顔ラインをシャープに! 洗練度を上げる「辛口ネックレス」【大人が頼れるジュエリー】

Web eclat
エストネーション ネックレス

1/4

ロンハーマン ネックレス

2/4

シャルロット シェネ ネックレス

3/4

バーニーズニューヨーク ネックレス

4/4

繊細ながら、キレがいいY字ネックレスの重ねづけ


シンプルな襟もとに映える、華奢なネックレスのレイヤードスタイル。今季、バリエーション豊富にそろうY字ネックレスは、長さの調節もできて、キリリと新しいデコルテの表情をつくってくれる。



ネックレス〈短〉(YG)¥58,000・〈長〉(YG)¥56,000/エストネーション(ジジ)ワンピース¥22,000/カレンソロジー青山(カレンソロジー)

定番のボールネックレスを鈍くクールな輝きで更新


フェミニンな印象のボールネックレスが、鈍い輝きのシルバーでぐっと辛口なイメージに。2連にも3連にもなるロングが活躍。



ネックレス(SV)¥250,000/ロンハーマン(タナーズ インディアン アーツ) リング〈人さし指〉(SV)¥27,000・〈中指〉(SV)¥53,000/ステディ スタディ(トムウッド) シャツ¥24,000/アマン(アンスクリア)

鎖骨を魅力的に引き立てるチョーカーという選択肢


ボートネックで引き立つ鎖骨。そこに、色気とかっこよさを兼ね備えたチョーカーをあしらい、顔まわりを印象的に仕上げて。首に沿う、短く重厚感のあるバランスが新しく着こなしをランクアップ。



チョーカー(SV×イエローヴェルメイユ)¥260,000/エドストローム オフィス(シャルロット シェネ) ニット¥32,000・スカート¥35,000/オーラリー

まろやかなフォルムを愛(め)でる近代芸術のようなジュエリー


同じメタルのモチーフを大小でレイヤード。タートルネックのマットな襟もとに、輝きで抜け感を演出できる。



ネックレス〈短〉(SV)¥79,000/ストラスブルゴ(ソフィー ブハイ) ネックレス〈長〉(SV)¥84,000/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター(ソフィー ブハイ) ニット¥24,000/スローン スカート¥49,000/マディソンブルー

大人が頼れるジュエリー 記事一覧

コーディネートがなんだかぱっとしないと感じるときは、クールな輝きを放つティファニーのシルバージュエリーを。
かしこまりすぎないデザイン性の高いパールなら、アラフィーに必要な品のよい輝きを洒脱に足せる。大人のパールは、信頼のブランドから選んで。
撮影/長山一樹(S-14 ) ヘア/左右田実樹 メイク/佐々木貞江 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ LIZA 取材・文/東原妙子 ※エクラ2019年1月号掲載  ※略号は以下のとおり。SV=シルバー、YG=イエローゴールド、PT=プラチナ、PG=ピンクゴールド、WG=ホワイトゴールド、D=ダイヤモンド。 
関連記事
  • 「後ろ姿がきれい」ってこれからの必須かも!肌見せの季節が近づいてきた! でもミニスカートで脚を出したり、オフショルでデコルテを見せるのはなんだか子どもっぽくなりそうで……。そんなover25歳のベストな肌見せは「背中」という説! 自分では見えないからこその無意識な色気、インナーで調節できるほどよさ、後ろを向いた時の意外性。これが全部、しかもカンタンに手に入る、背中見せワンピをおひとつ♡今日は何を重ねよう。コーデアイデアが無限に広がるイメチェン上手な一枚ブラウンと白を下に重ねてやわらかさと抜け感を。きれいめ小物でシックな佇まいに。ワンピース¥19000/ルーニィ タンクトップ¥7800/シンゾーン ルミネ新宿店 スカート¥11000/ノーリーズ&グッドマン銀座店 靴¥23000/ペレテリア ヒットマン(スペイン メイド パークマンション) バッグ¥7490/ロコンド(マンゴ) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) ピアス¥2280・ブレスレット¥2800/サンポークリエイト(アネモネ)ロマンティックな裾に対しての背中見せがいいギャップ。太陽の下で映えるオレンジカラーは夏のデートにうってつけ。¥29000/コエル深く入った背中のカッティングに、体に添うタイトなラインがセンシュアル。鮮やかなカラーを選べば、潔い女性らしさが手に入る。¥30000/シップス 渋谷店(ウーア)シックなネイビーのロング丈なら、バックシャンも気軽にトライ可能!フロントはデコルテが映えるシンプルなVネック。立体的な後ろリボンとのギャップではっとさせて。ワンピース¥7900/オンワード樫山(シェアパーク) 靴¥6500/コンバース バッグ¥29800/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) ピアス¥2055/サードオフィス(ROOM) ♡7月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/鈴木絵美 撮影/新田君彦(えるマネジメント) 坂田幸一(製品) ヘア&メイク/河嶋 希(io/理央分) 林 由香里(ROI/友菜分) モデル/内田理央(モア専属) 鈴木友菜 スタイリスト/高野麻子 撮影協力/AWABEES
  • シャープな顔立ちゆえにキツい印象を持たれてしまう猫顔さん。ピンクやベージュのやわらか色を駆使して、すべてのパーツの丸みを強調することで、顔圧ダウンして優しげに。目もとは淡い色のアーチ眉に、アイシャドウとマスカラで縦の丸みを引き立てて。リップ&チークもピンクを曲線的に塗り、ピュアな可愛げを演出。 【猫顔・犬顔】あなたはどっち?いつものクールな猫顔メイクはこんな感じ…チェンジ1.【EYE】やわらかな陰影で“縦の丸み”を演出1さりげなくまぶたに溶け込むベージュ系パレットで、ソフトな陰影を引き立てて。レ キャトル オンブル ルミエール ナチュレル ¥6900(限定品)/シャネル 2マットブラウンのまつげで、やわらかな奥行きを演出。RMK マットマスカラ N 02 ¥3500/RMK Division 3ほわっと抜け感のある眉をかなえる、ミルキーなブラウンの3色パレット。フーミー アイブロウパウダー N bright brown ¥1800/Clueパレット1abをレイヤード。アイホール全体と下まぶたに、縦幅を出すように丸く塗るのがコツ。眉は3cdを混ぜふんわりとしたアーチ形に。ブラウンマスカラ2を上下に塗り、黒目の上下は重ね塗りをチェンジ2.【CHEEK】大人ピンクをふんわり丸くぼかすなめらかになじんで、ふわっと色づくパウダーチーク。大人ガーリーなピンクを選んで、ほのかな甘さをプラス。ブラッシュ スプティルSP 330 ¥5700/ランコム大人ピンクのチークを、頰の中心に広く丸くふんわりとぼかす。ブラシで塗ったあとに、輪郭を指でぼかすとほんのり染まったようなやさしげで可愛い印象に【LIP】ピンクリップで上唇にボリュームをゴールドパールが潜むペタルピンク。アディクション  リップスティックピュア 023フェイク ロマンス ¥2800/アディクション ビューティゴールドのつやをたたえた甘すぎないスマートピンクのリップを直塗り。上唇はオーバーぎみに丸みを出すように塗ると、ふっくらとした印象に仕上がるソフトなカラーで丸みを引き出して端正な猫顔に曲線美とゆるっとした空気感をワンピース¥38000/リコドット(ステア) イヤクリップ¥8000/A few リング¥32000/トゥモローランド(アンコモンマターズ) (左ページ)オールインワン¥24000/トゥモローランド(マカフィー) ピアス(1個)¥5000/A few(モデル上)ワンピース¥38000/リコドット(ステア) リング¥32000/トゥモローランド(アンコモンマターズ)  (モデル下)オールインワン¥24000/トゥモローランド(マカフィー) ピアス(1個)¥5000/A few撮影/川原 歩(スーパーバイラーズ)、富田 恵(物) ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/辻村真理 モデル/谷口 蘭、シエル(猫) 取材・原文/長田杏奈 ※BAILA2019年7月号掲載
  • フラット靴しか履いていないのに、ちゃんときれいで女っぽい。パンツ派・SHIHOの「楽してきれい」なコーデ術をマスター! 旬のチェックパンツに、白スニーカーで安心感とこなれ感を投入 トレンドの目新しいチェックパンツが、定番の白コンバースでぐっと身近でこなれた印象に。仕上げに肩かけジャケットできちんと感、大ぶりピアスで女っぽさを足して。 スニーカー¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) Tシャツ¥14,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム  クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥65,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) ジャケット¥79,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) ピアス¥5,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ユナイテッドアローズ) バッグ¥90,000/TOMORROWLAND(ワンドラー)靴そのものに「品格」がある上質なレースアップ靴でハーフパンツもきれい見え パンプスに匹敵するきちんと感がありつつ、歩きやすいレースアップ靴は休日カジュアルの格上げにも大活躍。少年ぽくなりすぎないよう、トップスはギャザーブラウスでやや甘めに。 靴¥159,000/ドゥロワー 丸の内店(エドワード・グリーン) ブラウス¥36,000/デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店(グリントマティ) パンツ¥17,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) メガネ¥32,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(BJ クラシック) バッグ¥75,000/ジャーナル スタンダード  レサージュ 青山店(バッグ イン プログレス)クロップドパンツには シルバーの輝きで女っぽさをプラス! クロップドパンツを旬のグリーンにすればさらに上級者感がアップ。はおりとバッグは黒を選んであくまでシックな印象にまとめて。靴¥24,000/フラッパーズ(カルツァイウオーリ・フィオレンティーニ) ワンピース¥36,000(インディビジュアライズド シャツ)・バングル¥106,000(ソフィー ブハイ)/フレームワーク ルミネ新宿店 カットソー¥6,500/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス  ビームス) パンツ¥20,000/ヴェルメイユ パー  イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) イヤリング¥5,800/ティアラ(ラ ピエス) バッグ¥40,000/ウィム ガゼット青山店(イアクッチ)シンプルなワントーンにレースパンプスでレディな女っぽさをひとさじ 甲が浅いポインテッドトゥのおかげで、バランスがむずかしいワイドパンツでもすらりとした印象に。靴¥78,000/ヴェルメイユ パー イエナ日本橋店(ニナ リッチ) カットソー¥24,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) パンツ¥19,000/ジャーナル スタンダードレサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) メガネ¥32,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(オリバーピープルズ) ネックレス¥15,000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップ  オーディベール) バッグ¥21,000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) 涼しげなギャザーパンツを、スリッパサンダルでほんのりモードに ウエストがゴムになった薄手のギャザーパンツは涼しく快適。とろみ素材が女らしい一本を、ギャザー袖のシャツブラウスと合わせてふわっと女らしい印象に。一見ルーズになりそうな着こなしをローファー風の大人スリッパでかちっとモードに引き締めて。靴¥57,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(サルトル) ブラウス¥16,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) パンツ¥19,000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(フォンセ) サングラス¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ヴィクター&ロルフ) ピアス¥8,000/レリタージュ マルティニーク(エイム) バッグ¥10,000/TOMORROWLAND【Marisol7月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO 蛯原友里 
  • ヒールが苦手な人でも大丈夫。フラットシューズとフラットサンダルをご紹介!【1】 ジミーチュウ/アシュリー ウィリアムズのコラボレートシューズ「一見ミスマッチにも思える組み合わせがこんなに可愛いとは! 赤いペディキュアで履きたい心ときめく一足です」とスタイリスト室井由美子さんが絶賛するのは、ジミー チュウがアシュリー ウィリアムズとコラボレートした一足。夏にぴったりなPVC素材で、先端にレースとスクエア形のバックル、さらにクリスタルをちりばめ、カジュアル感とクラシックさを融合した。靴¥99,000/ジミー チュウ(ジミー チュウ/アシュリー ウィリアムズ)【2】ファビアナ フィリッピのビジューサンダルスタイリスト大沼こずえさんが「昔から大好きなブランド。フラットなのに華やかで大人っぽいサンダルは旅先で活躍間違いなし!」とお気に入りなのが、ファビアナフィリッピのフラットサンダル。大振りビジューをあしらったリュクスなムードで、ドレスでもパンツでも夏のコーディネートを格上げしてくれる。サンダル¥168,000/アオイ(ファビアナフィリッピ)【3】ビルケンシュトックのサンダルビルケンシュトックの定番「アリゾナ」が、トスカーナの五つ星ホテル「ホテル イル ペリカーノ」とコラボレーション。ラフィアやスエード、シルクなどでクラスアップ。履き心地のよさはそのままにリゾートライクな大人のたたずまいが魅力。「スポーティ感が控えめなこの素材使いこそ、『待ってました!』と言いたいコレクション。夏のヘビロテは確実です」と副編集長S田。サンダル(左から)¥61,000・¥50,000・¥54,000/ビルケンシュトック・ジャパン(ビルケンシュトック)【4】アグのシープスキンファーサンダルアグ®から登場した、シープスキンファーを使った個性的なサンダル。ふかふかの履き心地のよさはもちろん、ほどよく厚底で脚長に見えるのもうれしい。写真のパープルのほかにチャコールやブラックなどベーシックカラーも選べる全5 色がラインナップ。「長く愛用しているブランドですが、今回のサンダルはカラーの展開も広く、カジュアルにはもちろんハズシとしても欲しいです」とスタイリスト辻 直子さん。サンダル¥15,000/デッカーズジャパン(アグ®)撮影/佐藤 彩 スタイリスト/伊藤ゆみ 取材・原文/坪田あさみ 【Marisol7月号2019年掲載】
  • メゾンが自然への鋭い観察眼に根ざした伝統を軽やかに表現した、美しいジュエリーの世界。自然を愛するメゾンの伝統を受け継ぎ、ショーメはコレクションに新たな作品の数々を加えることで、植物と動物たちを祝福する。特別な機会を華やかに彩るブローチやカクテルリング。「ショーメの歓びの庭」は、ポエティックな作品の数々で、見る者をのどかな散歩道へと誘う。 豊穣なインスピレーションの源泉である自然界は、その懐の深さでショーメのクリエイティビティを絶えず育んできた。今回メゾンは、歓びの庭で露のしずくのように清々しく歓びに満ちた多様な色彩を紹介。プレシャスまたはファインストーンが、ミツバチや花、麦の穂、そしてローリエの葉に、命の輝きと繊細な色彩をもたらしている。ジャングルに住む動物たちのおどけた仕草からインスピレーションを受け、ショーメは遊び心に溢れる庭園をテーマにした作品を制作に取り掛かった。 「レ エスピエグルリ ド ショーメ」コレクションは、メゾンが大切にする自然への鋭い観察眼に根ざした伝統を軽やかに表現している。アフリカの大自然から古典的フランス式庭園まで、あらゆる自然からインスピレーションを受け、日常的なオブジェがポエティックな題材へと変化を遂げる、美しいジュエリーの世界を作り上げたという。「レ エスピエグルリ ド ショーメ」コレクション左から、「レ エスピエグルリ ド ショーメ」コレクション ブローチ ソナート オートンヌ<秋のソナタ>(セパレートパーツ4点付き) ¥4,270,000、「レ エスピエグルリ ド ショーメ」コレクション ブローチ キュイエット<収穫> ¥5,130,000また、「ビー マイ ラブ」コレクションは、甘く滴るように鮮やかなカラーストーンの上をゴールドとダイヤモンドのミツバチが飛び回る、新作カクテルリングなどが並ぶ。シャンクに施されたハニカムシェイプとプロングのミツバチのモチーフが、オーバルカットが施されたセンターストーンを引き立てている。 ショーメを代表する「アトラップ モア」コレクションよりミツバチをモチーフとした新しいブローチ“アベイユ”シリーズは、ラペルやドレスを飾るために制作された。このアイコン的なハイジュエリーは、メゾンにとって大切な意味を持つナポレオンの紋章を再解釈したもの。羽が震える様を表現したパヴェダイヤモンドが、これまでに例のない手法で並べられたカラーストーンの周りに施され、ブラックスピネルまたはサファイアがストライプのコントラストを際立たせている。「ビー マイ ラブ」コレクション左から、「ビー マイ ラブ」コレクション エクスクイーズ リング アメシスト ¥1,920,000、「アトラップ モワ」コレクション ブローチ ブラックスピネル ¥2,210,000問い合わせ先:ショーメ TEL:03-5635-7057http://www.chaumet.com/jp
  • 大好きなTシャツスタイル。毎年シーズンはじめに定番の無地のものを買い足しますが、今年はこのロゴTが目に入り気に入って連れて帰り大正解でした。 いつもプチバトーのぴったりしたTシャツを着ていますが、少しゆったりしたこのTシャツは着ていてとても心地よく、お気に入りの一枚になりました。 Tシャツはマルティニークで買った、Les Petits Basicsというブランドのもの。 袖丈も着丈も丁度良い長さで、肩幅が広い私でもゆったりとしていてとても良い着心地。 ちなみに、ロゴの意味は、「私は気にしません。」だそう。 はい!私も気にしません。 ロエベの籠バッグ、ペリーコのパイソンサンダルで大人のきれいめカジュアルに。 ターコイズの大ぶりのリングはミラノ在住の友人が買い付けてきてくれたイタリアのものです。 この日は華組の一美さん、まゆみさん、りえさんとのランチへ。楽しいお喋りに時間を忘れました。 InstagramもUPしています。 ↓華組 近藤和子ブログ
  • Tシャツをカジュアルになりすぎず、素敵に着こなすコツは“きれいめ合わせ”にあり。アラフィー世代から絶大な支持を得るスタイリスト・村山佳世子さんが、Tシャツのラフさを中和する逸品ボトムをご紹介。メソッド1:合わせるボトムはニュアンスのある色と素材で女っぽさを意識する光沢や透け、ドライな質感といったニュアンスのある素材を取り入れて、Tシャツのラフさを中和。カジュアルすぎないほどよい緊張感が心地いい「リネンのハイウエストのマキシスカートとの合わせで、クルーネックのベーシックなTシャツがぐっときれいめに。今季大人気のリネンアイテムはTシャツ合わせに大活躍。ドライな質感が今どきだから、トレンド感のあるスタイルに見せるのに重宝します」(村山さん)。 Tシャツ¥5,000/ユナイト ナイン(カラフル スタンダード) スカート¥47,000/カオス丸の内(カオス) 手に持ったカーディガン¥31,000/スローン ピアス¥247,000/TASAKI バッグ¥318,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥27,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)【Profile】 村山佳世子 シンプルで洗練されたスタイリングにファン続出のトップスタイリスト。『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)を上梓し大ヒット中。>>「大人のTシャツ“きれいめ合わせ”」はこちらから撮影/菊地 哲 ヘア/ EIJI SATO メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/田沢美亜 取材・文/坪田あさみ ※エクラ7月号掲載
  • Tシャツ¥4800/スピック&スパン ルミネ新宿店(FUNG) デニムパンツ¥2490/GU バッグ¥9000/AKTE スニーカー¥7500/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)ちょい丈の短いTシャツをボトムからアウトして着たら、今までにない新鮮バランスが完成。デニムも夏にぴったりのホワイトを選んで、トレンドのワントーンコーデに。ロゴTとデニムの定番の組み合わせこそバランスにこだわって、差がつくスタイルに仕上げて。モデル/新木優子 撮影/山本雄生 ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/石田綾 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶白Tシャツコーデ記事一覧はコチラ
関連キーワード

RECOMMEND