秘められた「美」の小宇宙を公開! 麗しマダムのポーチの中身 五選

Web eclat

1.気分&肌ランクを上げるケア重視ポーチ(黒田知永子さん)

黒田さんの美容情報源は、ヘア&メイクさんや娘さん。「若い世代向けのブランドでもいいものは使っています。特にアイライナーなどのメイクアイテムは優秀で、リピートしているものも。スキンケアや香りアイテムも必須。必ず持ち歩くリップクリームは、うっかり忘れると落ち着かず、買いに走るくらいです」。

1/3

2/3

3/3

1.気分転換はフレッシュでおだやかなアロマの香りで


「『ザ シークレットクロゼット』で購入した優しい香りのフレグランス。グリーンの香りでリフレッシュ」。MAD et LEN PARFUME SINE N°Ⅳ LOTUS/黒田さん私物


2.荒れやすい唇の“お助け”リップ美容液


「リップクリームはいくつも持っていますが、これは保湿力が高く、かなりの乾燥にも対応可能。仕事などで唇が荒れたときにも活躍」。リプラスティ R.C. リップ ソーク¥8,200/ヘレナ ルビンスタイン


3.「うっすら」カバー力が外出時に最適


「“がっちり”厚くならず、ちょうどいい感じにカバーしてくれるコンシーラー」。クレ・ド・ポー ボーテ コレクチュールヴィサージュ NO SPF25・PA+++ ¥6,000/資生堂インターナショナル


4.モダンな印象に仕上がるマットなベージュレッド


「娘と色違いで購入した口紅。今っぽいマットな質感なのに、唇が乾かずお気に入り」。マット シュプリア M BG 02 ¥3,200/シュウ ウエムラ


5.アイライナーはこげ茶が今の気分です


「とにかく極細で、ナチュラルに仕上がります。急な予定が入ったときなど、あると安心なので持ち歩いています」。ケイト スーパーシャープライナーEX BR-1 ¥1,100(編集部調べ)/カネボウ化粧品


6.アイブロウはペンシルタイプを携帯


「描きやすいこげ茶のペンシル」。インテグレート アイブローペンシルN BR666 ¥700(編集部調べ)/資生堂


7.コンタクトなので目薬は必須


「涙に近い成分で、マイルドなさし心地が気に入っています」。ソフトサンティア(第3類医薬品)¥880(編集部調べ)/参天製薬


8.ツメまわりがきれいなら手全体が潤って見える


「ロールオンタイプで使いやすいので、こまめに塗り直しているネイルオイル。潤い効果に加え、癒される香りも魅力」。ネイルオイル 13:00 5㎖ ¥3,000/ukaTokyo head office


9.上から重ねるパウダーはキメ細かさを重視


「薄づきで、ムラづきしないところがお気に入り。目の下にもさらっとついて、きれいにカバーできます」。ザ・シアー プレストパウダー12 ライト¥12,000/ドゥ・ラ・メール

「伊勢丹」と「アンダーカバー」のコラボ。タテ15×ヨコ18.5㎝。
ホットビューラーは持ち歩くこともあるけれど、マスカラは持ち歩かない黒田さん。「家でしっかり塗っています。ヘレナ ルビンスタインやマジョリカ マジョルカは、きれいについて落ちにくいのでずっと愛用しています」。

(右)ラッシュ クイーン フェリン エレガンス¥5,300 /ヘレナ ルビンスタイン (左)マジョリカ マジョルカ ラッシュエキスパンダー リキッドエクステ EX¥1,200/資生堂
モデル・黒田知永子さん
数々の女性誌カバーモデル、コメンテーターとして大活躍中。そのかっこよさと愛らしさに憧れるエクラ世代も多数。

2.知恵と技が生きる “顔色”お直しポーチ(西山 舞さん)

プロとして活躍するメイク技術をもちながら、ご自身は「仕事中は顔に色をまとわない」という西山さん。「モデルさんのメイクを鏡でチェックするとき、自分の顔が映ると色がじゃまになるんです。なので持ち歩くのはベースメイク中心。顔色が悪く見えないように、色がなくても自然な血色を演出できるものを厳選しています」。

1/3

2/3

3/3

1.今の気分に合う新鮮サーモンピンク


「夜に食事会など予定があるときは口紅をポーチイン。シーズンや気分で入れ替えますが、今のお気に入りはこの色」。ザ ルージュ PK855 ¥3,500/コスメデコルテ


2.適度な血色を保つリップクリーム


唇のアミノ酸に反応して発色。「色を使わないと顔色が悪く見えがちですが、これで助かっています」。リアルフィニッシュ ブライトニング リップ エッセンスUV 01 ¥2,800/カバーマーク


3.ナチュラル、華やか自由自在の万能カラー


「仕事後のスケジュール用に。右上と左下のブラウンの2色使いが基本で、華やかな席では右下や左上の明るい色をプラスします」。ルナソル ニュアンスシェイドアイズ 02 ¥5,000/カネボウ化粧品


4.目の下はウェット&ドライで完全修整


「ウェットでヨレをぬぐいドライで仕上げます」。(上)レギュラー綿棒(70本入り)¥180・(下)ウェット綿棒(30本入り)¥240/ロージーローザ


5.目のカーブにぴったり合うお直し用スポンジ


「小鼻や目の下などの顔の凹凸(おうとつ)にフィットしやすいカーブが魅力」。KOBAKO ベースメイクスポンジO ¥600/貝印


6.夕方のちりめんじわを防ぐ目もと美容液


「綿棒でくずれを直したあと、これで必ず保湿します」。P.C. アイ アドバンスド 15㎖ ¥10,000/ヘレナ ルビンスタイン


7.細いブラシがきわに 密着。仕事でも多用


「自分でも使いやすいのがこれ。カールのもちも◎」。ラッシュ パワー マスカラロングウェアリング フォーミュラ 01 ¥3,500/クリニーク


8.極細芯で眉一本一本を 完全再現


「カラーレスメイクにもなじむグレイッシュブラウン」。エクスボーテ エクスアーティスト リアルフルアイブロウ¥1,800/マードゥレクス


9.なめらかに描け、 落ちにくいのが魅力


「極細〜太めまで自在な楕円芯で、的確なラインが描けます」。デジャヴュラスティンファインa クリームペンシル リアルブラック¥1,200/イミュ


10.くすみをカバーしツヤもプラス


「高い潤いのファンデーション。ツヤのある美しい仕上がりに」。ヴィタルミエール グロウ 20 SPF15¥6,900/シャネル 11.指でのせると密着度&カバー力アップ 「ツヤを残したい部分はブラシ、小鼻は指で修整」。RMK シルクフィット フェイスパウダー 02 ¥5,000/ RMK Division

タテ15×ヨコ21㎝。海外旅行のおみやげの「マリメッコ」。
乾燥しがちな撮影スタジオで、目を酷使する「ヘア&メイク」という仕事。「目の乾燥と、首や肩のコリが気になります。目薬はしみないマイルドなものを厳選しています。首や肩に塗るのはルルドビオ。もう何年も愛用しているお助けオイルで、カーッと熱くなる温感とともに、むくみやこわばりが解消します」。
ヘア&メイクアップ アーティスト・西山 舞さん
女性誌や美容誌を中心に、幅広く活躍中。化粧品のプロデュースなども手がけ、その審美眼には定評がある。

3.目的別ポーチの2個持ちで、スムーズにメイク直し(小林ひろ美さん)

「重いものは持ち歩きたくない。でも必要なものは削りたくない」と、ポーチとその中身を徹見直し。結果、用途に合わせた2つのポーチを、その日の予定に合わせて持ち歩くというスタイルが定着。「2つ持ち歩く日もありますし、ひとつだけのときも。またリップなどカラーアイテムは、その日の服に合わせて入れ替えます」。

1/4

2/4

3/4

4/4

1.マスカラはなくてもビューラーは必携


「マスカラを塗り直さなくても、これでさっとまつ毛を上げれば、元気な印象に」。アイラッシュカーラー 213 ¥800/資生堂


2.肌がきれいに見える 暖色系ブラウン


「これまで濃いめのブラウンのローテーションでしたが、テスターをいただいて試してびっくり。新鮮であかぬけた目もとに」。ヴィセ リシェ マイヌーディ アイ ズ BE-2(2/16発売)¥1,200(編集部調べ)/コーセー


3.香るハンドクリームは手だけでなく首にも使用


「塗ってすぐにスマホやPCに向かえるさらさら仕上がり。仕事中に便利」。ロスリン ティントフレグランスクリーム 143 30g¥1,200/コジット


4.おしゃれっぽく見える薄くシアーな仕上がり


ツヤ成分の量を色ごとに変えているグロス。「上質な輝きで、スタイリッシュな印象に」。グロス・アンテルディ 08 ¥3,700/パルファム ジバンシイ


5.お直し用はきつめにならないネイビーを愛用


「アイライナーは朝は黒、メイク直し時に重ねるのはネイビー。重ねてもきつい印象になりません」。SHISEIDO マイクロライナーインク 04 ¥3,500/資生堂インターナショナル


6.まつ毛ぎわをとらえるリキッドライナー


「細かい部分も描きやすい極細筆。まつ毛ぎわだけに使います」。SHISEIDO アーチライナーインク 01 ¥3,500/資生堂インターナショナル


7.自然な仕上がりの立役者はアイシャドウブラシ


「アイシャドウブラシは必ずポーチイン。仕上がりが違います」。ディオール バックステージ アイシャドウ シェード ブラシ¥4,000/パルファン・クリスチャン・ディオール

1.ビタミンE配合で潤い&血行促進


「香りが上品。色まで塗り直す時間がないときも、唇の保湿だけはこまめに」。E リップコンディショナー 15㎖ ¥4,000/ジョー マローン ロンドン


2.冷え、コリとの戦いに欠かせない逸品


「むくみやこわばりをほぐすオイル。ネロリの香りでリラックス」。ルルドビオ3R ネロリーズ 7.5㎖ ¥3,600/美・ファイン研究所


3.気軽に使える“色つき”リップクリーム


「オイルの中に色素を入れたリップ。グロスとしても使えます」。セブンフロー グロスルージュジューシーコーラル¥3,500/美・ファイン研究所


4.この目薬でドライアイから復活! 現在リピート中


「目の乾きにはビタミンA配合の目薬。しみないのも魅力」。サンテ メディカル アクティブ¥1,480(編集部調べ)/参天製薬


5.眉は落ちた部分だけをペンシルで補整


「極細芯で一本一本描け、自然な眉が蘇ります」。ケイト アイブロウペンシルA BR-2 ¥550(編集部調べ)/カネボウ化粧品


6.手で握れるくらいの小さなマッサージグッズ


「セドナのおみやげでいただいたパワーストーン。疲れたときに手で握ったり、ツボを押したりしています」。小林さん私物

大好きな猫ポーチと、色鮮やかな「コム デ ギャルソン」。(上)タテ12×ヨコ16.5㎝・(下)タテ10×ヨコ14㎝
「眠るためのホルモン『メラトニン』をつくるビタミンDは、太陽光で自然に補えるものですが、私はUV対策を徹底しているためか、よく眠れないことも。これはフランスの友人に紹介された飲むビタミンD。睡眠の質がかなり改善しました」。
フランスのアマゾンで¥4,000くらいで購入。LABORATOIRE D.PLANTES VITAMINED3 VÉGÉTALE/小林さん私物
美容家・小林 ひろ美さん
アラフィー世代とは思えない異次元の美肌と豊富な美容知識で大人気。女性誌や美容誌、テレビや講演会でも活躍中。

4.日々ネットで情報収集。経験値で見極めた厳選ポーチ(春香さん)

「化粧品はもっぱらwebで購入します」という春香さん。膨大な量の情報をジャッジするのは化粧品の広告モデルなどもやってきた春香さんの経験値。「唇が敏感だったり、自分の個性もわかっているので、まず自分に合うものかを見極めます。新たな挑戦もするけれど、気に入ったら、それをずっとリピートするタイプです」。

1/3

2/3

3/3

1.眉にも使えるマルチなアイシャドウ


「目もとには混ぜて使うことが多いです。一番下のブラウンを眉に重ねることもあります」。アンプリチュード アンプルラブ フォーアイズ/春香さん私物 ※限定品につき販売終了


2.目の形にフィットした唯一無二のビューラー


「ビューラーとマスカラは、仕事のあとに予定がある日のみ持ち歩きます」。アイラッシュカーラー 213 ¥800/資生堂


3.カールのキープ力とメイクオフの簡単さでリピート中


「“汗・皮脂に強いのにクレンジングが簡単なもの”を探して行きついたのがこれ。仕事後の予定に応じてポーチに入れます」。ボリュームエクスプレス フォルス ラッシュ EVラスティング 01 ¥1,200/メイベリン ニューヨーク


4.リップラインとグロスが一本で完成


「webで見つけて色みにピンときて。シェードカラーのペンシルとグロスにもなるリキッドカラーが一本になった便利リップ」。コフレドール コントゥアリップデュオ 04¥2,800(編集部調べ)/カネボウ化粧品


5.アイブロウはポーチの常連アイテム


「自然に仕上がる色が気に入っています」。トワニー ララブーケアイブロウチップパウダーBRレフィル¥1,500・ホルダー¥1,000/カネボウ化粧品


6.アイライナーはペンシル落ちにくいタイプを厳選


「撮影後の予定によって、プラスするアイライナー。なめらかな描き心地がお気に入り」。スティロ ユー ウォータープルーフ10 ¥3,200/シャネル


7.どんなシーンにも合う華やかさかげんが魅力


「時間がたってもきれいな発色のクラシックローズ。このシリーズは色が好きで、違う色も持っています」。シマリング リップジャム 20 ¥3,000/THREE


8.化粧直しに最適な薄づきファンデーション


「厚塗りにならない適度なカバー力で、自然なツヤ肌が復活します。ミラーも大きくて便利」。ルタン ウルトラ コンパクト 30 ¥7,200/シャネル

軽くて機能性が高い「ゲラルディーニ」のポーチ。タテ11×ヨコ17.5×マチ3.5㎝。
ケアアイテムは、ひと回り小さい別ポーチに。「どんなときも必須のUVクリーム、不要な皮脂を吸着して髪を根元から立ち上げるパウダー、ネイルオイル。子供と兼用のワセリンを入れることも。子供と一緒でメイク直しができないときは、こちらのポーチだけ携帯します」。このポーチも「ゲラルディーニ」。
(左)ネイルオイル 24:45 5㎖ ¥3,300/uka Tokyo head office (中)B.A プロテクター45g ¥11,000/ポーラ (右)ミネラルスタイリングパウダー 6g ¥2,500/エトヴォス
モデル・春香さん
ファッション誌のほか、広告やテレビなどでも幅広く活動中。忙しくても圧倒的な美を保つ2児の母。

5.“質感”にこだわり、夕方もクリアな印象をキープ(野毛まゆりさん)

「ツヤは必要ですが、私の肌質はテカリに見えてしまいがちなので、ツヤはスキンケアで仕込み、メイク直しでは徹底して『上質マット』に仕上げます」という野毛さん。特に口紅は、発色がよく、グラスにつきにくいマットなタイプを厳選。「シーンによって使い分けたいので、常に3本は持ち歩いています。どれも唇が乾かないのに理想の質感をかなえるお気に入りです」。

1/3

2/3

3/3

1.10倍鏡は常に持ち歩き細かい部分もチェック


「拡大鏡は家のあちらこちらにあるほど好き。外出先でもラインのはみ出しやメイクのヨレなど細かくチェックします」。シャンティ アストレアヴィルゴ スキンチェックミラー 10倍鏡 WH/野毛さん私物


2.疲れ目だけでなく、瞳のにごり解消にも効果的


「ひとさしで白目がきれいに見えるのが魅力。疲れた印象を一掃します」。エイジングケア効果もある目薬。ロート リセリッチプレミアム 13㎖(第2類医薬品)¥1,480/ロート製薬


3.赤リップはペンシルのガイドラインで失敗ナシ


「柔らかいペンシルでスムーズなラインが描けます。外出先でも赤リップがきれいに塗れるのはこのおかげ」。B.Aカラーズ リップライナーペンシル RE ¥2,400・ホルダー¥1,000/ポーラ


4.下地&カラーでパリッとハリのあるまつ毛が完成


ベース兼トップコートとカラーが一本にセットされたWエンドのマスカラ。「絶対落ちない。家でも使いますし、外出先で重ねて使うことも」。ジニアスフォーシーズマスカラ ブラック¥3,500/ダズショップ


5.ポーチに入るサイズで保湿効果も感触も優秀


「保湿効果に優れたハンドクリーム。シトラスとハーブの心地よい香り。ハンドクリームはポーチに入る大きさ+保湿効果で選びます」。ハンドクリーム 40g ¥1,600/ポール&ジョー ボーテ


6.クリアで肌映え効果抜群のレッド


「グラスにつきにくいのに、唇が乾かない絶妙な質感。このマット感が、今の口紅選びの基本になっています」。ルージュ アンリミテッド マット M RD 187¥3,200/シュウ ウエムラ


7.理想的なマット質感なのに乾かないのが魅力


ほんのりツヤのあるセミサテンな仕上がり。「今、一番気に入っている赤」。SHISEIDO ヴィジョナリー ジェルリップスティック 222 ¥3,600/資生堂インターナショナル


8.ビビッドなオレンジは元気に見せたい日に最適


ロングラスティング効果も高いコーラル。「やはり質感はマットですが、オレンジなので、フレッシュな印象に仕上がります」。ルージュ アリュール インク 144¥4,200/シャネル


9.柔らかくついてクリア&マットな肌を再生


「粉感を感じさせない自然な仕上がり。くすみがちな夕方の肌もクリアになります」。ルーセント パウダー ファンデーション 102 SPF20・PA++ ¥7,000/SUQQU

タテ10.5×ヨコ19.5×マチ8㎝。長年愛用中の「ボッテガ・ヴェネタ」。
「白髪はもちろん、ハリやツヤがなくなったり、薄くなったり……。ロングヘアを楽しめる時期には限りがあるので、できるだけ美しくキープするためにブラシも持ち歩きます。これはさっととかすだけでツヤが出てまとまります」
メイソンピアソン ポケットブリッスル/野毛さん私物
美容愛好家・野毛まゆりさん
美容部員、化粧品会社のPRを務めたあと独立。その経験値から生み出される説得力ある言葉にファンも多数。
eclat3月号掲載 撮影/山口恵史 スタイリスト/細田宏美 構成・文/北林道子
関連記事
  • 2019年春夏におすすめのGU(ジーユー)の靴まとめ♪プチプラでおしゃれが叶う『GU』から、毎日おしゃれな足もとを叶える靴も続々と登場中! サンダルやパンプス、フラットシューズなど、2019年の春夏におすすめのGUの靴とコーデはこちら♡ [目次] 【GUの靴】フラットシューズ編(2019年春夏) 【GUの靴】サンダル編(2019年春夏) 【GUの靴】パンプス編(2019年春夏) 【GUの靴】20代働く女子のおすすめ編(2019年春夏) ※記事発信時点での情報のため、価格や仕様が変更になっている場合や、販売が終了している場合があります。【GUの靴】フラットシューズ編(2019年春夏)【GUの靴】GUフラットシューズの春夏コーデ1ほんのり透け感のあるエクリュのリネン混生地には、ピッチの異なるコーラルベージュ、白、ブルー、グレーのストライプが。優しい色合いだから気負わず着られるし、パキッとした濃色のワン・ツーに重ねたらなじませ役にもなってくれる。ワンピース¥32000/ノーリーズ&グッドマン銀座店(ラヴィソン ラヴィエール) タンクトップ¥1490/アメリカンホリック スカート¥22000/アンシェヌマン(アナカノワー) 靴¥1490/GU バッグ¥19500/ADINA MUSE SHIBUYA ピアス¥12000/HEMT PR(ノースワークス) →GUの靴とその他のアイテムを詳しく見る【GUの靴】GUフラットシューズの春夏コーデ2まだまだ人気継続中のバケツ型バッグ。サークルハンドルを持っても可愛いけれど、ワンピース×スカートの長×長コーデにはショルダーで。さらに縦ラインを強調!ワンピース¥19000/ルーニィ スカート¥11000/ペルルペッシュ 靴¥1490/GU バッグ¥49000/FUN inc.(ベルメール) スカーフ¥18000/グラストンベリーショールーム(ア ピース オブ シック) イヤリング¥3500/ルクールブラン →GUの靴とその他のアイテムを詳しく見る▲【GUの靴特集《2019年春夏》】トップに戻る 【GUの靴】サンダル編(2019年春夏)【GUの靴】GUサンダルの春夏コーデ1タイト&ロングなシルエットで、白でも膨張知らずの美スタイル♡ ポケットのボタンがマリンなムードで春夏にぴったり。タイトなトップスで縦長ラインを強調すれば着やせも叶う。スカート¥16000/ブルーブルー(シップス・ブルーブルー) ニット¥9000/ピーチ(スアデオ) 靴(一部店舗のみ販売)¥2490/GU バッグ¥60000/ビショップ(マリア ラ ローザ) ピアス¥1925/サードオフィス(ROOM) スカーフ¥8800/フラッパーズ(マニプリ) →GUの靴とその他のアイテムを詳しく見る▲【GUの靴特集《2019年春夏》】トップに戻る 【GUの靴】パンプス編(2019年春夏)【GUの靴】GUパンプスの春夏コーデ1定番だからこそ、職場では浮かず埋もれず、でもパッと目を引くおしゃれな色使いを心がけて♡ 発色はいいけど落ち着きもあるピーコックグリーンで旬をキャッチ。そこに清潔感のある白を合わせれば、爽やかで甘すぎない理想の大人フェミニンに。クラシカルなワンストラップパンプスやバッグに巻いたスカーフで品よく仕上げて好感度No.1!スカート¥22000/ミミ&ロジャー カーディガン¥4900/クリア インプレッション 靴(一部店舗のみで販売)¥2490/GU バッグ¥4800/アーバンリサーチ ロッソ ジョイナス横浜店(ロデスコ) ネックレス¥14000(シャルロット ウーニング)・スカーフ¥16000(マニプリ)/フラッパーズ →GUの靴とその他のアイテムを詳しく見る【GUの靴】GUパンプスの春夏コーデ2きちんと感のあるセットアップ×軽やかなリネン素材、さらに気品漂うベージュなら文句ナシに好印象。実はスカートじゃなくバミューダパンツっていう隠れたおしゃれ心にも注目。新人のみんなにはひと目で「おしゃれな先輩」って思われたいから、インは白シャツじゃなく黒ベースのドットブラウスで可愛く引き締めて。ワンストラップパンプスでクラシカルなムードを後押し♡ しかも一日じゅう立ち仕事でも疲れ知らずっていうのも計算ずみ!ジャケット¥26000・パンツ¥16000/リエス ブラウス¥1990/ユニクロ 靴(一部店舗のみ販売)¥2490/GU バッグ¥36000/TOMORROWLAND(ヴァジック) リング(8本セット)¥1600/お世話や →GUの靴とその他のアイテムを詳しく見る【GUの靴】GUパンプスの春夏コーデ3ジャケット¥39000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店 ワンピース¥21000/TOMORROWLAND(MACPHEE) カットソー¥6500/ハリウッド ランチ マーケット 靴¥2490/GU バッグ¥5000/ルクールブラン メガネ¥33000/アイヴァン PR イヤリング¥1400/ジオン商事(スリーフォータイム) 靴下¥1400/デミルクス ビームス 新宿 →GUの靴とその他のアイテムを詳しく見る【GUの靴】GUパンプスの春夏コーデ4ジャケット¥7990・バッグ¥6990/キャン(テチチ) ブラウス¥3695/無印良品 池袋西武 スカート¥4900/ViS 靴(一部店舗のみ販売)¥2490/GU イヤリング¥1490/アメリカンホリック 時計¥13000/シチズンお客様時計相談室(ウィッカ) →GUの靴とその他のアイテムを詳しく見る【GUの靴】春夏におすすめのパンプス★リピーター続出のヒット靴、今季も激売れ確実★低反発クッション入りのインソールが歩行時の衝撃を緩和し、さらに屈曲性のあるアウトソールが足の動きにフィットする『GU』のクッションパンプスが今年も登場! 新作は通勤にも最適なスエード風のポインテッドトウとレディなワンストラップ。(6)各¥2490(一部店舗のみ販売)/GU →GUの靴とその他のアイテムを詳しく見る▲【GUの靴特集《2019年春夏》】トップに戻る 【GUの靴】20代働く女子のおすすめ編(2019年春夏)【GUの靴】GUのローウェッジクロスサンダル◆教えてくれたのは…… モアハピ部 No.562 しょこたうるすさん6月に入り、蒸し暑い日も増えてきたのでお休みの日はサンダルを履く機会もあるのですが、今年買ってみてよかったなー❤️と思っているのがこちら☝︎❤︎ GUのローウェッジクロスサンダル❤︎ グレー、ブラック、ブラウンの3色展開で、ブラックとかなり迷いましたが、、なかなか見かけない色で新鮮だったのでグレーにしちゃいました\(^o^)/❤︎ローヒールが嬉しい❤️歩きやすいです!! 低反発クッションで履き心地がやわらかいんです✨長時間履いてても疲れにくいのが嬉しいポイント♡♡✌︎甲がしっかり包まれるデザインなので安心して履けます☻ →GUの靴とその他のアイテムを詳しく見る【GUの靴】GUのエアリーエスパドリーユフラットサンダル◆教えてくれたのは…… モアハピ部 No.562 しょこたうるすさんGUの『エアリーエスパドリーユフラットサンダル』❤︎ カラー展開は5色ありブラック・レッド・イエロー・ブラウン・レオパード柄があります☻特にレッドとイエローは大人気❤️!オンラインストアでは完売しています(´・ω・`)わたしは店頭でギリギリ残っていたレッドを購入しました✌︎❤︎ローヒールなので歩きやすいです☻また、とにかく軽いので普段履きはもちろん、旅行やはき替え用の携帯シューズとしてもぴったりのサンダル✨履いていることを忘れるくらいの軽さで疲れにくいのがおすすめポイント♡♡ →GUの靴とその他のアイテムを詳しく見る▲【GUの靴特集《2019年春夏》】トップに戻る 春夏のGUコーデ、靴、シューズ関連特集もチェック♪GUコーデ《2019年春夏》- プチプラでオフィスカジュアルにぴったりのアイテムは?サンダル特集《2019年版》- 20代におすすめの春夏トレンドは? 人気ブランドの新作、美脚見えサンダルなどぺたんこサンダル特集(レディース)- 2019年おすすめのフラットサンダルはこれ!ヒール靴、フラット靴、スニーカー。20代におすすめのシューズをブランド別にご紹介 | レディースローファーコーデ特集 - 20代女子におすすめ! いま人気のシューズのおしゃれなコーディネートは?
  • 夏休みがやってくる! ところで、バッグはどうする?もうすぐ6月も終わり。ってことは……待ちに待った夏が来る!! 旅行にフェスに、海、プール、楽しみなイベントはもちろん、休日にただ街を歩くだけでも気分は上がっちゃう。そんなマインドを写した“浮かれバッグ”、集めてみましたよ♡大人が持ってこそ可愛い♡ 浮かれバッグ8選!『サラ マリカ』のビーズ巾着バッグ 日本人女性デザイナーが手がける『サラ マリカ』は、世界中を旅しながらさまざまなカルチャーをミックスしたような、表情豊かな刺しゅうやプリントが魅力。色使いも印象的なビーズ刺しゅうの巾着バッグは、ほかのアクセなんていらないくらいこれだけで絵になっちゃう♡  (右・22×23×13)¥15000・(中・25×26.5)¥15000・(左・19.5×20)¥18000/ブランドニュース(サラ マリカ) 『メゾン ボワネ』のフリンジバッグ パリの老舗ベルトブランドはバッグも素敵って知ってた? 上質なレザーを使ったカジュアル感は、なんて大人でなんて贅沢。 (16×13×8)¥46000/ノーリーズ&グッドマン銀座店(メゾン ボワネ) 『トラス』のマルチカラーメッシュバッグ メッシュ素材が特徴的なN.Y.ブランド『トラス』のバッグはすべてメキシコ生産。洗練されつつどこかエスニックで明るいムードがおしゃれ。 (17×21×5)¥27000(予定価格)/ビショップ(トラス) 『アエタ』のウエストポーチ ミニマムなデザインだから今の気分にも似合うウエストポーチは『アエタ』の大人気アイテム。スマホとリップだけ入れて、軽やかに出かけたい。 (12.5×20×2/外1)¥32000/アルファ PR(アエタ)『フェーミー』のラフィアバッグ ラフィア素材のクラッチをウッドパーツを並べたネットバッグにすぽんと入れたような。“休日限定感”たっぷりのユニークなデザイン。 (18×24×6/内1)¥15000/TOMORROWLAND(フェーミー) 『ビリティス・ディセッタン』の2Wayマクラメトート マクラメのトートとクリアバッグがセットになった、中に入れるものも可愛くしたくなるようなデザイン。旅や海にも最高に似合いそう。 (38×32)¥9000/ビリティス(ビリティス・ディセッタン) 『マルシェ』のアバカトート トート型のかごバッグって意外と新鮮。アバカやハンドルのウッド。天然素材の質感が夏にぴったりで、A3サイズも入る大きさなのに軽やかなのも魅力。 (42×47)¥16000/フラッパーズ(マルシェ) 『ハリン×ナノ・ユニバース』のクロシェトート レースのような繊細な編み柄は、カジュアルを愛するレディのためのもの。安心感あるインバッグつき。 (33×40×15)¥12000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(ハリン×ナノ・ユニバース) ♡7月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/坂田幸一 スタイリスト/辻村真理 撮影協力/アワビーズ EASE NY TITLES
  • ビッグサイズシャツ、リネンシャツ。定番のシャツを今年っぽくアップデートしたいあなたに、40代のおすすめシャツコーデをまとめてご紹介。1)40代のためのシャツコーデ実例8白シャツとスカートで作るワンツーコーデ今や定番となったカーディガンの肩がけスタイル。外に出ればじりじりとした陽射しから守ってくれたり、オフィスに戻って冷房で肩が冷えたりするのをさりげなくカバーしてくれたりとアラフォーの身体を優しく労ってくれる。スタイリング全体のきかせになる濃いめ色を選んでおけば、はおっても肩がけしても全体を引き締めてくれる。カーディガン¥19,000・シャツ¥23,000・スカート¥21,000/マルティニーク丸ノ内(マルティニーク) バッグ¥145,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ザンケッティ) パンプス¥78,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ニナ リッチ) パールピアス¥18,000/デ・プレ(ビョーグ)▶白シャツとスカートで作るワンツーコーデ 詳細はこちら防汚加工の白パンツ×シャツのコーデ雨ニモマケズ風ニモマケズ、社会人たるもの仕事のためなら天候に左右されず驀進せねば。雨の日に白パンツを履くのは勇気がいるけれど、防汚加工されているので安心。歩きやすいフラット靴も一見正統派ペニーローファーなのに、実はゴム製の防水仕様だから水たまりも怖くない。こんな機能性の高いおしゃれレイングッズが揃えば、前向きに仕事に励むことだってできる。シャツ¥16,000/マイカ アンド ディール 恵比寿本店(マイカ アンド ディール) パンツ¥15,000/ストラ 靴¥15,000/ハンタージャパン カスタマーサービス(ハンター) ストール¥27,500/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(アソース メレ) ネックレス¥54,000/デ・プレ(レジェ) バッグ¥139,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 傘¥3,500/アーバンリサーチ 渋谷ヒカリエ シンクス店(アーバンリサーチ) ▶防汚加工の白パンツ×シャツのコーデ 詳細はこちら同素材のシャツ×スカートのセットアップコーデ同素材のシャツ×スカートのセットアップが人気ですが、素材を変えたワントーンにはまた違った魅力が。特にこの春夏はブラウンアイテムのバリエーションが豊富。光沢のあるリネンとマットなニット素材など、夏でも異素材ミックスが気軽に楽しめる。シャツ¥34,000(リジェール)・スカート¥26,000(アパルトモン)・ピアス¥33,000(アグメス)/アパルトモン 青山店 サングラス¥49,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ストール¥43,000/アイネックス(アソース メレ) バッグ¥216,000・靴¥88,000/トッズ・ジャパン(トッズ)▶同素材のシャツ×スカートのセットアップコーデ 詳細はこちらフレアデニム×襟ありのリネンシャツコーデ経営者の男友達にキッチンスタジオを提供してもらい、初めての料理合コンを主催することに。堅苦しい印象を与えないように選んだのは軽やかなブルーデニム×リネンシャツで大人のカジュアルコーデ。あくまでも主役は生徒さんたちなので、自分は控えめにノーアクセでシンプルさを意識して。シャツ¥22,000/エストネーション(エストネーション) デニムパンツ¥27,000/アマン(アンスクリア) バッグ¥24,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ヴァジック) 靴¥69,000/ウィム ガゼット青山店(ニナ リッチ) サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285)▶フレアデニム×襟ありのリネンシャツコーデ 詳細はこちらボリュームシャツ×スキニーボトム気になるおなかや太ももをまとめて隠しつつ、脚はほっそり! ボリュームシャツで気になる個所は隠しつつ、スキニーパンツで細い膝下ラインを見せてすっきり! 老け見えしないよう、ヒールやアクセで緊張感やツヤを足すのがこのコーデの時のお約束。シャツ¥12,000/ノーク パンツ¥18,000/アストラット 新宿店(アストラット) ピアス¥98,000/エドストローム オフィス(シャルロット シェネ) バングル¥178,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(ソフィー ブハイ) バッグ¥20,000/ドゥロワー 青山店(ア・ポワン) ストール¥18,000/アパルトモン 青山店(メゾン ド バカンス) 靴¥85,000/セルジオ ロッシ  カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)▶ボリュームシャツ×スキニーボトムコーデ 詳細はこちらリネンシャツ×カットワークのレースパンツ好バランスに愛らしいカットワークのレースはパンツで、シックなグレーは柔らかなリネンシャツで。ただ真逆のアイテムを組み合わせるだけでなく、アイテムそのものにも甘さと辛さをバランスよく取り入れるのが、おしゃれに見せるコツ。どちらもリネンの夏素材同士、ラフになりすぎないように、足もとは女っぷりの上がるスエードパンプスで引き締めて。パンツ¥84,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) シャツ¥48,000/マディソンブルー バッグ¥115,000・靴¥74,000/ジミー チュウ イヤリング¥12,000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップ オーディベール)▶リネンシャツ×カットワークのレースパンツ 詳細はこちらシャツ×ウォッシャブルな白パンツコーデ清潔感あふれる白コーデは憧れるけれど、汗や汚れが気になってしまうのが本音。でもSONOの白パンツならウォッシャブル、吸水速乾、UVカット、さらに下着のラインも透けにくいから堂々と履きこなせる! 梅雨が来る前の今こそ、きれいな白ベージュのなじませコーデを楽しんで。パンツ¥16,000/ミラク(ソーノ) シャツ¥29,000/サザビーリーグ(エキップモン) メガネ¥40,000/アイヴァンPR(アイヴァン) パールピアス(片耳)各¥50,500/CHERRY BROWN ジャケット¥62,000/カオス丸の内(カオス) バッグ¥21,800/ショールーム セッション(ヤーキ) サンダル¥43,000/フラッパーズ(ネブローニ)▶シャツ×ウォッシャブルな白パンツコーデ 詳細はこちらオーバーサイズのリネンシャツ×ハーフパンツオーバーサイズのリネンシャツをツイード素材のハーフパンツにイン。決して子供っぽくならない、大人の女性らしさを演出。シャツ¥34,000/アパルトモン 青山店(リジェール) パンツ¥52,000・ジャケット¥72,000/ユナイテッドアローズ 新宿店(セヤ) サングラス¥47,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥102,000/ロンハーマン(ハルポ) ベルト¥16,000/マスターピースショールーム(サイ) バッグ¥29,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ)▶オーバーサイズのリネンシャツ×ハーフパンツ 詳細はこちら【40代のためのシャツコーデ実例カタログ】TOPへ2)夏の「ブラウンリネンシャツ」をほっこりしないで女らしく2パターン着回しきちんと感とこなれ感を兼備したブラウンのリネンシャツ。ダークブラウンなら、ほっこりせず女っぷりも上がる!\このシャツを着回し/肌が透けにくい、目のつまったベルギーリネンを採用。ゆったりした身幅と小さめのラペルが今どき顔。シャツ¥14,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ)ブラウンリネンシャツ×基本色<ネイビー>ハンサムなワイドパンツに、しなやかな女らしさをプラス 王道の白やブルーのシャツならば、きっともっとメンズライクな仕上がりになるはず。日本人の肌色を美しく見せるダークブラウンとリネンならではの柔らかな風合いが、ほとんど露出のない着こなしながらぐっとフェミニンなムードを引き寄せてくれる。シャツ/上と同じ パンツ¥49,000/ebure ネックレス( 2 本セット)¥34,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(コンチー) バッグ¥315,000/アパルトモン 青山店(ビーネン デイヴィス) 靴¥115,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(ジュゼッペ ザノッティ)ブラウンリネンシャツ×きれい色<レッド>ビビッドカラーを子供っぽく見せない、ブラウンの洗練力 おしゃれな人たちの間でひそかな人気を集めているのが、ビビッドなカラーボトム。例えばこんな鮮やかな朱赤のフレアスカートにも、ブラウントップスは最適。黒や白ほどコントラストがつきすぎず、かつベージュよりも強い存在感で、スカートのインパクトと絶妙なバランスを取ってくれる。 シャツ/上と同じ スカート¥53,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) イヤリング¥9,000/ビームス ハウス 丸の内(ライツ) バッグ¥47,000/TOMORROWLAND(トーマソ カンドリア) 靴¥35,000/エイチ ビューティ&ユース(カジャック)▶夏の「ブラウンリネンシャツ」をほっこりしないで女らしく2パターン着回し 詳細はこちら【40代のためのシャツコーデ実例カタログ】TOPへ3)マリソルスタッフが指名買いするシャツは? ベースレンジのビッグシルエットシャツコーディネートにほどよい抜けを演出してくれるビッグシルエットシャツ。肌が少し透ける軽い生地でありながら適度な張りもあり、袖をロールアップしてもさまになる。「アンダーウエアのイメージの あるブランドだけに、 着心地がすごくよくて感動。 髪をまとめてさわやかに 着こなしたいです!」とスタイリスト松村純子さん。シャツ¥20,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィ エム クラス 丸の内店(ベースレンジ)▶ベースレンジのビッグシルエットシャツ 詳細はこちらマリソル 編集部K松推薦! RALPH LAURENのリネンシャツ「トラッド好きなら必ず通ったポロプレイヤーロゴつきシャツが、今また熱い! オーセンティックな形とリネンのバランスが新鮮」。シャツ¥15,000/ラルフ ローレン(ポロ ラルフ ローレン)▶マリソル 編集部K松推薦! RALPH LAURENのリネンシャツ 詳細はこちら【40代のためのシャツコーデ実例カタログ】TOPへ
  • 送別会には笑顔の似合う白×ネイビーで今月でこの部署ともお別れ。今夜は送別会だな…と思ったら、朝からちょっぴりセンチメンタルに。記憶に残る一日だからこそ、さわやかシンプルなツートーンカラーのコーディネートで出かけよう! 小物でもホワイトを取り入れれば、抜け感も出でスッキリまとまるのが嬉しい。お世話になった部署のみんなが、私の送別会にと準備してくれたのは、大好物の火鍋パーティ。汗をかきかき食べながら、思い出のエピソードに爆笑したり涙ぐんだり、大忙し。この部署では、本当に素敵な人に囲まれて伸び伸び仕事をさせてもらったな。ここで学んだことを、次の部署でも活かせるようにしよう!Tシャツ¥9000/セオリー スカート¥73000/ebure 靴¥25000/フラッパーズ(スペルタ) サングラス¥34000/モスコット トウキョウ(モスコット) バッグ¥36000/トゥモローランド(ヴァジック)【今月のPROFILE】家電メーカー勤務の企画部データアナリスト・絵美里 家電メーカーのマーケティング部からアプリの企画部へ異動内示を受けたばかり。内勤が多く、ファッションは甘め、グルメは激辛が好物。後輩男子と恋が始まりつつあり! 明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【着回しに効くTシャツ】白コンパクトTシャツ しっとりと目の詰まった生地に、ボトムとつかず離れずな丈感のシンプルT。肌なじみのいいオフホワイトをセレクトすれば、ぐっとやさしげな雰囲気に。¥9000/セオリー 【相棒ワードローブ】ブルー織り柄スカート フラワーモチーフの織り地のスカート。Tシャツとの簡単ワンツーコーデでも高見えがかなう。¥73000/ebure「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>>関連アイテムをこちらで買えます! 画像をタップ♪【関連商品】FRUIT OF THE LOOM FRUIT DYED \3120(¥3900の20%オフ)+税【関連商品】Odette e Odile 【WEB限定】O バレエFLT15●↓↑ \7360(\9200の20%オフ)+税撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/中山友恵〈ThreePEACE〉 スタイリスト/大平典子 モデル/絵美里 取材/久保田梓美 WEB構成/衛藤理絵
  • 顔立ちが端正な分、クールに見られがちな猫顔さん。猫顔代表のバイラーズは、やさしい雰囲気に見せるためにアイメイクは控えているのだそう。そんな猫顔さんでもソフトカラーとちょっとしたコツで顔圧をゆるめることが可能なんです。スーパーバイラーズ 桐梨菜さん「やさしい雰囲気に見せたくて、アイメイクはあまりせずマツエクのみに。バランスをとるためにリップは赤が多いかな」【BEFORE】チェンジ1.【EYE】1ピンクニュアンスをたたえたヌードベージュ系。イプノ パレット01 ¥6800/ランコム(7月5日発売) 2やさしげな眉に仕上がるカッパーブラウン。インディケイトアイブロウパウダー 06 ¥3500/セルヴォーク 3ブラウンのボリュームマスカラで、軽やかなインパクトを演出。マスカラ ディオールショウ パンプ&ボリューム 695¥4200/パルファン・クリスチャン・ディオール(6月14日発売)ぼさ眉&タレ目風でやわらかにアイシャドウは1aのゴールドをアイホール全体に塗り、bのブラウンを上まぶたの目頭と下まぶたの目じりに塗ってタレ目風に。眉は2のソフトカラーでふわふわに。下まぶたの目じり2分の1にマスカラ3をオンチェンジ2.【CHEEK】ピーチカラーのハイライター&ライトベージュのブロンザーで、自然な陰影を引き立てて。デュオ ブロンズエ ルミエール クレール  ¥7700/シャネル(限定品)頰はほのかな陰影を足せば充分パーツの印象が強いので、チークは引き算。aのハイライターを頰骨の上に楕円形になじませ、頰骨の下をなぞるようにbをぼかし、ナチュラルな陰影をチェンジ3.【LIP】単なるナチュラルに甘んじない、モードな光沢をたたえたニュートラルな大人ピンクでライトな印象に。NARSリップグロス N 5955 ¥3100/ナーズ ジャパンコーラルピンクのグロスで引き算リップは、ペンシルタイプのマットなコーラルレッドをセレクト。リップラインに沿って塗ることで、キュッと引き締まった口角が強調され、意志的な表情に【AFTER】さりげなくタレ目風&ニュートラルリップでやさしげに「目じりを強調するタレ目メイクは挑戦したことがあったけど、目頭の上を濃くするワザは盲点でした。淡いグロスの引き算も新鮮!」イヤリング¥2900/サンポークリエイト(mimi33)シャツ/スタイリスト私物撮影/川原 歩(スーパーバイラーズ)、富田 恵(物) ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/辻村真理 モデル/桐梨菜(スーパーバイラーズ) 取材・原文/長田杏奈 ※BAILA2019年7月号掲載
  • 服が軽やかになるこの季節、ジュエリーも涼やかさ漂うデザインがマスト。これ見よがしでない控えめな存在感を秘めた、大人の夏ジュエリーはこれ!Georg Jensen サヴァンナ ペンダント&リング昨年エクラプレミアムで大ヒットした人気コレクション「サヴァンナ」のリングに、ひとまわり小さなサイズが登場! 美しいカットが施されたストーンとクールでミニマムなデザインが目をひく。トップス¥19,000/トランジット パーサッチ青山店(トランジット パーサッチ)チェーンとパーツのY字バランスが美しいペンダント。石に施された独特のカットによって万華鏡のような幻想的な輝きを放ち、シンプルなTシャツにも大人っぽい余韻をプラス。 リングは、愛情を象徴するさわやかなブルートパーズ、透明感がきわだつロッククリスタル、神秘的なたたずまいのスモーキークォーツの、涼しげな3つのストーンがラインナップ。GEORG JENSEN サヴァンナ ペンダント ¥29,000+税>>GEORG JENSEN サヴァンナ リング(ロッククリスタル、スモーキークォーツ) ¥21,000+税>>GEORG JENSEN サヴァンナ リング(ブルートパーズ) ¥57,000+税>>MARIHA Organic Gems ネックレス&リング&ピアストップス¥20,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山)デザイナーの活動拠点のひとつであるインドを中心に、デザイナー自ら選びぬいた天然石を使用したマリハのジュエリーは、「それぞれの鉱石には自然の恵みが宿っている」そんなロマンチックな信条のもとにつくられている。鎖骨とのバランスが絶妙な長さのネックレスは、夏の装いに最適。天然石ゴールドルチルクォーツは、透明な石の中に不ぞろいに入るインクルージョンがモダンな印象へと導く。 リングは、物事を発展させるといわれ金運や仕事運のお守りとされているゴールドルチルクォーツを採用。 アンイーブンにカットしたストーン部分と細めアーム部分とのコントラストが美しい。 ピアスは髪をかきあげた瞬間に耳もとに控えめながらも印象的な陰影を与えてくれる、変形スクエアの。フック式でつけはずししやすく、ほどよくカジュアルだからデイリーに大活躍。MARIHA Organic Gems ネックレス M ¥68,000+税>>MARIHA Organic Gems リング S ¥80,000+税>>MARIHA Organic Gems ピアス S ¥68,000+税>>Hirotaka ダイヤモンドイヤーカフ、チェーンピアスパリでジュエリーの基礎を学び、2010年にニューヨークでスタートしたHirotakaのジュエリーは、ミニマルでエッジーなスタイルが特徴。繊細ながら存在感あるジュエリーは日本国内の職人によるハンドメイド。 チェーンとバーの組み合わせが美しいピアスは、華奢ながら優雅な雰囲気を醸し出す。イヤーカフは石と石のすき間を埋めるような爪どめにより、輝きが増して見えるのが特徴。ジャケット¥39,000/プレインピープル青山(プレインピープル)Hirotaka ダイヤモンドイヤーカフ ¥39,000+税>>Hirotaka チェーンピアス ¥13,000+税>>CADEAUX イニシャルリングCADEAUXとは、フランス語で「贈り物」。フランス・パリでインテリアを学んだ姉と女性誌のエディターの妹のふたりで立ち上げたブランド。毎日のファッションとコーディネートが楽しくなるようなスタイリッシュで使いやすいジュエリーがそろう。 英国紳士が家紋やイニシャルを彫り身につけるシグネットリングを、女性が身につけてもエレガントなフォルムとサイズ感で制作。ピンキーリング用に、サイズ3号と5号もご用意。CADEAUX イニシャルリング(3号、5号)¥28,000+税>>CADEAUX イニシャルリング(11号、13号) ¥28,000+税>>撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/吉岡美幸 スタイリスト/池田奈加子 モデル/田沢美亜 取材・文/大野智子 撮影協力/UTUWA
  • こんにちは、さりです ❤️最近、CANMAKEのステイオンバームルージュをGETしました 私はNo.02のスマイリーガーベラというカラーのものを使っています✨(明るめなオレンジ色です )発色がいいのに、全く乾燥しなくて、ツヤ感も出るので、かなり気に入っています 口紅というよりはリップクリーム感が強く、塗り直しをする回数は少し多めですが、塗る度に潤い、唇がぷるぷるになるので苦ではないです◎色持ちを良くしたい時は下地として利用するのがおすすめです✊ ¥580という低価格で購入でき、カラーバリエーションも豊富なので、1本は持っておくといいかもしれません 松倉彩理カワイイ選抜 No.80 松倉彩理のブログ
  • SPUR本誌隔月連載「フモフモ編集長のフィギュ活」にて、全力のフィギュアスケート観戦&応援活動をつづっているスポーツブロガーのフモフモ編集長。このたび、“フィギュ活”の舞台は雪肌精のスペシャルイベントへ! 日ごろより彼が愛を叫んでやまない羽生結弦選手のトークショーという内容、絶叫か失神かという究極の精神状態を乗り越えて、彼がつぶさにその模様をレポートします! フモフモ編集長によるイベントレポート! SPURにて「フモフモ編集長のフィギュ活」を連載させていただいているフモフモ編集長と申します。普段はブログ「スポーツ見るもの語る者~フモフモコラム」にてさまざまなスポーツについてのコラムをつづっておりますが、誌面でコラムを書かせていただく機会を得ることができ、さらには貴重なイベントの取材に参加することとなりました。今回はそのレポートをこちらでさせていただきます。 おうかがいしたのはフィギュアスケーター・羽生結弦さんのトークショー「Yuzuru Hanyu meets SEKKISEI PREMIUM TALK SHOW」。かねてより日本のスケート競技の発展を支援されてきた株式会社コーセーさんによるイベントで、同社のブランド「雪肌精」のアンバサダーに羽生選手が就任したという縁があって開催されたものです。ファンとしての個人的感情を頑張って抑えつつ、羽生結弦×雪肌精のつながりの深さ、「愛」をお伝えするレポートとなれば幸いです。会場では羽生選手の写真がお出迎え。会場にはSPURなどのファッション誌・女性誌の取材陣に加え、アジア各地域へ発信する個人メディアとして「インフルエンサー」のみなさんも参加されています。雪肌精は日本だけではなく世界18の国と地域で販売されており、今後もさらに世界へと広げていきたいとのことで、まさにグローバルな会となっているもよう。コーセーさんからも「世界で活躍していく雪肌精」「雪肌精を通じて得られるワクワクするような気持ちを伝えたい」といったメッセージが発信され、改めて羽生選手がアンバサダーに起用された理由というものも強く感じさせます。 インフルエンサーのみなさんは雪肌精のブランドカラーに合わせた鮮やかなブルーのファッションに身を包み、それぞれが笑顔と活力にあふれています。バラの花で飾りつけられたステージは、さながらフィギュアスケートで採点を待つキス&クライのよう。雪肌精のロゴをあしらったスケート靴なども装飾品として展示されており、ソファーに座って写真を撮影したり、SNSを更新したりと早速の大盛況。会場全体が華やかさでいっぱいです。キス&クライっぽい素敵フォトスポット。一方SPUR取材班はというと、「片手でインスタライブ用のスマホを持ちながら、もう片手でツイッターの更新をするのはよく考えたら無理では……?」と絶望する担当編集氏と、華やかな世界に入り込んだ自分の場違いさで小刻みに震えている僕という、かなり頼りない陣容。「私が倒れたらインスタライブのカメラを代わりに持っててください」「その前に僕が失神してそうだから無理です」という押し問答も展開されます。最後までやり切れるのか、早くも心配です。 しかし、その心配も緊張も不安も、羽生選手が登場した瞬間にすべてが吹き飛ばされていきます。というか意識ごと吹き飛ばされてしまい、のちの参加者トークでは「記憶がない」というフレーズがアチコチから聞こえてきたほど。競技会よりもはるかに近い、わずか5メートルほどの距離に登場した羽生選手は比喩ではなくキラキラと発光し、「オーラ」的なものを放っています。ブルーグレーのスーツとブルーのネクタイ、それに合わせた黒い靴はそれぞれうっすらと光沢を帯び、羽生選手の瞳は絶え間なく輝いています。改めて見ると、羽生選手は瞬きの回数がとても少なく、会場のひとりひとり、カメラのひとつひとつ、そしてトークに加わる人々それぞれの目を絶え間なく見つめています。その目に映るライトが跳ね返って輝くさまは、漫画の表現にある瞳の中の星のよう。 そして、雪肌精のキャッチコピーにもある肌の「透明感」は、まさに雪のようです。写真や映像というフィルターを通して見るよりも、肉眼で凝視したときの驚きは遥かに上。頬も、耳も、首も、真っさらな雪原のようで「本当にこんな感じだったんだ…」と二度見・三度見・四度見・五度見せずにはいられません。「透明ッ!!」「ウソでしょ……?」「やっぱ透明ッ!!」と再確認の連続です。日本の空にオーロラでも出たら、こんな感じで五度見くらいするのかもしれない。「雪肌精の『雪』『精』という名前にすごく親近感を抱いていた」という羽生選手。ウィンタースポーツであるスケートと「雪」とのつながり、キャラクターを演じるものでもあるスケートと「精(精霊)」のつながりを感じていることを明かします。自身に重なるような「名前」がスタート地点となり、グローバルに展開していく挑戦の姿勢にインスパイアされたことや、さまざまな社会活動に取り組む姿勢への共感がアンバサダー就任への理由になったと語る羽生選手。このあたりは日ごろから「言霊」を意識し、言葉によって自身の運命を切り開いてきた羽生選手らしい感覚だなと感じさせます。確かに「中国語で雪肌精と書くスポーツは?」なんてクイズでもあったら、「フィギュアスケートかな?」って感じがしますからね。 さて、今回のトークショーで個人的に気になっていたのは、羽生選手と雪肌精の実生活でのつながりでした。これまで羽生選手がCM等に起用されてきた商品は「チョコレート、ガム⇒好きで食べている」「寝具⇒気持ちよく寝ている」「調味料等⇒ご飯はアスリートの活力」といった具合に実生活が想像しやすいものでした。しかし、雪肌精というのは化粧水や乳液などがメインとなるブランドですので、いまひとつどんな形で使用しているのかが想像できなかったのです。先日のアイスショーで羽生選手が青いボトルの何かを飲んでいる姿を見て「雪肌精を飲んでる説」というのが広まっていましたが(違うとわかって言ってる冗談ですよ!)、それぐらい謎めいて思えたのです。 その謎について、まず羽生選手は「スケートをやると(汗で)水分が出ていくし、顔が火照ってしまう」という悩みを「雪肌精を冷やして使うと清涼感があったり、引き締まった感じが得られる」「雪肌精という名前も清涼感を感じやすい」と、雪肌精で清涼感を得ていることを語ってくれました。羽生氏が冷やして使っている化粧水がこちら、薬用 雪肌精[医薬部外品] 200mL¥5,000 360mL¥7,500「インフルエンサー」やメディアがタッチ&トライする様子をやさしいまなざしで見守る羽生選手。さらに「雪肌精独特のいい香り」をとても気に入っていると語った羽生選手。「実は僕がそうなんですけれど、ローズの甘い香りが苦手という方もいる」と明かしつつ、雪肌精についてはそういう感覚がないと語ります。「雪肌精の香りはローズとジャスミン、そこに複数の天然香料を配合している」と製品情報を紹介するコーセーさんも、「やっぱりジャスミン入れてよかった!」とガッツポーズしたのではないでしょうか。そうした製品説明を「うんうん」「なるほど」といった表情でうなずきながら聞く羽生選手は、一層製品への理解や愛着を深めている様子です。 実は僕自身もその香りの説明に「なるほどー」とうなずいていた男性のひとりでした。化粧水や乳液は正直なところ使用していないのですが、羽生選手が雪肌精アンバサダーに就任した機会に「なにか自分でも雪肌精を使ってみよう」と思い立ったとき、自分でも使えそうだなと思って買った日焼け止めがものすごくいい香りだったのです。スッキリとして嫌味がなく、さわやかに抜けていく清涼感ある香り。 そのため、このトークショーが始まる直前、僕は上半身に雪肌精の日焼け止めを大量に塗っていました。当日の会場付近は若干の雨模様で日焼け止めは不要だったのですが、「もし羽生選手に近づいたときにヘンな匂いをさせていたら生涯の禍根だから、雪肌精の香りで我が身を包み込んでおこう」と香水のような使い方をしていた次第。「塗っといてよかった!」「この香りがお気に入り確定!」「ローズとジャスミンだったのかー!(※知らずに塗ってた)」と、密かにガッツポーズです! まぁもっともコーセーさんからは「まず雪肌精の石けんで匂いを落としましょうか」って言われそうですが。自身の経験を踏まえた言葉で商品にしっかりアプローチ。その後も羽生選手は、一見遠そうな自身と雪肌精とのつながりをいろいろな角度で紹介していきます。 イベント出演の際などには「ちゃんとしなきゃな」という意識で、すっぴんの肌からの美しさを整えているというトーク。スケートではジャンプ、ステップ、スピンといった要素のバランスが大事だという自身の哲学と、「雪肌精の和漢の配合のバランスのよさ」を重ね合わせるトーク。自身がオンとオフを切り替えるきっかけになるもののひとつとして「記憶」を挙げ、「悔しい記憶を思い出すとオンになる」「よかった記憶を思い出すと落ち着いていく」といった事例を紹介したトークでは、香りが記憶を補強するという知見に触れ、そういった面でも雪肌精の香りが役立つと羽生選手は語りました。 さらに、メディアとの質疑応答の際に羽生選手は「フィギュアスケートは僕にとっての言語」「身体を使ってスケートと一緒に表現するということは、どの解釈をしたとしても、言語に関係なく伝わると思う」「(肌という)目に見えるものも言語に関係なく伝わる」と語り、自身がスケートを通じて世界に発信していくことと、雪肌精の効能とのシナジーについて触れていました。  単にスキンケアという意味だけではなく、さまざまな実生活の局面で雪肌精のことを意識し活用しているんだなぁということが伝わってくるトークたちは、言われればなるほどと思いますが、化粧水は化粧する人のものとばかり思っていた僕には驚きと発見の連続でした。「めちゃめちゃ活用してるやん……」「めちゃめちゃ詳しいやん……」「めちゃめちゃアンバサダーやん……」と。雪肌精を持つ羽生アンバサダー。トークショーの終わり、羽生選手は一段とクシュッとした笑顔で、スキンケアに勤しむ人たちに向けた「(あなたの使うスキンケア製品の)そのなかに雪肌精を入れてください!」という会心の営業と、中国の百貨店で展開中だという「雪肌精購入で羽生選手グッズが当たるキャンペーン」情報にかぶせる形で「ぜひ僕のグッズをゲットしてください! 頑張って!」という会心の販促を繰り出していました。 それは単なるCM仕事ということではなく、自身を支えるパートナーである企業との「共同作業」だったのかなと思うような熱の込めようでした。見られること、見せること、人前に立つこと、そのときの見栄えというのも、羽生選手にとっては欠かせない要素のひとつです。スケーターとしてはもちろんですし、社会に影響を与えていく立場の存在としてもそうです。登壇者やゲストのひとりひとりをしっかり見ながらトーク。コーセーさんや雪肌精というものは、ジャンプやスピンに直接効能があるタイプの支えではないかもしれませんが、やはり「羽生結弦」という存在を作るための欠かせないピースなのだなということを、有能なるアンバサダーの姿を見て僕は感じていました。羽生選手自身がほれ込み、ともに世界に行こうじゃないかと思えばこそ、次々に雪肌精情報も飛び出すし、会心の販促も繰り出したのでしょう。演技に対して全力である姿勢そのままに、羽生選手は雪肌精アンバサダーに対してもやはり全力なのです。  コーチがいる、振付師がいる、トレーナーがいる。  衣装さんがいる、音響さんがいる、照明さんがいる。  そういったたくさんの「羽生結弦スタッフロール」のなかに、雪肌精もいるのです。  インフルエンサーや取材陣に「お土産の雪肌精」を手渡しながらメディアごとのオフィシャル撮影を行なった際には、高いヒールを履いたインフルエンサーの方たちの隣で「ヒールが欲しい!」と言いながらちょっと背伸びしていた羽生選手。オフィシャル撮影用に手にした雪肌精のキャラクター「SETSUKO」の人形をモフモフしたり、高速スピンさせたり、「おめめぱっちりんこ」のポーズをさせたりして、楽しく遊んでいた羽生選手。退場の際にはジャンピング台降りから、ひときわ深いおじぎで去っていった羽生選手。その姿のひとつひとつが、パートナーへの「愛」を感じさせるものでした。羽生選手自身もこの場を楽しみ、一生懸命でした。「SETSUKO」におめめぱっちりんこポーズをさせる羽生アンバサダー。それはパートナーであるコーセーさんにとってはもちろん嬉しい姿でしょうし、取材者としても「サービスがいっぱいあるなぁ」という喜びでしたし、ファンの視点としても改めて羽生選手への信頼が深まるような姿でありトークショーでした。心に愛があるからこそのアンバサダー・羽生結弦なのだと改めて感じることができたのですから。 SPUR編集部としてもひとついただいた「お土産の雪肌精」には、羽生選手の直筆サインが添えられていました。「お前が使ってもどうにもならないだろ……」というご意見の存在は重々承知ですが、僕が編集部に代わって使用させていただこうと思います。この日の記憶が少しでも深く脳に定着するように、この香りが何度でもこの日の記憶を蘇らせる助けとなるように。羽生アンバサダーから教えてもらった、スキンケアにとどまらない、さまざまな雪肌精の活用法のひとつを早速使いこなしながら。サイン入り雪肌精!極めて貴重な雪肌精クリアファイル!編集部から返せと言われても、絶対に返さないつもりです。以上でイベントのメインレポートは一区切りとさせていただきますが、編集部にも相談しつつ7月23日発売予定のSPUR9月号にて完全に個人的な視点からのレポートを「フモフモ編集長のフィギュ活」番外編としてやらせていただければと思っております。羽生選手からもらった宝物のような言葉と、特別な笑顔をしっかりと残しておきたいと思います。ご興味あれば一読ください。もしも載ってなかったら「個人的すぎて消されたんだろうなぁ」と思ってくださいませ! >>#羽生結弦 選手が美について語る #雪肌精 のスペシャルイベントをレポートします! 【プロフィール】フモフモ編集長●都内在住、男性。ぬいぐるみが本体と自称するスポーツブロガー。人気ブログ「スポーツ見るもの語る者~フモフモコラム」で知られる。日々観戦するスポーツや競技者への愛とユーモア溢れる語りに多くのファンを持つ。 スポーツ見るもの語る者~フモフモコラム http://blog.livedoor.jp/vitaminw/■イベント当日の模様はこちらから
関連キーワード

RECOMMEND