春の鮮度とスタイルを格上げ! 新定番デニムは“こなれグレー”&“きれいめブラック”14

Web eclat

鮮度上々! この春ワードローブに加えたい新定番デニム2色

【グレーデニム】の魅力

☑ワントーンからきれい色までどんな色もすんなり受け止める

☑コンサバアイテムをこなれさせる中和力あり

☑エクラ世代にとっての“新しい感じ”がいい!

【ブラックデニム】の魅力

☑下半身をすっきりシャープに細見せしてくれる

☑黒パンツ感覚ではけるからきれいめコーデがかなう

☑デイリーからオケージョンまでどんなシーンでも活躍

upper hights

1/14

ヤヌーク

2/14

RED CARD

3/14

Atelier Notify

4/14

YANUK2

5/14

MOTHER

6/14

CITIZENS of HUMANITY

7/14

ハイク

8/14

CURRENT/ELLIOTT

9/14

AGOLDE

10/14

rag & bone

11/14

A.P.C.

12/14

AG

13/14

SCYE BASICS

14/14

きれい色を引き立ててくれる長年はき込んだようなグレー


upper hights


まるでユーズドのような色落ちと風合いを表現したグレーデニムに、女らしいラベンダーやピンクのきれい色が映える。適度な太さのスティックシルエットが下半身の肉感を拾わないから、ピチピチ感が苦手な人にもおすすめの一本。
デニム「THE LIPSTICK」¥24,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ニット¥49,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) ストール¥27,500/カオス丸の内(アソースメレ) バッグ¥295,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥141,000(オーダー価格)/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)

春らしいイエローのパンプスを受け止める落ち着いたグレー


YANUK


黒から少しずつ色を落としてグレーに仕上げたデニムは、春らしいイエローのパンプスと相性抜群。腰まわりと脚全体にほどよいゆとりをもたせたスリムストレートだから、気になる部分はカバーしつつすっきり見せてくれる効果あり。ミッドライズはトップスのイン・アウトともに楽しめる。
デニム「JOYCE」¥23,000/カイタックインターナショナル(ヤヌーク) ジャケット¥59,000/ザ ストア バイシー代官山店(コキュカ) ニット¥20,000/オーラリー(オーラリー) ピアス¥16,000・バングル¥18,000/KAORU 伊勢丹新宿本店(カオル) バッグ¥199,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥74,000/ジミー チュウ


甘めなレースブラウスを洗練グレーで辛口にシフト


RED CARD


廃版になった大人気モデル「アニバーサリー25th」を復刻し、濃すぎず薄すぎない色合いに仕上げたエクラプレミアム別注モデル。繊細なレーストップスの甘さをほどよく引き算し、カジュアルさのあるコーディネートに仕上げてくれる。計算された丈感はパンプスでもフラットでもバランスよくはける。
★デ二ム¥19,000/エクラプレミアム通販(村山佳世子×RED CARD /申込コード337016) コート¥89,000/コロネット(エアロン) トップス¥42,000/オットデザイン(ルーム エ イト ブラック) ピアス¥41,000・バングル¥180,000/ザ ストア バイシー代官山店(アリアナ) 靴¥79,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

さりげなく輝きをプラスして単調にならないワントーンに


Atelier Notify


デニムのグレーを主軸にワントーンに仕上げるなら、少し光沢のあるグレーのニットで大人に必要なツヤをプラス。股上深めのスリムストレートが脚をまっすぐに、美脚に見せてくれる。
デニム「ALOHA」¥35,000(アトリエ ノティファイ)・靴¥48,000(ペリーコ)/以上アマン ニット¥31,900/ヴィンス 表参道店(ヴィンス) ストール¥27,000/アッシュ・ペー・フランス(ファリエロ・サルティ) ピアス¥65,000/KAORU 伊勢丹新宿本店(カオル) バッグ¥145,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)

+(プラス)洗練ベージュならワンランク上のデニムカジュアルに


YANUK


ウォッシュ加工を施したやや明るめのグレーデニムは、あえて直線的なパターンを採用し、おなかのぽっこり感が気にならないつくりに。ベージュとの大人な配色が素敵。
デニム「ANNETTE」¥23,000/カイタックインターナショナル(ヤヌーク) シャツ¥19,000/ザストア バイシー代官山店(コキュカ) ピアス¥80,000・ネックレス¥60,000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ(ストラップつき)¥30,000/エストネーション(ロリステラ) 靴¥33,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)

黒からグレーの奥行きのあるグラデーションで細見え


MOTHER


黒ワンピースとチャコールグレーのスキニーデニムを重ねれば、コントラストがつきすぎず、立体感のある着こなしに。すそのカットオフはスリット入りなので、フラット靴でも足首がほっそり見え。
デニム「ルッカーセイクリッドスリットアンクル」¥32,000/サザビーリーグ(マザー) ワンピース¥36,000/ショールーム セッション(アダワス) ピアス ¥27,000/アッシュ・ペー・フランス(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス) バッグ¥522,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥81,000/トッズ・ジャパン(トッズ)

女らしい白ブラウスでまろやかな華オーラを放つ


CITIZENS of HUMANITY


きれいめな色落ち感。★デニム「LENNOX」¥26,000/エクラプレミアム通販(シチズンズ・オブ・ヒューマニティ/申込コード307580) ジャケット¥62,000/アングローバル(イレーヴ) ブラウス¥23,000/ザ ストア バイシー代官山店(コキュカ) サングラス¥47,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥24,000/アッシュ・ペー・フランス(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス) バッグ¥81,000/ドゥロワー 丸の内店(ワンドラー) 靴¥88,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)

肉感を拾わないテーパードシルエットでスラリと見せる


HYKE


一般的な黒パンツと同じ感覚で着用できる、ハイウエスト&テーパードシルエットのブラックデニム。肉厚な生地感ながらストレッチが効いているので、はき心地がよく、肉感を拾わないのもうれしい。すそのさりげないカットオフがデニムのラフさも感じさせてくれる。
デニム¥22,000/ボウルズ(ハイク) シャツ¥25,000/アングローバル(イレーヴ)ジャケット¥88,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ピアス¥27,000・バングル¥110,000/ザ ストア バイシー代官山店(アリアナ)バッグ¥325,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥81,000/ピエールアルディ 東京(ピエール アルディ)


リラックスしたい休日も都会的なムードをキープ


CURRENT/ELLIOTT


インディゴデニムだとカジュアルになりすぎるニット&スニーカーとの組み合わせも、ブラックデニムなら洗練されたスポーティさが魅力に。カットオフされたすそは少しフレアになっているので、甲が覆われたスニーカーやブーツでも足首をほっそり見せてくれる絶妙なシルエット。
デニム「THE KICK JEAN」¥32,000/サザビーリーグ(カレント エリオット) ニット¥69,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) 手に持ったコート¥129,000/アマン(アンスクリア) サングラス¥49,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥228,000(マリハ)・バッグ¥59,000(OAD NEW YORK)/以上ショールーム セッション 靴¥24,000/サンスペル 表参道店(サンスペル×ウォルシュ)

きれいめブラック&洗練配色ならお仕事シーンでもOK


AGOLDE


ブラック×キャメルの洗練配色で全体をモダンにまとめれば、お仕事など、きちんと感が要求されるシーンでも違和感なし。タイトめスキニーながらほどよく地厚な素材が肉感を拾わず、着こなしをシャープに見せてくれる。ストレッチ入りではき心地のよさも申しぶんなし。デニム「ROXANNE」¥23,000(エーゴールドイー)・ピアス¥53,000(アリアナ ブサード ライフォル)/以上エストネーション ロングカーディガン¥34,000/アングローバル(イレーヴ) ブラウス¥17,000/エリオポール代官山(エリオポール) 靴¥99,000/ロンハーマン(マノロ ブラニク)

+(プラス)ジャケットの洗練カジュアルで話題のカフェへ


rag & bone


テラス席が気持ちのよいカフェへは、ジャケットとブラックデニムでさっそうとかっこよく。すそがカットオフされたデザインに、ゴツめのスニーカーを合わせてストリート感を取り入れるとさらに今っぽい。
デニム「STOVEPIPE」¥32,000/ラグ&ボーン 表参道(ラグ&ボーン) ジャケット¥145,000/マディソンブルー(マディソンブルー) Tシャツ¥11,000/サンスペル表参道店(サンスペル) バッグ¥61,000/ショールーム セッション(OADNEW YORK) 靴¥77,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)

ショッピングへは、シャツワンピースとの“ふわピタ”コーデで


A.P.C.


ワンピースにスキニーデニムを重ねたレギンス風の着こなしで、春物探しのショッピングへ。ストレッチが効いたはき心地のよさとリジッド感が両立したブラックデニムは、下半身をシャープにメリハリのある印象に。
デニム「JEAN HIGH STANDARD」¥23,000/アー・ペー・セー カスタマーサービス(アー・ペー・セー) ワンピース¥53,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(チノ) バッグ¥164,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥28,000/ドゥロワー 丸の内店(オペラ ナショナル ドゥ パリ)

ワイドシルエットのデニムならドライブもラクちん


AG


脚長がかなうワイドシルエットのデニムでパートナーとドライブデート。膝まわりに圧迫感を与えないストレッチ入りなので、長時間の座り姿勢もつらくない。
デニム「ETTA」¥29,000/エージー ジャパン(エージー) ジャケット¥53,000/SANYO SHOKA(I マッキントッシュ ロンドン) ニット¥50,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) サングラス¥36,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バッグ¥45,000/アマン(エレメ) 靴¥17,000/オデット エ オディール新宿店(オデット エ オディール)

女らしいブラウスを合わせて、さっそうとホテルランチへ


SCYE BASICS


ドレスアップ感のあるボウタイブラウスも、ブラックデニムとの合わせで今どき感が上昇! 腰まわりにゆとりがあり、足首はほっそり見せるテーパードシルエットで誰もが美脚に。ヒール靴で女らしさもアップ。デニム¥19,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) カーディガン¥21,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) ボウタイブラウス¥28,000/WEST(ブルーバード ブルバード) バッグ¥110,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥33,000/FUN Inc(. チェンバー)

撮影/金谷章平 魚地武大(TENT) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/田沢美亜 取材・文/坪田あさみ ※★マークのついた商品は、エクラプレミアム通販(https://flagshop.jp/eclat/)で購入できます。 ※エクラ2019年3月号掲載
関連記事
  • 背中で魅せるワンピース前は可愛く、後ろは色っぽく。はっとさせることまで計算ずく愛らしいワンピタイプの水着は、大胆にあいたバッグデザインを選ぶのが今年らしい。青い海に映える絶妙な色味のグリーン、背中のレースアップ、胸もとのリボン。いやらしくならずに色気をアピールできるから、彼からも女友達からもほめられる!水着¥16000/ジャック・オブ・オール・トレーズ(レピドス)レトロなプリント×ビスチェぱっと目をひくチェック柄でピンナップガールを気取って60年代シネマのヒロインが着ていそうな、不思議と“懐かしい”気持ちになるチェック柄は、ビスチェ型のトップとハイライズのショーツによく映える。きれいなカップとシルエットで、グラマーかつきゅっと締まったボディに見せてくれるのも理想的。水着(トップ)¥18000・(ショーツ)¥12000/ミュラー オブ ヨシオクボタウンユースなラッシュガードビーチでも、街でも着られる! リゾートウエアのNEWトレンド「絶対に焼きたくない」、「あまり露出したくない」。大人の女性の願いを受けてこの夏はラッシュガードのブーム到来! “まんまスポーティ”じゃなくカットソーライクでおしゃれ着としても楽しめるデザインが豊富。カーキならよりスタイリッシュに。水着¥9000/アパートバイローリーズ 帽子¥3800/ニューエラ無地、だけど形はひとくせありシンプルだけど無難じゃない。大人にこそ似合うビキニシックで飽きのこないダークグレーの水着はアシメトリーな肩ひものデザインが印象的。「派手なものは着たくないけど地味になるのもイヤ」というモア世代のワガママに応えてくれる。ちりめんのような表情のトップは、ハワイの街中でデニムと合わせてトップスとして着ても。水着¥16000/コーラリースイム甘くないくすみピンクのビキニこんな色を待っていた。やっぱり可愛い、やっぱりアガる!甘すぎず、狙っている感なく可愛い、海のブルーにも映えるちょっとヌーディでくすんだピンク色のスイムウエアもトレンド。きれいで今年らしい色だから形は王道の三角ビキニで。あえてヌーディに決めたメイクと合わせたら、ぐっと洗練されたサマーガールに変身できるはず!水着¥14000/ミューラーン(ピーク&パイン) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/黄瀬麻衣 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/内田理央(モア専属) スタイリスト/高野麻子 コーディネーター/工藤まや
  • 秋の到来に、シューズとバッグのアップデートは欠かせない。ロマンティックな主役級から、着こなしを支えるシックな精鋭まで。胸をきゅんとさせるアイテムがラインナップ。ワードローブに迎えたいときめきの相棒と出合って。 タフネスシューズで冒険を  コンバットブーツや圧倒的なボリュームソール。足もとに重心を置いたスタイルで、新しい一歩を踏み出そう。BOTTEGA VENETAブーツ〈実寸ソール3.2㎝〉¥121,000・ニットドレス¥380,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)甲の部分のキルティングが、バイカーブーツのタフさを強調する。丸くて大きなトゥと量感のあるソールで存在感大。上質な素材というブランドのヘリテージをモダンにアレンジした。DIESELブーツ〈ソール5.5㎝〉¥39,000・スカート¥28,000/ディーゼル ジャパン(ディーゼル)アッパーよりひと回り大きいプラットフォームが抜群のインパクト。ラバーソールに加えて、シルバーカラーと甲を渡るブランドロゴが力強いエフェクトを加えている。CHANEL靴〈ヒール13㎝〉¥155,000・パンツ¥696,000/シャネル今季のインスピレーションの舞台は雪山。マウンテンブーツを新たに解釈し、ユニークなカラーパレットで仕上げた。前後の高低差でスタイルアップもかなえる。柔らかなラムスキン仕立て。PRADAブーツ〈ヒール5.5㎝〉(ポーチ4点つき)¥190,000・スカート¥501,000(ともに予定価格)/プラダ クライアントサービス(プラダ)ミリタリーをコレクションの要素として用いた今季。コンバットブーツにポーチをベルトで装着する変化球のデザイン。ソールのサイドに施された凹凸でよりパワフルな印象に。DR. MARTENSブーツ〈ヒール5㎝〉¥34,000/ドクターマーチン・エアウエア ジャパン(ドクターマーチン) パンツ¥35,000/ラグ & ボーン 表参道(ラグ & ボーン)定番の8ホールならぬ8リングに、極太のシューレースを高密度に編み上げたダブルソールのシューズ。ホワイトのステッチがモードなアクセントに。GUCCI靴〈ヒール2㎝〉¥150,000・スカート¥190,000・ソックス¥11,000/グッチ ジャパン(グッチ)大小のスタッズが光の交差するランウェイで異彩を放っていた。丸みのあるフォルムとボアが愛らしいショートブーツにも、エッジィなスパイスがきいている。MAISON MARGIELA靴〈ヒール6.5㎝〉¥158,000・プルオーバー¥123,000・スカート¥81,000・ソックス¥25,000/メゾン マルジェラ トウキョウ(メゾン マルジェラ)メゾンのアイコンスニーカー「レトロ フィット」のチャンキーソールと、ブラッシュドレザーのベルテッドシューズという意外性のある融合が斬新。COACHスニーカー〈ヒール6㎝〉¥55,000・ドレス¥130,000〈ともに9月発売予定〉/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン(コーチ) ソックス/スタイリスト私物クリーパーズシューズをモダンにアップデートしたデザインに品が宿る。白に切り替えられたプラットフォームが、着こなしをエフォートレスなムードに。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年9月号「夢を運ぶ靴とバッグ88」photography: kimyongduck styling: Shizuka Yoshida manicure: Kyoko Kudo 〈FUNCTION NAILS〉 model: Erina Noguchi edit: Akiko Fukunaga 
  • いつ雨が降るか分からない梅雨の時期あるある、全身プチプラコーデ トップス:しまむら デニム&フラットシューズ:ZARA ベルト:しまむら バッグ:ジャンニチアリーニ バッグ以外はプチプライスなもので、モノトーンコーデになりました 久しぶりにZARAのデニムを更新しました 少し色落ちしたブラックデニムが欲しくて、4990円とお手頃価格だったのとフルレングスがほしかったので買ってよかったです Instagram やっています☆
  • Marisol8月号を私も参考に(^^)夏のsaleで黒のリネンシャツを買いました。皆さま こんにちは。 7月も… あっという間に半ばを過ぎてしまいましたね! 梅雨明けはまだかな~と 太陽が恋しい毎日が続いております。 植物も太陽の恵みがないと弱々しくなると一緒で、人間もお日様の陽を浴びないと何だか気持ちもスッキリしないですね… でも、梅雨明けを待ちわびた先には、きっとギラギラ太陽の暑い夏の日々がやって来ることを楽しみに(^^)【Marisol8月号】アラフォーの夏スタイルが参考になる特集がたくさん。また、素敵な美女組の方々の夏のイベント特集も掲載されております。(私も少しですが、載せさせていただいております) 今回、夏のsaleで買ったもののご紹介です。 Marisol8月号の特集を参考に そして… 他のマリソル美女組様の素敵な黒コーディネートブログを参考に 私も黒のリネンシャツを買いました。TOMORROWLANDリネンシャツは、白やイエロー、ベージュ等の淡色カラーは手にすることも多く、私も持っていますが、ダークカラーは持ち合わせていなく… そんな時、晩夏まで着れるこの一枚のリネンシャツに出逢いました。 【point】 ◆ノーカラー ◆首元がVライン ◆透け感に光沢感もプラス このpointがより女性らしさを魅せてくれる素敵なリネンシャツです。【OFFな日の大人カジュアルコーデ】RED CARDのBlackデニムに合わせたオールブラックコーデ【ONな日の大人きれいめコーデ】ウエストベルトを外し、前インのシャツstyleモノトーンコーデ まだまだ楽しみたいコーディネートがありますが、今回はモノトーンでのご紹介でした。 幅広いコーディネートが楽しめるお洋服に巡り会えると何だか嬉しくなりますね! いつもお洒落を楽しませていただくMarisolを届けて下さるマリソル編集部の皆さま、本当にありがとうございます。 最後までいつもお読み下さる皆さまも本当にありがとうございます。 ⏩Instagramも日々UPしております(^^)美女組No.156 Mayuのブログ
  • 今回はドレスアップ編。少しカジュアルでもすこしドレスアップしたいときに、参考にしてみてください!みなさまこんにちは。 モアハピ部431うたうゆきここと、シンガーソングライターの梶有紀子です。 今回は、室内でのLIVE。中津STEPHALLでのライブから振り返ります。 少しドレスアップした衣装でお届けしました。今回はギターのメンバーも一緒でした。 dress...and A DENIM...D.M.G sandal...coca イエローのドレスは、そのまま、一枚で着ることもできますが 今回はカジュアルな着こなしにしたかったので、 下に細身のDENIMを合わせてみました。髪は編み込みで、ポニーテールにしてみました。 編み込みは個人的にはしっかり編み込んでクールな印象にするのが好きです。 ちなみにこのイヤリングもオリジナルのものです。 フープのデザインがなかなかない時期に入手したので重宝しています!ライブハウスでの公演の時は、少しドレスアップしてみるのもいいなぁと これからもいろんな視点で、ファッションを楽しんで来たいと思っています。 今回も、夏のLIVEのファッションを、うたうゆきここと、シンガーソングライターの梶有紀子がお届けしました。 引き続きまたの更新を楽しみにしていてくださいね!モアハピ部 No.431 うたうゆきこのブログ
  • みなさん、こんにちは!カワイイ選抜のわかです♫ 今日は韓国で購入したコスメをご紹介します!CLIO ヴェールティントデュイ 08タロローズこちらはリップティントです。韓国のリップというとパキッとした色が多いイメージが多かったのですが、こちらは色が豊富なのでオススメです! 私が選んだ08タロローズというカラーは、紫っぽいダークな青みピンクです!私のようなダーク系カラー初心者のかたは塗ってからティッシュを当てて、色を薄めにつけると挑戦しやすいと思います。そのままつけても、カワイイのでオススメ! ティントなので色が長続きしますが、唇が乾燥しすぎないのがお気に入りポイントです ✨ リップの質感が気に入ったので、今度は別の色も欲しいです♡ イニスフリー ノーセバム ミネラルパウダーこちらは大人気のフェイスパウダーです!デザインが可愛くて友達用にも買っちゃいました。 とってもサラサラになるのでこれからの季節にぴったりです。乾燥肌の私はサラサラし過ぎるので、おでこに使っています 小さくて持ち運びやすく、ラベンダーみたいな香りがします イニスフリー ノーセバム セッティングスプレーノーセバムのパウダーは有名ですが、スプレーは見たことがなかったので購入してみました! 粒子が細かいので少ないスプレーでも顔全体に広がるのがお気に入りポイントです。化粧崩れにオススメですいかがでしたか? 最後まで読んでくださり、ありがとうございました♫ Waka カワイイ選抜 No.71 中野倭佳のブログ
  • こんにちは小野アムスデン道子です。チェンマイはタイ北部最大の都市ですが、エネルギッシュなバンコクに比べて、空気がゆっくり流れ、昔ながらのタイが楽しめる街。物価も安く、2週間以上のロングステイをする日本人も多いそう。優しい辛さのチェンマイの料理、美しい寺院、素朴な田んぼの藁アート、丁寧なスパ、癒されることがいっぱいです。チェンマイから北に50kmのメーテンにある、ランナー様式でタイ北部最大の寺院「ワット・バーンデン」。タクシーをチャーターして約1,000バーツ(1バーツ=約3.5円)で行くことができます。高さ4メートルはあろうかという涅槃像や、塔頭と共に祭られている12支の動物、想像上の動物たちが華やかでカラフルなお寺は別世界のよう。そこから田んぼのそばに藁アートが立つという貯水池「ファイトンタオ」へ(入場料50バーツ)。なんと巨大な3匹のキングコングがそれ! 周りは水田で、元々は刈り取った藁を利用することから始まったのだそう。田んぼには、1泊600バーツで泊まれるというゲストハウスもあります。レインシャワーにトイレも整備されていて、田んぼの真ん中で、ちょっと他では味わえない宿泊が出来るかも。ユニークな歴史遺産として、タバコ乾燥庫をカフェやレストラン、ホテルにリノベ―ションしてユネスコ賞も受賞した「カオマイ エステート1955 」があります。緑に囲まれたレンガ造りの建物はそのままに、中は快適に改装されています。レストランで、北部料理の定番の一つ、“カントーク”をいただきました。豚皮唐揚げやゆで野菜、ゆで卵を青唐辛子とタマネギなどをすりつぶしたディップにつけて食べるものです。柚子胡椒のようなこのディップが風味豊かで、止まらないおいしさです。チェンマイでは今、バケーションでリフレッシュしながら働く「ワーケーション」というスタイルで滞在するタイ人や欧米人がいて、この施設もWiFiが使え、カフェのテーブルでは充電もできるようになっていました。SNSのアップもしやすいですね。カオマイ エステート1955Kaomai Estate 1955    https://www.kaomailanna.com/estate.phpチェンマイ市内に戻りがてら、陶芸、手芸、雑貨やアパレルなど地元作家がショップを出すアーティスト村「バーン・カ―ン・ワット Baan Kang Wat」へ。作家の手になる一点ものがほとんどなのでお値段はそれなりに…。それぞれの工房スペースがとても素敵で、中にはカフェもあってゆっくり作品を見て回れます。いい作品に出会えば、チェンマイのよい思い出になりそうです。やはりタイに来たら、必ず立ち寄りたいのがスパ。タイ古式はじめ、レベルの高い施術の「ザ・オアシス スパ」へ。チェンマイに6店舗、バンコクやパタヤ、プーケットにもお店を展開しています。ここチェンマイ・バーン・セン・ドイ店は各国領事が住む高級エリアにあって、とても優雅なランナー様式の建物で、素敵なインテリアにうっとりします。スパ個室が5つに宿泊用の部屋も11室あります。オイルは使わず、筋肉を揉みほぐし血流を促すマッサージで不眠も改善されるという、タイ古式マッサージを受けました。1時間で全身を施術してくれて1,000バーツとお手頃。ザ・オアシス スパ The Oasis Spa  https://www.oasisspa.net/jp/home.php夕食は、オーガニックファームを併設して、新鮮なオーガニック野菜を使った料理で地元でも大人気の、「オーカジュ」のサンサーイ本店へ。農業を盛り立てようと3人の若者が創ったレストランの料理は、お値段が150〜300バーツと手頃でボリュームたっぷり。肉料理にもレストランの横の農場で栽培されているサラダがたっぷり添えられています。いろいろと野菜を選んでカスタマイズすることもできます。メロンをくり抜いたフルーツサラダは名物だそう。ドリンクはすべてノンアルコールですが、野菜たっぷりのお料理には、ヘルシーなスムージが合います。オーカジュ OHKAJHU  https://www.facebook.com/ohkajhuチェンマイに来たら絶対に味わってみるべきなのがカレースープの麺料理“カオソーイ”。市内にあって創業70年の有名店「カオソーイ・ラムドゥアン・ファーハーム Khaosoi Lamduan faham」のカオソーイは、ココナッツのまろやかな風味のカレースープに、弾力のある卵麺が絶妙で、上にのせた揚げた麺の香ばしさもポイント。トッピングは3種類あり、衣をつけて揚げた豚肉、骨付き鶏肉、スライスの牛肉とそれぞれにおいしいです(50バーツから80バーツ)。チェンマイソーセージなどのおつまみもビールにぴったり。チェンマイは、こうしたローカルグルメにナイトマーケットでのショッピング、寺院巡りなど普通の観光も楽しいところですが、ゆっくり滞在するならタイ料理クラスなど、ならではのローカル体験に挑戦してみては?1名から30名まで対応するというタイ料理教室「ルアン・ラダー」で、お馴染みのトムヤムクンやパッタイ、鶏肉カシューナッツ炒め、青パパイヤのサラダ(ソムタム)4品とマンゴーにココナッツで炊いたもち米をそえるデザート(カオニャオ・マムアン)を作りました。卓上コンロにエプロン、材料がセットアップされていて、料理にじっくり取り組めるのでやり遂げた感があります(1,000バーツ)。ルアン・ラダー RUAN LADA https://www.facebook.com/RUANLADA2599/チェンマイ観光局によると、住居費・光熱費・食費・交通費などの1カ月トータルのチェンマイ滞在費は26,000バーツ、9万円ほどです。観光目的なら30日以内はビザ無しで滞在できます。長期滞在でじっくりとチェンマイのローカルな体験や文化を楽しんでみるというのもよいかも。取材協力/ タイ国政府観光庁 https://www.thailandtravel.or.jp
  • さわやかな甘さのラベンダー色&辛口小物で媚びない女っぽさが好感触♡せっかくの休日デートだからパッと目を引くきれい色マキシ丈ワンピで、空は曇ってても気持ちは晴れやかに。バンドカラーシャツのクリーンさとティアードの旬感を持ち合わせたデザインで印象アップを狙っちゃおう。さわやかなラベンダー色&ヘルシーなコットン生地ってところも、甘すぎずこなれ感が出せていい感じ♪ 思いきって腕を出した時は、極太のゴールドバングルでおしゃれに肌感を調節。トレンドのパイソン柄バッグやスポサンで”辛口&大人仕上げ”が今の自分に似合ってる!ワンピース¥38000/GREED International(ベッド&ブレックファスト) 靴¥14000/クレドラン バッグ¥22000/ノーリーズ&グッドマン銀座店 バングル¥39000/セシル・エ・ジャンヌ井桁弘恵の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡撮影/小川健太郎  ヘア&メイク/中村未幸(Lila) モデル/井桁弘恵 スタイリスト/辻村真理 原文/鈴木絵美
関連キーワード

RECOMMEND