[富岡佳子private private]MIDLAND SQUARE ANNIVERSARY 2019 を開催!

Web eclat
3月3日14:00〜名古屋「ミッドランドスクエア」にてéclatのイベントが開催されます。
当日は、編集長と初のトークショーです!
どなたでも観覧可能ですが、エクラ読者さんには抽選でご招待がございます。
詳しくは、éclat3月号P.89 もしくは、http://www.midland-square.com
をご覧下さいね♡
久しぶりの名古屋!今からとても楽しみです♪
関連記事
  •   突然ですが私名古屋出身でして、強めの地元愛を持っております。そこで先日BEAMS JAPANで開催されている大名古屋展へ行ってまいりました! 展示会の時に、やるという話を聞いてから、ずっと楽しみにしていたんですよね。 私が購入したのは、大人のクッピーラムネとスジャータポーチ。クッピーラムネは味は普通のものと変わらないのですが、30連になっていて夢のクッピーラムネ大人食いができるというもの。 スジャータポーチはPVCなのでこれからの季節海やフェスに行く時にお金や入場券などをそっと入れておくのにちょうどいい。フックがついているので、パンツやバッグに引っ掛けられるのも便利です。何より、“褐色の恋人”という文字を見ていると、今にもあのメロディが聞こえてきそう!(笑) そしてグッズを購入したら、こんなにもたくさんのノベルティをもらえてしまいました! 名古屋ゆかりのキャラクターやマークが盛りだくさんのステッカーに、献立いろいろみそのミニパックです。正直私はこの手のみそを常備していない派の家庭で育ったのですが、それでも東京でこれをもらえるとなんだかとっても興奮! BEAMS的ナゴヤの巡り方には、おやつ部員として黙っていられないショップもずらり。今度帰省した時に行くリストの上位に華麗に入りました。 地元にいるときはなんとも思わなかったものも、こうして手に取るとよりなぜかものすごく魅力的に感じる不思議。やっぱり名古屋好きだなぁとしみじみ思ったのでした。  
  • インスタで世界中にフォロワー2万8000人以上! エクラ編集長と暮らすアメショーのアラン。得意技はヘソ天! お気に入りのおもちゃのネズミたんが、スクラッチベッドの下に転がって入っちゃった!僕、頑張って取るにゃよ! (それはいいけどなぜヘソ天になる⁉︎ しかもちょいちょい、ママに目線送ってくる(笑))@alain_cat
  • ヨックモックヨックモックと同い年♡なんと50周年 ヨックモックを手土産にと考える時は、老若男女、相手の好みがわからない…時かな?!なのにそれプラス送り手にも自信を与えてくれるという完全無欠の存在。この写真のマグネット!ロケバスさんが騙されて食べそうになってました。秀逸☺︎
  • アラフィー女性たちの多くが抱えている、自身の「ニオイ」への不安。枕がくさい、頭皮がくさい……それはまぎれもなく頭皮から出ているニオイ菌が原因! ニオイ多発地域“頭皮”の実態と予防&解決法を専門家が指南。皮脂、汗、雑菌がいっぱい。頭皮ケア=ニオイケア!「頭皮は顔よりも汗腺が多く、皮脂腺も多い。さらに髪の毛で蒸れやすいため、脂っぽいニオイが発生するのが特徴。加齢臭が出るパーツでもあります。さらに頭皮には皮脂が大好きな菌が存在し、ニオイ菌の宝庫といえます」(井上さん)。 「更年期で男性ホルモン優位になると、頭皮も皮脂のベタつきが気になったり、マラセチア菌による頭皮湿疹も伴うニオイが発生することも」(植松さん)。 「首から上はホットフラッシュによる汗が増える部位。特に、耳後ろから襟足付近は、汗もたまりやすく皮脂分泌も多め。しっかり洗うことが大切」(五味先生)。頭皮のニオイ「予防&対策」1.地肌の潤いをとりすぎない頭皮ケア「ニオイが気になるからといって、エクラ世代が洗いすぎるのは厳禁です。髪を潤す皮脂を残す程度に、適度な洗髪を」(五味先生)。地肌へ栄養を与え潤しながらも、余分な汚れや皮脂を落とせる頭皮ケアアイテムを活用してみて。1.スカルプD ボーテ 薬用スカルプシャンプー(ボリューム) [医薬部外品] 350㎖ ¥3,900/アンファー   2.THREE スキャルプ&ヘア リファイニング シャンプー R 250㎖ ¥3,600/THREE2.シャンプーは襟足あたりを念入に「加齢臭の成分ノネナールは頭皮からも発生しています。加齢臭が出てくる頭頂部や襟足付近などは、地肌をマッサージするようにていねいに洗ってください」(井上さん)3.日中の皮脂&ニオイ対策にドライシャンプーを使う「夕方になると、頭皮のニオイが気になるという声も。そんなときはドライシャンプーを活用して、過剰な皮脂の吸着を。頭皮がリセットされ、トップの髪のふんわり感まで復活できるので、一石二鳥です!」(井上さん)1.植物由来の成分で皮脂やベタつきをすっきり。 ザ・プロダクト ドライシャンプー 115㎖ ¥1,500/ココバイ   2.地肌をリセットするだけでなく、皮脂など のニオイのもとを防ぐ。 TSUBAKI お部屋でシャンプー 180㎖( オープン価格)/資生堂お話をうかがったのは、このかたがた資生堂 化粧情報開発センター 研究員 井上裕基さん 制汗・消臭の製品を多く開発。『エージーデオ』には開発から長くかかわっている。   ロート製薬 東京学術チーム 薬剤師 植松由起さん 薬剤師の資格をもち、ロートの最新研究や知見をわかりやすくユーザーに伝える専門家。   五味クリニック 院長 医師 五味常明先生 「ニオイ」を専門的に治療および研究し、この分野をリードする日本を代表する医師。撮影/富田 恵、細谷悠美(井上さん) 取材・文/松井美千代 ※エクラ8月号掲載
  • 久しぶりに会う友達の前では、″あのときのまま”でいたいもの……。顔の印象を変えるには、ファンデーションだけでなくリップも大事。一瞬にして顔色をよくし、印象を強くしてくれるリップなら、同窓会の集合写真でも幸せオーラ全開! 1.シャネル ルージュ アリュール ヴェルヴェット57 計算された光沢と輝きをもつルミナスマットな質感と、肌を血色よく演出する鮮やかな発色が、大人の唇にぴったりと一番人気に! 「潤い感と発色のよさが好き。そのリップどこの!?と大勢に囲まれました(笑)」 梅原晶子さん(フラワーデザイナー・48歳) 全15色 各¥4,2002.SUQQU モイスチャー リッチ リップスティック 10 バームのような濃密な塗り心地で、とろけるように唇になじむ。唇そのものが血色よくつややかになったような仕上がり。 「落ち着きのある深い赤でトレンド感も。男性にも女性にも好評でした!」 堤 絵里子さん(化粧品ラウンダー・48歳) 全10色 各¥5,0003.エスティ ローダー ピュア カラー クリスタル シアー リップスティック 54 クリスタルのような透明感とピュアな発色でロングセラーを誇る、エスティ ローダーの代表的な口紅。若々しい口もとに。 「繊細なパール感と豊かなツヤが大好き。品よく華やかさを演出してくれます」 木村志枝さん(会社員・44歳) 全6色 各¥3,800他の画像を見る撮影/久々江満 取材・文/小林みどり ※eclat8月号掲載
  • あらゆるシーンで頼りになる、ワンピース31着を日替わりでご紹介。day23は、大人好みの比翼仕立てのシャツワンピースに、光沢のあるレギンスを重ねて洗練された印象のカジュアルスタイルに。day 23露出が少なく、技の効いたデザインは大人好み比翼仕立てのシャツワンピースに、光沢のあるレギンスを重ねて大人の洗練カジュアルに。ドルマンスリーブが二の腕もすっぽりカバー。 ワンピース¥42,000/ebure レギンス¥12,000/サードマガジン サングラス¥26,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ヴィクター&ロルフ) バッグ¥78,000/ボウルズ(チャコリ × ハイク) 靴¥26,000 /ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(リベクール)  >>7月の雰囲気出しワンピース31days 一覧はこちら撮影/金谷章平 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ ※エクラ8月号掲載
  • 今年50歳の節目を迎えた、エクラカバーモデル・富岡佳子さんの夏の私服スタイルを大公開! ほどよい張り感と立体的なデザインが特徴的な黒ワンピースにヒールサンダルを合わせてオンスタイルに。合わせる小物しだいでテイストが自在に変化する、絵になる黒ワンピースを常備してほどよい張り感と立体的なデザインが特徴の黒ワンピース。「たっぷりした袖とボリュームシルエットのリラックス感に、ウエストの絞りとアシンメトリーなすそでほんのりモードな味つけを加えた、絵になる一枚です」。STYLE 4がオフスタイルだった一方、こちらはヒールサンダルを合わせたオンスタイルに。小物使いで仕上がりが変わるのも、黒ワンピースの魅力のひとつ。【ITEM LIST】 ONE-PIECE:HYKE EARRINGS/BRACELET/BAG/SHOES:CELINE RING(LEFT):Cartier RING(RIGHT):Hirotaka“リラックス&モード”をつくるこの夏の主役アイテムCELINEのフープピアス「エルメスのフープピアスもそうですが、単にシンプルなフープだと、ちょっともの足りなくて。ひとくせデザインを効かせたタイプが使いやすい。小さめのピアスでも、ちゃんと存在感をアピールしてくれます」撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリング協力/村山佳世子 モデル・コーディネート/富岡佳子 取材・文/磯部安伽 ※エクラ8月号掲載 
  • 本棚は…今朝は、久しぶりにエクラ編集部にてヘアメイクでした。 なかなかお邪魔することのない早朝の編集部。 3年近くお世話になると随分私の姿が増殖していました♡
関連キーワード

RECOMMEND