シンガポール旅行 〜食編〜

Web eclat
旅行のお楽しみと言えばいろいろありますが、我が家では美味しい料理を食べる事。
今回のシンガポール旅行で見つけた、美味しいお店をご紹介したいと思います。

まずは現地の人に愛される麺料理のお店、大華。シンガポールミシュランで星1つを獲得した名店です。
  • シンガポールミシュラン1つ星獲得!
    シンガポールミシュラン1つ星獲得!
  • 肉団子が美味しい!
    肉団子が美味しい!
ひき肉とワンタン、モツが入った麺料理。
肉団子入りスープ。少し独特な味がしますが、どちらも美味しい!まさに見た目以上!お値段以上!

私達は夜遅い時間に行ったので、並ぶ事なく食べることが出来ましたが、日本のテレビで紹介されたこともあり、昼間は2時間くらい並ぶ事もあるそうです。
そして、焼肉が食べたくなったらここ!
いつも一週間くらいの滞在期間なので、肉食系の我が家は焼肉がマストなのです😆
去年、ホテルの方に教えて頂いたお店。
Amoy Stにあるwang Dae Bac BBQ。
本格コリアン焼肉です。
お肉はもちろん美味しいですが、オススメはチヂミ!運ばれてきたビッグサイズのチヂミにビックリ😆食べ応えのある一品です。
最後のお店は、マリーナ地区マンダリンオリエンタルホテル内にある中華のお店、チェリーガーデン。シンガポールで最も美しいお店の1つと言われています。
店内はオリエンタルな邸宅を再現されていて、素敵な空間でした。
前菜からデザートまで全て美味しく、特にナマコとアワビ煮は絶品!
もう一皿食べたい!と思わず言ってしまう一品でした。

チェリーガーデン店内。重厚感あるインテリアでオトナな雰囲気。
チェリーガーデン店内。重厚感あるインテリアでオトナな雰囲気。
今回は、シンガポール名物のチキンライスを食べに行く事が出来なかったので、自宅で手軽に作れるチキンライスの素を購入しました。お手軽に現地の味を再現できるのがいいですね^_^
お時間ありましたら、Instagramも覗いてみて下さい😊

https://www.instagram.com/mayumi_2038
関連記事
  • 魚だけじゃない? 男たちの缶詰愛 男はサバ缶もイワシ缶も好き。 ちょっと懐かしい?缶詰にまつわるあれこれを熱く語ってみました。 東北旅行のおみやげ 息子ファーストな妻が旅行先で“息子のために”買った「いちご煮」。そのうち味見しようと画策中です。 貝のオイル漬けがつまみ カキ、ムール貝、つぶ貝などのオリーブオイル漬けが好き。中でもレモン味がどんなお酒にも合うのです。 瓶詰でもいいですか? 今回の特集の影響でオイルサーディンにはまり、缶から瓶詰に到達。オメガ3脂肪酸のマークが誇らしげ。 サバ水煮LOVE♡ 決してブームに乗ってじゃないですよ。みそ煮も捨てがたいが、やっぱり水煮派。わが家でもサバ缶が定番です。 サキ:今月の「魚料理は缶詰におまかせ」特集(LEE3月号 P.142)、どれもおいしそうなんだよね。 ぷー:僕はさっそくフライパンピラフを作りました。パエリアみたいで簡単にできます。 サキ:出てくる缶詰が手に入れやすいのがまたいいんだ。子どもの魚嫌いも減らせるかも。 父K:おお。イワシの蒲焼きなんて、ひとり暮らしの頃、何度お世話になったことか。 ミツ:うちもサバの水煮缶は妻が常に常備していて。おつゆに入れるとおいしいんですよ。 サキ:へえ、やってみよう。 ぷー:サバの水煮は生の状態で缶に詰めて熱を加えるから、汁にも栄養が入ってるんです。 父K:すげえ! 詳しいね。 ぷー:って、林修先生のテレビで言ってました。 サキ:今回は3つの魚だったけど、今は本当におしゃれな缶詰多いよね。一時期、缶詰バーも取り上げられてたじゃん。 父K:缶詰というと、哀愁がある感じでしたけど、今はアヒージョとかありますよね。 ミツ:ガパオチキンってのもあるらしいですよ。タイ産の。 ぷー:デザインもしゃれてて、かわいいサバ缶もあるしね。 ミツ:昔、玉置浩二のドラマでサバ缶なかったですか? 父K:サバカレーだ! 千葉で野球やるやつでしょ。 ぷー:それざっくりしすぎです。あと20年くらい前だから! サキ:そういえば熊カレーもあるよ。もらったことあるな。 父K:野生動物の味? サキ:うん、けものっぽい。 ミツ:コンビーフは食べます? サキ:こないだ久々に食べたら、意外とおいしかった。 ぷー:僕も時々食べます。サンドイッチにするとうまい。 ミツ:あの「コン」って何? 父K:あれって何だろう。細かく砕いてある感じかな。 サキ:ちょっと待って。(検索して)塩漬け肉で「コーンドビーフ」からきてるみたいだ。 ぷー:ためになる。 父K:あ、急に思い出した。赤飯の缶詰食べたことない? ミツ:そんなのあるんですか? 父K:自衛隊のミリ飯なのかな。うち、親が働いてたから。なんのラベルもない缶に「赤飯」って書いてあるだけの。 ぷー:それ、僕も自衛官の親戚から聞いたことあります。 サキ:腹もちはいいよな。保存可能なおにぎりみたいなもの? ミツ:そもそも缶詰って、いつまで食べられます? 10年? 父K:缶が腐らなければ平気? ぷー:一応、期限はあるよ。 ミツ:そうだ、防災訓練で保存食配ったら、期限切れでトラブルって話聞いたことある。 ぷー:なんかかわいそうだな。 父K:期限が迫る備蓄用のを放出するつもりだったのかも。 ぷー:そう言われると、うちのも切れてる気がしてきた。 サキ:非常時には食べるだろうけどね。見直す機会として各自、自宅のを確認してみるか。 一同:賛成!  
  • 2品とも、まさに凛と生きるアラフィー向き。ぜひ、お試し下さいませ!'とても''非常に'を表す古語「いと」と内なる美しさ「凛」から命名されたブランド『ITRIM(イトリン)』。昨年の秋、鮮烈なデビューを飾った『ITRIM』は、伝統的な有用植物・天然素材を使用しているのが特徴の一つ。美容のプロたちを夢中にさせているワンランク上を行く、アンチエイジングブランドなので要チェックです! 今回の新製品は2品。5つの天然植物スクラブを配合したゴマージュと、肌に優しく環境ストレッサーからタフに守るプロテクター。ゴマージュで優しく肌を整えてから、プロテクターを塗って肌を守るというのがITRIM流。 肌への優しさを第一に考えたゴマージュは、とろっとしたジェルベースで、贅沢な感触!汚れや古い角質を穏やかに取り除き、透明感アップして、肌が見違えるのを実感します✨ 日焼け止め乳液は、軽くてなめらかなテクスチャー! 淡いピンク色だから、自然に補正して肌を血色よくしてくれます 2品とも、まさに凛と生きるアラフィー向き。ぜひ、お試し下さいませ! ITRIM エレメンタリー フェイシャルゴマージュ 100g ¥12000 ITRIM エレメンタリー フェイシャルプロテクション SPF45/PA++++ 80g ¥12000 ‪3月20日‬発売。 #発表会 で出された #和菓子 も #素敵 でした #itrim #itrimbeauty  #cosmetics #skincare #beauty #new #organic #natural  #美容 #日焼け止め #イトリン #ゴマージュ  #UVケア #日焼け止め #新作コスメ #プレミアムオーガニック #エクラ #50代
  • 数年前に購入したデ プレの赤ニットは春が近づくと着たくなります。 まだまだ寒い日が続いていますが、春はすぐそこまで来ています。 エクラ3月号も、春ファッションにシフトしていましたね。 暖かくなるのが待ち遠しい今日この頃です。 数年前に購入したのですが、春が近づいてくると手にするのがこのデ プレのニット。 ハイゲージでとても軽いこのニットは、サイドに深いスリットが入っていて、春風にふわっと揺れるようなデザインです。 朱色に近い赤色もなんだかウキウキさせてくれます。 赤色ニットは不思議とどんなボトムスでも合ってしまいます。 今回は、これもエクラ3月号で提案されている、グレーのデニムを合わせました。 アッパーハイツのデニムで、THE ROOTというモデルです。カラーはシルバーに近いグレー。 太めのストリートでゆったりなのでストレスフリー。 他に、ドレステリアのジップアップパーカーと合わせてワントーンコーデにしてみました。ドレステリアのジップアップパーカは、ホワイト、ネイビーも持っていて大ファンです。 数量限定のブラックももちろんゲットしました! (それについてはまた。) ローヒールパンプスはファビオルスコーニ。 Instagramもアップしています。 ⇩華組 近藤和子ブログ
  • ハワイへの旅を考えるとき、何度か行ったことのある人なら、今度はどこに泊まろうか、あの店にも行ってみたい…と考え始めるだけで浮き立つ気分に!そんなとき、「大人だったら、こんな過ごし方や楽しみ方のスタイルもあるよ」と、そっと耳打ちしてくれるような本が、『大人心の、気ままなハワイ』。暮らすように旅をする、というサブタイトルも、時間的&気分的にゆとりが出てきたOurAge世代の心に甘く響きます。プルメリアのレイが印象的な表紙。ハワイではお祝いや挨拶代わりにあげたりもらったりするものですが、5月にはレイデーというフェスティバルがあって、市民が力作を競う合う「レイ・コンテスト」もあるのだそう。 『大人心の、気ままなハワイ』田中真理子著 小石川書館 本体¥1600+税ところで「暮らすように旅をする」という言葉、ゆったりと肩の力が抜けた感じで憧れますが、実際にはどうすればそんな風に過ごせるのでしょう?漠然とした疑問に、ページを繰るたび、著者ならではの「暮らすような時間」が披露されていきます。お気に入りの拠点はオアフのノースショア。気が向くとバスや車であっちこちお出かけ。好きなところに好きなだけ時間をかける、欲張りすぎないという贅沢な大人の旅。「そう、こういう過ごし方をしてみたいの!」と共感できるポイントがたくさんあるのです。マーケットで大束で売られているクレソンを見て喜び、その日は早速おひたしやらに料理して、野菜好きの夫とクレソン祭り。わっおいしそう~、ナムルも試してみたい!公営ゴルフコースでひと汗かいた後は、レモネードを飲んで定番おかずのカレーを買って帰る。こんな気軽な感じでスポーツできるなら、私だって!隣町の歴史ある“ちいさい図書館”へ行き、ハワイアン・ノンフィクションコーナーで本を探す。誰にも邪魔されず静けさと趣味にひたれるなんて、至福すぎるひととき!著者が選んだハワイでのロングステイ先は、バケーション・レンタル(バケレン)。バケレンとは、マンションや戸建てのオーナーたちが、自分たちが利用しない期間、貸し出したい物件のことです。そんな物件がたくさん登録されているサイトから見つけたのが自分たちの気分にぴったりだったのでした。そうったバケレンの選び方から街やビーチの散歩、おいしいもの、フェスティバル、手作り教室の体験談etc.必要なものにはアドレス紹介もついています。そのどれもが、出会った(見た)人を愛情たっぷり目線でとらえた描写や、会話の端々から仕入れたようなプチネタ付きでおもしろく、そこも大きな読みどころ。クスッとつい笑っているうち、著者のおおらかな人柄に引き込まれていきます。レイ・デーのフェスティバルで、おばあちゃんたちが自慢げに作っているオリジナルのレイをウォッチしているうちに、自分もいつかココの人になりたい、と妄想…。思わず植物園で開催されているレイ・メイキング教室に参加。これはその時の初めての作品。多少曲がっていても全然OK、こんなの作ってみたい!ヴィンテージショップのおじさんは「いつもかわいいおしゃれしてる」と密かに注目。着眼点にクスリ。ハワイや太平洋にまつわる古物好きな人やコレクターの間で有名なお店で、思わず財布のひもが緩む自分をゆるしてしまう。そもそも、どんなきっかけからこの本が生まれたのか。誕生秘話などを、本書内の魅力的な写真も交えながら次ページでご紹介していきます。長年、雑誌や書籍の編集業に携わってきた著者の田中真理子さんは、ハワイ旅歴35年。子どもが小さかった頃、子連れでも気兼ねなく楽しめるからとコンドミニアムやバケレンを利用するようになったそう。「画一的なホテルとはちがって、オーナーの人柄や味が感じられるのがバケレンのおもしろみです」。子どもが大きくなり、今は夫と2人のハワイ時間をおだやかに満喫。オアフ島ノースショアにある小さな町ハレイワにみつけた小さなアパートで休日を過ごすのが今のお気に入り。トライ&エラーの実体験をもとにしたレンタル先の選び方など、具体的で参考になりますそんな35年間の家族旅はもちろん、普段の日々のこだわりまで、編集者の習性で(!?)いつもこまめにカメラに収め、写真集製作サービス(Photoback)で文庫本サイズにまとめている田中さん。その膨大なフォトアルバムを見た出版元の担当者が、これはおもしろい!と興味を持ったことがきっかけで、今回の本が生まれました。余談ですが、旅以外の日々のこだわりというのは、例えば、いつも食べている味噌汁。そのフォトアルバムはテレビでも紹介されたのだとか! さぞや具沢山でおいしそうで、バリエーションに富んでいたんだろうなあ…。自身の旅の記録がベースとわかると、興味やこだわりの偏り方も当然。“ださかわいい”に魅かれたり、さとうきび列車が気になって調査してみたり、その偏りっぷりがまたオリジナリティあふれて魅力的。大急ぎの買い物三昧や食べ歩きは卒業して、自分のこだわりをとことん追求しに行くのもいいかも、と触発されます。ほとんどの写真は著者が長年撮りためてきたものですが、本を作るにあたり、よりわかりやすいカットを、と撮り直しに行ったものもあるそう。見せ方への(もちろん読みやすい字の大きさや量も)こだわりも編集者ならでは、です。表紙を飾るプルメリアのレイに始まり、ヤシの木と空の爽快なコントラスト、色彩豊かなマーケットの食材、深い歴史のある建物…どの写真にも太平洋に浮かぶこの楽園への愛着があふれています。ワイキキから車で1時間、ハレイワのアパートの前に広がる海は、地平線まで続くマリンブルーのグラデーション。海の青さに加えて、時間によって刻々と変わる光と影と風は何度見ても飽きることがない。フォトジェニックな南国フルーツ。1個から買えるファーマーズマーケットで、毎回行くたびに試してレパートリーを広げてきたそう。糖度が上がるという夏を狙って全種類食べに行きたくなります著者は、自由に気ままに、ハワイでの旅の時間を豊かに楽しむコツについてもさらにこっそり教えてくれます。たとえば、夫とふたりの旅行だけど、別行動したいっ、と思ったらどうする? 次ページへOurAge世代が夫婦ふたりで旅するとして、旅の途中、夫と行動を別にして、気兼ねなく一人でブラブラしたい、と思うときもありますよね。でもいざ一人になると、場所によっては正直、心細い気分にも…。そんなときはどうするか。著者が行くのは、いつ行っても訪問者が少なくて静かな植物園。ただ、ちょっと静かすぎて不安になるので、心の中で「同行二人」と考えるのだそう。植物にすごく詳しい友人と一緒にいるつもりで、語りかけるように歩く…。経験を重ねてきたからこそ、自分らしく時間を楽しむための切り替えが旅の参考になります。著者が夫に気を使わず散策する場所のひとつ、フォスター植物園。植物園や博物館は自分のペースで回るメリット大。今まで気づかなかった新たな発見があるかもまた、手作りへの愛も。ビーチコーミングで集めたビール瓶の蓋は、日本に帰ってからリースにして飾っているもの。買ってきた布で次回のステイ中に使うエコバッグを作ったり。逆に、バケレンの部屋の壁にはミュージアムの半券や買い物メモを貼り重ね、自宅の冷蔵庫っぽくなったなあ、と眺めながらリラックス(笑)。海沿いを歩くときは下を向いて歩くことが多いという著者とその家族。なぜなら風化した漂流物好きだから。そんな瓶の蓋を選りすぐってリースに!プランテーションで働く移民たちの労働着だったというパラカシャツの生地屋さんで買った生地は、持ち帰ってエコバッグ作成。使うたびに旅の記憶がよみがりそうハワイでの時間や出来事と、普段の暮らしがゆるやかにシンクロしている様子が、なんだかいい。自然体で遊び心があって、真似したい。「ひとりひとり、その人なりのハワイの楽しみ方があると思うんです」。自分ならどんなスタイルで過ごすか、自由な空想が広がっていく幸せな一冊です。http://www.koishikawashokan.co.jp/文/川口貴子
  • 家族旅行♪ @静岡先日家族で静岡の伊豆高原に行ってきました♡ 夜ごはんに行った場所は和風で上品な隠れ家的お店でした!本家鮪屋 伊豆高原本店車で行くと便利ですが伊豆高原駅からでも歩いて10分弱のところにあります。 素材にこだわった料理が食べられます。 中でも人気のものは希少な部位を使った鮪丼やとろける金目鯛の煮付けが絶品だそうです。 店内は和風な感じで上品な隠れ家的なお店でした。 店員さんもとても親切で丁寧でまた行きたいと思うお店でした。 私たちが注文したものはコチラ‼︎ マグロ丼(頭トロ・大トロ・地金目鯛・ネギトロ炙り三昧)鮪屋定食〆は卵でおじやに地金目定食私が食べたのは地金目の煮付け♪ 味が染み込んだ金目鯛の煮付けは身がふわふわで美味しい!! 白いご飯が合う〜〜〜! やっぱり和食はいいですね〜〜〜♡ スーパーバイラーズ 遠山春菜のブログ
  • BAILA3月号、もう手に取られましたか??^^ 今月号の付録は 「簡単すぎるのに歓声が上がる、お家女子会レシピ」!!! 加藤綾子さんの2年間に渡る連載をぎゅっとまとめて一冊に。 しっかりしたレシピ本〜!!最高〜!! 結婚して、家に人が来ることが増えたので、 レパートリーを増やしたいと常々思っていたのでこれは嬉しい!! お家でパーティーの時には やっぱり見た目も華やかにしたい、、、、 でも簡単なレシピがいい、、、、 そんな願いを叶えてくれるレシピ満載♡ 私も先月ずっと欲しかったお鍋「staub」をゲットしたところです。 このお鍋すごいんです^^ 食材から出た水分を蒸気に変える→蓋の突起に付着し水滴になる→そのまま食材に降り注ぐ なのでお肉のローストなんかは、塩とお酒だけで、びっくりするほど甘く、旨味ぎっしり。 食材の水分だけでスープができちゃう優れもの^^ パーティーの時には鍋ごと置いて可愛いのです。 付録のレシピにも挑戦したいと思います!!! そして本誌のトレンチ企画にもチラリと参加させていただきました。 トレンチコート、自分の体のタイプ別に似合うデザインや丈が分かっちゃいます〜!! これで自信を持って一生物のトレンチコートが買えます♡ 皆さんも自分にぴったりの1着、BAILA3月号で見つけてくださいね!!スーパーバイラーズ 堤友香のブログ
  • シンガポールを舞台にしたロマンチック・コメディ『クレイジー・リッチ!』の世界的ヒットをきっかけに、ハリウッドは今、アジアンブームが到来中。本作品で個性的なキャラクターを熱演するキャストはなんと、全員がアジア系。作品の面白さに加えて、ハリウッドにはこんなにアジア系俳優がいたの!?と、その数と多様さにも驚かされた人も多いのでは? さらに今年のゴールデングローブ賞では、ドラマ『グレイズ・アナトミー』でおなじみのサンドラ・オー(47)がアジア系の俳優として初めて司会に抜擢され、サンドラ自身が主演を務めるドラマ『キリング・イヴ/Killing Eve』でテレビ部門の主演女優賞にも輝くという、歴史的快挙も! photo:Getty Images いまだかつてないアジア系俳優ブームの今だからこそ、絶対におさえておきたい、アジアンビューティー33人をピックアップ。人種の壁を超え、欧米の映画やドラマ、音楽、ファッションシーンで活躍する彼女たちの姿に、勇気とインスピレーションをもらえるはず!  photo:Getty Images, Aflo text : Makiko Ota   >>華やかさを取り戻したゴールデングローブ賞! サプライズ演出から華麗なドレスルック35選までを一挙公開 元エンジェルのドリュー・バリモア&ルーシー・リューも太鼓判! 新『チャーリーズ・エンジェル』に期待が高まる
  • 見るだけでハッピーになる春の果物、いちご。近年はこの時季だけの期間限定で旬のいちごを使ったスイーツを発売するパティスリーが続々と登場! 2019年いちごスイーツ最新コレクションの中から、人気店のスペシャリテ6品をご紹介。今だけ味わえるスペシャリテ! 人気店のいちごスイーツ6この軽やかさ、夢のよう♡ 「ストロベリークラシックショートケーキ」 人気の「PARIYA」でクリスマスの期間だけ販売していたショートケーキが通年でお目見え♡ 見た目は大きめだけど、食後に一人で食べられるくらい、クリームやスポンジ生地の甘さはぐっと控えめで驚くほど軽やか。1個¥680 PARIYA (日本橋髙島屋S.C.店) 東京都中央区日本橋2の5の1 日本橋髙島屋S.C. 新館B1 ☎03(6281)9602 営 10時30分〜21時  休 施設に準ずる甘酸っぱくて超ミルキー 「苺のブラマンジェ」 「ストロベリー デザート ブッフェ」を開催中の同ホテル。デリではそこで会えないスイーツも登場。ミルキーなブラマンジェにいちごとベリーソースや生クリームを重ねて。スポイトに入ったメープルシロップで味の変化を楽しんで。¥720 ペストリーブティック ウェスティン デリ 東京都目黒区三田1の4の1 ウェスティンホテル東京1F  ☎03(5423)7778 営 8時30分〜21時(ケーキの販売は10時〜) 無休 ※2月末までの限定販売大好きなあの人とシェアしたい 「ストロベリーハート」 3月14日まで可愛すぎる限定スイーツが多数お目見え中。特に形も愛らしいこちらは、中にあまおう苺のコンポートゼリーといちご風 味のチョコレートムース入り。ホワイトデーにリクエストしても!? 直径11㎝¥4200(税込) ペストリー ブティック 東京都新宿区西新宿3の7の1の2 パーク ハイアット 東京2F ☎03(5323)3462 営 11時〜19時 無休  ※3月14日までの限定販売繊細な味わいにとろけそう 「泡、時々いちご」 北海道でシメパフェ・夜パフェ旋風を巻き起こしたお店。人気No.1のこちらは、シャンパンのジュレやムース、いちごのコンカッセやベリーのコンフィチュール……すべ て手作りにこだわる約15の要素が繊細にマリアージュする。¥1900(税込) 夜パフェ専門店 パフェテリア ベル 東京都渋谷区道玄坂1の7の10 新大宗ソシアルビル3F ☎03(6427)8538 営 17時〜24時(金・祝前日〜翌1時)土15時〜翌1時(日・祝〜24時) 無休ジャージー牛の生クリームを使用 「プレミアムショートケーキ」 世界大会で数多くの受賞歴を持つシェフ率いるチームによるレシピは、目にも舌にもおいしいものばかり。多彩ないちごスイーツのなかでも「プレミアムショートケーキ」直径8 ㎝¥1800は、スポンジ生地の中に新鮮ないちごとともにバニラのクリームブリュレを閉じ込め、ジャージー牛の生クリームで包み込んで。 フィオレンティーナ ペストリーブティック 東京都港区六本木6の10の3 グランド ハイアット東京1F ☎03(4333)8713 営 9時〜22時(ケーキ類の販売は10時〜) 無休 ※ 2月末までの限定販売定番メニューをドレスアップ★ 「苺のフレンチトースト ロール仕立て」 昔からのファンが多いフレンチトーストの新作。ホテルメイドの食パンをのばし、たっぷりのすましバターで焼き上げたもの。表面はカリッ、中にはジューシーないちごやメルティなクリームチーズも。ドリンク2 種つき¥3900(税・サービス料込) オールデイダイニング「ORIGAMI」 東京都千代田区永田町2 の10の3 ザ・キャピトルホテル 東急3F ☎03(3503)0109 営 6時30分〜24時(提供時間)14時30分〜17時30分LO 無休 ※3 月末までの限定販売撮影/細谷悠美 取材・文/広沢幸乃
関連キーワード