気分が上がる!大人のための新ショップ 五選

Web eclat

1.ザ ライブラリー 表参道店(エディター&ライター 大野智子さん推薦)

「何か素敵なものに出会いに、ふらりと立ち寄りたくなる場所」

 マーガレット・ハウエルやイレーヴなどでおなじみの、ザ ライブラリーの表参道店は、都心にあるとは思えない、緑あふれるクリーンな空間が魅力。「自由が丘店には行っていましたが、表参道店にはメンズもあるという話を聞き、おしゃれ倦怠期の夫や社会人1年生の息子にすすめるため、さっそくチェックしにいきました」という大野さん。
「入ってすぐの書籍や雑貨や食器のコーナーが印象的で、洋服屋に行くというより、独自の世界観が息づくライフスタイルショップに行くという感覚。ユニセックスアイテムが充実しているので、エクラ世代がパートナーと出かけても楽しめると思います。何か素敵なものを見つけにいきたくなるお店です」。

1/2

2/2

緑豊かなかわいらしい中庭が併設されている店内。「マーガレット・ハウエル」「サンスペル」「イレーヴ」とショップオリジナルブランドのほか、「エイトン」などのセレクトアイテムがそろう。特に「イレーヴ」が一度に見られるのはここだけ
恵比寿のブックストア『ポスト』がセレクトした写真集や「野田琺瑯」などのキッチン雑貨、オリジナルのショルダーバッグなどがセンスよくディスプレイ
東京都渋谷区神宮前4の11の2
☎03・3470・2151
11時〜20時 不定休
www.the-lib.jp/

2.キャバン 代官山(スタイリスト 吉村友希さん推薦)

「女性が着られる、魅力的なユニセックス服がそろっています」

40周年を迎えたトゥモローランド渾身の新ブランド「キャバン」のフラッグシップストア。モダンで心地よい店内には、性別や年齢を超えて着られる、こだわりのユニセックスウエアがサイズ展開豊富にそろう。仕事はもちろん、プライベートでもここの洋服が好きという吉村さん。
「最近、メンズっぽい大きめトップスにタイトなボトムのバランスが気になっていて、オリジナルのスウェットパーカを買って以来のお気に入りショップ。素材がよくて、デザインされているけど華美ではなく、単なるメンズの小さいサイズというより、女性が着てもきれいに見えるよう計算されているところがいいですね。店内に置かれているアートもセンスがよくて、行くたびに注目しています」。

1/2

2/2

コンクリートとウッド調がミックスされた店内には、メンズコレクションもそろっているが、置いてあるものはすべて女性も着用可能なユニセックスアイテム
2階には、色のきれいなニット類やコーデュロイシャツなど、Jマダムにおすすめのアイテムがそろっている
東京都渋谷区猿楽町25の9
☎03・5489・5101
11時〜20時 不定休
caban.jp

3.カオス丸の内(エディター&ライター 向井真樹さん推薦)

「ディレクターのこだわりが服にも空間にも息づいています」

「これからは一生着られるものを大切に選んでいきたい、と思っていたときに出会ったのがカオスの服。展示会で、ディレクターの櫛部さんの素材へのこだわりや服づくりへの情熱を知り、単におしゃれだからというのではなく、つくり手の思いや背景が感じられる服を着たいという気持ちが強くなりました」という向井さん。
今回新しくできた丸の内店を訪れてみて、「広々とした贅沢なスペースはまさに大人の女性向き。場所柄、働く女性を意識したというだけあって、仕立ての美しいジャケットやコート、素材にこだわったニットなどが充実しています。おしゃれを楽しんできた大人たちが、クロゼットに足していくのにちょうどよいアイテムがそろっています」。

1/2

2/2

丸ビル2階にオープンした広々とした店内。正面入口付近には、今季イチ押しのロングコートやニットがディスプレイ
グリーンや本と一緒にさりげなく置かれているのは「ア ヴァケーション」の水玉バッグや、「ジル・サンダー」のシューズ
東京都千代田区丸の内2の4の1 丸の内ビルディング2F
☎03・6259・1394
11時〜21時
(日曜、祝日)~20時 不定休
www.chaostokyo.jp/

4.ザ ストア バイシー(エディター&ライター 松井陽子さん推薦)

「目で楽しみ、心地よい気分になれる。ライフスタイルを丸ごと満喫できるお店」

「私たちの世代って、外で着る洋服だけよければいいのではなく、部屋着にもこだわりたいし、インテリアも素敵にしたい。そんな、家での時間を大切にするようになったエクラ世代にぴったりのお店」と、松井さんが推薦してくれたのがここ。
カリフォルニア在住の女性の家をロールモデルに、1階はリビング、地下1階はベッドルームなどで構成。その空間の中に洋服や雑貨、アート作品がさりげなくディスプレイされている。「洋服だけでなく、一点もののインディアンジュエリーやラグも素敵で、見ているだけで気分が上がります。単に物を買いにいくのではなく、お店に行くこと自体が楽しめる、そんなお店に出会えました」。
東京都渋谷区猿楽町28の2 代官山SPEAK FOR 1F/B1F
☎03・5459・6392
11時〜20時 不定休
thestorebyc.com/

1/2

2/2

入口すぐの一角は、架空の女性の衣装部屋をイメージ。ラックごとにコーディネートが完成するように提案されている
おしゃれな女性の一週間のワードローブを表現したクロゼットの中身。オリジナルブランド「コキュカ」の洋服とインポートアイテム、ヴィンテージ小物などがミックスされて

5.エポカ ザ ショップ丸の内 (編集U推薦)

「イベントのときに頼れる、ドレスの品ぞろえが秀逸!」

 ミラノのホテルをイメージしたという、華やかで洗練されたショップへと変貌を遂げた丸の内店。「お店にいるだけで女子力がアップしそうな空間。ドレスばかりを集めたスペースではプリティウーマン気分に浸れます(笑)。大人向けラインナップなので、披露宴やパーティ用のワードローブが必要な際にはぜひ立ち寄ってほしい! クロエやマルニなど小物のセレクトも充実していて楽しめます」と副編Uもイチ押し。
ポーチなどギフトにも最適なオリジナル小物コーナーもあり、いざというときに駆け込みたくなるお店。

1/2

2/2

大理石がひときわ目をひくショッピングカウンターやアーチ状の装飾は、ミラノのホテルのレセプションをイメージしたもの
レース使いが美しい「タダシ ショージ」のドレスが勢ぞろい。手前の赤いドレスは丸の内店の限定色
東京都千代田区丸の内2の5の1
☎03・5224・3457
11時〜20時
(日曜、祝日)~19時 不定休
www.epocainfo.com
eclat2月号掲載 撮影/大瀬智和 スタイリスト/池田メグミ 取材・文/新田幸子
関連記事
  • こんにちは。今回から連載をさせていただくことになりましたYUKIです。韓流や韓国ビューティをメインにライター、取材コーディネートをしている私が、韓国・ソウルからHOTなコスメ情報をお届けしていきます!皆さんはメイクのなかでどのパートが好きですか? 私はアイメイクの仕上げに、きらきらのグリッターアイシャドウを塗る瞬間が特に楽しいです。一気に顔が明るくなって、気合が入ります! 韓国ブランドのアイシャドウだと『CLIO』(クリオ)や『innisfree』(イニスフリー)が有名ですが、実はクッションファンデで知られる『MISSHA』(ミシャ)からとってもかわいいアイシャドウが出ているんです!「モダンシャドウ グリッタープリズム」グリッターを選ぶ時、私はベースになっている色味だけでなく、ラメの光り方を見るようにしています。シルバー系なのか、ゴールド系なのかだけでも印象が変わってくるからです。『MISSHA』のシャドウはマーブル状に色々なラメが混ざっているので、立体感がアップ。いつものアイメイクにプラスするだけで上品な濡れツヤ目もとになれちゃいます。一番人気は「フリーダムプリズム」『MISSHA』のBAさんによると、韓国女子から一番人気のカラーは「フリーダムプリズム」だそう。肌なじみのいいライトブランのベースカラーに白の偏光ラメと紫のラメが神秘的です♡ ほかの色を邪魔しないのでデイリー使いにぴったり。グリッター初心者の方にもおすすめです。「レッドビームプリズム」で夏感UPイチオシの旬カラーは、2019年夏の新作で発売されたばかりの「レッドビームプリズム」。コーラル寄りのレッドベースにゴールドラメ、さらにミントカラーが潜んでいるとは……天才です。あまりのかわいさにお財布の紐が一瞬で切れました。こちらはベースカラーの発色が強いので、アイホールの中央や、涙袋にポイントとして使っています。単色で塗っても透け感がかわいいカラーです。(※日本未発売)肌にのせた発色です。上が「レッドビームプリズム」、下が「フリーダムプリズム」。ラメがざくざくに入っているのに、テクスチャーはしっとりしていて、しっかり密着。これまで粉飛びしたことは一度もありません!「フリーダムプリズム」は『MISSHA』の日本公式サイトでも取り扱っていましたよ。 YUKI 20代の韓国系ライター。K-POPアイドル、俳優にインタビューを行い、現在はソウルと東京を行き来して活動中。美容/コスメ好きで、美容雑誌やWEBマガジンでは韓国美容のコラムを担当。私生活でも3日に1度はポーチに新入りコスメが増える。韓国人ビューティユーチューバーのメイク動画を見るのが癒し。Instagram: https://www.instagram.com/__y.92/
  • さわやかジャケットで店舗への挨拶まわり。温かい言葉に感涙異動になる前に、お世話になった店舗を訪ねてご挨拶。涼しく着られる一重のジャケット×軽快に歩けるスキニーパンツは、胸元には赤をきかせて顔映えをよく。クリア素材のローヒールパンプスで、夏トレンドも意識して。挨拶に伺ったお店で、みなさんが温かい言葉をかけてくださり感動。励ましのお言葉に思わずウルっときてしまい、赤くなった目をサングラスで隠して。お世話になった方々から学んだことを胸に、次の部署でも頑張ろう!Tシャツ¥5500/トゥモローランド(マカフィー) ジャケット¥62000/ebure  パンツ/アンティット(ヘルシー デニム) サングラス¥34000/モスコット トウキョウ(モスコット) イヤリング¥8500/アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店(ケネスジェイ レーン) バッグ¥22000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) 靴¥27000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)【今月のPROFILE】家電メーカー勤務の企画部データアナリスト・絵美里 家電メーカーのマーケティング部からアプリの企画部へ異動内示を受けたばかり。内勤が多く、ファッションは甘め、グルメは激辛が好物。後輩男子と恋が始まりつつあり! 明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【着回しに効くTシャツ】赤ボートネックTシャツ 好感度の高いさし色のトマトレッドは、女っぽいリブTでコンパクトに取り入れて。ボートネック&小さめの袖で、可愛く着映え。¥5500/トゥモローランド(マカフィー)【相棒ワードローブ】リネンジャケット 裏地のないライトリネンのジャケット。ゆったりしたシルエットはウエストリボンでシェイプして。¥62000/ebure 【相棒ワードローブ】インディゴスキニー フレンチテイストのアイテムに似合うインディゴデニム。ハイウエストで細すぎない形がレディライク。¥13000/アンティット(ヘルシー デニム)「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>>関連アイテムをこちらで買えます! 画像をタップ♪【関連商品】suadeo 【究極】のスビン綿半袖リブニット ¥7200(¥9000の20%オフ)+税【関連商品】ICB Sheer Cloth ダブル前 ジャケット ¥28,000+税撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/中山友恵〈ThreePEACE〉 スタイリスト/大平典子 モデル/絵美里 取材/久保田梓美 WEB構成/衛藤理絵
  • 日々たくさんの情報を発信してくれるモア公式ブロガー【モアハピ部】。5/28より、第12期がスタートしました! 彼女たちのブログには、ファッション、ビューティ、グルメなどモア世代がハッピーに過ごすヒントがたっぷり。そこでっ!! 今週人気のあったファッション・ビューティー・ライフそれぞれのランキングを発表しちゃいます! 今モア世代がリアルに気になっていること、注目していることをチェックしましょ♡ ※記事発信時点での情報のため、入手困難な場合や、販売・セール・イベント等が終了している場合があります。まずはファッションの人気記事から!『kate spade new york』と『GU』の優秀アイテム【ファッション人気記事】♡第3位♡夏ファッションをライブの写真とともに振り返る! No.431 うたうゆきこさんは、自身の夏ファッションをライブの写真とともに振り返り。『マリメッコ』の洋服や、『ドクターマーチン』のサンダルなど、お気に入りのアイテムを紹介してくれました! ▶︎▶こんなコーデに ♡第2位♡『kate spade new york』がお気に入りなんです♡ No.510 MIYUさんは、『kate spade new york』の「シルビア ミニ キー リング ウォレット」がお気に入り! 小さいのに収納力抜群でとにかく使える。この機能を超えるアイテムは他にない!! と大絶賛です。 ▶︎▶︎実はこれで3代目 ♡第1位♡『GU』の「ローウェッジクロスサンダル」 No.562 しょこたうるすさんが購入したのは、『GU』の「ローウェッジクロスサンダル」。低反発クッションでローヒールと、とにかく歩きやすい! この夏大活躍の予感だそう♡ ▶︎▶︎人気アイテムらしい 韓国コスメ、『ディオール』『コスメデコルテ』の愛用品を紹介!【ビューティー人気記事】♡第3位♡韓国コスメ「リアルバリア エクストリームクリーム」 No.692 れいさんは、韓国のドラッグストアで「リアルバリア エクストリームクリーム」を購入。シアバターっぽいテクスチャー で、保湿力バッチリ◎。ちまたでは“72時間保湿のクリーム”と言われているみたい♪ ▶︎▶︎かなり気に入った!♡第2位♡「ミス ディオール オードゥ トワレ ローラー パール」♡ No.570 しんしんさんが愛用する香水は、『ディオール』の「ミス ディオール オードゥ トワレ ローラー パール」♡ ロールオンタイプなので、いつでもどこでもささっとつけられるのがポイント。 ▶︎▶︎とことん甘い香り♡第1位♡『コスメデコルテ』のきらきらアイカラー No.702 ❤︎KANA☺❤︎さんがおすすめするのは、『コスメデコルテ』の「アイグロウ ジェム」。深みのある色で、重ねづけすればするほど立体感が生まれるんだとか♪ ▶︎▶︎艶感も◎『ムーミンバレーパーク』は、アウトドア感覚で行くのがいい!?【ライフスタイル人気記事】♡第3位♡『としまえん』のあじさい祭りに行ってみた! No.685 rinaさんが訪れたのは、東京・『としまえん』のあじさい祭。まだ咲き始めだったけど、満開の頃にまた行きたい♪ と再訪を希望。今の季節ならではの景色にうっとり♡ ▶︎▶︎とってもきれい♡第2位♡葉山ビーカープリンの『マーロウ』でランチ No.366 Yumiさんは、葉山の人気カフェ『マーロウ』でごほうびランチを楽しんだそう♡ ボリュームもあって、とにかくおいしい。葉山牛が食べられるメニューをチョイスしたんだって♪ ▶︎▶︎もちろんプリンも!♡第1位♡『ムーミンバレーパーク』に行ってきました No.690 Yukaさんは、気になっていた『ムーミンバレーパーク』へおでかけ♪ 広大な敷地内にさまざまなショップやアトラクションがあり、1日じゃ物足りない! と、見所を教えてくれたのでした。 ▶︎▶︎歩きやすい靴で★今回のランキングは6/10(月)~6/16(日)のデータをもとに作成しました。モア世代の"リアル"が詰まった記事をお見逃しなく!→モアハピ部の最新ブログはこちらから
  • DIESEL ART GALLERYでは現在、愛媛と東京を拠点に活動する気鋭のアーティスト、大竹彩子の個展「COSMOS DISCO」を2019年8月22日(木)までの会期で開催中だ。 女性の顔のドローイングを多数展示。いずれも瞳は描き込まれていないのがユニーク。© Saiko Otake大竹は1988年生まれ。日本の大学を卒業後に渡英し、ロンドンの名門、セントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインでグラフィック・デザインを学び、2016年に卒業。2017年に帰国してからは、故郷である愛媛と東京を拠点に、国内外で旺盛な制作活動を行なっている。果てしなく広がる宇宙から、細胞膜の内側の微視的な領域まで、彼女のアンテナが反応し、“発見(Disco/ver)”された“宇宙(Cosmos)”の断片。集められたそれらのイメージは、ドローイング、ペインティング、写真、コラージュなど、さまざまな技法で作品として昇華する。 © Saiko Otake Photo by Masato KawamuraASHU(亜洲中西屋)のキュレーションによる本展では、30点以上のドローイングと写真の新作を展示・販売。中でも目を惹くのはヴィヴィッドなアクリル絵の具で描かれた女性たちの肖像画で、いずれも瞳が描かれておらず、ポップなのにちょっと不気味な雰囲気を漂わせている。また、旅先で撮りためたカラフルな写真は、独自の視点で組み合わせて展示。また、初日から5日間にわたり大竹がDIESEL ART GALLERYにて滞在制作したモノクロのドローイング作品3点も展示されている。また、会場ではZINEなどの関連グッズも販売。 写真作品による『NIPPON』『SOMEWHERE』『SWI-SS』などフルカラーのZINEシリーズは、パリ滞在時のシーンを盛り込んだ新刊『PAPAPARIS』を含む全10点が購入できる。Tシャツやステッカーにも注目だ。7月20日(土)の15:00からは大竹によるライブペインティングを、また16:30からはミュージシャンの大橋トリオをゲストに迎えてのアーティストトークイベントも入場無料で開催予定。間近で制作の現場を目撃できるチャンス、お見逃しなく!大竹彩子「COSMOS DISCO」会期:〜2019年8月22日(木)会場:DIESEL ART GALLERY(東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti B1F DIESEL SHIBUYA内)時間:11:30〜21:00休館日:不定休03-6427-5955http://www.diesel.co.jp/art text : Shiyo Yamashita
  • いつの時代の話でも、どんな国のものでも、どこか他人事とは思えないのが家族小説のおもしろさ。今回は家族の物語が大好きという江國香織さんに、たくさんの候補の中から選りすぐりを紹介していただいた。1.『野鴨』 庄野さんのご家庭をモデルにしたシリーズの一冊。冴えた視線と厳選した言葉で、穏やかな日常や楽しいエピソードが描かれています。一度庄野さんのご自宅にうかがったときは、小説そのままで感動しました! 庄野潤三 講談社文芸文庫 ¥1,4002.『波』 作者はスリランカの大津波でふたりの息子と夫と両親を失う。あまりにつらい状況ですべてにNOといいたくなるが、時間をかけて個人でぽつんといることを受け入れていく。家族とは人間とはと、考えさせられます。 ソナーリ・デラニヤガラ 佐藤澄子/訳 新潮社 ¥2,0003.『ある家族の会話』 イタリアの女流作家の自伝的小説。背景にあるのはファシズムが迫る時代ですが、家族の中で語られる本当か嘘かわからない一族の話の豊かさといったら! その家庭でしか通じない言葉や話があることの幸せを感じます。 ナタリア・ギンズブルグ 須賀敦子/訳 白水Uブックス ¥1,000他の画像を見る撮影/古谷 勝 取材・文/山本圭子 撮影協力/アワビーズ ※eclat7月号掲載
  • アラフィーが、Tシャツをカジュアルになりすぎず、素敵に着こなすコツは“きれいめ合わせ”にあり。アラフィー世代から絶大な支持を得るスタイリスト・村山佳世子さんが、Tシャツに合わせたい小物をピックアップ。メソッド2:ゴージャスすぎない本物志向の小物使いでさりげなく大人の風格をカジュアルなTシャツにゴージャスな小物はトゥーマッチ。上質だけどTシャツになじむデザインをさらりとつけて。ボーダーと相性抜群のパール。小玉で短いものをさりげなく「定番のコンパクトな黒×白のボーダーTシャツにパールを小さく効かせる、そんなフレンチレトロな雰囲気がかわいくて。パールは小玉、襟ぐりの内側に収まるぐらいの短さでカジュアルに楽しみたい」(村山さん)。 Tシャツ¥9,000/アニエスベー パールピアス¥161,000・パールネックレス¥348,000/TASAKI パンツ¥38,000/アングローバル(マーガレット・ハウエル) バッグ¥415,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ)【Profile】 村山佳世子 シンプルで洗練されたスタイリングにファン続出のトップスタイリスト。『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)を上梓し大ヒット中。>>「大人のTシャツ“きれいめ合わせ”」はこちらから撮影/菊地 哲 ヘア/ EIJI SATO メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/田沢美亜 取材・文/坪田あさみ ※エクラ7月号掲載
  • こんにちは。 ライター川口ゆかりです。   東京は最高気温27度。 今朝、天気予報を見るなり「梅雨明けしたんだっけ?」と主人。確かに確かに。そう思ってしまう陽気。今日も暑くなりそうですね。     こう暑い日が続くと困るのが洋服選び。 時間のない朝はワンピースか、だいたい袖のないタンクトップに涼しげなボトムスが最近の定番です。なかでもつい手にとってしまうのがプリーツスカート。   秋冬の重めニットにあえて軽やかなプリーツスカートを合わせる着こなしが好きで、ここ数年、溺愛してるんですがはいていると必ず褒められるのがこちら。 ASTRAETのもの。今季の春夏物です。深いパープルに深いターコイズブルー。カラー切り替えがあることで単調になりがちな夏の着こなしを格上げしてくれる!さらに細いプリーツが縦のラインを強調するので、自然とスタイルアップも叶う。まさに一石二鳥アイテム。 タンクとプリーツのワンツーコーデ スカート/ASTRAET  トップス/Ronherman  サンダル、ブレスレット/HERMES  ピアス/ASOKO この日は、ネイビーのタンクトップを合わせてすっきりと。小物は白で統一して、見た目だけでも涼しげにまとめてみました。ガーリーに傾きがちなプリーツスカートもカラー切り替えがあるぶん、モードな雰囲気に。 好きな色に囲まれる暮らし。 そういえば、自宅に飾るお花も深いパープルばかり。好きな色って、ついつい手にとってしまうようです、、、笑笑     皆さんは何色がお好きですか??     日々の暮らし、私服はInstagram yucari kawaguchiまで。 いつもありがとうございます^ ^  
  • ジバンシィが、今年70周年を迎えるオニツカタイガーとのコラボレーションから生まれた限定スニーカー「MEXICO 66™ GDX」をジバンシィの表参道店、伊勢丹新宿店、阪急うめだ本店、ジバンシィ公式LINEストア、さらにオニツカタイガー表参道店、銀座店、難波店にて発売中だ。 「MEXICO 66™ GDX」各¥65,000(ブラック/ホワイト)/ジバンシィ表参道店今回のコラボレーションで誕生したのは、オニツカタイガーのアイコンモデル「MEXICO 66™」をベースにした2種類の「MEXICO 66™ GDX」。ブランドの特徴であるオニツカタイガーストライプと、『GIVENCHY』ロゴのレタリングを施したデザイン、そしてシグネチャーカラーである『レッド』と『ホワイト』のひときわ目を惹くデザインが、ホワイトとブラックの2色で展開される。 「MEXICO 66™ GDX」各¥65,000(ホワイト)/ジバンシィ表参道店どちらのスタイルにも、ヒールフラップには「GIVENCHY」と「Onitsuka Tiger」のロゴが。そしてこのコラボレーションのためだけにデザインされたスペシャルラッピングも用意された。ジバンシィのアーティスティック・ディレクター、クレア・ワイト・ケラー自身も愛用するという「MEXICO 66™」を大胆に再解釈した今回のコラボレーションシューズ、ファンならずとも要チェックだ。 「MEXICO 66™ GDX」各¥65,000(ブラック/ホワイト)/ジバンシィ表参道店ジバンシィ表参道店https://www.givenchy.com/03-3404-0360 text: Fuyuko Tsuji
関連キーワード

RECOMMEND