小さく使うと"おしゃれ通"に見える! 小物使いにはグレージュを 五選

Web eclat

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.ひと巻きで華やぐカジュアルな
リッチ感がちょうどいい
あえて形を整えないラフなデザインに、こなれ感につながるカジュアルさがある、上品グレージュのムートンストール。ループどめもできる。

★ファーストール¥39,000/エクラプレミアム通販(カールドノヒュー/申込コード330763) シャツ¥46,000/マディソンブルー パンツ¥50,000/カオス丸の内(リダン)ピアス(1個売り)各¥14,000/ショールーム セッション(ヒロタカ)
2.ファーバッグの遊び心をマニッシュなセットアップに
レザーをリアルファーでカバーリングしたようなデザインを斜めがけにして、マニッシュなジャケットスタイルにカジュアル感をプラス。クラッチとしても使える便利な2WAY。

バッグ¥43,500(フリン)・ピアス¥36,000(ミリット ウェインストック)/以上CPR トウキョウ ジャケット¥67,000・パンツ¥38,000/オーラリー ニット¥19,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) 時計¥63,000/エイチエムエスウォッチストア 表参道(コーニッシュ)
3.微差のグレージュが奏でる
絶妙なおしゃれっぽさを味方に
赤みのあるグレージュからカーキがかったグレージュまで、微差を重ね合わせた絶妙な雰囲気出しでベーシックを格上げ。

ニット¥20,000/ショールーム セッション(アール ジュビリー) サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥21,000/エストネーション(マリー ロール シャモレル) ストール¥62,000/リーミルズ エージェンシー(ジョンストンズ)
4.リッチなアクセントでデニムスタイルをアップグレード
グレージュレザーの手袋ももちろん素敵。でもフワモコ素材の愛らしさをぜひコーデのポイントに。フィンガーレスのカシミヤウールになめらかなリアルファーをオン。

グローブ¥17,000(参考価格)/アマン(アルポ) ジャケット¥49,000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(アッシュ・スタンダード) トップス¥11,000/ゲストリスト(ルミノア) パンツ¥50,000/カオス丸の内(リダン)ピアス(1個売り)各¥34,500/ロペ エターナル(サスキア ディーツ)
5.ムートン×スエードの素材ミックスに足もとが華やぐ
スエードのつま先はグレー系グレージュ、甲をおおうムートンはベージュ系グレージュで、ホワイトのエナメルヒールがアクセント。フェミニンなミュールはスカートにもパンツにも合わせやすく、たちまち旬のおしゃれがかなう。

靴¥37,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ) タイツ¥1,000/タビオ(靴下屋) スカート¥19,000/ウィム ガゼット 青山店

「グレージュ」を選ぶ理由 記事一覧

シンプルな着こなしも計算されたような奥行きを感じさせ、しゃれたたたずまいに見せてしまう、そんな頼もしい色「グレージュ」。エクラ誌面でも評判のスタイリスト・森慶子さんがこの冬提案するのは、グレージュを広い面積で大胆に取り入れた"メイン使い"。おしゃれを華やがせる、絶妙バランスに注目を!
"+濃密色"という新しいセオリーで大人を素敵に見せるグレージュの魅力がますます拡大! ポイントは濃密色を少量ではなくダイナミックに使うこと。時代性と若々しさが宿る、鮮度MAXの配色をマスターしたい。
この冬大人気の「グレージュ」を使ったコーディネートが多くの女性から支持を得ているスタイリスト・森慶子さんが、その魅力を語るとともに、愛用のグレージュアイテムをご紹介します。
「さりげない存在感があり、おしゃれさを高める優秀さはとても重宝します」という森さんが、グレージュの魅力と注目アイテムをレコメンド。
大人のおしゃれさを高めてくれる「グレージュ」。実際におしゃれプロたちはどんなグレージュアイテムを買って、どのように着こなしているのか? グレージュが得意なブランドスタッフと、スタイリスト&エディターたちがいち早く購入したアイテムとは?
eclat1月号掲載 撮影/酒井貴生(aosora/モデル) 魚地武大(TENT/物) ヘア/Show Fujimoto(TRON) メイク/小森由貴 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/ゆうき 取材・文/向井真樹 ※★マークのついた商品はエクラプレミアム通販(https://flagshop.jp/eclat/)で購入できます。
関連記事
  • エクラが毎月、最新のグルメやホテルニュースをピックアップ! 今月は、平日ランチにもぜひ訪れたいイタリアン店や和食店のほか、日本の「和」を堪能できるホテルプランをご紹介。1.朝から夜までおいしく。広尾の名所が生まれ変わる『ミケランジェロ 広尾』広尾駅前の名所カフェがイタリアンカフェ&トラットリア『ミケランジェロ』に生まれ変わる。緑あふれる、東京で指折りの並木道にせり出す、ここでしか味わえないオープンテラスカフェはそのままに。地下には新しく「ふだん着で予約なしで通える」トラットリアができるという。定番のイタリアンをおいしいワインとともに、自然体で美味を楽しめるスペースになりそう。 1階のカフェは7時にオープンし、朝食メニューを始めるという。パンオショコラ、ベジベネディクトなど、クオリティの高いエレガントな朝餉が味わえる。ランチはもちろんのこと、スイーツやカフェメニューも充実したアフタヌーンティー、コストパフォーマンスの高いディナー……と大人の女性にとって使い勝手がいい一軒になりそう。地下のトラットリアはリーズナブルな価格で本格的なメニューが味わえる。チーズ類やアペタイザーも豊富なので、ワインもすすみそうベジベネディクトなど朝食限定メニューは¥300〜トラットリアメニューの一例「ホロホロ鶏のペヴェラーダソース」。メインは¥2,000前後で味わえる他の画像を見る東京都港区南麻布5の1の27 1F(カフェ) 7:00~23:00 ※朝食メニュー 7:00~10:00LO B1(トラットリア) ランチ11:00~14:00LO、ディナー17:00~22:00LO ㊡火曜2.木の香り漂う小さな空間で本物の味を楽しめる『和敬』おいしい和食屋探しはむずかしい。名店はハードルが高く、カジュアルすぎてももの足りない。西麻布の交差点から少し入った裏通りに、小体な和食店がオープンした。ご主人の竹村竜二さんは愛媛出身。『分とく山』で修業後に松山で独立。人気店としての地位を確立していたのに、「年齢的にもラストチャンスと思い、東京で勝負したいとこちらに移ってきました」。 瀬戸内海の海の幸がメインと思いきや、「フードマイレージはなるべく少なくしたほうがいいし、自分の目で確かめて買いたいので」と魚は豊洲に通う。確かな技に裏打ちされた品格ある風情が料理に漂う。無垢の木をふんだんに使った店内にはほのかに木の香りが。カウンターは6席、6名までの個室もあり、ランチも営業し、使い勝手もよい。リーズナブルで、きちんとおいしい希少な和食店の登場だ。「八寸」。タコの軟らか煮、わかさぎしんびき揚げ、鶏チーズ焼き、よもぎ麩田楽など「お椀」。えんどう豆のすり流し。車エビ、ごぼう餅、水前寺のり、梅にんじん、かつらしょうが。食材の味がふわりと立ち上る初夏らしい一品。料理は夜の献立からカウンターや壁、床もけやき、杉の無垢材が東京都港区西麻布2の7の9 1F ☎03・3486・0149 12:00〜14:30(クローズ)、18:00〜21:30(LO) ㊡日曜(日・月曜連休時は日曜営業) 昼¥6,800(前日までの完全予約制)、夜¥13,0003.数寄屋造を生かした情緒ある和のラグジュアリーホテル『そわか(SOWAKA)』「そわか」とは、インドのサンスクリット語で「幸あれ」の意味。昨年秋に本館のみオープンしていた『そわか(SOWAKA)』が、新築された現代的な和の意匠の新館を加えて、3月25日にグランドオープン。本館は、100年の歴史を刻む元老舗料亭の数寄屋建築を大規模にリノベーション。繊細な職人の技術が光る、同じ間取りはひとつとしてない、個性豊かな客室に仕上がっている。新館には、京都の路地を思わせる専用廊下や、坪庭の配置で個々の部屋のプライバシーが保たれた、わびさびを感じさせるモダンな客室が誕生。 新館、本館ともに、京都の伝統的な町家の改修実績も豊富な建築家・魚谷繁礼氏が担当したことでも話題だ。レストランの料理を手がけるのは東京・西麻布の『ラ・ボンバンス』。京都の食材を用いたクリエイティブな料理を提供する。本館の客室は、すべて異なる造りとしつらえ。2階のスイート、かつての「ほら貝の間」は、ベッドが隣り合わせになったハリウッドツインベッドを備える凛とした印象のロビースペース歴史が感じられる日本庭園を望む客室もある他の画像を見る京都府京都市東山区下河原通八坂鳥居前下ル清井町480 ☎075・541・5323 全23室(本館10室、離れ1室、新館12室) 本館¥30,000〜、新館¥40,000〜(1泊1室料金、税・サ別) http://sowaka.com/4.四万十ヒノキを用いた美しいホテルが開業『美馬旅館 はなれ 木のホテル』高知・四万十町にある『美馬旅館』は、120年余りの歴史をもち、数々の文化人や名優が宿泊した老舗旅館。昨年末、本館近くにはなれとして、『美馬旅館 はなれ 木のホテル』をオープンした。地場産の四万十ヒノキを用い、独特の構造で仕上げた開放感ある明るい造り。旅館の6代目館主と親交のある歌舞伎俳優の隈取りを押し写した押隈や、地元出身の画家・今西中通のデッサンなども展示している。靴を脱いで、木の香りに包まれてリラックスできるホテル。photo:Kenichi Uemura高知県高岡郡四万十町本町4の41 ☎0880・22・1103 全7室 シングル¥7,000〜(1室1名)、窪川スイート¥20,000〜(2名1室利用の室料・税別)  http://mimaryokan.jp5.新トリートメント「SAKURA」で深いリラックスを『ザ・リッツ・カールトン スパ 東京』ザ・リッツ・カールトン東京の46階に位置するスパが、トリートメントを全面的に一新して『ザ・リッツ・カールトン スパ 東京』としてリブランドオープン。新しく考案された「SAKURA(サクラ)」は、フルボディ、フェイシャル、スカルプを含む、人気のトリートメント。温めた桜色のローズクォーツとエッセンシャルオイルを用いて行う、流れるリズムと軽いタッチが心地よく、深いリラクゼーションへと導いてくれる。桜の世界観を味わえるトリートメント。東京都港区赤坂9の7の1東京ミッドタウン46F ☎03・6434・8813(7:00〜22:00) SAKURA(120分)¥57,000(税・サ別) http://www.ritz-carlton.jp/spa_fitness/eclat5月号掲載 撮影/GOURMET 上原ゆふ子 取材・文/GOURMET 北村美香 HOTEL 坪田三千代
  • 季節の変わり目、シューズクロゼットにあれば必ず活躍する3足はこれ。抜け感も、カジュアルもモードもクリアする頼れる3足で、「今日合わせる靴」に、もう悩まない。1.服の色を選ばず肌になじむ「茶サンダル」素足となじみつつ美しい存在感ある茶のサンダル。色を効かせる装いには、足もとはさりげないぐらいがちょうどいい。靴(ヒール高5㎝)¥92,000/トッズ・ジャパン(トッズ) トップス¥15,000(ウィム ガゼット)・ストール¥27,500(アソースメレ)/以上ウィム ガゼット 青山店 パンツ¥16,000/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス ビームス) ピアス¥32,000/アガット バッグ¥14,000/フラッパーズ(マニプリ)2.どんな装いも清潔感ある印象「白スニーカー」足もとを白にすると、ダークカラーが涼しくクリーンに。同じネイビーの服も軽快。靴「ヴレイ」¥58,000/バリー 銀座店(バリー) トップス¥15,000(ウィム ガゼット)/ウィム ガゼット 青山店 パンツ¥16,000/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス ビームス) バッグ¥82,000/アパルトモン 青山店(ジウリア マレスカ) ピアス¥26,000/エスケーパーズ(クレッシオーニ) サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) バングル¥15,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ソコ)3.無難な着こなしがしゃれて見える「銀の靴」銀の靴なら、同じ服もちょっとモダンなイメージに。靴(ヒール高0.8㎝)¥25,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ) トップス¥15,000(ウィム ガゼット)/ウィム ガゼット 青山店 パンツ¥16,000/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス ビームス) 帽子¥70,000/CA4LA ショールーム(カシラ) ピアス¥100,000(ウノアエレ)・バングル¥17,000(ワンエーアールバイウノアエレ)/以上ウノアエレ ジャパン ネックレス¥55,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ウルサ メジャー) バッグ¥42,000/アマン(ペリーコ)他の画像を見るeclat6月号掲載(4月30日発売) 撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/望月律子(KIND) モデル/LIZA 構成・文/宮崎桃代 ※掲載商品の価格は、本体価格(税抜)で表示しております。
  • 初夏から夏、私たちに必要なのは、女らしい雰囲気も、今どきのリラックスした空気感も、まとうだけで感じさせてくれる、"素敵な雰囲気の漂う"ワンピース。さらりと一枚で着られるものから、今年らしいレイヤードが楽しめるシャツタイプまで、アラフィーにうれしいデザインが目白押し。今季は、きっと何枚も欲しくなるはず!1.異素材のショートブルゾンとカゴバッグで軽やかにマキシ丈の優雅さに、カゴバッグやスエード素材のスポーティなブルゾンをミックスして、リッチな軽やかさをプラス。そのカジュアル感が、今どきのムードに導いてくれる。ワンピース(インナーつき)¥225,000・ショートブルゾン¥188,000/アオイ(ファビアナフィリッピ) バングル¥48,000・ブレスレット¥94,000/エドストローム オフィス(オール ブルース) バッグ¥20,000/ドゥロワー 青山店(ア・ポワン)2.エッジの効いたディテールでピュアな白も大人っぽくエターナルな美しさがきわだつ、純白のワンピース。ラグランスリーブや、切りっぱなしの首もととすそなど、エッジの効いたディテールがさりげないアクセントになって、洗練されたムードを演出。ワンピース¥383,000/コロネット(ニナ リッチ) リング¥190,000/ローリー・ロドキン銀座店(ローリー・ロドキン) 靴¥110,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン) ピアス/モデル私物3.クリーンな白バッグ、輝くシルバー靴でヘルシーにウエストとバックスタイルにあしらわれた切り替えがつくる立体的なフォルムを、着慣れたネイビーとミニマルなデザインでリアルクローズに。つややかで華のある素材感を、シンプルなTシャツワンピースの延長線上でカジュアルダウンして着こなすのがポイント。ワンピース¥115,000・バッグ¥81,000・靴¥84,000(3点ともスポーツマックス)・サングラス¥31,000(マックスマーラ)/以上マックスマーラ ジャパン他の画像を見るeclat6月号掲載(4月30日発売) 撮影/金谷章平 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/池田奈加子 モデル/富岡佳子 取材・文/松井陽子 ※掲載商品の価格は、本体価格(税抜)で表示しております。
  • ミラノやパリのスナップでも、街でおしゃれな人が実践しているコーディネート。ミニショルダーとスニーカーなら、街スタイルがぐっと小粋にしゃれて見える。品よくかっこよく着こなすために選ぶべきは、見るからにパワーのあるブランド系。カジュアルに格をプラスしつつ、こなれて見えるから、初心者だって大丈夫!1.ダブルGやウェブ ストライプ。 アイコンをさりげなくブランドの威力を強調するなら、わかりやすいアイコンを選ぶのも賢いテク。モチーフやグリーンとレッドのウェブ ストライプで。(右から)3匹の子豚の刺繡で愛嬌たっぷり。スニーカー「エース」¥94,000・コンパクトながら3層式で収納上手。黒バッグ「GGマーモント」(縦10×横19×マチ8㎝)¥150,000・ラウンド型はそれだけで遊び心満点。白バッグ「GGマーモント」(縦18.5×横18.5×マチ6.5㎝)¥143,000/グッチ ジャパン(グッチ)2.バッグは小さく、足もとは大きく。 ギャップがあるほどおもしろい!休日に父親が履いているようなサイズ感の"DAD"スニーカー。大人がこなすなら、もはやパイオニアの風格さえ漂うものを。グレーとライラックにオレンジを少量効かせた配色が絶妙。バッグはとても小さなサイズがとにかく愛らしい。ステンシルペイントのロゴがきわだつデザインを、ストラップで斜めがけして。バッグ「ヴィル トップ ハンドル XXS」(縦15×横19×マチ6㎝)¥185,000・スニーカー「トラック」¥105,000(予定価格)/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ)3.人気再燃。装いをスマートに 引き締めるクールな雰囲気華奢なチェーンストラップにフラップ式のミニサイズ。ドレスアップの場面に似合うバッグも、今なら断然カジュアルに合わせるのがいい。スニーカーはホワイトレザーで控えめにするか、ゴールド&シルバーのコンビネーションで攻めるか、お好みしだい。どちらも人気モデルの新作ゆえ、使いやすさはお墨付き。バッグ「GO LOGO ESCAPE」(縦12×横16×マチ5㎝)¥123,000・スニーカー(左)「BOUNCE」¥101,000・(右)「NET」¥81,000/ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ ガラヴァーニ)他の画像を見るeclat5月号掲載 撮影/西原秀岳(TENT) スタイリスト/村山佳世子 構成・文/宮崎桃代 撮影協力/フリッツ・ハンセン 青山本店 COUNTRY HARVEST
  • アラフォーの通勤コーデのおしゃれ感も、仕事のモチベーションもアップする通勤バッグを一挙紹介。週5で使う相棒だからこそじっくり吟味して、自分にぴったりの通勤バッグを見つけて。【目次】 1.アラフォーの通勤バッグ悩みを解消!2019年春夏・通勤バッグQ&A 2.大荷物派のアラフォーも満足!スマートに持てるB4サイズの通勤バッグ 3.小荷物派のアラフォーも満足!小さめでも収納上手なB5サイズの通勤バッグ 4.2019年春夏・通勤バッグが主役のアラフォー通勤コーデ1.アラフォーの通勤バッグ悩みを解消!2019年春夏・通勤バッグQ&A働くアラフォー女性の「こんな通勤バッグがあったらいいな」をかなえます!Q.大荷物でも通勤電車で迷惑にならないバッグ探してますA.脇下にフィットする「ルサックアダム」のくったりバッグをコートを着ても肩がけしやすい大きめのアームホールに、ボディにフィットする柔らかなレザー。脇の下にスマートに収まるデザインで、満員電車でもノーストレス。内側はキュートなフューシャピンク。バッグ(29×38×16)¥39,000/クイーポ(ルサックアダム)▶通勤電車で迷惑にならない通勤バッグの詳細はこちらQ.パーティにも使える通勤バッグが知りたいA.金具使いが上品な「ザンケッティ」がおすすめ品のあるフォルムにリッチなゴールド金具が映える「ザンケッティ」なら、派手すぎず知的な華やかさを演出できるはず。(右)ショルダーストラップをはずし、ハンドルを中にしまえばクラッチに。バッグ(22×24.5×6 )¥156,000/ウィム ガゼット青山店(ザンケッティ) (左)使いやすいトート型ながら、シルバーとゴールドの配色でリッチ感をキープ。ポーチつき。バッグ(22×36×18)¥138,000/ゲストリスト(ザンケッティ/ハウント 代官山)▶パーティにも使える通勤バッグの詳細はこちらQ.通勤バッグとして持てるきれいめリュックのおすすめは? A.「A.D.M.J.」のレザー素材なら上品さキープいわゆるスタンダードなリュック型ではなく、トートを折り曲げたような形なのでカジュアルすぎず大人でも持ちやすい。中はポケットが3 つあり、マグネットで開閉可能。背面がメッシュで蒸れにくいのもうれしい。バッグ(30×28×12)¥69,000/A.D.M.J.▶通勤バッグとして持てるきれいめリュックの詳細はこちらQ.とにかくポケットと仕切りが豊富な通勤バッグを! A.こだわりがつまった「フミコダ」のバッグが売れています自然環境に配慮したエコレザーなのにクラス感があり、トレンドに左右されない普遍的なデザインも魅力。スマホ、ペン、カード類が入る細かいポケットが10個以上! フラップをはずせばシンプルなトートに。「ARIANNA」バッグ(25×38×17)¥128,000/フミコダ▶ポケットと仕切りが豊富な通勤バッグの詳細はこちらQ.パソコンが入るエレガントなバッグ、ありますか? A.「ポール・スチュアート」の ファーストバッグが優秀! 見た目は型押しレザーで上品&スマート。A4が入るのサイズ、13インチのパソコンが入るクッション入りのポケットにキーリングやペンループ……移動式オフィスのように機能が充実。バッグ(29×36.5×12)¥80,000/SANYO SHOKAI カスタマーサポート(ポール・スチュアート)▶パソコンが入るエレガントな通勤バッグの詳細はこちらQ.お仕事バッグでも、ちゃんとトレンド感のあるものが欲しい A.おしゃれプロも注目する「ジャンニ キアリーニ」がおすすめ!「上質なレザーを使用しているのに、価格が比較的お手ごろで、トレンドのキャッチアップが早い!」とスタイリストから絶大な信頼を得ているイタリア・フィレンツェ発のブランド。ポケットが充実し、見た目も機能も優秀なこんなきれい色バッグも4万円台。豊富なバリエーションの中から、気になるデザインを見つけて。バッグ(33×33×13)¥43,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ)(右)ボディにフィットする柔らかいレザーを使用したバケツ型バッグ。共革のショルダーストラップもついているので、シーンに合わせてイメージを変えられる。バッグ(22×25×15)¥31,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) (左)薄くて軽い上品なシャンパンゴールドの縦長トートで、通勤コーデに華やぎを。中にはペンやカードサイズのポケットが4つあり、整理整頓もしやすい。バッグ(33×25×10)¥37,000・/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ)▶トレンド感のある通勤バッグの詳細はこちらQ.出張でもスマートに持てるものが欲しい A.「TUMI」のレザートートがおすすめパソコンのほか、ジュエリーを入れるためのポケットまで充実。背面のポケット下部のファスナーを開けて、キャリーケースの上にセット可能。バッグ(27.5×35×11.5)¥70,000・キャリーケース(41.5×41.5×20.5)¥55,000/トゥミ・カスタマーセンター(トゥミ)▶出張でもスマートに持てるトートバッグの詳細はこちら2.大荷物派のアラフォーも満足!スマートに持てるB4サイズの通勤バッグ大荷物派のアラフォーでもスマートに持てる、上品なデザインのB4サイズの通勤バッグをピックアップ。■マンサー・ガブリエルのグリーンのトートバッグ落ち着きと知性を感じさせる深いグリーンのトートバッグ。細いストラップ付で肩掛けも可能。バッグ(35.5×29×10)¥92,000/イーストランド(マンサー・ガブリエル)▶マンサー・ガブリエルのバッグの詳細はこちら■メゾン ヴァンサンのピンクベージュのレザーバッグ春にぴったりのピンクベージュのバッグはメゾン ヴァンサンのもの。レザー素材で大容量なのに軽量、持ち手の長さは調節可能で肩掛けもできる。バッグ(34×34×16)¥22,000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン)▶メゾン ヴァンサンのレザーバッグの詳細はこちら■ペリーコの柔らかなスエードのトートバッグペリーコの柔らかなスエードのトートバッグは、持ち手とストラップのパイソンが辛口アクセントとなってシンプル服でもぐっとおしゃれに。バッグ(31×40×14)¥59,000/アマン(ペリーコ)▶ペリーコのバッグの詳細はこちら■ベルメールのシンプルな横型トートバッグベルメールのシンプルな横型トートは、内側にあるストラップをとめるとコンパクトな台形に。ブラックレザーに白いステッチがアクセント。バッグ(33×56×18)¥55,000/FUN Inc.(ベルメール)▶ ベルメールのバッグの詳細はこちら■スマイソンの型押しレザーバッグネイビーの型押しが洗練された印象の縦型トートバッグ。内側もなめらかなスエード素材で、隅々まで上品に。バッグ(39×34.5×9)¥110,000/スマイソン▶スマイソンのバッグの詳細はこちら3.小荷物派のアラフォーも満足!小さめでも収納上手なB5サイズの通勤バッグ小荷物派のアラフォーなら、小さめサイズでも収納上手で、手持ちも肩がけもできる2way通勤バッグがおすすめ!■オーエーディーニューヨークの2wayバッグきれいなイエローで通勤コーデが華やぐオーエーディーニューヨークのバッグ。カードサイズのスリットポケットでデザイン性と実用性を両立。底鋲付きでしっかり自立するのも嬉しい。バッグ(21.5×28.5×12.5)¥59,000/アルアバイル(オーエーディーニューヨーク)▶オーエーディーニューヨークのバッグの詳細はこちら■トフ アンド ロードストーンの2wayバッグ清潔感のあるブルーがお仕事バッグにぴったり。ファスナーが長く、大きく開くので荷物の出し入れがしやすい。ライナーはシックなジャカード素材。バッグ(23×30×13)¥41,000/ティーアンドエル(トフ アンド ロードストーン)▶トフ アンド ロードストーンのバッグの詳細はこちら■ ロリステラの2wayバッグお仕事コーデの女っぷりアップに最適なダスティピンク。チェーンとレザー、取り外し可能な2本のストラップ付なのでコーディネートやオケージョンにあわせて印象を変えられる。バッグ(21×30×10)¥30,000/エストネーション(ロリステラ)▶ ロリステラのバッグの詳細はこちら■FIORELLIの2wayバッグメタリックなハンドルでモダンな表情を見せるFIORELLIのバッグ。仕切りとポケットが充実していて機能的。バッグ(23×35×19)¥16,000/ティースクエアプレスルーム(FIORELLI)▶FIORELLIのバッグの詳細はこちら■ PAOLA NUTTIの2wayバッグさわやかな白で通勤コーデがぐっとこなれるPAOLA NUTTIのバッグ。大き目のポーチ付きで整理整頓がらくらく。バッグ(26×29×13)¥23,000/ティースクエアプレスルーム(PAOLA NUTTI)▶ PAOLA NUTTIのバッグの詳細はこちら4.2019年春夏・通勤バッグが主役のアラフォー通勤コーデデイリーの通勤コーデからアラウンド管理職向けの通勤コーデまで、バッグを主役に考えられたコーデを厳選紹介!■白ブラウス×美脚パンツ×レザーバッグコーデ隠すばかりじゃなくてたまには見せることも意識すると、なんだか姿勢もシャンとして歩き方まで変わってくるから不思議。ほどよくボディにフィットした全方位ストレッチ素材のスーパーストレッチパンツを履くと、一日中動き回ってもノーストレスで過ごせてしまう。細身のシルエットなので、トップスはきちんと感とふんわり感を兼ね備えた白ブラウスでシンプルにバランスよく着こなしたい。ブラウス¥15,000・パンツ¥13,000(エムセブンデイズ)・ショルダーつきレザーバッグ¥31,000(ジャンニ キアリーニ)・ポインテッドトゥバックストラップパンプス¥26,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol ピアス/スタイリスト私物▶ジャンニ キアリーニのバッグの詳細はこちら■トレンチコート×スカート見えパンツ×ブラウンのハンドバッグコーデきちんとした印象があるからオフィスに着ていくなら、やっぱりトレンチコートで作る超ベーシックコーデに限る! スカート見えするデザインのパンツなら、クールになりすぎず上品でフェミニンに。パールやレースアップシューズのホワイトで爽やかに春を感じさせて。トレンチコート¥93,000/ebure ニット¥25,000/スローン スカート見えパンツ¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) バッグ¥89,000/アマン(ザネラート) 靴¥45,000/ロンハーマン(ジルサンダー ネイビー) ネックレス¥252,000/CHERRY BROWN▶ザネラートのバッグの詳細はこちら■白ブラウス×タイトスカート×ショルダーバッグコーデトレンドのボリューム袖のブラウスに、きちんと感のあるネイビーのタイトスカートを合わせた好感度抜群の通勤コーデ。小物はアクセントカラーの真っ赤なヒールパンプスとショルダーバッグでクラシックな味付けを。ブラウス¥10,000/ゲストリスト(ステートオブマインド) スカート¥26,000/ebure 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス) 時計¥340,000/セイコーウオッチ(グランドセイコー) バッグ¥345,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) ▶ロウナー ロンドンのバッグの詳細はこちら■春ニット×パンツ×ビッグトートバッグコーデブラウンの春ニットを基調に落ち着いたトーンでまとめた通勤コーデ。足もとのバレエシューズにシャンパンゴールドカラーを取り入れてお洒落感をプラス。シンプルなビッグトートバッグに結んだスカーフが、歩いたときに風でゆらぐそのしなやかさにエレガントな雰囲気が宿る。パンツ¥20,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ニット¥23,000/インターリブ(サクラ) バッグ¥39,000/ジャンニ キアリーニ銀座店(ジャンニ キアリーニ) スカーフ¥16,000/スローン 靴¥40,000/ルック ブティック事業部(レペット) フープピアス¥85,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) ▶ジャンニ キアリーニのバッグの詳細はこちら■淡色ブルーシャツ×ネイビーパンツ×キャメルのトートバッグコーデブルー系でまとめたコーデにキャメルカラーのビッグバッグがベストマッチ!足もとは疲れないスリッポンタイプを選びつつ、ややインパクトのあるスネーク柄でコーデにスパイスを少々。ブルーシャツ¥16,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) ニット¥22,000/アパルトモン 青山店(アパルトモン) パンツ¥20,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) イヤリング¥15,000/デミルクス ビームス 新宿(イリスフォーセブン) バッグ¥39,000/ジャンニ キアリーニ銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥35,000(ペリーコ サニー)/アマン チェーンブレスレット¥10,000/デミルクス ビームス 新宿(フィリップ オーディベール▶ジャンニ キアリーニのバッグの詳細はこちら■ジャケット×パンツ×クラシックバッグコーデぐっとビジネスモードのアラ管(=アラウンド管理職)ファッション。ネイビーの細身パンツで引き締めつつ、ジャケットとパンプスは淡いトーンでまとめて女性らしさもプラス。クラシックな佇まいのショルダーバッグがコーデのアクセントに。パンツ¥20,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ブラウス¥10,000/ゲストリスト(ステートオブマインド) バッグ¥345,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) ジャケット¥75,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) 靴¥77,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) フープピアス¥85,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ)▶︎ロウナー ロンドンのバッグの詳細はこちら■ジャケット×パンツ×2way白レザーバッグのアラウンド管理職コーデトレンドの太めパンツも長め丈のジャケットでグッドバランス。合わせるボトムを選ばない長め丈のジャケットは毎日に重宝。ヒップにかかる着丈だから、少しボリューム感のあるボトムとも合わせやすい。ショルダーバッグ付きの白いバッグでお洒落度をアップ。ジャケット¥19,000/ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店(ホワイト) ブラウス¥20,000/ANAYI パンツ¥26,000/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ) バッグ¥42,000・ストラップ¥35,000/A.D.M.J. ピアス¥18,000/アガット パンプス¥76,000/カオス丸の内(ニナ リッチ)▶A.D.M.J.のバッグの詳細はこちら■ノーカラージャケット×スカート×型押しバッグのアラウンド管理職コーデシンプルなノーカラーだからきれい色ニットが映える。寒色系やスモーキートーンなど、上品なきれい色を積極的に取り入れて仕事服をアップデート。バッグもコーデになじむ淡いニュアンスカラーをセレクト。ジャケット¥19,000/ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店(ホワイト) ニット¥8,241/バナナ・リパブリック パンツ¥28,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ピアス¥17,000/アルアバイル(ホルヘ・モラレス) ブレスレット¥320,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) バッグ¥48,000/A.D.M.J.▶A.D.M.J.のバッグの詳細はこちら
  • ジャストエクラ世代の編集部スタッフの"ひと目惚れ"したアイテムをピックアップ。今月は、夏ファッションに欠かせない小物アイテムがずらり!1.グッチの「グッチ ズゥミ」チェーンバッグポップなイチゴプリントがかわいいミニバッグは、ホースビットやマリナチェーンストラップのアクセントで大人仕上げに。斜めがけにして楽しみたいです!(副編集長K藤)(縦11×横18.5×マチ3.5㎝)¥245,000/グッチ ジャパン(グッチ)2.サルヴァトーレ フェラガモのかごバッグ上質なレザーやガンチーニのアクセントで、カジュアルに見えがちなかごバッグが、きれいめなスタイルにも似合う大人のムードに!(編集長O)(縦20×横18×マチ17㎝)¥270,000/フェラガモ・ジャパン(サルヴァトーレ フェラガモ)3.ロエベの「ミニ ゲート バッグ」ミニショルダーには目がないのですが、このラフィア使い&かわいらしい半月形も夏のスタメンにしたい! ライトブルーもさし色に◎。(副編集長U)(縦12.5×横15×マチ8㎝)¥133,000/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ)他の画像を見る>>「今月のこれ欲しい!」はこちらからeclat4・5月号掲載 撮影/山口惠史 スタイリスト/小川夢乃
  • MAQUIAのAはあやこのABefore&Afterとかメイクブラシとか収納とかニッチな内容が得意です。ねぇ。てゅか聞いて。もう自己紹介5回もしてるんですよ。そうなの。もう紹介するネタなんてないの笑。困っちゃったからこれ出してみるわ。無人島に持ってくものは旦那です。でもせっかくだからね今までの私の自己紹介の軌跡を紹介するね。あやこの自己紹介 第1回目そうなんですよ。私は2015年4月にマキア女子に加入したんですね。(赤字をクリックしたら見れますよ~)いや、だから?って話なんですけど。それまでブログなんて書いたことも何したこともなく、ただただオタクな生活しかしてなかったのでようは、この記事が人生で初めて書いたブログということ。今回の自己紹介記事で、第1回目から数えるとなんと404回目。キリは全くよくありませんが404回書いてるうちに、ブログのスキルもちょっとは上がったんじゃないだろうか?気のせいかね?いや、気のせいだな。あやこの自己紹介 第2回目え。待って?気づいたけど私のプロフィール写真が、この時に変えて以来、、、変えてないことが発覚しました笑。逆に何年、このままで通用するか試してみたいと思います。あと5年たったらただの詐称。特技は変顔と書いてますが、最近は多分やってません。もう大人だからね♡あやこの自己紹介 第3回目個人的には、この回が一番気に入ってます。特に基準はありませんが。2017年からアンバサダー(現トップブロガー)をやっておりますね~~~。好きな食べ物は“こんにゃく”とこのページで書いてますが、いまも変わらず好きな食べ物はこんにゃくです。世界が終わる最後の日も絶対こんにゃく食べます。あやこの自己紹介 第4回目正直に言うと、去年は可もなく不可もなくオチもなく、笑いもなく、みたいな。微妙な自己紹介を書いてますね。1年たって反省しましょう。ついでにもうひとつ反省することを付け加えるならインスタ頑張ります!と宣言して全く頑張らなかった件。やるやる詐欺ではありません。いつも気持ちだけが前向きです!!そんなわけで、もう大して公表できることもないのですが、、、せっかくなので、今まで話したことのないあやこのブログの書き方(?)を少しだけ話してみるとね!!私が、はじめてマキアブログを読んだのは関西美容番長のギ☆姉さんのブログです。ブログの記事の構成とか内容とかレビューの仕方とかというか長文なのに読むのがめんどくさくならない。ていうのに、この人スゴイな~。と思ったのを覚えてます。(文章力のある人の記事って長文でもスラスラ読めるんですよね。)今でもギ☆姉さんの記事は完全読破してますな~。おすすめです。はい超好きです(告白)とはいえギ☆姉さんの記事を真似しようにもあやこにそんなことは無理なので別のスタイルをとってますwあやこのブログの1行目はキャッチーな言葉を私の気持ちの言葉から始めたりとか喋りかける言葉で始めたりいろいろありますが、印象に残る言葉から始めるのをセオリーにしとります。1行目は2行目を、2行目は3行目を。3行目は5行目。5行目は最後まで読んでもらうためにある。と思っておりまして、次は?次は?とみんなが気になる文が書きたいのです(希望)がしかし、私の文章はアクが強すぎるのでwぜひ、ギ☆姉さんを参考にどうぞ♡もうひとつ、こだわってるとすれば『息継ぎをするタイミングで改行』ですかね?ここはひとぞれぞれだと思いますけど。あとは、スマホで見た時に区切りの良い位置とか。(ただ、これはよく失敗しますw)なるべく読みやすいように。というのを一応考えてたりねwうーん。あとはなんだろう?タイトルとタグに共通で検索に強い言葉を入れるとかしら??文章の中にもやたら入れたり。そうしてるといつの間にか人気記事が一丁あがったりすることもある♡ラッキー。結局、大してまとまりのない自己紹介になってしまいました。ありがちなやつな。でもね。私の自己紹介記事のリンクを全部クリックしてしまったそこのあなた。もうこれで逃れられませんw(なににw)最後にもっかいこれ見ておくことを強くオススメします。みんな仲良くしてね♡以上!おわり!Ayako
  • コーディネートの仕上げにプラスするミニショルダーとスニーカー。確かに、軽やかで小粋な着こなしになるのがうれしい。街できわだつおしゃれな大人の、こなれ上手なスタイルを実践。1.何げないように見えたら成功。 定番の着こなしになじませる白いミニバッグと白いスニーカー。どんな服にもマッチするのがこの組み合わせ。白は合わせる色も選ばず、トーンアップしてくれる。だから、ちょっとグレード感のあるものをチョイスしたい。デニムがぐっときれいめに。バッグ「ダブルT バッグ」(縦21×横17×マチ14㎝)¥166,000・スニーカー¥88,000/トッズ・ジャパン(トッズ) ジャケット¥69,000/ユナイテッドアローズ 原宿本店(カバナ) ニット¥21,000/アストラット 新宿店(アストラット) デニム¥32,000/アパルトモン 青山店(3×1) サングラス¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥48,000・バングル¥98,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(ソフィー ブハイ)2.小さなバッグは効かせ色に。 春色のアクセントが軽快ミニショルダーのサイズ感は鮮やかな色を着こなしに取り入れるのにちょうどいい。そうなるとスニーカーは格ある白が装いを底上げするのに有効。バッグ「ミニダッフルバッグ」(縦17×横21×マチ17㎝)¥68,000/イーストランド(マンサー・ガブリエル) スニーカー「ロートップ」¥69,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) コート¥42,000/アストラット 新宿店(アストラット) パンツ¥49,000/ユナイテッドアローズ 日本橋店(アンスクリア) イヤリング¥22,000/シジェーム ギンザ(ルーチェ マッキア)3.大人ピンクの足もとなら、 なんだか弾むように歩きたくなる春だもの、色のスニーカーも見逃せない。ただし本気のスポーツ系はアクティブすぎて、むずかしい。ラグジュアリーに仕上がった大人のブランドがしっくりくる。バッグはニュアンスあるグレー。ソフトな感触が体になじんで心地いい。バッグ「ポスティーナ」(縦14.5×横19×マチ9㎝)¥60,000/ストラスブルゴ(ザネラート) スニーカー「TREK COMET」¥77,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) ニット¥23,000/サードマガジン(サードマガジン) パンツ¥35,000/ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア(チノ) ピアス¥27,000/アッシュ・ペー・フランス(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス)他の画像を見るeclat5月号掲載 撮影/野口貴司(San・Drago) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/村山佳世子 モデル/ゆうき 構成・文/宮崎桃代 撮影協力/フリッツ・ハンセン 青山本店 COUNTRY HARVEST
関連キーワード

RECOMMEND