贅沢素材こそ、日常に。三ツ星料理人の“気分が上がる鍋”レシピ 五選

Web eclat

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.エビの辛味鍋
エビは必ず有頭殻つきを。殻ごと焼いて、香りをしっかり出すのがコツ。薬味は炒めることで風味がさらにアップ。

【材料(4人分)】
エビ(有頭殻つき) 8尾
長ねぎ 2本
厚揚げ 1枚
温泉卵(市販) 4個
A
 しょうが(みじん切り) 小さじ1
 にんにく(みじん切り) 小さじ1
 赤とうがらし(小口切り) 1本分
ごま油 大さじ3
ラー油 適量
八方だし
 だし 1ℓ
 薄口しょうゆ 40㎖
 みりん 35㎖

【作り方】
❶エビは背わたをとる。長ねぎは斜め薄切りにする。厚揚げはグリルまたはオーブントースターで焼き、8等分にする。
❷鍋にごま油とAを入れて弱火にかける。香りがたったら、エビを入れてよく焼きつける。
❸②に八方だしの材料を入れる。沸いたら、①の厚揚げと長ねぎを入れ、火が通ったら温泉卵を入れる。仕上げにラー油を回しかける。

【鍋奉行ポイント】
薬味の風味をしっかり引き出してから、エビをよく焼きつける。殻の香ばしさが出て、魚介のくさみが消える。うま味も出るので、必ず有頭殻つきのエビを使うこと。
2.金目鯛の姿鍋
金目鯛の華やかな姿を丸ごと鍋に。締めの雑炊や麵のかわりにしらたきを加えてボリュームアップ。

【材料(4人分)】
金目鯛 1尾(約600g)
長ねぎ 1½本
香菜 1束
しらたき 1袋
八方だし
 だし 1ℓ
 薄口しょうゆ 40㎖
 みりん 35㎖

【作り方】
❶金目鯛を霜ふり(熱湯を全体にかける)にする。
❷しらたきは熱湯にさっと通し、ザルに上げ、食べやすい長さに切る。
❸長ねぎは芯をとり、白髪ねぎにする。香菜は根を切り、粗みじん切りにする。
❹鍋に八方だしの材料を入れて沸かし、①の金目鯛、②のしらたきを加える。金目鯛に火が通ったら③をのせて火を止める。

【鍋奉行ポイント】
しらたきでボリュームアップ。これで、締めの雑炊や麵いらずに。しらたきは、細めのものを使ったほうがおいしい。金目のだしでいただくしらたきはおかわり必至!
3.海鮮鍋
にんにく、赤とうがらしを炒め、素材すべてに焼き目をつけてから鍋仕立てに。少量のトマトでコクを加えて。

【材料(4人分)】
ゆでダコ 2本
イカ 1/2杯
カキ 4個
ブロッコリー 1/2個
ズッキーニ 1½本
しいたけ 大2個
トマト 小1個
にんにく(みじん切り) 1片分
赤とうがらし 1本
白ワイン 大さじ3
オリーブオイル 大さじ3
八方だし
 だし 1ℓ
 薄口しょうゆ 40㎖
 みりん 35㎖

【作り方】
❶ゆでダコはひと口大に切る。イカはわたをとり、ひと口大に切る。カキは流水でよく洗う。ブロッコリーは小房に分ける。ズッキーニはひと口大に切る。しいたけは石づきをとり、ひと口大に切る。トマトはサイの目に切る。
❷鍋にオリーブオイル、にんにく、小口切りにした赤とうがらしを入れて、弱火にかける。香りがたったら、中火にし、①のトマト以外をすべて入れて表面に焼き色がつくまでひっくり返しながら炒める。
❸白ワインを加え、八方だしの材料とトマトを入れて、具材に火を通す。

【鍋奉行ポイント】
南仏料理「ラタトゥイユ」の作り方にヒントを得た海鮮鍋。素材をすべてオリーブオイルで炒めてから、だしを加える。魚介のくさみが消え、香ばしさがアップ。
4.鶏肉とかぶのみぞれ鍋
鶏肉は皮目に焼き目をつけて香りを出して。柚子こしょうを最後に溶き入れ、各自で、塩ウニをのせるのが味の決め手。

【材料(4人分)】
鶏もも肉 1½枚
かぶ 5個
かぶの葉 3個分
A
 だし 1ℓ
 薄口しょうゆ 40㎖
 みりん 35㎖
水溶き片栗粉 小さじ2
柚子こしょう 適量
塩ウニ 1瓶(約60g)
サラダ油 適量

【作り方】
❶かぶは皮をむいて2個は4等分に切り、3個はすりおろす。葉は小口切りにする。
❷フライパンにサラダ油を入れて中火にかけて熱し、鶏肉の皮目を焼き色がつくまで焼き、ひと口大に切る。
❸鍋にAを入れ、①のかぶのすりおろしを加え、水溶き片栗粉を加えてとろみをつけたら、②の鶏肉と①の4等分に切ったかぶを入れる。火が通ったら、かぶの葉をのせ、さっと火を通す。
❹③に柚子こしょうを溶き入れ、器に盛る。塩ウニを各自のせていただく。

【鍋奉行ポイント】
各自で取り分けたら、瓶詰めの塩ウニをたっぷりのせてどうぞ。ウニの風味が優しい味を引き締める。塩ウニは、スーパーで入手できるリーズナブルなもので十分。
5.和牛と花椒の香り鍋
牛肉は大ぶりに切ってうま味を味わう。花椒は煎って香りを出し、辛さとしびれる風味の大人味に。

【材料(4人分)】
和牛(シチュー用もしくはかたまり) 350g
好みのきのこ 3〜5種類×各1パック
(写真は、ひら茸、舞茸、えのき茸、やなぎ茸、あわび茸各1パック)
だし 1ℓ
赤味噌 120g
春菊 1/3束
花椒 小さじ2+2
サラダ油 適量

【作り方】
❶牛肉はかたまりであれば、大きめのぶつ切りにする。きのこ類は石づきをとるものはとり、大きめに切る。春菊は細かく刻む。花椒はすり鉢でする。
❷鍋にサラダ油と①の花椒小さじ2を入れて弱火にかける。香りがたったら、①の牛肉を入れて表面に焼き目をつける。
❸②にきのこ類を入れてさっと炒め、だしを加える。沸いたら赤味噌を溶き入れる。
❹仕上げに①の春菊と花椒の残り小さじ2をかける。

【鍋奉行ポイント】
花椒はつぶすか、すり鉢ですって、油で香りが出るまで炒める。そこに、牛肉を入れて、すべての表面に焼き目をつける。牛肉のうま味が閉じ込められ、花椒のさわやかな辛味が合わさって、パンチのある味に。シンプルな鍋だからこそ、下ごしらえで手抜きしないように!
eclat2月号掲載 撮影/合田昌弘 スタイリスト/肱岡香子 取材・文/北村美香
関連記事
  • エクラ世代のためのとっておきのコスメを、美容ジャーナリスト・齋藤薫さんがセレクト。年齢を重ねていく中で欠かせないパレットやネイルは必見! THREE ディメンショナルビジョンアイパレット02 PERFECT BLUE LACE AGATE05 GARNET SPECTRUM4色シャドウの歴史的名品はどう塗ろうとプロの仕上がり「4色シャドウの意味を変えたスリー。当然のように全色質感が違う。この色にはこの質感でなければと言う絶妙の組み合わせで、ただそれを素直に塗るだけで、本当にプロの仕上がり。単色遣いも2色遣いも面白い。02はとてもベーシックなのに力強く印象的な目元が出来上がり、05はアンニュイで神秘的な目元に。ともかく使うほどに手放せなくなる名品!」(齋藤さん)THREE ディメンショナルビジョンアイパレット ¥6,500+税>>MAKE UP FOR EVER ステップ1 スキンイコライザー一人一品は持っているべき毛穴小ジワ隠しのひと塗りカバー「なぜみんな使わないのだろうと逆に不思議。毛穴も小ジワも両方瞬時に隠れるカバーベースは、大人にとって何より頼りになるマストバイ。特殊な光の反射で目眩し。欠点が隠れるだけじゃなく表面の凹凸を滑らかに見せるのでどんな肌でもともかく美肌に見える。化粧ノリも良くしハリももたらす良いこと尽くめ。日中ファンデの上からもタッチアップできる。」(齋藤さん)MAKE UP FOR EVER ステップ1 スキンイコライザー ¥4,900+税>>NAILS INC ジェルフェクト ネイル ポリッシュ、45 セカンドトップコート ウィズケンジントンキャビアもう他のものが使えなくなる! 速乾45秒はネイルの革命だ「速く乾けば乾くほど、実は美しく、持ちもいい。100%ストレスなし......ネイルの不思議な仕組みを改めて思い知らせてくれるトップコートがこれ。僅か45秒で完全に乾きカチカチ音がする、そこに全く嘘がないのは明らかにネイル革命。息を呑むほど美しい究極のグレージュ色のネイルカラーとともに、この最強コンビは大人の女、一生の定番となるはず。」(齋藤さん)NAILS INC ジェルエフェクト ネイル ポリッシュ ¥2,800+税>>NAILS INC 45セカンドトップコートウィズケンジントンキャビア ¥2,800+税>>撮影/西原秀岳(TENT) スタイリスト/郡山雅代 文/齋藤薫 取材/中島 彩 
  • インテリアの印象はもちろん、住む人のセンスまで映し出す「椅子」と「照明」。アラフィー世代が憧れの名品を選ぶなら何か。建築とインテリアのプロがセレクトした品々を厳選してご紹介。【FILEオーナー】石川敬子さんセレクトエリザベスチェア/クリステンセン&ラーセン「細めの肘かけと脚が美しく、エレガント。和室にも似合うんです」。イプ・コフォード・ラーセン作。’56年に発表された名作。問い合わせはFILEへ。PH スノーボール/ルイスポールセン「大きめですが光が柔らかくコーナーにも似合う」。ポール・ヘニングセンの代表的な照明のひとつ。¥283,000/ルイスポールセン ジャパンPP19 ベアチェア/PP モブラーハンス・J・ウェグナーが’51年に発表。後ろから抱き締められるような座り心地。「年を重ね、自分好みにカスタマイズしたこんな椅子で過ごせたら、と」。問い合わせはFILEへ。【FILE】 ホームデザイン、北欧家具の取り扱いのほか、カスタムメイド家具の製作も。http://file-g.com【八木建築研究所】八木このみさんセレクトタラクサカムS1/フロス「廊下や階段など、多目的な空間に」。ニューヨーク近代美術館の永久コレクションにも選定されていてTARAXACUMはタンポポの意味。ふわふわした綿毛を連想させる。¥285,000/日本フロスアンビット/ムート「シンプルで端正なデザイン。ダイニングに」。上品な光沢感が美しいアルミのシェード。内側はホワイトで、光を効率よく拡散する。Ø25㎝ ¥46,000 〜/インターオフィスPK22/フリッツ・ハンセン「これ一脚で空間がキリッと引き締まります」。繊細なディテールと独特のオーラを放つ家具を数々デザインしたポール・ケアホルム作。¥555,000〜/フリッツ・ハンセン 青山本店【八木建築研究所】 夫の八木正嗣氏とともに住宅の建築を行う。素材を生かした家づくりに定評。http://www.yagi-arc.com【カガミ建築計画】各務謙司さんセレクトデマヨ9051/ルミナべッラ「ガラスの質感が美しいペンダント照明。ベッドサイドなどにもおすすめです」。伝統的なムラーノガラスの透明感が美しい。¥250,000/ルミナベッラキャブ アームレスチェア/カッシーナ「スタンダードなダイニングチェアの名作。丈夫で長持ち。家族の歴史を刻むように使い続けられます」。グラデーションがかった新色が10月に発売。¥198,000 〜/カッシーナ・イクスシー青山本店アラディーノ/アルマーニ/カーザ「東洋的な雰囲気をもつエレガントで存在感のあるスタンド照明です」。優雅な曲線が美しい。リビングに、ホテルのようなくつろぎの光を。¥517,000/アルマーニ / カーザ【カガミ建築計画】 マンションのリノベーションを専門に設計から家具選びまでコーディネート。http://kagami-reform.com撮影/白石和弘 取材・原文/前中葉子(BEAM) ※エクラ11月号掲載 
  • 今季の注目アイテムでもあるボウタイブラウスは、実はビジネスウエアとしても優秀。一枚で着ても、凛とした存在感が あり、ジャケットのインに着ると、女らしさやおしゃれ感がアップ。ビジネスにふさわしい、つややかな品格タイプを厳選してご紹介。1.ネイビートーンにツヤと華を添える、 ボウタイの着映え力 ともすればおとなしくなりがちなネイビーのワントーンコーデに華やかさを添えるのが、シルクブラウスの光沢感と、長めでボリュームのあるボウタイの存在感。ハイウエストのパンツを合わせることで、さらに旬のムードも加わり、一目置かれるお仕事ルックが完成。 ブラウス¥62,000/ストラスブルゴ(ストラスブルゴ) パンツ¥51,000/オンワード樫山 お客様相談室(ジョゼフ) 時計¥550,000・バングル¥710,000・リング¥106,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥236,000/トッズ・ジャパン(トッズ)2.ノーカラージャケットには存在感のある 華やかなリボンタイプを 首もとすっきりのノーカラージャケットには、大きめリボンのボウタイブラウスが好相性。こんなハイネックタイプなら、さらにきちんとした印象に。シルク100%で袖に大きなスリットが入った鮮やかグリーンのブラウスは、ジャケットを脱げばパーティにも通用する華やかさ。 ブラウス¥54,000/オットデザイン(ルーム エイト ブラック) ジャケット¥66,000・スカート¥39,000/SANYO SHOKA(I ポール・スチュアート) ティペット¥37,500/ガシュロウ アンド コール(ガシュロウ アンド コール) 時計¥1,067,000/ポアレ ジャポン(ポアレ) ブレスレット¥250,000・リング¥200,000/ベルシオラ(ベルシオラ) バッグ¥199,000/シーエイチ キャロリーナ ヘレラ銀座店(シーエイチ キャロリーナ ヘレラ)3.テーラードジャケットには さりげなくなじむマニッシュなネクタイ風で 一方、襟のあるテーラードジャケットには、さらりとたらすタイプのシンプルなボウタイブラウスがマッチする。こちらはシルク100%のしっとりとした素材感が肌に心地よいホワイト。Vネックのプルオーバーに細身のボウタイがドッキングした、使い勝手のよいデザイン。 ブラウス¥75,000/三喜商事(バンフォード) ジャケット¥120,000・パンツ¥56,000/東レ・ディプロモード(セブンティ) ピアス¥182,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥156,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥92,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)他の画像を見る撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/吉村友希 モデル/生方ななえ 取材・原文/新田幸子 ※eclat11月号掲載
  • アラフィー世代のおしゃれに欠かせない定番のコーディネート術「ワントーン」。なかでも、トレンドのブラウンをベースにまとめたコーデは今季も大注目! 今回はダークブラウンのワントーンにボルドーを潜ませた、色の重なりを楽しめる新鮮なワントーンスタイルをピックアップしました。ボルドーを効かせた色の重なりがワントーンを素敵に見せるコツブラウンのワントーンのようで、実はボルドーのニットを組み合わせ、華やかな女らしさを潜ませて。微妙な色の違いが着こなしに奥行きを出し、ワントーンコーディネートながら単調にならないのが新鮮。 ニット¥31,000/スローン スカート¥42,000/アパルトモン 神戸店(リジエール) 帽子¥10,000/アナイ ピアス¥47,000(ベアトリス パラシオス)・靴¥60,000(ロランス)/以上エストネーション ストール¥69,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店(ベグ アンド コー) バッグ¥194,000/ジミー チュウ >>新ワントーン 記事一覧はこちら撮影/金谷章平 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ RINA 取材・原文/坪田あさみ ※エクラ11月号掲載
  • 本誌編集部スタッフが注目する、はくだけでコーディネートがキマる“時短パンツ”をご紹介。エディター&ライターの宮崎さんは、ミュラー オブ ヨシオクボのハイウエストパンツをチョイス。全身のバランスを整えながら季節感を演出する素材感とカラーも魅力的な一本です。Brand:ミュラー オブ ヨシオクボ【muller of yoshiokubo】深まる季節に溶け込みやすい温かみのあるエクリュカラーで、少し厚みのあるコットンネップ素材のぽつぽつとした表面感に特徴が。微光沢でカジュアルになりすぎず、上品な印象に着こなせる一着。ハイウエストで少しテーパードぎみのシルエットが、全身のバランスを美しく整えてくれる。ハイウエストのベルテッドは、小柄な私もスタイルよく見えるデザイン。季節感を呼び込む素材、ニュートラルな色も小粋。おしゃれが自由自在にかなうから、今シーズン、早くも気がつくとこればっかり!(エディター&ライター/宮崎桃代さん)濃淡のあるベージュ系カラーをかけ合わせた洗練配色に、明度の高いエクリュカラーが品のよいアクセントに。軽やかさのあるフェミニンなムードのパンツスタイルは、秋のお出かけにもぴったり。 パンツ¥29,000/ミュラー オブ ヨシオクボ ライダースジャケット¥150,000/スプラス インターナショナル(ロゥタス) ニット¥43,000/アングローバル(マーガレット・ハウエル) サングラス¥39,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ストール¥37,000/リーミルズ エージェンシー(ジョンストンズ) バングル¥23,000/ebure(キャッス) バッグ¥194,000/ジミー チュウ 靴¥90,000/リエート(サントーニ)アンダーバストまでくるハイウエスト。ウエストもヒップラインも美しくカバー >>時短パンツ 記事一覧はこちら撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/室井由美子 モデル/LIZA 取材・原文/松井陽子 ※エクラ11月号掲載
  • 定番ブラックで着回しコーデ。素材のミックスでワントーンコーデにも変化を。ワントーンコーデって難しく挑戦しにくい。そう思ってるかたも多いのではないでしょうか。 かく言う私もそのひとり そんなかたには、eclat11月号の素敵に着こなせる技を取り入れたお手本ワントーンコーデが おススメ!私も早速手持ちのブラックワントーンで出かけました。Mila Owenのブラウスは、ふんわりパフスリーブに袖には大きなリボン付き。 ブラックだけど総レース。素材からデザインまで女性らしく優しい印象が気に入りポイントです。ボトムはsaquiの漆黒テーパードリボンパンツ。とろみがあり上質できれいめなのにウエストがゴム。 楽チンではくだけでキマるし、シワにもならないのが嬉しくてヘビロテ中です♡ パンプスは銀座かねまつのMISS SLENDERシリーズ。足幅が狭く甲が薄い人に良いですよ。 足元が華やかで少し強いイメージのあるエナメル素材なので、PLSTのエコファーバッグで 柔らかさを意識しました。このコーデでおじゃましたのはbills銀座♡広々としたオープンスペースに、随所にみられる 拘りがラグジュアリーでお洒落。それでいて落ち着ける素敵なお店です。ランチのパスタをいただき、食後のデザートはパンケーキ。3人でシェアしましたが ひとりで3枚はいけたくらい美味しかったぁ(笑)ご一緒したのは、華組の朝生育代さんと有村一美ちゃん。年齢が近いこともあって、子どもの 話題でも共通点が。今したいこと、若かったころの話や趣味、そして韓国ドラマや ラグビーのことまで。あちこち話題が飛びながらも幅広くじっくりお話しが出来ました。 育代さんおススメのこちらのお店で気が付けば3時間も(笑) それでも足りないくらい楽しい時間でした! 今回はブラックのワントーンコーデでしたが、色を変えたり柄ものを入れたりするともっと もっと幅広く楽しめそう。eclat11月号をヒントにみなさんもチャレンジしてみて下さいね。華組 沢辺史ブログ
  • 今回は柄とブラウンベースのワントーンコーデ新ワントーン、今回は3つのキーワードの中の柄、ブラウンベースコーデを自分の好きなスタイルで考えてみました 1つ目はグレーを使ったコーデ。 パンツにストライプ柄を投入 トップスは、最近ヘビロテ中のZARAのもの。 暑かったり寒かったりで何を着ていいか迷うこの時期に、大活躍してくれた薄めニット。 袖の丈感も好きな長さ 暑がりな私にちょうどいいんです 日が暮れる頃にはグッと気温も下がるので、羽織りものもそろそろ必要な時期。この日はジャケットをチョイスしました。 バッグは先日のスタイリストさんのファミリセールで、購入したファーバッグ。 見た目以上に収納力があって、最近お気に入りです。 ブラウンワントーンは、濃い目ブラウンスカートに明るめブラウンカーディガンを合わせて。濃淡をつけたコーデにしてみました。服がシンプルなのでバッグと靴は柄があるものに。 普段あまりブラウンカラーを着ないので、手持ちの洋服をあれこれ合わせて決めたコーデ。 全体的に地味かな〜と思ったのですが、手元にバングルやデザイン性のあるイヤリングを持ってきて華やかさをプラスしました。この日は新宿をぶらり。 いつも行列が出来ていて、来店を諦めていたEGGSLUT。 奇跡的に空いていたので、撮影後に初ランチ なんてふわふわなの〜⁉️ バンズからこぼれ落ちそうな程のたっぷり卵が入ったバーガーを満喫しました。 あと2個はいけます InstagramもUPしましたので、お時間ありましたら覗いてみて下さい。Instagramはこちらをタップしてください⏹華組 豊田真由美ブログ
  • 大人に似合うエレガントデザインで人気。TOFF & LOADSTONEのスマホケースにエクラ別注カラーが登場。ふだん使いはもちろんビジネスの場にもふさわしい大人向きのルックスをぜひ手に入れて。TOFF&LOADSTONE×éclat スマートフォンポシェット人気のスマホケース3型がエクラプレミアムの別注品として 登場。シルバーやリザードの型押しなど、リュクスなルックスは、ふだん使いはもちろん、ストラップを取りつければ、レセプションバッグとしても活躍。iPhone からAndroidまで、すべてのスマートフォンのサイズに対応可能です。右 TOFF&LOADSTONE×éclat スマートフォンポシェット・リザード(ゴールド×パイソン×アイボリー) ¥20,000+税>>中 TOFF&LOADSTONE×éclat スマートフォンポシェット・リザード(シルバー) ¥19,000+税>>左 TOFF&LOADSTONE×éclat スマートフォンポシェット・リザード(グレージュ×マゼンタ)¥18,000+税>>取り外し可能なチェーンが付属しているので、レセプションバッグとしても◎。磁気干渉防止シートを内蔵したカード用ポケットが4つあり、使い勝手は抜群。エクラプレミアムの別注品カラーは、毎シーズン完売必至!お買いのがしなく!撮影/小林美菜子 スタイリスト/吉村友希 取材・文/新田幸子
関連キーワード

RECOMMEND