春の本命トレンドカラー「リッチベージュ」で素敵オーラを味方に 五選

Web eclat

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.ボリューム感のあるコートを
白とシルバーでモダンに昇華
オーバーサイズのつややかなスプリングコートが主役。白とシルバー小物で光を呼び込んで、クリーンかつ華やかに装いたい。

コート(ベルトつき)¥243,000・カットソー¥33,000・パンツ¥58,000/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) ピアス¥53,000・ネックレス¥225,000・ボーンカフ¥152,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥563,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥85,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)
2.素肌に美しく寄り添う
ナチュラルなリネンが主役
上質なリネンならではの落ち感が美しいたたずまいを生むナチュラルベージュのワンピース。カジュアルながら、深めなデコルテのVデザインや、手首を美しく引き立てる袖丈などの絶妙な素肌量が、ヘルシーな色気を演出。濃色のデニムを合わせて、きりっと辛口に仕上げて。

ワンピース¥68,000/ebure デニムパンツ¥16,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) ピアス¥26,000/カオス丸の内(フェイ アンドラダ) バッグ¥98,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥89,000/ジミー チュウ
3.ゴールドアクセサリーを加え
洒脱なカジュアルスタイルに
華のあるイエローゴールドを、ドライなベージュのざっくりニットにラフに合わせるのは大人の余裕。

ニット¥24,000(アパルトモン)・バッグ¥359,000(マーク クロス)/以上アパルトモン 青山店 パンツ¥21,000/エリオポール代官山(バレナ) サングラス¥46,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285)ピアス¥555,000・(手首側から)Tブレスレット(太)¥725,000・Tブレスレット(細)¥178,000・バングル¥675,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)
4.コントラストがつかないから
春色も思いのままに楽しめる
引き続きトレンドの、ハイウエストでワイドシルエットのパンツは、とろみ素材のニュートラルなベージュでアップデートするのが今年らしさのポイントに。スキンカラーの延長のヌーディ・ベージュは、淡く優しい春色のよきつなぎ役として活躍してくれる。

パンツ¥32,000/ADORE シャツ¥25,000/サードマガジン ピアス¥98,000・バングル¥149,000(ともにシャルロット シェネ)・バッグ¥119,000(ジェイ ダブリュー アンダーソン)/以上エドストローム オフィス 靴¥31,000/FUN Inc.(チェンバー)
5.エレガントなブラウスは
素肌になじませて気負いなく
首もとの繊細なドレープが、体を美しく引き立てるシルクシフォンのスタンドカラーのブラウス。ともすると甘さやクラシカルさが前に出てしまうアイテムでも、素肌の延長線上にあるヌーディ・ベージュを選べば、モダンで都会的なムードで着こなしが楽しめる。

ブラウス¥147,000・パンツ¥302,000・バッグ¥379,000/ザ・ロウ・ジャパン(ザ・ロウ) (右手 指先から)プレートリング¥115,000・リング¥145,000・(左手 人さし指)連結リング¥435,000・(中指)ダイヤつきリング¥320,000/シハラ ラボ(シハラ)
eclat4月号掲載 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/富岡佳子 取材・文/松井陽子 ※掲載商品の価格は、本体価格(税抜)で表示しております。
関連記事
  • イメージを底上げしてくれて、どんな色もテイストも受け入れてくれる夏グレージュは、アラフィーの強い味方。ぐっとおしゃれに見せてくれる頼れるアイテムを厳選。ぐっとおしゃれに、夏らしくなる、頼れる夏グレージュのコーデをご紹介。1.たっぷりのボリュームも重くならない。 溶け込むグレージュで上品に フロントにタックを入れたパンツも淡い色で夏仕様。ブルーのレースという個性的なトップスも受け入れてくれる。 ウエストゴムのパンツ(共布ベルトつき)¥59,000(トム)・靴¥27,500(ペリーコ サニー)/以上トゥモローランド カーディガン¥32,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) ブラウス¥48,000・チューブトップ¥9,000/サードマガジン ピアス¥13,000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップ オーディベール) ブレスレット¥22,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ラバー) バッグ¥265,000/ジミー チュウ2.スポーティなパンツこそ グレージュでおしゃれ度アップ センタープレスのパンツは黒だと重く、白は避けたい。グレージュならベーシックカラー同様の使いやすさで、そのうえちょっと上級っぽく見える。パーカも街カジュアルに。 パンツ¥26,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) パーカ¥36,000/キャバン代官山店(キャバン) カットソー¥6,800/スローン メガネ¥48,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ディータ) ネックレス¥13,500/チェリーブラウン バッグ¥37,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)3.合わせる色を選ばずシックに 決まるグレージュニット ざっくりとした編み地のほどよい重みで、しっとりと体を包み込むコットンニット。しかも色の受け入れ力に長けたグレージュなら、頼れるアウターに。長い丈はワンピースはもちろん、パンツやスカートにもグッドバランス。 カーディガン(ベルトつき)¥45,000/ebure ワンピース(ベルトつき)¥27,000/ウィム ガゼット 青山店(ウィムガゼット) ピアス¥28,000/カオス丸の内(ホリー ライアン) バングル¥39,000/セシル・エ・ジャンヌ バッグ¥128,000 /エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥159,000/ドゥロワー 青山店(エドワード・グリーン)他の画像を見る撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/田沢美亜 ゆうき 構成・文/宮崎桃代 ※eclat7月号掲載
  • Tシャツをカジュアルになりすぎず、素敵に着こなすコツは“きれいめ合わせ”にあり。アラフィー世代から絶大な支持を得るスタイリスト・村山佳世子さんが、色数の少ないスカーフを使ったシックなスタイルをご提案。メソッド:ゴージャスすぎない本物志向の小物使いでさりげなく大人の風格をカジュアルなTシャツにゴージャスな小物はトゥーマッチ。上質だけどTシャツになじむデザインをさらりとつけて。色数の少ないスカーフをさらり。大げさにしないのがコツ「華やかで大判のものはゴージャスになってしまうので、細めのサイズ感と色数の少ない柄ものを気負いなく巻いてシックになじませて」(村山さん)。 Tシャツ¥17,700/ヴィンス 表参道店(ヴィンス) スカーフ¥16,000/アマン(アルテア) スカート¥18,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) ピアス¥18,000/アッシュ・ペー・フランス(イオッセリアーニ) 靴¥43,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)【Profile】 村山佳世子 シンプルで洗練されたスタイリングにファン続出のトップスタイリスト。『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)を上梓し大ヒット中。>>「大人のTシャツ“きれいめ合わせ”」はこちらから撮影/菊地 哲 ヘア/ EIJI SATO メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/田沢美亜 取材・文/坪田あさみ ※エクラ7月号掲載
  • スキンケアでもメイクでも、大人にうれしいコスメの進化はとどまるところを知らず、今年の上半期も優秀な新作が目白押し。美白やエイジングケア、UVケア、ファンデーションといったさまざまなカテゴリーから名品が誕生した今季のコスメから、美容ジャーナリスト・安倍さんが実際に使って感動したという超私的コスメをご紹介。安倍佐和子の超私的ベストコスメ「今期は美白のみならずエイジングケアやUVケア、ファンデーションといったカテゴリーも充実。エイジングケアや美白効果をもつファンデの台頭、老化因子の抑制に斬り込むエイジングケア誕生など、その先進性に幾度、感動したことか。一品との出会いによって、改めて自分の肌の伸びしろに気づける。そんなコスメにぞっこんです!」1.ゲラン レソンシエル「処方、心地よさ、美しい仕上がり。今期最高傑作!」 「皮膚常在菌のバランス、肌フローラを整える画期的な処方でありながら、天然由来成分97%。洗練されたデザインなど、すべてが革新的。もちろん透明感のあるつややかな仕上がりも、文句なしに完璧!  心地いい使用感まで、今期の最高峰だと思う」。SPF20・PA+++ 全10色 30㎖ 各¥7,0002.ランコム アプソリュ レクストレ マスク「マスクケアした翌日のツヤとハリ感はほれぼれするほど」 「2種を混ぜ合わせてつくるクリームマスクは、まるで神聖な儀式のよう。お手入れのステップも後肌も、とにかくドラマチック。跳ね返すようなハリとみずみずしい透明感が瞬時に戻ってくる」。ランコム ローズのパワーをそのまま肌に。パールローズ 30㎖、セラムベース 8㎖×14本 ¥63,0003.シャネル サブリマージュ レサンス ルミエール「上質な真珠のようにまばゆく優しい白肌をかなえる」 「美容キャリアのある女性の心を、一瞬でつかんで離さない上質なテクスチャーと香りで、美白カテゴリーを超える完成度の高い美容液。なじみ深い植物の恩恵をサイエンスで昇華させた、そんな印象も好感度大」。肌構造を強化する働きをもつ植物の力で、肌の光を引き出す。40㎖ ¥50,0004.ポーラ ホワイトショット RXS「地球環境と美白の関係に斬り込んでこの傑作が完成!」 メラニンと気温の関係に着目。「深刻化する暑さに危機感を感じる今、『暑さ焼け』という事実のからくりを解明してくれたことに感謝! 人類が向き合うべき新たな課題に取り組み、ベタつかず保湿力の高いジェルクリームが完成。美白トレンドを牽けん引いんする傑作」。50g(医薬部外品)¥12,000これもLOVE賞 THREE スキャルプ&ヘア リインフォーシング シャンプー R & コンディショナー R 「精油のバランスが見事。髪が根元からふんわり立ち上がってつややかに整うので、スタイリングがラクに。一日の疲れも吹き飛ぶ香り」。シャンプー 250㎖ ¥3,600・コンディショナー 165g ¥3,800【Profile】 安倍佐和子 美容ジャーナリスト。大人が本当に使うべきものを見抜くエキスパート。ユーザーに寄り添い、力のある言葉でコスメを表現、信頼を集める。>>「エクラ大人のベストコスメ2019上半期」はこちらから撮影/大原敏政(aosora) 構成・文/巽 香
  • ワントーンコーデとはカラーを同系色に統一したコーディネートのこと。BAILAでもたびたび特集しているワントーンコーデですが、瞬時にしゃれ見えを叶えてくれるファッションだと話題沸騰中です。ワントーンコーデは、安心感のあるベーシックカラーでつくるのもいいけれど、せっかくならカラーを更新してもっと今っぽく着こなしませんか? 一見難しそうに感じるワントーンコーデも、上手に色を揃えると大人カジュアルなファッションが叶いますよ。夏のワントーンコーデは、涼しげなアイスカラーの「きれい色」と、ヘルシーな女性らしさを演出してくれる「サファリカラー」の着こなしが旬。今回は、そんな雰囲気の異なる2つのトーンで彩るしゃれ感たっぷりのワントーンコーデをご紹介します。<目次> 1.大人の可愛げもやわらかさも手に入る、きれい色ワントーン|19選 2.ヘルシーに女っぷりを上げられる、サファリカラーワントーン|17選 1.大人の可愛げもやわらかさも手に入る、きれい色ワントーン|19選 大人の可愛げをプラスしたファッションにトライしたいなら、きれい色ワントーンコーデがおすすめ。今まできれい色を一点使いしたコーディネートが定番でしたが、この夏は上下で楽しむのが旬。甘くなりすぎないようにちょっぴりスモーキーな淡色を選ぶのが、ワントーンコーデを成功させるコツです。甘くなりがちなピンクのワントーンコーデも、クリーンなシャツに美シルエットのきれいめパンツならカッコよさを感じる知的なコーデに。シャツ¥34000/オーラリー パンツ¥29000(アンスクリア)・バッグ¥55000(エレメ)/アマン ベルト¥15000(ロペ エターナル)・バングル¥9000(ローレン マヌーギアン)/ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店 ピアス¥24000/デ・プレ(エレナ ローナー) 靴¥33000/エフユーエヌ(チェンバー)夏のワントーンは「きれい色」と「サファリカラー」で女らしさも品のよさも手に入れて!甘すぎない絶妙なニュアンスピンクのワントーンコーデは、ほどよく肉厚なツイル素材が品よくフェミニンな着こなしに仕上げてくれます。はっと目を引くポップなピンクのニットをラフに肩かけすることで、メリハリ上手な印象に。やわらかなピンクと好相性なまろやかキャメルのパンプスを足もとに添え、バッグには色を足さずに引き算すれば、“ほぼワントーン”なファッションが完成。ブラウス¥27000・スカート¥24000/ebure ニット¥28000/ドローイング ナンバーズ 南青山店(ドローイング ナンバーズ) バッグ¥37000/デミルクス ビームス 新宿(ジャンニ キャリーニ) 靴¥92000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) バングル/スタイリスト私物“ほぼワントーン”コーデでしゃれ感アップ! 最旬「淡色セットアップ」人気のラベンダーカラーで作るワントーンコーデ。プリーツスカートの女らしさが一層きわだち、着こなしにやさしい甘さを添えてくれます。ワントーン仕上げで、よりフェミニンなファッションに。スカート¥103000/イーストランド(コー) ニット¥21000/マルティニーク ルコント梅田(マルティニーク) ピアス¥29000/ココシュニック 時計¥66000/アガット 靴¥78000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)【着映えスカートコーデまとめ】私らしさ上々!大好きスカートのタイプ別コーデオールホワイトのワントーンコーデは、ハードルが高い・・。そんな方は、白ブラウスに淡ピンクのスカート、 濃ピンクのサンダルを合わせた、白~ピンクの“ほぼワントーンコーデ”はいかがですか?色のベクトルをそろえることで、ピンクアイテムを重ねても意外なほどまとまりますよ。スカート¥39000 /エイトン青山(エイトン) 靴¥44000/フラッパーズ(ネブローニ) ブ ラウス¥25000/サード マガジン  ピアス¥21000/エーピー ストゥデ ィオ グランフロント オオサカ(レベッカ ピント) バッグ¥45000/ウエニ貿易(ペッレ モルビダ)【桐谷美玲が見せるピンクスタイル3選】予定のない日も自分のために可愛い色を♡コンサバなアンサンブルこそ、今年らしいパステルオレンジを選び自分らしさを。ボリュームスカートとのドラマチックな合わせも、ベージュの受け止め力によって、どこまでも上品なワントーンコーデに。カーディガン¥21000・ニット¥12000/八木通商(ルトロワ) スカート¥52000/ebure スカーフ¥10000/セルフォード 新宿ルミネ1 店(セルフォード) ピアス¥22000/フラッパーズ(シャルロット ウーニング) バッグ¥30000/ジャンニ キアリーニ表参道店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥35000/ベイジュ(ピッピシック)【パステルカラーコーデ28選】痛く見えない!大人の可愛げが出る色とは?旬のオレンジをワントーンコーデで楽しむなら肌なじみのいい、くすんだ色みを選んで。アンサンブルとロングスカートのレディな装いにレトロさが加わったこなれたファッションに。ニット¥23000・カーディガン¥37000/エフユーエヌ(フォンデル) スカート¥30000/クルーズ(ELIN) サングラス¥34000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥1990/アメリカンホリック プレスルーム(アメリカンホリック) 時計¥26000/ウエニ貿易(ヘンリーロンドン) バッグ¥29000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(カユ) 靴¥48000/トゥモローランド(ロク) 大人の可愛げもやわらかさも手に入る、「きれい色」のワントーンコーデ6選夏らしく快活なイメージを牽引するイエローでワントーンコーデ。体にやさしくフィットしつつ顔映えもかなえるリブニットとやや太めのテーパードパンツでメリハリ感を意識すれば、女っぽさがふわりと香る大人のイエロースタイルが完成します。ニット¥15000(イエナ)・バッグ¥20000(メゾン エヌ アッシュ パリ)/メゾン イエナ パンツ¥32000/セオリー スカーフ¥16000/アマン(アルテア) ピアス¥13000/アガット リング¥24000/エスケーパーズ(タプレイ) 靴¥48000/トゥモローランド(ペリーコ)大人の可愛げもやわらかさも手に入る、「きれい色」のワントーンコーデ6選クリーミーなワントーンコーデのなかでミントグリーンがひときわさわやかに映え、涼やかな大人の表情に。肌に透明感も。ジャケットとパンツをマニッシュさで甘さを引き算すれば、淡いグリーンも自然に。トップス¥9000/オーラリー パンツ¥56000(サヤカ デイヴィス)・ピアス各¥9000(マリア ブラック)/ショールーム セッション バッグ¥28000/フラッパーズ(レフィエ) ジャケット¥175000/マディソンブルー 靴¥31000/ベイジュ(ピッピシック)【パステルカラーコーデ28選】痛く見えない!大人の可愛げが出る色とは?最旬カラーのワントーンコーデも定番色との組み合わせなら失敗知らず。カットソー¥4000/フィルム(ダブルスタンダードクロージング) スカート¥16000/メゾン イエナ(イエナ ラ ブークル) ジャケット¥28000/トゥモローランド(マカフィー) サングラス¥55000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥17000/エスケーパーズ(モダン ウィーヴィング) 時計¥22000/ウエニ貿易(ヘンリーロンドン) バッグ¥96000/ロンシャン・ジャパン(ロンシャン) 靴¥45000/ザ・グランドインク(ロランス)大人の可愛げもやわらかさも手に入る、「きれい色」のワントーンコーデ6選さわやかで清潔感たっぷりなサックスブルーのワントーンコーデは、オンオフともに好印象確実。ネイビーのカーディガンで引き締めアクセントをプラスすれば、奥行きのあるファッションに。ブラウス¥16000・パンツ¥18000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(フォンセ) カーディガン¥15000/エリオポール代官山(エリオポール) サングラス¥19000/RHC ロンハーマン(RHC) 時計¥250000/セイコーウオッチ(グランドセイコー) バッグ¥34000/ショールーム セッション(ポティオール) 靴¥48000/アマン(ペリーコ)小物のトーンをそろえて「淡色セットアップ」をおしゃれに着こなそう!ほのかな甘さを感じさせる色だから、ワントーンコーデにするなら端正なシャツとベルトつきパンツでスタイリッシュに。肩がけスウェットが立体感をプラスしてバランスアップ。シャツ¥29000/ebure スウェット¥18000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ゲミニー) パンツ¥17800/メゾン スペシャル メガネ¥40000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス( 1 個)¥14000/ショールーム セッション(ヒロタカ) バッグ¥32000/オルサ(オルセット) 靴¥37000/エフユーエヌ(チェンバー)大人の可愛げもやわらかさも手に入る、「きれい色」のワントーンコーデ6選ほんのり色づくラベンダーのワントーンコーデには、ぼやけないように端正なジャケットで引き締め。センシュアルな魅力を打ち消さないよう、なじみのいいベージュがベストチョイスに。ジャケット¥52000/サード マガジン Tシャツ¥7500/オーラリー パンツ¥19000/カイタックインターナショナル(ヤヌーク) サングラス¥46000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥29000/スタージュエリー丸の内店(スタージュエリー) リング¥85000/ショールーム セッション(ザ レタリング) バッグ¥39000/ロペ エターナル 靴¥35000/リーガル コーポレーション(リーガル)春コーデは【ミルクティーベージュ×パステルピンク・ラベンダー】で可愛げと上品さを両立♡ひんやりとしたブルーのワントーンコーデは夏こそチャレンジしたいファッション。揺れ感のあるスカートでリズムを出しつつ、PVCバッグや白のパンプスなど、涼しげな小物でアイシーな色の魅力をきわだたせて。Tシャツ¥5000/ユナイト ナイン(カラフル スタンダード) スカート¥18000/ロペ マドモアゼル ジャケット¥16000/シュガー・マトリックス(ストロベリーフィールズ) イヤリング¥22000・リング¥14000(ルーチェ マッキア)・靴¥56000(ジョセフ)/シジェーム ギンザ バッグ¥27000/コード(ヴァジック) 大人の可愛げもやわらかさも手に入る、「きれい色」のワントーンコーデ6選ブルーのワントーンコーデは淡色デニムを軸にするととっても簡単。デコルテ映えするブラウスやスクエア型のミニバッグが、デニムのカジュアル感をやわらげて品のある表情を引き出して。仕上げにはブラウン小物でメリハリをオン。ブラウス¥26000/ebure パンツ¥31000/エフユーエヌ(フォンデル デニム) ショルダーバッグ¥43000/フルラ ジャパン(フルラ) ネックレス¥46000/エスケーパーズ(タプレイ) 時計¥20000/ポール・スミス リミテッド(PSポール・スミス) バッグ¥57000(ア ヴァケーション)・靴¥48000(ペリーコ)/アマン 大人の可愛げもやわらかさも手に入る、「きれい色」のワントーンコーデ6選クリーム寄りのアッパーのスニーカーで、白のワントーンコーデにもさりげなく奥行きが。ボリューミーなソールも膨張色の日のスタイルアップに頼もしい。ワンピース¥9000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店(ビューティ&ユース) 靴¥24000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(サブソル) 肩に巻いたニット¥34000/オーラリー サングラス¥42000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥14000/ショールーム セッション(マリア ブラック) リング¥23000/Rice バッグ¥33000/アナイ休日のTシャツワンピも大人見え!この夏【“なじませ”ハイテク系スニーカー】が使えるホワイト&ライトグレーのニュアンスカラーでまとめたワントーンコーデは、清潔感たっぷり。インをTシャツにすることでジャケット+テーパードパンツの着こなしもコンサバ感が払拭されて、ほどよく抜けのあるファッションに。上司受けだって上々! コーデのクリーンなムードがプレゼンを後押ししてくれたのか、手ごたえばっちり。ジャケット¥15000/プラステ Tシャツ¥8400/ティッカ パンツ¥12000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店(ブラクトメント) 時計¥65000・ピアス¥22000/アガット リング¥68000/ショールーム  セッション(ザ レタリング) バッグ¥44000/リエス(ペリーコ)プレゼンの日は、白系ワントーンのクリーンなこなれパンツコーデ好感度大のホワイトのワントーンコーデは、トップスの襟ぐりや裾の両サイドにスリット のさりげない肌見せで膨張しないように工夫を。真っ白のスニーカーでクリーンなカジュアルなファッションに。カットソー¥14000・スカート¥15000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ウィム ガゼット) ジャケット¥69000/デミルクス ビームス 新宿(カバナ) ネックレス¥5834/アビステ スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) バッグ¥28000/エフユーエヌ(ベルメール) 靴¥24000/ハイブリッジ インターナショナル(エーエムビー)小物のトーンをそろえて「淡色セットアップ」をおしゃれに着こなそう!真っ白なフレアスカートは、Tシャツと合わせて気張らないオールホワイトのワントーンコーデに。ミントグリーンやくすみピンクなど旬のさし色が今日のファッションポイント。スカート¥51000/マディソンブルー ジャケット¥79000/ジャーナル スタンダード レサージュ青山店(アンスクリア) Tシャツ¥5900/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) リング(右手)¥145000・(左手)¥143000/ショールーム セッション(マリハ) 時計¥59000/シチズンお客様時計相談室(シチズンクロスシー) バッグ¥49000/マイケル・コース カスタマーサービス(マイケル マイケル・コース) 靴¥88000/ジミー チュウ 【着映えスカートコーデまとめ】私らしさ上々!大好きスカートのタイプ別コーデ軽やかな素材のプリーツスカートとブラウスでエアリーなオールホワイトのワントーンコーデ。やさしげなイエローや旬のPVCバッグがシンプルなワントーンコーデに奥行きをプラス。スカート¥1990/ジーユー ブラウス¥18000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ) カーディガン¥7990/プラステ ピアス¥13000/アルアバイル(ホルヘ・モラレス) バングル¥3900/ジューシーロック(ジューシーロック オリジナル) リング¥38000/エナソルーナ神宮前本店(エナソルーナ) バッグ(ポーチつき)¥27000/コード(ヴァジック)【着映えスカートコーデまとめ】私らしさ上々!大好きスカートのタイプ別コーデ 2.ヘルシーに女っぷりを上げられる、サファリカラーワントーン|17選 甘めよりもヘルシーな女性らしさを演出したい方には、サファリカラーのワントーンコーデがおすすめ。ブラウンやカーキ、ベージュなど、アフリカの大自然を感じさせるサファリカラーは、ファッション好きの方は大注目のトレンドカラー。また、夏の肌に映えるヘルシーな色みなので、抜け感ある着こなしが叶いますよ。大人らしいビターなブラウンのワントーンコーデには、リッチなゴールドアクセできらめきを足して。夏の日差しを思わせるインパクトのある輝きが、軽快でヘルシーなムードを引きたてます。タンクトップ¥8000(デ・プレ)・リング¥32000(アンコモンマターズ)/デ・プレ カーディガン¥17000/トゥモローランド(バッカ) スカート(ベルトつき)¥13800/メゾン スペシャル ピアス¥19000/アガット バッグ¥32000/ショールームセッション(ポティオール) 靴¥48000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ペリーコ)夏のワントーンは「きれい色」と「サファリカラー」で女らしさも品のよさも手に入れて!深みのあるブラウンのワントーンコーデには、同系色のオレンジが効いた柄スカーフをプラス。色なじみよく美しくまとまります。ニット¥23000/エフユーエヌ(フォンデル) パンツ¥17000/ウィム ガゼットルミネ新宿店(ウィム ガゼット) ピアス¥1490/アメリカンホリック プレスルーム(アメリカンホリック) スカーフ¥18000/フラッパーズ(マニプリ) 時計¥33000/ポール・スミス リミテッド(ポール・スミス) バッグ¥16800/ショールーム セッション(ヤーキ) 靴¥48000/メゾン イエナ(エーティーピー アトリエ)「サファリカラー」のワントーンコーデは、抜け感のある着こなしで色香アップ!肌なじみのいいピンク~ブラウンの配色スニーカーはさわやかなクリアソール。夏らしいかごバッグをプラスして、量感のあるブラウンのワントーンコーデを涼しげに演出。ワンピース¥18000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) 靴¥19000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア) サングラス¥16000/4K(A.D.S.R. ) バングル¥30000/ビームス 六本木ヒルズ(キャッツ) ネックレス¥33000/シップス 渋谷店(ノブリー スタジオ) バッグ¥30000/RHC ロンハーマン(ドニー)休日のTシャツワンピも大人見え!この夏【“なじませ”ハイテク系スニーカー】が使える今年、ブラウンのワントーンコーデに挑戦するなら、赤みがかったアースカラーのブラウンがおすすめ。Tシャツ+パンツの簡単コーデも、色味を統一したことで洒落感がアップ。同系色でIラインができるので背が高くすらっと見えます。 Tシャツ/H&M パンツ/Vintage 靴/Tsuru by Mariko Oikawaワンツーコーデでも断然こなれる!サファリカラーワントーンにチャレンジ大人可愛い通勤ファッションが好きなら、ブラウンのスカートも素材にこだわって!スカートにレース素材をプラスすれば、一気にフェミニンスタイルに早変わり。シューズで今期らしいグリーンの差し色をすれば、ワントーンコーデに新鮮さもプラス。カーディガン¥21000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) タイトスカート¥14000/エメル リファインズ ルミネ新宿店(エメル リファインズ) イヤリング¥11000/アルアバイル(ドミニク・デナイブ・パリス) トートバッグ¥1900/アダストリア(ラコレ) 時計¥21000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) 靴¥48000(ペリーコ)/アマン バッグ¥75000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)寝坊した朝は、ささっとコーデしてもキマる“ほぼワントーン”コーデで♡ゆとりのあるリラクシーなシルエットで、カジュアルなショートパンツも大人っぽい雰囲気に。全体をブラウンのワントーンコーデにして、小物はベーシックな黒で統一させることで、都会的にアレンジ。ブラウス¥58000・ショートパンツ¥47000/J&M デヴィッドソン 青山店 カーディガン¥32000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) ピアス¥5000/ガリャルダガランテ 表参道店 ネックレス¥8500/メゾンイエナ(ベン アムン) バッグ¥24000/ピーチ(ヴィオラドーロ) 靴¥85000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス小物のトーンをそろえて「淡色セットアップ」をおしゃれに着こなそう!ゆるっと抜けのあるシルエットなら、渋めのカーキのワントーンコーデも軽やかに決まります。袖口をたくし上げたオーバーサイズのシャツとゆるめのテーパードパンツで、どこかリラックスしたファッション。ヌーディなサンダルも抜け感づくりにひと役。シャツ¥24000/エストネーション パンツ¥28000/セオリー ピアス¥98000/ゲストリスト(ハウント代官山/ガブリエラ アルティガス) バッグ¥10000/アニエスベー 靴¥33000/エフユーエヌ(チェンバー)「サファリカラー」のワントーンコーデは、抜け感のある着こなしで色香アップ!袖コンシャスな抜き襟ブラウスと女らしいリネンのフレアスカート。落ち着いた表情に導いてくれるサファリカラーなら、ちょっぴり甘めのワントーンコーデも照れずに着こなせます。ブラウス¥2990/コエ 渋谷店(コエ) スカート¥22000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ウィム ガゼット) ピアス¥25000/デ・プレ(エレナ ローナー) ネックレス¥18000/シルバースプーン バッグ¥45000/フルラ ジャパン(フルラ) ストール¥21000(参考価格)(アルテア)・靴¥27500(ペリーコ サニー)/アマン「サファリカラー」のワントーンコーデは、抜け感のある着こなしで色香アップ!ライトグレーのカーディガンには透けるスカートや白スニーカーを合わせて、軽やかな淡色ワントーンコーデ。暑い季節は、見た目から爽やかなファッションを楽しみましょう。カーディガン¥17000/アンタイトル スカート¥28000/ショールーム セッション(アダワス) イヤリング¥6500/ビームスハウス 丸の内(デミルクス ビームス) バングル¥3000/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(エー・ヴィー・マックス) ストール¥27500/フレームワーク ルミネ新宿店(ア ソースメレ) バッグ¥36000/ポール・スミス リミテッド(ポール・スミス) スニーカー¥12000/リーボック アディダスグループお客様窓口(リーボック)【素敵カーディガン25選】ロングもショートも初夏コーデの味方!グレーのスタイリッシュなワントーンコーデの魅力を上手に引き立ててくれるのは、シックなモノトーンカラー。足もとに黒をひとさじ取り入れることで、きれいめシンプルなワンツーコーデに凜としたムードが加わります。カーディガン¥26000(レンコントラント)・パンツ¥38000(エストネーション)/エストネーション メガネ¥27000/アイヴァン PR(アイヴァン) 時計¥15000/ウエニ貿易(ヘンリーロンドン) バッグ¥85000/ロンシャン・ジャパン(ロンシャン) 靴¥44000/フラッパーズ(ネブローニ)「サファリカラー」のワントーンコーデは、抜け感のある着こなしで色香アップ!グレーのTワンピが持つ、気取らない印象はそのままに、ボリュームのある足もとでぐんと今っぽく味つけ。ワントーンコーデだからこそ、ハイテクスニーカーのスポーティさが大人っぽく映える。ワンピース¥24000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ) 靴¥15000/リーボック アディダスグループお客様窓口(リーボック クラシック) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) ピアス¥44000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(リジィー フォルトゥナート) バングル(左手)¥18000/UTS PR(ノース ワークス) ブレスレット(右手)¥41000/ジョリー&コー(イディアライト) バッグ¥18000/トゥモローランド(カルトガイア)休日のTシャツワンピも大人見え!この夏【“なじませ”ハイテク系スニーカー】が使えるシックな印象のサンドベージュは素材感のギャップで魅せるのがカギ。肌がほんのり透けるシアーなニットに合わせたのは、シャリ感のあるリネンスカート。質感の異なるアイテム同士のかけ合わせなら、ベージュのワントーンコーデも立体的なファッションに。ニット¥20000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) 中に着たキャミソール¥8500/メイデン・カンパニー(スープレルース) スカート¥14000/ロペ マドモアゼル ジャケット¥56000/ebure サングラス¥25000(ブラン)・ピアス¥7000(ソコ)/トゥモローランド バッグ¥42000/クルーズ(ELIN) 靴¥45000/ザ・グランドインク(ロランス)「サファリカラー」のワントーンコーデは、抜け感のある着こなしで色香アップ!グリーンのTシャツとブルーデニムの“ほぼワントーンコーデ”。薄着の夏はアウターや重ね着などで奥行きを出せないため、微妙に色や濃淡を変えた「ほぼワントーン」くらいのほうが、着こなしにリズムがついて素敵に見えます。 Tシャツ/ユニクロ デニムパンツ/TEN×RON HERMAN 帽子/HELEN KAMINSKI バッグ/TEMBEA【ユニクロのカラーT】プロが太鼓判、絶対に買うべきは、この色!ベージュのワントーンコーデは、アースカラーが優しい印象に導きます。色味が大人しめなときは、素材で遊ぶのがベスト。リブ素材のパンツを選べば一気に今っぽくなります。オーバーウェイトTシャツ/GU コットンリブワイドパンツ/ユニクロGU新作でつくるリラックスコーデまろやかなベージュのワントーンコーデは、グラデーションを意識して継ぎ目を見せずにつくれば女らしさがさらに上昇。トップス¥9500/ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店(ベースレンジ) スカート¥28000/ボウルズ(ハイク) カーディガン¥15000/アルアバイル ピアス¥27000/エストネーション(アリアナ ブサード ライフォル) ブレスレット各¥16000/アガット バッグ¥28000/ポール・スミス リミテッド(ポール・スミス) 靴¥15000/オデット エ オディール ユナイテッドアローズ 福岡ヴィオロ店(オデット エ オディール) 「サファリカラー」のワントーンコーデは、抜け感のある着こなしで色香アップ!甘すぎないベージュとピンクの名コンビでワントーンコーデ。トレンドのサーモンピンクをキーカラーに、マイルドなベージュで洗練度を引き上げ印象上手に。Tシャツ¥19000/ショールーム セッション(サヤカ デイヴィス) スカート¥30000/ビューティフルピープル 銀座三越(ビューティフルピープル) ジャケット¥24000/コンバース トウキョウ 代官山(コンバース トウキョウ) キャップ¥9800/ディーゼル ジャパン(ディーゼル) ピアス¥5500/フラッパーズ(シャルロット ウーニング) バッグ¥14000/アニエスベー 靴¥19000/デッカーズジャパン(アグ®)【2019年最旬色!ベージュコーデ28選】大人女子こそ似合うベージュの着映え力を大公開一見地味になりがちのベージュのワントーンコーデも、やわらかなベージュでつなぐだけでハッとするほど今っぽく。濃淡をつけてグラデ風にすれば、ぼやけて見える心配なし。ニット¥20000/オーラリー パンツ¥36000/アングローバル(イレーヴ) バッグ¥38000/エストネーション(カッツオランジ) リング¥12000/グリン ジャパン(グリン)【2019年最旬色!ベージュコーデ28選】大人女子こそ似合うベージュの着映え力を大公開
  • あまたある今年のトレンド、大人ならどうこなす? ちょっとしたコツやテクニックで、印象は変わる。本日の議題は「明日からすぐに役立つスタイリングハック」について。これさえ押さえれば、あなたのスタイリングレベルも"首脳級"!01.「モードなコンサバ」ってなんだ?ポロシャツ(白)¥16,000・(黄)¥14,000/ラコステお客様センター(ラコステ) スカート¥104,000/セメント(ポステレガント) ヘアクリップ( 2 本セット)¥4,800/RHC ロンハーマン(バレットスタジオ) サングラス¥27,000/カレン ウォーカー ギンザ シックス店(カレン ウォーカー) バッグ¥61,000/デューン(ビルディングブロック) タイツ¥5,500/ぽこ・あ・ぽこ(LOOKFROM LONDON) パンプス¥150,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)選ぶべきトップスは「ポロシャツ」、それも2枚! 新しいスタイリングのヒントを探すなら次のシーズンのコレクションをチェック。秋冬の大本命は「クラシック」「きれいな服」というキーワード。その気分を着こなしに取り入れるなら、選ぶべきは端正なポロシャツと、ヴィンテージライクなレザーのタイトスカート。ただしポロシャツは、2枚を重ねてイエローのボーダーを襟元からのぞかせ、遊び心をプラス。レースタイツ、ボックスバッグ、懐かしいヘアクリップもマスト。02.「セットアップ」を着回すジャケット¥86,100・パンツ¥45,400/エドストロームオフィス(アワー レガシー) 中に着たノースリーブブラウス¥66,000/スーパー エー マーケット(アトランティックアスコリ) ピアス¥38,000/エスケーパーズ(アンコモン マターズ) バッグ¥28,000/セメント(ジュン ミカミ) サンダル¥42,000/オン トーキョー ショールーム(メゾンエウレカ)首まわりに思い切ったボリュームを。"味変"小物の力も借りてみる リネンのダブルブレストジャケットに、センタープレスパンツ。仕立てのいいセットアップは強い味方だけど、面積が広い分いつも同じ印象になりがちなのが困りどころ。たとえば、こんな巨大なスカーフ風の襟がついたブラウスを合わせてみるのはどうだろう。印象激変の要は首まわり。思い切った量感のものをぶつけることで、スタイリングのバランスが変わり新鮮に。デザイン性の高いバッグ&シューズも"味変"アイテム。03.「頭まわり」どう盛る?カチューシャ¥23,500・ヘアピン¥22,000/ドーバー ストリート マーケット ギンザ(シモーン ロシャ) ノースリーブTシャツ¥3,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ヘインズ) 中に着たTシャツ¥1,500・いちばん下に着たTシャツ¥3,200/ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター(ヘインズ) スカート¥79,000/THE WALLSHOWROOM(ウォーク オブ シェイム)「足したら、引く」を遵守すれば"大人のガーリー"もいけます! カチューシャやヘアピン。ロマンティックなヘアアクセサリーはトレンドのひとつだけど、二の足を踏んでいる人も多いはず。いわゆる"大人のガーリー"を成功させる秘訣は、とにかくバランスに尽きる。パールとストーンを組み合わせたデコラティブなカチューシャに合わせるのはプレーンな無地の黒Tシャツ。ヘアメイクとのバランスも重要。頭まわりを飾るなら、メイクアップは控えめに、艶めくまぶたとほのかに染まったモーブの唇のみで「引き算」を。カチューシャの後ろ、サイド寄りにヘアピンを重ねるというテクニックも、横顔にニュアンスが出るのでおすすめだ。04.「かご」でほっこりしないバッグ¥120,000(ダニエラ グレジス)・ニットキャップ¥34,000(サバイバル オブ ザ ファッショネスト)/ドーバー ストリート マーケット ギンザ ジャケット¥82,500/大丸製作所2(オーバーコート) 中に着たポロシャツ¥12,000/ラコステお客様センター(ラコステ) ショーツ¥10,000/カーハート WIP ストア トーキョー(カーハート WIP) ネックレス(上)¥90,000/DES PRÉS(イリスフォーティーセブン) ネックレス(下)¥53,000/ステディ スタディ(トムウッド) サンダル¥110,000/シジェーム ギンザ(ニコラス カークウッド) 靴下/スタイリスト私物安心のモノトーンに「透ける」質感を かごを「男の子っぽく」持ってみる。ジャケット&ショーツにキャップ。シアーなソックスで艶やかな裏切りを。05.「柄シャツ」を攻略せよシャツ(メンズ)¥26,000/TOMORROWLAND(ギットマン) 中に着たリブトップス¥9,000/RHC ロンハーマン(RHC) パンツ¥65,000/CLIFF co.ltd.(FUMIKA_UCHIDA) メガネ¥29,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥9,000/TOMORROWLAND(ソコ) 上のネックレスにしたブレスレット¥128,000/ハルミ ショールーム(オー) 下のネックレストップ¥185,000・同チェーン¥110,000/イレアナ・マクリ/ザ・ショーケース バイ デルパン GINZA SIX店(イレアナ・マクリ) ベルト¥21,000/BOWLES(HYKE) 靴¥35,250/エドストローム オフィス(エイティーズ)シャツの下の「仕込み」が肝要 懐かしさとギリギリ感が今再び新鮮な柄シャツ。大人がこなすなら、レイヤリングにひと工夫。ボトムと同系色のリブトップスを重ね、上半身から靴までをシックなワントーンでまとめたうえで仕上げのトッピングとしてシャツをオン。06.「黄色」が着たいドレス¥65,000/コロネット(ミラ・ショーン) ジャケット¥19,000/カーハート WIP ストア トーキョー(カーハート WIP) チョーカー(上)¥95,000・(下)¥70,000/リンクスオブ ロンドン 青山店(リンクス オブロンドン) ショルダーバッグ¥42,000/エスケーパーズ(レイチェル コーミー) 靴下¥1,200/ぽこ・あ・ぽこ(We LoveColors) パンプス¥44,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ネブローニ)アレンジ自在のドレスをぜひ! 今年の「黄色」に代表される、ビビッドなトレンドカラー。小物などを選びがちだけど、実はドレスで取り入れるのが断然コスパよし! 上から何かを羽織ったり、下に何かを重ねたり。スタイリングの幅も広いし、合わせるもので分量調整も簡単にできるから。今から手に入れるのにおすすめなのは、秋冬も活用できそうなベルベット素材。ワークジャケットで着くずして。07.「透ける服」シーズン2ブラウス¥49,000/CLIFF co.ltd(. FUMIKA_UCHIDA) Tシャツ¥4,000/Shibuya"T"パンツ¥90,000/ドーバー ストリートマーケット ギンザ(トゥーグッド) 帽子¥55,000/シジェーム ギンザ(ローラハット) ネックレス¥185,000/イレアナ・マクリ/ザ・ショーケース バイデルパン GINZA SIX店(イレアナ・マクリ) 靴下¥1,200/ぽこ・あ・ぽこ(WeLove Colors) サンダル¥65,000/TOMORROWLAND(マーティネッツ)大本命はオーガンザ。さて、何を重ねる? 昨年のPVC人気から一転、この夏の「透ける」ブームはオーガンザへ。スタンドカラー、後ろ開きのフェミニンなブラウスは中に重ねる服次第で印象も激変。オールドスクールな古着のロゴTをのぞかせて。トップスで遊んだ分、ボトムはノンウォッシュデニムとヒール靴できれいめに。08.「パワー・ロマンス」の こなし方ブラウス¥238,000/シャッツィ・チェン 中に着たTシャツ¥7,800/レショップ(リバーサイドツール アンド ダイ) 肩に巻いたロングTシャツ¥24,800/エドストローム オフィス(アワー レガシー) ショーツ¥22,000/ディアゲスト(オンブレ ニーニョ) イヤリング¥9,000/ケイト・スペード(ケイト・スペード ニューヨーク) イヤーカフ¥18,500/ハルミ ショールーム(コールムーン) リング(左手薬指)¥283,000・(左手親指)¥58,000・(右手人さし指)¥58,000・(右手中指)¥49,000/ステディ スタディ(トムウッド) ブーツ¥18,333/ロング ビーチ 表参道店ストリートにウェスタン。力強いテイストを、あえてぶつける レースのフリルたっぷりのブラウスも、今年はシンプルなボトムと合わせたりしない。「力のある」ロマンティックだからこそ、タイダイのTシャツや切りっぱなしのスウェットショーツ、カラフルなウェスタンブーツなど、アクの強いアイテムとスタイリングすることで一歩突き抜けた着こなしに。09.「ターコイズ」復権マルチカラーストーンネックレス¥26,850(カルビン・ロバト)・星ネックレス¥30,560(マリー・L・タフォヤ)・ターコイズネックレス(N・キングマン)¥13,890/マライカ ミティ 青山店 シルバーネックレス¥100,000/ハルミ ショールーム(オー) ゴールドネックレス¥34,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(イヴィ) パールネックレス¥87,000/シジェーム ギンザ(ペトラドゥムリング) キャミソール¥33,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(カルメイヤー) 帽子¥6,200/ラコステお客様センター(ラコステ)「土くさくない」ターコイズが、今はいちばん新しい 夏はネックまわりのおしゃれにも気を配りたい。ここ最近カムバックの兆しを見せているのがターコイズのジュエリー。プリミティブな方向に転ばせてしまうと"昔のまんま"になってしまうから、目指すべきは「モダン」。コツは、大きすぎないものをゴールドやパールなど異素材とミックスして重ねづけすること。10.「足もとスタイリング」の最新サンダル¥63,000/TOMORROWLAND(マリアムナッシアザデー) 靴下¥1,200/ぽこ・あ・ぽこ(We Love Colors) スカート¥20,000/4K(タン)質感の違いが際立つワントーンで揃える 素足にサンダルもいいけれど、ひとつツイストを加えるのならおすすめしたいのが、シアーなハイソックス。シルバーのグリッターがきらめくサンダルにはグレーのソックスを合わせて。トーンを揃えることで、シックにまとまる。 SOURCE:SPUR 2019年7月号「夏の「Tサミット」」photography: Wakaba Noda〈TRON〉 styling: Yuuka Maruyama〈makiura office〉 hair: HORI〈bNm〉 make-up: DAKUZAKU〈TRON〉 model: Annie
  • 2・おかえり、私たちのための「きれいな服」 大人のための美しい服が帰ってきた。新しい女性らしさの表現にも注目。 大人のベージュ 1 ウエストが極端にシェイプされた、女性らしいシルエットのコート2 ベージュと白の抑えたトーンがエフォートレスな洗練を引き出した3 レザートリムやピラミッドスタッズボタンにメゾンの個性が際立つ4 ジャケットのフレアラインの美しさが引き立つシックなセットアップ フェミニンチェック 5 チェックのケープは、ニットスカートと合わせガーリーに提案6 軽やかなミニドレスで冒険する女性のポジティブなスピリットを表現7 素材の違うチェック・オン・チェックは、ウエストシェイプでレディに8 チェックのコートの上に、さらにチェックのカーディガンを重ねて9 トラッドなアランニットとタータンチェックを大胆にアレンジ センシュアルに着るセットアップ 10 襟元にクラシカルなボウをなびかせることでフェミニニティを強調11 マスキュリンなオールブラックは、オープントゥシューズで抜け感を12 パワーショルダージャケットはベルトのウエストマークでシックな表情13 ダブルジャケットをウエストイン。スタイリングでシルエットチェンジ プリーツスカート 14 レザーのジャケット&シャツに布帛のプリーツスカートで軽さを加えて15 サテンのプリーツスカート。部分的にオーガンジーに切り替え透け感を16 鮮やかなグリーンのエナメルスカートでジャケットルックにツイストを17 ブルジョア的グッドガールのボトムは、ボックスプリーツスカートで ジャンプスーツでドレスアップ 18 上質なレザーで仕立てることで、ワークウェアをエレガントに昇華19 アシンメトリーなジャンプスーツには大ぶりネックレスでアクセントを20 光沢のあるキルティング素材。ポインテッドトゥでフェミニンに
  • 3.「アウター」はあの大きな愛をもういちど 真っ先に大人が手に入れるべきは、体をゆったりと包み込み安心感を与えるアウター。 オーバーサイズ 1 チェックのレイヤードは、オーバーコートでロマンティックダンディなスタイルが完成2 大きめのチェスターコートとワイドパンツのセットアップ。インは肌を出してセンシュアルに3 チェッカーのオーバーサイズコートはデフォルメしたような大きな襟とカフがポイント4 大胆なボリュームスリーブが目を奪う。ジャケットとコートを重ねたようなデザインも粋 フェイクファー 5 リアルと見まがうような柔らかなファーフリーファーをオーバーサイズに仕上げた6 ハート柄のドレスに羽織ったのは、艶やかなダークグリーンのエコファーコート7 ビビッドなピンクのフェイクファーは洗いざらしたようなワイドデニムと好相性8 モンゴリアンファーのような風合いのエコファーは、迫力あるボリュームが魅力 ケープ 9 クラシックなマントケープはロングブーツにスカーフで、オーセンティックな美を極める10 エフォートレスにまといたい、キャメルのケープ。ウェアからシューズまでワントーンで11 やや丸みを帯びた襟や、ゆるくカーブを描くショルダーラインに乙女心をくすぐられる12 ミリタリームードのロングタイプのケープ。ショートパンツで丈バランスを大胆に変えて トレンチコート 13 後ろ身頃にTBモノグラムのブランケットを採用し、アイコニックなコートをアップデート14 オーバーサイズのトレンチにショートジレをレイヤードすることで、シルエットチェンジ15 メタリックゴールドをアクセントに。バックはジップで開くようになっておりアレンジもきく16 ブランドのシグネチャーであるトレンチをラフなスタイリングアレンジで提案
  • 5. 「小物」は静かに主張する 主役になるわけではないものの、確かな存在感でスタイルを支える名品たち。 ワンハンドルバッグ 1 ブックバンドのようなワンハンドルに遊び心を感じる新作バッグ。モダンとエレガンスの両立具合はさすが2 シルバーの「アマゾーヌ」はステッチがポイント3 ハンドルを背面からフロントに渡したアーチバッグ。クラシカルなのにツイストがきいたニューフェイス4 スタイリングのポイントになりそうなシックなブルー。ころんとしたキューブ形のデザインがチャーミング5 果物カゴを思わせる、思いきり浅い円筒形のフォルム。持つだけでアーティなムードを漂わせる ニーハイブーツ 6 ラグジュアリーなライトブラウンのニーハイブーツは、ワントーンスタイリングでシックにまとめて7 ブルジョア的デニムルックを完成させているのはボアのニーハイブーツ。細身のシルエットが上品 小さすぎるバッグ 8 ネックレス感覚でミニバッグをアクセサリーに。バッグを飾るチャームにもなり、小さくても存在感大9 クラシカルなトップハンドルの「Boxyz」バッグもマイクロサイズになると、こんなにチャーミングな印象10 レッドのパテントレザーに、ゴールドのチェーンとガマ口金具。まるでジュエリーのようなミニミニバッグ11 ターコイズブルーのレザーを、ピラミッド形のミニバッグに仕立てて。ストラップを腕に通してカジュアルにヘッドアクセサリー 12 ヘッドアクセサリーブームを牽引中。新作はクリスタルビジューで模したメイド風カチューシャ13 フューシャピンクのターバンはクラシックかつモダン。アーティなプリントのドレスとも好相性14 粉雪の世界にぴったりな雪の結晶形のバレッタ。後ろ姿にもロマンティックな余韻を与えていた 重め長めなイヤリング 15 耳もとに、レザーの花を咲かせて。タイトにまとめたヘアと可憐なモチーフのバランスが大人っぽい16 パールとゴールドのリングを、構築的につなぎ合わせ、耳もとをリュクスに飾る17 ドレスとリンクしたカラーのロングピアスは、実はクリップ。ステラらしい遊び心 ネック・デコ 18 フーディつきのネックウォーマーをアクセントにするなど首元重視のクロエ。トライバルなムードのアクセサリーとレイヤードする提案が新鮮19 アイレットでロゴをかたどったスカーフがマニッシュなムードをプラス20 トゲのような長いスタッズをあしらったベルト型チョーカートートバッグ 21 バーガンディのトートには、同色のミニバッグをアクセサリーのように22 テーマの「日常」を描く紙袋を模したレザートート。スプレーペイントしたようなプリントやカットオフしたエッジなど、リアルを追求した遊び心がモード23 レザーをアイコンのカナージュモチーフに編んだ軽やかなトートバッグ チャンキーヒール/メリージェーン 24 楕円形の装飾を施したウッドヒールがユニーク25 足もともジェンダーフリュイドなボリューム感26 ゴールドのレザーにきらめくゴールドストーンをちりばめて。柄タイツとともに アウトドアライク 27 コンバットブーツは今季の注目株。黒いブーツの足首に、さらに小さなポーチをベルトで装着して28 白×黒のバイカラーがスポーティかつフューチャリスティックなムードを漂わせるジップブーツ29 ボアで覆われたプラットフォームのマウンテンブーツ。エレガントなスタイルのハズシになる存在感30 ソールまでカムフラージュ柄にプリントされたコンバットブーツ。スニーカーソールでモダンに
関連キーワード

RECOMMEND