気分の上がる冬の逸品をお供に! 人気スタイリストの旅支度 五選

Web eclat

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.エルメスのアクセサリートレイ&フラットポーチ
(スタイリスト伊藤ゆみさん)
「一年がんばった自分へのごほうび旅が多い冬旅。だから心地いいホテルでゆっくり過ごすのが好きです。そんな時間をより上質なものに格上げしてくれるのが、滞在中幾度となく目にするポーチやトレイ。エルメスのポーチは、サーフィンのウェットスーツに使用されるテクニカルな素材で、水にも強くなによりシンプルで素敵。3サイズあってこれだけでほかにポーチはいりません。アクセサリートレイは未使用時は平らになり持ち運びも便利」。

ポーチ大(H25×W34)¥38,000・中(H20×W28)¥34,000・小(H15×W21)¥33,000・トレイ¥49,000・カード(2セット)¥14,000/エルメスジャポン(エルメス)
2.サスのムートンスニーカー
(スタイリスト池田奈加子さん)

「ロンドンやパリへの美術館めぐりの旅では、一日中歩きまわることがほとんど。寒い冬の石畳にとっても重宝するのが疲れず、かつ暖かい靴。そこで見つけたのがこのハイカットスニーカー。クッション性があるソールで軽いからたくさん歩いても疲れないうえに、内側がムートンだから全然冷えない。この靴とドレスアップ用のパンプスがあればヨーロッパ旅ものりきれますね」。

「足首まで暖か。柔らかいからトランクに収納しやすい」。スニーカー¥59,000/プレインピープル青山(サス)
3.メゾン ボワネのファーバッグ
(スタイリスト池田奈加子さん)
「冬の旅では、どうしても暗めの色の洋服がメインになってしまうので、私は、持ち運びがかさばらない小物類で色や柄を取り入れて個性や華やかさをプラスするようにしています。なかでもファーバッグは旅先のちょっとしたドレスアップに便利。型くずれを気にせずスーツケースにも入れやすい。また、トランクはゴールド色を愛用。ほかの人とかぶらないので空港でも見つけやすく重宝してます」。

細いショルダーストラップつき。バッグ(H15.5×W13.5×D9)¥47,000/エストネーション(メゾン ボワネ) リモワのトランク/本人私物
4.ベグ アンド コーのカシミヤストール
(スタイリスト伊藤美佐季さん)
「海外ロケなどであちこち飛びまわることが多い私の旅支度は、いつもの延長線上でいられることがマスト。冬は使い慣れないもの、着慣れないものだと、肩が凝ったり疲労がたまりやすいので特に注意しています。寒がりの私は一年中大判のストールを持ち歩いていますが、このカシミヤストールは、表裏が黒と紺のバイカラーで、どんな装いにも合い、機内やレストランでも大活躍」。

)「73×183㎝のサイズは一番便利な大きさ。常に持ち歩きます」。ストール¥69,000/ボーダレス(ベグ アンド コー)
5.MARTINE ALIのボールチェーンネックレス
(スタイリスト 伊藤ゆみさん)
「フックでつなげたりはずしたりが簡単で、ネックレス、ウォレットチェーン、キーチェーン、ブレスレットの4役になるというすぐれもの。アクセとして使いつつ、防犯対策が必要なときには、バッグの内側に携帯やカギなどをつないで使用」。

ボールチェーンネックレス¥35,000/サードマガジン(MARTINE ALI)
eclat1月号掲載 撮影/木村 慎 スタイリスト/伊藤ゆみ 取材・文/大野智子 ※サイズ略記は下記のとおりです。H=縦、W=幅、D=マチ、単位は㎝。
関連記事
  • いつの時代の話でも、どんな国のものでも、どこか他人事とは思えないのが家族小説のおもしろさ。今回は家族の物語が大好きという江國香織さんに、たくさんの候補の中から選りすぐりを紹介していただいた。1.『野鴨』 庄野さんのご家庭をモデルにしたシリーズの一冊。冴えた視線と厳選した言葉で、穏やかな日常や楽しいエピソードが描かれています。一度庄野さんのご自宅にうかがったときは、小説そのままで感動しました! 庄野潤三 講談社文芸文庫 ¥1,4002.『波』 作者はスリランカの大津波でふたりの息子と夫と両親を失う。あまりにつらい状況ですべてにNOといいたくなるが、時間をかけて個人でぽつんといることを受け入れていく。家族とは人間とはと、考えさせられます。 ソナーリ・デラニヤガラ 佐藤澄子/訳 新潮社 ¥2,0003.『ある家族の会話』 イタリアの女流作家の自伝的小説。背景にあるのはファシズムが迫る時代ですが、家族の中で語られる本当か嘘かわからない一族の話の豊かさといったら! その家庭でしか通じない言葉や話があることの幸せを感じます。 ナタリア・ギンズブルグ 須賀敦子/訳 白水Uブックス ¥1,000他の画像を見る撮影/古谷 勝 取材・文/山本圭子 撮影協力/アワビーズ ※eclat7月号掲載
  • エルメスで人気のお品ツイリー。使い方、巻き方などをご紹介しますこんにちは、らんです。 今回はエルメスのツイリーについて書こうと思います。 エルメスのツイリーはシルク100パーセント、長さ86センチ幅5センチの細長いスカーフです。 ツイリーはエルメスの中ではリーズナブルで、お求め安いお品です。 カシミアシルク同様、毎シーズン、春夏、秋冬で新作が出てきます。エルメスのシルクの柄は品があり、発色が良く美しさが際立ちます。 何通りか、バッグの巻き方をご紹介します。(わかりやすいように、全て黒ケリーに巻いてみました)バッグのハンドルの中心にツィリーの中心を合わせ、ハンドル下に向かって両側くるくる巻いていき、ハンドルの根元で結び先端を整えますハンドルの根元をまず結び、逆サイドまで巻き、そこでリボン結び ツイリーを半分に折りハンドルに巻きつけ、先端を折りたたんだ部分に通しシャープな印象に他の画像を見る ツイリーはバッグに巻くだけではなく、手首に巻いたり、首にネクタイのように結んだり、ヘアバンドとしても使えます。 シンプルな服装な時に、ちょっとファッションのアクセントとして使うとコーデが引き締まります。 ツイリーの中でもレアなものがあります。 それは俗に「プレタツイリー」との呼ばれるものです。 本来、普通のツイリーは、全く同じ柄の出方なのですが、プレタツイリーは一本一本の柄の出方が違います。また、ツイリー裏についている製品タグの形状も、プレタツイリーと普通のものとは異なります。プレタツイリー ツイリーはファッションで巻くのと同時に、ハンドルの保護にもなりますので一石二鳥ですね。 カシミアシルク同様、そろそろ2019AWのデザインが出始めます。ステキなお品に巡り会えたら嬉しいなと思います^ - ^ エルメス公式オンラインはこちら→美女組No.151 らんのブログ
  • 暑くるしい季節は、家での時間を少しでも快適に過ごすため、麻を効果的に暮らしにプラスしてみるのはいかが? 触り心地が涼しくなるだけで、ぐっと居心地がよくなり、部屋の温度さえひんやり感じられるはず。1.ベッドリネンはさわやかな白。 スローとクッションでさし色をプラス 「夏は、真っ白なベッドリネンで。麻のデュべカバー(かけ布団用カバー)に布団を入れず、カバーを肌がけがわりにして眠ります」。適度な重みが心地よい眠りへと誘い、サラリとした肌ざわりと抜群の吸水性でさわやかな寝心地。 プリーツ デュべカバー ピュアホワイト(麻100%、シングルサイズ150×210㎝〜)¥36,300 〜・ピュアホワイト ボックスシーツ(麻100%、シングルサイズ100×200㎝〜)¥17,600 〜・プリーツ ピローケース ピュアホワイト(麻100%、50×70㎝、ふち5㎝)各¥7,700・シェル クッション(中材込、生地 麻100%、刺繡 ポリエステル、45×45㎝)各¥16,000・ネリンガスロー アイスグレー(麻100%、150×230㎝)¥24,200 /リネン&デコール2.室内側カーテンは 透け感のあるクールカラーを 窓辺には2種類の麻のカーテン、室内側に透け感のあるネイビー、窓側には透け感のあまりない白&トープを。「日中は手前だけを引いています。落ち着いたネイビーは夏の強い日射しを遮り、見た目も涼やかに感じられます」。 すべて私物3.クロスは明るめのグレー。 ランナーの横使いを夏のもてなしに 「ランナーを横に使う『ブリッジ』という敷き方ならフォーマルすぎず、軽やかなおもてなしができます」。ランナー、ナプキンなどクロスは明るめのグレーでまとめ、ガラスや籐を合わせて、カジュアルで大人な夏のテーブルに。 ランナー(参考商品)・リモージュ ナプキン(麻100%、47×47㎝)¥1,540・ブルージュ キッチンタオル(麻100%、45×70㎝)¥1,870 /リネン&デコール その他/私物他の画像を見るリネンを指南してくれたのは…… LINEN & DECOR代表 菊川博子さん LINEN & DECORではオリジナルの麻商品を中心に、暮らしを豊かに、美しくする商品を提案する。 https://www.linenanddecor.net撮影/川上輝明(bean) スタイリスト/石山とみ子 菊川博子 取材・文/鈴木奈代 撮影協力/ FILE(http://file-g.com) ※eclat7月号掲載
  • きれい色のシャツワンピースやアクセントになるバッグなど、これから活躍するアイテムにひと目惚れ!【1】エキップモンのシャツワンピース「展示会でこのワンピースを見つけて ひと目惚れ。華やかなのに派手に 見えないのは上質シルクだからこそ。 ジャケット合わせでお仕事シーンにも」と編集長イシダが手に入れたのがエキップモンのシャツワンピース。コーラルオレンジの発色が柔 らかで美しく、オープンカラーの胸もとも 抜け感を演出しエレガント。 ワンピース ¥52,000/サザビーリーグ(エキップモン) 【2】 ベースレンジのビッグシルエットシャツコーディネートにほどよい抜けを演出してくれるビッグシルエットシャツ。肌が少し透ける軽い生地でありながら適度な張りもあり、袖をロールアップしてもさまになる。「アンダーウエアのイメージの あるブランドだけに、 着心地がすごくよくて感動。 髪をまとめてさわやかに 着こなしたいです!」とスタイリスト松村純子さん。 シ ャツ¥20,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィ エム クラス 丸の内店(ベースレンジ) 【3】エルメスのバッグ「シンプルになりがちな夏の装いに、 アクセントになるバッグが大活躍。 ゆるいコーデも大人らしい装いに」とスタイリスト福田亜矢子さんがひと目惚れしたのが、エルメスのシルク素材のバッグ。前面にはクラシカルな"ブ リッド・ドゥ・ガラ"を、背面にはグラフ ィカルなドット柄で二面性を楽しめる。 バッグ(縦33×横33cm) ¥228,000/エルメスジャポン(エルメス) 【4】フォクシー ニューヨークのレインコート「梅雨時にちゃんとした レインコートが欲しいと 思い、探し続けて ようやく見つけた一枚。 シャカシャカしない 素材がお気に入り!」と副編集長SGURが喜んでいるのがフォクシー ニューヨークのレインコート。2wayス トレッチ生地で着心地がよく、晴れた日にはスプリング コートとしても着てもいい。 レインコート¥86,000/FOXEY 銀座本店(フォクシー ニューヨーク) 撮影/佐藤 彩 スタイリスト/伊藤ゆみ 取材・原文/坪田あさみ 【Marisol7月号2019年掲載】
  • エクラ世代から支持されているボブスタイル。短いから手入れが楽というだけでなく、夏の”涼感”も演出。涼感ボブの中でも髪質悩みに応えてくれるボブを「雰囲気出しボブ」と命名。人気美容師提案の髪質改善スタイルをご紹介。1.面をキープしたカットと透明感カラーで艶ボブにフロントにいくほど長さのある"前下がり" フォルムで、顔まわりの「面」を強調するシルエットに。面があることでツヤが出やすくなる。また髪色はハチミツベージュに。透明感と輝きを与えられ、白髪カバーもかなえられる。毛先のカットラインもまっすぐ風に。全体を重めに見せるのも髪のパサつきを抑え、ツヤを与えられる工夫。重くなりすぎないよう、内側で毛量調整を。>>「いいことづくめの涼感ボブ」はこちらから【担当/野口尊さん(ROI) モデル/松田順子さん[45歳・主婦]】 ニット¥16,000/ドロワット・ロートレアモン ネックレス¥34,000/エル・エー・エイチ・ヴァンドーム青山 有楽町マルイ店(エル・エー・エイチ・ヴァンドーム青山)2.顔まわりのほどよいレイヤーでうねりをカムフラージュうねりは無理やりまっすぐに伸ばすよりも、ゆるやかな毛流れのようにまわりと同化させてしまうのが得策。うねりが出現している顔まわりとハチ上の髪にレイヤーを入れて、後ろへ流しやすい毛束をつくることで解消! ボブの毛先全体に1カールのパーマをプラス。丸みのあるフォルムのほうがうねりが目立ちにくく、毛流れもつくりやすい。>>「いいことづくめの涼感ボブ」はこちらから【担当/榊原章哲さん(Garland) モデル/福島久美子さん(オンラインショップ経営・51歳)】 ブラウス¥32,000/フィルム(ディーネロ) イヤリング¥9,000/プラス ヴァンドーム そごう横浜店(プラス ヴァンドーム)3.こめかみに毛束をつくりふんわり前髪にチェンジこめかみの位置にひとすじの短い毛束をつくる。それが支柱となり、立ち上げた前髪がつぶれるのをカバー。短い毛束をつくってもボブならわざとらしくならず、全体フォルムになじむので、お悩み解消とおしゃれヘアを両立。グラデーションカットで丸みを出しやすいボブに。さらに毛先1カールのパーマでブローが簡単。丸み毛先が重なることで、全体もつぶれにくく。>>「いいことづくめの涼感ボブ」はこちらから【担当/CHIEさん(PearL) モデル/浅野花英さん(看護師・43歳)】 ワンピース¥35,000/フローレント ネックレス¥10,000/アンテプリマ そごう横浜店 アクセサリー(アンテプリマ)4.うねりを利用した曲線フォルムで柔らか印象硬い髪質はうねりが寝ぐせ風に見えがち。そこでうねりを"曲線" と解釈し、全体をレイヤーと毛量調整で曲線フォルムに調整。パーマをかけずとも硬い髪質を軟らかく見せる効果があり、外ハネ毛先が自然に収まる。硬い髪が広がらないように前髪&レングスは長めボブに設定。中間を根元から間引き、空間をつくることで軽さも生まれる。>>「いいことづくめの涼感ボブ」はこちらから【担当/masatoさん(marr自由が丘) モデル/鈴木ゆう子さん(人材育成コンサルタント・45歳)】 カットソー¥14,000/ゲストリスト(ルミノア) ピアス¥2,800/フィービィー プラス(フィービィー)5.まとまる毛先の秘密は襟足の内側での毛量調整広がりやすい毛先の内側を間引いて毛量調整を。くるっと内巻きにしやすくカットすると、収まりがよくなり広がりを予防。ボリュームが出にくいトップと毛先の落差をなくし、1カールのブローだけでセットが完了できる。毛先の収まりがいいぶん、フロントは動かしやすくするため軽めに調整。ワックスで毛束を流したり、束感をつくることで今っぽい抜け感が生まれる。>>「いいことづくめの涼感ボブ」はこちらから【担当/杉山由夏さん(broocH) モデル/奥野里絵さん(主婦・51歳)】 ブラウス¥14,000/ファスサンファール(ブラーミン) イヤリング¥12,000/アンテプリマ そごう横浜店 アクセサリー(アンテプリマ)撮影/岩谷優一(vale.) メイク/広瀬あつこ 藤本 希(Cheek One) スタイリスト/程野祐子 取材・文/松井美千代 ※eclat7月号掲載
  • これから夏に向かって欠かせないTシャツ。シンプルさが魅力のアイテムだからこそ、選び方を間違えると、着こなしが地味に見えてしまうことも……。大人の体型や要望を知りつくしたエクラ御用達ブランドなら、コーディネートの迷いも一挙解決!1.BLAMINK 絶妙カラーのフレンチスリーブT 極細の上質な糸の生地を使用し、自然なツヤとしなやかな着心地を実現。フレンチスリーブになった袖は、袖口にリブをあしらうことで、二の腕がほっそり見えるよう工夫。グリーンがかったグレーはほかにない絶妙色。ブランドマークの刺繡が施されているので、すそをアウトにして着てもおしゃれ。 「刺繡入りTシャツ」¥21,000・スカート¥180,000/ブラミンク ピアス¥256,000・ブレスレット¥166,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) 靴¥93,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)2.HYKE メンズライクな地厚ホワイトT 透けにくく地厚な白Tシャツは、しなやかで肌ざわりのよいインドの超長綿を使用し、洗濯しても毛羽立ちにくいのが特徴。ビッグシルエットと肘まで長さのある五分袖など今どき感もたっぷり。 「ショートスリーブTシャツ(ビッグフィット)」¥14,000/ボウルズ(ハイク) パンツ¥36,000/カオス丸の内(カオス) 帽子¥37,000/ストラスブルゴ(ボルサリーノ) ピアス¥35,000・バングル¥226,000/ステディ スタディ(トムウッド) バッグ¥98,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)3.INSCRIRE 大人な肌見せバックコンシャスT メンズで使用されているラフさのあるコットン生地を再構築し、女性らしい一枚に。どちらもフロントはシンプル、後ろにはアクセントとなるディテールを効かせて意外性のある着こなしに仕上げて。 (右)背中に深いスリット入り。スラックスなどを合わせたときに女っぽさがちらりとのぞく。「クルーネックTシャツ」¥9,400・(左)腕を上げたときに背中が見える瞬間が女らしい。さりげない肌見せが大人の遊び心を刺激。「エプロンTシャツ」¥14,000/アマン(アンスクリア)他の画像を見る撮影/金谷章平(モデル) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ ※eclat7月号掲載
  • 手もとのおしゃれを楽しみやすい夏、アクセの主役はやはりバングル。腕が華奢に見え、箔もつく。そんな一流メゾンのボリューム系が大正解01 VALENTINOGARAVANI [ヴァレンティノ ガラヴァーニ]ひとつで、重ねて、シェアしてと辛口スタッズは楽しみ方も自在スタッズの大きさやカーフスキンの色によって、表情がまったく異なるのが魅力。長さが調節できるベルトタイプなので、男性とシェアしやすいのもうれしい。バングル(右から)¥24,000・¥24,000・¥33,000/ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ ガラヴァーニ)02 TIFFANY& CO. [ティファニー]シルバーのクールな輝きを大胆に重ねて、モダンな手もとに「ボーンカフ」と「ハードウェア」のラップブレスレット、主役同士のレイヤードもシルバーなら決して行きすぎない。バングル¥131,000・ブレスレット¥165,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) ハット¥37,000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) ワンピース¥68,000/ebure03 HERMÈS [エルメス]シンプルな中にも乗馬のモチーフが光るエルメスらしい逸品エルメスの乗馬用の鞍についている鋲「クルー・ド・セル」をモチーフにしたブレスレット。レザー×メタルというちょっぴり無骨な組み合わせ、太幅のデザインがかえって腕を華奢に見せ、女らしさを引き立ててくれる。ブレスレット¥102,000・ピアス¥108,000/エルメスジャポン(エルメス) ブラウス¥34,000/オーラリー 04 BOTTEGA VENETA [ボッテガ・ヴェネタ]ブランドの新たな魅力が味わえるミニマルで洗練されたゴールド上質なレザーグッズのイメージが強いボッテガ・ヴェネタで、ひときわ新鮮に映るゴールドプレートのバングル。究極にシンプルでありながら、ドアノッカーを思せるデザインでその存在感は圧倒的。バングル¥128,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)※( )内の数値は縦×横×マチで、単位はcmです(編集部調べ)【Marisol7月号2019年】撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.)スタイリスト/福田亜矢子 モデル/RINA 取材・文/伊藤真知
  • シンプルで単調になりがちなこの季節のおしゃれを一気に“キメる”には、ハイブランドや靴に定評のあるブランドの“いいサンダル”がうってつけ。ひときわ美しいカラーとこまやかなディティールを配したウェッジサンダルや、純白なミュールが「エルメス」から登場。 HERMÈS(エルメス)ひときわ美しいカラーとまるでアートピースのようなこまやかなディテールをもつウエッジサンダル。純白のミュールは、エルメスを象徴するシルバー色のクラスプがリュクスなムードへと導いて。アーティスティックなデザインのウエッジサンダルと、オーセンティックな美しさを誇るミュール青空を思わせるすがすがしいブルーの「タンドレス」は、ウエッジヒールに小粋な仕掛けが。やや太めのストラップが足首を華奢に見せ、さりげなくフェミニンさを添えて。靴(H7)¥123,000シルバー色のクラスプが美しいたたずまいを生む「オズ」。かかとからちらりとのぞくカラフルなソールもさりげなく印象的。靴(H1.5)¥149,000シェーヴル・ヴェロアの、カラフルで絵画的なサンダル「トゥルニ」。かかとをカバーし、しっかりホールドするデザインで、歩きやすさと大人にふさわしいきちんと感を両立。靴(H7)¥144,000/エルメスジャポン(エルメス)撮影/佐藤 彩 スタイリスト/福田亜矢子 取材・文/松井陽子 ※本文中の( )内の数字は編集部で計測。H=ヒールの高さを表し、単位は㎝です。 ※エクラ7月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND