ASTALIFTの魅力‼︎大人女子の美容合宿へ。

Web eclat
まずは、美容合宿のメインイベントASTALIFT美容セミナーから。

実は、日頃からASTALIFTの基礎化粧品を愛用させていただいているのですが、今回の美容セミナーでは目から鱗。学ばされることが多々ありました。

軽井沢マリオットホテルに到着。

そして、ホテルのお部屋に入ると、そこにはASTALIFTのたくさんのお化粧品やサプリがズラリ‼︎

お部屋の窓からは雪景色が。
ツララがキラキラ。

贅沢な空間に迎えられました。



美容セミナー会場入り口にはASTALIFTのお化粧品が勢ぞろい。

基礎化粧品は日頃から愛用させていただいていますし、皆さまもご存知かと思いますが、肌馴染みの良さそうな綺麗なカラーのアイシャドーや、口紅もとても気になりました。


テーブルには各自1セットずつ基礎化粧品が置かれており、セミナー開始。

わたしのお気に入りJERRY AQUARYSTAはやはり人気が高いようで、これを最初につけることで、他の基礎化粧品の導入剤となるようです。テクスチャーや薔薇の香りにうっとりします。

ディナーの前に、脂肪や糖の吸収を抑えるメタバリアプレミアムや抗酸化力作用がすごいアスタキサンチンのサプリを飲んでおきます。


セミナーでは、ASTALIFTのお化粧品の威力は素晴らしいのですが、その効力を最大限に生かすには、やはり、使い手も正しい使い方を知る必要があることを実感させられました。

上はセミナーで水井真理子先生からご指導いただき、丁寧に手の指、手の平全体で優しく包み込むように美容成分を閉じ込めた手。

下は翌日の友人の手。なんと左手の方が透明感があり、明るいのが分かります。


ASTALIFTのお化粧品に囲まれて、ディナースタート。

サプリを飲んでいるので、カロリーを気にすることなく、デザートまで完食です(笑)



そして、今回、何より嬉しかったのは、2018年華組同期全員集合‼︎ みんなと会えたことでした。
エクラ編集長、副編集長と記念撮影。

素敵なイベントに参加させていただき、ありがとうございました。

最後に今日のスタイリングは、旬を感じるデザインだったので選んだZARAのイエローのブラウスに金ボタンがお気に入りのHELIOPOLEの紺のパンツでエレガントに。紫のクラッチ、指輪とイエローのブラウスの色合わせが今日のコーデのポイントです。





インスタグラムはこちらから。
関連記事
  • 香港在住の美女組No.123Mariさんがお届けする、香港最旬スポット情報。ガイドブックにはない、リアルな口コミ情報を香港観光の参考にしてみて。【目次】 1. 香港旅行者必見。在住者が教えるタクシー乗車のコツは? 2. 香港在住者がおすすめする最旬BARスポット 3. 香港オススメのナイトライフスポット 4. 香港在住者がおすすめするSPAは? 5. 香港の最新観光スポット「大館」 6. 香港に行ったらぜひ味わってほしい最高級のレストラン 7. 話題のお店がたくさん!香港オススメストリート Gough Street 8. 香港あるあるな光景が見られる!? 香港オススメストリートGage Street 9. 香港観光中においしいパンが食べたくなったらここ! 10. 幽霊スポットが大好きな香港人(!)の間で話題のスポット 教えてくれたのは・・・ 美女組No.123Mariさん No.123 Mari 会社員 娘(15歳)と息子(12歳)、夫を連れて8年前に仕事と家庭の両立がしやすい香港に移住しちゃいました。 平日は外資金融でアジアのリスクマネジメントやってます。 母親業はパートタイムで。ゆるーく色んな人に頼りながら海外子育て満喫中。記事随時更新中⇒https://marisol.hpplus.jp/bijyogumi/mari 香港旅行者必見。在住者が教えるタクシー乗車のコツは?香港では電車、バス、ミニバス、トラムと交通網がかなり発達していますが、突然知らない土地のローカルバスに乗るのはハードルが高いですよね。そんな時使いたくなるタクシーですが、香港のタクシーはとっても気難しい!香港でのタクシー乗車のコツ1:支払いは現金のみ香港は実は2000年くらいから電子マネーが広まり、Octopus(八達通)というカードで公共交通網はもちろんコンビニからちょっとしたスーパーなどsuicaみたいな感じで使えるのですが、唯一気を付けなくてはいけないのがタクシー。香港のタクシーは現金のみ受付。香港旅行が決まったら必ず100ドル札の現金を用意してください! 注)500ドル札、1000ドル札は90%断られるかとっても嫌な顔をされます。香港でのタクシー乗車のコツ2:運転手さんは英語がほぼしゃべれない行きたい場所が決まっているならできるだけ大きな文字の広東語(漢字)で住所を書いておくこと。 昨今北京語はしゃべれても英語がしゃべれないタクシー運転手さんが急増中。できるだけ大きな文字で書くのは、タクシーの運転手さんに高齢の方が多いため。小さい文字のiPhoneを見せるとちょっと機嫌が悪くなることもよくあります。日本と違ってタクシー内はお客様のものではなく、運転手さんのプライベート空間。大音量のラジオトーク番組が主流です。香港でのタクシー乗車のコツ3:タクシーは色でテリトリーが決まっている新界は緑、ランタオ島は青、香港島やチムサーチョイ(都会タクシー)は赤と決まっています。香港島から九龍半島へハーバーを超えてタクシーを乗る時は決まった停留所から乗らないと受け付けてくれません。(上の写真が決められて停留所)ながしのタクシーでも空車マークの上にカバーを付けてout of serviceのようになっているのがハーバー越えを希望しているタクシー。この車は香港島でつかまえても香港島内の場所へは行ってくれません。反対に、九龍半島で捕まえても九龍半島内の場所へは行ってくれません。どちらもハーバー越え用のタクシーなんです。ちなみにハーバーを超えるトンネルは3本。トンネルによって料金も違います!香港でのタクシー乗車のコツ4:車によって乗車制限が違う前と後ろに乗車人数書いてます!香港のタクシーは車種が決まっていて、ほぼ同じように見えるのですが、車によってはお客さんが4人乗車できるものと5人乗車できるものがあります。5人乗車の場合はだいたい後部座席に4名と前の座席に1名です。ちなみに最近東京で見かけるようなユニバーサルデザインのタクシーも香港で出回りつつありますが、全車均一で同じ料金です。香港でのタクシー乗車のコツ5:ながしのタクシーを捕まえるには道路の線に注意こちらは二重線(左)があるので止まってくれない道路。せまい香港ではタクシーは突然止まると後列の車に影響があるため、停車していい場所が決まっています。目的地についても止まってくれないのはそういった理由の時もあるので気を付けて!二本線のある道路では手を挙げて待っていても停車してくれるタクシーはいません。(上の写真参照)一本線の道路ではOK!香港でのタクシー乗車のコツ6:香港は基本チップはない!海外に行くとついつい気になるチップ制度。香港は基本的にはチップはないものと思って大丈夫です。よっぽどいいサービスを受けた時、よっぽどお金持ちでいい気持ちになりたい場合(笑)などの他、考えなくて大丈夫です。香港でのタクシー乗車のコツ7:番外編言ってはいけないあの言葉!?香港は広東語が公用語です。香港は中国との歴史的な関係から、「中国人」というよりは「香港人」としてのアイデンティティを持っているので「ニイハオ」(北京語)というのはちょっと違うように思います。(広東語は漢字は一緒でも発音はレイホウ)ちょっと感覚がわかりませんが、私も欧米で「ニイハオ」と言われて戸惑うことが多いので。フレンドリーなのか、全くこの人の出身などを考慮しないで言っているのか、どちらにせよ私は中国人じゃないですって言い返したくなっちゃいますよね。多分香港人は失笑しちゃいます。▶香港在住者が教えるタクシー乗車のコツの詳細はこちら香港在住者がおすすめする最旬BARスポット香港観光でおすすめ! ルーフトップバー「PIQNIQ」香港でも絶大な人気を誇る草間彌生さん。なんと、香港でも大人気のルーフトップバーに草間さんの作品が!このカボチャ越しに見る香港の100万ドルの夜景!こちらは割と早めの時間から混んでいて立ち飲みになる可能性が高いので、まずは駆け付け一杯w 私の中ではワインなどを軽く飲んでから別のbarへ移動する前の夜景を堪能する場所となっております。とにかく欧米人に大人気のこちらのBAR。新しいビルということと、Pottinger streetといって昔からの石畳のある場所なのでLKFにもSOHOにも同じくらいの距離で行けるという好都合な場所!是非このあたりから始める夜はいかがでしょうか。香港ってほんとに気分がとってもアガリますよ! ▶香港観光におすすめ! ルーフトップBAR「PIQNIQ」の詳細はこちら香港観光でおすすめ! ホテルの中の隠れ家バー「Room 309」いかにも妖艶な夜へのいざないのようなネーミング!実在するホテルの中の隠れ家バーなのですが、カードキーをもらうためにチェックインまでする必要があって、素敵なんです。ちなみにカクテルは透明なカクテルにこだわりがあるので、私はピニャコラーダ風ハウスカクテルをいつも頼んでます!透明なのにピニャコラーダの味!不思議カクテル満載です! そしてよく見るとチェリーが鍵にささってるんです。▶香港最新バースポット「Room 309」の詳細はこちらNY話題の隠れ家バー「Please Don't Tell」調べたらわかってしまうような甘い隠れ家のこちらの店舗。なんと某有名ホテルの中にあるんです。しかも最近香港ではバーの中に隠れ家バーがあるという二重隠れ家のコンセプトが人気!なんてこった! こちらはNYでも同じく電話ボックスの仕様になっているという入口。電話をかけると、カーテンが開き、お迎えが来てくださるというアガりまくる設定~!噂でもいつも混雑していて入れてもらえないとのことでしたが、この日は超ラッキー。ちゃんとカウンターで座ることができました!店内はこじんまり、Cozyな雰囲気。私は店内大きすぎて話が聞こえないようなバーよりはこじんまりしっぽりするバーが好き。ちょうどのサイズでますます気に入りました。 ちなみにホテルのHPには掲載がありますが、ホテル内に案内はないので、人に聞いてたどり着くようになっていますよ。香港にいらしたらぜひ隠れ家バーをいくつも回る、「バーホッピング」を楽しんでみては?▶NY話題の隠れ家バーの詳細はこちら香港オススメのナイトライフスポット大人女子に行ってもらいたい妖艶なバー「Ophelia」ぜひとも大人女子に行ってもらいたいこの独特の世界観。安心してください!誰も脱ぎませんw ただただ、踊り子のお姉さまたちがぼーっとそのあたりをうろつくっていう不思議な世界。こちらもいくつも大人気のレストランをプロデュースしているダイニングコンセプトのお店。夢から出てきたような空間で日常の退屈を吹き飛ばすっていうコンセプトなんだそうです。スモーキーな空気(特に喫煙空間なわけではないです)とお姉さまが足を見せて歩いてるっていうだけなんですが、もうとっても怪しい!ダンスのパフォーマンスがある日もあるみたいです!ちなみに男性は特に服装に制限があるので(サンダルX 短パンX など)男性と行かれる際にはジェントルマンを連れていってくださいね。カクテルもおいしいのでぜひともお楽しみくださいね!▶香港の妖艶なバー「Ophelia」の詳細はこちら幻想的な世界観のダイニング「Iron Fairies」話題になってからかなり久しいのですが、私は初めてだったのでこちらのバーもご紹介。人気店をいくつも展開しているダイニングコンセプトのお店。昔の鉄工場に模した造りになっていて、ちょっとディズニーっぽいフェアリーがたくさんおいてあって幻想的。デザイナーがこういう幻想的な世界観を作り出す有名デザイナーのアシュレーサットン氏。ちなみに彼がデザインするのはOphelia、J.BOROSKIに続き香港で3店舗目なんだそう。なんと、蝶々が天井にびっしり。しかも下の方には鉄でできたフェアリーが一つずつ置いてあって「お持ち帰りすると不吉なことが起こりますのでお気をつけて」っていう粋なのかマジで怖いのかよくわからないコメントカードが置いてありました。 10時からライブがあるのですが、ブルース・ジャズで私的にはライブ前にかかっていた音楽の方がノリノリで楽しかったのですが。ともかくめっちゃ人気店なので人が多く、若い人とワイワイするには楽しいかも。ブルースとか楽しむには込み具合が半端ない感じです。ちょっと早めの入店をオススメします!▶おすすめ香港ナイトスポット「Iron Fairies」の詳細はこちら香港在住者がおすすめするSPAは?マンダリンスパいくつかホテルスパにはいきましたが、マッサージが一番ゆったりしているように思います。スパの2時間コースを予約すると、予約時間45分前から施設をつかってのんびりできます。私のお気に入りは暖かいデイベッド。湿気もない暖かい空間なのでバスローブを着てのんびりと本を読んだりしてます。この後2時間みっちりとアロマでゆったりとくつろいできました。 香港では街中にも気軽なマッサージ屋さんがありますが、あちらはどちらかというと本気で足がだるいとか腰が痛い時に利用していて、一年に一度くらいはゆったりホテルスパにお世話になってます。 ▶香港観光におすすめ! 「マンダリンスパ」の詳細はこちら香港の最新観光スポット「大館」香港島の中心街セントラルに突如現れた大きなオシャレスポット「大館」に行ってきました! 私も大好きな香港島中環(セントラル)には「オールド・タウン・セントラル」という最近香港が特に力を入れて再開発しているエリアがあります。 香港の歴史の通り西洋と東洋、新旧の文化が入れ混ざっている地区で、歴史を感じられる街並みにストリートアートなど香港好きな人がまさに萌えるポイントがたくさん。そんなオシャレ地区セントラルで最近ついに満を持してオープンしたのがこの新スポット大館。大館は植民地時代に作られ始めた建物の集合体なのですが、警察署、裁判所、刑務所が隣り合って建設されています。90年代には旧セントラル警察署、セントラル裁判所、ビクトリア刑務所の3つの建物が香港の歴史的建造物(法定古蹟)に登録されています。今回、この3つの建物が改装され、現代美術館、オシャレショップ、当時の様子が分かる見学施設などに再開発されたんです。 昔の監房などの見学も可能で現在は入場人数制限がありオンラインで申し込みをしている人のみ見学ができるようになっています。オシャレカフェなんかよりは監獄がぶっちぎり大人気で人もごった返していました。 歴史的建造物(法定古蹟)をそのまま使用した素敵な外観かつて監獄だったところだけに外側の造りも興味深い!中には超オシャレショップがたっくさん狭い香港には珍しく、見どころ満載な割にスポット自体とても広いので、なんと私、いまだにすべてまわることができていません!監獄の裏側のストリートには素敵なカフェがあったりと素敵なエリアなので香港に来られたらぜひお立ち寄りくださいね!▶香港の最新観光スポット「大館」の詳細はこちら香港に行ったらぜひ味わってほしい最高級のレストラン ミシュランの2つ星という折り紙つきのお料理が味わえる『天龍軒』ミシュランの2つ星という折り紙つきのお料理。キラキラゴージャスで上品な店内。最高級のサービス。そして香港随一の絶景。そんな素敵なレストラン、 『天龍軒』に行ってきました!予約は必須です。セットディナーはミシュラン特別コースなど3種類、アラカルトメニューもあります。今回はせっかくなのでミシュラン特別コースをいただきました! 中華料理なのに食前のアミューズまで出たりして、ウェイターの方々もとってもさりげなくて素敵なサービス!食事はどれをとっても繊細でとっても奥深く、本当に絶品の一言。ちゃんと日本語表示のメニューもありましたよ! キラキラとってもモダンで大胆なイメージのインテリアには、バランスよく伝統的なアジアと香港らしさがあって、香港ならではのダイナミックさ、豪華さ、繊細さを堪能できました。▶香港最上階で絶景を見ながらミシュラン二つ星の中華『天龍軒』の詳細はこちら話題のお店がたくさん!香港オススメストリート Gough Street 活気があって中心地で大好きな街セントラル。中でもこのストリートはオシャレショップがてんこ盛り! 小さなクリエイターショップとかアクセのセレクトショップ、インテリアショップなどとっても可愛いお店がたくさんありますよ。 Gough Street にある「映える」レストランバー「Gough's on Gough」こちらのお店はイギリスの家具ブランドTimothy Oultonがインテリアやレストランコンセプトやなんかも手掛けたというお店。大人気店がたくさんあるGough Streetではランチタイムにもなれば大行列のお店も多いのですが、こちらのお店一歩入れば静かな別世界。黒と金のブリティッシュな雰囲気の中素敵な店内へ。シェフこだわりの食事もさることながら、バーとしての使い方が一番人気のよう。夕方からのハッピーアワーも香港ではとっても人気の飲み方なのでぜひふらっと訪れてみては?香港あるあるな光景が見られる!? 香港オススメストリートGage StreetGage Streetは、香港好きにはたまらない色んな要素がてんこ盛り。野菜やお肉、魚のお店がたくさんあるストリートです。トラックから豚一頭を担いでくるおじさんを発見しました。初めての時はかなりショッキングですが、香港あるあるです。香港観光中においしいパンが食べたくなったらここ!インスタで話題!クロワッサンが美味しい「bakehouse」インスタで見つけたこの話題のお店、色んな人のコメントが「No.1 Croissant in HK」みたいな感じだったんで行ってみました。(←やっぱりミーハー)なんとこちら、シェフがあのフォーシーズンズホテルのペイストリー部でのシェフだったとのこと。私の中でのチョコクロワッサンNo.1はFeather & Boneだったんですが、奪還No.1の座。めちゃくちゃパリフワ。おいしかったんです。クロワッサンもブリオッシュも超おいしい。次回時間のある時にぜひともカフェメニューも試したいです。 日本の皆様にはあまり響かない、香港最新のパン屋情報ですが。観光に歩き疲れたらぜひこういうカフェで一息してみては?▶香港にある本格的ベーカリーの詳細はこちら幽霊スポットが大好きな香港人(!)の間で話題のスポットSaiYingPun (西営盤)香港人(だけでなく中華圏全般?)は幽霊スポットが大好き。そんなに幽霊スポットが大好きな香港人が話題にするスポットがこちら。1892年に元々は市民病院の看護スタッフ用施設として設立、大戦後の1947年に精神病院になり、閉院後廃墟化した後1990年代に解体され再建、外側だけ残して歴史建築Sai Ying Pun Community Complexとして保存されてます。 こちらただの幽霊スポットだけでなく、建築物としても初期のバロック式を採用している香港では数少ない建築物として、また地元の建築材料を有効活用しつつ正確に建築されたものとして貴重な存在なんだそうです。 昼間に訪れると観光客も多く写真を撮っていてそこまで怖い感じではありません。このあたりは最新おしゃれスポットとしてビストロやカフェが立ち並ぶ午後から夜にかけて楽しい街でもありますので少し足を伸ばして訪れてみては?また、Sai Ying Pungには昔ながらの駄菓子屋さんや電気屋さんも残っていて、昔よく使われていた鉄のシャッターがまだ使われています。たまに住所や店名などがくりぬかれていてこれもまた珍しいのでお見逃しなく! ▶香港で話題の幽霊スポット(!)の詳細はこちら
  • マリソル編集部スタッフおすすめの最新ファッション情報をお届け。マリソルのジュエリー連載を担当していただいている、ジュエリーディレクター・スタイリスト伊藤美佐季さんが、初の著書「そろそろ、ジュエリーが欲しいと思ったら」を上梓されました。 タイトルの通り、読み終わったら猛烈に日常使いのジュエリーを探したくなります!そしてピアスの穴をもう一つ開けたくなります! 気になって来た方、どうぞ是非ご一読を!!
  • きれいめにもカジュアルにも万能なくるぶし丈パンツ。スニーカーやミュールなど、休日のコーディネートにおすすめの靴をご紹介。【1】ペリーコ サニーのパイソン柄スリッポンオフの日に重宝するスリッポン。ボリュームのある厚底スリッポンは細身のくるぶし丈パンツとの相性もいい。パイソン柄がアクセントなって大人の着こなしに。スリッポン( 3 ㎝)¥35,000/アマン(ペリーコ サニー)【2】マリ ジウディセリの型押しミュール太めのリネンパンツなど、エフォートレスなコーディネートの足元を引き締めたいときは、レザーミュールがおすすめ。型押しとチャンキーヒールでモードな味付けを。ミュール(4.5㎝)¥120,000/アパルトモン 青山店(マリ ジウディセリ)【3】デイトのスニーカー  きれいめなくるぶし丈パンツとあわせたいのがゴツさのあるダッドスニーカー。足首の細さを見せて女らしい抜け感を出して。服もスポーティになりすぎないようトラッドなものを選ぶのがポイント。パンツ¥22,000/ANAYI スニーカー( 5 ㎝)¥31,000/ウィム ガゼット青山店(デイト) 【4】ペリーコのサンダルトレンドのナイロンアウターなど、スポーツテイストの服を着るなら、くるぶし丈パンツと足元はきれいめを選んで。シルバーのヒールサンダルならクールに女っぷりをプラスできる。サンダル( 9㎝)¥50,000/アマン(ペリーコ)撮影/魚地武大(TENT)スタイリスト/松村純子  【Marisol5月号2019年掲載】
  • Marisol ONLINEで配信されたビューティー記事の人気ランキングトップ5を発表!※集計期間:2019年4月8日(月)~4月21日(日)【5位】<ひっこめ!腹肉・腰肉>Step3【基本編】膣を締めて、骨盤底筋を引き上げる【3位】「薄眉が悩み。おしゃれな印象の眉にしたい」悩める美女組が運命の眉に出会った! 【3位】「左右非対称で不自然」悩める美女組が運命の眉に出会った! 他の画像を見る
  • 春だもの、メイクを変えたい! ならばまず今年らしいリップを一本ヘア&メイクアップ アーティスト AYAさんヘア&メイクアップ アーティスト AYAさんラ・ドンナ所属。トレンドを取り入れつつ、個性をきわだたせ、大人をキレイに見せるメイクが評判。著書に『AYAMAKE』(宝島社)がある「つけるだけで今年顔になれるのがリップのいいところ」とAYAさん。とはいえ、同じ色でも質感によって今風になったり、そうでなかったりするので、色×質感のバランスに気を配るのが、あかぬけるポイントだ。「例えばオレンジなら、元気に見えるツヤツヤ質感、ベージュなら、引き締まった印象を与えるハーフマット質感というように」。またアラフォーの口もとには、リップライナーが必須。「あいまいになった輪郭をカバーして、唇本来のフォルムを生かすことができますよ」。今回はAYAさんがオレンジ、ピンク、ベージュのリップをセレクト。■ピンク×ちょいツヤ ピンクを今風につけこなしたいなら、青みピンク。 「旬を感じさせる色ですし、黄ぐすんだ肌を冴えて見せる効果が。昔っぽくならないよう、ほどよくツヤがあって、軽やかにつくタイプを選択」(AYAさん)☆使ったのはこれ!一見、強い色だけど、透明感が高いバームだからつけこなしやすい。青みで肌をトーンアップ。SHISEIDO メーキャップ カラージェル リップバーム 113¥3,500(5/1発売)/資生堂【Point】肌を明るく見せるちょいツヤ青みピンク。「唇の輪郭どおりラインを引いたらじか塗り。シアーな質感なのでより美しく発色します」☆other items目もとも頰も青みでコーディネート「ピンクの青みとリンクさせるように、目もとにもブルーを使って、肌にも透明感を」。チークも青みピンク。目と頰で肌色の彩度を上げることで、唇が悪目立ちしない。【Items】A:夏らしいゴールド&ブロンズを目もとに。サンク クルール 696¥7,700(5/3限定発売)/パルファン・クリスチャン・ディオール B:チークも青み系でクリアな肌づくり。広く逆三角形に。キッカ フローレスグロウフラッシュブラッシュ 07¥5,000/カネボウ化粧品 C:どんなリップにも合わせやすいベージュ。ディグニファイド リップライナーペンシル  04¥2,800/セルヴォーク D:優しいマットブルーはまぶた全体に。ヴィセ アヴァン リキッドアイカラー  002¥1,200(編集部調べ)/コーセー【Marisol5月号2019年掲載】撮影/天日恵美子(人物) 西原秀岳(TENT/物) ヘア&メイク/AYA(ラ・ドンナ) スタイリスト/程野祐子 モデル/樹神 取材・文/入江信子 構成/原 千乃
  • 訪れる先に思いを馳せながら、その土地や過ごし方に合ったワードローブを試行錯誤するのも旅の醍醐味。月1回は現地入りするほどのハワイ通のスタイリスト・安西こずえさんに、ハワイに持って行くワードローブと現地でのコーデを教えてもらいました。trip to Hawaii(ハワイ)!!スタイリスト 安西こずえさんBAILAをはじめ数々の女性誌で活躍。自身がディレクションするブランド「mikomori」の第1号店をハワイにオープンしたこともあって、仕事での渡航を含めると月1回は現地入りするほどのハワイ通。「月1回訪れるハワイは、もはや第二の故郷。埋もれないように都会的なスタイルが定番」ハワイは旅というより、むしろ“帰る場所”。ステッカーをたくさん貼って“私だけの”ものにカスタマイズした、愛用のグローブ・トロッターとともに、いつも帰省するような気持ちで訪れます。慣れ親しんだ場所だから、これといってリゾートを意識することはありません。オアフは都会と密接しているのでビーチからショッピングへ直行なんてこともよくあるし。だから、洋服はわりと都会的。モノトーンが多かったり色柄でもデザインがアーバンだったり、周囲になじむのではなく自分らしく楽しみたいんです。そのほうが断然テンション上がるから。(メインカット)黒×白トップス¥45000(リー マシュー)・柄ブラウス¥22000(ソフィーディー)/トゥモローランド デニム¥36000・スイムウェア¥29000/ミコモリ表参道ヒルズ店(mikomori) パジャマ¥19000(マドウニーネ ミラノ)・ネックレス¥210000(シップロック)/ロンハーマン ゴールドネックレス¥42000/エストネーション(トフム) その他/スタイリスト私物 (p.165)バッグ¥132000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) パスポートカバー¥26000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター) サングラス¥32000/DITA 青山本店(クリスチャン ロス) サンダル¥14500/ステディ スタディ(エンシェント・グリーク・サンダルズ) カメラ¥33500/ライカカメラジャパン(ライカゾフォート) ぬいぐるみ¥6800(グローバル アフェアーズ)・マウスミニポーチ¥11000(タタキット エム)・アイスクリームミニポーチ¥10000(ラドロー)/ロンハーマン キャンドル¥2700・ルームスプレー¥2500/ラ ブティック ファンタスク(ROSY RINGS)ホテルのバーでサクッと夜遊び。色はダークに柄ボトムで盛り上げ。“リゾートすぎない”シーン別・都会派ワードローブ5for DINNERディナーにはちょっと雰囲気よく都会的なニュアンスの落ち感セットアップを。暗いところでぐっとシックに映えるモノトーンが気分です。トップス¥45000・マキシスカート¥58000/トゥモローランド(リー マシュー)  サングラス¥48000/DITA 青山本店(DITA) その他/本人私物for ROOMハワイでは水着がランジェリー代わり。だってすぐにプールに行けるから。部屋ではメンズっぽいスウェットをザクッと羽織るのが好きなんです。スウェット¥18000/ヴァルカナイズ・ロンドン(ウィッスルズ) 水着¥28000/ミコモリ表参道ヒルズ店(mikomori) 靴¥6000/ヌキテパ 青山店(ヌキテパ)for NATURE SPOTハワイならではの自然を感じるためヒーリングスポットへ行くこともしばしば。なんとなく気持ちが静まる気がして黒をチョイス。動きやすくてシワになりにくいワンピが定番。ワンピース¥40000/ミコモリ表参道ヒルズ店(mikomori) サンダル¥22000/ツル バイ マリコ オイカワ その他/本人私物for SHOPPINGハイブランドからセレクトショップまで、ショッピングを楽しめるのもハワイのいいところ。どんなお店にもなじむバレンシアガのボウタイブラウスを軸に、ボトムは潔くショートで。上品に見える露出のバランスには気をつけています。サンダル¥9500/ヌキテパ 青山店(ヌキテパ) その他/本人私物for POOL水着の上にサラッと着られるマキシワンピが便利。意識したいのはラグジュアリーなバカンス。色柄でも“いかにも”にならないよう、カシュクール仕立てのどこかヨーロピアンなデザインや黒小物で女らしくリュクスに。ワンピース¥46000/ヴェルニカ ルーム(ヴェルニカ) その他/本人私物思いっ切り日焼けする派! サンケアグッズが必需品塗るだけでブロンズ肌をつくれるセルフタンニングローションで肌づくりしてから現地入り。シスレーのアフターサンケアやバイレードのボディローションなど、日焼け後の保湿ケアも怠りません。撮影/魚地武大〈TENT〉 取材・原文/榎本洋子 撮影協力/アワビーズ ※BAILA2019年5月号掲載
  • こんにちは小野アムスデン道子です。日本初の外資系ホテルチェーンとして、東京都・永田町に開業したのが「東京ヒルトン」(現在はヒルトン東京で新宿に)。ビートルズが宿泊したことでも有名です。(その当時の建物は、建て替えられてザ・キャピトル東急になっています)。この「東京ヒルトン」が日本で初めてソムリエをおき、デザートビュッフェを始めたのでした。ヒルトン東京のデザートビュッフェのイメージ(イチゴは6月までやってます)そんな初めて物語を持つ「ヒルトン」。今年は、アメリカのテキサス州でコンラッド・ヒルトン氏が「ヒルトン」を開業してから100年目。2019年5月31日に創業100周年になります。日本の「ヒルトン」のホームページにはそんな100年の歴史や、100周年企画などが盛りだくさんに掲載されています。客室のテレビやエアコン、ルームサービスも「ヒルトン」が初めてホテル業界で実施したサービスなのだとか。その中で興味を引かれたの「ヒルトン」が生み出したさまざまなメニューです。まずは、アメリカのみならず世界的にポピュラーなスイーツ“ブラウニー”。これは、シカゴにあるパーマーハウス・ヒルトンから生まれたお菓子。パーマーハウス創業者の妻であり、1893年のシカゴ万国博覧会のリーダーでもあったパーサ・パーマハウスが「美しく簡単に運べて、たくさんの人に味わってもらえるお菓子を」とシェフに作らせたのがブラウニーだったのです。私は、シカゴでこのパーマーハウス・ヒルトンを訪れたことがありますが、とてもきれいなクラシカルなホテルで、今も当時のレシピを受け継いだブラウニーがレシピを添えて売られていました。新宿のヒルトン東京では、いま100周年ブラウニー(850円税別)が売られていて、デザート&ディナー ビュッフェで味わうことも。砂糖、溶かしバターに溶かしたチョコレート、薄力粉、ベーキングパウダーを混ぜて、クルミをふって、170℃で15分ほど焼くというシンプルな作り方。仕上げにアプリコットジャムを塗ってつやを出すのだそう。リッチでモイストな味がコーヒーやお茶にぴったりです。もう一つヒルトンが生み出したメニューがエッグベネディクト。1894年、ニューヨークにあるウォルドーフ(現ウォルドーフ・アストリア)に泊まったゲストが、ひどい2日酔いを治すのにシェフに「バターを塗ったトーストにポーチドエッグ、パリパリのベーコン、ひとくち分のオランディーズソース(バター、レモンジュース、卵黄で作ったソース)を載せて」というリクエストをしたそう。ヒルトン東京のメトロポリタングリルで、特別にオリジナルと現代版の2種類を作ってもらいました。上の写真がオリジナルです。それをシェフがイングリッシュマフィンとハムに変えて仕上げたのが現在のエッグベネディクト。現代版は、ハムに厚みのあるイングリッシュマフィンでボリューム感があります。エッグベネディクトは、同レストランのブランチの卵料理にあって、ハムをベーコンに変えて作るのも可能だそう。ヒルトン東京 https://www.hiltontokyo.jp/このヒルトン東京を含む国内ヒルトングループの13ホテルでは、創業100周年を記念して、朝食ビュッフェをなんとたったの100円で味わえる「100周年記念  朝食100円宿泊プラン」を出しています。朝食ビュッフェイメージ100周年記念キャンペ−ンは、これ以外にも豪華な宿泊体験が賞品の「あなたが泊まりたい未来の客室」アイデア募集など盛りだくさん。平成から令和に変わる2019年はヒルトンにも特別な年なんですね。ヒルトン100周年特設ページ https://hiltonhotels.jp/100
  • まさにこの春が買い替え時!丸や三角のトゥにはない目新しさと、足指が縮こまらない快適さは、一度履いたらやみつきに!バレエ靴の本家というべきレペットからも、スクエアトゥが続々。爪先のパッドやゴムストラップなど、実用性もますます進化。(0.5)¥50,000/ルック ブティック事業部(レペット) 先端にスタッズをあしらったユニークなデザイン。トレンドの白なら、今っぽさも最強!( 0.5)¥31,000/FUN Inc.(チェンバー) ドットチュールから指先がさりげなく透けてセクシー。ひとクセあるので、色は王道の黒で。(0.5)¥30,000/ベイジュ(ピッピシック) スペルタ=甲深なラウンドトゥというイメージを一新する、これまでより浅めのスクエアトゥ。艶のあるブラウンも素敵。(0.5)¥27,000/フラッパーズ(スペルタ)※( )内の数値はヒールの高さで、単位は㎝です(編集部調べ)【Marisol4月号2019年】撮影/魚地武大(TENT/物) スタイリスト/田澤美香 取材・文/伊藤真知
関連キーワード

RECOMMEND