気分の上がる冬の逸品をお供に! 人気スタイリストの旅支度 五選

Web eclat

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.エルメスのアクセサリートレイ&フラットポーチ
(スタイリスト伊藤ゆみさん)
「一年がんばった自分へのごほうび旅が多い冬旅。だから心地いいホテルでゆっくり過ごすのが好きです。そんな時間をより上質なものに格上げしてくれるのが、滞在中幾度となく目にするポーチやトレイ。エルメスのポーチは、サーフィンのウェットスーツに使用されるテクニカルな素材で、水にも強くなによりシンプルで素敵。3サイズあってこれだけでほかにポーチはいりません。アクセサリートレイは未使用時は平らになり持ち運びも便利」。

ポーチ大(H25×W34)¥38,000・中(H20×W28)¥34,000・小(H15×W21)¥33,000・トレイ¥49,000・カード(2セット)¥14,000/エルメスジャポン(エルメス)
2.サスのムートンスニーカー
(スタイリスト池田奈加子さん)

「ロンドンやパリへの美術館めぐりの旅では、一日中歩きまわることがほとんど。寒い冬の石畳にとっても重宝するのが疲れず、かつ暖かい靴。そこで見つけたのがこのハイカットスニーカー。クッション性があるソールで軽いからたくさん歩いても疲れないうえに、内側がムートンだから全然冷えない。この靴とドレスアップ用のパンプスがあればヨーロッパ旅ものりきれますね」。

「足首まで暖か。柔らかいからトランクに収納しやすい」。スニーカー¥59,000/プレインピープル青山(サス)
3.メゾン ボワネのファーバッグ
(スタイリスト池田奈加子さん)
「冬の旅では、どうしても暗めの色の洋服がメインになってしまうので、私は、持ち運びがかさばらない小物類で色や柄を取り入れて個性や華やかさをプラスするようにしています。なかでもファーバッグは旅先のちょっとしたドレスアップに便利。型くずれを気にせずスーツケースにも入れやすい。また、トランクはゴールド色を愛用。ほかの人とかぶらないので空港でも見つけやすく重宝してます」。

細いショルダーストラップつき。バッグ(H15.5×W13.5×D9)¥47,000/エストネーション(メゾン ボワネ) リモワのトランク/本人私物
4.ベグ アンド コーのカシミヤストール
(スタイリスト伊藤美佐季さん)
「海外ロケなどであちこち飛びまわることが多い私の旅支度は、いつもの延長線上でいられることがマスト。冬は使い慣れないもの、着慣れないものだと、肩が凝ったり疲労がたまりやすいので特に注意しています。寒がりの私は一年中大判のストールを持ち歩いていますが、このカシミヤストールは、表裏が黒と紺のバイカラーで、どんな装いにも合い、機内やレストランでも大活躍」。

)「73×183㎝のサイズは一番便利な大きさ。常に持ち歩きます」。ストール¥69,000/ボーダレス(ベグ アンド コー)
5.MARTINE ALIのボールチェーンネックレス
(スタイリスト 伊藤ゆみさん)
「フックでつなげたりはずしたりが簡単で、ネックレス、ウォレットチェーン、キーチェーン、ブレスレットの4役になるというすぐれもの。アクセとして使いつつ、防犯対策が必要なときには、バッグの内側に携帯やカギなどをつないで使用」。

ボールチェーンネックレス¥35,000/サードマガジン(MARTINE ALI)
eclat1月号掲載 撮影/木村 慎 スタイリスト/伊藤ゆみ 取材・文/大野智子 ※サイズ略記は下記のとおりです。H=縦、W=幅、D=マチ、単位は㎝。
関連記事
  • コーディネートの仕上げにプラスするミニショルダーとスニーカー。確かに、軽やかで小粋な着こなしになるのがうれしい。街できわだつおしゃれな大人の、こなれ上手なスタイルを実践。1.何げないように見えたら成功。 定番の着こなしになじませる白いミニバッグと白いスニーカー。どんな服にもマッチするのがこの組み合わせ。白は合わせる色も選ばず、トーンアップしてくれる。だから、ちょっとグレード感のあるものをチョイスしたい。デニムがぐっときれいめに。バッグ「ダブルT バッグ」(縦21×横17×マチ14㎝)¥166,000・スニーカー¥88,000/トッズ・ジャパン(トッズ) ジャケット¥69,000/ユナイテッドアローズ 原宿本店(カバナ) ニット¥21,000/アストラット 新宿店(アストラット) デニム¥32,000/アパルトモン 青山店(3×1) サングラス¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥48,000・バングル¥98,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(ソフィー ブハイ)2.小さなバッグは効かせ色に。 春色のアクセントが軽快ミニショルダーのサイズ感は鮮やかな色を着こなしに取り入れるのにちょうどいい。そうなるとスニーカーは格ある白が装いを底上げするのに有効。バッグ「ミニダッフルバッグ」(縦17×横21×マチ17㎝)¥68,000/イーストランド(マンサー・ガブリエル) スニーカー「ロートップ」¥69,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) コート¥42,000/アストラット 新宿店(アストラット) パンツ¥49,000/ユナイテッドアローズ 日本橋店(アンスクリア) イヤリング¥22,000/シジェーム ギンザ(ルーチェ マッキア)3.大人ピンクの足もとなら、 なんだか弾むように歩きたくなる春だもの、色のスニーカーも見逃せない。ただし本気のスポーツ系はアクティブすぎて、むずかしい。ラグジュアリーに仕上がった大人のブランドがしっくりくる。バッグはニュアンスあるグレー。ソフトな感触が体になじんで心地いい。バッグ「ポスティーナ」(縦14.5×横19×マチ9㎝)¥60,000/ストラスブルゴ(ザネラート) スニーカー「TREK COMET」¥77,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) ニット¥23,000/サードマガジン(サードマガジン) パンツ¥35,000/ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア(チノ) ピアス¥27,000/アッシュ・ペー・フランス(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス)他の画像を見るeclat5月号掲載 撮影/野口貴司(San・Drago) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/村山佳世子 モデル/ゆうき 構成・文/宮崎桃代 撮影協力/フリッツ・ハンセン 青山本店 COUNTRY HARVEST
  • この春らしい、カーディガン×タイトスカートのニットアップ。カーディガンは、前を閉めれば一枚でも着られる形を厳選。トップスにもはおりにも使えて、着こなしの幅がぐんと広がる。色や編み模様もセレクトのポイント。1.肌なじみのよいカラーならヘルシーな色気を装えるシンプルなリブニットは、色選びへのこだわりがはずせないポイントに。アッシュ系の色みを含んだ明度の高いカーキは、素肌なじみもよく、タイトシルエットでもヘルシーに着こなせる大人にこそ心強い色。デコルテのあきや、フロントのスリットが、さりげないフェミニンさを導いて。カーディガン¥18,000・スカート¥19,000/カオス丸の内(カオス) ピアス(片耳)¥32,000/ショールーム セッション(ヒロタカ) バングル¥67,000/デ・プレ(アリアナ ボウサード) バッグ¥172,000・靴¥98,000/ジミー チュウ2.カジュアルに着られるハイゲージの黒ニット柔らかい風合いの薄手のハイゲージニットだから黒でも軽やかな印象に。小物は大人っぽいテイストでまとめて。カーディガン¥19,000・スカート¥19,000/インターリブ(サクラ) Tシャツ¥9,000/SANYO SHOKAI カスタマーサポート(マッキントッシュ ロンドン)4連バングル¥9,000/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(マージョリー・ベア) バッグ¥104,000/ドレステリア 銀座店(エムツーマレティエ) 靴¥29,000/ベイジュ(ピッピシック)3.杢グレーに白シャツを合わせて清潔感をキープ気になるボディラインも、長め丈のカーディガン合わせで素敵に解消。インしたシャツが立体感を加え、シンプルながら奥行き感のある着こなしに。カーディガン¥36,000・スカート¥32,000(ともにデミリー)・シャツ¥32,000(フランク&アイリーン)/以上サザビーリーグ チョーカー¥114,000/ストラスブルゴ(ソフィー ブハイ) バッグ¥148,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥24,000/ハイブリッジ インターナショナル(Amb)他の画像を見るeclat5月号掲載 撮影/菊地 哲(モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ゆうき 取材・文/松井陽子
  • 今回はシンガポールを起点にペナン島、プーケットにも寄港する旅。寄港先での街歩きや観光も、クルーズ船の旅の醍醐味!エレファントトレッキングは、プーケット島の人気オプショナルツアー。3泊4日の「ゲンティン ドリーム」は、1度の旅で3か国を巡る。起点のシンガポール、2日目、3日目にそれぞれ寄港するペナン島(マレーシア)、プーケット島(タイ)、いずれも人気のデスティネーションだ。 クルーズの一番のメリットといえば、洋上ライフを楽しんでいる間に次の港に到着すること。移動の疲れもなく、時間を有意義に使うことができるから、寄港地では思いきり街を満喫したい。 寄港地で頼りになるのが、有料のオプショナルツアー。アウトドアにショッピングに世界遺産散策と、その内容は豊富なので、自分にぴったりのものが見つかるはず。 このクルーズのひとつ目の寄港地はペナン島。停泊する港は中心部、ジョージタウンにあり、徒歩だけでも十分に街を散策することができる。ここではオプショナルツアーに参加せず、プラナカン文化が息づくカラフルな旧市街を気ままに歩いてみるのもよさそう。 ペナン島に到着。下船すると、民族衣装をまとった女性たちが華やかにお出迎え。ペナン島の港は街の中心部。船を一歩出れば、そこは外国。3日目の朝は、プーケット島のパトンビーチに到着。広大なプーケットを効率よく巡るなら、オプショナルツアーに参加するのもおすすめ。もちろん、おひとり様参加もOK。家族連れや友だちとの旅でも、寄港地だけ別行動できるのは、クルーズ船の便利なところ。たった一人でも、治安を心配したりすることなく歩けるのは嬉しい。「ゲンティン ドリーム」がシンガポールを出発・到着するのは夕刻。乗下船の前後にシンガポール観光も可能。シンガポールの街中にある風水スポット「富の噴水」で、これから始まる船旅の無事を祈願。ローカルの雰囲気を楽しみながら、ペナン島・ジョージタウンを散策。他の画像を見る *   *   * 下船するときに思わず感動してしまうのは、出入国手続きがとても簡単なこと。一般的に、クルーズでは船が乗客に代わって事前に出入国手続きをする仕組みになっているため、イミグレーションで長い列に並ぶ煩わしさがない。歩きすぎてヘトヘトになったら、即、部屋のベッドに直行! これは飛行機で出入国する際との大きな違い。 1度の旅で何度もおいしい、クルーズの旅。それを短い日程で可能にする「ゲンティン ドリーム」は、忙しい女性のわがままな希望を叶えてくれる。 「ファイブ・フット・ウェイ」と呼ばれる屋根付きの歩行者専用通路が連なるジョージタウン。世界遺産にも登録されている。 寄港地でローカルビールを飲むのも楽しみ。問い合わせ/ ゲンティンクルーズライン ☎03・6403・5188<<< ずっと船にいても飽きない理由【連載第5回】写真/織田桂子 取材・文/芹澤和美
  • デザイナーやバイヤーら、ファッションプロはフライト経験が豊富。「ロスト・バゲージに備えて」「なるべくコンパクトに」……と機内持ち込みのこだわりも格別だ。手荷物だけで旅する派と預け入れもする派の必携アイテムを一挙ご紹介! 手荷物のみ! 「預けない」私の機内セット 国内やアジアなら機内持ち込みオンリー! 手荷物だけで軽やかに旅する人のミニマルな中身を公開 機内でも"ファッション"を常に意識 榎本実穂さん 外資系ブランドのMDや大手セレクトショップのバイヤーなど長くファッション業界で勤務。その後2015年の春夏に「ELIN」をスタートさせた。 メインのバッグは約10年前にヨウジヤマモトで購入した、スーツケースにもリュックにもなる優れもの。服はインナーを変えれば着回しもきくヴィンテージロンパースをメインに、ELINのカットソーと光沢のあるショルダーバッグを合わせて。「常に快適さとファッション性の両立を意識しています!」 1 機内ではコンタクトをはずしてメガネを2 エルメスによるコンセプトショップ「petit h」で購入したノート3〜5 筆記用具とペンケース6 香水などの液体系をまとめるエルベシャプリエのポーチ7・10・11 色やサイズが豊富なプラダのポーチは、家に20個(!)ほど所有。「つい空港で購入してしまいます(笑)」と榎本さん。気分や用途に合わせて選び、サプリやティッシュなどを整理して収納している8 旅先で見聞きしたものの詳細やアイデアの記録用に持ち歩くiPad Pro。ここからコレクションの方向性を考えることも多い9 むくみ対策に。顔と体に使えるリファは機内での必需品12 ロンパースの下に着ているものと色違いのELINのカットソー。着心地がよく、女性らしさもあるため旅には2枚常備13 「ディナーにも対応できるレースのアイテムはマストで」。基本的に服は現地のショップで購入するため、荷物に入れるものは厳選 14 消臭用のファブリーズ15 自分で調合したアロマオイル。「ユーカリやオレンジにウッドやスパイス系を足してリラックスできる香りにしています」16 保湿にはクラランスのボディ オイル"トニック"17 BYREDOのフレグランス。ローズノワールは甘くなくすっきりとした香りが魅力。「人前に出るときの嗜み用に」18・19 顔の保湿にはエンビロンのクリームとジェルを 20 エルメスの長財布21 ヴィンテージのレイバン。「アイウェアフリークなので気分に合うものを持っていきます」22 iPhone XR23 シャネルのリップ バーム24 M・A・Cのプロ アイ パレット ザ デイム。榎本さんはバームに重ね、リップカラーとしても活用25 シャネルのレーヴル サンティヤント 212。「赤のグロスはアクセサリー感覚でスタイリングにプラス」26 アディクションのアイライナー ペンシル SOURCE:SPUR 2019年6月号「機内持ち込みの天才」photography: kimyongduck text: Mai Ueno
  • "今"のニーズにこたえるべく進化した客船は、中で観られるさまざまなエンタメにも最新技術がふんだんに。予約はアプリで完了するというのも、なんとも気軽!思わず息をのむような演出も(「SONIO」)。専属パフォーマンスによるシグネチャーショーが圧巻(「SONIO」)。「オールディーズのダンスにマジックにコメディ。クルーズのショーなんて、どこも同じ」と思っていると、「ゲンティン ドリーム」では度肝を抜かれるはず。最新設備を備えたシアターで連日繰り広げられるのは、ハイクオリティーなオリジナルのステージだ。 なかでも、専属のシンガーやダンサーによるシグネチャーショーの「SONIO」は必見。巨大なLEDスクリーンに映し出される3D映像とパフォーマーたちのアクロバチックなダンスのコラボは、美しくもあり、刺激的でもあり。 中国の伝統を取り入れたあでやかなパフォーマンスにうっとり(「China’s Got Talent」)。セリフはほとんどないので、言葉の壁はなし。テンポよく進むステージにいつしか引き込まれ、1時間ほどのステージの終演には、「もう終わり?」と感じてしまうほど。 人気公開オーディション番組をステージに再現した「China’s Got Talent」は、香港に拠点を置くクルーズブランドならではのユニークなショー。ただ華やかというだけではなく、パフォーマーのたぐいまれな才能に、思わず目がくぎ付けになる。 テンポよく進む、最新技術を駆使した演出とパフォーマンス(「SONIO」)。ときには、世界的に有名なアーティストのコンサートが開かれることも。シアターで何が行われるかは、前日の夜までに客室に届けられる船内新聞で要チェック。興味があるプログラムを見つけたら、即、アプリで簡単に予約ができるのも、この船の機能的なところ。 ショーはすべて、インクルーシブ。「ステージ三昧したくて、2泊3日のクルーズへ」。そんな旅も、「ゲンティン ドリーム」なら十分にあり。実際、ショーを楽しみにリピートしているゲストも多いのだとか。 シアターだけでなく、船内のパブリックスペースでもショーが行われる。問い合わせ/ ゲンティンクルーズライン ☎03・6403・5188 <<< クルーズ船での「ちょっと一杯」は最高!【連載第4回】写真/織田桂子 取材・文/芹澤和美
  • 現在発売中のエクラ5月号では、着るだけで素敵になれる「進化したシャツ」の大特集を掲載。アウターなしでも出かけられる日が増えてきた今、エクラ華組ブロガーたちが春のシャツコーデを大公開! 一枚で着映えて体型カバーもかなう、大人にうれしい最旬のシャツとは? 愛用ブランドからプチプラブランドまで上手に取り入れた、彼女たちの着こなしをぜひ参考にして。1.『GU』のシャツワンピースで気になる体型もカバー (佐藤綾子さん)ロングシャツにレギンスを重ね、昨年から人気のレイヤードを披露してくれた佐藤さん。 「爽やかな白地でデザインもゆったり。気になるお腹や体型もカバーしてくれます。そしてお値段なんと1990円! コスパ良すぎです。他にブルーベース、ベージュベースもありましたよ。 同じく『GU』のグレーのリブレギンスを合わせて柔らかい雰囲気に。シルバーのバッグ、パープルのパンプスで少しきれいめにしてみました」2.素敵オーラを倍増させる変わりデザインシャツ (鈴木たま江さん)アレンジされたものをセレクトしたり、素材やボタンにこだわったりと、実はシャツに目がないという鈴木さん。 「髪はショートで首回りは貧相…なので、スタンダードな形のシャツはマニッシュになり過ぎて自分には似合わないと思ってるんです。そんな思いで選ぶシャツは欠点をカバーしてくれて、おまけに見栄えのするもの。今のお気に入りは、スカーフの様に首元に結ぶリボンとオープンショルダーが特徴的な『Brunello Cucinelli』のシャツ。カチッと決めすぎない様にパンツとバッグはデニム素材にしてちょっぴりラフに!」3.『ZARA』の白シャツはゆったりサイズを重視 (近藤和子さん)近藤さんが暖かくなったら真っ先に着たいと思っていた『ZARA』の白シャツは、各サイズを試着してセレクト。ふんわり&ゆったり感を重視し、Mサイズを購入したのだそう。 「まだ寒い季節のうちに購入しておいたシャツ。今年はゆったりした長めの丈なものを選びました。シンプルすぎるほどの白シャツなので、胸元や手元はシルバーでキラキラとさせて。 小物も今年の春先に購入した、ロエベの籠バッグ。靴はエクラ別注のペリーコで、スタッズ付きの白にしました」他の画像を見る※写真・本文は本人ブログより抜粋
  • 東京は今まさに、"鮨バブル"。実力店が群雄割拠する時代。あらゆる美食に通じながら「今、自腹で行きたいと思うのは、一も二もなくお鮨!」と話すN山さんに、大人の女性が心から満足できる店を指南いただきます。教えてくれたのはこの方 N山K子。外資系金融企業に勤める美食家。鮨をこよなく愛し、月に2回以上の鮨屋通いを欠かさない。特に好きな鮨だねは貝類。日本酒、ブルゴーニュ好き。1.何もかもが極上! 唯一無二の初音劇場『初音鮨』カウンターはウォールナット材のL字形。インテリアは鮨屋らしからぬモダンさである。大将の中治勝さんが登場しゲストの前で酢めしをきり終えると、超豪華素材のオンパレード、「初音劇場」の始まりだ。 「大将と女将さんのかけ合いから、一貫ずつの出し方まで、すべてが唯一無二のエンターテインメント。お鮨を食べ慣れた目上のかたをお連れしても必ず喜ばれます」と、N山さん。マグロは下田産や銚子産、その日の一番をかたまりから切り出し、約35℃のしょうゆでヅケに。松葉ガニや伊勢エビは生きたままの姿を見せてから調理し、ウニは産地もブランドもわかる箱ごと、まずカウンターへ。「嘘偽りいっさいなし」とすべてをゲストの前で行うのがスタイル。中治さんの軽妙な口上に終始ゲストがわき、女将のみえ子さんのおっとりした合いの手に、また笑いが起こる。  極上素材と真心のもてなしが織りなす“鮨ライブ”は、「満足感」をはるかに超えた感動体験だ。’18年11月、改装を経てリニューアルオープン。内装設計は『大浦比呂志創作デザイン研究所』による。現在、勝さんとみえ子さんの愛娘、睦さんも若女将として活躍松葉ガニのほぐし身とカニ味噌のリゾット。生きた状態を見せてから15分蒸し、スタッフ総がかりでカウンターでほぐし身にエゾバフンウニ、紫ウニの小丼他の画像を見る東京都大田区西蒲田5の20の2 ☎03・3731・2403 15:00~、17:00~、19:00~(3部制) ㊡水・木・日曜、祝日 ※コース¥48,600(税込)~ (事前決済または現金のみ)2.ウニにマグロは鮨の華。銘醸ワインとともに『鮨 尚充』毎日営業直前に剃り上げるピカピカの坊主頭に、エルメスのスカーフのねじり鉢巻き。カウンターにはルイ・ヴィトンのネタケースが鎮座する。ムードはかなりイケイケだが、店主の安田尚充さんは16歳から自由が丘『鮨幸』一軒で14年間もの長きにわたり修業。親方も公認の独立時からのゲストに愛され続け、「お陰さまで、開業から8年、毎日満席です」と、話す笑顔はすこぶるさわやかだ。 「華やかさがあり、スタッフも充実していて大将を筆頭にサービスもきめこまやか。プライベートではもちろん、接待にもいい店です」と、N山さん。  鮨だねで力を入れるのは、一も二もなくウニ、そしてマグロ。逸品つまみとにぎりを織り交ぜたコースのハイライトとしてそれぞれを2、3貫ずつ出し、味の違いを楽しませる。ワインはシャンパーニュ、ブルゴーニュを中心に自然派からグランヴァンまで、ツボを押さえたセレクト。  気分がアガる、そしてご主人と鮨から確実にパワーをもらえる。心から楽しめる上質なワクワクがある鮨店である。ゴージャスなアイテムを配しつつ、品のある空間。器や花のしつらえにもセンスがにじむ熊本県天草産の紫ウニ。小粒でしっかりとした磯の香りがある赤身のヅケ。マグロは高級鮨店、割烹御用達の仲卸『やま幸』から他の画像を見る東京都目黒区青葉台1の28の2 ☎03・3712・6999 18:00~、21:00~(2回制)、土曜のみ昼営業12:00~ ㊡日曜、祝日 ※コース¥23,000~。予約は予約サイト「OMAKASE」で3.基礎と発想力で勝負。人気沸騰中の新店『鮨 由う』「にぎりの一貫目は春子(カスゴ)と決めています」と、尾崎淳さん。春子は鯛の稚魚の総称だが、身が軟らかい血鯛の稚魚を使用。軽い昆布締めで、みずみずしいうま味を存分に楽しませる。脂ののった高級魚は鮨の花形だが、「小さな魚に手間をかけて味をつくる」のが身上。長く修業した鎌倉『以ず美』で覚えた仕事だ。そんな職人気質のきまじめさは内に秘め、ゲストの前では徹底したエンターテイナーに。 オリジナルの「プリン巻き」は、提供時のパフォーマンスも含めた“名物”。N山さんも「個室もあり、鮨ビギナーの友人たちとの女子会にもよさそう」と、次の訪問の機会をねらっているところ。4名までの個室あり対馬産のブランドのどぐろ「紅瞳」は脂のりが段違い。焼いて酢めしの上にのせてペースト状にしたあん肝を酢めしと合わせ、すいかの奈良漬け、きゅうりと巻いた「プリン巻き」。尾崎さんのパフォーマンスは、店を訪れてのお楽しみ他の画像を見る東京都港区六本木4の5の11 ランド六本木ビルB1 ☎03・3404・1134 17:30~、20:15~(2部制) ㊡日曜、祝日 ※おまかせコース ¥20,000~。5月、系列店が広尾に4.知識と技で極める味。春は貝もいろいろ『すし匠まさ』つまみとにぎりが交互に出るスタイルは、修業先『すし匠』を踏襲するが、驚くのは50を軽く超えるという品数。数もさることながら、ひと口の酒肴にいたるまでこまやかな仕事が施されていて、扱う魚種も幅広い。ふだんは鮨屋でも「食事と会話を楽しむ派」のN山さんだが、ここでは岡正勝さんの熱に引き込まれ、ついつい魚の話に没頭してしまうのだとか。「知識や経験値にかかわらず誰にでもわかりやすい説明で、カウンターに一体感が生まれるんです」とも。  酢締めや塩締めは、魚の状態に応じて1分刻みで時間を決め、ほかの職人が使わないような部位も、炙るなどして酒好きが喜ぶ一品に。春はツブに北寄と、貝類にも力を入れ、卵巣や白子つきの希少なものも登場する。食後はさすがにおなかいっぱいになるが、メリハリのある鮨だねとまろやかなうま味のある酢めしが一体になった小ぶりなにぎりは、永遠に食べ続けられそうな錯覚に陥るほど!7席のみの、こぢんまりとした店で「隣のお客との会話も自然に始まる」と、N山さん。白木のカウンターがすがすがしいカワハギと肝のにぎり。肝の味の安定感を求め、カワハギだけはあえて養殖を使う和辛子をのせたカツオのヅケ他の画像を見る東京都港区西麻布4の1の15 セブン西麻布B1 ☎03・3499・9178 18:00~24:00 (日曜・祝日~23:00) ㊡月曜(不定休あり) ※コース¥25,000~5.職人の人柄が表れた、誠実で食べ疲れない鮨『鮨 てる』価格で鮨店を選ばないN山さんだが、「味と居心地に満足した店が、結果的にリーズナブルだった」と絶賛するのが『鮨 てる』。食材の派手さやパフォーマンス勝負ではなく、魚は定番を中心に、つまみで季節感を添えて。奇をてらわないぶん、仕事がまっすぐ味に出る。薬味の香りの効かせ方が秀逸なつまみ、粒の立ったまろやかな酢めしと鮨だねの食感が織りなす、咀嚼してうまいにぎり。宮﨑智弘さんが夫婦ふたりで切り盛りする店だが、アットホームとは一線を画す、凛とした空気も心地よい。 ちまたの鮨バブルなどどこ吹く風、路地裏で静かに味を知る大人を引き寄せている。カウンターにはハンス・ウェグナーの椅子。器使いにも夫妻のセンスを感じるお造り。鯛は2日間寝かせて落ち着かせ、アイナメは食感を損なわないよう朝締めのものを提供コースはつまみに始まり、にぎりに移行するスタイル。にぎりは約10貫。アナゴは、口の中で酢めしの粒の間に溶け入り、一体になるような軟らかさ他の画像を見る東京都新宿区荒木町7 ☎03・5379・8138 17:30~23:00 ㊡日曜、祝日 ※予算¥15,000~¥20,000。 予約は2カ月先までの分を常時受け付けているeclat5月号掲載 撮影/海老原俊之 牧田健太郎 取材・文/佐々木ケイ
  • 洗える・シワになりにくい・プチプラ・高見え。全てが叶うaround管理職の強い味方が今年も出ています! アラフォーともなると、ビジネスシーンでは、ある程度のきちんと感が求められますが、日本の春夏は暑い!常にジャケット着用なんてとても無理ですよね。  そんなときに役立つのが、きちんと見えするきれいめ素材のセットアップ。  汗をかく季節なので、気軽に洗えて、シワになりにくく、枚数をそろえられるプチプラがありがたい。できれば高見えする物がいい・・・。  そんな贅沢な悩み、はい、ユニクロで叶います!  ユニクロのドレープシリーズの上下をセットアップ風に着るのが個人的に大ヒットだったので、去年のブログに書いていたのですが・・・、➡本当は教えたくなかった(笑)ユニクロの高見えセットアップを驚きプライスで!  今年も、同様の素材でセットアップ風に着られるドレープシリーズが発売されています。  いやー、今年も出してくれて本当に良かった!これがないと、私の春夏のビジネスファッションは大打撃を受けると言っても過言ではないですから(笑)ユニクロ ドレープブラウスユニクロ ドレープテーパードアンクルパンツ ブラウスは、ブルー、ホワイト、ブラックの3色、パンツはブラック、ネイビーの2色を買いました。  これをビジネスシーンでどう着るか、セットアップ風の着回しコーデを考えてみました。小物もブルー系でまとめれば、爽やか感が出ます。 スカーフ:エルメス バッグ:トッズ パンプス:ロックポート白ブラウスは春夏の鉄板。 モノトーンコーデにネックレスでアクセントを。 ネックレス:エルメス バッグ:コムデギャルソン パンプス:ロックポート 上下黒で、きちんと感がさらにアップ。バッグとパンプスはネイビーで引き締めて。 スカーフ:エルメス バッグ:エルメス パンプス:ロックポート  ジャケットを羽織らなくても、かっちりとしたバッグやスカーフなどの小物使い次第でビジネスシーンに十分対応できます。  スカーフは、私は男性にとってのネクタイに似た存在と捉えています。  男性のクールビズで、ノージャケットでノーネクタイだと、なんとなく間延びして見えることがありませんか?  それと同じで、女性のクールビズも、シンプルすぎてビジネスには適さない格好に見えてしまうことも。そんなときに、スカーフを一枚加えると、ビジネスシーンにふさわしいきちんと感を演出できます。    小物を変えてこんな感じにしてみると、学校行事などのオケージョンにも対応可能。  パールのブローチを主役に、ちょっとコンサバを意識してみました。ピアス:エルメス ブローチ:TASAKI バッグ:エルメス 今年もこのセットアップを着回して、暑い春夏のビジネスシーンを快適に乗り切りたいと思っています!★Instagramで日々の出来事やコーデを更新中です。美女組No.141 カキノキのブログ
関連キーワード

RECOMMEND