働くJマダムのお悩みを解決! "神パンツスーツ"ベスト5 五選

Web eclat

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.上質素材で柔らかな着心地。マイベストが
見つかる、驚きの7サイズ展開
ウールシルク素材の上品な光沢感がラグジュアリー。ジャケットは肩パッドがなくさらりとはおれ、裏地にストレッチがきいているため動きやすさも格別。上下とも36~48までの7サイズ展開なので、自分サイズが必ず見つかる。

ジャケット¥63,000・パンツ¥36,000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ ロンドン) ニット¥33,000/エプタモーダ(エンビ) メガネ¥38,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ネックレス¥53,000/ショールーム セッション(マリハ) 時計¥590,000/IWC(IWC)バッグ¥326,000/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ ヴィヴィエ) 靴¥105,000/リエート(サントーニ) ベルト/スタイリスト私物
2.肩から腰、脚にかけて、
流れるような美しいラインが完成
ウエストがなだらかにシェイプしたジャケットにテーパードシルエットのサイドライン入りパンツ。腕が長く美しく見える袖、肩からすそに向かって曲線を描く身頃は、どの角度から見ても美しいシルエットに。ジャストサイズにこだわる人は、新たにスタートしたセミオーダーがおすすめ。

ジャケット¥100,000・パンツ¥37,000/ラトリエ・エム(リュンヌ) ブラウス¥37,000/YOKO CHAN(ヨーコ チャン エッセンス) スカーフ¥7,800/フラッパーズ(マニプリ) ピアス¥420,000/イレアナ・マクリ/ザ・ショーケース バイ デルパン GINZA SIX店(イレアナ・マクリ) バッグ¥175,000/マルベリージャパン(マルベリー) 靴¥89,000/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ ヴィヴィエ)
3.小柄な人もOKのコンパクト&
シャープなVカラージャケットスーツ
ネイビーに細ストライプがエグゼクティブらしいきちんと感とモダンな印象を演出。シャープなカッティングのVカラージャケットはコンパクトなシルエットで、ややゆとりのあるメンズ仕様のテーラードパンツと相性◎。

ジャケット¥44,000・パンツ¥26,000/エストネーション(エストネーション) ブラウス¥39,000/ストラスブルゴ(バルバ) ファーマフラー¥29,000/SANYO SHOKAI(ポール・スチュアート)時計¥1,090,000/IWC(IWC) バッグ¥563,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥74,000/ジミー チュウ(ジミー チュウ)
4.上半身をミニマムに、ボトムはつかず離れず。
万人に似合うシルエット
ボックスシルエットで着丈が短め、ブレスレットスリーブのコンパクトなジャケットに、美しいドレープが特徴の、落ち感がきれいなパンツの組み合わせ。

ジャケット¥43,000・パンツ¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) ニット¥34,000/エプタモーダ(エンビ) スカーフ¥15,000/SANYO SHOKAI(ポール・スチュアート) 時計¥1,400,000/IWC(IWC)リング¥88,000/ショールーム セッション(ヒロタカ)バッグ¥236,000/トッズ・ジャパン(トッズ)
5.スレンダー&脚長を意識した、
細部へのこだわりで差をつける
ジャケットは体型をカバーし美しく見せるよう、前ボタンの位置やラペルの幅などの細部まで計算。パンツはヒップラインを感じさせないシルエットや脚長に見せるポケット位置にもこだわりが。

ジャケット¥63,000・パンツ¥36,000/SANYO SHOKAI(ポール・スチュアート) ブラウス¥41,800/ヴィンス 表参道店(ヴィンス)サングラス¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥66,000/ショールーム セッション(ヒロタカ) バッグ¥156,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥74,000/ジミー チュウ(ジミー チュウ)
eclat2月号掲載 撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) ヘア&メイク/小澤実和 スタイリスト/吉村友希 モデル/生方ななえ 取材・文/新田幸子 ※掲載商品の価格は、本体価格(税抜)で表示しております。
関連記事
  • 雨の日は、外出先でぬれや汚れを気にする必要がないPVC素材にすると心強いんです。今年の新作PVCバッグは見た目の可愛さも申し分ないから、憂鬱な雨の日でも気分を上げてくれること間違いなし♪PVCバッグ雨に強いビニール素材。カラフルな小物を入れておしゃれにカスタマイズするのも楽しい。涼やかなルックスで夏のデイリーバッグにも最適。キャッチーなルックスのバッグを相棒に憂うつになりがちな雨の日も軽やかにころんとしたミニマムなたたずまいが愛らしいバケットバッグ。ゴールドのチェーンハンドルが、女らしさを約束。バッグ¥34000/ジャンニ キアリーニ表参道店(ジャンニ キアリーニ) ワンピース¥27000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ウィム ガゼット) ピアス¥10000・バングル¥12000/ケイト・スペード(ケイト・スペード ニューヨーク)クリア素材に映えるマルチストライプでプレイフルな可愛げをきかせてハッピーな気分を誘うカラフルなハンドルで、大人なデニムスタイルに遊び心のアクセントを添えて。見られたくない貴重品などは、付属のスクエアポーチにインして。バッグ¥33000/ケイト・スペード(ケイト・スペード ニューヨーク) ジャケット¥11000/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店(ミラ オーウェン) Tシャツ¥9900/アーバンリサーチ ロッソ グランフロント大阪店(エイトン) パンツ¥16000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) リング¥19000/パリゴ 丸の内店(メゾン バイオレット) 靴¥24000/フラッパーズ(カルツァイウオーリ・フィオレンティーニ)スニーカーやシャカシャカアウターとともに、きれいめワンピの“ハズし役”として。ハンドルと中のポーチは上品なエンボス加工で、通勤バッグとしても活躍しそう。バッグ(ポーチつき)¥7500/ステラハリウッド(ステラハリウッド) 手に持ったジャケット¥59000/エッセン.ロートレアモン ワンピース¥13000/スローブ イエナ 自由が丘店(スローブ イエナ) 靴(3)¥6935/ベルシュカ・ジャパン(ベルシュカ)撮影/藤原 宏〈Pygmy Company〉 ヘア&メイク/川添カユミ〈ilumini. 〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/比留川游 取材・原文/道端舞子 ※BAILA2019年7月号掲載
  • 弾丸で東京へ。オフィスコーデに最適なずっと気になっていたショップがこちら。プチプラや話題のブランドなども気になってチェックはしているものの、いつも仕事に着られて着心地よくて、っていうキャリア女子にはもってこいのブランドが気になっていました。 こちらのKay.Me ブランドのコンセプトがそもそもきちんと見えて着心地がいいっていう私の理想そのもの。 いつもシンガポールなどでこういうワンピばかりを探しているのですが、日本ではたしかにこういう素材が少ないなと思っていたところ。 デスクワークの方なんかに絶対試してほしい、ジャージー素材のワンピ。 一度着たらやみつきなんですが、今回は違った柄を2着購入してきました。 財布を小脇に抱えてコーヒー休憩へ行くところ。今まで撮ってくれていた娘も受験勉強で忙しくてなかなか撮影してくれないから自撮りですw多分人生初のドット柄。細かいから可愛すぎずシンプルで着やすい♪ パンプスはJimmy Choo上にジャケットを合わせても、カーデを合わせても、着心地ラクチン。 仕事の後の飲み会にも少しだけ華やかでちょうどいいんです! キャリア女子にオススメです。Kay. Me の HPはこちら海外の働く女っぷりをお届けしています。インスタはこちら。美女組No.123Mariのブログ
  • きれい色のシャツワンピースやアクセントになるバッグなど、これから活躍するアイテムにひと目惚れ!【1】エキップモンのシャツワンピース「展示会でこのワンピースを見つけて ひと目惚れ。華やかなのに派手に 見えないのは上質シルクだからこそ。 ジャケット合わせでお仕事シーンにも」と編集長イシダが手に入れたのがエキップモンのシャツワンピース。コーラルオレンジの発色が柔 らかで美しく、オープンカラーの胸もとも 抜け感を演出しエレガント。 ワンピース ¥52,000/サザビーリーグ(エキップモン) 【2】 ベースレンジのビッグシルエットシャツコーディネートにほどよい抜けを演出してくれるビッグシルエットシャツ。肌が少し透ける軽い生地でありながら適度な張りもあり、袖をロールアップしてもさまになる。「アンダーウエアのイメージの あるブランドだけに、 着心地がすごくよくて感動。 髪をまとめてさわやかに 着こなしたいです!」とスタイリスト松村純子さん。 シ ャツ¥20,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィ エム クラス 丸の内店(ベースレンジ) 【3】エルメスのバッグ「シンプルになりがちな夏の装いに、 アクセントになるバッグが大活躍。 ゆるいコーデも大人らしい装いに」とスタイリスト福田亜矢子さんがひと目惚れしたのが、エルメスのシルク素材のバッグ。前面にはクラシカルな"ブ リッド・ドゥ・ガラ"を、背面にはグラフ ィカルなドット柄で二面性を楽しめる。 バッグ(縦33×横33cm) ¥228,000/エルメスジャポン(エルメス) 【4】フォクシー ニューヨークのレインコート「梅雨時にちゃんとした レインコートが欲しいと 思い、探し続けて ようやく見つけた一枚。 シャカシャカしない 素材がお気に入り!」と副編集長SGURが喜んでいるのがフォクシー ニューヨークのレインコート。2wayス トレッチ生地で着心地がよく、晴れた日にはスプリング コートとしても着てもいい。 レインコート¥86,000/FOXEY 銀座本店(フォクシー ニューヨーク) 撮影/佐藤 彩 スタイリスト/伊藤ゆみ 取材・原文/坪田あさみ 【Marisol7月号2019年掲載】
  • 涼しげなリネン調素材のジャケットは、見た目だけではなく接触冷感という高機能が魅力!※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます最近、行動をともにすることの多い後輩の京都女子が褒め上手で、さりげない言い回しが私の頭の中で心地よくリフレイン。蒸しっとした電車のホームでも涼しい顔で凛とした表情を保てていられるのは、おそらくこの接触冷感ジャケットと、京都女子からの褒め言葉のおかげなのかも。ちなみにこのジャケット、洗えてシワにもなりにくく、吸水速乾の優秀アイテムだから梅雨シーズンのオフィスでは何度も出番がありそう。そこにピンクのスカートでしなやかなムードも漂わせて。ジャケット¥43,000/オンワード樫山(ベイジ,) Tシャツ¥3,800/ナノ・ユニバース(ナノ・ユニバース) スカート¥24,000/カオス丸の内(カオス) ピアス¥11,000/シップス有楽町店(ソコ) 靴¥35,000/ビームス ハウス 丸の内(チェンバー) メガネ¥36,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥25,000/ウィム ガゼット青山店(マルコ マージ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
  • エクラ世代から支持されているボブスタイル。短いから手入れが楽というだけでなく、夏の”涼感”も演出。涼感ボブの中でも髪質悩みに応えてくれるボブを「雰囲気出しボブ」と命名。人気美容師提案の髪質改善スタイルをご紹介。1.面をキープしたカットと透明感カラーで艶ツヤボブフロントにいくほど長さのある"前下がり" フォルムで、顔まわりの「面」を強調するシルエットに。面があることでツヤが出やすくなる。また髪色はハチミツベージュに。透明感と輝きを与えられ、白髪カバーもかなえられる。毛先のカットラインもまっすぐ風に。全体を重めに見せるのも髪のパサつきを抑え、ツヤを与えられる工夫。重くなりすぎないよう、内側で毛量調整を。>>「いいことづくめの涼感ボブ」はこちらから【担当/野口尊さん(ROI) モデル/松田順子さん[45歳・主婦]】 ニット¥16,000/ドロワット・ロートレアモン ネックレス¥34,000/エル・エー・エイチ・ヴァンドーム青山 有楽町マルイ店(エル・エー・エイチ・ヴァンドーム青山)2.顔まわりのほどよいレイヤーでうねりをカムフラージュうねりは無理やりまっすぐに伸ばすよりも、ゆるやかな毛流れのようにまわりと同化させてしまうのが得策。うねりが出現している顔まわりとハチ上の髪にレイヤーを入れて、後ろへ流しやすい毛束をつくることで解消! ボブの毛先全体に1カールのパーマをプラス。丸みのあるフォルムのほうがうねりが目立ちにくく、毛流れもつくりやすい。>>「いいことづくめの涼感ボブ」はこちらから【担当/榊原章哲さん(Garland) モデル/福島久美子さん(オンラインショップ経営・51歳)】 ブラウス¥32,000/フィルム(ディーネロ) イヤリング¥9,000/プラス ヴァンドーム そごう横浜店(プラス ヴァンドーム)3.こめかみに毛束をつくりふんわり前髪にチェンジこめかみの位置にひとすじの短い毛束をつくる。それが支柱となり、立ち上げた前髪がつぶれるのをカバー。短い毛束をつくってもボブならわざとらしくならず、全体フォルムになじむので、お悩み解消とおしゃれヘアを両立。グラデーションカットで丸みを出しやすいボブに。さらに毛先1カールのパーマでブローが簡単。丸み毛先が重なることで、全体もつぶれにくく。>>「いいことづくめの涼感ボブ」はこちらから【担当/CHIEさん(PearL) モデル/浅野花英さん(看護師・43歳)】 ワンピース¥35,000/フローレント ネックレス¥10,000/アンテプリマ そごう横浜店 アクセサリー(アンテプリマ)4.うねりを利用した曲線フォルムで柔らか印象硬い髪質はうねりが寝ぐせ風に見えがち。そこでうねりを"曲線" と解釈し、全体をレイヤーと毛量調整で曲線フォルムに調整。パーマをかけずとも硬い髪質を軟らかく見せる効果があり、外ハネ毛先が自然に収まる。硬い髪が広がらないように前髪&レングスは長めボブに設定。中間を根元から間引き、空間をつくることで軽さも生まれる。>>「いいことづくめの涼感ボブ」はこちらから【担当/masatoさん(marr自由が丘) モデル/鈴木ゆう子さん(人材育成コンサルタント・45歳)】 カットソー¥14,000/ゲストリスト(ルミノア) ピアス¥2,800/フィービィー プラス(フィービィー)5.まとまる毛先の秘密は襟足の内側での毛量調整広がりやすい毛先の内側を間引いて毛量調整を。くるっと内巻きにしやすくカットすると、収まりがよくなり広がりを予防。ボリュームが出にくいトップと毛先の落差をなくし、1カールのブローだけでセットが完了できる。毛先の収まりがいいぶん、フロントは動かしやすくするため軽めに調整。ワックスで毛束を流したり、束感をつくることで今っぽい抜け感が生まれる。>>「いいことづくめの涼感ボブ」はこちらから【担当/杉山由夏さん(broocH) モデル/奥野里絵さん(主婦・51歳)】 ブラウス¥14,000/ファスサンファール(ブラーミン) イヤリング¥12,000/アンテプリマ そごう横浜店 アクセサリー(アンテプリマ)撮影/岩谷優一(vale.) メイク/広瀬あつこ 藤本 希(Cheek One) スタイリスト/程野祐子 取材・文/松井美千代 ※eclat7月号掲載
  • 憧れのラグジュアリーブランドであるステラ マッカートニーが、初のブライダルコレクションを発表。シンプルななかにも卓越したセンスと女っぽさが光るドレスに、世界中のセレブも注目! ミニマルなデザインで魅せるアイコニックなホルターネックドレスメーガン妃が選んだことでも注目されるドレス。環境保護の観点からサステナブルヴィスコースという生地を使用するなど、モダンな感性だけでなく、メゾンのアイデンティティが生きる一着。「マグノリア ガウン」 ¥615000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー) ピアス(K18WG×アコヤ真珠)¥196000・リング(K18PG×Pt)¥110000/ミキモト カスタマーズ・ サービスセンター(ミキモト)軽やかなエンパイアドレスでタイムレスなフェミニティを堪能ドレープが美しいシルクに、ハンドステッチの刺しゅうベルトが映える。「ジェイド ガウン」¥775000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー) エンゲージリング「ピヴォワンヌ」 (WG×ダイヤモンド、センター0.20ct)¥ 640000・マリッジリング「キャトル ラディアント」 (WG×ダイヤモンド)¥570000/ブシュロン カスタマーサービス(ブシュロン)マスキュリンとエレガンスの融合。ジャンプスーツで一歩先の花嫁に透け感のあるレースを贅沢に使用。ハイウエストのベルト使いや足もとがきゃしゃに見える短め丈など、パンツながら女らしさが引き立つデザイン。「パール ジャンプスーツ」 ¥615000・靴¥81000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー) リング(Pt×アコヤ真珠)¥373000/ミキモト カスタマーズ・サービスセンター(ミキモト) 高度なテーラリングならではの美しさきわだつカッティング立体的な胸元のカッティングと、背中で結んでたらした長いリボンが、洗練シンプルなスタイルを表現。「ローズ ガウン」¥615000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー) リング「ビー マイ ラブ コレクション ハニカムリング」(WG×ダイヤモンド)¥ 446000・ソリテールリング「ビー マイ ラブ コレクション」(WG×ダイヤモンド0.3ct〜)¥ 340000〜/ショーメ 撮影/土屋文護〈TRON〉、 岡田 潤〈 BE NATURAL〉( p.29左上、下の生花) ヘア&メイク/岡田知子〈TRON〉 スタイリスト/室井由美子 モデル/大政 絢 取材・文/東原妙子
  • 夏のファッションに欠かせないのが 白Tシャツを使ったコーディネート。 何枚あっても使える優秀アイテム! シンプルで爽やかな白Tコーディネートをご紹介します。 the 定番。 白Tシャツ × デニムで、相性抜群なコーディネート。 ハイウエストで脚長効果、着痩せ効果のある仕上がりにしました。 紺ジャケットを羽織るだけでこなれ見え♪ 大人カジュアルスタイルに。 白Tシャツとサンダルでラフさをプラス。 こなれ感たっぷりです♪ GUのスポーツサンダルと合わせてスポミックスコーデにしました。 BAILA7月号でも・・・ 大人の可愛げ Tシャツの着回し術も載っています! これからの雨が続く日にも 旬を取り入れたハッピーコーデもご紹介しています♪ 楽しい!がたくさんBAILA7月号、 ぜひお手に取ってみてください♡ @06ayaca__スーパーバイラーズ 水谷綾香のブログ
  • 今やマッチングアプリで始まる恋は、珍しくない。どんな人が来るかぎりぎりまでわからないからこそ、待ち合わせでのときめきもひとしお。クラシカルなプレフォールに身を包む女性の、「はじめまして」を追いかけた。マッチングの瞬間、高揚感が生まれるマーゴットは恋人を探そうとアプリを眺めているとふと服のセンスがいい人、マエルが目に留まる。プロフィールにはゾンビ映画が趣味と書いてあって、気が合いそう。文章に嫌みがなく、写真も自撮りではなく、完璧。右スワイプして数分後、見事にマッチング。部屋でまどろむこんな日には、ローゲージのミックスニットのカーディガンを羽織り、シェトランドウールのパンツでリラックス。Tシャツにはカラフルな糸で「THE SUBVERSIVE STITCH」というメッセージが刺しゅうされている。これはフェミニストの美術史家ローズシカ・パーカーの著作からの引用。 カーディガン¥360,000・Tシャツ¥140,000・中に着たニット¥140,000・パンツ¥190,000・ソックス¥44,000/クリスチャン ディオール(ディオール)初デートはいちばん素敵に見える服を1週間にわたり毎日メッセージを交換。同時にウェブやSNSで信頼できる人かをチェックする。やりとりで人柄のよさが伝わってきたので、会うことに。初デートはやはり緊張する。面白くないと思われたらどうしよう、写真と違うと思われたら……不安で胸はいっぱい。だから自分がいちばん素敵に見える、ラグランスリーブの白いブラウスを選んだ。ビブにプリーツ飾りが斜めに配され、幾何学的な印象。ウールクレープのボックススカートを合わせたルックは、60年代のソルボンヌ大学の学生から着想を得て。クロコダイルの型押しブーツで、パンチを加えるのも忘れずに。 ブラウス¥173,000・スカート¥142,000・ピアス¥52,000(参考価格)・ネックレス¥47,000・バッグ¥184,000・ブーツ¥159,000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ)想像以上に素敵な人が現れた夕方6時。街が夕焼けに染まる中、なかなか彼が見つからないから電話してみる。「チェックのシャツを着ています」という。待ち合わせ場所に現れた彼の姿が、写真より素敵で、思わず笑みがこぼれる。「マーゴットさん? はじめましてマエルです」と彼もはにかんだ。 (右)ポリウレタン素材のトレンチコートに、TBモノグラムのシャツを合わせて伝統とモダニティを融合。ボウリングバッグから着想を得たバッグ「CUBE」も含めてベージュトーンで統一し、レディライクに。コート¥330,000・シャツ¥130,000・スカート¥190,000・バッグ¥270,000・ベルト¥56,000・ブーツ¥165,000(すべて予定価格)(左)2019年春夏に使用されたアートワークを、メゾンのコードであるチェック柄にモザイク画のようにはめ込んだ。シャツ¥68,000・パンツ¥90,000(ともに予定価格)/バーバリー・ジャパン(バーバリー) 初めての食事は、お互いの人となりを知る大切な時間予約してあるダイナーへ。住んでいる場所、趣味、仕事の話などで、互いのパーソナリティを掘り下げていく。定番の質問である「なぜアプリを始めたの?」を投げてみると、「趣味が合う人と効率的に出会いたいから」というシンプルな答え。すごく聞き上手なマエルに、つい夢中になって話してしまう。ゾンビ映画の話に花が咲く。 (右)異なる2 種類の花柄がのったシルクシフォンをアシンメトリーに重ねたドレス。パッチワークブーツを合わせて、グランジィに仕上げて。ドレス¥82,000・リング¥21,000・ブーツ¥78,000・椅子に掛けたコート¥290,000(左)フード部分にRexyの顔を配した、チャーミングなシアリングコート。コート¥290,000・パンツ・スニーカー(ともに参考商品)/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン(コーチ)話が盛り上がった二人はそのまま近くのミニシアターへ初めて一緒に映画を観るときは、どこで笑い、どこで泣くかが気になるところ。彼女はキャラクターのユーモアに思わず笑ってしまうけれど、隣からの視線が気になってなかなか集中できない。 (右)グラフチェックをのせたニットブルゾンとパンツのセットアップ。レースタイツとハイネックニットで赤をリフレイン。バッグ「グッチ ズゥミ」でクラシックにまとめた。ブルゾン¥320,000・パンツ¥175,000・ハイネックニット¥98,000・バッグ¥350,000・ネックレス¥259,000・[左手]人さし指リング¥72,000・薬指リング¥52,000・[右手]リング¥80,000・タイツ¥20,000・靴¥118,000(左)ツィードのノーカラージャケットにいちごのブローチをあしらい、ジェンダーレスな着こなしに。ジャケット¥400,000・セーター¥130,000・シャツ¥73,000・スカーフ¥56,000・パンツ¥140,000・ブローチ¥110,000・靴¥98,000/グッチ ジャパン(グッチ)夜道に浮かぶ無数の光を見て彼女は何を思うたくさん笑った一日を反芻しながら、一人夜風に当たる。さっきまでのひとときが急に夢の中の出来事に思えてきて、冷静になる。全体的には楽しかったけど、でも……また会うかどうかはわからないな、と思う。ボクシーな「レクタングルジャケット」に、スキニーよりゆとりのあるシェイプのデニムを合わせたマニッシュなスタイル。「ブルジョアジー」「スクールガール」がキーワードのトラッドなスタイルに、ボアでトリムされたニーハイブーツが遊び心を添える。 ジャケット¥360,000・シャツ¥76,000・パンツ¥97,000・バッグ¥210,000・ピアス¥145,000・リング¥57,000・ベルト¥57,000・ブーツ¥235,000(リング、ピアス以外すべて予定価格) セリーヌ ジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン) >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年7月号「はじめましての待ち合わせ」photography: Kiyotaka Hamamura styling: Mayu Yauchi hair: HORI〈bNm〉 make-up: Rie Shiraishi model: Margott, Mael cooperation: PROPS NOW, LINEN & DECOR
関連キーワード

RECOMMEND