エクラ3月号、発売です!

Web eclat
こんにちは、エクラ編集長の長内です。
まだ寒い時期ではありますが、なんとなく日差しの色が、明るくなった気がしますね。今までの黒や茶じゃなく、少しだけ、明るい色の服が着たくなってきました。

エクラ3月号はまだ寒い春待ちシーズンに活躍の3アイテムが主役。総力特集は「Jマダムの季節をつなぐ切り札は”アウター””デニム””ニット”です!」。一年で一番、何を着たらいいか迷うシーズンにおすすめの特集。さっとはおれるロング&ベルテッドコート、大人の品格がありつつ便利なレザーブルゾン、今注目のアスレジャーなアウターをたくさんご紹介。
そして旬を取り入れたいなら、デニムはグレーとブラックに更新!
もちろん、今買って春もずっと活躍のニットも、Jマダムが頼りたいアイテム。冬から初春に、スムーズにシフトチェンジするためのヒントがいっぱいです。

ほか、ファッション特集では、人気スタイリストの大草直子さんに、アラフィーのおしゃれ悩みをあれこれ、細かく聞いてきました! ボトムと靴をつなぐタイツやソックスのこと。スニーカーを大人っぽく履きこなすコツ。体型をきれいに見せるニットの選び方・・・。ファッションで困っていたことが「目からウロコ」の大草セオリーで、一気に解決!

美容は、気になるあの人のポーチの中身を拝見。黒田知永子さん、西山舞さん、小林ひろ美さんほか、エクラ世代のきれいな人がなにを身に着けているのか、まるわかりです! ほか、「STOP! エイジング乾燥」も、今読んでおきたい特集。「エッセイを、語ろう!」では、角田光代さんと三浦しをんさんの対談、加藤シゲアキさんインタビューも掲載。

別冊付録は「アラフィーのための春ヘアBOOK」。カバーモデル富岡佳子さんのアレンジが効く重めショートスタイル、ブレンダのあえてくずした印象になるセミロングからからスタート。長さ別に30スタイルのカタログです。大人に似合う前髪研究や、白髪、薄毛悩みに応えるアイテムの紹介も。この世代なら保存しておきたくなるBOOKです。

ほかにも、「すぐ出かけたい 雪見と美食の宿」「奇想があるから日本美術はおもしろい!」「エクラ世代も大学・大学院へ」「北山宏光さんインタビュー」など、気になる話題、役立つ情報をピックアップ。今月も盛りだくさんのエクラをどうぞよろしくお願いいたします!

関連記事
  • 人生で最も豊かに輝く年代の50代。そんな50代にこそ贈りたい、大人にふさわしい品格を宿す“ジュエリー”を厳選してお届け。TIFFANY & CO.(ティファニー)「イエローダイアモンド」憧れのステートメントジュエリー、イエローダイヤモンドをさりげなく耳もとに飾る喜び 希少価値の高いイエローダイヤモンドは、いつかはつけたい宝石のひとつ。柔らかなクッションカットのピアスは、左右合計で2.14cts。50石のホワイトダイヤモンドがセンターストーンをぐるりと囲むデザインには、えも言われぬクラス感が漂う。 ピアス(PT×YG×イエローD×ホワイトD)¥5,564,000 ※カラット数により価格が異なります/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) ドレス¥105,000/ドゥロワー 青山店(イサ アーフェン)VAN CLEEF & ARPELS(ヴァン クリーフ&アーペル)「ブトン ドール」大胆な素材の組み合わせ、グラフィカルなデザイン、大人こそ楽しめる極上の遊び心 ピンクゴールドにマザーオブパールとカーネリアンの赤、イエローゴールドにオニキスの黒とクリソプレーズの緑。一本でも華やか、重ねればさらに楽しく。 ブレスレット「ブトン ドール」〈上から〉(PG×MOP×カーネリアン×D)¥5,100,000・(YG×クリソプレーズ×オニキス×D)¥5,350,000/ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク(ヴァン クリーフ&アーペル) ワンピース ¥59,000/コロネット(エアロン)BOUCHERON(ブシュロン)「セルパンボエム」これまで以上に、より贅沢に、豊かに! 優雅なカラーストーンで表現した存在感のあるドロップモチーフ ヘビの頭部を象徴するドロップモチーフがオーバーサイズになり、さらに大胆になったリング。ゴールドのビーズで囲まれたセンターのシトリンが、ブリオレットカットのパビリオンによって内側から優雅にきらめく様は見事。鱗状の彫金は、大人にふさわしいツヤ感を演出する。 リング「セルパンボエム」(YG×シトリン)¥930,000/ブシュロン カスタマーサービス(ブシュロン) オールインワン¥35,000 /エストネーション(オズマー)MIKIMOTO(ミキモト)「バロックパールのネックレス」これからのデコルテに必要なのは、ひとつとして同じ形がないバロックパールの個性 落ち着いたシルバー系の光沢が新鮮な白蝶真珠バロックの、約13~17㎜の個性的かつ美しい珠を厳選したネックレス。コンサバティブになりすぎず、カジュアルにも合わせやすいレングスも魅力。 ネックレス(約65㎝・WG×白蝶真珠バロック)¥4,500,000/ミキモト カスタマーズ・サービスセンター(ミキモト) シャツドレス¥278,000/ザ・ロウ・ジャパン(ザ・ロウ) BUCCELLATI(ブチェラッティ)「彫金のブレスレット」芸術的な感性と精緻な細工。古今東西の女性があこがれた「宝飾の魔術師」の技を手もとに 金属の冷たさを感じさせず、まるでシルクのようにしっとりと輝く芸術的なブレスレット。刺繡のような精緻な彫りは、卓越した職人技だからこそ。印象的に配されたダイヤモンドの輝きとともに、うっとりするような上質感をたたえている。開く部分の境目が目立たないのもメゾンの美学。 ブレスレット〈上から〉(YG×WG×D)¥2,050,000・(WG×D)¥2,400,000・(YG×WG×D)¥2,400,000/和光(ブチェラッティ)GRAFF(グラフ)「ファンシーシェイプのエタニティリング」極上のファンシーシェイプをフルエタニティで堪能するという贅沢 アニバーサリーにふさわしく、かつ毎日つけられるのがエタニティリング。なかでも50代の女性におすすめなのが、高貴な輝きを放つファンシーシェイプのダイヤモンド。ハイジュエラーの熟練職人が丹精こめてカットした逸品からお気に入りの一本を。 リング〈上から〉エメラルドカット(PT×D[3.76cts])¥3,009,259・ハートシェイプ(PT×D[4.18cts])¥3,842,593・プリンセスカット(WG×D[5.45cts])¥5,046,296/グラフダイヤモンズジャパン(グラフ)撮影/生田昌士(hannah) ヘア/GO UTSUGI(PARKS) メイク/中野 賢 スタイリスト/伊藤美佐季 モデル/富岡佳子 取材・文/大野智子 ※略号は以下の通り。YG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールド、PG=ピンクゴールド、PT=プラチナ、D=ダイヤモンド、MOP=マザーオブパール。 ※エクラ5月号掲載
  • 今年のイースター(キリストの復活祭)は4月21日☆ 我が家のある日の夕飯はイースターパーティー風にしてみました♡イースターの象徴でもある〝エッグ〟と〝ウサギ〟。 エッグは生命の誕生を表し、うさぎは多産のため豊穣のシンボルとされているそうです。パステルカラーが大好きな私はこの色の組み合わせを見ると心が踊ります 何年かかけて少しずつ集めた小物達 flying Tiger、100均、横浜のディスプレイミュージアムなどなど様々な場所で出会ったものをあれこれ考えながらコーディネートするのも楽しい時間♪♪スタッフドエッグにキャビア風ランプフィッシュを乗せて 添えている蝶々はサンドウィッチ用のパンを蝶々に型抜きをしてトースターで焼きました。ハート型のモナカ「モナロン」。 ポテトサラダに生ハムを巻いたものに添えました。 ピックには春野菜のうるい、クコの実を刺して。お肉にはやっぱり赤ワインでしょ ❤️ 楽しそうに演奏するウサギちゃん これは、先日北鎌倉へ行った時にカフェ併設のセレクト雑貨店「おくら」さんで出会いました☆ 街をぶらっとして、心がトキメく小物達と出会えるのも嬉しい瞬間です この日のコーデはもう15年もののジャスグリッティのトレンチコート。ボトムスはGUのワイドパンツです。 だいたいパンツは裾上げをするのですが、こちらは嬉しいジャストサイズ♪ 赤のインポートパッグとパンプスを差し色にしてみました。華組 宮原江里子ブログ
  • 春旅を軽やかに楽しむのに欲しいのは本当に役立つ洋服や小物。旅好きアラフィー世代が、旅先でのドレスアップシーンにも重宝する旅小物をご紹介。これがあれば、自信を持ってディナーに臨めます!レストランでライター・大野智子さん推薦「ザネラートのバッグ」パスポートもスマホも入り2WAYで持てて便利 「ショルダーバッグに、チェーンストラップをはずせばクラッチとしても使えるから、旅先のレストランやバーに便利。柔らかなレザーも心地よく、小さいながらポケットも充実していて整理しやすいのも旅におすすめ」。 ★ウォレットバッグ(H12.5×W24×D4)¥59,000/エクラプレミアム通販(ザネラート)ザラネートはエクラプレミアムからご購入いただけます!購入はこちら>編集SH推薦「MOY Parisのピアス」軽いコットンパールだから旅には複数持参して 「コットンパールだから気軽に持っていけ、豊富なカラーバリエも魅力。ラインストーン側を前にしても後ろにしても素敵。リゾート地でも、とてもつけ映えして友人にも大好評」。 コットンパールピアス(アクア、ゴールド、ラベンダー)各組¥6,700/OTOMO SARL(モイ パリ) ★ホワイト、グレージュ、ブルーはエクラ通販で販売中モイ パリはエクラプレミアムからご購入いただけます!購入はこちら>室長M推薦「ヨーコ チャン エッセンスのブラウス」旅先のドレスアップでも手抜き感なく美しい 「定番のプルオーバーブラウスはとっても美しいのにしわにならず、旅先のドレスアップでも手を抜いた感じにならないので、真夏以外はスリーシーズン重宝しています。着丈に前後差があり、後ろできれいなすそ広がりになるので、一枚でも安心感あり」。 ブラウス¥37,000/YOKO CHAN(ヨーコチャン エッセンス)スタイリスト・伊藤ゆみさん推薦「エブールのコットンリブニット」たたんでもしわにならない旅ドレスはニットが一番 「旅先でもドレスアップの洋服は必ず持参しますが、たたんでもしわになりにくい、着ていて疲れない、が絶対条件。ニット素材ならしわの心配がなく、さらに軽く着心地も抜群でノンストレス。きれいなシルエットなのにリラックスして着用できるので重宝します」。 ニットワンピース¥28,000/ebureライター・向井真樹さん推薦「バレナ ベネツィアのリネンジャケット」軽いのにきちんと見え!一枚あれば助かるジャケット 「イタリア製のガーゼのような軽い素材。さらに、裏地も芯地も使っていないからカーディガン感覚ではおれるジャケット。カジュアルなワンピースやカットソーでもこれをはおるだけで、自信をもってディナーに臨めます」。 リネンジャケット¥76,000/ジャーナル スタンダード ラックス 表参道店(バレナ ベネツィア)スタイリスト・伊藤ゆみさん推薦「ロランスのパンプス」華やか素材のローヒールなら疲れないのに美しい 「旅先でのドレスアップはハイヒールもいいけれど、スーツケースでかさばるのが難点。このローヒールパンプスはそんな心配もなく繊細なチュール素材でフラットシューズなのにヒールを履いているような華やかさも醸し出してくれて◎」。 チュールフラットシューズ 各¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)撮影/木村 慎 スタイリスト/伊藤ゆみ 取材・文/大野智子 撮影協力/アワビーズ UTUWA ※バッグのサイズ表記はH =縦、W=横、D=マチを表し、単位は㎝です。★マークの商品は、エクラプレミアム通販(https://flagshop.jp/eclat/)で購入できます。 ※エクラ5月号掲載
  • 履き心地よく美脚見えする、今季らしいポインテッドトゥタイプが集結! スーツの色が軽やかになる春、足もとも明るいトーンのグレーが必要不可欠に。働く50代に支持されるブランドの名品パンプスをチェック。1.ペリーコシャープなラインが特徴的な、ペリーコのポインテッドトゥの新シリーズ「テミ」。すそ広がりのフレンチヒールは8㎝とは思えない安定感。汎用性の高いライトグレーは春から夏にかけてずっと活躍。靴(H8)¥48,000/アマン(ペリーコ) ジャケット¥352,000・ブラウス¥58,000・パンツ¥75,000/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) ピアス¥80,000・リング¥64,000/ダミアーニ 銀座タワー(ダミアーニ) スカーフ¥15,000/トゥモローランド(マニプリ) バッグ¥199,000/トッズ・ジャパン(トッズ)2.マノロ ブラニクかかとのカットワークや細ヒールが美しい、モダンアートのような一品は、ドレスアップの仕上げに。靴(H9)¥115,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)3.バリーごくシンプルなポインテッドトゥに、かかとのゴールド使いがアクセントに。きめが細かく柔らかなキッドスエード製。靴(H5.5)¥60,000/バリー 銀座店(バリー)他の画像を見るeclat5月号掲載 撮影/金谷章平(モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/戸野塚かおる モデル/生方ななえ 取材・文/新田幸子 撮影協力/UTUWA ※本文中の( )内の数字は編集部で計測。H=ヒールの高さを表し、単位は㎝です。 ※掲載商品の価格は、本体価格(税抜)で表示しております。
  • 「この春は、パンチのある小物を選ぶのがおすすめです。シンプルな着こなしに存在感のある靴やバッグを合わせると、一気に今年らしさが宿ります」と、スタイリストの村山佳世子さん。自身がこの春に購入したものと共に、村山スタイルに欠かせない最新靴&バッグをご紹介。1.村山佳世子の“私的”春アイテム❶「ピンク、グリーン、ブルーの3枚パックTに、代々木上原のセレクトショップ、ペールジュートでひと目惚れ。きれい色をあまり着ない私にとっては、スモーキーカラーのTシャツがちょうどいい」 ❷「たくさん持っているのに、毎シーズンついつい買い足してしまう大好きなかごバッグ。昨年買いそびれたロエベのかごバッグを、この春、手に入れました。ころんとしたかわいいフォルムがお気に入り」 ❸「流行の兆しを見せるハーフパンツ。膝丈の黒なら気負いなくはけるかなと思いシンメのグルカタイプを購入しました。サイズは29。わざとワンサイズアップして、ゆるめシルエットを楽しみます」 ❹「ロエベは、昨シーズンくらいから気になっているブランドです。細身のシルエットとリネン混のラフな素材感が気に入ったカジュアルパンツ。シンプルなトップスとの着こなしも様になる一本です」 ❺「スニーカーは、スポーツメーカーの一足を選びました。少し厚底のモノトーン。デニムスタイルからスカートスタイルまで、どんな着こなしにも合う着回し力と、ほどよいモード感が自慢です」 ❻「今シーズン、白トップスを着るなら、断然サーマルが気分です。素材にニュアンスがあるので、カジュアルボトムとのワンツーコーデもどこか特別感のある雰囲気に。ハイクのロングスリーブを購入」すべて本人私物2.DADスニーカー「ダッド(=お父さん)とネーミングされた、ボリューム感満点のハイテク系厚底スニーカー。ちょっと派手すぎるかな? と思うくらいのものが、今っぽさの決め手に」 ❶フリンジ状のトリミングが特徴的なシルバースニーカーは、見た目のボリューム感をいい意味で裏切る、軽さにも注目したい。 ❷この春、スポーティなメッシュスニーカーを買い足すなら、きれい色で決まり!  ❸スタッズ使いと赤のソールで、存在感たっぷりに仕上がったソックススニーカー。 ❹ボリューム感のあるデザインと上品なピンクベージュのスエード素材のバランスが絶妙。❶¥83,000/トッズ・ジャパン(トッズ) ❷¥77,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) ❸¥149,000/クリスチャンルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン) ❹¥53,000/ブッテロ トーキョー(ブッテロ)3.モード系サンダル「毎年買い足したいサンダル。今季は、リボンやストラップつき、色柄に特徴のあるものなど、いつもより“クセ”のあるタイプで遊びを取り入れてみて。着こなしの鮮度が上昇します」 ❶太めのアンクルリボンとメッシュのボディがモード顔。 ❷アンティーク加工されたレザーがニュアンス満点のブロンズサンダル。ビジューボタンがとびきりキュート。 ❸太めのメタリックヒールとベルトストラップがデザインのポイントに。 ❹レオパード柄部分はサテン、ストラップはスエードと、素材のミックス感もとびきりラグジュアリーな一足。ウエッジソールならハイヒールでも安定感あり。❶¥114,000/カオス丸の内(ジルサンダー) ❷¥86,000(ロシャス)/ドゥロワー 丸の内店 ❸¥76,000(クレジュリー)/ドゥロワー 丸の内店 ❹¥109,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)他の画像を見るeclat5月号掲載 撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/村山佳世子 取材・文/磯部安伽
  • 村山佳世子、春のミニマム・ワードローブ発表!撮影は毎回晴れる日ばかりでは無くこんな悪天候の日もあります。 この日は雨で大荒れの海!! グレイッシュなトーンで私は嫌いではないのですが海岸を歩いていたらいきなり波にのまれました。笑焦って埋まっていくスニーカーを救出中のところもパパラッチされていました。
  • ミラノ発のバックブランド、『MARCO MASI』。人気の巾着バッグをエクラ別注でオーダー。シンプルな春コーデのアクセントとして最適なパイソン柄とシルバー、才色兼備なデザインをぜひ手に入れて! MARCO MASI×éclat 巾着バッグ使いやすさとおしゃれさを併せ持つバッグ人気の巾着バッグをより使いやすくカスタマイズ。肩掛けが出来るようにストラップを長く、しきりのない内側に内ポケットをつけて別注。デザイン性があり、且つ使いやすいバックはオン・オフ共に大活躍間違いなし。MARCO MASI×éclat 巾着バッグ ¥23,000+税>>E by éclat テーラードジャケット ¥22,000+税>>E by éclat ノースリーブ風Vニット ¥13,000+税>>E by éclat 大人ベイカーパンツ ¥16,000+税>>ピアス各¥14,000/ショールーム セッション(ヒロタカ) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ) ブレスレット/スタイリスト私物富岡さんが持っているのがこちらのパイソン。辛口デザインが清潔感のある春の着こなしにピリリとアクセントを効かせて、コーディネートの鮮度がアップ。シルバーも展開。ホワイトやパステルトーンが多くなる春コーデに馴染むシルバーカラーは使い勝手抜群。撮影/須藤敬一(モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/富岡佳子 取材・文/磯部安伽
  • エクラ世代が春旅を軽やかに楽しむためにも、本当に役立つ洋服や小物について知っておきたいところ。旅好きエクラ世代が実際に愛用しているものを熱~く口コミ!1.「クリステンセン ドゥ ノルドのレギンス」 肌ざわりのいいレギンスはリラックス時にも最適「コットンクレープのレギンスは肌ざわりが最高に心地よく、ノンストレスではけるので必ず持っていきます。長めTシャツに合わせて寝巻き兼用にしてもいいし、すそをくしゅくしゅっとさせてもバランスがいいので、サイドスリット入りのワンピースなどに重ねるとおしゃれ。冷え防止にも」(エクラプレミアム 室長M)。レギンス¥25,000/ストックマン(クリステンセン ドゥ ノルド)2.「アデュー トリステス ロワズィールのパジャマ」 慣れないホテルでもこれを着ればよく眠れる「ベルギーリネンを何度も天日干しして仕上げた、とても風合いのよいリネンのパジャマ。旅先では睡眠がとても大事ですが、このパジャマがあれば安心です。巾着つきでスーツケースに収納しやすいのもいい」(エクラ副編U)。リネンパジャマ(巾着つき)各¥19,000/ロワズィール ドール 丸ビル店(アデュー トリステス ロワズィール)3.「ザネラートのバッグ」 パスポートもスマホも入り2WAYで持てて便利「ショルダーバッグに、チェーンストラップをはずせばクラッチとしても使えるから、旅先のレストランやバーに便利。柔らかなレザーも心地よく、小さいながらポケットも充実していて整理しやすいのも旅におすすめ」(ライター 大野智子さん)。★ウォレットバッグ(H12.5×W24×D4)¥59,000/エクラプレミアム通販(ザネラート/申込コード339639)他の画像を見るeclat5月号掲載 撮影/木村 慎 スタイリスト/伊藤ゆみ 取材・文/大野智子 撮影協力/アワビーズ UTUWA ※バッグのサイズ表記はH=縦、W=横、D=マチを表し、単位は㎝です。 ★マークの商品は、エクラプレミアム通販(https://flagshop.jp/eclat/)で購入できます。
関連キーワード

RECOMMEND