塩こしょうで肉のうま味を味わう! 豚肉とかぶの鍋【絶品鍋レシピ28days】

Web eclat

“2〜3品の素材で作るシンプル鍋”

「家庭のごはん作りでは、味はもちろん、栄養価も大切。鍋なら、タンパク質に野菜2〜3 種類を組み合わせれば完璧ですね」(ウーさん)。食材の味ひとつひとつがきわだち、食材から出るだしの味でおいしく仕上がる。

豚肉とかぶの鍋

肉のうま味を味わいたいから豚肉は厚切りを。かぶは葉も実も丸ごと使って。塩とこしょうだけで優しい仕上がりに。
材料(2人分)
豚肉(しょうが焼き用).............................6枚
かぶ......................................................4個
黒粒こしょう...........................................15粒
粗塩......................................................小さじ1/3
酒.........................................................大さじ2
水........................................................2カップ
太白ごま油.............................................大さじ1
作り方

1.かぶの葉は5㎜長さに切り、実は皮ごと繊維に沿って薄切りにする。粒こしょうは粗くつぶす。

2.鍋に太白ごま油を入れて中火で熱し、豚肉を両面焼く。色が変わったら、かぶの葉を入れて炒める。香りがたったら、酒、こしょうを加えてざっと合わせ、水を注ぎ入れ、ふたをして弱火で5分煮る。

3.2にかぶの実を加えて2 〜3分煮て、粗塩で味をととのえる。

鍋奉行ポイント
かぶは丸ごと全部使う。実を薄くスライスすれば、すぐに煮上がる。葉は細かく刻んで、さっと火を通す。薄切りのかぶの優しい甘味がしみじみと味わえる。
教えてくれたのは……
料理家 ウー・ウェンさん
北京生まれ。中国の文化や暮らしの知恵を幅広く紹介。素材の持ち味を生かしたシンプルな料理が大好評。「冬は体の温まる素材を使ってお鍋にします」。
撮影/三木麻奈 スタイリスト/大畑純子 ※エクラ2019年2月号別冊掲載
関連記事
  • 寒いこの時季、重宝するのがスープ。朝に食べたい一日の活力になるものと、夜に食べたい一日の疲れを癒すものを、料理研究家のワタナベマキさんに教わりました! 今回は、貧血ぎみの朝に食べるべき一杯と、罪悪感なく食べられる夜にぴったりのレシピをお届け★●教えてくれたのはワタナベマキさん料理研究家。手際よく、しみじみするほどおいしく、心身ともに満足できる料理を提案。著書は『じゃがいも×ワタナベマキ=食感』『旬菜ごよみ365日』(2冊とも誠文堂新光社)など多数貧血ぎみの朝には! 「かぶとミックスビーンズのチャウダースープ」寒くても眠くても、ささっと作れる10分レシピ。女子が抱えがちなお悩みをレスキューしてくれる具をたっぷり入れたスープだから、たったひと皿で食べごたえも栄養もバッチリ☆ 鉄分豊富なミックスビーンズとベーコンでボリュームもUP。 材料(1人分)かぶ……………………………1個(100g)ベーコン……………………………… 30gミックスビーンズ(水煮缶詰またはドライパック)…………………………… 50gオリーブ油………………………小さじ1牛乳………………………………… 150㎖塩…………………………………小さじ¹⁄₄粗びき黒こしょう……………………少々パセリ(みじん切り)………………少々【A】 白ワイン…………………………大さじ1水…………………………………… 100㎖作り方❶かぶは皮つきのまま2㎝角に、ベーコンは1㎝角に切る。❷鍋にオリーブ油とベーコンを入れ、ベーコンから脂が出るまで中火で炒める。❸かぶとミックスビーンズを加えてさっと炒め、Aを加えてひと煮立ちさせ、アクを取る。弱火にし、ふたをして約5分煮る。❹牛乳、塩、黒こしょうを加え、煮立つ直前で火を止め、パセリを振る。肌がくすんでると感じたら、「ツナとセロリのトマトスープ」ビタミンCたっぷり&くすみの原因となる糖質控えめの野菜をチョイスして、くすみがちな肌にアタック。材料(1人分)ツナ(水煮缶詰)……………………… 75gセロリ……………………………………¹⁄₃本玉ねぎ……………………………………¹⁄₄個トマト(中)……………………………1個かぼちゃ………………………………… 80gオリーブ油…………………………小さじ1塩……………………………………小さじ¹⁄₄粗びき黒こしょう………………………少々【A】白ワイン……………………………大さじ1水…………………………………… 200㎖作り方❶セロリはすじを取って小口切りに、玉ねぎとトマトは1㎝角に、かぼちゃは4㎝角に切る。❷鍋にオリーブ油を入れ、セロリと玉ねぎを加えて中火で透き通るまで炒める。❸かぼちゃを加えてさっと炒め、トマト、A、ツナ缶詰を汁ごと加えてひと煮立ちさせ、アクを取る。弱火にし、ふたをして約7分煮たら、塩、黒こしょうを加える。罪悪感のないヘルシーさ! 「鶏肉とキャベツのサワースープ」ヘトヘトで帰宅した時、温かいスープがあればそれだけで幸せ♡ 美力を上げる鶏肉と胃腸に優しいキャベツのコンビは、疲れを吹き飛ばし、代謝を上げて体をじんわり温め、翌朝にもひびかない。もの足りない時はご飯など炭水化物を投入!材料(1人分)鶏もも肉………………………………120gキャベツ………………………………3枚玉ねぎ…………………………………¹⁄₄個にんにく……………………………¹⁄₂かけオリーブ油………………………小さじ1塩…………………………………小さじ¹⁄₃粗びき黒こしょう……………………少々【A】白ワイン…………………………大さじ2酢………………………………大さじ1¹⁄₂水………………………………… 300㎖作り方❶鶏もも肉は好みで皮を取り除き、食べやすい大きさに切る。❷キャベツは細切り、玉ねぎは繊維にそって薄切りにする。❸つぶしたにんにくとオリーブ油を鍋に入れ、中火にかける。香りが立ったら①を入れ、表面に焼き目をつける。❹さらに②、Aを加えてひと煮立ちさせたらアクを取り、弱火にして約10分煮る。塩、黒こしょうを加え、味を調える。カリカリに焼いた食パンを細長くカット。スープに浸して召し上がれ便秘がちの朝には「さつまいもとブロッコリーのレモンスープ」食材の中でも、食物繊維がトップクラスのさつまいもとブロッコリーを入れ、便秘がちなおなかにパンチ!材料(1人分)さつまいも……………………¹⁄₃本(100g)ブロッコリー……………………………¹⁄₄個玉ねぎ……………………………………¹⁄₄個レモン(輪切り)………………………2枚【A】 白ワイン……………………………大さじ1水……………………………………… 300㎖【B】塩……………………………………小さじ¹⁄₄レモン(しぼり汁)………………大さじ1作り方❶さつまいもは皮つきのまま乱切りにする。ブロッコリーは小房に分け、ざく切りにする。玉ねぎは繊維にそって薄切りにする。❷鍋にさつまいもと玉ねぎ、Aを入れ、中火にかける。煮立ったら弱火にし、ふたをして約7分煮る。❸ブロッコリーを加え、さらに3分煮てBを加え、仕上げにレモンをのせる。作り方❶さつまいもは皮つきのまま乱切りにする。ブロッコリーは小房に分け、ざく切りにする。玉ねぎは繊維にそって薄切りにする。❷鍋にさつまいもと玉ねぎ、Aを入れ、中火にかける。煮立ったら弱火にし、ふたをして約7分煮る。❸ブロッコリーを加え、さらに3分煮てBを加え、仕上げにレモンをのせる。食欲がない朝は、「鳥ひき肉ときのこカレー豆乳スープ」食欲がない朝でも、スパイシーなカレー粉の香りが食欲を刺激! きのこたっぷりでヘルシーなのも◎。材料(1人分)鶏ひき肉………………………………… 80g長ねぎ……………………………………12㎝しいたけ…………………………………2枚えのきだけ……………………………… 30gごま油……………………………………少々カレー粉……………………………小さじ1みそ…………………………………大さじ1豆乳…………………………………… 200㎖しょうが(すりおろし)…………小さじ¹⁄₃【A】 酒……………………………………大さじ1水……………………………………… 120㎖作り方❶長ねぎは斜め薄切りにする。しいたけは石づきを取って4等分に、えのきだけは石づきを取って2㎝長さに切る。❷鍋にごま油を入れ、カレー粉と鶏ひき肉を加えて色が変わるまで中火で炒める。❸①を加え、全体がしんなりするまで炒め、Aを加えてひと煮立ちさせてアクを取る。❹弱火にし、ふたをして約6分煮る。みそと豆乳を加えたら煮立つ直前で火を止め、しょうがをのせる。二日酔いの朝は、「大根と油揚げの梅スープ」肝機能を高める梅干しと、デトックス作用のある大根で回復スープに。材料(1人分)大根……………………………5㎝(100g)油揚げ……………………………………¹⁄₂枚雑穀…………………………………大さじ2しょうゆ……………………………小さじ1白いりごま…………………………小さじ1【A】梅干し……………………………………1個だし汁………………………………… 300㎖酒……………………………………大さじ1作り方❶皮をむいた大根は5㎜厚さの半月切りに、油揚げは三角形に切る。雑穀はさっと洗い、約10分ゆでる。❷鍋に①、Aを入れ、梅干しを軽くほぐして中火にかける。煮立ったら弱火にし、ふたをして約7分煮る。❸雑穀を加えてさっと煮て、しょうゆ、白いりごまを加える。冷えたカラダに染みわたる♡ 「豚ときのこのジンジャースープ」きのこ、しょうが、豚肉の体温め食材を、とろみスープとからめて。材料(1人分)豚ロースしゃぶしゃぶ用肉……… 80gエリンギ……………………………1本しめじ……………………………… 30g白菜………………………………… 80g【A】 酒…………………………大さじ1だし汁……………………… 300㎖しょうゆ…………………小さじ2【B】塩…………………………小さじ¹⁄₄しょうが(すりおろし)…小さじ¹⁄₂【C】 かたくり粉………………小さじ1水…………………………小さじ2作り方❶エリンギは縦半分にし、5㎜幅に切る。しめじは石づきを取ってほぐす。白菜は繊維を断ち切るよう1㎝幅に切る。❷鍋にAを入れ中火にかける。煮立ったら①を入れ、ひと煮立ちさせる。❸豚肉を1枚ずつ加えてアクを取り、火が通ったら弱火にしてBを加える。❹合わせたCを加えてひと煮立ちさせ、とろみをつける。口さみしい時はホカホカのご飯を加えても!食べ応え抜群! 「ほうれん草の黒ごま坦々スープ」身近な調味料のかけ合わせで本格派の味に。疲労回復効果もバツグン!材料(1人分)豚ひき肉…………………………… 80gほうれん草…………………………3株長ねぎ………………………………12㎝しょうゆ………………………小さじ2塩………………………………小さじ¹⁄₄黒すりごま……………………大さじ2【A】にんにく………………………¹⁄₂かけトウバンジャン……………小さじ¹⁄₂ごま油……………………………少々【B】酒……………………………大さじ1水……………………………… 300㎖作り方❶沸騰した湯にほうれん草を入れ、約1分ゆでてざるに上げる。水にさらしたら粗く刻む。長ねぎは斜め薄切り、にんにくは薄切りにする。❷鍋にAを入れ、中火にかける。香りがたったらひき肉を加え、肉の色が変わるまで炒め、長ねぎを加える。❸長ねぎがしんなりしたらBを加えひと煮立ちさせ、アクを取って弱火にし、ふたをして約5分煮る。❹ほうれん草、しょうゆ、塩を加えてさらにひと煮立ちさせ、黒すりごまを加える。のどごしのいい春雨は、約3分ゆでて水気をきって加えてクセになる味わい★ 「タラと大根と酒かす汁」発酵食品として話題の酒かすレシピに挑戦。高たんぱく、低脂肪のタラを主役に。材料(1人分)タラ(切り身)…………………1切れ大根…………………………4㎝(60g)玉ねぎ………………………………¹⁄₄個ごぼう………………………………10㎝七味唐辛子…………………………少々【A】 酒…………………………大さじ1だし汁……………………… 300㎖【B】酒かす……………………大さじ1みそ………………………大さじ1作り方❶大根は7~8㎜厚さのいちょう切りに、玉ねぎは2㎝角に、ごぼうは5㎜幅の斜め切りにする。❷鍋に①、Aを入れて中火にかけ、ひと煮立ちさせてアクを取る。弱火にし、ふたをして約8分煮る。❸タラはキッチンペーパーで表面の水気をしっかりふき、②に加えてアクを取りながら約5分煮る。❹Bに鍋の煮汁(大さじ3)を入れてよく混ぜ、鍋に戻し入れる。煮立つ直前で火を止め、七味唐辛子を振る。袋の表示どおりにゆでて湯をきったそうめんと好相性!本格派! 「アサリと豆苗のスンドゥブ」スタミナ食材のアサリや豆腐、豆と野菜の栄養素をあわせ持つ豆苗をたっぷり!材料(1人分)アサリ(水煮缶詰)……小1缶(125g)長ねぎ………………………………15㎝豆苗……………………………¹⁄₃パック絹ごし豆腐…………………………¹⁄₃丁にんにく…………………………¹⁄₂かけコチュジャン…………………小さじ¹⁄₂みそ……………………………小さじ1【A】 酒…………………………大さじ1水…………………………… 250㎖作り方❶鍋にアサリ缶を汁ごと加える。2㎝長さの輪切りにした長ねぎ、薄切りにしたにんにく、Aを加えて中火にかける。❷煮立ったら弱火にし、コチュジャンを加えて溶かし、ふたをして約5分煮る。❸根を切った豆苗とスプーンですくった豆腐を加えてひと煮立ちさせ、みそを加えて溶かす。炊いたご飯を加えると、韓国版おじやに大変身☆取材・原文/広沢幸乃 撮影/加藤新作 スタイリスト/曲田有子 料理製作/ワタナベマキ
  • 体が温めるラム肉を、さわやかなピリ辛ダレでいただく“ラムときのこの香草しゃぶしゃぶ”のレシピを料理家の冷水さんがご提案。“香り豊かな、和み鍋”香草やスパイス、和の薬味使いに、目からウロコのアイデアが満載。 「シンプルな鍋も、スパイシーな辛味やさわやかな香りなどで目新しい味わいに。最後のスープまでおいしくいただけることを心がけています」(冷水さん)。 冷水さんのセルフスタイリングでご紹介。>>冷水さんの鍋THEORYはこちらラムときのこの香草しゃぶしゃぶ体が温まるラム肉を、ハーブの香りあふれるしゃぶしゃぶに。さわやかなピリ辛ダレで箸が止まらないおいしさ。材料(2~3人分)ラム肉(しゃぶしゃぶ用).............................300g しいたけ...................................................6 個 舞茸........................................................1パック 好みのハーブ(ミント、香菜、ディルなど)......適量 エスニックダレ 香菜(みじん切り)...................................3株分 しょうが(みじん切り).............................1片分 青とうがらし(みじん切り)........................1本分 ナンプラー、水....................................... 各大さじ2 酢、ライム汁.......................................... 各大さじ1 砂糖......................................................小さじ2 A 水........................................................1ℓ 酒........................................................100㎖ レモングラス(小口切り).........................2本分 しょうが(薄切り).................................1片分 香菜の根(あれば).................................3株分作り方1.しいたけは石づきをとって厚めにスライスし、舞茸はほぐす。ハーブ類は食べやすい大きさにちぎる。 2.エスニックダレの材料をすべて混ぜ合わせる。 3.鍋にAを入れて火にかける。煮立ったら各自が1を適宜入れながらラム肉をしゃぶしゃぶし、エスニックダレにつけていただく。鍋奉行ポイント数種類のハーブ使いがポイント。レモングラスや香菜の根などでベースのハーブだしを作り、香菜、ミント、ディルは具として使う。具に使うハーブは好みのものでOK。教えてくれたのは……料理家 冷水希三子さん 雑誌、書籍、広告などで活躍する料理家。京町家ホテルの朝食のプロデュースなども。センスのいいスタイリングも人気。http://kimiko-hiyamizu.com/>>「絶品鍋レシピ28days」をもっと見る撮影/伊藤徹也 取材・文/海出正子 ※エクラ2019年2月号別冊掲載
  • 寒~い夜や、なんだか疲れがとれない時、飲み会が続いた後……。そんな時におすすめなのがスープ♡ 体が温まって手軽にパワーチャージできるスープレシピを、話題の料理研究家・ワタナベマキさんに教わりました。●教えてくれたのはワタナベマキさん料理研究家。手際よく、しみじみするほどおいしく、心身ともに満足できる料理を提案。著書は『じゃがいも×ワタナベマキ=食感』『旬菜ごよみ365日』(2冊とも誠文堂新光社)など多数クセになる味わい★ 「タラと大根と酒かす汁」発酵食品として話題の酒かすレシピに挑戦。高たんぱく、低脂肪のタラを主役に。材料(1人分)タラ(切り身)…………………1切れ大根…………………………4㎝(60g)玉ねぎ………………………………¹⁄₄個ごぼう………………………………10㎝七味唐辛子…………………………少々【A】 酒…………………………大さじ1だし汁……………………… 300㎖【B】酒かす……………………大さじ1みそ………………………大さじ1作り方❶大根は7~8㎜厚さのいちょう切りに、玉ねぎは2㎝角に、ごぼうは5㎜幅の斜め切りにする。❷鍋に①、Aを入れて中火にかけ、ひと煮立ちさせてアクを取る。弱火にし、ふたをして約8分煮る。❸タラはキッチンペーパーで表面の水気をしっかりふき、②に加えてアクを取りながら約5分煮る。❹Bに鍋の煮汁(大さじ3)を入れてよく混ぜ、鍋に戻し入れる。煮立つ直前で火を止め、七味唐辛子を振る。袋の表示どおりにゆでて湯をきったそうめんと好相性!本格派! 「アサリと豆苗のスンドゥブ」スタミナ食材のアサリや豆腐、豆と野菜の栄養素をあわせ持つ豆苗をたっぷり!材料(1人分)アサリ(水煮缶詰)……小1缶(125g)長ねぎ………………………………15㎝豆苗……………………………¹⁄₃パック絹ごし豆腐…………………………¹⁄₃丁にんにく…………………………¹⁄₂かけコチュジャン…………………小さじ¹⁄₂みそ……………………………小さじ1【A】 酒…………………………大さじ1水…………………………… 250㎖作り方❶鍋にアサリ缶を汁ごと加える。2㎝長さの輪切りにした長ねぎ、薄切りにしたにんにく、Aを加えて中火にかける。❷煮立ったら弱火にし、コチュジャンを加えて溶かし、ふたをして約5分煮る。❸根を切った豆苗とスプーンですくった豆腐を加えてひと煮立ちさせ、みそを加えて溶かす。炊いたご飯を加えると、韓国版おじやに大変身☆関連記事: 朝のプチ不調&夜の疲労回復に! 美味しくて元気が出る、簡単スープレシピ❤便秘がちの人&肌のくすみが気になる人に! 野菜たっぷり簡単スープレシピ!二日酔いの朝やダルい朝におすすめ! やる気が出る豆乳スープ&梅スープレシピ!寒い夜に体が芯からあったまる♡ ジンジャースープ&黒ごま坦々スープレシピ! ♡2月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・原文/広沢幸乃 撮影/加藤新作 スタイリスト/曲田有子 料理製作/ワタナベマキ
  • 鬼怒川など温泉も豊富な栃木県は、いちご生産量日本1位を誇ることでも知られています。 「星野リゾート 界」では、県内に3ヵ所ある施設で、この季節ならではの「温泉旅館でいちごを存分に味わえる“いちご滞在”」を楽しめるプランが登場しました。 子どもも大人も楽しめるスイーツやワークショップなどを施設ごとにご紹介します。 界 川治(川治温泉) 「里山いちご滞在プラン」 里山の日常生活に根付いた「里山の知恵」を活かしたおもてなしが人気の『界 川治』では、1日1組限定で楽しめる、贅沢ないちご三昧のプランが用意されました。 敷地内の庭にある水車小屋でチェックイン。小屋の中には、地元のいちご園で作られた、とちおとめの「いちごのプランター」が用意されていて、ウェルカムスイーツとして自分の好きなものをプランターから収穫! 採れたてのいちごを存分に味わえます。 夕食後のお楽しみは、自分で焼いた生地にあんこと生クリームといちごを使って作る「どら焼き作り」の体験。できたてのどら焼きは、いちごのジューシーさと甘酸っぱさをさらに感じられるそう。   翌朝は、いちごの果肉がたっぷり入った「ホットいちごミルク」を飲んだり、きなこ挽き体験をしたりと、栃木の里山気分といちごを満喫できる滞在になりそうです。   界 鬼怒川(鬼怒川温泉) 「民藝いちご滞在プラン」 いちごと民藝品の王国、栃木を堪能できるプランです。 チェックイン後、客室に用意されるのは「いちご3種食べ比べ」。 鹿沼組子を使ったスタンドや益子焼の器には、旬のいちごとスタッフが厳選したいちごスイーツが並びます。いちごは「とちおとめ」、大粒の「スカイベリー」と、輸送が困難なため栃木県でしか味わえない幻の「とちひめ」。いちごのスパークリングワインも用意されていて、まさにいちご天国なひと時を! また、夕食時の特製甘味も、いちごがたっぷり! 紙鍋に赤ワインととちおとめを入れて目の前でくつくつと煮詰め、とろとろと熱いいちごをバニラアイスクリームにかけて食べる大人がうれしいスイーツがお目見え。 生とは違う味わいが楽しめそうですね。 朝は、技術的に難しいと言われた果実の発酵食品化を成功させた「いちごの発酵ドリンク」で、さわやかな目覚めが期待できそう。   界 日光(中善寺温泉) 「絶景いちご滞在」 日光では、中禅寺湖と温泉を楽しみながら、いちごも! というリクエストに応える形で、宿泊した方だけが楽しめる、特別なメニューが用意されています。 冬の時期ならではの絶景、夕陽と雪のコントラストが鮮やかな夕方の時間帯に楽しめるのが、いちごをあたためた羊羹につけて食べる「いちごの羊羹フォンデュ」。地元の製餡所と共に開発した、界 日光オリジナルのスイーツです。 また、中禅寺湖の朝焼けもスタッフ一押しの絶景。その時間におめざとして用意されたメニューが、東照宮にゆかりのある和菓子店の和菓子、旬のいちごの食べ比べと日本酒いちごスパークリング。   どちらも、チェックイン後に申し込めるので、気軽に楽しんでください。 星野リゾート 界では、その土地の文化や味覚を大切にしたおもてなしを心がけていて、それが高い評価につながっています。いちごもその一つ。旬のフルーツを、温泉とともに楽しんでみてはいかがでしょう?    
  • 骨付きの鶏肉とかぶを牛乳でマイルドに包み込み、隠し味にナンプラーを加えた“鶏肉とかぶの牛乳鍋”のレシピを料理家の冷水さんがご提案。最後に黒こしょうでキリッとした辛味と香りを添えて。“香り豊かな、和み鍋”香草やスパイス、和の薬味使いに、目からウロコのアイデアが満載。 「シンプルな鍋も、スパイシーな辛味やさわやかな香りなどで目新しい味わいに。最後のスープまでおいしくいただけることを心がけています」(冷水さん)。 冷水さんのセルフスタイリングでご紹介。>>冷水さんの鍋THEORYはこちら鶏肉とかぶの牛乳鍋骨つきの鶏肉から出たうま味をかぶに吸わせ、牛乳でマイルドに包み込んだ鍋。隠し味はナンプラー! 黒こしょうでキリッとした辛味と香りを。 材料(2~3人分)骨つき鶏もも肉(ぶつ切り) ....................350g かぶ ...............................................2個 水 ..................................................400mℓ A 昆布...............................................10cm角 1 枚 しょうが(薄切り) .............................1 片分 B 牛乳.............................................200mℓ ナンプラー....................................小さじ2 ~大さじ1 粗挽き黒こしょう.............................少々作り方1.鶏肉は熱湯にさっとくぐらせる。かぶは皮をむいて6等分のくし形に切る。 2.鍋にAと1を入れて火にかけ、沸騰したら弱めの中火にしてふたをし、かぶが軟らかくなるまで煮る。 3.Bを加えてさらに5分ほど煮て、仕上げに粗挽き黒こしょうをふる。鍋奉行ポイントエスニック料理によく使うナンプラーを、牛乳に合わせる離れ技レシピ。ナンプラーのうま味や塩気、香りを活用する。ナンプラーは酸化しやすいので、小瓶がおすすめ。教えてくれたのは……料理家 冷水希三子さん 雑誌、書籍、広告などで活躍する料理家。京町家ホテルの朝食のプロデュースなども。センスのいいスタイリングも人気。http://kimiko-hiyamizu.com/>>「絶品鍋レシピ28days」をもっと見る撮影/伊藤徹也 取材・文/海出正子 ※エクラ2019年2月号別冊掲載
  • パンケーキを食べながら女子会をした日常の一コマです。お天気がいいので代官山のカフェでお友達とパンケーキをいただきました。ダイエット中ですが、たまには甘いものを食べたくなります。今日は甘味解禁で女子会を楽しみました。パンケーキと私結構ボリュームのあるパンケーキだったのでシェアすればよかったんですが、小腹がすいていたので2つ注文してしまいました。パンケーキwithフルーツパンケーキは見た目も大事!フルーツが散らばっていて、これぞパンケーキという感じでした。舌で楽しむ前に目でも楽しむ♪お味は、バターが染みておいしかった。食感は外がカリカリ、中がふわふわです。私(左)と北さん(右)親友の北さん(写真右)との女子会は最新の美容事情についてのディスカッションがメインです。化粧品業界にいるので最先端の情報をキャッチしていることが多くい共有できる範囲でいろいろと教えてくれます。やはり持つべきものは友だな!と改めて思いました。 Marisol美女組のブログも読んでいるらしく、アラフォーになったら私もやってみたいと言っていました。美女組の研究生は増えつつあります。パンケーキ&アールグレイ紅茶パンケーキはお紅茶との相性はとてもよく、とてもおいしかったです。 何時間でも過ごせるほどの心地よい空間とおいしいパンケーキとお紅茶で気持ちのいい時間を過ごしました。 たまにはゆっくりした時間を過ごすのもいいものです♪ お店はこちら。みんな知っている有名店ですがリンクをつけておきます。 ↓↓↓↓↓◆IVY PLACE - TYSONS&COMPANY↑↑↑↑↑美女組No.153 エリス宏美のブログ
  • 疲れて帰ってきた夜。そんな時に食べたい、一日の疲れを癒すスープを、料理研究家のワタナベマキさんに教えてもらいました。冷えたカラダを芯から温めてくれるレシピをお届けしますよ♡●教えてくれたのはワタナベマキさん料理研究家。手際よく、しみじみするほどおいしく、心身ともに満足できる料理を提案。著書は『じゃがいも×ワタナベマキ=食感』『旬菜ごよみ365日』(2冊とも誠文堂新光社)など多数冷えたカラダに染みわたる♡ 「豚ときのこのジンジャースープ」きのこ、しょうが、豚肉の体温め食材を、とろみスープとからめて。材料(1人分)豚ロースしゃぶしゃぶ用肉……… 80gエリンギ……………………………1本しめじ……………………………… 30g白菜………………………………… 80g【A】 酒…………………………大さじ1だし汁……………………… 300㎖しょうゆ…………………小さじ2【B】塩…………………………小さじ¹⁄₄しょうが(すりおろし)…小さじ¹⁄₂【C】 かたくり粉………………小さじ1水…………………………小さじ2作り方❶エリンギは縦半分にし、5㎜幅に切る。しめじは石づきを取ってほぐす。白菜は繊維を断ち切るよう1㎝幅に切る。❷鍋にAを入れ中火にかける。煮立ったら①を入れ、ひと煮立ちさせる。❸豚肉を1枚ずつ加えてアクを取り、火が通ったら弱火にしてBを加える。❹合わせたCを加えてひと煮立ちさせ、とろみをつける。口さみしい時はホカホカのご飯を加えても!食べ応え抜群! 「ほうれん草の黒ごま坦々スープ」身近な調味料のかけ合わせで本格派の味に。疲労回復効果もバツグン!材料(1人分)豚ひき肉…………………………… 80gほうれん草…………………………3株長ねぎ………………………………12㎝しょうゆ………………………小さじ2塩………………………………小さじ¹⁄₄黒すりごま……………………大さじ2【A】にんにく………………………¹⁄₂かけトウバンジャン……………小さじ¹⁄₂ごま油……………………………少々【B】酒……………………………大さじ1水……………………………… 300㎖作り方❶沸騰した湯にほうれん草を入れ、約1分ゆでてざるに上げる。水にさらしたら粗く刻む。長ねぎは斜め薄切り、にんにくは薄切りにする。❷鍋にAを入れ、中火にかける。香りがたったらひき肉を加え、肉の色が変わるまで炒め、長ねぎを加える。❸長ねぎがしんなりしたらBを加えひと煮立ちさせ、アクを取って弱火にし、ふたをして約5分煮る。❹ほうれん草、しょうゆ、塩を加えてさらにひと煮立ちさせ、黒すりごまを加える。のどごしのいい春雨は、約3分ゆでて水気をきって加えて関連記事: 朝のプチ不調&夜の疲労回復に! 美味しくて元気が出る、簡単スープレシピ❤便秘がちの人&肌のくすみが気になる人に! 野菜たっぷり簡単スープレシピ!二日酔いの朝やダルい朝におすすめ! やる気が出る豆乳スープ&梅スープレシピ! ♡2月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・原文/広沢幸乃 撮影/加藤新作 スタイリスト/曲田有子 料理製作/ワタナベマキ
  • 認知症の予防のために、OurAge世代の私たちに、今から何ができるかを紹介しています。認知症を防ぐ4つ食べ方ルール1 老廃物の蓄積を抑える 「ホモシステイン」とは、悪玉化したアミノ酸の一種。脳の老廃物で、アルツハイマー病の原因物質であるアミロイドβタンパクや、タウタンパクの蓄積を促します。そんなホモシステインの蓄積を抑えてくれるのが、ビタミンB群の葉酸、ビタミンB6・B12です。葉酸はブロッコリー、ほうれん草、小松菜、チンゲン菜、枝豆などに、ビタミンB6・B12は卵、鶏レバー、豚レバー、サバ、サンマ、カツオなどに豊富に含まれています。葉酸、ビタミンB6・B12は同時に摂取しましょう。2 コゲない体づくり 糖化は、体にコゲを作り老化を促進しながら、じわじわと認知症発症リスクを上げていきます。糖化を抑えること=血糖値を上げない食事をすること。血糖値が上がると脳血管や脳の神経に障害が起きやすくなるので注意が必要です。とるべき栄養素は、糖を代謝する働きを持つビタミンB群。そして食物繊維とタンパク質。炭水化物を食べる前に摂取すると、血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。砂糖たっぷりのスイーツは基本的に避け、「特別な日のごほうび」で楽しんで。3 体のサビと炎症を防ぐ 酸化は体をサビつかせ、炎症は体を守るために自らを傷つけて老化を促進させてしまいます。これらを防ぐために有効な栄養素は、まず良質な油。オメガ3系といわれる亜麻仁油やえごま油、魚油に含まれるDHAやEPAなどです。ほかに、赤ピーマンや柑橘系果物などに含まれるビタミンC、アーモンドやアボカドなどに含まれるビタミンE、カキなどの貝類や牛肉・豚肉に含まれる亜鉛、豆腐や納豆などの大豆食品やわかめ、こんぶなどに含まれるマグネシウムも有効です。4 脳への栄養補給 脳の栄養が不足すると認知機能も低下します。脳に必要な栄養素をしっかり補給しましょう。とるべき栄養素は、青魚などに含まれるDHA、卵黄や大豆食品、レバーなどに含まれるレシチン、大豆、豚レバー、鶏レバー、ほうれん草などに含まれる鉄分、前出のマグネシウム、ビタミンB群です。また、脳を休ませることも大切。パソコンやスマホの使用はほどほどにして、脳に余計な情報を入れない。自分なりのリラックス法を見つける。質のいい睡眠をとることなどを心がけて。イラスト/しおたまこ  構成・原文/上田恵子
関連キーワード

RECOMMEND