大人のワンハンドルBAGでmystyleを♪

Web eclat
明日発売のエクラ4月には、またまたとっても素敵なコラボbagが付録で付いています!

発売より少しだけ早く手に入ったので、早速お試し!


実は昔から、お洋服に取り入れる色で1番好きなのはベージュなんです。

昔からの友人は、私のイメージはベージュ!と今でも時々言われるぐらい、ベージュばっかり着ている時期もありました。

それがアラフィフになったあたりから、ベージュを着ると、なんだかもっさり垢抜けなくなってしまって、このところずっとベージュのお洋服は封印したのですが、なぜか昨秋からベージュ&ブラウンが気になって気になって仕方がない…笑

なんでだろう???と思っていたら、レイコ・ローランさんの占いブログにその答えが!!!

ちなみに私は射手座です^ ^

読んでいない方に是非チェックしていただきたいので、詳細は割愛しますが、とにかくドンピシャ!

以前からレイコさんの優しい視点で書かれた占いブログのファンでしたが、今回は無意識に選んでいたので、本当にびっくりでした‼️

ベージュがとにかく気になっている私は、春のお買い物第一弾ももちろんベージュ^ ^

オープンして以来、ずっーと大好きなブランド、ドゥロワーで1月に出会ったブルゾンはウエストがボタンで絞れるようになっていて、形も色も気に入って、試着してすぐに決断したほどです。

色味に幅があるベージュは、似合わない色だともっさり野暮ったくなってしまうので、試着はマストです!

ベージュはおばさんぽくもなる色なので、注意が必要な気がします。。。

その反面、カッコよく着こなせたら、素敵になる色だと思うんです。

私の目標はベージュをカッコよく着こなせるようになること!


パンツはもう10年以上前に購入したペセリコ、お花の柄のジャガード模様が、単調になりがちなベージュコーデに奥行きを与えてくれるんです♪
トップスはドゥロワーの定番のニット。

こんなコーデに、今回の付録のバッグが驚くほどにぴったり☆☆☆



持ち手のベージュがコーデを引き締めてくれていて、形も縦長なので、スタイルよく見せてくれる気がします^ ^
どうでしょう???

とても付録のバッグには思えませんよね⁈

今日はきれい目コーデに合わせていますが、カジュアルコーデにも合わせやすそうなので、インスタでまたアップ出来たら…と思います^ ^

是非、皆さんも明日発売のエクラ4月号でこの素敵なコラボbagもGETしてくださいね♪


shoes gianvito rossi
関連記事
  • マキア9月号が発売となりました!夏真っ盛りにありがたい美容情報や、秋の新色情報etc、そして今月号も豪華付録付きで濃厚な一冊になっています♪マキアブロガー歴8年、トップブロガーのyukinaの見どころをピックアップしてご紹介します!■立体大特集「『捨てる美容』ですっきりあか抜け!」表紙に見出しが書かれているように、石井美保さん×小田切ヒロさんの「大人のキレイは“捨てる美容”から」「田中みな実流 脱・厚ぬりベースのつくり方」「河北裕介『引き算ルール』であか抜け成功メイク」ボディも腸も心も断捨離「真夏のデトックス100問100答」……など、この季節をすっきりさっぱりと過ごしてキレイになるための美容コンテンツがたっぷり!!中でも個人的には、尊敬している美容ジャーナリスト・齋藤薫さんのコラム『コップの水を捨てないと新鮮な水は注げない』と、小嶋陽菜さんの「シンプル美学」がお気に入り。ものごとの断捨離をするようになってから、シンプル化してはいるものの、引っ越しを控えているため身の回りのものを整理しようと思うと、自分が思っている以上にものは多い。今月号のマキアならって、この夏のテーマは、美容も身の回りも“すっきり手放す”をテーマにしようと心に決めた!■秋新色2019BOOKお楽しみの、秋の新色コスメ BOOK IN BOOK!秋のコスメは、カラーラインナップが一年のうちで一番好き。今回は、全90ブランド・1370点のコスメが掲載されています♪今年の秋は、軽やかな色づきで印象チェンジ効果の高いものも多く、ニュアンスメイクやこなれ感を誰でも手軽に楽しめそう。■みんなのベスコス 2019SSこちらもコスメマニアにとって、半期に一度のお楽しみコンテンツ!これまでの殿堂入りコスメ30、各部門の1位まで、マキア公式ブロガー全員参加で選定した、リアルなコスメの口コミ&ランキングがチェックできちゃいます!リップマニアの私もチョイスした、口紅部門1位はオペラ『リップティント』!プチプラながら発色、質感、どれを取ってもここまでコスパの良いコスメは今のところ見当たりません。また、ビューティギア部門1位で、もうすぐ殿堂入りとなる、MTGの「リファカラット」のコンテンツページでもコメントを掲載いただきました!リファで一番最初に購入したのがリファカラット。これに惚れ込み、マキアの企画で「ReFa ANGEL'S」(笑)として活動させていただいた際にも、カッサや部分ケア用ローラー、ミストファンデーションなど、様々なアイテムを使わせていただきました。何よりスゴイのは、どれも“お蔵入り”しないこと!手軽で、かつ使い心地が良いから、ビューティギアにありがちな“飽き”がないんですよね。■美と健康のお悩みに効く食べ物33どんなコスメやトレーニングよりも、“食事”に勝る美容&健康法はない。特に、紫外線による酸化や糖化、夏バテによる疲労、睡眠不足などにより、一年のうちで最も老けやすいといわれている夏。日々の食生活を見直すためにも、じっくり読んでおきたい!■「やせ筋トレ」30日間チャレンジ最近、ゆる~くボディメイクに目覚めたわたくしですが、フィットネスライター・とがわ愛さんの「やせ筋トレ」企画にトライさせていただきました。私が行ったのは、大きな裏ももの筋肉に効き、代謝をアップさせる「ヒップリフト with チェア」食事など、日常生活は何ら変わりなく過ごし、毎朝たった5分ほど、指定されたエクササイズ(超簡単)をやっただけ!ヨガに通い始めたこともありますが、こんなに目に見える効果が表れるとはびっくりでした!!他のみんなのエクササイズも、簡単なのに同じくばっちり効果が出ていて気になる……組み合わせて行っても良さそうですね。ぜひ試してみてください♪この他にも、ご紹介しきれないほど、今回も充実したコンテンツがたっぷり詰まった読み応えのある一冊。完売前に、お早目にチェックしてみてくださいね!
  • 今月号のBAILAご覧になりましたか?^_^ まず豪華な付録がRepettoのレオパードポーチ トートバッグまでついている❤️ 濡れてオッケーの素材なので ビーチに行く時に持って行きたいです この秋にハワイに行く予定なので このバッグに水着やアクセサリーを入れてビーチに行きたいです❤️ 素材もしっかりしているので 長く使えそうです^_^ 今週東京も梅雨明けしそうなので ビーチやプールに行く予定の方は ぜひ持って行って下さいねー そして 本誌の中身も参考になる特集がたくさん! 私も少しだけ参加させていただきましたが、 体のコンプレックス別、 似合うノースリーブの形  特集✨ 夏は ほぼ毎日ノースリーブっていうくらい ノースリーブ好きなので 自分の体に合う形が分かって 本当に良かったですー❤️ 皆さんもぜひ参考になさって下さいね^_^
  • 同じイベントでも、場所やメンバーなどによっていろいろなオシャレを楽しむ美女組さん。特に多いイベントごとにしたいコーデを大公開■Event:水ぎわ プールや海などの水ぎわスタイルはイタく見せないさじかげんが重要。☆美女組No.158 Tamamiさん「ハワイ旅行に向けて買ったバースデーバッシュのワンピ。鮮やかなブルーも海外なら気負いなく着られます」「長袖で露出具合が大人にちょうどいいボーダーの水着はLavish Gateのネット通販で」☆美女組No.112 junjunさん「大磯など海に行く時はドゥロワーのショートパンツに。大人でも挑戦しやすい膝丈がちょうどいい。ビーサンはTKEES」  ☆美女組No.146 rinさん「J.CREWの水着は腰まわりにシャーリングがあり、おなかが目立ちにくいのがお気に入り。ハワイで買ったダイヤモンドヘッド・ビーチハウスの透け感シャツをさらりとはおって」  ☆美女組No.69 かんちゃんさん「水ぎわではH&Mのシンプルな黒のカットソーワンピに小物で味つけをプラス。ハットはエクアアンディーノ、クラッチバッグはトフ&ロードストーン」【Marisol8月号2019年掲載】撮影/有馬秀星(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク&着付け/ツバキチ 取材・文/塚田有紀子
  • ネックレスやジャケットで気品を添えるだけで理想の”きれい”が即完成!Tシャツのこなれ感とワンピースの女らしさ、一枚でどっちも叶うTシャツワンピはこの夏ヘビロテ確実。定番はもう持ってるって人も、色やデザインで差がつくものなら今から買い足して絶対損ナシ! ボルドーカラー&美シルエットの女っぽワンピにきれいめ小物を足して、仕事もデートもOKコーデに。上品なネックレス、きちんと感のあるジャケット、涼やかなメタリックサンダル。これならきちんとした場にも行けるし、アフター6も思いっきり楽しめる♪ワンピース¥5990/バロックジャパンリミテッド(スライ) ジャケット¥26000/アンシェヌマン(アナディス) 靴¥24000/ノーリーズ&グッドマン銀座店(ファビオ ルスコーニ) バッグ¥30000/ADINA MUSE SHIBUYA ネックレス¥14000/ソムニウム 時計¥10800/コモノ東京(コモノ)井桁弘恵の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡撮影/小川健太郎  ヘア&メイク/中村未幸(Lila) モデル/井桁弘恵 スタイリスト/辻村真理 原文/鈴木絵美
  • 7月22日に発売された、MAQUIAマキア2019年9月号今回はオルフェスのパック2枚と集英社ファッション&美容雑誌全11誌がコラボしたハローキティグッズが付録!マキアでは二つ折りダブルコスメポーチがついてます。イラストレーターShogo Sekineさんともコラボされていて、大人なキティちゃんが超可愛い~♡使い勝手、サイズ感をお知らせすべく、動画作ってみたので、よろしければぜひ↓ポーチの中身&容量レビュー(無音再生可!テロップ入りです)そんなわけで、早速使ってみた感想はというと、、、サイズ表記は高さ12cm、横18cm、マチ3cm二つ折りにした状態だと、マチは約6cmでした。容量はかなりある方で、普段のメイクアイテムほぼ全部収納できるくらいです。半透明のビニールが採用されていて、中のものがチェックしやすいというのもいいですね。半透明のビニール素材なので、ビニール同士がくっついてしまったりというのが少なさそう。汚れも拭き取りしやすくて◎。ビニールポケットが2つついているのみで、他に仕切り等はないため片方にコスメをいれて、反対側にはブラシやペンシルタイプのコスメを入れるという使い方がいいのかなと思いました。中に入れてみたのはこのくらいまだ余裕があったので、他にも入れられると思います。ちなみに、メイクアイテムを入れてお見せしたんですが、実際はジムや趣味の波乗りをした後に使うスキンケアアイテムを入れようと思っています。(もう一つの付録、オルフェスのマスクもバッチリ収納できました。)ビニール、合皮の素材が使われているので、濡れても拭き取りやすいですしね。これは絶対に買い!そういえば、マキアの付録紹介ページのすぐ隣に創刊15周年イヤービューティシェアクルーズイベント参加者募集のお知らせがありました。美容好きなら、結構ヨダレもの(古)なコスメイベントになってるので!都合がつきそうなら応募してみては!?マキア2019年9月号!ぜひチェックしてみて~!それでは今日はここまで!ばいばーいAyako
  • フレームの素材や形で、旬のサングラスを探せ!サングラスを探している皆さん! なにを基準に選ぼうとしていますか? 色、形、ブランド、値段……ポイントはたくさんあるから、まずは今年の旬デザインを知っておくのはいかがでしょう。“今”のあなたにぴったりな一本が見えてくるかも♡さあ、今こそ、照れずにサングラス!1:クリアフレーム白Tシャツとデニム、シンプルなワンピース。夏の定番コーデに合わせるだけで、たちまちあか抜けて、おしゃれな人に。それでいて肌にすっとなじむから、まったく大げさじゃない。この夏いちばんの旬で、いちばん照れない注目デザイン♡【01】華やかな見た目のコーラルピンクは、肌にのせると想像以上に自然なフィット感。初心者にもおすすめ。¥15000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(A.D.S.R.)【02】ほのかなマーブル模様の赤茶フレームと、淡いネイビーのレンズの小粋な配色が印象的な、やや小ぶりのウェリントン型。高級アセテート素材の日本製。¥38000/GREED International(ジュリアス タート オプティカル×ベッド&ブレックファスト)【03】淡くみずみずしいイエロー。オリジナルの繊細な彫り柄を施したテンプル芯が透けて、横顔にもおしゃれな存在感たっぷり。¥30000/アイヴァン PR(アイヴァン)【04】全体的に細身で、顔型を選ばないボストン型フレーム。彩度の高い爽やかなブルーも肌の上だと少し暗めに映り、つけやすい一本。¥12800/コモノ東京(コモノ)【05】角度で印象が変わるグレー×べっ甲風。遊びがあっても個性的すぎないのは、クリアだからこそ。¥22000/ブルース(スーパー バイ レトロスーパーフューチャー)【06】丸みのあるボストンと、逆台形のウェリントンをいいとこ取りした“ボスリントン型”。グレーのワントーン&ゴールド色のひし形パーツが都会的。¥30000/アヤメ2:メタルフレームきかせるならシルバー【上】いぶしたような風合いのメタルフレームや、べっ甲調のモダン(耳にかける部分)など、ヴィンテージ感のあるデザインが特徴。¥7500/ゾフ 【下】チタンのリム上部に黒のアセテートをかぶせたコンビネーションフレームは、適度なシャープさが。¥45000/アヤメなじませるならゴールド【上】ファッション性の高いプチプラサングラスならココ。イエローゴールドカラーと淡いブラウンのワントーン風配色が大人。¥990/GU【下】度つきレンズのまま、ワンタッチでUVカット率99.9%以上のカラーレンズがセットできる、話題の2way。¥10000/JINS3:クラシカルフレーム女っぽくならべっ甲風【上】ぽってりとしたボストンフレームに、細身のテンプルのバランスがおしゃれ。レンズには地面や水面の反射光や眩しさをカットし、視界を明瞭にする偏光タイプを採用。¥47000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) 【下】アンティーク調ゴールドをまとった、柄入りのメタルパーツがアクセントに。細身のボストンフレームの美しさも際立って。¥35000/アヤメカッコよくならブラック【上】ウェリントンにごく近いボストン×ブルーレンズ。レザー調テンプルで、高見えもばっちり。¥5500/ゾフ【下】マットなオール黒のウェリントンは、ユニセックスな凜とした雰囲気が魅力。¥3000/JINS ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/鈴木絵美 撮影/坂田幸一 スタイリスト/辻村真理
  • コーデがダレてしまいがちな暑い夏に、大人が頼れるのは黒のパワー。ドラマチックかつシックな魅力でリッチ感が大きくアップする、トップス・パンツ・スカート・ワンピースの5アイテムをご紹介します・1.フリルの甘さを黒で引き算。 夏のパンツスタイルを華やかに 体のラインを美しく引き立てる、極細番手の糸で編み上げたなめらかなシルクジャージー素材のつやめく黒は、それだけでリッチなムードを演出。黒のクールさが、たっぷりと入った袖のフリルの甘さを美しく軽減しつつ、華のあるパンツスタイルに。 カットソー¥43,000(クルチアーニ)・パンツ¥49,000(アリクアム)/以上ストラスブルゴ サングラス¥46,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥21,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥288,000/ジミー チュウ2.繊細なディテールの黒で、上品に 上質なリネンの黒のブラウスは、肩下にぐるりと配されたこまやかなタックデザインで、ほどよく女らしい雰囲気に。 ブラウス¥34,000/マスターピースショールーム(サイ) スカート¥35,000/ブルーバード ブルバード ピアス¥20,000/チェリーブラウン バッグ¥37,000/コード(ヴァジック)3.とろみ素材だから、 女性らしさと心地よさを両立 センタープレスでほどよいきちんと感もかなえてくれるとろみ素材のパンツは、Tシャツスタイルでも大人のムードに。 パンツ¥19,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) カットソー¥11,000/エイトン青山(エイトン) ジャケット¥31,000 /ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) ネックレス¥42,000/エスケーパーズ(ハルポ) バッグ¥508,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥95,000 /ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)他の画像を見る撮影/金谷章平 ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/生方ななえ 取材・文/松井陽子 ※eclat8月号掲載
  • 先週末、大阪→京都の旅行に行ってまいりました。ショッピングを楽しんだり、おいしい食べ物に舌鼓を打ったりと大満喫(大阪のファッションは本当~~に盛り上がってました。ぜひ編集Iのこちらの記事をご一読ください!)。今回は定番の老舗&新店含めて、京都の甘いもの記録を残させてください……! ぎおん徳屋で本わらび餅を「飲む」 もはや飲み物ですね。食べ始めた瞬間、なくなっている。中心に据えられた氷でひんやりと冷やされたわらび餅は、透明でなめらか。つるつると喉に入っていって、一瞬です。黒蜜のナチュラルな甘さも広がって、口福この上なし。夏にもぴったりです。夕方ごろに到着し、多少並んだものの比較的スムーズに入れました。京都の大定番として訪れる際は必ず食べたい一品です。ユナイテッドアローズ 六本木店でも7月末までは食べられるのですが、やはり祇園の町家で食べるのが楽しいですね。 宇治 中村藤吉本店で抹茶三昧 こちらも老舗の名店です。駅のお土産コーナーでも見かける、1854年創業の由緒ある茶商。東京や京都駅などでも食べられますが、ぜひ広々とした宇治本店で食べたいもの。優美な日本庭園も広がる空間で格別です。おすすめは看板メニューの「生茶ゼリィ」。抹茶とほうじ茶の二種類がラインナップ。なめらかな舌触りと、自然な味わいが魅力です。ほんのりした苦味もちょうどいい。アイスクリームも、こっくりとした甘さながらまったくしつこくありません。ほうじ茶も大変香ばしくて、癒やされました~。そして宇治本店では限定の手土産も充実。 こちらは通販と本店限定の「茶フィーユ」。抹茶の薄焼きチョコレートクレープです。午後のティータイムにちょうどいい軽さ。コーヒーとも相性抜群でした! さらにもうひとつ気になったこちらも購入。 宇治に縁があるといわれている兎をモチーフにした和三盆。干菓子なので日持ちもしますし、お土産にぴったり。口の中でふわーっと溶けるのと、何よりルックスがかわいらしい。 ラデュレが四条にやってきた! 東京でもおなじみ、ラデュレのサロンもなんと京都四条に初オープン! 1階にはテイクアウトのスイーツを販売するブティック、2、3階にはイートインができるサロン・ド・テが。伝統的な唐紙をラデュレらしく解釈した壁紙や天井など、内装がとってもかわいいんです。京都の和のエッセンスが、フランスの視点でアップデートされている。中心地ながら、どこか異国のような情緒も感じられます。床は、日本建築に特徴的な木と石の組み合わせと、モダンなカーブを描くソファとのミックスマッチが面白いです。 限定品は、マカロンボックス“キョウト”。外箱のイメージは18世紀フランスのクラシックデザイン。繊細なイラストレーションにブランドらしい可憐さが漂います。箱を開けると“マッチャ・キョウト”と“ヤツハシ”のマカロンが。後者は聖護院八ツ橋本店とのコラボレーション。新・京都土産として推したい一品です。 そんな感じで、ひたすら甘味を堪能したり、遊んだり、休んだりした週末でした。京都はただ歩いていても楽しくて大好きな街、またすぐに訪れたいなぁと画策しています。
関連キーワード

RECOMMEND