お洋服のお直し SARTO

Web eclat
海外ブランドのお洋服は素敵なのですが、わたしの体型にはなかなか合うものが少なく、こちらのステラマッカートニーのコートはステラらしいスタンドカラーでシンプルなところが気に入って購入したもののお袖が長く、値札が付いたままクローゼットに…。いつかお袖を直さなくてはと思いつつ…。
そして、今回ようやくお直しに出したのはSARTO。こちらに決めたのは、新宿伊勢丹のメンズ館で紳士服のオーダーもされているお店だからです。

わたしはたまたま赤坂店に持参しましたが、銀座などにもお店があります。

店内には様々な種類のミシンが置かれていて、日曜だったせいもありますが、店内にいる間もお客様が途絶えることはありませんでした。
袖口が下のお写真のように切羽になっている場合、肩で袖を詰めるのが一番良い方法ですが、肩から詰めるのはかなり難しい作業と言えます。自信のないお直し屋さんでは引き受けてくれません。

SARTOではこちらからお願いせずとも、「肩で直しましょう。」と提案してくださいました。

そして上がお直し上がりの状態です。とても肩で直したとは思えない美しいお仕上がりでした。
ようやくお直しが仕上がったので、早速着用。友人と銀座をブラブラ。

今日はステラのコートのすっきりシンプルなデザインを生かして、白のサイドスリット入りタートルニットに白いパンツで縦のラインを強調してみました。足元はスニーカーでもパンプスでもなく、GUCCIのローファーでキレイ目カジュアルスタイルに。
最後はハワイのカジュアルレストラン、Eggs'n Thingsで軽めのランチをと思いきや、1日分のカロリーを摂ってしまいそうなこんなホットケーキで締めてしまいました(笑)。クリームは意外にも軽めで、すっかり平らげてしまいました‼︎

関連記事
  • 台湾はコンバース天国だった!おかげさまで次男の高校受験も無事終わり、やっと一息。 またブログの方も書いていきたいと思っております。 少し前の事になりますが、昨年末訪れた 半年ぶりの台北。今回の目的の1つはこれ!台湾はコンバース天国でした! 若者の街、西門町にあります 萬年商業ビルには所狭しと コンバースがたくさん売っています。 中には台湾限定カラーも! コンバース好きさんにはたまらない コンバース天国です。お値段も日本で 購入するより、少しお安めに買えますよ。なんて美しい♡どれにしようか迷います(汗)次男へのお土産(奥)最後に、日本でも大ブーム中の タピオカミルクティー。 今、台湾っ子に大人気なのが 老虎堂の黒糖ミルクティー。 これ、本当に美味しいです♡ 台湾に行かれる際にはぜひ!美女組No.103mieのブログ
  • コートを着込んでしまう今の時季、感度を左右するのはズバリ顔まわりのおしゃれ。そこで、今回フォーカスするのは帽子。決めすぎは気恥ずかしいから"ハズし"として取り入れる、のが美玲さんが目指したいスタイル。“ハズし”で服のコーデを盛り上げ! 自分らしいバランスに整える桐谷美玲の帽子コーデ淡トーンの服にブラウンのハットという選択 やさしげオーラに包まれる曖昧カラーのコーディネート。そのマイルドさを引き締めるためマニッシュなハットをプラスするのが辛口派の美玲さんらしい。黒だと緩急がつきすぎるからと選んだブラウンは、全体になじみつつ今っぽさに満たされるベストな選択。「ブラウンのハットは初挑戦。こうして服になじむ色を選べば、"気合入ってる感"が出ずにおしゃれに決まるんですね」。 ハット¥120000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) コート¥59000・ニット¥26000・パンツ¥27000/サード マガジン ネックレス¥27000・リング¥21000/ショールーム セッション(マリア ブラック)モノトーン合わせでキャップも大人見え スポーティなムードのキャップも、モノトーンにコーディネートすることで大人っぽく。顔まわりにクリアな白とシルバーピアスをきかせ、洗練度も右肩上がり。「カジュアルすぎに見えないさじ加減が 絶妙です」。 キャップ¥8000/カシラ ショールーム(カシラ) ブルゾン¥55000/ボウルズ(ハイク) ボーダーニット¥33000/ビューティフルピープル 銀座三越(ビューティフルピープル) ピアス(1個)(¥31000/ショールーム セッション(マリア ブラック)ベレー帽はガーリーにかぶらない主義 ベレー帽の甘さに便乗せず、端正な白シャツでシャープに。真逆なのに均整がとれたMIX感におしゃれの楽しさを再確認。色はチャコールグレーなど、シックな色が大人にはちょうどいい。「コンサバだと思っていた白シャツもベレー帽ひとつでこなれた雰囲気になりますね。大人っぽさもあって理想的」。 ベレー帽¥5000/カシラ ショールーム(カシラ) シャツ¥24000/マディソンブルー ニット¥53000/スローン ピアス( 1 個)¥7200/マユ アトリエ(マユ)正統派トレンチをイエローのニット帽でやんちゃに 知的なトレンチは、いつもとは違う遊びを受け止める包容力がある。だから挑戦したいにぎやかなイエローのニット帽。目新しい自分に出会って。「トレンチってきれいめになりがちだけど、ニット帽でカジュアルダウンしたのが新鮮!」。 ニット帽¥7000/カシラ ショールーム(カシラ) コート¥99000/ビューティフルピープル 銀座三越(ビューティフルピープル) ニット¥22000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) メガネ¥27000/ブリンク外苑前(メガネロック)帽子はプライベートでもよくかぶります。キャップ、キャスケット、ベレー帽、ニット帽…、たくさん持っていて、昔からなじみ深いアイテムではあるけど、今日かぶったものは、どれも色が新鮮でしたね。私が持っているのは服と同様、ほぼ全部黒だから。合わせやすさを考えて選んじゃうんですよね。靴やバッグで色をきかせることはあっても、顔に近い帽子は悪目立ちする気がして、どうしても躊躇してしまって。 帽子が主役になると、なんだか"かっこついちゃう"じゃないですか(笑)。でも、今日の撮影で感じたのは、服ありきで、そのハズしで取り入れれば上手な盛り上げ役になってくれること。きれいめをカジュアルダウン、コンサバに遊び、甘さを中和…。自分らしいバランスに整えてくれるのが、すごく優秀!撮影/赤尾昌則〈whiteSTOUT〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/桐谷美玲 取材・文/榎本洋子 ※BAILA2019年2月号掲載
  • 小面積でも、全身の印象を大きく左右する靴。せっかく更新するなら、週末だけに限定させるのはもったいない。オフィスをはじめシーンレスに活躍する、間違いのない3タイプを厳選してお届け!平日OKなトレンド靴、狙うべきはこの3足!こなれと親近感なら洗練ローファー Santoni(サントーニ) 春めくアイボリーのローファーでフレッシュに。靴(2)¥85000/リエート(サントーニ) 優等生なパンツに、しっくりなじむローファー。ミルキートーンが一歩先の洗練をかなえて クリーンなセンタープレスのパンツを、春めくアイボリーのローファーでフレッシュに。トラッドなシューズも、やさしげなスエードを選べば、女らしくやわらかなムード。靴(2)¥85000/リエート(サントーニ) ブルゾン¥26000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) カーディガン¥32000・パンツ¥39000/ebure ネックレス¥60000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) スカーフ¥42000/アトリエ ニノン(ラスパイユ) バッグ¥36000/コード(ヴァジック)信頼感×女っぽさの絶妙バランス around(アラウンド)5cmヒールパンプス PICHE ABAHOUSE(ピシェ アバハウス) 太め&低めなヒールのこなれ感も相まって、甘いパステルも気負わずに楽しめる。靴(5.5)¥15000/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店(ピシェアバハウス)誰の目にも好印象を確約するシュガーレスなパステルでコンサバを更新 淡グレーとのコンビならミントグリーンも大人顔にスイッチ。太め&低めなヒールのこなれ感も相まって、甘いパステルも気負わずに楽しめる。靴(5.5)¥15000/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店(ピシェアバハウス) コート¥84000・スカート¥32000/ebure ニット¥24000/セオリー ネックレス¥133000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) ストール¥9800/ルーニィ バッグ¥132000/J&M デヴィッドソン青山店(J&M デヴィッドソン) 靴下¥900/タビオ平日コーデに抜け感を牽引 バックストラップフラット DES PRÉS(デ・プレ) 鋭角のトゥや深めの甲に、クリアな白とギャザーのストラップの対比が絶妙な一足。靴(1.2)¥16000/デ・プレ 丸の内店(デ・プレ)端正なモノトーンの通勤コーデをかかとの抜け感で足取り軽く 鋭角のトゥや深めの甲に、クリアな白とギャザーのストラップの対比が絶妙な一足。一点投入すれば、きちんと上品でありながら、遊ぶ余裕を感じさせる大人の着こなしに。「かっちり」一辺倒になってしまいがちな平日ワードローブにこそ、バックストラップの軽さが有効。靴(1.2)¥16000/デ・プレ 丸の内店(デ・プレ) ジャケット¥69000/アトリエ ニノン(ラスパイユ) デニム¥24000/アングローバル(イレーヴ) メガネ¥33000/アイヴァン PR(アイヴァン) スカーフ¥18000/マッキントッシュ 青山店(マッキントッシュ) バッグ¥37000/エフユーエヌ(ベルメール)撮影/三宮幹史(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/佐藤エイコ〈ilumini.〉 スタイリスト/室井由美子 モデル/ヨンア ※( )内の数字は編集部で計測したヒールの高さで単位は㎝です ※BAILA2019年3月号掲載
  • そろそろ冬物SALEも終わりに近づいています。 SALEって、今が1番お得なんです! 最終値下げでOFF率が1番高いので!! 今回は、残り物ではない、買って来年も絶対得するおすすめアイテムをご紹介します! FINAL SALEはコチラから   \40%OFF以上のアウター/ M7days/フェイクムートンコート/¥28,000→¥11,200+税(60%OFF) スエード調素材、ファー素材の両面使える2way仕様でこの値段!!絶対買いです!!     FRAY I.D/チェスターコート/¥29,000→¥17,400+税(40%OFF) セール価格だからこそ手が出しやすいキレイ色コート。ワンボタンのみのベーシックなチェスターフォルムがクラシカルな印象に魅せてくれます。     LONDON TRADITION /【別注】ロングダッフルコート/¥43,000→¥30,100+税(30%OFF) 永遠の定番ダッフルコートはMarisol別注カラー(マッシュルームブラウン)。上質なものをお得に手に入れて、来年も活躍させたい。     \60%OFF以上の小物/ M7days/チベットラムファー付きバスケット/¥19,000→¥7,600+税(60%OFF) オールシーズン定番アイテムとなったバスケット。春はファーを取り外して。来年の秋のはじめはファーをつけて季節感を出せます。     FABIO RUSCONI /バレエシューズスエード/¥22,000→¥11,000+税(50%OFF) コーディネートのポイントになるバレエシューズ。歩きやすさに定評のあるFABIOのシューズが50%OFFで買えるのは今だけ!       adidas Originals /STAN SMITH スニーカー/¥14,000→¥8,400+税(40%OFF) 定番スタンスミスもセール価格に!春コーデも白いスニーカーがあると、ぐっと爽やかになります!!おすすめアイテムです。       その他まだまだ使えるセールアイテムがたくさん! 是非チェックしてください! FINAL SALEはコチラから
  • 数年前に購入したデ プレの赤ニットは春が近づくと着たくなります。 まだまだ寒い日が続いていますが、春はすぐそこまで来ています。 エクラ3月号も、春ファッションにシフトしていましたね。 暖かくなるのが待ち遠しい今日この頃です。 数年前に購入したのですが、春が近づいてくると手にするのがこのデ プレのニット。 ハイゲージでとても軽いこのニットは、サイドに深いスリットが入っていて、春風にふわっと揺れるようなデザインです。 朱色に近い赤色もなんだかウキウキさせてくれます。 赤色ニットは不思議とどんなボトムスでも合ってしまいます。 今回は、これもエクラ3月号で提案されている、グレーのデニムを合わせました。 アッパーハイツのデニムで、THE ROOTというモデルです。カラーはシルバーに近いグレー。 太めのストリートでゆったりなのでストレスフリー。 他に、ドレステリアのジップアップパーカーと合わせてワントーンコーデにしてみました。ドレステリアのジップアップパーカは、ホワイト、ネイビーも持っていて大ファンです。 数量限定のブラックももちろんゲットしました! (それについてはまた。) ローヒールパンプスはファビオルスコーニ。 Instagramもアップしています。 ⇩華組 近藤和子ブログ
  • 寒波が過ぎ去り、気分もだんだんと春めく今は花柄アイテムが恋しい。ノンノ世代のみんなは、花柄のワンピース、ブラウス、スカートなら1枚は持ってるよね。今回はすぐまねできる花柄のお手本コーデ15選をまとめたよ。春らしい着こなしの参考にぜひ!【春の花柄ワンピースコーデ】 ケーブルニットのボリュームをシアーなスカートで引き算 真冬の白っぽワントーンは素材感で見た目にも暖かく。ざっくりニットに揺れ素材の花柄ワンピで春っぽを叶える。 【春の花柄ワンピースコーデ】 フェミニンな花柄ワンピのハズし役にハイテクスニーカーが◎ クリーンな表情のハイテクスニーカーと合わせてフェミニンなワンピをカジュアルダウン。 【春の花柄ワンピースコーデ】 真逆のテイストでオシャレの腕試し♪ 落ち着き感のあるフェミニンな小花柄ワンピのハズし役は、カーキのブルゾンと赤いスニーカーにおまかせ。真逆のテイストでギャップを作るのが、オシャレ上級者への近道だよ。 他の画像を見る
  • トレンド大好き派のクローゼットは、流行のアイテムが多く、気づけばトレンド周回遅れのアイテムがぎっしり詰まっている、なんてことも。整理することでおしゃれのモチベーションも上がるはず。
  • 寒くってやですねぇ〜家に閉じこもって鍋をつつくのもすきですが、えいやっでお出かけするのも嫌いじゃない。そんな冬の夜の呑んべい日記です。飲むと気分がよくなり、ワインとスイーツという禁断の組み合わせをしてしまいます。そんな罪深い写真が数々あったのでアップさせていただきます。こちらのスイーツはほうじ茶チーズケーキ&ロゼ。ロゼとか詳しくないのでどこぞの物かも記憶がありませんが、美味しゅうございました。こちらは鎌倉のお気に入り、ガーデンハウスさんでの一コマ。お次は横浜の夜景を堪能できるお店「響」スカイビルのトップ層階にあります。まかさYCATの上がこんなことになっているとは、静かにのんびり飲めるいい場所でした。ここでの禁断のスイーツはこれまた「ほうじ茶クリームブリュレ」×シャルドネ。見ての通り、美味しゅうございました。それにしてもほうじ茶きてますね!!あとキャラメルも?陰陽バランスバッチぐー(死後?)なのでしょうか!絶妙なコンビネーションです。お次はこれまた鎌倉にあるレストラン「バスティーズ」海が一望の絶景レストランなのですが夜行くことが多く、素敵な景色はながめらず。しかし見ても美しいスイーツを堪能させてただきました。そしてワインは11ミニッツというロゼ。ボトルラベルの円を除くとマドンナがいるのです。そしてこちらのマドンナが微笑んでみえるか、困っているか…?というもの。私たち4人中、一人は困ってる、二人は微笑んでいる、そして一人は無表情という結果でした。美女組No.95はづきのブログ
関連キーワード