[富岡佳子private life] 今、欲しい暮らしのモノ、コト

Web eclat
ずっと探していたシルクのパジャマ♡
毒素を取ってくれるんでしょう〜たくさん取って欲しいです笑
シルク素材でもカジュアルで、プラス自宅でメンテナンスができないと現実味がないので今回そこもやっとクリアしました。
撮影は到着した後、パジャマに着替えるという朝からタイムスケジュールが巻き戻しをしたような撮影でした。
関連記事
  • 髪を20cm近くバッサリ切りました!前髪ワンメイク・カラーの対応は福田明子さんへ依頼♡なかなかタイミングが合わず・・昨年夏からカラーや前髪Cutで繋いできていた髪の毛も気付けばロングに!秋冬は湿気も少なく広がりにくかったクセ毛も初夏の気候でボリュームが出やすくなってきました。 20代の頃からお世話になっている担当のapish・CEOの坂巻哲也さんの元へ。長年、本当に丁寧でこだわりあるCutには惚れ惚れしてしまうほどです。そんな坂巻さんとこれから来る梅雨に向けて最適なメンテナンスを相談してきました。特にアラフォーは、髪質やフェイスラインなど見た目も変化しやすいので・・若い頃とは違い毎回バージョンアップが必要なお年頃。 前髪を作っても若作り的に痛くならないようにするには、大人っぽい縦のラインをKeepしつつ、リフトアップを狙うなら小顔効果で顔まわりに髪を沿わせてフェイスラインをカバーするスタイルもおすすめ。また、髪の水分量が減って艶が減っていくので、定期的なトリートメント(自宅ケアでもリンスではなく毎日トリートメントでもOK!)さらに、白髪問題もあるのでカラーを少しでも長く持続させるためにはグロスカラー(ヘアマネキュアでのコーティング)が最適です。 目指すは艶とハリのある年齢を重ねても魅力的なヘアスタイル。サロンでは最後に表面から飛び出る毛先もまんべんなく時間をかけてCutしていただいています。このひと手間がものすごく印象が変わるケア! ヘアスタイルや髪質などが与える印象は年々強いと感じます。無理のない落ち着きのある上品な清潔感と好感度UPを目指して、できる範囲でサロンと自宅ケアを楽しみたいと思います。 美女組No.70Keiのブログ
  • アラフィー世代の絶望の的、美容ジャーナリスト・安倍さん&美容エディター・松本さんに美貌の秘訣を徹底取材! それぞれが欠かさず通っているメンテナンスは?Q.プロにゆだねるメンテナンスは?安倍/中目黒『カスタリア』で小顔&リフトアップ「1カ月に1回はボディとフェイシャルのエステに行き、プロにリセットしてもらってます。『カスタリア』の『ストレスアイズ』コースがお気に入りですが、眼精疲労にもいいですし、リフトアップ効果もすばらしい」 ●カスタリア 住所非公開 kastaria.iwatani@gmail.com 10:00 ~ 17:00 不定休(火・日曜は代官山にて出張勤務)松本/青山『AMATA』でヘアメンテナンス「月に1回必ず通っているのがヘアサロン『AMATA』。毎回、メニューは全部お任せしているのですが、私の髪ってここまでイケるっていう最高にきれいな状態を確認できるのがうれしいし、セルフケアの励みにも」 ●AMATA 東京都港区南青山6の4の14 INOX AOYAMA 5F ☎03・3406・1700 11:00 ~ 21:00(日曜、祝日10:00 ~ 19:00) ㊡火・水曜安倍佐和子さん 出版社で美容誌の編集者を長年経験。現在は、フリーランスとして、雑誌や広告ほか、Instagramでも人気を博し、高い発信力をもつ。メイクからスキンケア、医療美容、ホリスティック系まで、幅広い美容分野に精通。 松本千登世さん 航空会社の客室乗務員、広告代理店勤務を経て、出版社にて雑誌の編集作業に携わるようになる。現在は、フリーのエディターとして、鋭い審美眼と温かい視点で女性の魅力を分析し、世の女性にきれいになるヒントを発信。>>「ビューティ界2大美女のセルフ美容」はこちらから取材・文/中島 彩 ※エクラ6月号掲載
  • Barとやらへ…焼肉からのホテルのBarに行ってみました! ソワソワしかない私たち。笑 でも、海外ロケの後の打ち上げのようななんだか不思議な気分で刺激的な夜でした。
  • 2019FW Collection最近はエターナルな魅力にハマっています。 お年頃ですかね?! シンプルを目指すために必要な削ぎ落とす作業の中に、今でも新しい発見が多々あります。 この年齢になってもやっぱりファッションは楽しいです♡
  • ゲーマーRichieの場合 小さい頃、兄が遊んでいた「スーパーファミコン」に影響を受け、すっかりゲームの虜になったリッチー。それ以来、名作を研究することはもちろん、新しい作品にも挑戦し、あらゆるゲームに熱狂してきた。最近は、配信サイト「Steam」でインディーゲームをダウンロードして、パソコンで遊ぶことが多い。個性的な作品が揃っているため、定期的にチェックすることが欠かせない。お気に入りの作品は「俺の屍を越えてゆけ」。休日は友人と一緒にゲームの試遊会に参加したり、ゲームセンターで過ごすことが多い。クリアするために集中しすぎて、夜更かしをしてしまうため、翌日は寝不足ぎみになることもしばしば。ゲームを生活の中心に据えているので、プレイしやすいゆったりとしたシルエットを好む。グレーなど落ち着いた色みの服がワードローブのメイン。 服にも冒険心を忘れずに 復刻版の「ニンテンドークラシックミニスーパーファミコン」でゲームをするリッチー。プレイをしていると、懐かしくなって幼少期に遊んだカセットを取り出し、つい思い出に浸ってしまう。自室でゲームに集中したいときには、エフォートレスなノースリーブドレスがぴったり。シンプルながらも全身を覆うブランドロゴが印象的だ。体をやさしく包み込むため、着心地も抜群。柔らかなパジャマパンツの柄を、ドレスの片サイドに入るスリットからちらりとのぞかせて。 ドレス¥185,000/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ) パンツ¥7,000/ジャンティーク ハンズフリーなバッグと「クリア」に向かって一直線 ゲームセンター「ミカド」にあるシューティングゲームに夢中な彼女。屋外でゲームをするときに欠かせないのが両手を自由に使えるメッセンジャーバッグだ。色鮮やかなバッグのストラップがレトロなゲーム画面のカラーリングとマッチする。ポロシャツに着想を得たシルクシャツとパンツを合わせ、リラクシングながらもエレガントなスタイルに。シャツ¥107,000・パンツ¥141,000・バッグ〈W30.5×H25.5×D15〉¥215,000/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ) スカーフ¥11,000/ショールーム ウノ(セラピス) 最先端ゲームも果敢にトライ。小物使いは大胆に この日は最新機器が揃う渋谷の「VR PARK TOKYO」へ。戦場でモンスターと戦う剣撃VRアトラクションに挑戦する。ハードな動きにも対応できるサルエルパンツ型のオールインワンを選んだ。大輪の花をかたどったスカーフとフューチャリスティックなムードを加速するスニーカー「エクリプス」をアクセントに。 オールインワン¥40,000/エンフォルド スカーフ(参考商品)/マーク ジェイコブス カスタマーセンター(マーク ジェイコブス ) スニーカー¥81,000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー) >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら  >>ロボットアニメフリークJunliの場合
  • わんぱくサンドイッチトマト・レタス・お肉がサンドされてて、 たまらない美味しさ! このサンドイッチを嫌いな人はいないはず! かぼちゃのスープもかぼちゃがゴロゴロ入っていて、 ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱コトごはん鶏肉とサラダとご飯でバランス良く! 彩が綺麗で目もお腹も満足間違いなし!☝ ️lunch menudinner menusweets menuOPEN [月〜土] 11:30 - 23:00 (22:30 L.O) [日・祝日] 11:30 - 22:00 (21:30 L.O)最寄駅 JR新宿東口より徒歩8分 新宿三丁目駅E2より徒歩2分 東新宿駅A1より徒歩8分 住所 〒160-0022 東京都新宿区新宿5-17-6 中田ビル2F アンティーク家具に囲まれた隠れ家的な雰囲気でゆっくりとした時間を過ごせる 店内にはゆったりとくつろげるソファー のんびり過ごしたい方にオススメ!! ひとりでも大人数でのパーティーにも! さらに詳しく知りたい方はHPをチェック✦koto cafe HPカワイイ選抜 No.87 山本愛香のブログ
  • 休日ちらっとお茶でも…ということから徐々にお食事→パンケーキ→最後には乾杯していました。笑友とはトークがエンドレス。。。
  • 「MAQUIA」6月号で連載中の『美女子ネタ』から、いま気になるファッションアイテムをピックアップ。夏に活躍間違いなしのおしゃれグッズが大集合!美女子ネタとろみある素材が魅力的な「Tani」ルームウェア最上級の素材と着心地、シンプルなデザインで世界で人気のアンダーウエアブランド「Tani」のルームウエアは、とろみのある滑らかな肌ざわりで、伸縮性も抜群。ローズプリントの新作パジャマは、誰かに見てもらいたくなるほどの可愛らしさ。ローズプリントルームウエア ¥12700/タニ ジャパン(タニ)機能的かつ洗練されたデザインのかごバッグに♥2014年にスタートした、マイアミを拠点とするブランド「ARTESANO」。エクアドルで手作りされたアイテムの数々は、世界中のセレブリティやインフルエンサーから熱狂的に支持されている。今年はかっちりしたかごバッグに大注目が。トートバッグ(H30×W33×D10cm)¥27000/アマン(アルテサーノ)もっと見る >MAQUIA6月号撮影/小川久志 スタイリスト/古田千晶 取材・文/佐藤 梓 構成・文/木下理恵(MAQUIA)【MAQUIA6月号☆好評発売中】
関連キーワード

RECOMMEND