肌も気分も上がる!美容のプロが惚れ込む「美容ギア」 五選

Web eclat
※★マークのついた商品はエクラプレミアム通販(https://flagshop.jp/eclat/)で購入できます。 ※施術の効果や痛みの感じ方には、個人差があります。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.美容ジャーナリスト界で愛され続ける、たるみ予防の最高峰
ビューテリジェンス NEWAリフト プラス
「感動的なのは、肌表面でなく本当に届いてほしい肌の奥深くにじんじんと効いている感覚。しかも、驚くことにケアした直後だけでなく、翌朝、顔を洗ったときにもその感覚が持続している! だから、たるみに効くとつくづく納得」(美容ライター 山崎敦子さん)。
「朝使うと、断然ファンデーションののりが違います!充電式で持ち歩けるので、自分の撮影の際、スタジオに持参し、メイク前に使用。フェイスラインが引き締まるので、小顔に映ります」(美容ジャーナリスト 小田ユイコさん)。
「今まで試したたるみのセルフケアで、文句なしのベスト。唯一の難点はあまりに効果的で、やりすぎちゃうことです」(美容ジャーナリスト 近藤須雅子さん)。
「スマホより軽いうえにコードレスだから、いつでもどこでもリフトアップできるのがありがたい。その効果も美容クリニック並み。フェイスラインのゆるみが目立たなくなったのは、NEWAのおかげかも」(美容エディター 安倍佐和子さん)。
「この手の美容ギアにはいささか懐疑的だった私。そもそも効いているのかどうかわからないのがその理由のひとつですが、この製品は温かさを実感するからやる気が起きるし、達成感もある!あごやフェイスラインのすっきり感がわかりやすいなど効果実感が明確で、充電も簡単なので、毎回楽しく使えます」(美容愛好家 野毛まゆりさん)。

世界的医療機器メーカーが開発。肌内部で熱エネルギーに変わるサブマイクロ波(RF)が、肌の浅い部分から奥深くまでにアプローチ。コラーゲンの生成を助けてハリ、弾力を高めるから輪郭や頰のもたつき、ほうれい線が目立たなく! ¥68,800 ★エクラプレミアム通販で販売中(申込コード338961)
2. わずか10分の装着で、 “下半顔”が怖いほど変わる
ヤーマン メディリフト
「自力ではうまく鍛えられない筋肉に作用する設計で、いびつにもたついたお肉がキュッと整う。まさに輪郭矯正ギアという感じ!」(美容ライター 橋本日登美さん)
「使用中、リフトされている実感あり!シートマスクの上に装着すると、熱伝導率がよくなり、なおさら効果的。顔色も明るく」(美容エディター 平 輝乃さん)。

肌に優しいメディカルシリコーンマスクに、筋肉を刺激するEMSを配置。ふだんあまり使われず、衰えてしまう頰骨まわりの2つの筋肉を鍛え、使いすぎて硬くなる咬筋をほぐす効率的アプローチで引き締まった輪郭へ。¥25,000
3.見た目エイジングの元凶!乾燥小じわに運命的なペア
MTG リファラインリフト&リファリンクルクリーム
「目じりやほうれい線など、気になるラインへ攻め入ることができるミニ&軽量サイズが優秀。ツボ押しまで可能だから、デスクに旅行先にと、まさに万能リファとたたえたい!」(美容エディター 安倍佐和子さん)
「リファのつまみ感が好き。めぐりを上げているような感じが気持ちよくて、ずっとコロコロしていたくなります」(美容ライター 中島 彩さん)。

2種のコラーゲンなどを配合した専用クリームと、サイズ感や角度までミリ単位で考察したローラーの最強タッグで、乾燥小じわをねらいうち! 目じりなどの細部にもぴたりとフィットし、浅く細かくつまみ流して、ふっくらとしたハリ感を実現。¥17,800
4.国宝のように美しい形状のマッサージツールでケアする仕草もエレガント
ナガエプリュス コリネット
「コリがすーっとほどける、クセになる癒しタッチ。土踏まずの刺激にもちょうどいいサイズだし、サビにくい素材なので入浴時にも大活躍」(美容ライター 橋本日登美さん)。
「見た目が美しいうえに、すごく計算されたフォルム。首や鎖骨などねらった部位にスッと入るし、滞りを流すカッサにもなって万能です」(美容エディター 平 輝乃さん)。

熟練の職人の技術とボディマッサージの専門家の監修をもとに開発された、芸術的なツール。全身に巧みにフィットする有機的なカーブによって、力をかけずに心地いいセルフケアができる。プレゼントにも喜ばれる逸品。¥3,000
5.欲しい機能を全搭載したセルフケア界の寵児
パナソニック プレミアム イオンエフェクター
「手持ちのスキンケアの効果を3倍にしてくれる感じ。手でなじませるよりきちんと浸透するし、保湿力も長持ち。最後のクールモードでしっかり引き締まり、肌がワントーン明るくつるんとなめらかになるのが感動的」(美容ジャーナリスト 小田ユイコさん)。

ヒアルロン酸など、肌に浸透しにくい高分子成分の通り道をつくるプレケア。肌を引き締め、ハリ、弾力をもたらすスペシャルケアなど、6つのモードがついた総合ケアの雄。〈高浸透タイプ〉 EH-XT40 ¥55,000
eclat2月号掲載 撮影/河野 望 取材・文/橋本日登美
関連記事
  • ヴェールをかけたような薄膜ながら、上質なツヤをまとうという、大人の素肌にマッチした下地とファンデーションは、アラフォー世代必見!■ベースメイク部門 Best「パウダリー ファンデーション」★BEST 1 コスメデコルテ ザ パウダーファンデーション 「パウダリーを超えた、柔らかくきめ細かなテクスチャー。カバー力もちゃんとあるのに、自分の肌が透けるような素肌感があって、光を通過するような感じがお気に入り。コンパクトなサイズ感や、比較的お手ごろ価格なのも高得点」(ヘア&メイクアップアーティスト 千吉良恵子)。「周囲から肌を凝視されるほど、"ツヤがスゴイ"毛穴が見つからない"と、絶賛の嵐。スポンジでもブラシでも完璧にフィットし、メイクあとを残さないナチュラル感。軽量で使い勝手よく、欠点ナシ!」(美容エディター・ライター近藤須雅子)。SPF20・PA++ 全7 色各¥5,000★BEST 2 イヴ・サンローラン・ボーテ アンクル ド ポー オール アワーズ スティック 「消したい肌悩みのエリアにダイレクトに塗って、指先でトントンとなじませるだけ。まるで"ぼかしフィルター"をかけたかのようにふわっと均一な美肌に! コンパクトで持ち歩きしやすいサイズなのも最高」(美容エディター前野さちこ)。塗布した瞬間クリームがパウダーに変化し、肌と一体化。ライトなつけ心地でなじみは抜群。全5色各¥6,500★BEST 3 エスティ ローダー ダブル ウェア モイスチャー ステイ イン プレイスパウダー メークアップ N「乾燥している部分はしっとりうるおうし、皮脂や汗はさりげなく吸着してくれるから、つけている間中快適そのもの。乾式のパウダーは塗る時はしっとり心地よく、すぐにさらさら。なのにつけるほどに肌がうるおってどんどん一体化する感覚がたまらない」(美容ライター山崎敦子)。秋冬の肌にぴったり。SPF30・PA+++ 全6 色各¥7,000■ベースメイク部門 Best「リキッド・クリーム ファンデーション」★BEST 1 SUQQU エクストラ リッチ グロウ クリームファンデーション 「極薄の膜のみずみずしい艶やかさが◎。大人の肌のノイズを和らげつつ、肌にハリを与えてくれるので、いつまでも乾きを感じさせません。カジュアルで軽やかな肌に仕上がる、"肌見せ"ファンデーション」(ヘア&メイクアップアーティスト山本浩未)。「カバー力・ナチュラルさ・毛穴消去力にツヤもあり。さらにロングラスティングと、ファンデーションに求める欲張りな条件を網羅。それにツルンとしたハリ感も実現。素肌が向上した?とうぬ惚れさせる仕上がり。しかも長時間ツヤ感が続くのがうれしい」(ヘア&メイク/ライフスタイルアドバイザー藤原美智子)。美容エキス12種類に保湿成分も配合。全7 色各30g¥10,000★BEST 2 アンプリチュード ロングラスティング リキッドファンデーション「塗布したての肌は、気になっていたアラがするすると消えていくようで、もちろん感動。でも、なによりの感動は夕方訪れる。ファンデーションのツヤと自分自身の肌ツヤがどんどん溶け合って、むしろ、ナチュラルになっていく感じ。“夕方の肌”を好きでいられる幸せを実感中」(美容エディター松本千登世)。重ねても重くならない。SPF22・PA++ 全10色各30㎖¥9,000★BEST 3 ディオール ディオール バックステージ フェイス&ボディファンデーション 「サラッとしたかなり軽いつけ心地。フィット感があるのでカバー力もほどよく、とても使いやすい。くずれにくく、長時間持つのも大きな魅力」(ヘア&メイクアップアーティスト岡野瑞恵)。どんなスキントーンにもマッチするカラーバリエで、立体感や陰影も思いのまま。プロが仕上げたような肌を簡単に演出できる。全21色各50㎖¥5,100/パルファン・クリスチャン・ディオール■ベースメイク部門 Best「クッション・ エマルジョン ファンデーション」★BEST 1 シャネル ヴィタルミエール グロウ 「決して厚づきではないのに、肌のシワやキメの粗さが飛ばされて、美肌に見える。この偽装美肌感はアラフォーには貴重。ナチュラルだけどきちんとした雰囲気が醸し出されるから、時間のない朝にさっと塗るだけでちゃんと肌をつくったように仕上がるのもありがたい」(美容エディター入江信子)。「ヘルシーで今どきなツヤをたたえた肌に仕上がる実力は、間違いなく今季のNo.1 。乾燥した肌にものるし、水分&ツヤ不足も即効で解消。特に絶品なのはメイク直し。くすんで疲れきった肌もこれをのせれば、たちまちうるおい肌に」(美容ライター山崎敦子)。SPF15 全6 色各¥6,900★BEST 2 ランコム タン イドル ウルトラクッションコンパクト「薄づきすぎず、適度なカバー力とツヤ感も欲しい……となると意外にマイベストを探すのがむずかしいクッションの中で、今季大活躍したのがコレ。絶妙なカバー力ながら、くずれにくく乾きにくいのもうれしい実力!」(マリソル 副編集長マイリーヌ)。新導入されたテクノロジーのおかげで、高いカバー力とラスティング力を発揮し長時間キレイ。全5 色各¥6,500★BEST 3 ジョルジオ アルマーニ ビューティ マイ アルマーニ トゥ ゴー クッション トーンアップ 「美肌に見せるのは大前提で、絶対に色気をひそませるアルマーニ。これは、日中乾きたくない、シミと毛穴を隠したい、シワを刻みたくない、くすみを出したくない、むしろメイクオフした時にキレイでいたい、そして色気もにじませたい、という願望をすべてクリア。これ以上のものはないほど好き」(美容エディター鵜飼香子)。SPF15 全6 色各¥8,500【Marisol1月号2019年掲載】撮影/山口恵史 スタイリスト/郡山雅代 取材・文/山崎敦子 大木知佳 構成/原 千乃
  • 毎月、HAPPY PLUS ONE(ハピプラワン)イチオシのアイテムをお届けする【今月のプレゼント】。今回は、人気のスパや話題の展覧会の招待券、自然素材から作る肌に優しいコスメアイテムなど、寒い季節も心がときめくプレゼントを総計33名様にご用意しました。気になるアイテムを見つけて、ぜひ応募して!1.【イニスフリー】オーキッド エンリッチド クリーム(5名様)韓国チェジュ島の自然の恵みから生まれた化粧品ブランド、innisfree(イニスフリー)。エイジングケアの「オーキッド」ラインは、チェジュ島固有の蘭「寒蘭」から抽出された成分を配合し、エイジングサインの気になり始めた肌にアプローチ。乾燥を防いで、ふっくらとしたハリとツヤのある肌へと導いてくれます。 今回、「オーキッド エンリッチド クリーム」50mLを5名様にプレゼント。コラーゲンの生成をサポートすると言われるペプチド(※)を配合したクリームは、伸びの良いクリーミーなテクスチャーが特徴。2018年12月より数量限定で発売中の「オーキッド エイジング ケアセット」にも含まれているこのクリーム、スキンケアの仕上げにぜひ取り入れてみて。 ※(アルギニン/リシン)ポリペプチド(保湿成分)2.【東京ドーム】Spa LaQuaペア入館券(5名様)東京ドームシティ内にあるSpa LaQua(スパ ラクーア)は、“トータルでキレイがかなう”都心のリゾート。ミネラル豊富な100%天然温泉をはじめ、岩盤浴効果が期待できる各種低温サウナ、エステやネイルなどのトリートメントサロン、健康と美容を意識したレストラン&カフェが充実している女子必見のスポットです。 特に、女性浴室には、ミストサウナやフランス伝統のスパ療法・ヴィシーシャワートリートメントなどの設備を完備。アメニティはパリのメゾン・デタイユとPOLAのコラボレーションライン「デタイユ・ラ・メゾン」シリーズで揃えているのも嬉しいポイント。季節イベントも随時開催中です。 今回は、通常大人2850円のSpa LaQua入館券をペアで、5名様にプレゼント。女性に嬉しいコンテンツが盛りだくさんの美のテーマパークを満喫しよう。3.【日本薬健】スーパーフルーツ青汁ダイエットと活性炭×青汁のセット(10名様)無農薬で育てられた国産の大麦若葉を使用した青汁が人気の日本薬健。定番の「金の青汁」シリーズに加え、スーパーフード入り青汁やプロテイン入り青汁など、目指したい体に合わせたラインナップも魅力。2018年9月に発売された純国産活性炭を配合した「活性炭×青汁」は、食物繊維、鉄分などの豊富な栄養素を手軽に摂取できる上、活性炭によるデトックス作用が期待できることでも話題に。 「活性炭×青汁」と、2017年の発売から着実にファンを増やしている「スーパーフルーツ青汁ダイエット」のセットを10名様にプレゼントします。スーパーフルーツ青汁ダイエットは、アサイーやキヌアなど15種類ものスーパーフルーツ&フードを含んだ、美容やダイエットに嬉しいアイテム。野菜不足を感じている女性はぜひ試してみて。他の画像を見る【応募締切】2月21日(木)10:00*ご応募にはハピプラ会員のプラス会員登録が必要です。text/NAOMI TERAKAWA NARUMI AKIBA
  • 前回は、アワエイジ世代の乾燥ポイントをみてきました。今回は、保湿に関する用語です。よく目にするワードなのに、その意味を実はよくわかっていないという用語を改めてチェック。正しく理解していれば、乾燥対策もより万全に。アミノ酸タンパク質を構成する成分。人の肌がもともと持っているNMF(天然保湿因子)の主要成分で、角層の水分保持に重要な役割を担う。最近では、コラーゲン産生や酸化防止などにアプローチするD-アミノ酸が注目を集めている。セラミド人の肌に存在している脂分の一種。角層にある角層細胞の周囲を埋め尽くすように存在する、細胞間脂質を構成する成分のひとつ。水分の蒸発を防ぐバリア機能を担っていて、肌に必要不可欠な成分。NMF人がもともと持っている肌の中の保湿成分で、角層細胞の中に存在する。アミノ酸、乳酸、尿素、クエン酸塩などがNMFを構成するおもな成分で、水分を抱え込んで、角層の水分を保持する役割を担っている。バリア機能皮膚の最外層にある、薄さわずか0.02㎜の角層が担う機能のひとつで、水分の蒸散を防ぎ、外界からの異物が体内に侵入するのを防ぐ働きのこと。肌の潤いはバリア機能によって保たれ、乾燥するとこの働きが低下する。コラーゲンタンパク質のひとつ。皮膚を構成するタンパク質のうち約70%をコラーゲンが占めている。真皮のコラーゲンはハリや弾力を保つために重要な役割を担っており、紫外線や糖化などで変性し、加齢とともに減少する。ヒアルロン酸もともと人の体に存在する成分で、水を非常に多く保持する能力がある高分子。保水力が抜群に高いことで知られている。肌の保湿に効果を発揮し、クッションのように細胞を守る役割も。加齢とともにその量は減少する。細胞間脂質肌の角層内で角層細胞同士の間を埋めている脂質のこと。おもにセラミド、遊離脂肪酸、コレステロールから構成される。この3つの成分がバランスよく存在することで、肌内部の水分の蒸発を防ぐバリア機能を果たしている。ラメラ構造細胞間脂質は、水分と油分が交互に、幾層にも重なった構造で成り立っており、その構造のことをラメラ構造という。この構造がきちんと形成されることでバリア機能が正常に働く。熱や過剰な水分などでくずれやすい特徴も。取材協力/花王、資生堂次回は、乾燥を進ませる生活習慣をチェック! あなたはいくつあてはまるでしょうか?イラスト/平松昭子 取材・原文/山崎敦子
  • 2018年に発売されたコスメの中から、「使うだけで、肌状態もおしゃれ度もテンションもぜーんぶアガる!」ものを厳選!美欲、アガる! 「のぼり坂OLコスメ委員会」の〝スキンケア&ベースメイク個人賞〟発表!忙しく働きながらコスメを愛してやまない10人で結成した「のぼり坂OLコスメ委員会」。モアが誇るビューティの目利き集団が、2018年に発売されたコスメから推しコスメをチョイス! 5名のメンバーが〝スキンケア&ベースメイク個人賞〟を発表します♪「のぼり坂OLコスメ委員会」についてはここからチェック♪【松下さんのスキンケア&ベースメイク個人賞】エスティ ローダー/アドバンス ナイトリペア アイ SR コンプレックス「ゆるすぎず、重すぎず、マッサージしながら塗るのにぴったりなジェルタイプのアイクリーム。べたっとしないので、メイク前でもOK。デリケートな目もとの乾燥対策がしっかりできるので、小ジワやくすみが気にならなく」(松下さん)アドバンス ナイトリペア アイ SR コンプレックス13g¥7500/エスティ ローダー【増川さんのスキンケア&ベースメイク個人賞】ポール & ジョー/ラトゥー エクラ ファンデーション プライマー N「この下地のおかげで肌がぱっと明るくなり、仕事中も乾かずしっとり。のびがいいので少量で全顔をカバーできるから、コスパも◎。見た目も可愛いので、使うたびにウキウキします」(増川さん)ラトゥー エクラ ファンデーション プライマー NSPF20・PA++ 30㎖¥4000/ポール & ジョー ボーテ【豊丸さんのスキンケア&ベースメイク個人賞】ジバンシイ/タン・クチュール・ラディアント・ドロップ 01「手持ちのリキッドファンデーションに混ぜていつもどおり使うだけで、“もともと血色のいい潤い肌”にしてくれるハイライト。ピンクの繊細なラメと高い水分量でくすみもオフ!」(豊丸さん)タン・クチュール・ラディアント・ドロップ 0115㎖¥6300/パルファム ジバンシイ【立花さんのスキンケア&ベースメイク個人賞】アディクション/ストールンキス エンハンサー「保湿力が高く、リップクリームとして休日に、外出先でのメイク直しにと大活躍中のティントリップ。鏡を見なくても塗りやすいんです。単色はもちろん下地としても◎。リピ確定!」’(立花さん)ストールンキス エンハンサー¥2800/アディクション ビューティ【奥山さんのスキンケア&ベースメイク個人賞】ルルルン/ルルルンプレシャス GREEN「プチプラアイテムが豊作だった2018年、いちばん感動したのがこのシートマスク。5分貼るだけでふっくらときめ細かな肌に整い、化粧のりもよくなって“肌きれい”とほめられる! 価格もマスクの形も厚さも完ぺきです」(奥山さん)ルルルンプレシャス GREEN(32枚)¥1800/グライド・エンタープライズ▶▶▶「働く女子が本当に買うべきメイクアップコスメ5選!【平成最後のベストコスメ祭】」記事も合わせてチェック! ♡2月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/東 京祐(モデル) 藤澤由加 冨樫美和(2人とものぼり坂OLコスメ委員会分) 恩田はるみ(製品) ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/内田理央(モア専属) スタイリスト/辻村真理(モデル) 福永いずみ(製品) イラスト/高橋由季
  • 眉毛って、この歳になっても描き方に迷いませんか? トレンドもあるし、正解はないし……。そんなお悩みを一発解消してくれるサロンがあるんです。ビューティの仕事を始めたばかりのころ、とある「眉の描き方レッスン」に参加したことがあります。“眉頭から2/3の位置に眉山を”など公式チックな講習で、その時はうまく描けるようになったつもり……でした。が、時が経てばトレンドはもちろん自分の顔立ちだって変わるもの。常に“人の眉見て我が眉直せ”を胸に、迷走する日々を送ってきました。しかし先日、あるお方に「原田さんの顔立ちなら、もう少し眉山を内側に持ってきたほうが洗練されて、小顔効果もありますよ!」と言われて全身に電流が走った私。そう、アラフォーにもなると大切なのはトレンドより前に「自分の顔に合った眉」なのでは?  そこで訪れたのがこちら。美眉の総本山「アナスタシア」です。今回は表参道店へ。この「レッドカーペット階段」で扉を開けた瞬間から女優気分に浸れます。今回、アイブロウトリートメント(約60分 ¥7000)を受けたのはこちらの個室。広々としていて、リラックス満点です。ドレッサーの前にセットされていた「アナスタシア」のアイブロウアイテム一式。アイブロウパウダーだけで5色、アイブロウペンシルにジェル……眉メイクだけでこんなにあるんだ!!!というわけで、まずはトリートメントの前・自前メイクの眉を見てみましょう。アイブロウサロンに来ると分かっていながら、朝メイクしたまま化粧直しもしていないので、何だかまばらです。左右のアーチのバランスも、こうして見るとちぐはぐなのがよく分かる……。実は、私の眉についてご指摘くださったのも、こちら「アナスタシア」のアイブロウスペシャリスト・井村真弓さん。前回お会いした際に私の眉が気にかかったということで、スペシャルマッチ(?)のチャンスを頂いたのです。さぁ、がっつり直しちゃってください!! アイブロウトリートメントはまず、その人に合う眉の形を決めるための“型取り”から。独自の黄金比率をもとに、眉頭・眉山・眉尻の3つのポイントを見極めます。 照れちゃうほど正面から何度もフォルムを確認してくれる井村さん。その眼差しは、まさに「眉の匠」! 骨格や筋肉、笑った時などの筋肉の動き方まで瞬時に捉え、その人にとってベストな眉を導き出してくれるんです。私はおでこが狭いため、眉山の高さを今より下げて“縦のバランス”を調整。さらにその眉山を、顔の横幅が間延びして見えないよう内側へ移動。つまり“横のバランス”ですね。こんなふうに、一人ひとりの顔立ちに合わせて絶妙に縦横バランスを整えることで小顔効果が生まれ、顔立ちも洗練されるらしい。眉を変えるだけで小顔が叶うの?なんて素敵!「理想の眉」のガイドラインが定まったら不要な眉毛を処理していきます。まずは眉周りのワックス脱毛。合計9ヶ所ワックスがけを施されました! このこまめさも、パーフェクトな美眉が生まれる秘密なんでしょう。さらに余分な毛を丁寧に抜いていきます。ワックスも毛抜きも、不思議なほど痛くない!(ここは個人差あり、かと)ここまでのプロセスだけで眉の形がきれいに整っているの、お分かりいただけますか? 描き足す必要がないかも……と思っちゃうくらいの美バランス。実際、施術を受けた方は皆さん「素眉で出かけても大丈夫なくらい。眉が整うと、こんなにメイクが楽になるのか!」と一様に驚かれるそう。 実は、眉の周りをクールダウンしている間に、オプションの「鼻ケア」も(¥2500)お願いしちゃいました。 施術前、井村さんに 「パック前の鼻にも触れてみてくださいね〜。終わった後、びっくりしますよ!」 と言われワクワク。まずワックスで不要な角質や角栓、さらに目に見えないうぶ毛までオフ。これも全然痛くない。はがした後にワックスを見せてもらいましたが、うぶ毛に角栓、とにかく“いちご鼻”の要因となるモノがびっしりで戦慄! ワックスの後は海洋成分配合のパックでうるおいを。メントールの清涼感とともに肌をやさしくクールダウン!あっという間なのに、終わった後の鼻はツルッツル!!!触れた瞬間、思わず「気持ちいい!」と叫んでしまいました。本当にいつまでも触っていたいくらいツルスベ、ピッカピカの鼻に大満足。これはファンデーションのノリも絶対良くなる! ぜひおすすめしたいオプションです。施術の後はレッスンタイム。井村“先生”が書いてくれた眉をお手本に、まさに手取り足取りの真剣レッスン。 「パウダーはこの向きで、置くように……」 プロの技を見逃さないように、めっちゃ真剣ですね、私。 今までの眉の“描き方グセ”が出て、先生が添えてくれた手についつい逆らって動いてしまう。習慣って恐ろしい。 でも、トリートメントを受けると毎回レッスンが受けられるので、回を重ねるごとに皆さん、ぐんぐん腕が上がるそう。描きあがったら、アイブロウジェルで毛流れを整えてフィニッシュ!ジャーン、完成! 分かりやすいよう、施術前後の写真を並べてクローズアップしてみましょう。余分な毛をワックスで産毛もろとも取り去ることで、もやっと中途半端だった眉のフォルムがくっきり。日に当たっていない肌が眉の周囲に現れることで、眉ハイライトを入れたような効果もあるそう。 横から見ると、なお完璧。眉山の美しさ、そして眉尻を下げすぎないことで、たるんだ顔立ちもシャープに! 横顔にも自信が出ますね。アイブロウトリートメントを受けてから、手放せなくなっているのがこちらの「ハイライティング DUOペンシル」(全2色・各¥2800)。名前のとおりシマー&マット、デュアルタイプの眉用ハイライトです。マットを眉の上下にいれると、眉周りの肌がさりげなくワントーンアップし立体感ある美眉に。眉描きに慣れるまでのガイドラインとしても大活躍。とっても柔らかく、肌なじみが良いんです。自分の眉にお悩みの皆さん、ぜひ「アナスタシア」のアイブロウトリートメントへ。“今の自分”にぴったり合う、ベストオブベストな眉を見つけられますよ!●「アナスタシア」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • 「MAQUIA」3月号の表紙を飾る水原希子さん。昨年、アジア人初のディオール ビューティ アンバサダーに就任した他、今やその活躍はグローバル。そんな、世界基準の視点で見つめる“ビューティ”とは――。間近に見たピーターの 肌作りはまさに未体験でしたPROFILE 1990年10月15日生まれ。10代からモデルとして活躍。映画『ノルウェイの森』で世界的注目を浴び、その後女優としての活動も広がってゆく。自身のアパレルブランド『OK』のプロデュースも話題に。現在はTBS日曜劇場『グッドワイフ』(毎週日曜、21:00~)に出演中。 About KIKO×Dior Make-up Q 最近のセルフメイクについて教えてください A 肌の気になる部分を部分的にカバーして、ハイライトはマスト基本はTPOに合わせるようにしているんですけど、普段の肌はディオールの“フィックス イット カラー”か“ディオールスキン フォーエヴァー コンシーラー”で気になるところをカバーしています。あとは大事なのがハイライト! ほんの少し光を加えるだけで格段に顔を立体的に見せてくれるので、必ず入れるように。SNS映えもするし(笑)。コントゥアも含めて、今まで海外で主流だったテクニックが日本でもメジャーになってメーキャップの幅がとても広がりましたよね。個人的に日本はフェミニンだったり可愛さを大事にしている気がしていて、海外は陰影を加えたセクシーさを意識しているのが違うところかな?と思っています。 Q ピーター・フィリップスとのセッションの感想は?A 何度も何度も何度も薄~くのせて作るベースメイクに感激!ディオールのメイクアップ クリエイティブ&イメージディレクター、ピーターとの撮影で印象的だったのは肌の作り方! とにかくファンデーションを何度も何度も薄~くレイヤーしていくんです。あんな塗り方は今まで一度も経験したことがなくて、実際に見ていても「何されているんだろ!?」って感じでした。仕上がった肌も本当に美しくて、もう、職人ですよね。(昨年4月東京で開催された)『Dior,THE ART OF COLOR展』でセルジュ・ルタンスのムービーの前で釘付けになっていたときに話しかけられて、「いつかセルジュ・ルタンスをテーマに撮影をしたいね」と言ってくれて。早く実現しないかな!?ってワクワクしています。MAQUIA3月号撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル) ヘア/白石りえ メイク/佐伯裕介〈eight peace〉 スタイリスト/小蔵昌子〈Y's C〉 モデル/水原希子 取材・文/森山和子【MAQUIA3月号☆好評発売中】
  • 「MAQUIA」3月号の付録、ぷにぷにシリコンパフの使いこなしテクを、美肌作りの天才・中野明海さんがレクチャー。シリコンパフを使えば、軽やかで澄んだツヤ肌がいとも簡単に作れます!指のようなぷにぷにパフがあれば 美肌レベルがぐんっとアップする「このシリコンパフって、ぷにぷにと柔らかくってシワが寄って、まるで指みたいなの。ファンデーションが筋になることなく、すす~ときれいに伸びるし、細かい部分まで小回りが利くし、パッティングするとツヤが増すし、使いこなせばベースメイクスキルがぐんとアップします。しかも、シリコンでファンデーションを吸い込まないから、衛生的に使えて無駄もない。イイコトずくめなんです」 ― Akemi Nakanoヘア&メイクアップアーティスト 中野明海さん おしゃれかつ視線が止まるドラマティックさが覗くメイクを提案し、時代を牽引し続けるアーティスト。手がけた女優やアーティストはスター階段を駆け上がるとの評判。USE IT!a 肌悩みはしっかりカバーしながらも、生っぽいツヤでいきいきとしたリアルな肌を演出するクッションファンデーション。SPF25・PA+++ クレ・ド・ポー ボーテ タンクッションエクラ 全6色 各 ¥9000/資生堂インターナショナルb ほんのりピンクがかったノンパールなクリーム質感で、ピュアな血色頬に。マルチペイントカラーズ 01¥3000/RMK Divisionc 濡れたようなみずみずしい輝きと透明感が秀逸なハイライト。さっと塗るだけで、さりげない立体感が増す。ボーム エサンシエル スカルプティング ¥5500/シャネル1 クッションファンデーションを、パフの尖った部分の約1/2に垂直に叩くようにつける。2 顔の広い面は、内から外に向かって一気にすす~となじませる。力を入れないのが正解!もっと見る >MAQUIA3月号 撮影/天日恵美子(モデル) Kevin Chan(物) ヘア&メイク/中野明海 スタイリスト/小川夢乃(モデル) モデル/スミス 楓 取材・文/中島 彩(MAQUIA) 構成/木下理恵(MAQUIA) 【MAQUIA3月号☆好評発売中】
  • 最新のマダムスナップから、編集部でも覚えておきたいキーワードを発掘。今回は、マダムたちが愛用するバッグをパパラッチ! ハイブランドのアイコンバッグがおしゃれのカンフル剤になっていた。1.フランチェスカ(イベントオーガナイザー・ミラノ)バーバリーのストライプリボンのレンチコートをまとったマダム。洗練されたベージュカラーの、フェンディのラージサイズのピーカブーが品よくマッチ。ダミアーニのブレスレットや、レ・シーラの白ブーツなど小物使いも印象的。2.パオラ(主婦・ミラノ)スパンコールのブルゾン×白デニムに合わせたプラダのミニショルダー。ピンクのサイドラインがチャーミング3.カッミラ(ファッション関係・ミラノ)赤いバッグは最新のセリーヌ! いち早く手にしていた他の画像を見るeclat2月号掲載 [パリ]撮影/Mari Shimmura コーディネート/Mami Okamoto [ミラノ]撮影/Marco Bertoli コーディネート/Akane Takadama 取材・文/松井陽子
関連キーワード

RECOMMEND