おしゃれ上手の旅支度は? 冬旅に連れて行く逸品 五選

Web eclat

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.スマイソンのトラベルウォレット
(ライター新田幸子さん推薦)
「パスポートや搭乗券など旅行に必要な物がすべてひとつにまとめられます。あわてん坊の私は空港であたふたすることが何回かあったのですが、これがあればそんな心配もなし。コイン用ジップポケットもあって便利」。

トラベルウォレット(H13×W
24×D2.5)¥58,000/ヴァルカナイズ・ロンドン(スマイソン)
2.J&M デヴィッドソンのトラベルポシェット
(編集SH推薦)
「ホテルでの朝食時やディナーなど、最小限の荷物にしたいときに。華やか色ならアクセサリーいらず」。

(上)トラベルポーチウィズスタッズ(H12.5×W23×D2)¥70,000・(下)リップスティックポシェットウィズスタッズ(H10×W15.5×D5.5)¥75,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)
5.ウチノ タッチのシャツワンピース
(編集K野推薦)
「海外に在住していた際、パジャマとして愛用。ガーゼの肌ざわりが心地よく軽量なので、その後旅行には必ず持参。海外だとホテルには浴衣やパジャマはないことが多いし、日本でもその類のものは意外と着心地が悪いのでとても重宝してます」。

マシュマロガーゼシャツワンピース¥21,000/ウチノ タッチ
4.Aeta×THREEのコスメポーチ
(ライター大野智子さん推薦)
「表は撥水加工、内部は防水加工が施されていて水まわりでも安心。コスメ類の形や使用場所別に仕分けしやすい」。

(右から)ポーチS(H14×直径10)¥11,000・コスメティックポーチM(H9×W15.5×D6)¥9,000・S(H9×W8×D6)¥9,000・L(H12×W20×D7)¥14,000/THREE(アエタ×スリー)
5.ユナヒカのデイパンツ
(室長M推薦)
「私の旅の定番パンツ。地厚のコットン素材は締めつけ感ゼロで、長時間移動のときにラクちんだし、部屋着としても快適です。素脚にもはけますが、厚手のタイツと重ねれば真冬の旅にも問題なし」。

コットンストレッチデイパンツ¥23,000/ユナヒカ
eclat1月号掲載 撮影/木村 慎 スタイリスト/伊藤ゆみ 取材・文/大野智子 ※サイズ略記は下記のとおりです。H=縦、W=幅、D=マチ、単位は㎝。
関連記事
  • 誰が着てもカッコよく決まるシャツに出会いました♡広尾にあるとっても素敵な洋館で、素敵な50代のマダム達がセレクトしたものを年に数回紹介されているマダムマルシェ。 主催しているマダム達が会場でも着ていらして、あの素敵なシャツは??? と思ったのが、この素敵なシャツとの出会いでした! これまた素敵なマダムが予約制のサロンで販売されている このSOPHIEシャツ。 速乾・アイロン不要でシワになりにくく、ストレッチも効いていて、これ1枚でおしゃれにきまるんです。 ボトムスに前をinして今風コーデにも使え、後ろはヒップが隠れる絶妙な長さ。 今までは、ジャストフィットのシャツが好みだった私。 上半身が薄っぺらいので、オーバーサイズのシャツは敬遠していたのですが、このシャツに出会って、苦手意識は返上しました(^^;;このシャツのすごいところはフリーサイズで、体型を選ばず、どんな方でもこなれて素敵に見せてくれるんです^ ^ カラーは5色で、マイブームなベージュの他も全色揃えようかと思うぐらい気に入っています。ゴールデングースのスカートと合わせて、お出かけスタイルにもぴったり。しかもこのシャツ、価格も1万円ほど! シャツ一枚で気持ちの良いこの時期、このお気に入りのシャツスタイルをしばらく楽しみたいです♪ ⬇︎にリンクを貼っていますので、素敵なマダム達のシャツの着こなし、見てくださいね^ ^sophiemadam’s favorite華組 朝生育代ブログ
  • ミラノやパリのスナップでも、街でおしゃれな人が実践しているコーディネート。ミニショルダーとスニーカーなら、街スタイルがぐっと小粋にしゃれて見える。品よくかっこよく着こなすために選ぶべきは、見るからにパワーのあるブランド系。カジュアルに格をプラスしつつ、こなれて見えるから、初心者だって大丈夫!1.ダブルGやウェブ ストライプ。 アイコンをさりげなくブランドの威力を強調するなら、わかりやすいアイコンを選ぶのも賢いテク。モチーフやグリーンとレッドのウェブ ストライプで。(右から)3匹の子豚の刺繡で愛嬌たっぷり。スニーカー「エース」¥94,000・コンパクトながら3層式で収納上手。黒バッグ「GGマーモント」(縦10×横19×マチ8㎝)¥150,000・ラウンド型はそれだけで遊び心満点。白バッグ「GGマーモント」(縦18.5×横18.5×マチ6.5㎝)¥143,000/グッチ ジャパン(グッチ)2.バッグは小さく、足もとは大きく。 ギャップがあるほどおもしろい!休日に父親が履いているようなサイズ感の"DAD"スニーカー。大人がこなすなら、もはやパイオニアの風格さえ漂うものを。グレーとライラックにオレンジを少量効かせた配色が絶妙。バッグはとても小さなサイズがとにかく愛らしい。ステンシルペイントのロゴがきわだつデザインを、ストラップで斜めがけして。バッグ「ヴィル トップ ハンドル XXS」(縦15×横19×マチ6㎝)¥185,000・スニーカー「トラック」¥105,000(予定価格)/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ)3.人気再燃。装いをスマートに 引き締めるクールな雰囲気華奢なチェーンストラップにフラップ式のミニサイズ。ドレスアップの場面に似合うバッグも、今なら断然カジュアルに合わせるのがいい。スニーカーはホワイトレザーで控えめにするか、ゴールド&シルバーのコンビネーションで攻めるか、お好みしだい。どちらも人気モデルの新作ゆえ、使いやすさはお墨付き。バッグ「GO LOGO ESCAPE」(縦12×横16×マチ5㎝)¥123,000・スニーカー(左)「BOUNCE」¥101,000・(右)「NET」¥81,000/ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ ガラヴァーニ)他の画像を見るeclat5月号掲載 撮影/西原秀岳(TENT) スタイリスト/村山佳世子 構成・文/宮崎桃代 撮影協力/フリッツ・ハンセン 青山本店 COUNTRY HARVEST
  • ネイリスト・関根祥子さんが愛する癒しの地・ニュージーランドまでは、長時間のフライトがとても大変! 関根さんはどのようにして10時間超えのフライトを乗り切っているのでしょうか? いつも機内に持ち込んでいるというリラックスアイテムを見せてもらいました。 mojo nail ネイリスト・関根祥子さん抜け感のあるデザインで、モデルや女優にもファン多数。ネイリストのほか、イラストレーターとしても活躍。「旅先に合わせたネイルをして楽しんでます!」 trip to New Zealand ニュージーランド行き【機内持ち込みポーチ】を大公開!HAND-CARRY 機内持ち込みポーチ疲れ回避やすっぴん隠しできるものをイロイロ「凝りや疲れをほぐすものと、リラックスするための香りを楽しめるもの。降りる前の簡単なメイク用コスメを、ざっくりと機内のお供に」「ニュージーランドに到着したら少しだけメイクを。ケイトのアイブロウパレット3で眉を描き、アリマピュアの色つきリップバーム1で色づけしたら出かけられるくらいのきちんと感が!」「10時間超えのフライトなので、快眠グッズも持っていきます。めぐりズムのホットアイマスク2と口もとにもマスクをつけて完全に顔を覆う形で爆睡(笑)」「普段から使っている目薬や、下半身のむくみ対策もばっちりな紐も常備」撮影/さとうしんすけ 取材・原文/浦安真利子 ※BAIRA2019年5月号掲載
  • 先日、今シーズン最後の春スキーをしに長野の野沢温泉へ行ってきました。お天気に恵まれてゲレンデの雪もいい具合に柔らかく、楽しくシーズン納めをしたその帰り道。最寄りの駅は新幹線の飯山駅なのですが、電車の時間よりだいぶ早くついてしまい時間があるな、と思っていたら一緒に行っていたスタイリストさんが「飯山の駅前にはツルヤがあるよ」とつぶやきました。その言葉に、心地よい疲労感であとは新幹線で寝るだけ~、とすでに半分スイッチが切れていた私の何かが覚醒しました。「ツルヤに行きたい!」と。そう、ツルヤとは長野県の方と食いしん坊ならよくご存じのはずの長野県のご当地スーパー。軽井沢店が県外から来る人には有名だと思うのですが、なんと飯山にもあったとは。ビールを飲みに向かうチームを残して、スタイリストさんと二人「私たち、ツルヤ行ってきます!」と突然別行動を開始したのでした。そしてスーパーにつくなり、地元の人ですか?という勢いで野菜やら果物やらをあさるあさる。興奮しながら徘徊したところで、スタイリストさんおすすめのトレイルミックスやらドライフルーツやらも欲望のままに買い込みました。その戦利品の一部がこちら。   実は私、ドライアプリコットに目がないのですが、このツルヤオリジナルの「ひとくち杏」が理想的だったことをお伝えさせてください。この酸味がちゃんと残った甘味としっとり柔らかな口あたり。すばらしい仕事です。知り合いのフードライターさんも杏ジャムを作るときに、長野の杏を仕入れる話をしていたのできっと杏そのものがすごく美味しいのだと思いますが、このドライフルーツとしての味わいの完成度はすごい! 会社へブレイクタイム用に持っていったら、やめられなくなってひとりで一瞬で食べきってしまいました。このほか輪切りレモンもナッツもリンゴチップスも危険な美味しさ(どんだけ買ったんだ、という話ですが)。GWで長野方面へ旅行に行かれる方も多いと思いますが、見つけたらぜひ買っていただきたい(私の知人だったら買ってきてほしい)逸品です!
  • こんにちは、さりです (ほとんどすっぴんフェイスでごめんなさい 笑)birthdayサプライズで人気の"FRIDAYS"ですが、我が家では、普段の食事で利用することも多いので、紹介します 私的、絶対頼むものランキングNo,1✨*フライデーズシグネチャーグレイズドリブ ¥2990 写真はフルサイズですが、ハーフサイズだと¥1990で食べられます!おすすめのサラダは、*ケイジャンフライドチキンサラダ ¥1690このサラダもラージサイズとハーフサイズが選べます (写真はハーフサイズです。)そして、ライスシリーズでおすすめなのが!*ブラッケンシュリンプメキシボウル ¥1890初めて食べた時、感動したくらい美味しいです 全てボリューム満点なので、1人ずつ頼むよりは、何人かでシェアすることをおすすめします ‍ ‍ ‍ ❤️今回紹介したメニュー以外も本当に美味しいものばかりなので、まだ行ったことのない方はぜひ行ってみてください 松倉彩理カワイイ選抜 No.80 松倉彩理のブログ
  • 「アウトドアや街歩きに取り入れやすい」「自分らしさを忘れずに自然を楽しみたい」というスタイリスト・福田麻琴さん。街でも、山でも、機能的で快適に過ごせるコーディネートを教えてもらいました。 trip to Natural Heritage(日本の自然遺産)!!スタイリスト 福田麻琴さん世代を問わず、女性誌からWEBメディアまで幅広く活躍する人気スタイリスト。代名詞ともいえるパリシックな着こなしにファンが多数。次のトレッキング旅行は長野・天狗岳を計画中だそう!「自然遺産でトレッキングを楽しむときも普段のワードローブの延長で私らしさをキープ」足場が悪いところもあるので、衝撃を受けても丈夫なアウトドア用のキャリーにパッキングします。トレッキングだからといってそのときだけの特別なものはなくて、街で使えるものが大前提。たとえば、アウトドア用のアウターは目立つ色がいいかもしれないけれど、私は普段着になじむようなベージュや黒を選びます。そうすることで街歩きとトレッキングで兼用できるものが増え、荷物もコンパクトに。肌に身につけるものは日数分持っていき、快適に過ごせるようにしています。愛用しているのはパタゴニアのキャリー。トレッキングではマックパックのリュック、街歩きはポシェットを使い分けて。「いかにシワにならないようにコンパクトにできるかを考えながらの荷造りは楽しいし得意!」自然にふれるのが好きという福田さん。「富士山はあまりにもつらすぎて泣きながら登りました(笑)。しんどさも含めて美しい景色を見た記憶って一生残る」「知床半島ではクマにおびえながら雪の中をトレッキング。自然遺産でアクティビティを楽しむ、挑戦型の旅にワクワクします」街でも山でも! 自然を楽しむ高機能なワードローブ[街歩き]Tシャツ+デニムを土台にはおりもので体温調整街歩きの基本スタイルは、Tシャツとデニムにカーディガンを羽織って完成。寒ければアウトドア用に持ってきたパーカやフリースで体温調整を。身軽でいられるようメインバッグはポシェットにして、イザベルマラン エトワールのエコバッグはサブに。マキシワンピはレストランでのディナーや部屋着としても使えるので必ず一着。「ばさっと着られる楽なもので、汚れが目立ちにくい柄物を選ぶのがポイントです。エイトンやヘインズなどのTシャツは日数分持っていきます」[アウトドア]機能性アイテムは“タウン使いできるか”で選ぶTシャツにショートパンツとスパッツ、気温に合わせてフリースやパーカを羽織るのが基本コーデ。足もとはテバのサンダルか、ブランドストーンの防水ブーツを合わせて。いかにもという感じがないので普段使いしても違和感なし。ラルフローレンの厚手のバスタオルはひざかけやちょっとしたラグとして使っても。「ユニクロユーの水着を下着代わりにして、いつでも泳げるようにスタンバイ(笑)。このセットがあればトレッキングだけでなく、ヨガやスポーツも楽しめます」洗濯物は旅先で仕分け! スリッパ代わりになるビルケン「フィルソンのドライバッグはぬれたものもOK、自立するのでランドリーバスケットとして使っています。仕分けしておくことで帰ってからすぐに洗濯機へポン。ビルケンのサンダルはコテージ内のスリッパ代わりにしたり、ちょっとした移動にも便利なんです」撮影/魚地武大〈TENT〉 取材・原文/榎本洋子 撮影協力/アワビーズ ※BAILA2019年5月号掲載
  • こんにちは、海野尾です 先日フラッと立ち寄ったUNIQLOで 発見したスカートのご紹介♪UNIQLO ティアードロングスカート ¥2,990でトレンドの形が手に入る! え、こんなに安いの??って思わず二度見! ポケットもついてて実用性もある、 さすがUNIQLOさん。 あまりカジュアルに合わせてしまうと 子供っぽくなりそうなので、 この日はオールブラックにしました。 横から見てもあまりボリュームがでないので 普段使いしやすくて嬉しい。 ティアードスカートって可愛いけど ボリューム満点だとなんだか恥ずかしいなあ〜 なんて思っていたので! ウエストゴムが見えてもいいように 縫製されているのでインしても安心♪1枚で着ても透けない安心感も UNIQLOならでは。 シワになっても気にならない生地は 旅行にも良さそう! GW活躍の予感… 是非チェックしてみてください Instagramはこちらスーパーバイラーズ 海野尾美紀のブログ
  • お店も料理もグレーの世界!シェフのこだわりがたっぷり詰まったお洒落フレンチを堪能してきました♡。モダンな雰囲気の入り口。無彩色のグレーで統一されています。大きなリースと個性的なオブジェがセンス光る個室。こちらもグレーで統一されています。遊び心たっぷりな1品目。見た目もさることながら食感も新鮮。オマール海老のエキスたっぷり!他の画像を見る先日、結婚記念日のお祝いを兼ねて 話題のミシュランフレンチ「ode」へ伺ってきました。 ミシュランガイド東京2019で1つ星を獲得したとの事で 平日のランチでしたが、老若男女問わず大勢のお客様で賑わっていました。 オーナーシェフである生井氏が作り出すグレーの世界。 入口は無機質なグレーで統一されていて 秘密の扉を開けるような、ワクワク感。 内装もグレーを基調としたグラデーションで センスの光るモダンな雰囲気ですが、 インテリアには木材も用いていて どこか温かみがあってゆったり寛げました。 肝心のお料理は旬の素材を用いた独創的なプレゼンテーション。 見た目にも美しく、味も初めての食感や組み合わせ。 全てが記憶に残る、五感で楽しめる素晴らしいお料理でした。 結婚記念日ということで素敵なプレート皿を用意していただきました! しかも生バラのプレゼントも♡ 若いスタッフの方が多かったですが サービスも丁寧で堅苦しくない接客がとても好印象でした。 生井シェフの想いが一貫していてブレのない徹底された世界観。 今度はディナーでも伺ってみたいなと思います。■Restaurant Ode (オード)■My Instagram■ yukie_ota美女組No.109yukieのブログ
関連キーワード

RECOMMEND