どんなシーンにも似合う、格上げ力抜群のブラックデニム 五選

Web eclat

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.リラックスしたい休日も都会的なムードをキープ
インディゴデニムだとカジュアルになりすぎるニット&スニーカーとの組み合わせも、ブラックデニムなら洗練されたスポーティさが魅力に。カットオフされたすそは少しフレアになっているので、甲が覆われたスニーカーやブーツでも足首をほっそり見せてくれる絶妙なシルエット。

デニム「THE KICK JEA{hlb}N」¥32,000/サザビーリーグ(カレント エリオット) ニット¥69,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) 手に持ったコート¥129,000/アマン(アンスクリア) サングラス¥49,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥228,000(マリハ)・バッグ¥59,000(OAD NEW YORK)/以上ショールーム セッション 靴¥24,000/サンスペル 表参道店(サンスペル×ウォルシュ)
2.きれいめブラック&洗練配色なら
お仕事シーンでもOK
ブラック×キャメルの洗練配色で全体をモダンにまとめれば、お仕事など、きちんと感が要求されるシーンでも違和感なし。タイトめスキニーながらほどよく地厚な素材が肉感を拾わず、着こなしをシャープに見せてくれる。ストレッチ入りではき心地のよさも申しぶんなし。

デニム「ROXANNE」¥23,000(エーゴールドイー)・ピアス¥53,000(アリアナ ブサード ライフォル)/以上エストネーションロングカーディガン¥34,000/アングローバル(イレーヴ) ブラウス¥17,000/エリオポール代官山(エリオポール) 靴¥99,000/ロンハーマン(マノロ ブラニク)
3.下半身をすっきりシャープに細見えして
デイリーからオケージョンまで活躍
一般的な黒パンツと同じ感覚で着用できる、ハイウエスト&テーパードシルエットのブラックデニム。肉厚な生地感ながらストレッチが効いているので、はき心地がよく、肉感を拾わないのもうれしい。すそのさりげないカットオフがデニムのラフさも感じさせてくれる。

デニム¥22,000/ボウルズ(ハイク) シャツ¥25,000/アングローバル(イレーヴ)ジャケット¥88,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ピアス¥27,000・バングル¥110,000/ザ ストア バイシー代官山店(アリアナ)バッグ¥325,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥81,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)
4. ワイドシルエットのデニムならドライブもラクちん
脚長がかなうワイドシルエットのデニムでパートナーとドライブデート。膝まわりに圧迫感を与えないストレッチ入りなので、長時間の座り姿勢もつらくない。

デニム「ETTA」¥29,000/エージー ジャパン(エージー) ジャケット¥53,000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ ロンドン) ニット¥50,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) サングラス¥36,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バッグ¥45,000/アマン(エレメ) 靴¥17,000/オデット エ オディール新宿店(オデット エ オディール)
5.女らしいブラウスを合わせて
さっそうとホテルランチへ
ドレスアップ感のあるボウタイブラウスも、ブラックデニムとの合わせで今どき感が上昇! 腰まわりにゆとりがあり、足首はほっそり見せるテーパードシルエットで誰もが美脚に。ヒール靴で女らしさもアップ。

デニム¥19,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) カーディガン¥21,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) ボウタイブラウス¥28,000/WEST(ブルーバード ブルバード) バッグ¥110,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥33,000/FUN Inc.(チェンバー)
eclat3月号掲載 撮影/金谷章平 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/田沢美亜 取材・文/坪田あさみ ※★マークのついた商品は、エクラプレミアム通販(https://flagshop.jp/eclat/)で購入できます。
関連記事
  • ひと足先に展示会をめぐって、今季のトレンドチェックに余念がないスタイリスト&エディターに徹底取材。「ずばり、この秋の注目アイテムは?」大アンケート調査の結果から見えてきた、マストトレンドをピックアップ!【SQUARE TOE & SHORT BOOTS】 足もとにちょっと重みをもたせるのにぴったりのショートブーツがバリエ豊富にそろう。 カジュアルにもきれいめにも合う、少しニュアンスが加わるスクエアトゥも人気。1)足もとにボリュームをもってくるスタイルも多いので、レースアップに白羽の矢が。すっきりとした細身のシルエットを選べば大人っぽい。ブーツ¥126,000/ロンハーマン(ロシャス) 2)足もとインパクトを狙うならパイソンブーツも。黒ほど重くならず、無地感覚で使えるのが人気の理由。ブーツ¥75,000/アマン(ペリーコ) 3)ベルテッドデザインはブーツでも人気。足もとにポイントをつけることで、足首がすっきり細く見える効果も。ショートブーツ¥126,000/ドゥロワー 丸の内店(ロシャス)4)甲深パンプスのトレンドは秋も継続中。緩やかなスクエアトゥとボルドーカラーで、ほんのりレトロな雰囲気もおしゃれ。パンプス¥15,000/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール) 5)スタッズつきのスクエアバレエは、スイート派の引き締め小物にぴったり。シューズ¥31,000/エストネーション(チェンバー) 6)シルバーのアンクルリングから火がついた人気のパンプスも、かっちりとしたスクエアトゥにアップデート。バイカラ ーデザインもモードな味つけに。アンクルストラップシューズ¥87,000/カオス丸の内(ジル サンダー)【Marisol9月号2019年掲載】撮影/魚地武大(TENT/物) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/塚田有紀子
  • DAILY MOREで毎朝7時に更新している【今日のコーデ】。コーディネートづくりの参考にしてくれている人も多いんです。先週の【今日のコーデ】を一気におさらいして、一週間のコーデを考えてみて♡トラッド+プリーツスカート=秋っぽ可愛い♡ざっくりチルデンニットベストに大きめフレームのメガネ、黒のレザー小物。正統派トラッドコーデならボトムはインディゴデニムやチェックのスカートを合わせるところだけど……この秋はプリーツスカートを採用! スモーキーなオレンジや実はアシンメトリーになった裾など、今までとはちょっぴり違うポイントが散りばめられてるから、まさに今っぽいコーデに仕上がるんだ♬▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!お仕事シューズにロングブーツがカムバック!お仕事コーデの足もとに、ロングブーツというお久しぶりの選択肢! 一足で途端にトレンド感が増すし、ショートパンツとのバランスも取りやすいし、美脚に見えるし高級感もあるし暖かいし……もういいことしかないじゃんっ♡ ▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!主役はオレンジ!……だけど実はワントーン!?内勤デー&夜は友達とラフな飲み会だから、スポーティでもOKな日。「彼のを借りてきちゃった♡」的なビッグスウェットに、変形プリーツスカート、ヘアバンド、大好きなコンバース。オレンジの鮮やかさに目が行きがちだけど、こんなにまとまりがいいのはスカートのブラウンやヘアバンドのベージュと同系色だから! 実は計算尽くのワントーンなんだな〜♡▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!特別な日には、女っぽモノトーン♡真っ白なプリーツスカートは、いつものコーデをちょっぴり特別にしてくれる。特別な日のコーデを、もっともっと特別にしてくれる♡ ただフェミニンに着こなすのは気分じゃないから、黒のハイネックトップスと白の甲深パンプスでトレンド感のあるモノトーンに。これ以上ない女っぽさで、彼をドキドキさせちゃうぞ♡▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!スポーツMIXには黄色のスカートが使える!ずっと大好きなボーダートップスと、秋のはおりにぴったりなマウンテンパーカでスポーツMIXを満喫。ここで大事なのは、あくまでも「MIX」だってこと! 美シルエットと明るい印象が手に入るイエローのスカートや、ミニショルダーの品の良さがあるからこそ、スポーティなアイテムが引き立つのです! ▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!平日コーデまとめ、いかがでしたか? 今日からまたはじまる1週間。毎日おしゃれを楽しんじゃいましょう♬☆今日のコーデ毎日更新中☆
  • 【20代におすすめの秋のジャケットコーデ】アウターが必要になる前の端境期、ジャケットさえあれば大丈夫! オフィスカジュアル向けの定番アイテムから、トレンドカラーのブラウンまで、20代におすすめのレディースコーデはこちら♪ [目次] 【秋のジャケットコーデ】20代におすすめのジャケットコーデ 【秋のジャケットコーデ】おすすめのアイテム ※記事発信時点での情報のため、価格や仕様が変更になっている場合や、販売が終了している場合があります。【秋のジャケットコーデ】20代におすすめのジャケットコーデ【秋のジャケットコーデ】旬のフォトTシャツにばさっとはおって『アナカ ノワー』のシャツジャケット前を開けてもさまになるのがいいところ。フォトTときれい色プリーツで、休日に着たい高感度なカジュアルに。スカート¥26000/ショールーム セッション(アダワス) シャツジャケット¥25000/アンシェヌマン(アナカ ノワー) Tシャツ¥11000/UTS PR(ジェーン スミス×マイク オマリー) バッグ¥42000/アルファ PR(アエタ) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) バングル¥1500/お世話や →秋のジャケットコーデを詳しく見る【秋のジャケットコーデ】季節が深まれば、タートルをインに重ねて『エメル リファインズ』のシャツジャケット肌寒くなったらタートルと重ねて。裾を前だけインすれば、プリーツの表情を生かしつつ好バランスに着こなせる。スカート¥22000/ルーニィ シャツジャケット¥9900/エメル リファインズ ルミネ新宿店 カットソー¥9500/アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店(アナトリエ) 帽子¥7800/コンバース トウキョウ 代官山 ピアス¥17000・バングル¥25000/UTS PR →秋のジャケットコーデを詳しく見る【秋のジャケットコーデ】シンプルに一枚で、ただし裾はインしないこと『バナー バレット』のシャツジャケットブラウン×マスタードの今年らしい色合わせが映える着こなし方。スカーフやバッグなど小物でレディに転ばせて。スカート¥4990/スタディオクリップ シャツジャケット¥14800/バナー バレット 靴¥14500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥18700/ビヨンドザリーフ アトリエ スカーフ¥16000/フラッパーズ(マニプリ) イヤリング¥2900/サンポークリエイト バングル¥1500/お世話や →秋のジャケットコーデを詳しく見る【秋のジャケットコーデ】トップスの中に仕込んで、着こなしにさりげない立体感を『グリーンレーベル リラクシング』のシャツジャケット薄手ならインナーにもなってくれる。パイソン柄のスカートでシャープに。スカート¥9050/フリークス ストア渋谷 シャツジャケット¥8900/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店 カットソー¥23000/スローン 靴¥19800/アルアバイル バッグ¥49000/ビショップ カチューシャ¥600・イヤリング¥1400/お世話や サングラス¥30000/アヤメ 時計¥24000/オ・ビジュー →秋のジャケットコーデを詳しく見る【秋のジャケットコーデ】秋流行の大本命、ブラウンのシャツジャケット『ルーマー』のシャツジャケット黒よりやわらかく、でもグレーより新鮮なブラウンはトレンドを“やりすぎず、あくまでさらりと”見せてくれる色。だから一枚で簡単に、そして絶妙に新しいおしゃれを楽しめる!こんなふうに一枚パッとはおるだけで気分が変わって、とびきりおしゃれに見えるのが理想的!シャツジャケット¥22000/アルファ PR(ルーマー) パンツ¥14000/AKTE カットソー¥15000/GREED International(ベッド&ブレックファスト) 靴¥22000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(コルソローマ9) ネックレス¥8200/カージュ ルミネエスト新宿店(イン ムード) 帽子¥12000/CA4LA ショールーム →秋のジャケットコーデを詳しく見る【秋のジャケットコーデ】はおるだけで“ムードをまとえる”この秋いちばんのマスト!『カレンテージ』のシャツジャケットシャツよりシックで、ジャケットより軽やか。そんないいとこ取りの新星に、ブラウンの上品さや女性らしさが加われば無敵。Tシャツにはおるところから始めよう。シャツジャケット¥49000/ブランドニュース(カレンテージ) Tシャツ¥12000/ミュラー オブ ヨシオクボ パンツ¥12000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店(ブラクトメント) サングラス¥34000/モスコット トウキョウ ネックレス¥7800/カージュ ルミネエスト新宿店(イン ムード) →秋のジャケットコーデを詳しく見る【秋のジャケットコーデ】きれいめ派の通勤服はブラウン×ラベンダーの新鮮配色でほめられ率UP!『エイトン』のジャケットTシャツ×プリーツスカートにジャケットをはおった初秋の定番きれいめコーデ。着慣れた通勤服だけど、”色の印象”でもっと今っぽいしゃれ感をゲットできる。ジャケットコーデの堅苦しさを和らげるブラウンと、大人っぽく華やぐラベンダーの組み合わせがまさにソレ! トーン違いのふたつのブラウンでトレンド感を高めたり、つやめくラベンダーで今まで以上の気品を漂わせたり♡ 職場で浮かない絶妙な色合わせで、しかもパッと目を引く新しさもあるって最高じゃない?ジャケット¥30000・Tシャツ¥16000(エイトン)/スピック&スパン ルミネ新宿店 スカート¥23000/デミルクス ビームス 新宿 靴¥14500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥13800/セムインターナショナル(ペレッテリア べネタ) →秋のジャケットコーデを詳しく見る【秋のジャケットコーデ】会食の日のジャケットコーデをエレガントな光沢スカートで好印象に『ルクールブラン』のジャケット会食だからジャケットはマストだけど、じつは気心の知れた仕事相手でもある。だから今日は定番のボーダーカットソーで親しみやすい雰囲気に。きれいなパンツだとトップスの気さくさが浮いちゃうし、カジュアルなパンツだとちょっとくだけすぎ? それならエレガントな光沢ピンクの裾揺れスカートで、女らしさとさりげないトレンド感を添えてみて♡ 仕事用バッグが重たい印象にならないように、華奢なストラップサンダルや細ベルトの腕時計で品よく抜け感のある仕上げを。ボーダーカットソー¥10800/セント ジェームス代官山店 テーラードジャケット¥17000/ルクールブラン サテン地スカート¥18000/ルーニィ サンダル¥44000/フラッパーズ(ネブローニ) レザートートバッグ¥46000/アルファ PR (アエタ) フープピアス¥2100/サンポークリエイト(アネモネ) ネックレス¥1400/お世話や 時計¥24000/オ・ビジュー(ロゼモン) →秋のジャケットコーデを詳しく見る【秋のジャケットコーデ】ジャケット気分で肩掛けできるチェックシャツ『シップス』のシャツジャケットジャケット気分で肩掛けできるチェックシャツは、シンプルコーデのこなれに必須。ロンT×きれい色パンツのワンツーコーデはをほどよくカジュアルダウンしてくれる。シャツジャケット¥14500・パンツ¥14000(シップス)・バッグ¥36000(マロウ)・ピアス¥10900(フィリップ オーディベール)・中指リング¥6300(ルアシーファー シップス)/シップス 有楽町店 長袖Tシャツ¥13000(ジェーン スミス)・小指リング¥23600(オンブル クレール)/シップス 渋谷店 →秋のジャケットコーデを詳しく見る【秋のジャケットコーデ】コーデュロイスカートコーデで……先輩にほめられた♬『ルクールブラン』のジャケットシンプルなワンツーに、トラッドっぽく決まるジャケットを投入して季節感を。イエローのコーデュロイスカートも、実は秋っぽさの演出に一役。いつもは怖い先輩に「あら素敵」とほめられた!コーデュロイスカート¥29000/ブルーバード ブルバード ボーダーカットソー¥10800/セント ジェームス代官山店 テーラードジャケット¥17000/ルクールブラン ローファー¥19800/アルアバイル ミニショルダーバッグ¥14800/ショールーム セッション(ヤーキ) ネックレス¥1400/お世話や 時計¥24000/オ・ビジュー(ロゼモン) エコバッグ¥3900/ハリウッド ランチ マーケット(トンネル レコーズ+ビーチグッズ) →秋のジャケットコーデを詳しく見る【秋のジャケットコーデ】クラシックなバッグでハンサムコーデ『アンダーソン ベル』のジャケット甘くなくキリッと知的な印象。カジュアルに持つのも素敵! ラフなデニムスタイルにあえて♥ ギャップで魅せてハンサムな表情に。深みのある絶妙なグリーンで差がつく。A4サイズもすっぽり。フルラ アデレ L(28×35×14)¥74000・靴¥28000/FURLA JAPAN(フルラ) ジャケット¥31000/UTS PR(アンダーソン ベル) トップス¥15000・オーバーオール¥38000/グーニー PR(ヤングアンドオルセン ザ ドライグッズストア) サングラス¥25000/デミルクス ビームス 新宿(ブラン) →秋のジャケットコーデを詳しく見る【秋のジャケットコーデ】美脚見えロングブーツと合わせたコーデ『バビロン』のジャケットお互いのシルエットを邪魔せず、相乗効果でスラッと脚長に見えるワイドかフレアなタイプのパンツを合わせてみて。座った時に肌がチラッと見えて残念、なんて状況にならないのもロングブーツならでは。セットアップと合わせればたちまちデキる女に。ジャケット¥26000・パンツ¥16000/エレメントルール カスタマーサービス(バビロン) Tシャツ¥9800/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) バッグ¥15800/ビショップ(オーシバル) ネックレス¥23000/TOMORROWLAND(ダイアナブロッサード) →秋のジャケットコーデを詳しく見る【秋のジャケットコーデ】大人女子のためのオーバーオール・サロペット『ルーニィ』のジャケット真っ白なオーバーオールは、ゆったりシルエットでもクリーンに着こなせるからオススメ。ブラウンのインナーとベージュのシャツではさめば、大人っぽいベージュトーンのコーデの完成!靴(1.5)¥10900/ア ドゥ ヴィーヴル ジャケット¥22000/ルーニィ サロペット¥19000/ブルーブルー カットソー¥6500/バーンブリーズ(キヌアブティック) バッグ¥5546/ザラ・ジャパン(ザラ) イヤリング¥2611・リング¥1926/サードオフィス(ROOM) →秋のジャケットコーデを詳しく見る【秋のジャケットコーデ】カーキジャケットとワンピースコーデ『ハイク』のジャケットヴィンテージ風ワンピの甘さをほどよく中和してくれる、カーキジャケットも頼れる味方。「ちょっと甘いかな?」と思ったら即採用!ワンピース¥11000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店 ジャケット¥38000/ボウルズ(ハイク) 靴¥16000/デミルクス ビームス 新宿(マリオントゥッフェ) バッグ¥12000/モットハウス・トーキョー(アバカ) ピアス¥4000/シップス 渋谷店(アディアキブラ) バングル¥1700/ジオン商事(スリーフォータイム) →秋のジャケットコーデを詳しく見る▲【秋のジャケットコーデ特集】トップに戻る 【秋のジャケットコーデ】おすすめのアイテム【秋のジャケットコーデ】ノーカラージャケットのセットアップ『シップス』のジャケット頑張る日こそおしゃれも完璧に! ノーカラージャケット+ロングスカートのセットアップ。そんなとびきりのカッコよさを、今こそ。クラシカルなヘリンボーン生地に、合皮のパイピングがアクセントになって。ジャケット(ベルトつき)¥18100・スカート¥14500/シップス 有楽町店(シップス) →秋のジャケットコーデを詳しく見る【秋のジャケットコーデ】コーデュロイ素材のシャツジャケット『プラステ』のシャツジャケット¥9990/プラステ →秋のジャケットコーデを詳しく見る『ルーマー』のシャツジャケット¥30000/アルファ PR(ルーマー) →秋のジャケットコーデを詳しく見る【秋のジャケットコーデ】チョコみたいな甘めブラウンのシャツジャケット『アッパーハイツ』のシャツジャケット¥27000/ゲストリスト(アッパーハイツ) →秋のジャケットコーデを詳しく見る▲【秋のジャケットコーデ特集】トップに戻る 秋ファッション、秋コーデ関連特集もチェック♪【2019年】秋ファッションのトレンドは? - 注目のキーワードや、『ユニクロ』『ZARA』など人気ブランドの秋冬展示会秋のオフィスカジュアル特集《2019年版》- 20代におすすめのコーディネートは?ブラウンコーデ特集《2019秋》- この秋大流行のブラウンでつくるトレンドコーデまとめチェック柄コーデ特集《2019秋》- 秋のトレンド! 大人っぽくてかわいいおすすめコーデまとめ秋のワンピース特集《2019秋》- 花柄、ニット、シャツワンピ。20代におすすめのかわいいワンピコーデまとめ
  • 2019年9月12日(現地時間)、トロント国際映画祭のレッドカーペットに登場したナタリー・ポートマン(38)。ディオールのワンショルダードレスを着こなし、パーフェクトな美しさを披露した。 Photo:Getty Images この日のヘアメイクは、1963年に公開された映画『ピンクパンサー(原題)』のクラウディア・カルディナーレ(81)からインスパイアされていることを明かしたナタリー。きっちりとセットした髪に目元を強調したメイクで、往年の女優になりきった。 Photo:Instagram(@natalieportman) Photo:Instagram(@natalieportman) 一方、インスタグラムのストーリーではオフショットを次々とシェア。まず公開されたのは、巨大なクッキーを食べている写真。眉間にしわを寄せてかぶりつく様子に、ファンもびっくり⁉︎ ヘルシーなヴィーガン製を選ぶところがナタリーらしいが、その飾らない姿に好感度はうなぎのぼり。 Photo:Instagram(@natalieportman) 続いてアップされた写真には、バスローブ姿のナタリーが。カメラの前で見せた完璧なヘアスタイルから一転、その頭はピンがついたままですっかりボサボサ……。レッドカーペットの舞台裏とも言えるリアルな投稿が話題を呼んだ。 Photo:Instagram(@natalieportman) 2012年にバレエダンサーのベンジャミン・ミルピエ(42)と結婚し、ふたりの子どもをもうけたナタリー。以来、家族と出かけるところが頻繁にキャッチされており、プライベートもこの上なく充実しているよう。 今月初めには、タンクトップにデニムパンツというカジュアルスタイルで、友人と一緒に外出。長女アメリアちゃん(2)を肩車しながら犬の散歩をこなし、華奢な身体から想像できぬパワフルママな一面を見せた。 Photo:Backgrid/アフロ また今年5月には、夫ベンジャミンと仲良くディナーデート。その帰り道では、堂々とハグ&キスも! 今もなお続く新婚さながらの熱愛ぶりはうらやましい限り。 Photo:Backgrid/アフロ 新作映画『ルーシー・イン・ザ・スカイ(原題)』では、心のコントロールを失っていく宇宙飛行士というシリアスな役どころを熱演し、早くも期待の声が寄せられている。新たな境地を切り開くナタリーに注目! ビキニを巡る発言でケンカ勃発⁉︎ ナタリー・ポートマンが謝罪(外部サイト) ナタリー・ポートマン、7歳のイケメン息子とバスケ観戦! 会場で大はしゃぎ(外部サイト) text:Kyoko Kawaguchi
  • ロングブーツ最新図鑑。初めての人も久しぶりの人も名品〜人気ブランドまで今年のロングブーツは今買って、冬まで大活躍すること間違いなし! だまされたと思って一度は試してほしい旬の8足で、秋冬の着こなしに自信をつけてみませんか?『FABIO RUSCONI』 ファビオ ルスコーニ(7.5)¥52000/ファビオ ルスコーニ 六本木店→→→はくとこう!これぞ今年理想のロングブーツ。マットなツヤ感で気品を漂わせて。スッキリしたストレートなフォルム、太めなヒール。今のムードをロングワンピからのぞかせればたちまち“わかってる”人に。ワンピース¥44000/UTS PR(ジェーン スミス) 『A.P.C.』 アー・ペー・セー太めなヒール、きゅっと引き締まったデザインが生み出す完璧ビジュアル! スカートでもパンツでも。裾からチラリと見えた時の脚がさまになる、引き締まった小ぶりなデザインが◎。足首が支えられるような安定したフィット感で、たくさん歩いても疲れにくい!(6)¥82000/アー・ペー・セー カスタマーサービス(A.P.C.)『銀座かねまつ』上品な光沢感を味方につけて。どんなコーデもシックにまとまる。しっかりと形づくられたデザインのおかげで、360度どんな時でもきれいな印象に。細身に見えるのに、しっかり包み込まれているような柔らかなはき心地で、歩きやすさもピカイチ。(3)¥38000/銀座かねまつ6丁目本店(銀座かねまつ)『SARTORE』 サルトル“世界一美しい”と愛されるブーツのメゾンのさすがの一足☆ 世界のファッションアイコンたちからラブコールを受ける、『サルトル』のロングブーツ。コーンヒールと少しくびれのあるくるぶし部分が、足もとに自然な女っぽさをプラスしてくれる。(9)¥125000/オデット エ オディール ルミネ有楽町店(サルトル)『J&M DAVIDSON』 ジェイアンドエム デヴィッドソンはくだけで気分が上がる、しゃんとする。大人の階段を上がるためのパートナー! ムラがなく高級感あるシックなスエードの黒。細身でも窮屈じゃない絶妙な設計で、誰でもきれいな脚のラインに。内側にファスナーつきで脱ぎはきも楽ちん。(1.5)¥64000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン 青山)『NEBULONI E.』 ネブローニアイボリーベージュ×ストレート。今年っぽさ満点な、itブーツ♡ ストレートなフォルムとスエードで今っぽさを、細いつま先部分で華奢な印象を演出。実際はくと、ブーツをはいていることを忘れるかのような軽さに驚き!(7)¥78000/フラッパーズ(ネブローニ)『NAPOLEONI』 ナポレオーニ太めな8.5㎝ヒールで“はきやすいのに美脚”な究極ブーツ。柔らかな肌ざわりのボディが脚全体にフィットして、高めのヒールもなんのその。サイドに施されたさりげないリボンで可愛げをチラリとのぞかせて。(8.5)¥42000/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ナポレオーニ)『L'AUTRE CHOSE』 ロートルショーズ(7.5)¥76000/エリオポール代官山(ロートルショーズ)→→→はくとこう!デニムもきれい色もモノトーンも。どんなコーデにも映える万能ブラウン。きれい色シャツに淡めブルーのデニム。爽やかな秋の装いに合わせたいのは、こんなこなれたブラウン。7.5㎝ヒールをワイドなデニムと合わせれば、美脚スタイルがいとも簡単にGET。パンツ¥15000/TOMORROWLAND(MACPHEE) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/大辻隆弘(go relax E more/モデル分) 坂田幸一(製品分) モデル/内田理央(モア専属) スタイリスト/石田 綾 撮影協力/アワビーズ UTUWA ●本文中( )内の数字は編集部で計測したヒールの高さで、単位は㎝です
  • カジュアルなスウェット×スニーカーをリネンジャケット合わせで一気にオフィスモードに変換秋らしいオレンジスカートにゆったりした黒スウェットを合わせればさりげなく体型カバーをしてくれるから、仕事にも集中できるというもの。明日は役員が出席する会議のためにジャケット着用必須だけれど、そんなリラックスコーデに合わせることができるのはオーバーサイズのリネンジャケットに限る! きちんと感とリラックス感を兼ね備えたコーデで会議に挑んで。リネンジャケット¥39,000/カオス丸の内(カオス) スウェット¥24,000/エイトン青山(エイトン) スカート¥26,000/ロンハーマン 靴¥8,000/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン青山店(J&M デヴィッドソン)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「グレー」の関連記事もチェック
  • この秋の最旬カラー「暖ブラウン」と「クールベージュ」。いつもの服にプラスするだけで、一気に今っぽくなり、着こなしの幅も広がります。エクラ華組のコーデを参考に、この秋はぜひ「暖ブラウンコーデ」に挑戦してみてください!1.ブラウンのボリューム袖Tシャツで 秋の深まりを表現(沢辺史さん) UNIQLOのブラウンのマーセライズコットンボリュームスリーブTは、Tシャツといっても、ハリのある生地できちんと見えるのが嬉しい。トップスの袖にボリュームがあるので、マキシタイトスカート(Whim Gazette)をあわせたシンプルなコーディネートに。LITTLE LIFFNERのポシェットにPOOL SIDEのレオパード柄パンプスを合わせたら、旬の暖ブラウン×クールベージュコーデになりました! 2.暖ブラウンのリネンパンツに 白小物をあわせて(佐藤綾子さん) 9月とはいえまだまだ暑さが厳しい時期は、落ち着いたブラウンカラーのリネンパンツが大活躍。ゆるっとしたビックシルエットのリネンパンツも、ブラウンにすれば秋らしさがでます。バック、シューズ、ピアスなどの小物は白を取り入れることで、一見重めなブラウンも軽やかな印象になりますよ。 3.シックなレースのタイトスカートで魅せる 暖ブラウン「お仕事スタイル」(山口りえさん) 癒されるブラウンアイテムの最近のお気に入りは、Laura Biagiottiのレーススカートと、See by Chloeのソフトデニムパンツに、Sergiorossiのパンプス。Laura Biagiottiのスカートは、ブラウンの薄い生地にベージュレースが繊細で、大人の女心をくすぐるデザインになっています。落ち着いた色合いなのでレースでもかわいくなりすぎず、お仕事コーデにも◎。 他の画像を見る※写真・本文は本人ブログより抜粋 ※着用アイテムはすべて私物のため、すでに販売が終了しているものもあります。
  • 秋のブームを語るのに欠かせないブラウン。夏は合わせる色や素材、形で軽さを出し、秋はレイヤードやこっくり配色で季節感を全面に!素材感のあるベージュは可愛い印象に。ショート丈は活躍頻度高め。 ジャケット¥9800/ヒロタ(31 Sons de mode)フェミワンピにはおってカジュアル感を添えて ドラマチックな淡色ワンピの優しげなトーンを邪魔せず、コーデュロイ素材のカジュアル感でデイリー仕立てに。 ワンピース¥12000/MERCURYDUO ルミネエスト新宿店 バッグ¥5900/ACCOMMODEルミネエスト新宿店 靴¥5900/UNRELISH +デニムもコーデュロイで可愛げキープ ジャケットがショート丈だから、ハイウエストデニムを合わせてバランスを。 ブラウス¥5547/ザラ・ジャパン カスタマーサービス パンツ¥9800/リリー ブラウン イヤリング¥2917/アビステ バッグ¥3600/ACCOMMODEルミネエスト新宿店 スカーフ¥2700/UNRELISH 素材感があるから秋色チェックとも相性抜群 袖口から締め色のニットをのぞかせることで、印象が引き締まる! ニット¥3900/UNRELISH スカート¥8900/ヒロタ(31 Sons de mode) イヤリング¥1200/お世話や(Osewaya) バッグ¥7900/キャセリーニ(コントロールフリーク) 靴¥21000/ダイアナ 銀座本店(タラントン by ダイアナ) コレもおすすめ!1シャツ形は秋のトレンド。 ジャケット¥4990/アース ミュージック&エコロジー 新宿ミロード 2くすみトーンがおしゃれ。 ジャケット¥10800/EMODA ルミネエスト新宿店 3ベルトつきなら着やせ効果絶大。 ジャケット¥8900/UNRELISHモデル/岡本夏美 撮影/田形千紘(モデル) 齊藤晴香(物) ヘア&メイク/牧田健史 スタイリスト/松尾正美 構成・原文/道端舞子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
関連キーワード

RECOMMEND