスカーフが、くつろいだ表情をキュートに演出コーディネートはシンプルに、小物やヘアアレンジで自分らしさをきかせるのが、ホムパスタイルの基本。2色使いのスカーフを無造作に額の上で交差してヘアバンド風にまとめ、小ざっぱりと感じよく。スカーフ¥15000(マニプリ)・バングル(ソコ)¥13000/カレンソロジー 新宿 リング¥54000/ボウルズ(ハイク) ニット¥25000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー)肩かけして身軽に! マイクロバッグと、レトロな手土産でお出かけ愛らしいパッケージのスイーツを持っていく日は、渡すときの相手の笑顔まで想像してうれしくなる。ボックス型のミニショルダーとチェーンつきカードケースで、両手をあけて、足取り軽く出かけたい。スモーキーなカラーも愛らしいアクセントに。(右)カードケース¥21000・(左)バッグ¥48000/ショールーム セッション(オーエーディー ニューヨーク)STRAWBERRY-FIELDS[ストロベリーフィールズ]ほどよいドレスアップが気分を盛り上げる春らしいラベンダーのワンピースその昔、イギリスでは、優雅な“ティードレス”を着てアフタヌーンティーを楽しむ習慣が。そんな貴婦人たちにならって、ほんのりドレスアップしてホムパを楽しむのも素敵。春色のロングワンピースはドレープが美しく華やかだけど、ゆったり着られるジャージ素材。昼下がりにリラックスして過ごすのにもちょうどいい。ワンピース¥24000・はおりもの¥16000・ピアス¥9300・バッグ¥12000/シュガー・マトリックス(ストロベリーフィールズ)撮影/大辻隆広〈go relax E more〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/松野裕子 モデル/中村アン 取材・原文/久保田梓美 撮影協力/アワビーズ、ウツワ、タイトルズ、プロップス ナウ ※BAILA2019年5月号掲載
  • ドレスのセレクトは、ミニマルで、モダンなスパイスをプラスしたデザインが今の気分。大切なのはグリーンに似合う“軽やかさ”があること。すらっとしたシルエットや透明感あるマテリアルを武器に、自然に愛される都会的なブライズルックを叶えて。【ステラ マッカートニー】シンプルかつ印象的、心を奪うロングケープドレス¥450,000/ステラ マッカートニードレストレンドのひとつであるロングケープを取り入れた一着は、2018年11月から日本で展開をスタートした「ステラ マッカートニー」のブライダルコレクション「Made with Love」から。潔く華美な装飾は一切取り入れず、肌の露出を抑えたラウンドネックで品のある佇まいに。落ち感のある柔らかなケープを風に揺らしながら、グリーンの中を颯爽と歩む知的なブライズを目指したい。 ステラ マッカートニー カスタマーサービスhttps://www.stellamccartney.com/03-4579-6139【ヴィクター アンド ロルフ マリアージュ】ピュアな魅力を引き立てるミニマルトップスドレス¥280,000(レンタル)/ヴィクター アンド ロルフ マリアージュきゅっと首の詰まった襟付きデザインに、3Dフラワーモチーフを飾ったチュールスカート。ドレス全体にちりばめられた甘いエッセンスを引き立てているのは、身体に沿ったシャープなフォルムのトップス。「ヴィクター アンド ロルフ マリアージュ」ならではの洗練されたシルエット美が、スイートな印象をモードに格上げ。スタイリングはごくシンプルに、唯一無二のデザインを全身で楽しみたい。 ザ・トリート・ドレッシング アディション店https://www.treatdressing.jp/03-5778-3117【デルフィーヌ・マニヴェ】長袖×フロントアップ丈の絶妙なバランスドレス¥280,000(レンタル)/デルフィーヌ・マニヴェともするとカジュアルに見えがちな足見せスカートを、端正なロングスリーブと合わせることでモダンに昇華。ブライダルムーブメントを牽引する「デルフィーヌ・マニヴェ」ならではのセンスが光る一着は、ジャカード織りでさりげなく描かれたフラワーモチーフもガーデンにぴったり。軽やかな足元をポイントに、現代女性のバランス感覚を発揮して。 ハツコ エンドウ ウエディングスhttp://weddings.hatsuko-endo.co.jp/03-3563-1411【ソフィーエトヴォイラ】チュールの透明感でグリーンと相思相愛ドレス¥400,000(レンタル)/ソフィーエトヴォイラ昨年末にアジア進出の1店舗目となる銀座店をオープンさせた「ソフィーエトヴォイラ」。スペイン出身の女性デザイナーが手掛けるニューコレクションからピックアップするのは、ロングジレとセットになった2WAYのチュールドレス。披露宴会場では写真左のようにロングジレを羽織りアーバンな雰囲気に、ガーデンではジレをオフしてより軽快な装いにシフトするなど、シーンに合わせた着こなしができるのが魅力的。さらっと甘さを宿すバックリボンも心憎い。 ソフィーエトヴォイラトウキョウhttps://sophieetvoila.tokyo/03-3289-4122【アンヘル・サンチェス】スマートなラインを彩る構築的なラッフルドレス¥340,000(レンタル)¥1,000,000(販売)/アンヘル・サンチェス自然に包まれたオープンエアなシチュエーションに映えるのは、着心地が良く軽快な印象を与えるスレンダーライン。建築家としてのキャリアを持つアンヘル・サンチェス氏が手掛けるドレスは、アシンメトリーなラッフルが躍動感を生み、モードな雰囲気を創出。風に舞う花びらのようにランダムに飾られたフラワー装飾も美しく、心地よいガーデンの風景を物語ってくれる。 ノバレーゼ銀座http://dress.novarese.jp/03-5524-1117  
  •     今月の月刊トップブロガーのお題は 「春のプチプラ!おしゃれアイテム」。 5月号、LEEマルシェの特集 「五明祐子さんのお買い物マネしてしていいですか!?」には、 お手頃プライスの小物も多く掲載されていて、 早速ポチってしまったのです。 まずは、クロックスのライトライドサンダル。 とにかく歩きやすいと、五明さんも太鼓判のサンダルは、 黒×白なので、マキシ丈のスカートやワンピースとの相性もよくて、すでに通勤靴としてヘビロテ フットネイルがまだなので、 ソックスありで履いていますが、それも◎! 一度履くと、これ以外が履けなくなるほどの履き心地のよさです。 注:2枚目の写真、アラーキーが憑依した「たかーみー先輩」が、地べたにはいつくばって撮ってくれました もう一つは、メルカドバッグ! 昨年ブルーをお迎えして、このインスタでも紹介したのですが 使い勝手がいいので、 今年もう一つ、できれば暖色系が欲しいと思っていたら このきれいなオレンジが目に飛び込んできました! ブルーの方は、結構横幅があって 満員電車で邪魔になることが悩みだったので、 このオレンジさんは、小ぶりなところもうれしい♡ 楽しいGWを迎えられるよう、お仕事頑張ります!(タラ) #magazinelee #LEEマルシェ #LEEweb #月刊トップブロガー #メルカドバッグ #サンダル #Crocs #クロックス #SANRAMI #サンラミ #五明祐子 さんのお買い物マネばっかりしてしまいました
  • こんにちは! blogを見て頂きありがとうございます❤︎ 最近はカラーアイテムがとても気になり集めているのですが 今回とても可愛いスカートをご紹介します☺︎ 【Feliz Lunes フェリースルネス】 先日もご紹介させて頂いた BAILAオリジナルブランドのFeliz Lunesのスカートです♪【洗える】ウエストスリムフレアースカート カラー展開はこちらのグリーン、オレンジの2色 サイズはM,Lで着用はMサイズです♪ ¥8,900+税 FLAG SHOPから購入できます❤︎ FLAG SHOP 【Feliz Lunes】爽やかなグリーンがとっても可愛い!!❤️ さっそくこちらのスカートを着まわししてみたのでご紹介♡ ONコーデ♪この日は白シャツでキレイめなONコーデ❤︎ サンダルにカゴバッグで初夏を意識してみました♪ 両サイドからタックが入っているキレイなフレアスカート♡ グリーンは初挑戦ですが涼しげで可愛い! 家族にもとても好評でした☺︎♡ OFFコーデ♪ 雰囲気を変えて黒パーカー&スニーカーでカジュアルなコーディネート!! スカートのおかげで一気に華やかになりますね♪ スニーカーとの相性も抜群♪ カジュアル派な方にもオススメです♡ ✔︎ウエストゴム後ろはウエストゴムになっているので履きやすい!♡ そしてこちらのスカートとても軽くて履いていてとても楽です♪ ✔︎洗濯機OK そして嬉しいポイントが自宅で洗える事! これからの季節汗をかいたりする場面も増えるので洗えるのはとても嬉しいですよね♪ ✔︎BAILA掲載今月のBAILAにもシャツ合わせで掲載されています♡ 夏はTシャツ合わせで着たいな〜♡ キレイめにもカジュアルにも使えて着まわし抜群!! 大人な着映えスカート是非チェックしてみてくださいね♡ それでは! また更新します☺︎ instagramはこちら♡スーパーバイラーズ 下里朋美のブログ
  • スタイリスト・徳原文子が、春のトレンドキーワードとともに、今年のベージュを最高に素敵に見せるカラーコーディネートテクをお教えします!この春は今年らしい華やかなトレンドを楽しむための「ベース色」としてもベージュは大活躍の予感! 色のもつパワーと、着こなしで生まれる化学反応。マリソルは「ベージュ最強」をここに宣言します!■ベージュ×スイートな黒「トレンドとは関係なく、ベージュと黒という組み合わせが大好き。その中でより今年らしく着るなら、カギになるのは“甘さ”。素材や柄、小物で足す「甘い黒」が、鉄板の配色を華やかにしてくれます(徳原さん)」 ボリュームワンピースをデイリーに落とし込む、黒小物の引き締め効果「ドラマティックなカフタンドレスも、コットンベージュならよりデイリーに取り入れやすいと思います。リボンなどスイートなディテールの黒小物をちりばめて、甘さとシャープさの両方を足し算。チラッとのぞくレギンスも今年はマスト」。ワンピース¥34,000/ロンハーマン(テン バイ ロンハーマン) レギンス¥18,000/ボウルズ(ハイク) かごバッグ¥46,000(エレナ ギゼリーニ)・ピアス¥10,000(アプレスキー)/マルティニーク ルコント  ルミネ有楽町店 チェーンバッグ¥108,000/カオス丸の内(ザンケッティ) ベルト¥12,000(参考価格)/アマン(アトリエ アンボワーズ) 靴¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ)センシュアルな黒レースこそカジュアルに、さりげなく繊細な黒レースのロングスカートは、甘さ控えめだから辛口派にもおすすめ。白Tのようにさわやかすぎない、ベージュTならではのニュアンスが素敵。 →アイテム詳細はこちらレトロシックなドットスカートをサファリベージュでモダンに仕上げて「昨年から人気のドット柄。タイトなシルエット選びとサファリジャケット合わせで、都会的に着るのが今季の気分です」。 →アイテム詳細はこちらマット黒とツヤベージュ、クールなのにフェミニンなミニマムコーデツヤのあるとろみパンツがもつ女らしさが、黒のローゲージニットとのコントラストでより引き立って。上品なミニバッグやキトゥンヒールのパンプスも、甘さ足しにひと役。 →アイテム詳細はこちら【Marisol4月号2019年】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO
関連キーワード

RECOMMEND