エクラ3月号、発売です!

Web eclat
こんにちは、エクラ編集長の長内です。
まだ寒い時期ではありますが、なんとなく日差しの色が、明るくなった気がしますね。今までの黒や茶じゃなく、少しだけ、明るい色の服が着たくなってきました。

エクラ3月号はまだ寒い春待ちシーズンに活躍の3アイテムが主役。総力特集は「Jマダムの季節をつなぐ切り札は”アウター””デニム””ニット”です!」。一年で一番、何を着たらいいか迷うシーズンにおすすめの特集。さっとはおれるロング&ベルテッドコート、大人の品格がありつつ便利なレザーブルゾン、今注目のアスレジャーなアウターをたくさんご紹介。
そして旬を取り入れたいなら、デニムはグレーとブラックに更新!
もちろん、今買って春もずっと活躍のニットも、Jマダムが頼りたいアイテム。冬から初春に、スムーズにシフトチェンジするためのヒントがいっぱいです。

ほか、ファッション特集では、人気スタイリストの大草直子さんに、アラフィーのおしゃれ悩みをあれこれ、細かく聞いてきました! ボトムと靴をつなぐタイツやソックスのこと。スニーカーを大人っぽく履きこなすコツ。体型をきれいに見せるニットの選び方・・・。ファッションで困っていたことが「目からウロコ」の大草セオリーで、一気に解決!

美容は、気になるあの人のポーチの中身を拝見。黒田知永子さん、西山舞さん、小林ひろ美さんほか、エクラ世代のきれいな人がなにを身に着けているのか、まるわかりです! ほか、「STOP! エイジング乾燥」も、今読んでおきたい特集。「エッセイを、語ろう!」では、角田光代さんと三浦しをんさんの対談、加藤シゲアキさんインタビューも掲載。

別冊付録は「アラフィーのための春ヘアBOOK」。カバーモデル富岡佳子さんのアレンジが効く重めショートスタイル、ブレンダのあえてくずした印象になるセミロングからからスタート。長さ別に30スタイルのカタログです。大人に似合う前髪研究や、白髪、薄毛悩みに応えるアイテムの紹介も。この世代なら保存しておきたくなるBOOKです。

ほかにも、「すぐ出かけたい 雪見と美食の宿」「奇想があるから日本美術はおもしろい!」「エクラ世代も大学・大学院へ」「北山宏光さんインタビュー」など、気になる話題、役立つ情報をピックアップ。今月も盛りだくさんのエクラをどうぞよろしくお願いいたします!

関連記事
  • 心地よく着られ、どんなシーンにも似合うワンピースがあれば夏はもっと楽しくなるはず。この度、エクラプレミアムでワンピースを知りつくした池田奈加子さんと渾身のコラボレートが実現。1枚で着られて涼しく、カジュアルすぎずどんな場所にも着ていきやすい、心地よい究極のワンピを。1.全方位どこから見ても美しい、 ラクときれいが両立する細見えワンピース 夏になると無性に着たくなるブルーのワンピース。着ていてラクなのに、それ一枚着るだけで細見えがかなうのがこれ。Vネックのあきを徹底的に研究し、どんな体型の人が着ても首もとがすっきり見える形に。袖は、気になる二の腕の太い部分を自然に隠し、ちょっぴり甘さを加えて女らしく仕上げました。また、最大のポイントは後ろ姿の美しさ。前後差のあるシルエットで、前から見ると軽やか、後ろから見るとほっそり、を実現しました。 池田奈加子×divka Vネックワンピース¥33,000/エクラプレミアム通販 靴¥27,500/エクラプレミアム通販(ペリーコ サニー×エクラ) イヤリング¥22,000/ドレスアンレーヴ(1DKジュエリーワークス) バッグ¥34,000/アマン(アルテサーノ)2.品のいい立ち姿を約束してくれる 優雅なドレープが魅力 このワンピースはひと言でいうと、"Tシャツのように毎日着たくなるようなワンピース"。大人の毎日にふさわしく、カジュアルすぎにならないよう、落ち感のある素材にドレープを入れ、ほどよい華やかさもプラス。スニーカーを合わせればカジュアルに、ジュエリーを合わせればドレスアップもできる、そんな万能な一枚に仕上げました。深い漆黒のブラックと、大人の顔色をきれいに見せてくれるオリーブの自信の2色展開です。 池田奈加子×divka ドレープワンピース¥29,000/エクラプレミアム通販 バッグ¥23,000/エクラプレミア ム通販 ブレスレット/スタイリスト私物3.腕をすっきりと見せるアームホールとネックラインで、 心地よくスタイルアップ どうしても着心地のいいリネンのロングワンピースが欲しくて、素材にこだわるaoとコラボしました。使い込むほどに柔らかくなるリネン100%のダブルガーゼを使用したノースリーブのワンピースは、自然な色合いと洗いじわがなんとも魅力的。腕をすっきりと見せるアームホールとネックラインで、年代を問わず着用できるデザインに仕上げました。また上からシャツやニットを重ねても決まるので、3シーズン着ていただけると思います。 池田奈加子×ao daikanyama リネンダブルガーゼロングワンピース¥24,000/エクラプレミアム通販 帽子¥29,000(アルテサーノ)・靴¥22,000(マウロ・デ・バーリ)/以上アマン イヤリング¥30,000・ブレスレット¥30,000/三越日本橋本店 本館3Fミグジュアリー(ドナテラ・ペリーニ)他の画像を見る撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE ) ヘア&メイク/吉岡美幸 スタイリスト/池田奈加子 モデル/田沢美亜 取材・文/大野智子 ※eclat7月号掲載
  • エクラ世代のTシャツは、体型を拾わない、透けないものが理想。今年は訳あって(笑)プチプラです。Tシャツ選びって難しい。特にエクラ世代は、若い頃のようにデザインだけで選ぶことが難しくなってきますよね。私も毎年色々探すのですが、なかなか体型に合うものが見つかりません。そんな悩みを解決してくれる企画がエクラ7月号に。大草さんとSLOANEのコラボTシャツ、まさにドンピシャ、私も欲しい〜!と思ったのですが既にサイズ2は完売。今大きめのサイズ4を買おうか、2を予約するか悩んでおります…。そんな訳でこちらはSLOANEのTシャツではありません(涙)。毎年リピ買いしているユニクロのクロップドクルーネックT。でもこの子がなかなか優秀なんです。 程よく厚手の生地に付かず離れずのゆるっと感、そして長いボトムに合わせるとバランスのいい短め丈が絶妙で、プチプラながらあっぱれなこのTシャツ。ネイビーにハイウエスト&マキシ丈のYLEVE(イレーヴ)のスカートを合わせて。この日はエクラ華組の近藤和子ちゃん、豊田真由美ちゃん、山口りえちゃんと駒沢公園内にある「Mr.Farmer(ミスターファーマー)」でヘルシーランチ。風が気持ちいいオープンな空間で楽しい話が盛り上がり、あっという間に時間が過ぎました。 和ちゃんと真由美ちゃんはどちらもロゴTの双子コーデ。でもボトムや小物合わせがそれぞれ個性的でどちらも素敵♡りえちゃんはあまり着ないというサンドベージュ、とっても似合ってるとみんなに褒められていました。皆さん本当におしゃれでいつも勉強になります。お天気がとっても良かったので、みんなで撮影会♪梅雨の合間の気持ちのいい午後でした。華組 有村一美ブログ
  • 大好評のようです♡今月のカバーがとても好評のようで、ファッションアイテムのお問い合わせも多数だそうです。 嬉しいご報告です!!衣装とバッグは全て「ロエベ」で、時計は「ロレックス」もう片方の腕には「コディサンダーソン」のバングルの合わせです。今後の表紙も衣装以外にアクセサリーや時計までも是非とも楽しみにしていて下さいね!
  • イメージを底上げしてくれて、どんな色もテイストも受け入れてくれる夏グレージュは、アラフィーの強い味方。ぐっとおしゃれに見せてくれる頼れるアイテムを厳選。ぐっとおしゃれに、夏らしくなる、頼れる夏グレージュのコーデをご紹介。1.たっぷりのボリュームも重くならない。 溶け込むグレージュで上品に フロントにタックを入れたパンツも淡い色で夏仕様。ブルーのレースという個性的なトップスも受け入れてくれる。 ウエストゴムのパンツ(共布ベルトつき)¥59,000(トム)・靴¥27,500(ペリーコ サニー)/以上トゥモローランド カーディガン¥32,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) ブラウス¥48,000・チューブトップ¥9,000/サードマガジン ピアス¥13,000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップ オーディベール) ブレスレット¥22,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ラバー) バッグ¥265,000/ジミー チュウ2.スポーティなパンツこそ グレージュでおしゃれ度アップ センタープレスのパンツは黒だと重く、白は避けたい。グレージュならベーシックカラー同様の使いやすさで、そのうえちょっと上級っぽく見える。パーカも街カジュアルに。 パンツ¥26,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) パーカ¥36,000/キャバン代官山店(キャバン) カットソー¥6,800/スローン メガネ¥48,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ディータ) ネックレス¥13,500/チェリーブラウン バッグ¥37,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)3.合わせる色を選ばずシックに 決まるグレージュニット ざっくりとした編み地のほどよい重みで、しっとりと体を包み込むコットンニット。しかも色の受け入れ力に長けたグレージュなら、頼れるアウターに。長い丈はワンピースはもちろん、パンツやスカートにもグッドバランス。 カーディガン(ベルトつき)¥45,000/ebure ワンピース(ベルトつき)¥27,000/ウィム ガゼット 青山店(ウィムガゼット) ピアス¥28,000/カオス丸の内(ホリー ライアン) バングル¥39,000/セシル・エ・ジャンヌ バッグ¥128,000 /エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥159,000/ドゥロワー 青山店(エドワード・グリーン)他の画像を見る撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/田沢美亜 ゆうき 構成・文/宮崎桃代 ※eclat7月号掲載
  • Tシャツをカジュアルになりすぎず、素敵に着こなすコツは“きれいめ合わせ”にあり。アラフィー世代から絶大な支持を得るスタイリスト・村山佳世子さんが、色数の少ないスカーフを使ったシックなスタイルをご提案。メソッド:ゴージャスすぎない本物志向の小物使いでさりげなく大人の風格をカジュアルなTシャツにゴージャスな小物はトゥーマッチ。上質だけどTシャツになじむデザインをさらりとつけて。色数の少ないスカーフをさらり。大げさにしないのがコツ「華やかで大判のものはゴージャスになってしまうので、細めのサイズ感と色数の少ない柄ものを気負いなく巻いてシックになじませて」(村山さん)。 Tシャツ¥17,700/ヴィンス 表参道店(ヴィンス) スカーフ¥16,000/アマン(アルテア) スカート¥18,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) ピアス¥18,000/アッシュ・ペー・フランス(イオッセリアーニ) 靴¥43,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)【Profile】 村山佳世子 シンプルで洗練されたスタイリングにファン続出のトップスタイリスト。『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)を上梓し大ヒット中。>>「大人のTシャツ“きれいめ合わせ”」はこちらから撮影/菊地 哲 ヘア/ EIJI SATO メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/田沢美亜 取材・文/坪田あさみ ※エクラ7月号掲載
  • アラフィーが、Tシャツをカジュアルになりすぎず、素敵に着こなすコツは“きれいめ合わせ”にあり。アラフィー世代から絶大な支持を得るスタイリスト・村山佳世子さんが、Tシャツに合わせたい小物をピックアップ。メソッド2:ゴージャスすぎない本物志向の小物使いでさりげなく大人の風格をカジュアルなTシャツにゴージャスな小物はトゥーマッチ。上質だけどTシャツになじむデザインをさらりとつけて。ボーダーと相性抜群のパール。小玉で短いものをさりげなく「定番のコンパクトな黒×白のボーダーTシャツにパールを小さく効かせる、そんなフレンチレトロな雰囲気がかわいくて。パールは小玉、襟ぐりの内側に収まるぐらいの短さでカジュアルに楽しみたい」(村山さん)。 Tシャツ¥9,000/アニエスベー パールピアス¥161,000・パールネックレス¥348,000/TASAKI パンツ¥38,000/アングローバル(マーガレット・ハウエル) バッグ¥415,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ)【Profile】 村山佳世子 シンプルで洗練されたスタイリングにファン続出のトップスタイリスト。『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)を上梓し大ヒット中。>>「大人のTシャツ“きれいめ合わせ”」はこちらから撮影/菊地 哲 ヘア/ EIJI SATO メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/田沢美亜 取材・文/坪田あさみ ※エクラ7月号掲載
  • 偶然のようで必然20代の頃にフランスはパリに住んだことがあります。 当時、入学した語学学校で私よりも先に座っていた日本人らしき女子のお隣にピン!ときてつかさずお隣に座りました。 その頃からのご縁が続き今もたまに会っています。 類は友を呼ぶ…なんですかね?! この日のランチは、その頃を懐かしむかのようにそば粉のクレープとお互いお供にはもちろん迷わずシードルを選んでました。毎回、ランチだけでは話が尽きないのでスイーツまで行きます。 この日は、奇跡のパンケーキ! 私が前から気になっていた行列店です。行列も恰好のおしゃべりタイムだから♡
  • Tシャツをカジュアルになりすぎず、素敵に着こなすコツは“きれいめ合わせ”にあり。アラフィー世代から絶大な支持を得るスタイリスト・村山佳世子さんが、Tシャツのラフさを中和する逸品ボトムをご紹介。メソッド1:合わせるボトムはニュアンスのある色と素材で女っぽさを意識する光沢や透け、ドライな質感といったニュアンスのある素材を取り入れて、Tシャツのラフさを中和。カジュアルすぎないほどよい緊張感が心地いい「リネンのハイウエストのマキシスカートとの合わせで、クルーネックのベーシックなTシャツがぐっときれいめに。今季大人気のリネンアイテムはTシャツ合わせに大活躍。ドライな質感が今どきだから、トレンド感のあるスタイルに見せるのに重宝します」(村山さん)。 Tシャツ¥5,000/ユナイト ナイン(カラフル スタンダード) スカート¥47,000/カオス丸の内(カオス) 手に持ったカーディガン¥31,000/スローン ピアス¥247,000/TASAKI バッグ¥318,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥27,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)【Profile】 村山佳世子 シンプルで洗練されたスタイリングにファン続出のトップスタイリスト。『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)を上梓し大ヒット中。>>「大人のTシャツ“きれいめ合わせ”」はこちらから撮影/菊地 哲 ヘア/ EIJI SATO メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/田沢美亜 取材・文/坪田あさみ ※エクラ7月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND