富岡佳子が纏う、大人の“ロング&ベルテッド”コート【印象一新!「アウター」で春へシフト】

Web eclat

富岡佳子が着る大人の魅力の「ロング&ベルテッド」

歩くたびに揺れるすそにドラマを。キュッと絞ったウエストに凛々しい女らしさを。この春選ぶコートのキーワードは“ロング&ベルテッド”。着るだけで大人の迫力とこなれ感をさりげなくアピールできるのがうれしい。さらりとまとって、春の街へ。
富岡コーデ

1/6

富岡コーデ2

2/6

富岡コーデ3

3/6

富岡コーデ4

4/6

富岡コーデ5

5/6

富岡コーデ6

6/6

春の日射しに映えるイエロー。シルクの光沢に大人の余裕が漂って


控えめな艶(つや)としっとりとした落ち感こそ、シルクをまとう真骨頂。カシュクール風にウエストをマークするデザインが美しいドレープを描き出し、リュクスな印象を残してくれる。


コート¥260,000/ザシークレットクロゼット神宮前(シクラ ス) Tシャツ¥11,000/ミューズ ドゥドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥38,000/ ebure バッグ¥325,000 /ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥48,000 /アマン(ペリーコ)

ほのかに透ける白が最旬。トレンチコートは長い丈と素材でイメージを一新


ベルテッドの代名詞でもあるトレンチコートを、この春らしいアレンジで。アスレジャーな素材はロング丈でも軽やかで、透け感が小気味よさを演出。体を覆う分量は多くても印象が軽くなる。


コート¥186,000・ニット¥66,000・パンツ¥54,000(3点ともスポーツマックス)・手に持ったサングラス¥31,000(マックスマーラ)/以上マックスマーラ ジャパン バッグ¥686,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥77,000/ピエールアルディ 東京(ピエール アルディ)

ナチュラルな麻のガウンコートはルーズに締めるベルトでこなれた風情に


パンツにスニーカーというアクティブなカジュアルも、コートを重ねれば大人のムード。麻のざらりとした質感をたっぷりとまとうことで、ナチュラルながらも感度のいいクールな装いに。


コート¥67,000/ザ ストア バイシー代官山店(コキュカ) ニット¥19,000/ebure パンツ¥30,000 /オーラリー(オーラリー)バッグ¥185,000 /トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥24,000 /サンスペル 表参道店(サンスペル×ウォルシュ)

ふわりと広がるすそは“ロング&ベルテッド”の醍醐味。きれいめネイビーが大人の愛らしさに


コットンベースのノーカラーコートは、ボリュームで今季らしさをプラス。風に優しく揺れるすそが、おとなしくなりがちなネイビーに華やぎを添えてくれる。まじめよりおちゃめを目ざそう。ロングスカートをチラリと見せても好バランスに。


コート¥84,000/ebure ブラウス¥23,000(コキュカ)・ピアス¥27,000(アリアナ)/以上ザ ストア バイシー代官山店 スカート¥39,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) バッグ¥45,000/アマン(ペリーコ)靴¥97,000/トッズ・ジャパン(トッズ)

ゆるりとベルトを締めて、リラックスしたムードに。明るい色のコートは小粋に着る


淡くスモーキーなセージ色は、優しい春の日射しに似合うニュアンスあるカラー。ウール混素材のかすかな重みで、ビッグシルエットでも体に自然になじんでくれるのがうれしい。ベルトを締めるデザインを選ぶのはキリリと見せるためだけじゃない。ゆるりと締めれば、くつろいだ雰囲気を漂わせるのに効果的。見た目も着心地もゆったりとして素敵。


コート¥180,000・ニット¥75,000・パンツ¥75,000 /ブラミンク(ブラミンク) ピアス¥41,000/ザ ストア バイシー代官山店(アリアナ) バッグ¥24,000/ウィム ガゼット 青山店(マルコ マージ)

トラッドなチェックにはシルエットで遊び心をプラス。愛嬌のある着こなしで春を呼ぶ


肘のあたりがツンと広がる袖、全身を覆う丸みのあるシルエット。立体的な仕立てはトレンチがベースながら、ちょっとユニークな存在感。きちんと整えずに、ラフに着るのが断然かっこいい。


コート¥138,000/コロネット(エアロン) ニット¥16,000・スカート¥19,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) サングラス¥49,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥415,000 /モワナメゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥141,000(オーダー価格)/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)

大人がほしいクラス感と小気味よさをかなえてくれるレザーブルゾンは、季節と季節をつなぐマストアウター。重く見えがちな印象を払拭する、春ならではのアイテムをセレクト!
撮影/YUJI TAKEUCH(I BALLPARK) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/村山佳世子 モデル/富岡佳子 構成・文/宮崎桃代 ※エクラ2019年3月号掲載
関連記事
  • ワンピースを「カッコよく」着る、そのコツは?一枚さらっと着るだけで決まるのが、ワンピースのいいトコロ♡ でも、今知ってほしいのは“一枚で着る”のちょっと先。下にはく、上にはおる、小物を足す……そんなひと工夫で、いつものワンピースが見違えるように「カッコよく」なる!!手持ちのワンピでOK♡ カッコよくなる【8つの小技】小技1.カットソーワンピにはきれいなパンツを カットソーの持つリラックス感を、パンツで引き締めるイメージで。重ねることで少しモードに、ぐっと大人に。あえて“ゆるいもの同士”でまとめることでこなれ感も生まれる。クリーンな白にブラウンをきかせた、ありそうでなかった洗練配色も素敵! ワンピース¥6990/プラステ パンツ¥31000/FUN inc.(アイロン) コート¥42000/UTS PR(アンダーソン ベル) 靴¥83000/プラージュ 代官山店(ポール アンドリュー) バッグ¥29500/ADINA MUSE SHIBUYA(アディナ ミューズ) 時計¥39500/ピークス(ロゼモン)小技2.黒い細ベルトでウエストマーク 確実におしゃれ上級者を気取れる、黒パンツと黒ベルトの合わせ技。ベルトをすることで、より女っぽいニュアンスとシルエットが生まれる。 ワンピース¥25000/デサント ブラン 代官山(デサント ポーズ) パンツ¥14000/UTS PR(アンダーソン ベル) 靴¥15000/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥13000/ハリウッド ランチ マーケット(ローラ ディ マッジオ) ピアス¥8000/ガス ビジュー 青山 時計¥25000/ピークス(ロゼモン) ベルト¥990/ジーユー小技3.ビッグシャツワンピにはハイネックを 春のシャツワンピはトラッドに着たい気分、だからTシャツじゃなくハイネックがいい。カラーワンピに初トライするなら深いグリーンがおすすめ。白いカットソーと黒いカーディガンの肩かけで、さらに気負わずに着やすくなる。 ワンピース¥7400/KBF ラフォーレ原宿店 ニット¥26000/デミルクス ビームス 新宿(リト) カーディガン¥32000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) 靴¥13500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥5900/クリア インプレッション イヤリング¥6800/ルーニィ 時計(フェイス)¥22000・(ベルト)¥5500/ノジェス 靴下¥800/タビオ小技4.あいまい配色×素足で女っぽく オートミールみたいな色のクリーム色のワンピには、ライトグレイのカットソーを。あえての“あいまいな配色”が春らしさと優しげな印象を連れてくる。小物はかっちりしたバッグとベーシックなローファーを、靴下ははかずに素足で。きちっとしすぎず、女っぽさも忘れたくないから。 ワンピース(ベルトつき)¥28000/ヤマトドレス(&ディアー) ニット¥12000/モットハウス・トーキョー 靴¥36000/リーガル コーポレーション バッグ¥14000/ダイアナ 銀座本店 時計¥7800/コモノ東京小技5.ブラウンストライプとオレンジカーデの好相性に頼る “ワンピとカーデ”は定番だけど、ブラウンのストライプとオレンジになるとこんなに新鮮。レギンスはスリットタイプでさらに軽快に。 ワンピース¥32000/フィーニー レギンス¥1490/ジーユー ニット¥10800/セント ジェームス代官山店 靴¥16000/ティアラ(ラ ピエス) バッグ¥17500/リフラティ シップス ルミネ横浜店(マルコ ビアンキーニ) ピアス¥30000/TOMORROWLAND(イヴィ) 時計¥36500/デミルクス ビームス 新宿(ラーソン&ジェニングス) 小技6."きちんと"なトレンチと"きちんとしすぎない"ためのレギンス トレンチを今年らしく着るために、ストライプは太めで爽やかな色がいいし、足もとは素足よりもレギンスでひとクセあったほうがいい。 ワンピース¥19000/アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店 レギンス¥2200/タビオ コート¥75000/グッドスタンディング(リノ) 靴¥46000/グラストンベリーショールーム(サンダース) バッグ¥16000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ フィロソフィー) イヤリング¥1500/お世話や 小技7.長×長バランスにトライ 体のラインにそうワンピも、繊細な揺れ感のプリーツスカートも、それぞれ着るよりも“狙っている感”が出ないのがいい。髪に巻いたスカーフ、足もとの赤いバレエ靴。ちょっとフレンチシックなムードも漂わせて。 ワンピース¥19000/ルーニィ スカート¥11000/ペルルペッシュ 靴¥1490/ジーユー バッグ¥49000/FUN inc.(ベルメール) スカーフ¥18000/グラストンベリーショールーム(ア ピース オブ シック) イヤリング¥3500/ルクールブラン小技8.きれい色スカートを重ねる 透けるニットワンピース、優しげなコーラルオレンジ、フェミニンな魅力が加速する。靴だけは辛口なパイソン柄、それもまた今っぽい。 ワンピース(ウエストリボンつき)¥23000/ルーニィ スカート¥27000/インターリブ(サクラ) タンクトップ¥11000/GREED International(ベッド&ブレックファスト) 靴¥51000/リエス(ペリーコ) バッグ¥24000/パリゴ 丸の内店(モダルー) ピアス¥1600/ジオン商事(スリーフォータイム) 時計¥61000/アガット ♡5月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/峠 雄三 ヘア&メイク/野口由佳 モデル/土屋巴瑞季 鈴木友菜 スタイリスト/石上美津江 撮影協力/UTUWA アワビーズ TITLES
  • きれいめにもカジュアルにも万能なくるぶし丈パンツ。スニーカーやミュールなど、休日のコーディネートにおすすめの靴をご紹介。【1】ペリーコ サニーのパイソン柄スリッポンオフの日に重宝するスリッポン。ボリュームのある厚底スリッポンは細身のくるぶし丈パンツとの相性もいい。パイソン柄がアクセントなって大人の着こなしに。スリッポン( 3 ㎝)¥35,000/アマン(ペリーコ サニー)【2】マリ ジウディセリの型押しミュール太めのリネンパンツなど、エフォートレスなコーディネートの足元を引き締めたいときは、レザーミュールがおすすめ。型押しとチャンキーヒールでモードな味付けを。ミュール(4.5㎝)¥120,000/アパルトモン 青山店(マリ ジウディセリ)【3】デイトのスニーカー  きれいめなくるぶし丈パンツとあわせたいのがゴツさのあるダッドスニーカー。足首の細さを見せて女らしい抜け感を出して。服もスポーティになりすぎないようトラッドなものを選ぶのがポイント。パンツ¥22,000/ANAYI スニーカー( 5 ㎝)¥31,000/ウィム ガゼット青山店(デイト) 【4】ペリーコのサンダルトレンドのナイロンアウターなど、スポーツテイストの服を着るなら、くるぶし丈パンツと足元はきれいめを選んで。シルバーのヒールサンダルならクールに女っぷりをプラスできる。サンダル( 9㎝)¥50,000/アマン(ペリーコ)撮影/魚地武大(TENT)スタイリスト/松村純子  【Marisol5月号2019年掲載】
  • コーディネートの仕上げにプラスするミニショルダーとスニーカー。確かに、軽やかで小粋な着こなしになるのがうれしい。街できわだつおしゃれな大人の、こなれ上手なスタイルを実践。1.何げないように見えたら成功。 定番の着こなしになじませる白いミニバッグと白いスニーカー。どんな服にもマッチするのがこの組み合わせ。白は合わせる色も選ばず、トーンアップしてくれる。だから、ちょっとグレード感のあるものをチョイスしたい。デニムがぐっときれいめに。バッグ「ダブルT バッグ」(縦21×横17×マチ14㎝)¥166,000・スニーカー¥88,000/トッズ・ジャパン(トッズ) ジャケット¥69,000/ユナイテッドアローズ 原宿本店(カバナ) ニット¥21,000/アストラット 新宿店(アストラット) デニム¥32,000/アパルトモン 青山店(3×1) サングラス¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥48,000・バングル¥98,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(ソフィー ブハイ)2.小さなバッグは効かせ色に。 春色のアクセントが軽快ミニショルダーのサイズ感は鮮やかな色を着こなしに取り入れるのにちょうどいい。そうなるとスニーカーは格ある白が装いを底上げするのに有効。バッグ「ミニダッフルバッグ」(縦17×横21×マチ17㎝)¥68,000/イーストランド(マンサー・ガブリエル) スニーカー「ロートップ」¥69,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) コート¥42,000/アストラット 新宿店(アストラット) パンツ¥49,000/ユナイテッドアローズ 日本橋店(アンスクリア) イヤリング¥22,000/シジェーム ギンザ(ルーチェ マッキア)3.大人ピンクの足もとなら、 なんだか弾むように歩きたくなる春だもの、色のスニーカーも見逃せない。ただし本気のスポーツ系はアクティブすぎて、むずかしい。ラグジュアリーに仕上がった大人のブランドがしっくりくる。バッグはニュアンスあるグレー。ソフトな感触が体になじんで心地いい。バッグ「ポスティーナ」(縦14.5×横19×マチ9㎝)¥60,000/ストラスブルゴ(ザネラート) スニーカー「TREK COMET」¥77,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) ニット¥23,000/サードマガジン(サードマガジン) パンツ¥35,000/ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア(チノ) ピアス¥27,000/アッシュ・ペー・フランス(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス)他の画像を見るeclat5月号掲載 撮影/野口貴司(San・Drago) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/村山佳世子 モデル/ゆうき 構成・文/宮崎桃代 撮影協力/フリッツ・ハンセン 青山本店 COUNTRY HARVEST
  • 垢抜けたい、こなれたい、毎日そんな思いを巡らせるに時間を割いてるBuyer Sです. 「雑味ハンパない」とスタイリストにディスられながらも、日々お洒落頑張ってます^^; そんな毎日の特訓で、なんとなく感じている法則は、春夏コーデって抜け感が垢抜けに作用する…そんな抜け感は足元にかかってる..ということ。 軽快な季節は、肌の露出がない靴だと少々野暮ったさにも繋がります。 踵や足首を魅せるだけで、バランスが良く爽やかな風が吹きます♪ だから今まだ空気がほんのり冷たくても…ちょっとだけ気合! 例えばジャケットやニットを羽織った 重めのスタイルでもサンダルで〆…足を覆う分量を抜くことで、とてもスッキリかっこよく演出できるのです。 で今回は「今すぐ貴女のコーデに、サンダルを取り入れましょう♪♪♪」の回です。 せっかくなので、オススメのサンダルについて、私が体感したフィット感もコメント☆ できるだけジャストフィットで選んで欲しいから…コーデ力以上に、ペタペタ・ズルズル足音鳴らして歩くのはもっとダサい。 ※Buyer S 足サイズ>>24.5cm とっても甲薄。通常イタリアサイズは37.5-38をチョイス。 オススメ品はこちら ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓   il Sandalo of Capri/親指ビジューサンダル/¥28,000+税 これ買いました!理想サイズは37.5でしたが展開がなかったので37の小さめを選びました。 なぜなら親指のビジューが硬く、指に力が入ると痛くなりがち、甲のストラップでちゃんとホールドさせることをオススメします。       MAURO de BARI/バイアスストラップサンダル/¥17,000+税 革のベタサンダルは脱力感に必須ですよね。 ソールのクッションが足裏にフィット感を増してくれて、吸い付く履き心地です。 やっぱり私は37を選びます。       NEBULONI E/アンクルリボンスクエアトゥフラット/¥44,000+税 トレンチ風ジレを着た、こちらのコーデ。 これにローファー?スニーカー?パンプス?…やっぱりサンダルがいい塩梅ですよね。 甲がフリーになるデザインなので、だんびろ甲高さんにオススメ。 通常ネブローニは37.5を履いていますが、こちらは37をチョイス。       FABIO RUSCONI/三つ編みストラップ厚底サンダル/¥28,000+税 今年らしいのが、綺麗目の面をしたスポーツサンダル。軽量ゴムの底だから音を立てません! 小柄さんに嬉しい5cm身長アップ! 足をゆったり置けるアウトラインのソールだけど、三つ編みストラップがクッション性もあり強めにホールドしてくれますので、足幅の細い方にもフィットします。 スリップワンピ+レギンスには、スニーカーもいいけどサンダルのがクラス感ありますよね~。 こちらは38を選びます。         PELLICO SUNNY/アンクルストラップサンダル/¥29,000+税 メンズライクなガシガシデニムにローファー?スニーカー?パンプス?…レディーライクなヒールサンダルしか考えられない。。 足幅のストラップは若干細め、そうじゃないと傾斜で前に足が滑っちゃうしね。 悩みましたが、いづれ伸びることも加味して37を選びました、ちょっと最初はタイトめ。   以上、この夏もお気に入りのサンダルで、テンション上げて行きたいですね~♪
  • 特別な予定がない日こそ、気分が上がるおしゃれを楽しみたいもの。のんびり仕事する日をドラマチックに変えてくれる「フレアスカート×Tシャツ」の最旬春コーデをご紹介します。style 余韻を残すディテールが普通の日をドラマチックに変える高揚感フレアスカート×Tシャツグリーンリネンスカート×ベージュTシャツ歩くたびになびく深いグリーンのスカートが毎日のふとした瞬間を印象的に彩る無条件でときめく優雅な揺れ感。Tシャツとの等身大なコンビで気張らず心地よく楽しんで。ムードのある新鮮配色も気分を一新。スカート¥8980/バロックジャパンリミテッド(マウジー) Tシャツ¥13000/エフユーエヌ(フォンデル) メガネ¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) イヤリング¥15500/CPR TOKYO(ルーカス ジャック) ブレスレット¥14000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(メゾン ボワネ) バッグ¥15000/ロードス(トーヴ) 靴¥44000/アーバンリサーチロッソ グランフロント大阪店(ネブローニ)光沢キャメルスカート×黒Tシャツゆらめいて華やぐ。つや感スカートをカジュアルMIXで引き立ててキャメルサテンのシックなつや感で格段にクラスアップ。コントラストのある黒T&ブルゾンで着くずすしゃれ感が、普段着マインドを盛り上げてくれる。スカート¥14000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店(ブラクトメント) Tシャツ¥10000/セオリー ブルゾン¥95000/マディソンブルー ピアス¥25000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥9800/ロウェルシングス ルミネ新宿店(ロウェル シングス) 靴¥48000/アマン(ペリーコ)ストライプ柄スカート×淡ベージュTシャツコーデにリズムをくれるストライプ柄でゆる華通勤を満喫弾むように揺れる清涼ストライプに白スニーカーで颯爽と歩けば、気分も晴れやか。ニュアンスベージュのTシャツで上品に引き寄せオン仕様に。スカート¥22000/ルーニィ Tシャツ¥7000/バロックジャパンリミテッド(ブラックバイマウジー) カーディガン¥21000/デミルクス ビームス 新宿(ルトロワ×デミルクス ビームス) サングラス¥47000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥16000/アガット バッグ¥18000/プラステ(マルコマージ) 靴¥19000/シシラベンダースカート×白Tシャツ透明感のあるきれいが香る春めきラベンダー。シンプル白Tシャツでさわやかに最旬ラベンダーで鮮度抜群のコンサバスタイルを。スカート¥16000/シュガー・マトリックス(イチエ) Tシャツ¥15000/マッキントッシュ 青山店(マッキントッシュ) スカーフ¥8800/フラッパーズ(マニプリ) ピアス¥10500/CPR TOKYO(ルーカス ジャック) ブレスレット¥12000/パンドラ ジュエリー ジャパン カスタマーサービス(パンドラ) リング¥23000/アガット(アガット アンドメモリア) バッグ¥40000/デミルクス ビームス 新宿(トフ アンド ロードストーン) 靴¥18000/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール)チェック柄スカート×白Tシャツ何もない日こそ“アガる柄”の出番。ポジティブな空気に包まれて自分らしくおしゃれを楽しむ姿はチャーミング! 無造作に揺れるプリーツとチェック柄のコンビでテンション高めに。ミニマルな白Tとジャケットできれいめにまとめ、大人っぽくアップグレードして。スカート¥16000/アーバンリサーチ ロッソ ルミネ新宿店(アーバンリサーチ ロッソ) Tシャツ¥9000/ebure ジャケット¥59000/エッセン.ロートレアモン ピアス¥13000/マルティニーク ルコントルミネ新宿店(フィリップ オーディベール) ネックレス¥10800/サイクロ バッグ¥12000/ロードス(アドカラム) 靴¥48000/アマン(ペリーコ)イエローボリュームスカート×ネイビーTシャツいとも簡単に気分が高まるきれい色の魔法。受け皿ネイビーと品よく堪能瞬時に着こなしに華を添えてくれるイエローのボリュームスカートをデイリー使いできるのも女の特権。受け止め役のネイビーTで派手さをやわらげ、陽気さのなかに大人の落ち着きを。スカート¥39000/レリタージュ マルティニーク Tシャツ¥7000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル  リラクシング 自由が丘店(ブラクトメント) ピアス¥24000/アルアバイル(シャーロット・レベック) リング¥13000/ステラハリウッド(ステラハリウッド) バッグ¥31000/マルティニーク ルコントルミネ新宿店(ヴァジック)撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉 ヘア&メイク/美舟〈SIGNO〉 スタイリスト/川上さやか モデル/中村アン 取材・原文/榎本洋子 撮影協力/カフェインホリック ※BAILA2019年5月号掲載
  • この春らしい、カーディガン×タイトスカートのニットアップ。カーディガンは、前を閉めれば一枚でも着られる形を厳選。トップスにもはおりにも使えて、着こなしの幅がぐんと広がる。色や編み模様もセレクトのポイント。1.肌なじみのよいカラーならヘルシーな色気を装えるシンプルなリブニットは、色選びへのこだわりがはずせないポイントに。アッシュ系の色みを含んだ明度の高いカーキは、素肌なじみもよく、タイトシルエットでもヘルシーに着こなせる大人にこそ心強い色。デコルテのあきや、フロントのスリットが、さりげないフェミニンさを導いて。カーディガン¥18,000・スカート¥19,000/カオス丸の内(カオス) ピアス(片耳)¥32,000/ショールーム セッション(ヒロタカ) バングル¥67,000/デ・プレ(アリアナ ボウサード) バッグ¥172,000・靴¥98,000/ジミー チュウ2.カジュアルに着られるハイゲージの黒ニット柔らかい風合いの薄手のハイゲージニットだから黒でも軽やかな印象に。小物は大人っぽいテイストでまとめて。カーディガン¥19,000・スカート¥19,000/インターリブ(サクラ) Tシャツ¥9,000/SANYO SHOKAI カスタマーサポート(マッキントッシュ ロンドン)4連バングル¥9,000/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(マージョリー・ベア) バッグ¥104,000/ドレステリア 銀座店(エムツーマレティエ) 靴¥29,000/ベイジュ(ピッピシック)3.杢グレーに白シャツを合わせて清潔感をキープ気になるボディラインも、長め丈のカーディガン合わせで素敵に解消。インしたシャツが立体感を加え、シンプルながら奥行き感のある着こなしに。カーディガン¥36,000・スカート¥32,000(ともにデミリー)・シャツ¥32,000(フランク&アイリーン)/以上サザビーリーグ チョーカー¥114,000/ストラスブルゴ(ソフィー ブハイ) バッグ¥148,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥24,000/ハイブリッジ インターナショナル(Amb)他の画像を見るeclat5月号掲載 撮影/菊地 哲(モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ゆうき 取材・文/松井陽子
  • 動きやすさはもちろん、きちんと感も、女っぽさも、こなれ感も目指せる「きれいめベイカーパンツ」をオン・オフ着回し! 着回したのはコレ!きれいめベイカーパンツデニムほどカジュアルな印象にならず、こなれ感が漂うワーク系パンツ。通勤でもはけるきれいめが選びの条件。¥19,000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ・シンゾーン) ON STYLE終日デスクワークの日はワークパンツが楽ちん!きれいに見える着こなしで 長時間座りっぱなしの日にも頼れる、タフでカジュアルなワーク系パンツ。すっきり美シルエットのきれいめデザインなので、オフィススタイルにもなじんでくれる。運転しない日、たまには白のヒールパンプスで足もとから女っぷりを引き上げて。ベージュ×カーキの配色もなんだか新鮮。 パンツ¥19,000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ・シンゾーン) カーディガン¥23,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) バッグ¥31,000/マルティニーク丸ノ内(ヴァジック) 時計¥600,000/セイコーウオッチ(グランドセイコー) 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) ON STYLE今日から配属の新人君と待ち合わせ。服装からまずはかっこいい先輩風に 帰国子女のイケメンハーフと話題の新人君! 第一印象でかっこいい先輩像を狙って、選んだのはベイカーパンツ。男の子っぽいアイテムをさらっと着こなして、大人の余裕をまといたい。パンツ¥19,000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ・シンゾーン) トレンチコート¥93,000/ebure ニット¥25,000/スローン バッグ¥31,000/マルティニーク丸ノ内(ヴァジック) スカーフ¥11,000/シップス 有楽町店(マニプリ) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ) 時計¥600,000/セイコーウオッチ(グランドセイコー)OFF STYLEトレンド意識のスタイルで女友達と週末ランチ。人気のパンを買えてゴキゲン! 通勤でもフル稼働しているワードローブを、カゴバッグ&頭巻きスカーフの遊び心で休日仕様にアレンジ。柔ブラウス×ワーク系パンツといった甘辛バランスは、簡単におしゃれに見える必勝技! パンツ¥19,000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ・シンゾーン) トレンチコート¥93,000/ebure ブラウス¥18,000/デ・プレ(デ・プレ) バッグ¥84,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(コーコー) バングル¥196,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) 靴¥45,000(ジルサンダー ネイビー)/ロンハーマン ブレスレット¥179,700/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) スカーフ¥15,000/フラッパーズ(マニプリ) 【Marisol 4月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/松村純子 モデル/蛯原友里 構成・文/東原妙子 
  • 開発チームと試作品を真剣にチェック。白の力でなごやかなムード肩ひじ張らないカジュアルな白コーデなら、緊張感に満ちた場もほどよくリラックス。イエローのカーデでウエストマークすれば、旬度もスタイルアップも簡単に♪ 足もとは、なじみ色のサンダルで抜け感を出したのがポイント。試作品はまずまずの出来だったけれど、まだまだ改善の余地あり。さらに使いやすく&おしゃれにするために、ミーティングが白熱。かなり長時間かかったけれど、絶対いいものになる予感! Tシャツ¥1000/ユニクロ(ユニクロ ユー) スカート¥1990/ジーユー アンサンブルニット(カーディガン)¥7990・(ニット¥5990)/プラステ ネックレス¥2840/ジューシーロック(ジューシーロック オリジナル) バングル¥15000/アガット(ソコ) 靴¥55000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ペリーコ) バッグ¥129000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)【今月のPROFILE】家電メーカーマーケティング部勤務・絵美里 丸の内に本社のある家電メーカーでマーケティングを担当。市場動向の解析や販促資料の作成をこなす毎日。甘めの着こなしを好みつつ根っからの辛党。彼氏あり。明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【白アイテム服】白コンパクトTシャツほどよく体にフィットするミニマムなシルエット。ボトムにINしても裾がもたつかず、すっきりと着こなせるのが強み。¥1000/ユニクロ(ユニクロ ユー) 【白アイテム】白プリーツスカート歩くたびにふわりと揺れるエアリーな素材。やや透け感があるけれど裏地がついているので安心して着こなせる。ゴムウエストで着心地抜群。¥1990/ジーユー【相棒アイテム】アンサンブルニットVネックカーディガンとハイネックノースリーブニットのアンサンブル。やわらかなパステルイエローが春らしい。カーディガン¥7990・ニット¥5990/プラステ「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>> 関連アイテムをこちらで買えます! 画像をタップ♪【関連商品】SLOANE コットンTシャツ ¥7,800+税【関連商品】12closet プリーツギャザースカート ¥12,000+税撮影/魚地武大〈TENT〉(物) スタイリスト/川上さやか 取材/野崎久実子 WEB構成/衛藤理絵 
関連キーワード

RECOMMEND