2〜3品の素材で作るシンプル鍋! 料理家ウー・ウェンさんの究極レシピ 五選

Web eclat
料理家 ウー・ウェンさん 北京生まれ。中国の文化や暮らしの知恵を幅広く紹介。素材の持ち味を生かしたシンプルな料理が大好評。「冬は体の温まる素材を使ってお鍋にします」。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.厚揚げの麻婆鍋
厚揚げでボリューム感とうま味を。とろりとした長いもの食感が加わって、しびれるおいしさの大人鍋。

【材料(2人分)】
厚揚げ 1枚
長いも 150g
生しいたけ 6枚
赤とうがらし(粗挽き) 大さじ1
しょうゆ 大さじ1/2
味噌 大さじ1
花椒 小さじ1/2
水 2カップ
ごま油 大さじ1

【作り方】
❶厚揚げは4等分にする。生しいたけは石づきをとり、半分に切る。
❷長いもの皮をむき、すりおろす。
❸花椒はフライパンで黒くなるまで空煎りし、すり鉢などですりつぶす。
❹鍋にごま油と赤とうがらしを入れて中火にかけ、香りがたったら、味噌、しょうゆ、水を加えて煮立てる。
❺①を加え、7〜8分煮て、②を流し入れる。花椒をふる。

【鍋奉行ポイント】
花椒は使うたびに、空煎りしてからつぶすと、香りが増す。フライパンなどに花椒を入れて中火にかけ、黒っぽくなるまで空煎りし、粗熱がとれたら、すりつぶす。
2.豚肉とかぶの鍋
肉のうま味を味わいたいから豚肉は厚切りを。かぶは葉も実も丸ごと使って。塩とこしょうだけで優しい仕上がりに。

【材料(2人分)】
豚肉(しょうが焼き用) 6枚
かぶ 4個
黒粒こしょう 15粒
粗塩 小さじ1/3
酒 大さじ2
水 2カップ
太白ごま油 大さじ1

【作り方】
❶かぶの葉は5㎜長さに切り、実は皮ごと繊維に沿って薄切りにする。粒こしょうは粗くつぶす。
❷鍋に太白ごま油を入れて中火で熱し、豚肉を両面焼く。色が変わったら、かぶの葉を入れて炒める。香りがたったら、酒、こしょうを加えてざっと合わせ、水を注ぎ入れ、ふたをして弱火で5分煮る。
❸②にかぶの実を加えて2〜3分煮て、粗塩で味をととのえる。

【鍋奉行ポイント】
かぶは丸ごと全部使う。実を薄くスライスすれば、すぐに煮上がる。葉は細かく刻んで、さっと火を通す。薄切りのかぶの優しい甘味がしみじみと味わえる。
3.エビ餃子鍋
大根おろしをたっぷり加えて、あっさり、さっぱりとした味わいに。ぷりぷりのエビと、れんこんの食感が楽しい!

【材料(2人分)】
餃子の皮 10枚
むきエビ 200g
万能ねぎ(小口切り) 3〜4本分
A
 こしょう 少々
 酒 大さじ1
 粗塩 小さじ1/3
 ごま油 大さじ1/2
大根(すりおろし) 200g
れんこん 100g
こしょう 小さじ1/4
粗塩 小さじ1/2
黒酢 大さじ2
水 4カップ
ごま油 大さじ1

【作り方】
❶むきエビはザク切りにし、Aで下味をつけ、万能ねぎを加えて混ぜる。
❷餃子の皮で①を包む。
❸れんこんは皮をむき、長さ3㎝に切り、繊維に沿って棒状に切る。
❹鍋に水、れんこん、黒酢を入れて中火にかけ、煮立ったら弱火にし、ふたをして5分煮る。
❺④に②の餃子を入れ、2分ほど煮る。粗塩を加え、大根おろしを入れてひと煮立ちしたら、こしょうをふり、ごま油を回しかける。

【鍋奉行ポイント】
れんこんはシャキシャキ感を味わいたいので、繊維を断ち切らず、棒状に切る。こうすれば、味もしみ込みやすい。シンプルな鍋だからこそ、食感コンシャスに。
4.鶏肉とじゃがいも、にんじんの味噌鍋
味噌を油で炒めて、コクと香りをアップ。鶏からの優しいうま味でスープまで飲み干したい!

【材料(2人分)】
鶏もも肉 1枚
じゃがいも 2個
にんじん 1本
味噌 大さじ2
酒 大さじ1
水 2½カップ
こしょう 少々
太白ごま油 大さじ1/2

【作り方】
❶鶏肉はひと口大に切る。じゃがいもは皮をむき、鶏肉と同じくらいの大きさに切る。にんじんは皮をむき、スライサーでせん切りにする。
❷鍋にごま油と味噌を入れて中火にかけ、香りがたつまで炒める。酒、水、①の鶏肉、じゃがいもを入れる。煮立ったら弱火にし、ふたをして10分ほど煮る。
❸②に①のにんじんをのせ、ふたをして3分煮て、こしょうをふる。

【鍋奉行レシピ】
火を通りやすくするために、にんじんはスライサーでせん切りに。スライサーがなければチーズおろしでもOK。ふんわり切ったにんじんはたくさん食べられるから不思議。
5.白身魚と春菊の鍋
あっさりした白身魚に豆板醤のタレで味にメリハリを。魚に片栗粉をまぶして、食感つるん、ふっくらした仕上がりに。

【材料(2人分)】
タラ(生) 2切れ
下味
 こしょう 少々
 塩 ふたつまみ
 片栗粉 小さじ1
春菊 1束
えのき茸 1パック
酒 大さじ1
水 2½カップ
タレ
 豆板醤 大さじ1
 ごま油 大さじ1

【作り方】
❶タラは半分に切り、下味をつけておく。
❷春菊は3等分の長さに切る。えのき茸は石づきを切り落とし、半分の長さに切る。
❸鍋に水、酒を入れて火にかけ、煮立ったら①と②のえのき茸を入れて5分煮る。春菊をのせて、火を止める。タレを添える。

【鍋奉行ポイント】
味にメリハリがつく、ごま油に豆板醤だけの自家製ダレ。ごま油+塩、ごま油+塩+黒こしょう、ごま油+柚子こしょうなどもおすすめ。お好きな味で召し上がれ。
eclat2月号掲載 撮影/三木麻奈 スタイリスト/大畑純子 取材・文/北村美香
関連記事
  • 20〜40代でがんばってきたショッピング、アクティビティと、忙しいハワイはもう卒業。ゆったり贅沢に楽しむハワイ旅には、おいしい「食」が欠かせません。ハワイ通が選んだナンバーワンカフェ&レストランをお届けします。ワタナベマキさん(料理家)推薦Island Vintage Coffee(アイランド・ヴィンテージ・コーヒー)ワイキキのど真ん中、ロイヤル・ハワイアン・センターにあり、早朝から夜11時までオープンのカフェ。カフェといっても食事もしっかり。なかでも「"パシフィックアヒ"はハワイ中でナンバーワンのサンドイッチ!」とワタナベさん。ほかにも、シェフこだわりの5種類のお米をミックスした五穀米に、冷凍ではなく生のアヒをのせた人気のポケ丼や、新メニューのモアナボウルなど、そのどれもが文句なしにおいしい。滞在中の野菜・果物不足解消にもひと役買いそうだ。初夏には隣接してワインバーもオープン予定で、お酒とおつまみまで楽しめるように。ロイヤル・ハワイアン・センター中央のエスカレーターを上がってすぐのナイスロケーションリリコイ(パッションフルーツ)とピタヤ(ドラゴンフルーツ)のスムージー($8.75)まもなくオープン予定のワインバーでは、チーズやドライフルーツなどのおつまみも他の画像を見る2301 Kalakaua Ave., #C215 Honolulu ☎808・926・5662 6:00~23:00(FOOD 6:30~22:00) 無休 ※予約不可次は:旬なプレイスNo.1のレストラン内野 亮さん(コーディネーター)、赤澤かおりさん(ライター)推薦Deck.(デック)クイーン カピオラニ ホテルの3階にあるオープンレストランは、ダイヤモンドヘッドが目の前に広がる贅沢ビューと、朝から夜までシーンに合わせて使えるのが魅力。「リニューアルしてますます素敵に。なにかというとここに来ます。はずせないのは毎月第2日曜のサンデーブランチ。ひとり$55でプライムリブやオイスター、サーモン、ポケなどがそろうビュッフェが楽しめ、+$25でミモザも飲み放題。これはかなりマストです!」(内野さん)。オープンテラスのソファ席でゆったりくつろぎながら朝ごはん。アボカドトースト($12)、トリプルスタックパンケーキ($15)など。毎日実施の夕暮れ時のハッピーアワーも最高見た目はボリュームたっぷりなハンバーガーだけれど、実はベジタリアン仕様のインポッシブル・バーガー($19) グアバなどのミモザ3種(各$8)150 Kapahulu Ave., Hololulu 3rd floor of The Queen Kapiolani Hotel ☎808・931・4488  6:30~23:00(日曜~22:00)、ハッピーアワー16:00~18:00  無休次は:プレートランチNo.1のレストラン赤澤かおりさん(ライター)推薦Pioneer Saloon Kaka’ako(パイオニア サルーン カカアコ)ローカルに人気のプレートランチ店が昨年、話題のカカアコ「SALT」に新店舗をオープン。チキンカツやハンバーグステーキなど定番メニューはもちろん、こちらはお酒とおつまみも充実。「サクッとランチ昼飲みも、夕方の小腹も満たしてくれる頼りになるところ。とにかく何を食べてもハズレがないのがいい!」と太鼓判の赤澤さん。しょうがが効いたさっぱり味の豆腐&チキンハンバーガーステーキ、大根おろしポン酢($12)と、人気の納豆、山いも、ポキのネバネバ丼($15)おしゃれな店内675 Auahi St., Honolulu  ☎808・600・5612  11:00~20:00(金・土曜~21:00、日曜~15:00) ㊡元日、独立記念日、感謝祭、クリスマス次は:ビーチ朝ごはんNo.1のレストラン小澤征良さん(作家)、村山佳世子さん(スタイリスト)推薦Hau Tree Lanai(ハウツリー・ラナイ)目の前に広がる静かなカイマナビーチを前に、のんびり朝ごはんを楽しめる場所として長年不動の地位を守り続けているニューオータニ カイマナ ビーチ ホテル1階のレストラン。幼少期からここに通う小澤さんは「宝島を書いた作家、ロバート・ルイス・スティーヴンソンがよく訪れていたことで有名な、屋根がわりのハウツリーが印象的な気持ちのいいところ」と今でもごひいき。朝は特に混んでいるので予約をするか、オープンの7時をねらって。ハワイ産ハーフパパイヤライム添え($6)、ポイ・パンケーキ($15)、クラシック・エッグベネディクト($20)は定番の人気The New Otani Kaimana Beach Hotel 2863 Kalakaua Ave., Honolulu ☎808・921・7066(日本語対応可) 朝食7:00~11:00、ランチ11:45~14:00(日曜12:00~)、ディナー17:30~21:00 無休  ※タンクトップ、水着不可。要予約。次は:ロコアジアごはんNo.1のレストランブレンダさん(モデル)推薦PIGGY SMALLS(ピギー・スモール)ファーマーズマーケットで出店していたことから人気に火がつき、ダウンタウンにお店を構えた『ピッグ&ザ・レディ』。ここは2年前にオープンしたその姉妹店。メニューは本店とは違い、ベトナム料理だけに固執することなく、タヒチやミャンマーといった国からもヒントを得た魅力的な創作料理。最近、ニューオープンが続くワード地区にあることもあり、ローカルからの注目度も高い。本店よりもリーズナブルに楽しめるのも人気の一因。カジュアルな雰囲気の店内も、やってくる人々も含めて今のハワイを感じられるところ野菜と昆布をベースにしたあっさりスープに、えのき、トマト、ハーブがたっぷりのビーガン・フォー($16)グリーンパパイアの食感と、にんにく、ごま、ナッツなどのエスニックな香りを楽しめるサラダ、ウィークエンド・アット・バーミーズ($14)他の画像を見る1200 Ala Moana Blvd., STE.665, Honolulu ☎808・777・3588 ランチ11:00~15:00(土・日曜はブランチ10:00~)、ディナー17:00~21:30(日曜はディナー営業なし) ㊡元日、独立記念日、感謝祭、クリスマス ※予約がベター。撮影/内田 恒 構成・文/赤澤かおり 本誌編集部 コーディネート/内野 亮 ※掲載されている情報は2019年6月現在のものです。 ※eclat8月号掲載
  • こんにちは小野アムスデン道子です。チェンマイはタイ北部最大の都市ですが、エネルギッシュなバンコクに比べて、空気がゆっくり流れ、昔ながらのタイが楽しめる街。物価も安く、2週間以上のロングステイをする日本人も多いそう。優しい辛さのチェンマイの料理、美しい寺院、素朴な田んぼの藁アート、丁寧なスパ、癒されることがいっぱいです。チェンマイから北に50kmのメーテンにある、ランナー様式でタイ北部最大の寺院「ワット・バーンデン」。タクシーをチャーターして約1,000バーツ(1バーツ=約3.5円)で行くことができます。高さ4メートルはあろうかという涅槃像や、塔頭と共に祭られている12支の動物、想像上の動物たちが華やかでカラフルなお寺は別世界のよう。そこから田んぼのそばに藁アートが立つという貯水池「ファイトンタオ」へ(入場料50バーツ)。なんと巨大な3匹のキングコングがそれ! 周りは水田で、元々は刈り取った藁を利用することから始まったのだそう。田んぼには、1泊600バーツで泊まれるというゲストハウスもあります。レインシャワーにトイレも整備されていて、田んぼの真ん中で、ちょっと他では味わえない宿泊が出来るかも。ユニークな歴史遺産として、タバコ乾燥庫をカフェやレストラン、ホテルにリノベ―ションしてユネスコ賞も受賞した「カオマイ エステート1955 」があります。緑に囲まれたレンガ造りの建物はそのままに、中は快適に改装されています。レストランで、北部料理の定番の一つ、“カントーク”をいただきました。豚皮唐揚げやゆで野菜、ゆで卵を青唐辛子とタマネギなどをすりつぶしたディップにつけて食べるものです。柚子胡椒のようなこのディップが風味豊かで、止まらないおいしさです。チェンマイでは今、バケーションでリフレッシュしながら働く「ワーケーション」というスタイルで滞在するタイ人や欧米人がいて、この施設もWiFiが使え、カフェのテーブルでは充電もできるようになっていました。SNSのアップもしやすいですね。カオマイ エステート1955Kaomai Estate 1955    https://www.kaomailanna.com/estate.phpチェンマイ市内に戻りがてら、陶芸、手芸、雑貨やアパレルなど地元作家がショップを出すアーティスト村「バーン・カ―ン・ワット Baan Kang Wat」へ。作家の手になる一点ものがほとんどなのでお値段はそれなりに…。それぞれの工房スペースがとても素敵で、中にはカフェもあってゆっくり作品を見て回れます。いい作品に出会えば、チェンマイのよい思い出になりそうです。やはりタイに来たら、必ず立ち寄りたいのがスパ。タイ古式はじめ、レベルの高い施術の「ザ・オアシス スパ」へ。チェンマイに6店舗、バンコクやパタヤ、プーケットにもお店を展開しています。ここチェンマイ・バーン・セン・ドイ店は各国領事が住む高級エリアにあって、とても優雅なランナー様式の建物で、素敵なインテリアにうっとりします。スパ個室が5つに宿泊用の部屋も11室あります。オイルは使わず、筋肉を揉みほぐし血流を促すマッサージで不眠も改善されるという、タイ古式マッサージを受けました。1時間で全身を施術してくれて1,000バーツとお手頃。ザ・オアシス スパ The Oasis Spa  https://www.oasisspa.net/jp/home.php夕食は、オーガニックファームを併設して、新鮮なオーガニック野菜を使った料理で地元でも大人気の、「オーカジュ」のサンサーイ本店へ。農業を盛り立てようと3人の若者が創ったレストランの料理は、お値段が150〜300バーツと手頃でボリュームたっぷり。肉料理にもレストランの横の農場で栽培されているサラダがたっぷり添えられています。いろいろと野菜を選んでカスタマイズすることもできます。メロンをくり抜いたフルーツサラダは名物だそう。ドリンクはすべてノンアルコールですが、野菜たっぷりのお料理には、ヘルシーなスムージが合います。オーカジュ OHKAJHU  https://www.facebook.com/ohkajhuチェンマイに来たら絶対に味わってみるべきなのがカレースープの麺料理“カオソーイ”。市内にあって創業70年の有名店「カオソーイ・ラムドゥアン・ファーハーム Khaosoi Lamduan faham」のカオソーイは、ココナッツのまろやかな風味のカレースープに、弾力のある卵麺が絶妙で、上にのせた揚げた麺の香ばしさもポイント。トッピングは3種類あり、衣をつけて揚げた豚肉、骨付き鶏肉、スライスの牛肉とそれぞれにおいしいです(50バーツから80バーツ)。チェンマイソーセージなどのおつまみもビールにぴったり。チェンマイは、こうしたローカルグルメにナイトマーケットでのショッピング、寺院巡りなど普通の観光も楽しいところですが、ゆっくり滞在するならタイ料理クラスなど、ならではのローカル体験に挑戦してみては?1名から30名まで対応するというタイ料理教室「ルアン・ラダー」で、お馴染みのトムヤムクンやパッタイ、鶏肉カシューナッツ炒め、青パパイヤのサラダ(ソムタム)4品とマンゴーにココナッツで炊いたもち米をそえるデザート(カオニャオ・マムアン)を作りました。卓上コンロにエプロン、材料がセットアップされていて、料理にじっくり取り組めるのでやり遂げた感があります(1,000バーツ)。ルアン・ラダー RUAN LADA https://www.facebook.com/RUANLADA2599/チェンマイ観光局によると、住居費・光熱費・食費・交通費などの1カ月トータルのチェンマイ滞在費は26,000バーツ、9万円ほどです。観光目的なら30日以内はビザ無しで滞在できます。長期滞在でじっくりとチェンマイのローカルな体験や文化を楽しんでみるというのもよいかも。取材協力/ タイ国政府観光庁 https://www.thailandtravel.or.jp
  • 結婚してから2ヶ月ほど経ちました♡ 少しずつ生活が落ち着きつつあり、 式の日取りも決まって、プレ花嫁としての活動真っ只中です! そんな中、素敵な結婚のお祝いを頂いたのでご紹介させて頂きます♪ル・クルーゼのお鍋♡友人のお母様より頂きました(。・ω・。) 大好きなピンク色でとにかく可愛い♡ お料理するのが楽しいです♪ サイズ感もちょうど良く、とても使いやすいです! 家電や家具にかなりお金がかかってしまったため、キッチン用品の新調を諦めていた矢先にこんなステキなプレゼントを頂けて感激でした♡似顔絵入りのワイン+ワイングラス♡高校時代の友人達から頂きました♡ 実際に撮った彼との写真が似顔絵に加工され、ワインのラベルに…! プレゼントを開けた時にあっと驚き、とても嬉しかったです♪ ワイングラスは私の大好きなブランド、jillstuartさんのものでした(p*''v`*q)使える&可愛い食品ギフト♡可愛い可愛い食べ物ギフト♡ キティちゃんのおすまし&お味噌汁☆ キティちゃんの形をしたお麩の中には、リボンの形のお麩や乾燥野菜などの具材が入っており、一緒に付いているお出汁や味噌を入れらお湯を注ぐと出来上がる、、という優れものでした! 手軽に汁物を追加できるため、とても有り難いです(o''∀''人)ペアのタオル&お花♡大学時代の友人達より頂きました♡ TENERITTAのオーガニックコットンタオル&お花♡別途写真入りのメッセージカードも作ってくれました( ; ; ) タオルは、触るとふわふわで柔らかく、ずっと触っていたくなります(*'▽'*)ピンクとグレー2色のペア感も嬉しい♡ 勿体なくて、まだしばらく飾っておりますが(笑)今使っているタオルを入れ替える頃に出してみようと思っています♪ お洒落なインテリア雑貨類♡職場の上司、同僚、先輩より頂きました♡ プリザーブドフラワーは、なんと上司の奥様の手作り!赤いバラにはスワロフスキーが一粒ついていて華やかなデザインです♡彼からプロポーズの時に真っ赤なバラの花束を頂いたので、偶然にも同じお花で嬉しかったです♪ 私の大好きなブランド、TOCCAの柔軟剤は、開封するのが勿体ないパッケージの可愛さ♡柔軟剤は必ず使うものなので有り難いです!(o^^o) HABAのスクワランバスソルトは、2種類の香りのものが入っていました♡癒しの香りで優雅なバスタイムになります(p*''v`*q)保湿効果も感じられました!!お心遣いに感謝♡大切な方々からのお祝いの気持ちを頂けたということが本当に嬉しかったです(/ _ ; )♡ 結婚したんだなぁという実感と、感謝の念が湧いて、更に幸せな気持ちになれました(p*''v`*q) 何かお祝い品を考えている方へ、 少しでも参考になれば幸いです♡ 結婚式準備に向けて、プレ花嫁アカウントを作りました↓☆ こちらも宜しければご覧下さい♡ ♡プレ花嫁アカウント♡モアハピ部 No.667 もぴ のブログ
  • 世界中の人たちから愛され続けている楽園、ハワイ。地球上にある唯一無二のこの存在に魅了され、取り憑かれ、通い続けてきた人もきっと多いはず。そんなハワイ通の方々に聞いた、ディナーにぴったりのおすすめのレストランをご紹介。徳原文子さん(スタイリスト)、坪田三千代さん(旅行ライター)推薦Hy’s Steak House(ハイズ・ステーキ・ハウス)記念日などにおしゃれして出かけたいステーキレストラン。フィレ肉の中でも希少なシャトーブリアンをキアヴェ炭でひとつひとつていねいに焼き上げたステーキは、さすが40年以上の歴史をもつだけあって、安定のおいしさ。「ストレートな味わいの正統派ステーキはここ。前菜も充実!」(坪田さん)、「お肉はもちろん、サイドのマカロニグラタンが大好き」(徳原さん)と肉以外のメニューの満足度も高い。シックな雰囲気のバーもおすすめ。分厚いガラス張りの向こうに、キアヴェ炭でステーキを焼くシェフの姿が拝める、中央のシートは人気。重厚なインテリアもまたここのよさ。ぜひおしゃれして訪れたいシャトーブリアンと野菜のロースト。注文は2人分以上から(1人分$65) 黒トリュフ、キングクラブ、マカロニのチーズグラタン($23)2440 Kuhio Ave., Honolulu ☎808・922・5555(17時以降は日本語対応可) 17:00~21:30(最終入店) 無休 ※ドレスコードあり(男性は襟つきシャツ、つま先の隠れる靴〈スニーカー可〉着用。サンダル、野球帽不可。子供も同様)。要予約。次は:ワイン×シーフードNo.1のレストラン飛田和緒さん(料理家)推薦Azure Restaurant(アズーア レストラン)ロイヤル ハワイアン ホテルのシグニチャーレストランは、ハワイ産の魚介類を味わいながらワイキキサンセットが楽しめる稀有なところ。日本人シェフ、桂真悟氏が腕をふるう繊細な料理と雰囲気が好きという飛田さんもこちらの常連。「今日のおすすめの魚介類と調理法が選べるメインがいいですね。ピンクシャンパンも旅気分をアップしてくれます」。バーセクションは予約なしでも気軽に入れるので夕暮れ時、ディナーの前の一杯にも。ピンクシャンパンや白、赤など、ワインの品ぞろえが豊富なことでも知られる。ペアリングのコースもありコナ産のロブスターの甘味をたっぷり堪能するひと皿($31)。きゅうり、ローカルラディッシュ、バジルなどを使ったソースをからめてキュートなピンクの壁にこの看板が目印2259 Kalakaua Ave., Honolulu ☎808・921・4600  17:30~21:00(LO)、 バー17:00~22:30 無休 ※スポーツウエア、水着、ビーチサンダルは不可。 予約がベター。次は:最終日ディナー候補No.1のレストラン内野 亮さん(コーディネーター)推薦Merriman’s Honolulu(メリマンズ・ホノルル)レストラン横の青々とした緑生い茂る畑、入口前の小さな畑で揺れるハーブ。“農場から食卓へ”をコンセプトに、20年以上も前からハワイでいち早く地産地消を掲げ、賞賛され続けているハワイ島のメリマンズが、昨年、オアフ島に待望のオープン。「90%ハワイ産の新鮮な野菜、肉、魚介を使った料理は、どれも素材の味がしっかり感じられるもの。ぜひ最終日に訪れて、心にも体にもハワイの味を刻んでいってほしいです」と内野さん。高い天井と窓が、より気持ちのいい雰囲気を醸し出す店内目の前で、なます、しょうゆバターなどと合わせてくれるフレッシュな味わいのテーブルサイド・ポケ($16)さっとソテーした大粒のホタテは甘く、とろけるおいしさ。ダイバー・シー・スキャロップ($42)1108 Auahi St., Honolulu ☎808・215・0022 (日本語対応可) ランチ11:00~17:00、ディナー17:00~21:00 (金・土曜~21:30) 無休次は:デザートのおいしさNo.1のレストランショーン・モリスさん(マーケティング&PR、フードライター)推薦MW RESTAURANT(エムダブリュー・レストラン)ハワイの名店『アラン・ウォンズ』出身の夫婦が切り盛りする、今のハワイを背負って立つハワイリージョナルキュイジーヌレストラン。オープンから5年がたつ今も、お客さんがひっきりなし。特別な日にも、デイリーにも使える気軽さもいい。ハワイ在住の日系4世、ショーンさんはここが大のお気に入り。特にデザートには思いが深く「デザートのおいしさはハワイいち。ディナーのあとにデザートだけ何種類も食べにくることもあるくらい」イチゴそのものを凍らせて削る、本格派のイチゴのシェイブアイス($12)これもショーンさんがイチ押しの、ガーリックマッシュルームソースが効いているジューシーなプライムリブアイステーキ($58)オープンキッチンまでの抜けが気持ちいい広々とした店内。客席との距離もゆったりで優雅な雰囲気1538 Kapi‘olani Blvd., Suite 107, Honolulu ☎808・955・6505 月~木曜10:30~21:00、金曜10:30〜22:00、土曜16:30~22:00、日曜16:30~21:00 ㊡元日、感謝祭、クリスマス ※予約がベター。次は:ローカル人気No.1のレストラン桐島かれんさん(モデル)推薦Maguro Brothers Waikiki(マグロブラザーズ・ワイキキ)かつて築地で働いていた日本人兄弟が切り盛りするマグロ料理の専門店。ダウンタウンにほど近いチャイナタウンで人気に火がつき、ここワイキキにもお店をオープン。目利きのふたりが選んだとろけるマグロめがけて開店前から列を成す大人気店だが、並ぶ価値はあり! マグロを中心に、ホタテやイカなどを合わせた丼物が種類豊富にそろう。桐島さんお気に入りの「中トロ&ポケコンボ」($15.52) 15時にチャイナタウン店を閉めてからワイキキ店をオープンする415 Nahua St., Honolulu, Pearl Hotel Waikiki 1F ☎808・230・3470 17:30~21:00 ㊡日曜 ※予約不可撮影/内田 恒 構成・文/赤澤かおり 本誌編集部 コーディネート/内野 亮 ※eclat8月号掲載 ※掲載されている情報は2019年6月現在のものです。
  • 気軽に女性らしさを演出できる「スカート」。Tシャツと組み合わせても、カジュアル過ぎず大人っぽくキュートで上品な印象に仕上がります。夏のコーデに迷ったら「Tシャツ×スカート」に決まり!1.流行のサイズ感を味方にほどよいモードを意識 (松本千登世さん/ビューティエディター) 「白と黒の色違いを大人買いしたTシャツは、ほどよいゆったりサイズが気に入りました。女っぽさとマニッシュさのバランスをとるためにスカートにはレギンスを重ねて、メンズライクなミュールで足もとを重めに仕上げます」。バッグは黒でそろえずキャメルで軽さを。 ●Tシャツ/シンメ スカート・バッグ/ジル サンダー ラリエット/シャルロット シェネ 時計/カシオ 靴/ロベール クレジュリー 2.小物でエッジを効かせる 黒×ネイビーのワントーン (福田亜矢子さん/スタイリスト) 今年はモードに着る黒Tが欲しかった福田さん。「黒ボトムでの全身ブラックも素敵ですが、今日は光沢のあるネイビーのマキシスカートで揺れ感とツヤ感をプラスしました。靴やバッグ選びは一歩間違えるとPTA風になってしまうので、エッジの効いたハードめのデザインを選びました」。 ●Tシャツ/エイトン スカート/イレーヴ バングル/ジバンシー バッグ/ジル・サンダー 靴/マルタン・マルジェラ3.ぴったりの白Tを揺れる黒やシルバー小物で軽快に (近藤和子さん/エクラ 華組) 30代からTシャツはプチバトーひとすじ。肩のラインが少し内側に入る16歳用をピッタリと着るのが近藤さん流。「黒のリネンスカートでシンプルに着たいので、シルバージュエリーで華やかさを添えます」。テニスやピラティスで鍛えたボディに潔い着こなしが映える。 ●Tシャツ/プチバトー スカート/シンゾーン ネックレス・バングル/エルメス バッグ/ヘレンカミンスキー 靴/カール ラガーフェルド他の画像を見る >>おしゃれな人のTシャツスタイル 一覧はこちら撮影/川﨑一貴(MOUSTACHE /大草さん) 目黒智子(福田さん、松本さん) 大瀬智和(鈴木さん、近藤さん) ヘア&メイク/菊池かずみ(大草さん) 取材・文/向井真樹 ※着用アイテムはすべて私物のため、すでに販売が終了しているものもあります。 ※eclat8月号掲載
  • 全国のおいしいものを知りつくした「エクラうまいもの班」がこの夏一番のお気に入りを個人的にリコメンド!1.「エッゲル・フランツ」のシードル (ライター・佐々木ケイおすすめ) 植物学者である生産者が無農薬、無肥料栽培するりんごで造る北イタリア産ナチュラルシードル。瓶内2次発酵、酸化防止剤無添加。ニワトコの花やカリンを加えたものも。「ワインのように食中酒として楽しめます」。 750㎖ 各¥2,500 ●輸入元 エヴィーノ  ☎048・799・3678  http://interlink-okinawa.jp/3.「紫野和久傳」の果椒 (ライター・西村晶子おすすめ) 「フルーツやナッツのお菓子の中で今、一番のお気に入り。山椒のピリッとした刺激がワインやウイスキーに合い、辛党への手みやげにも重宝」。実山椒と数種のナッツやドライフルーツがふんだんに。 ¥2,500(大)  ●東京都千代田区丸の内3の3の1新東京ビル1F  ☎03・3240・7020 
  • 【カルディ コーヒーファーム(KALDI COFFEE FARM)】には、夏の絶品グルメが大集合! なかでも、レッドでホットでチリな旨辛系のおつまみ&おやつが大充実しているんです! 今回は、話題の中華麻辣系から激辛ハバネロ系、ちょっぴり和風な七味唐辛子系、タイ風トムヤムクン系まで、キンキンに冷えたビールやワインと楽しみたい絶品おつまみ9選をご紹介します。 【カルディ(KALDI)】夏のおすすめ旨辛おつまみ 目次1.しびれ麻辣ポテトチップス 2.しびれ王 麻辣ピーナッツ 3.しびれ麻辣そらまめ 4.まるごと唐辛子スナック 5.餃子ぬれせんべい 6.オリエンタルクリスプ トムヤムナッツ 7.シラチャーおかき 8.ハバネロちーずサンド 9.京風七味の柿の種 1.しびれ麻辣ポテトチップス しびれ麻辣ポテトチップス ¥192/カルディ コーヒーファーム 舌がしびれるような山椒(花椒)の辛さ「麻味(マーウェイ)」と、舌がヒリヒリするような唐辛子の辛さ「辣味(ラーウェイ)」の2つの辛さがミックスされた「麻辣(マーラー)」味のお菓子が大人気です。みんな大好きスナック、ポテトチップスが麻辣風味に進化したのがこちら。 国産のじゃがいもを使用した薄くてパリパリのポテトチップスに、唐辛子と花椒の辛さがダブルでガツンときいています。 2.しびれ王 麻辣ピーナッツ しびれ王 麻辣ピーナッツ¥129/カルディ コーヒーファーム さまざまなフレーバーのピーナッツをリリースしているカルディ(KALDI)ですが、この夏は麻辣味が人気のもよう! 麻婆豆腐や麻辣火鍋などの四川料理のホームである中国は四川省産の花椒を使っているので、辛さにコクがあります! 麻辣油をまぶしたピーナッツと、刻んだ唐辛子、花椒の実をミックス。3つを合わせて一緒にいただくと、複雑な辛味と旨味が舌の上でスパークします☆ エディター沖島、こちらを気に入りすぎて、同じく辛いものが大好きな、我らがBAILAカバーモデルで女優の桐谷美玲さんに差し入れしたことも! 3.しびれ麻辣そらまめ しびれ麻辣そらまめ¥149/カルディ コーヒーファーム 麻辣系が続きますが、お次は炒ったそらまめです。火を吹きながらカンフーで辛さと戦うパンダのパッケージがゆる可愛いですが、そらまめ独特の旨味と、しびれるような辛さのダブルパンチが相性抜群! 薄皮ごと炒ってあるので、カリカリの食感も2層に。食べごたえがあり、永遠にビールが飲める旨辛おつまみです。 4.まるごと唐辛子スナック まるごと唐辛子スナック¥98/カルディ コーヒーファーム なんと、唐辛子そのものに衣をつけてまるごと揚げた大胆な発想のおやつ。真っ赤な見た目に「どれだけ辛いの!?」と一瞬ひるみますが、野菜チップスのような感覚で意外とサクサク食べられます。今回ご紹介しているラインナップのなかでも食べやすいほうかも! スナックとしてはもちろん、サラダやお惣菜、麺類など夏ごはんのトッピングに使っても◎。サクサクした軽い食感が、ふだんのおかずに絶妙なリズムと辛味を加えてくれます。 5.餃子ぬれせんべい 餃子ぬれせんべい¥257/カルディ コーヒーファーム ぬれせんべい独特のもちもちした食感と、皮のパリパリ感、さらに餃子のあんのジューシー感がお口のなかで大渋滞するユニークなおつまみ。丸い餃子の皮をぺたんと2つに折った形が愛嬌たっぷりです。 国内産うるち米のほかに、乾燥キャベツや乾燥ニラなど、餃子のあんに使用される食材が使われています。濃いくちのしょうゆにごま油、ラー油でアクセントをプラスしているよう。完売と再入荷を繰り返す、カルディ(KALDI)の大ヒットおつまみなのだとか。 6.オリエンタルクリスプ トムヤムナッツ オリエンタルクリスプ トムヤムナッツ¥298/カルディ コーヒーファーム 中華系麻辣陣営に負けじとばかりに気を吐くタイ陣営のおつまみにも注目です! イチ推しはこちらのトムヤムナッツ。カシューナッツに、唐辛子に加えてカフィアライムリーフ、レモングラスなど、エスニック料理によく使用されるのハーブを入れたスペシャルナンプラーソースに絡めであります。 ゴロゴロと煮詰められたような甘辛いトムヤムクンフレーバーがかなりクセになります。食べごたえもじゅうぶん! サラダ、チャーハン、焼きそばなど夏に食べたいエスニック料理にトッピングするのもおすすめだそう♪ 7.シラチャーおかき シラチャーおかき¥150/カルディ コーヒーファーム 「いぶりがっこおかき」など、たくさんの名品を持つカルディ(KALDI)オリジナルおかきですが、ついに大人気ホットソースである「シラチャー」フレーバーが爆誕! シラチャーはタイ(チョンブリー県・シーラーチャー郡)発のホットソースで、アメリカでマス向けに商品化され大ヒット! カルディ(KALDI)でも大人気なんだそうです。 シラチャーの味は、タバスコよりもマイルドで、パプリカや唐辛子など、原料として使われている野菜の味が驚くほどしっかりしていて、コクがあります。おかきは真っ赤に染まっていますが、噛みしめるとマヨネーズのような味わいもして、かなり新鮮! 8.ハバネロちーずサンド ハバネロちーずサンド¥178/カルディ コーヒーファーム 唐辛子の王様ともいわれる激辛のハバネロ。こちらは、アメリカで人気のハバネロ入りペッパージャックナチュラルチーズを魚肉シートで挟んだおつまみです。 口にいれた最初はふつうの鱈チーズのような感じなのですが、噛んでいくうち、マイルドなチーズのなかに潜んでいたハバネロの激辛が、最初はジャブのように、そして突然めちゃくちゃ主張してきます!  9.京風七味の柿の種 京風七味の柿の種¥149/カルディ コーヒーファーム 定番の柿の種(せんべい部分)に、風味を重視した京風七味をまぶしたおつまみ。もちろん辛いのですが、鼻に抜けるふくよかな香りが爽快です。 ピーナッツがないぶん、おかきそのものの旨味や辛味と真剣に向き合えるのが◎。ビールはもちろん、日本酒や焼酎にもよく合いますよ。 いかがでしたか? いずれも、いつも飲んでいるビールやワインのお供としてグイグイお酒がススんでしまう禁断の味わい♡ 飲みすぎ&食べすぎに気をつけていただきながら、ほどよくお楽しみいただくことをおすすめします! 【カルディ コーヒーファーム】公式オンラインサイトはこちら 取材・文/沖島麻美 ※記事内容には個人の感想が含まれます。また、価格や在庫状況は2019年7月中旬時点での情報で、店頭やオンラインストアでは予告なく変更になる場合があります。
  • あらゆるシーンで涼やかに着映える夏の味方「ワンピース」。今回は、休日のちょっとしたお出かけに着ていきたくなる、爽やか&鮮やか色のワンピース5着を厳選してお届けします。1.母と銀座で待ち合わせ、 七月大歌舞伎を堪能 動物柄が珍しいさわやかなプリントワンピース。ジャケットできちんと感も。 ワンピース¥54,000(ヴェルメイユ パー イエナ)・ジャケット¥74,000(セヤ)/以上ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店 メガネ¥36,000 /オプティカルテーラー クレイドル 青山店(オリバーピープルズ) ブローチ¥12,000/アナイ バッグ¥160,000/エッセンス オブ アナイ(ペリグリノ) 靴¥36,000/ウィム ガゼット 青山店(ウィム ガゼット)2.学生時代からの仲よし グループで久々の女子会 気のおけない女友だちとの会には、鮮やかなフューシャピンクのワンピースで、キャッチーなトレンド感を意識した着こなしに。コクーンシルエットと長め袖なら体型について突っ込まれる心配なし! ワンピース¥15,800/マーコート(ミズイロインド) ネックレス¥130,000/KAORU 伊勢丹新宿本店(カオル) バッグ¥141,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥44,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ネブローニ)3.飛行機での移動は、ラクちんな ジャージー素材ワンピースで 伸縮性がありしわになりにくい素材のワンピースは、旅の移動時に重宝。黒ベースだから明るいイエローの花柄にも挑戦しやすく、黒小物と合わせれば引き締まった印象に。Vネックで顔まわりをすっきり見せてくれるのもうれしい。 ワンピース(共布ベルトつき)¥39,000/スリードッツ青山店(スリードッツ)カーディガン¥24,000/スローン 帽子¥15,000/アナイ バッグ¥23,000/アルアバイル(ヴィオラドーロ) 靴¥33,000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ)他の画像を見る撮影/金谷章平(モデル) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ ※eclat8月号掲載 
関連キーワード

RECOMMEND