アラフィーにおすすめのブランドやショップは?【大草直子のファッション相談室】

Web eclat

Q.アラフィーにおすすめのブランドやショップはありますか?

A.ディレクターがエクラ世代の、この4ショップは間違いない!

Curensology(カレンソロジー)

「本当の上質を知っている」「旅が好きな女性」のライフスタイルをイメージしたブランド。海外で見つけたヴィンテージもそろいます。この2枚のワンピースも合わせるバッグやシューズで印象が変わるから、荷物を少なくしたい旅先にぴったり。(右から)ワンピース¥31,000・ワンピース¥28,000/カレンソロジー青山(カレンソロジー)

Chaos(カオス)

表参道に続き丸ビルにもオープン。リアルなモードと、ベーシックを「今っぽく」ミックスしたオリジナルが数多くそろいます。かっちりとしたテーラードから、リネンを使用したカジュアルなものまで、マスキュリンなジャケットが得意。長く愛せる一着を見つけるならここ。(右から)ジャケット¥76,000・ジャケット¥57,000/カオス丸の内(カオス)

THE STORE by C’(ザ ストア バイシー)

大人のセレクトショップストリートとなった、代官山旧山手通りに位置する2フロアのショップ。コキュカというオリジナルは、インポートと並んでもひけをとらないデザイン性の高さが特徴です。置いてある家具も購入可能。(右から)ニット¥26,000・カーディガン¥25,000・ノースリーブニット¥19,000/ザ ストアバイシー代官山店(コキュカ)

THIRD MAGAZINE(サードマガジン)

ウィム ガゼットの元ディレクター、祐宗摩稚子氏が立ち上げたブランド。プロのアドバイザーが常駐し、ショップで見たアイテムはウェブでオーダーする「ショウルーミング」システム。ヴィンテージのTシャツ、デニムや、コーディネートを楽しめるアイテムが手に入ります。ブラウス¥29,000・スカート¥65,000/サードマガジン(サードマガジン)
教えてくれたのは…
おおくさ なおこ●神楽坂で生まれ育った46歳。大学卒業後、『ヴァンテーヌ』(休刊中)の編集者に。その後、南米遊学を経て、フリーランスに。ウェブマガジン『mi -mollet』のコンセプトディレクターも務める。プライベートでは3児の母。最新刊は『大草直子のSTYLING&IDEAL』(講談社)。

大草直子のファッション相談室 記事一覧

アラフィー世代から絶大の支持を集めるスタイリスト・大草直子さんが、女性達のファッションのお悩みにお応え! スニーカーを今っぽく使いこなす、とっておきのテクニックをご紹介。
アラフィー世代から絶大の支持を集めるスタイリスト・大草直子さんが、女性達のファッションのお悩みにお応え! 悩ましいボトムと靴をつなぐタイツやストッキング、ソックスの選び方は、素材と色を吟味することがポイント。
アラフィー世代から絶大の支持を集めるスタイリスト・大草直子さんが、大人ならではの“帽子の被り方のコツ”を伝授! 今年はキャスケットとキャップで、スポーティを狙うのが旬!
アラフィー世代から絶大の支持を集めるスタイリスト・大草直子さんが、今シーズントレンドの“重ためボトム”の着こなし方をご提案! “重ための足もと”と“ベルト”があれば、旬の着こなしが叶います。
アラフィー世代から絶大の支持を集めるスタイリスト・大草直子さんが、「今っぽさ」を宿した旬のスタイルを提案! 全身が古いとお悩みのアラフィー女性は、「最新デニム」でアウトプットを図ってみて。
アラフィー世代から絶大の支持を集めるスタイリスト・大草直子さんが、女性達のファッションのお悩みにお応え! 今季トレンドの背中が大きくあいたニットや透けるニットには、ヘルシーなデザインのランジェリーをチョイスするのが鉄則。
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト・文/大草直子  ※エクラ2019年3月号掲載
関連記事
  • コロナ禍の暗いムードをファッションで払拭。ヨーロッパマダムたちは、自分のみならず、目にする人をも色のパワーで元気に!ミラノマダムのおしゃれバッグコーデをスナップしました。ジュリア(マーケティング・ミラノ)ゴールデングースのアウターとザラのニットに、すっきり見えるスキニー×ロングブーツと、ミラノマダムが好むカジュアルスタイル。お母さまが愛用していたバッグに赤いエルメスのスカーフを巻いてプレイフルに。いつもの着こなしが新鮮に なり気分も上々。アレッサンドラ(コマーシャルディレクター・ミラノ)ピンクのパワーでコロナ禍の不安を吹き飛ばす。トーマス・マイヤーのコート、ニットはラフ・シモンズがデザインしていたころのカルバン・クライン。ブーツとボッテガ・ヴェネタの新作バッグもピンク。ヘルシーな甘さがあるコーデ。ジャンナ(マーケティング・ミラノ)ヴィンテージショップで購入したビビッドイエローのコートを、一枚でさらっとワンピースのように着こなす。袖をまくり、チェックの裏地を見せて。ひとつだけボタンをとめたコートは歩くたびに揺れて女性らしさを香らせる。>>おしゃれマダムのスナップ記事一覧[ミラノ]撮影/Marco Bertoli 取材・原文/Akane Takadama ※エクラ2021年2月号掲載
  • 今季もUNIQLO UでTシャツを新調しました。カラーはとりあえず持っておいて便利な3色。こんばんは!雪千代です。 本日も昨日に引き続きUNIQLO U購入品のご紹介をしたいと思います。 私の中UNIQLO Uのアイテムの中でもお気に入りのものといえば定番のTシャツです。 今年の春夏用に早めに新調しとこうということで とりあえずは何枚あっても困らないベーシックカラーを買っておきました。クルーネックTシャツ(半袖)1000円(税抜)しっかりとした生地感なのにもかかわらず1枚1000円というプチプラ加減に愛を感じます。 こういったTシャツは毎年ほぼヘビロテでガンガン着まくる傾向にあるため とても助かります^^ちなみに私はLサイズを着ています。 タイト目なデザインなのでジャストサイズで着るとしたら 普段よりワンサイズ上くらいが良さそうです。カジュアルにはもちろん すっきりとした形なのでジャケットと合わせてキレイ目にも着れるし インナーとしても活躍できて オンオフ関係なくヘビロテできるアイテムなのでほんとに何枚あっても困りません。 というわけで今回もUNIQLO Uの購入品のご紹介でした。 本日も最後までお読みいただきありがとうございました☆インスタグラムも更新中です♪ よかったらフォローをお願いします^^ ↓↓↓No.169 雪千代
  • 今季のGUは、旬色からボトム、アクセまで大充実♡ 完売必至の新作情報を、いち早くニュース仕立てでお届けするよ♪1枚でキマるものからレイヤードが楽しいタイプまで、数あるワンピの中でも争奪戦間違いなしのデザインがこちら。上品可愛いサテンキャミワンピは白シャツと合わせてラフにコーデ 控えめなツヤ感がデイリーに取り入れやすいサテンのキャミワンピ。今なら白のデニムシャツをはおって、こなれた抜け感コーデに。 ワンピース¥1990・トップス¥1490・シャツ¥2490・靴¥2990/GU カチューシャ¥500・イヤリング¥1200/お世話や(OSEWAYA) バッグ¥14500/アンビリオン(ペルケ)やんちゃなデニムジャンスカラベンダーニットで甘さをミックス 軽やかな淡色デニムが好印象&春に向けて活躍間違いなし。ライラックのニットで甘さを添えたら白小物でクリーンにまとめて。 ジャンパースカート(一部店舗のみ販売)¥2490・ニット(一部店舗のみ販売)¥1990・ヘアクリップ(3種類5つセット・一部店舗のみ販売)¥790・靴¥1690/GU イヤリング¥1600/お世話や(OSEWAYA) バッグ¥4500/L-clothes上品さも可愛げも欲張れちゃうレトロなドット柄ワンピが春の主役! ドット柄やバンドカラーなど、旬を押さえた春の主役デザイン。ウエストには細ベルトつきで、キュッと結んで着こなせばスタイルアップもお手のもの。可愛いもモテも瞬時に叶えるワンピは絶対買い! ワンピース(一部店舗のみ販売)¥2990/GU バッグ¥2800/L-clothesモデル/鈴木ゆうか 岡本夏美 紺野彩夏 撮影/峠雄三(モデル) 山崎ユミ(物) ヘア&メイク/徳永舞(BEAUTRIUM) スタイリスト/松尾正美 構成・原文/鈴木絵都子 本誌編集部 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • ユニクロ・GUのプチプラアイテムを素敵に着こなすアラフィーおしゃれ読者モデル華組の「プチプラ高見えコーデ」を一挙、大公開!ワンピースコーデやパンツ、スカートコーデ、デニムコーデなど。アイテム選びから着回しテクまで、おしゃれなトータルコーディネートをぜひ参考にして。 ユニクロ・GU 2020秋コーデ【目次】 ①冬のおしゃれコーデ ②秋本番のおしゃれコーデ ③秋の気配を感じるコーデ ①冬のおしゃれコーデ【ユニクロ トップス・パンツ】華組 松ヶ崎由紀子さんブログ「シンプルな印象がガラッと変わる!私が大好きな大判ストールコーデ」よりネイビーのニットとパンツのワントーンコーデに、印象の違うストールをプラスしてコーデを楽しんでます。よく使うのがチェックストールとスカーフ柄の大判ストール。ストールは大判のものが色々なアレンジがしやすいので好きです。ニット/ユニクロ(カシミヤクルーネックセーター) パンツ/ユニクロ(ヒートテックスマートスリムストレートパンツ) バッグ/VASIC スニーカー/CONVERSE パンプス/PELLICO ストール/Johnstons ストール/HERMES【GU パーカー・スウェット・デニム】華組 一色華菜子さんブログ「GU★おうちコーデ3つ」より息子が買ってきたのGUのパーカー・スウェット・デニムでコーディネート。メンズSサイズが私の体系には合っててかなり使える!パーカー/GU タートルニット/ZARA スカート/studioCLIP 靴下/無印良品 シューズ/ZARA バッグ/goyardGUの白スエットと、同じくGUのデニム。どこにも締め付けが無く、少年体型の私にはしっくりきすぎてびっくりしました。スウェット/GU Pコート/Violet Buffalo Wallows デニム/GU シューズ/converse ストール/TWEEDMILL バッグ/threadlineGU白スエット×自作リネンワイドパンツに、タータンストールを合わせたコーデ。スウェット/GU パンツ/自作 ストール/TWEEDMILL【ユニクロ トップス】華組 伊藤美帆さんブログ「メンズのユニクロニット 2パターン」よりデザインとサイズを変えた2着のユニクロのメンズニット。おうち時間に活躍中です。メンズLサイズのタートル。とにかくゆったりなので、お気に入りのドットワンピースのうえからスポッと。ニット/ユニクロ ワンピース/ユナイテッドアローズ ブーツ/セルジオロッシクルーネックのXS。薄手で軽いので、アウターを羽織るのも楽々です。ニット/ユニクロ デニム/ロンハーマン バッグ/MM6【ユニクロ パンツ】華組 横山希世さんブログ「UNIQLOスポーティコーデ」よりユニクロの定番、裏起毛スウェットパンツで1日中ノンストレスなコーデ。毎年大活躍してくれます。生地もしっかりとして暖か。トップスにゆったりセーターを合わせ、コンパクトに履いています。パンツ/ユニクロ トップス/tomorrowland 靴/sartore【ユニクロ トップス】華組 内藤有耶さんブログ「黒ダウンコートはきれいめコーデで」より寒い冬に必須のダウンは、きれい色の組み合わせで。カラーニットと白パンツ合わせできれいめにコーディネート。この日はグリーンのカシミアニットとウールのガウチョパンツをチョイスしました。ファーかごバックを持って、さらにスポーツ色を払拭しました。ダウンコート/CANADA GOOSE ニット/UNIQLO パンツ/ANAYI【ユニクロ パンツ】華組 成田千恵さんブログ「チェック柄マントでリラックススタイル」よりチェック柄はちょっとほっこり、大人のリラックスカジュアルスタイルにピッタリです。マントは何年か愛用していて、チェック柄の何となくほっこりしたカジュアルな雰囲気が魅力です。中のタートルネックは、LE CIEL BLEU (ル・シエル・ブルー )のニットで、毎年愛用のユニクロレギンスによく合わせます。マント/IENA ニット/LE CIEL BLEU (ル・シエル・ブルー ) パンツ/ユニクロ バッグ/VIOLAd'ORO(ヴィオラドーロ) ブーツ/SARTORE【ユニクロ&GU トップス・パンツ】華組 豊田真由美さんブログ「優秀なGUパンツの2コーデ」より綺麗めスタイルでもスポーティスタイルでも使えるGUのスキニーパンツです。トップスのカシミアセーターは、何年か前に鮮やかなグリーンに惹かれて購入したものです。明るい色とインナーの白で気分も爽やか&顔映りも明るくなって良い事づくめです。トップス/ユニクロ パンツ/GU パンプス/orientaltraffic バッグ/GUCCIトップスはGUのメンズパーカー。メンズサイズならではのゆったり感と合わせやすいカーキがお気に入りです。トップス/GU インナー/SOÉJU パンツ/GU スニーカー/adidas【ユニクロ ニット】華組 根本有加里さんストンとしたラインのワンピースは、カットソー素材なんです。それをリバー生地という2枚仕立てにしてあって、さらに圧縮されています。だから肌触りがとってもやわらかくて、しかも暖かい。合わせたのは、JoshuaEllisのチェックのストール。こちらも今季投入したものです。淡いパープルの効いたマルチカラーのチェックは何にでも合わせやすくて、コーディネートのアクセントになります。ワンピース/Spick and Span ニット/ユニクロ ストール/Joshua Ellis ブーツ/ELIN バッグ/不明【ユニクロ ニット&デニム】華組 木原みどりさんブログ「小物で楽しむフェミニンコーデ」より付け襟と付け袖をプラスして、パンツコーデにフェミニンさをプラスしたコーデ。トップス/ユニクロ デニム/ユニクロ バッグ/HERMES 靴/MANOLO BLAHNIKブログ「大人“黒キティ”バッグコーデ」より私の大好きなキャラクター、ハローキティのお顔になっているかごバッグ。 秋冬バージョンの黒かごバッグは大人コーデに大活躍です。ジャケット/YOKO CHAN トップス/ユニクロ スカート/BAUME ブーツ/HERMESブログ「フレアパンツで黒コーデ」よりとっても大好きな黒コーデ。 見た目がきつくなり過ぎないように心がけています。私のアイテムで赤いものはあまりないのですが、このフレアの雰囲気がとても素敵だったのと水玉好きにはたまらない可愛さでマイクローゼットに仲間入りしました。ジャケット/CELINE ニット/ユニクロ パンツ/ESTNATION バッグ/ZARA ブーツ/GIANVITO ROSSI【GUパンツ】華組 山口りえさんブログ「GUくすみパステルパンツでご近所へ」より動き易いプチプラパンツスタイルで!甘さ足しにくすみパステルパンツで、白と黒を合わせてみました。コート/material シャツ/7dots パンツ/GU スニーカー/CONVERSE バッグ/la bagagerie【ユニクロ トップス】華組 近藤和子さんブログ「真冬のスポーツ観戦コーデ」より真冬の野外でのスポーツ観戦は寒さ対策とおしゃれ心とのせめぎ合いです!数年前に購入したお気に入りのウールリッチのダウンで参戦。中にはユニクロのカシミアタートル、ギャップの裏起毛スウェットパンツ、ユニクロの極暖インナー上下を仕込んで、抜かりなし。少々着膨れ感は否めませんが、それは目をつぶりましょう。オールブラックに、赤いネイルとコスのカシミアニットマフラーをワンポイントにしてみました。トップス/ユニクロ パンツ/GAP マフラー/コス【ユニクロ トップス/GU スカート】華組 近藤和子さんブログ「ココアミックスカラーのロングコート」より絶妙なブラウン、ココアミックス色のコートです。中に着たのは、オールブラック。ユニクロのカシミアタートル、GUのプリーツロングスカートに、ZARAのショートブーツ。プチプラの優秀アイテムです。カシミアシルクのストールは去年一目で見て気に入ったエルメス。ルイ・ヴィトンのバッグは多分20年以上前に買ったもの。このコートに色に合う!とクローゼットの奥から救出しました。トップス/ユニクロ スカート/GU コート/Lavish Gate ストール/エルメス バッグ/ルイ・ヴィトン ブーツ/ZARA【ユニクロ ニット】華組 佐藤綾子さんブログ「冬のカゴバック」よりカジュアルだけでなくお出かけスタイルにも合わせやすそうなドラゴンのカゴバックを合わせたコーデ。カウチン/edit & co. ニット/UNIQLO スカート/allureville ブーツ/SARTORE【GUオールインワン】華組 山口りえさんブログ「GUオールインワン&紺ブレで打ち合わせ」よりGUの紺地に白いラインが細ストライプで入っているオールインワンは、オフィスアイテム。何十年も前に買ってしまいこんであったラルフローレンの紺ブレを合わせてみると、なんだかオフィスコーデも楽しくなりました。ジャケット/ralphlauren オールインワン/GU Tシャツ/GU 靴/GU バッグ/Gucci【ユニクロ ダウン】華組 横山希世さんブログ「UNIQLOライトダウン×黒小物コーデ」より今の時期は薄くて暖かい上着が良いですね。家族で何着も購入しているUNIQLOのウルトラライトダウン。今の時期、分厚いコートと迄はいかない位の気温の日も。そんな日はライトダウンの上からストールを羽織って出かけます。黒い小物を合わせました。ダウンジャケット/UNIQLO スカート/o'neil ブーツ/sartore ストール/theory バッグ/beautiful people【GU ニット&スカート】華組 山口りえさんブログ「GUプチプラスタイル」よりGUオーバーサイズニットとスカートを合わせたコーデ。コート/plst ニット/GU スカート/GU 靴/NEUTRAL バッグ/greamsupply ②秋本番のおしゃれコーデ【ユニクロ パンツ】華組 成田千恵さんブログ「シャツ&ニットレイヤードスタイル」より大好きな白シャツにカーディガンやニットベストをレイヤードするスタイルにハマっています。こんな風に白シャツはニットカーディガンや、ベストなどを重ねて、長さの差でレイヤードスタイルにするのが好きです。シャツ/ENFOLD ニット/海外で購入 パンツ/ユニクロ バッグ/Whim Gazette ブーツ/LOEWE【ユニクロ パンツ】華組 木原みどりさんブログ「ATONで見つけたラブリーなニット」よりこの秋冬の私の本命ニットはATONで発見!!この日はユニクロのパンツと合わせてコーディネートしました。ニット/ATON カットソー/ATON パンツ/ユニクロ バッグ/ZARA【ユニクロ トップス】華組 佐藤綾子さんブログ「紅葉が始まった蓼科へ」より今年購入したIENAのレーススカートに、ユニクロのブラウンニットを合わせてシックに。裾に向かって少しずつ広がるスカート。大きめのレース柄もくすみグリーンで落ち着いた印象です。ニット/ユニクロ スカート/IENA バック/BOTTEGA VENETA ブーツ/SARTORE【ユニクロ パンツ】華組 成田千恵さんブログ「ロングブーツ&シャツで丸の内ランチ」よりこの日のスタイリングは、ロングシャツとロングブーツをメインにしています。ネイビーのバンドカラーシャツはBLACK BY MOUSSYのものです。前が短く、後ろがワンピースのように長いアシンメトリーなデザインなので、全体をスッキリと見せてくれます。ブーツインにはまたまたユニクロレギンスです。今年はブーツをたくさん履きたいので、さらに大活躍間違いなしです。 トップス/BLACK BY MOUSSY パンツ/UNIQLO ブーツ/SARTORE バッグ/CELINE コート/AURALEE【GU トップス】華組 内藤有耶さんブログ「「GU高見えゆったりニット」+「艶プリーツスカート」でリラクシーなワンツーコーデ」より「マロンクリームみたい!」と言われたGUの秋色ベージュニットに、同系色の艶ベージュゴールドのスカート合わせて、ほっこりリラクシーに。とても高見えするので、大人のデイリー使いにちょうどいいです。肩周りのゴールドボタンが華やかさをプラス。ともすると地味でくすんで見えがちなベージュも、これでグッと使いやすくなりますよ。ニット/GU【ユニクロ トップス&ジーンズ】華組 木原みどりさんブログ「オンオフ使えるユニクロジーンズ」より秋コーデに使えるジーンズをユニクロで発見!絶賛ヘビロテ中です!!ユニクロで購入したのはハイライズスキニーアンクルジーンズです。お色は07GRAYです。ニット/ユニクロ ジーンズ/ユニクロ ストール/HERMES バッグ/CHANEL ブーツ/HERMES【ユニクロ トップス】華組 一色華菜子さんブログ「レーススカート+ゆったりトップスで、日本民藝館」よりユニクロのぽわん袖シャツに黒のレーススカートを合わせたワンツーコーデ。ユニクロのシャツは、こっくり明るめブラウンが飽きず、2年前のものですがまだ着てます。トップス/ユニクロ スカート/studio CLIP 靴/repetto バッグ/ciaopanictypy【ユニクロ トップス】華組 山口りえさんブログ「ホワイトベージュで品格」より寒くなってくると着たくなるホワイトベージュ。レーススカートと合わせて、品良くワンツーコーデに仕上げました。トップス/ユニクロ スカート/longJacket/7. seven dot 靴/ZARA【ユニクロU トップス】華組 木原みどりさんブログ「ユニクロUの本命くすみカラーニット」より最近くすみカラーが気になっています。 ユニクロで私が欲しかった秋らしいニュアンスの色味、くすみカラーのニットを見つけました。いつもユニクロで購入するニットはLサイズが多いのですが、こちらの商品はMサイズでピッタリ!トップス/ユニクロU パンツ/ COL PIERROT FOR ESTNATION 靴/Chatelles バッグ/HERMES【GUスカート】華組 内藤有耶さんブログ「カーキ×ブラックではじめる秋コーデ」より秋にぴったりのあったかフェルトのハットにGUのスカートを合わせた秋コーデ。トップス/Ron Herman スカート/GU 帽子/CA4LA スニーカー/CONVERSE バッグ/エクラ10月号付録【GUトップス】華組 豊田真由美さんブログ「プリーツスカートコーデ」よりエコレザースカートは、パーカーとスニーカーに合わせて、スポーツミックスコーデに。トツプス/GU スカート/SENSE OF PLACE スニーカー/New Balance バッグ/STATE OF ESCAPE ③秋の気配を感じるコーデまだ暑さが残るこの時期、秋の気分も取り入れつつおしゃれに過ごすアイテムやコーディネートは必見。【ユニクロ トップス】華組 近藤和子さんブログ「ある日のモノトーンコーデ」より少し涼しくなって来たので取り出したこの秋の初長袖は、バンドカラーの白シャツ。バンドカラーシャツはすっきりしていて襟のあるものより好きです。これはユニクロのもの。合わせたのはハウントで購入した、healthy denim のブラックデニムと、ヒューストンのアウトレットで見つけた、ビジュー付きのカールラガーフェルドのミュールで、大好きなモノトーンでまとめました。トップス/ユニクロ デニム/ハウント 靴/カールラガーフェルド バッグ/ゴヤール【ユニクロ トップス】 華組 沢辺史さんブログ「ちょうどいいトートバッグ」よりトップスはUNIQLOのストレッチコットンボートネックT。こちらはダークブラウンで、このほかブラックとナチュラルをイロチ買いしました。リーガルウォーカーのレオパード柄のスニーカーに、お馴染みWhim Gazetteのリネンマキシスカートでお散歩。トップス/ユニクロ スカート/Whim Gazette スニーカー/リーガルウォーカー バッグ/ストラスブルゴ×エクラ【GUタンクトップ】 華組 横山希世さんブログ「GUのリブタンクトップ」よりGUのタンクトップはプチプラなのに高見えです。生地もしっかりとしていて、肌触りも良いので着心地が良いです。プチプラなので2色買いしました。タンクトップ/GU ジャケット/tomorrow land パンツ/E by eclat【GUトップス】華組 一色華菜子さんブログ「STRASBURGOのロゴトート&ギンガムチェック」より飽きのこないオータムベージュとブラックロゴがとってもかわいいトートバッグ、ギンガムチェックのマキシスカートを合わせたコーデ。スカートは大ぶりブロックチェックが欲しくてずっと探していてつい最近買い物ついでにふと入った「COCA」というプチプラブランドのお店で見つけました。これから秋に向かっていく落ち着いたファッションにも大活躍しそうです。トップス/ GU スカート/COCA サンダル/havaianas バッグ/ストラスブルゴ×エクラ ネックレス/papillonner 時計/Cartier【GUパンツ】華組 豊田真由美さんブログ「シアーワンピ×プチプラパンツ」より透け感が涼しげなシアーワンピ。買ってみたものの、初めてのシアーワンピ。さぁ、どう着こなそう。プチプラGUパンツと合わせてみました。インナーに黒のノースリーブトップス、GUのパンツ、プラス毎年活躍の機会がなかなかなかったCA4LAのハットでコーデ完成ワンピース/JOINT WORKS パンツ/GU 帽子/CA4LA バッグ/セレクトショップにて購入【ユニクロ トップス】華組 伊藤美帆さんブログ「着回し忘備録 〜ユニクロニット〜」よりまだ暑い日が続いていますが、気分はもう秋!季節の変わり目に活躍する、ユニクロのホワイトニットを着回してみました。ふんわりしていて、少しオーバーサイズなのも今の気分です。まだ暑さが残る晩夏には薄手のボトムスで、異素材コーデを楽しんでいます。ブラック✖️ホワイトのミディ丈のスカートと。ボリューム感のあるトップスとの対照的なデザインがツボなです。ネイビーのシルクのワイドパンツと。 シルク✖️ネイビー というコンサバに傾きがちなパンツを、ほどよくカジュアルダウンしてくれます。トップス/ユニクロ スカート/セオリー 靴/ネブローニ パンツ/セオリー 靴/マノロブラニク【ユニクロ トップス】華組 一色華菜子さんブログ「あるものTシャツ 2コーデ」より春先に買ったUNIQLOのクルーネックT。キャメル合わせの普段着コーデです。トップス/ユニクロ パンツ/UNITED ARROWS サンダル/ import バッグ/dragon 帽子/no brand【ユニクロ インナー】華組 内藤有耶さんブログ「オールマイティーに使える黒のオールインワン」よりオールインワンって一枚で着られて楽ちんなのに、ワンピースよりお洒落見えしますよね。この日はたくさん歩くのでスニーカー合わせのカジュアルコーデ。バッグと靴とアクセサリーを変えたらシックでエレガントな雰囲気にも。オールインワン/ STORYNINE インナー/ユニクロ スニーカー/Onitsuka Tiger【ユニクロ パンツ】華組 山口りえさんブログ「万能プチプラパンツ」より定番の白パンツは、ユニクロ。 カジュアル、ドレッシーどちらでもいけます!打ち合わせではモノトーンコーデ。トップる/Ralph Lauren パンツ/ユニクロ 靴/NEUTRAL バッグ/Gucciこの日はグリーンを合わせて、2色コーデ。トップス/Is パンツ/ユニクロ  靴/NOVESPAZIO バッグ/Tory Burch▶︎ユニクロオンラインストアはこちら▶︎GUオンラインストアはこちら    ▲【50代プチプラ ユニクロ&GU】トップに戻る▼その他のおすすめ記事もチェック
  • ワンピース(2月発売予定)¥7200/COTORICA. 帽子¥1990/バロックジャパンリミテッド(AZUL BY MOUSSY) ピアス¥2600/MEW’S REFINED CLOTHES バッグ¥12000/アンビリオン(ペルケ) 靴下¥1000/Blondoll 新丸の内ビル店(17℃) 靴¥9800/ヒロタ(31 Sons de mode)ワンピースはソフトな風合いが魅力のデニム風のテンセル素材。レトロシルエットと色に、オープンカラーがカジュアルさを足して好感度MAXに♡ ベレー帽やローファー、小物で味付けしてさらに可愛さアップを狙って。モデル/貴島明日香 撮影/川﨑一貴(MOUSTACHE) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/松尾正美 文/鈴木絵都子 web編成/吉川樹生 ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。  ほかのコーデもCHECK! 新川優愛はアイシーなブルーアイテムでカジュアルコーデに透明感【毎日コーデ】 渡邉理佐は光で透けるパンツで女らしさをほんのり漂わせて♡【毎日コーデ】 これからのシーズンに大活躍、ショートトレンチでレディな魅力を振りまいて【毎日コーデ】
  • ON・OFF切り替えはアクセサリーで 仕事とプライベートの切り替えスイッチになっているアクセサリーをご紹介します。 小学生と保育園児、2人の子育てに日々手こずっていて 特に週末は、今はどこへも行けないですし基本は家でずっと一緒。たまった家事や習い事、遊び相手でヘトヘト。完全に”母・ぐったり疲れモード”になったまま、月曜日の朝を迎えます。 そんな時に気持ちを切り替えてくれるのが、ガツンとボリュームのあるアクセサリー。 子供を園に送って行った後、ミニポーチから取り出して手もとや耳もとに装着。それだけで、今から仕事!と気持ちがオンモードになるんです。帰宅後は玄関で全部はずしてまた母モードへ。 いつの間にか、オンとオフのスイッチのようになっていました。 今はオンラインで買えるものも多いので、スキマ時間にお気に入りのサイトを覗いて気分転換。 @escapers_online @leemarche @artidaoud 在宅勤務の日も、リングやピアスを身につけることで気持ちを切り替えています。 ちょっとしたスイッチやルーティンで心地良く、寒さが続く日を乗り切りたいです。今週も頑張りましょうね  
  • 誕生日には今後の1年への決意もこめて、自分に贈り物をするという習慣がなんとなく定着してきました(ただのお買い物の言い訳とも言います)。誕生日に限らず、特別な日に自分のために買いたいもの……いろいろあるのですが、私の場合はいつもエルメスの「カレ」(シルクスカーフ、私は90cm×90cmのスタンダードなタイプが好きです)が第一候補で、少しずつではありますが、「これ素敵」となった柄のものを以前よりコツコツと集めています。 今年の誕生日に「俺へのプレゼント」、略して「オレゼント」に選んだのは「シュヴァル・ドゥ・フェット」柄のカレ。春夏の新作です。柄は、50年代~70年代のポーランド派の映画ポスターのオマージュとのこと。ヤン・バイトリク氏のデザインです。中央に配された馬と、ロゼットのモチーフがとてもグラフィカルにアレンジされています。カラフルな色使いもとても好みで、見せていただいた瞬間に「これください」となっていました。巻き方によって印象がかなり変わるのも素敵です。大体、首元にふんわり巻くか、頭にターバンのように巻くというアレンジが多いのですが、目を引くスタイリングのポイントになってくれそうで楽しみ。 保存 開いてみたところはこのような感じ。馬というメゾンならではのモチーフと、モダンな色の組み合わせが本当に素敵! 実は、即決した理由はもうひとつありまして、カラフルな柄のベースに敷かれていたのが紫だったこと。(すみませんここから謎のオタクトークが始まります……)昨年あるグループのメンバーのファンになり、現在絶賛おしゃれなメンカラ紫(メンバーカラー・メンバーごとに割り振られたイメージ色です)を探し求める旅に出ているのですが、こちら、ベースが濃いめの紫なのです。面積は少ないけれども、カラフルな色(他のメンバー)を自然に包み込む感じが当推しのイメージと通じる気がする(いつもふざけているけど実はメンバーのことちゃんと見てるみたいな、そんな感じなのですよ)……と勝手に気持ちが盛り上がってしまいました。 今まで人生の節目で自分に贈ってきたカレも、それぞれにとても思い出のあるものです。手に取るだけでその頃のことを思い出せる、そんなコレクションを続けていくのも素敵かなと思っています。 保存
  • もともと引きこもり気質&寒がりなので、冬のステイホームは全く苦になりません。でも子どもは風の子。うちの3歳男児はずっと家にいるのが苦痛でしかないようです。特に保育園を登園自粛させる日や週末は、いかにして体力を消耗させるかが課題。幸い近所に大きな公園があるので、やれやれと重い腰を上げて週3日は彼の外遊びに付き合っています。 3歳ってまだまだ赤ん坊に毛の生えた程度だと思っていましたが、子の成長をみくびっていました。ここ数ヵ月で運動能力が格段にアップしており、見失わずに付いていくにはこっちもわりと本気出さないといけなくなってきたんです。そうなると自分の服装も身軽で動きやすいものに限る。これまではかっちりとしたロングコートでも余裕でしたが、子どもとの外遊びにはもっと軽量なアウターが必要だと痛感しました。 軽くてあったかい冬の定番といえばダウンですが、別にハードなアウトドアをするわけじゃないし、所詮は都内の公園。本格的なダウンよりも気軽でオシャレな一品を求めて、あらゆるオンラインサイトを巡りヒットしたのが「The Frankie Shop(フランキーショップ)」のキルティングジャケットでした。 フランキーショップといえばNY発の人気ブランド。ミニマルかつほどよくモードなアイテムが数多くそろっていて、価格もお手頃なんです。さらにインスタで「#frankiegirl」のハッシュタグで検索すると、世界中のファッショニスタによるリアルなスタイリング画像がたくさん見られるのもポイント。試着せずにオンラインで服を買うことにはやはり抵抗があるものの、このフランキーガールたちのルックのおかげでイメージがつきやすく、ポチりのハードルはかなり下がります。 というわけで先述のジャケットを購入し、私もこのたび晴れて「#frankiegirl」デビューしました! 決め手はポンチョのようなシルエットとノーカラーのすっきりした首もと。ミリタリーライクなキルティングジャケットがフェミニンに昇華されています。オーバーサイズなのでエフォートレスに着こなせるのも魅力ですし、寒さの厳しい日は中にアウターを仕込んでもごわつきません。それにとにかく軽くて動きやすい! このジャケットのおかげで週3の外遊びも軽快に動けるようになりました。大満足の初買いに心も体もホクホクしております。 >>母は賢くおしゃれする「おしゃれママと考える明日のモード」 - マガジントピックス | SPUR >>ヴィーガンパンってこんなに美味しいの!? #深夜のこっそり話 #1352 >>今必要なのは、センスのいい花と花器 #深夜のこっそり話 #1345 オーバーサイズなので、寒い日は中にもう1枚アウターを仕込んでも余裕です。
関連キーワード

RECOMMEND