富岡佳子が纏う、大人の“ロング&ベルテッド”コート【印象一新!「アウター」で春へシフト】

Web eclat

富岡佳子が着る大人の魅力の「ロング&ベルテッド」

歩くたびに揺れるすそにドラマを。キュッと絞ったウエストに凛々しい女らしさを。この春選ぶコートのキーワードは“ロング&ベルテッド”。着るだけで大人の迫力とこなれ感をさりげなくアピールできるのがうれしい。さらりとまとって、春の街へ。
富岡コーデ

1/6

富岡コーデ2

2/6

富岡コーデ3

3/6

富岡コーデ4

4/6

富岡コーデ5

5/6

富岡コーデ6

6/6

春の日射しに映えるイエロー。シルクの光沢に大人の余裕が漂って


控えめな艶(つや)としっとりとした落ち感こそ、シルクをまとう真骨頂。カシュクール風にウエストをマークするデザインが美しいドレープを描き出し、リュクスな印象を残してくれる。


コート¥260,000/ザシークレットクロゼット神宮前(シクラ ス) Tシャツ¥11,000/ミューズ ドゥドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥38,000/ ebure バッグ¥325,000 /ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥48,000 /アマン(ペリーコ)

ほのかに透ける白が最旬。トレンチコートは長い丈と素材でイメージを一新


ベルテッドの代名詞でもあるトレンチコートを、この春らしいアレンジで。アスレジャーな素材はロング丈でも軽やかで、透け感が小気味よさを演出。体を覆う分量は多くても印象が軽くなる。


コート¥186,000・ニット¥66,000・パンツ¥54,000(3点ともスポーツマックス)・手に持ったサングラス¥31,000(マックスマーラ)/以上マックスマーラ ジャパン バッグ¥686,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥77,000/ピエールアルディ 東京(ピエール アルディ)

ナチュラルな麻のガウンコートはルーズに締めるベルトでこなれた風情に


パンツにスニーカーというアクティブなカジュアルも、コートを重ねれば大人のムード。麻のざらりとした質感をたっぷりとまとうことで、ナチュラルながらも感度のいいクールな装いに。


コート¥67,000/ザ ストア バイシー代官山店(コキュカ) ニット¥19,000/ebure パンツ¥30,000 /オーラリー(オーラリー)バッグ¥185,000 /トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥24,000 /サンスペル 表参道店(サンスペル×ウォルシュ)

ふわりと広がるすそは“ロング&ベルテッド”の醍醐味。きれいめネイビーが大人の愛らしさに


コットンベースのノーカラーコートは、ボリュームで今季らしさをプラス。風に優しく揺れるすそが、おとなしくなりがちなネイビーに華やぎを添えてくれる。まじめよりおちゃめを目ざそう。ロングスカートをチラリと見せても好バランスに。


コート¥84,000/ebure ブラウス¥23,000(コキュカ)・ピアス¥27,000(アリアナ)/以上ザ ストア バイシー代官山店 スカート¥39,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) バッグ¥45,000/アマン(ペリーコ)靴¥97,000/トッズ・ジャパン(トッズ)

ゆるりとベルトを締めて、リラックスしたムードに。明るい色のコートは小粋に着る


淡くスモーキーなセージ色は、優しい春の日射しに似合うニュアンスあるカラー。ウール混素材のかすかな重みで、ビッグシルエットでも体に自然になじんでくれるのがうれしい。ベルトを締めるデザインを選ぶのはキリリと見せるためだけじゃない。ゆるりと締めれば、くつろいだ雰囲気を漂わせるのに効果的。見た目も着心地もゆったりとして素敵。


コート¥180,000・ニット¥75,000・パンツ¥75,000 /ブラミンク(ブラミンク) ピアス¥41,000/ザ ストア バイシー代官山店(アリアナ) バッグ¥24,000/ウィム ガゼット 青山店(マルコ マージ)

トラッドなチェックにはシルエットで遊び心をプラス。愛嬌のある着こなしで春を呼ぶ


肘のあたりがツンと広がる袖、全身を覆う丸みのあるシルエット。立体的な仕立てはトレンチがベースながら、ちょっとユニークな存在感。きちんと整えずに、ラフに着るのが断然かっこいい。


コート¥138,000/コロネット(エアロン) ニット¥16,000・スカート¥19,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) サングラス¥49,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥415,000 /モワナメゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥141,000(オーダー価格)/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)

大人がほしいクラス感と小気味よさをかなえてくれるレザーブルゾンは、季節と季節をつなぐマストアウター。重く見えがちな印象を払拭する、春ならではのアイテムをセレクト!
撮影/YUJI TAKEUCH(I BALLPARK) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/村山佳世子 モデル/富岡佳子 構成・文/宮崎桃代 ※エクラ2019年3月号掲載
関連記事
  • OFFにもリモートワークにも、快適&おしゃれ!アラフォーのための「らくちんパンツ」のきれい見えコーデリラックス感のあるはき心地でリモートワークでも重宝しつつ、今年っぽさを加えるアクセントとしても使える。「ツヤとろみ」「ベロア」「ニット」のパンツを「3大らくちんパンツ」と認定! ほどよく抜け感がありつつルーズに見えない、大人の着こなし方をマスターして。 Type1:ツヤとろみパンツ 夏より少し厚手のサテンで、柔らかく上品な光沢が特徴。重くなりがちなこれから時期のコーデの抜け感にもパンツ ¥13,000/アンクレイヴ■ツヤとろみパンツ×ロングコートダークトーンのコートからツヤ素材をのぞかせて深みのある美しいブルーサテン生地。なのにウエストはドローストリングというギャップがおしゃれ。レディ度の高いブラックのロングコートからチラリとのぞかせるだけで洗練された印象が簡単にかなう。パンツ/上と同じ コート¥110,000/グラフペーパー ニット¥29,000/TOMORROWLAND(トゥモローランド コレクション) カチューシャ¥5,400/カシラ ショールーム(CA4LA) イヤリング¥6,873/アビステ バッグ¥145,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥14,000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)■ツヤとろみパンツ×カーディガン 同色のカーデをつなげ、こなれ感のあるカジュアルにほっこりしがちなカーディガンコーデも、パンツがツヤとろみ素材になるだけで一気に今の表情に。ゴールドアクセでひとさじのリッチ感を添えて。パンツ¥28,000/ミスク(ミスク トウキョウ) カーディガン¥27,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) Tシャツ¥7,500/オーラリー ストール¥53,000/スロー サングラス¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン) チョーカー¥378,000/ウノアエレ ジャパン(ウノアエレ) バッグ¥41,000・ロゴハンドル¥16,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥44,000/ベイジュ(ピッピシック)■つやとろみパンツ×ジャケット ジャケットで上品にしつつ肩がけニットで抜け感を柔らかな光沢感がきれいなライトベージュのとろみワークパンツに、白ジャケットを合わせてちょっぴりフォーマルに。そこに肩がけしたニットとメガネを合わせれば、デイリーに着やすいこなれたカジュアルスタイルが完成。パンツ¥33,000/スタンブリー ジャケット(共布ベルトつき)¥65,000/ヴェルメイユパー イエナ 青山店(ウジョー) Tシャツ¥9,000・ニット¥78,000/エブールギンザシックス メガネ¥33,000/アイヴァン7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥83,000/essenceof ANAY(I FALORNI) 靴¥14,000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)【Marisol11月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/石毛のりえ モデル/竹下玲奈
  • 久しぶりにトレンドに戻ってきたハット。大人の女性にとって使い勝手のいいハットを駆使して、カジュアル化するコーディネートにひとひねり。Hat/ハット 大人のおしゃれ力が試される、つば広の中折れ帽。ベーシックカラーを無造作にかぶり、あくまで都会的に。上質感のあるグレージュがデニムスタイルの幅をぐっと広げて。 帽子¥17,500/カシラ ショールーム(カシラ) ニット¥36,000/ミューズ ドゥ  ドゥーズィエム クラス 表参道店(ドゥーズィエム クラス) デニムパンツ¥20,000/RHC  ロンハーマン(LEE×フォー ハナ バイ RHC) バッグ¥17,000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(オウレンティ) 靴¥54,000/デミルクス ビームス 新宿(ペリーコ) リング(太)¥210,000・(細)¥245,000・ピアス¥36,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ) VARIATION タイムレスに使えるブラック。コーディネートの引き締め役や重心を上げる効果も。¥26,000/アパルトモン 青山店(ジャネッサ レオーネ)ブラウンならではのクラシックムードを日常に。¥15,000/タア トウキョウ(タア)なじみのいいハンサムカーキ。華奢なゴールドチェーンがアクセント。¥29,000/ゲストリスト(ヴァンパルマ/ハウント代官山) 【Marisol12月号2020年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/Dai Michishita メイク/小森由貴 スタイリスト/池田メグミ モデル/RINA 取材・文/陶山真知子
  • お料理上手な方からの手土産で貴重なオリーブオイルをいただきました! 調味料って自分ではなかなか開拓しないので新しいと楽しみが増します。 オリーブオイル以外もお酢やワインビネガーや魚醤、ハーブソルト… 拘りのものをいただくと、今後逆の立場になった時とても勉強になりますねっ!
  • ニットにスウェット、パーカ……冬のカジュアルトップスを無難に見せず、華やかに盛り上げてくれるのが布地をたっぷりと使った、上質な素材感のあるスカート。"ラクなのにキレイ"が即かなう1・2カジュアルを満喫して。雰囲気のあるスカート シャギー  ふんわりしたシャギーの起毛感とほどよいボリュームシルエットにしゃれ感が  サテン  ほんのりつややかな光沢のナロースカートは落ち感も美しく、はくときれいになびいて  レース  アートのように繊細な、スモーキーブルーのレース。大きめのボタニカル柄もドラマティック!華やか1・2カジュアル着こなし見本帳パーカ×シャギースカート白パーカ×フレアスカートも 優しげシャギーの素材感で鮮度高く! 表面はふんわりしつつ、適度にハリ感がありきれいなフレアシルエットをつくってくれるシャギースカート。大好きなパーカスタイルを華やかにアップデート。足もとも白のレザースニーカーでトーンをそろえつつ、軽快に! スカート¥68,000/ANAYI パーカ¥23,000/サードマガジン サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥39,000/ロンハーマン(ステート オブ エスケープ) 靴¥20,000/シードコーポレーション(ヴェジャ)ニット×サテンスカート優しげな風合いのニットには ツヤ&揺れ感でリズムをつけて オーバーサイズの毛足長めニットに、上品な光沢のナロースカートでひとさじの緊張感を。シルエットにも緩急をつけ、こなれ度を高めて。スカート¥28,000(コキュカ)・バッグ¥330,000(ビエネン ディヴィス)/ザ ストア バイ シー 代官山店 ニット¥73,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ネックレス¥38,000/アパルトモン 青山店(ガブリエラ アルティガス) ブレスレット¥7,000/ウノアエレ ジャパン(ワンエーアールバイウノアエレ) 靴¥128,000/ジミー チュウほかのサテンスカートを見る絶対シルエット重視!“冬のスカート&パンツ”【SHOP Marisol企画】▶スウェット×レーススカート足もとが透ける繊細なレース使いで スウェットコーデをセンシュアルに スモーキーブルーのレーススカートと、グレートーンでつなげたスウェットスタイル。レースの存在感のおかげで、こんなにも女っぽく! スカート¥98,000/エブールギンザシックス(ebure) スウェット¥34,000/エイトン青山(エイトン) ストール¥22,000/エリオポール代官山(チェザーレ ガッティ) ネックレス¥11,000/ヒューマンウーマン バッグ¥89,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥15,000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ファエダ)【Marisol12月号2020年掲載】撮影/小川健太郎(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/竹内友梨
  • トレンドの"スカート×ロングブーツ"はスマートな上半身でバランスアップを連休明けに出社する日はジャケットでお仕事モードへとシフトして。ウエストをアウトにしたとしてもスッキリ見えするハイゲージのショート丈ニットをロングジャケットのインにすると、足元がロングブーツでも重たくならずすっきりしたバランスがとれる!ニット¥28,000/オーラリー ジャケット¥24,000・スカート¥17,000/アンクレイヴ バッグ¥54,000/アマン(ペリーコ) ロングブーツ¥78,000/フラッパーズ(ネブローニ) ピアス¥35,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ) ネックレス¥16,000/シップス 有楽町店(グリン)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「ジャケット」を使ったコーデの関連記事もチェック
  • 今季のカシミヤニットは、洗練されたモダンさがありつつ進化したデザインのものがハイブランドから続々登場。注目のブランド「ザ・ロウ」からは、カッティングやシルエットにこだわった、大人のレイヤードコーデも楽しめそうなニットが到着。The Row【ザ・ロウ】シンプルな中に大胆さを。レイヤードの新バランス本来ベーシックなハイゲージニットに大胆さを取り入れて、今の気分に合ったモダンな装いに昇華。例えばみぞおちあたりまで深くカットされた長袖のVネックニットは、インに同シリーズのノースリーブをレイヤード。ちょっとした動きで肩や腕が見えて、ニットの新しい表情を楽しめる。長めの袖やヒップを覆う着丈など、ゆったりとしたシルエットも今どき。Vネックニット¥199,000・タートルノースリーブニット¥147,000・パンツ¥129,000・バッグ¥139,000・靴¥107,000/ザ・ロウ・ジャパン(ザ・ロウ) ピアス¥36,000/ステディ スタディ(トムウッド)「ニット」記事一覧はこちら>>撮影/菊地 哲 ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/村山佳世子 モデル/富岡佳子 取材・原文/坪田あさみ ※エクラ2020年12月号掲載
  • 長年にわたり日本バレエ界を牽引してきた森下洋子さん。 エクラ世代も気になる年齢による体や心の変化に、森下さんはどう対処してきたのか? 同じく長年モデルとして活躍してきた富岡佳子さんが聞きました。>>【富岡佳子×森下洋子 スペシャル対談1】はこちら>>【富岡佳子×森下洋子 スペシャル対談2】はこちらポジティブ思考の源は幼少期の思い出に森下 私も体力的には、40代に入ってから、いつもできていたことができなくなったことがあって。でも「まあ、年をとればこんなこともあるよね。これができないなら、こっちをやればいいか」という感覚で、全然落ち込まなくて。 富岡 変化を受け止めるのは大切ですね。 森下 今思えば、私は小さいころからすごく不器用で、徒競走なんていつもびりっかすで。「森下、お前本当にバレエやってるのか!」なんていわれて。でも、人よりずっと遅れてはいるんだけど、長いスパンでやると、あるとき、“あ、できた!”ってなるの。その感覚が、子供のころから脳にインプットされちゃっているのね。だからできなくても焦らない。 富岡 バレエは向いていらしたんですね。 森下 バレエって時間がかかりますからね。そこがすばらしいんです。続けていくうちにできるようになる。今でもそうですよ。夏ごろから、11月の『くるみ割り人形』公演の稽古に入ったんですけど、「くるみ」は昨年12月以来だから、最初は体が忘れているんです。それが少しずつ稽古していくうちに昨日より今日のほうができるようになるのね。トゥシューズは、ロンドンの「フリード」を長年愛用。年間に300足は履きつぶす。底には「MORISHITA」の刻印が。足のサイズは24.5㎝。16年前、デザイナーの森英恵さんから贈られたシルクシフォンのショールを常に持ち歩いている。香水は30年以上、ジャンパトゥの「ジョイ」を愛用。舞台に上がるときは必ずつけている「被爆した祖母が“生きていることが幸せ”といっていた言葉の強さを、40代から実感するようになりました」森下洋子富岡 エクラ世代って、体だけじゃなくて、心が揺らぐ人も多いですが、先生はご経験なかったですか。 森下 とても影響を受けた祖母が、私が32歳のときに亡くなったんですが、40代になってから祖母の言葉を実感できるようになり、心の支えになったんですね。祖母は広島で被爆した人なのですが、左半身を全部やけどして、それはそれはつらかったと思うんです。でも、お風呂屋さんには平気で行くし、「お経まであげてもらったのに生きているのよ」って笑いながらいえる人で、とにかくポジティブ。「こっちの指は使えないけど、この親指なら使える」なんていうのよ。恨み言なんかもひと言もなくて。「生きてられるってことは幸せね。感謝しなくてはね」が口癖で。生きていることへの感謝の思い、イコール平和への祈りの強さだったと思います。その思いを私も自然に受け継いでいる。だからかな、40~50代や、ちょっと迷いのある世代の団員には「大丈夫よ、大丈夫よ」って声をかけるんです。 富岡 先生にそういわれたら「大丈夫」って思える! 森下 私もね、毎日、稽古場に行くでしょ。みんなの一番後ろでお稽古するんだけど、最後までレッスンに出るんですよ。バーレッスンはもちろん、ジャンプもする。それが、みんなにとってはいいことなんじゃないかなって。 富岡 そう思います。先生が毎日お稽古している姿を見たら、絶対に愚痴なんていえないですもの!【富岡佳子×森下洋子 スペシャル対談4】に続く エクラ2020年12月号には富岡佳子さんと森下洋子さんのスペシャル対談を掲載。ぜひ手に取ってみてください。【INFORMATION】松山バレエ団 ’20年Xmas 公演『くるみ割り人形』 松山バレエ団では初演から39年目を迎える『くるみ割り人形』を森下洋子を中心に全幕公演。11/14、15 東京文化会館、11/28 さいたま市文化センター、12/6 府中の森芸術劇場、12/13 世田谷区民会館、12/19 神奈川県民ホールにて開催予定。詳しくは松山バレエ団ホームページを。チケットの申し込みは、☎03・3408・7939、またはticket@matsuyama-ballet.comへ。撮影/高木将也 取材・原文/磯部安伽 ※エクラ2020年12月号掲載
  • 秋冬のベーシックアウターとなっているロング丈コート。ライトなものから厚手のウール系まで色々ありますが、個人的に気になる着こなしをご紹介します!秋冬の定番アウターとして毎年着ている方も多いロング丈コート。 全体を覆う面積が広いものの、インナーとの着こなしによって雰囲気はガラリと変わります。 毎年着ているお馴染みのロング丈コート、私は今年はロング×ロングの合わせ技で縦長シルエットを強調した着こなしで鮮度アップを狙いたいと思います。 合わせたボトムはデニムの極太ワイドパンツ。 マキシ丈のコートの下も同じくらいの長さのボリュームのあるボトムを合わせて、下にバランスを持っていきました。 インナーのトップスはすっきりさせて、あくまでポイントは下に。 下にバランスを置くことで、縦長のシルエットが強調されてモード感が出ます。 今回合わせたワイドデニム以外にも、マキシ丈スカートなどとも合わせてこのシルエットを今季は楽しみたいと思います。 バッグもなるべく下にバランスをもたせるように、ストラップが長めのショルダーにしました。 さらにバッグに細幅のスカーフを垂れ下げてより下へ重心を持たせます。 このシルエットは、ややグランジ感のあるモードっぽさが出るような気がして気に入っています。 この先、ウール系のテーラードロングコートなども、堅い着こなしになりがちですが、このシルエットを取り入れて着崩してみようと思っています。 みなさまもお持ちのロングコートの着こなしがマンネリ化していたら、このマキシ×マキシの組み合わせいかがでしょうか。 同じコートでも少し鮮度アップできるかもしれません。 ぜひお試しください! 最後までお付き合いいただきありがとうございました。 インスタグラムも更新中です。下の写真からクリックして見ていただけたら嬉しいです!フォローもぜひぜひよろしくお願いします☺︎美女組No.179 Ikumiのブログ
関連キーワード

RECOMMEND