美賢者絶賛の嵐! ベストスキンケア&メイクアップコスメ【大人のベストコスメ2018】

Web eclat

選考したのは9人の美賢者

美容エディター・松本千登世さん / 美容ライター・中島 彩さん / 美容ジャーナリスト・倉田真由美さん / 美容ジャーナリスト・安倍佐和子さん / エクラ編集部・副編K藤 / 美容ライター・山崎敦子さん / 美容愛好家・野毛まゆりさん / 美容エディター・巽 香さん / 美容ジャーナリスト・小田ユイコさん

ベストスキンケアコスメ

ポーラ B.A アイゾーンクリーム

上まぶたの凹(へこ)み、下まぶたのたるみ。深まる目もと悩みに光をもたらすアイケアが堂々の頂点に。その形状を支える眼輪筋(がんりんきん)にアプローチし、凛とした目もとへ。

「ぴたっとフィットしてやせた目もとにハリを出してくれる頼もしさ。くぼみやゆるみのない目もとになると、こんなにも若々しい印象に」(倉田さん)
「『目が大きくなった』『二重の幅が広くなった?』といわれる機会が増えた。目もとの肌の奥の奥から引き締め、ぴんっと引き上げてくれるよう」(松本さん)
「近年アイケア革命に一石を投じているポーラが、またもやってくれました!」(野毛さん)
26g ¥18,000

「印象の変化にまで切り込んだ本格アイエイジングケア!」――倉田真由美さん

「やめるのが怖いと思うほど。最高の“ほめられ”アイケア」――松本千登世さん

「しっとり、するするのびて瞬時に影が目立たなくなる」――野毛まゆりさん

ベストメイクアップコスメ

クレ・ド・ポー ボーテ タンクッションエクラ

光をまとった"主役級の肌"に仕立て、スキンケア効果も頼もしい。エクラ世代を満足させるクッションファンデーションとして、美賢者の絶賛の嵐。

「瞬時にクレ・ド・ポーのスキンケアでお手入れしたような肌に。肌を均一に整え、悩みを品よくカムフラージュ。乾燥くずれしないしメイク直しも簡単な"同窓会" ファンデ」(小田さん)
「素肌を格上げしたようなつややかさ。どんなに重ねても厚くならず、どこをとっても最高峰。素肌へのトリートメント力もスゴイ!」(山崎さん)
「これで仕上げた日は、どんなにヨレヨレのくすみ肌でも『ぷりぷりで元気そう』といわれる」(中島さん)
SPF25/PA+++ 全6色 各¥9,000

「毎日丹念にお手入れした“クレポ肌”が瞬時に完成!」――小田ユイコさん

「カバー力、仕上がり。すべてが クッションFD(ファンデーション)の最高峰!」――山崎敦子さん

「カバーしていると悟らせないリアルなツヤ感がすばらしい」――中島彩さん

大人のベストコスメ2018 記事一覧

数年前の不可能を可能にする、とどまるところを知らない化粧品の進化。エイジングケアもメイクコスメも、「きれい」を更新したいなら、最新のものに頼るべき。今年誕生した数多あるコスメの中から、アラフィーの美賢者たちが太鼓判の優秀作を発表! クリーム部門では、ハリとつやのある若々しい肌へと導くプレミアムなクリームの中から選ばれた4品をご紹介。
撮影/大原敏政(aosora) 構成・文/巽 香 ※エクラ2019年1月号掲載
関連記事
  • プチプラコスメこそ、大人っぽく&おしゃれに見える“使い方”がポイント。そこで、「MAQUIA」7月号のプチプラメイク特集からアイメイクを詳細解説。目元の使用アイテムはトータルで2500円以内。もう試さない理由が見つからない!さりげない色気を帯びた切れ長赤みEyeA 黄みを感じるベージュが、くすみを払拭してくれる。ケイト ザ アイカラー 047、B 肌なじみのよいマットなテクスチャーがおしゃれ。同 032/カネボウ化粧品 C わずか0.01mmと極細の先端で、まつ毛の間も埋めやすく、どんなラインも思いのままに引ける。メイベリン ハイパーシャープ ライナー R BR-1/メイベリン ニューヨーク二重幅〜目のキワにポイントを絞ることで、目力はあるのにケバく見えない、印象的な目元が完成。濃いブラウンのラインが、ナチュラルなアイカラーの引き締め役に。一重、奥二重さんは赤シャドウBの範囲を調整。奥二重ならまばたきして見える程度に、一重なら細めに。How to Make UP1 ベースカラーでまぶたを明るくAをアイホール全体にのせる。アイシャドウブラシを使って、ふんわりとのせて、まぶた全体のトーンアップを。2 二重幅に赤みを足して目力強調細めのアイシャドウブラシにBをとり、二重幅にオン。目尻は少し長めにのせて、目幅を拡張させるイメージ。3 ダークブラウンで目元を締めるCで目頭〜目尻までアイラインを引く。目尻は約7mmはみ出させ、軽く上向きに跳ね上げるようにして。4 ラインの目尻部分のみ強調し、目力UP3で描いたラインの終点から、目尻に戻ってくるように跳ね上げ部分を太く。横から見られても美人な目元に。MAQUIA7月号撮影/岩谷優一〈vale.〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/KUBOKI〈Three PEACE〉 スタイリスト/松島 茜〈io〉 モデル/松本 愛 イラスト/きくちりえ〈Softdesign〉 構成・文/森山和子 浦安真利子 企画/吉田百合(MAQUIA)【MAQUIA7月号は5月22日(火)発売】
  • 今こそ、化粧水を見直す好機です!アラフォー肌を底上げする、化粧水のトリセツ知っているようで、実は知らないのが化粧水。その効果は? 使う意味は? その正体を3 人の専門家にインタビュー。ただの"水"ではない驚きの美肌パワーがそこに秘められている!資生堂 グローバルイノベーションセンター プレステージ情報開発グループ 櫻井菜海子さんクレ・ド・ポー ボーテをはじめ、資生堂のプレステージブランドの情報開発を担当。特にエイジングケア技 術に関する情報に詳しい花王スキンケア研究所 主任研究員 稲葉さやかさん花王のスキンケアを担当する研究員。エストの化粧水 などをはじめ、最先端の技術を採用した多くの化粧品の開発も手がけるビューティ サイエンティスト岡部美代治さん大手化粧品メーカーの研究 員として、化粧品の研究・開発に携わり、独立。研究者の視点から美容をひもとくわかりやすい解説が人気実はエイジングケアに不可欠なアイテム ほとんどの人が毎日化粧水を使っていることからもわかるように、私たち日本女性はやっぱり化粧水が好き。 「禊という神事が古いにしえからあるように、水で浄めるなど、清潔を重視するのが日本のスキンケア文化の源流です。そのため、油で肌を美しくする欧米と違い、日本では水美容文化がずっと根づいてきているんです」(櫻井さん)  その代表的なアイテムが、つまりは化粧水というわけである。それにしても、化粧水ってそもそも何なの? 「化粧水の“水”には、角層の細胞を和らげ膨らませて肌のコンディションを整える作用があります。干ししいたけを見るととわかりやすいのですが、萎んだしいたけが水に戻すとふっくらする、あのイメージです」(岡部さん)  そういえば、私たち日本女性の理想の肌のたとえとして、よくあげられるのがお風呂あがりの肌。内側に水分をたっぷり含んだみずみずしいハリ感は、アラフォーの目標でもある。 「それをかなえるのがまさに化粧水です。水には、実は角層状態を変える力が一番あって、角層を水分で満たして膨らませると毛穴も小さく見えるし、小ジワ予防にもなります。見た目から即効で美肌に変えることができるというわけです」(稲葉さん) とはいえ、お風呂からあがった瞬間はよくても、時間がたつと元の干ししいたけ状態に戻ってしまう気も。 「気持ちよく水で整えた後に、その状態をいかに維持するかを研究し、進化してきたのが今の化粧水ですね。現在では機能成分やオイルなど組み合わせも多様化できるようになった。基材や薬剤、処方がどんどん進化しているので、与えた水分をキープするのはもちろん、肌の機能を底上げするエイジングケアにいたるまで化粧水ができる可能性は広がっています」(岡部さん)  それを証明するのが右の写真。機能性成分を配合した化粧水で、肌の状態がこれほど改善するというわけだ。 「資生堂では100年以上もかけて、化粧水の処方の研究を重ねています。水分をただ与えるだけでなく、うるおい力自体を育てるというのが今の私たちの化粧水の考え方ですね」(櫻井さん)  でも、エイジングケアといえば、やっぱり美容液やクリームでは? 「バリア機能を担う角層は、水を通しにくい〝疎水的”な構造をしています。でも、その下にある表皮や真皮は水となじみやすい〝親水性”になっているんです。美白やハリに効くエイジングケア成分は水溶性のものが多く、そのままでは角層を通して肌の奥まで浸透するのはむずかしい。そこで、角層を化粧水の水分でいっぱいにして、通り道をつくることが大事なんです」(稲葉さん)  だからこそ、アラフォーは心して化粧水を取り扱うことがマスト。早速、トリセツを確認してほしい。化粧水でここまで肌は変わる!機能性成分「エクトイン」を用いた化粧水と乳液を4 週間続けた肌のほうれい線やキメが明らかに改善。資料提供/花王独自保湿成分アクアインプール配合の化粧水と乳液を使うことで、表情ジワも改善されている。資料提供/資生堂右)安全かつ確実な効果が期待できる美白有効成分TXCと透明感を引き出す天然有用成分ウメ フラワー エキス配合。ル ブラン クリームHL50g¥13,500(医薬部外品)/シャネル 左)ビタミンC誘導体の美白力に、速効透明感をかなえる3 種のブライトニングパウダー配合。ブラン ディヴァン クリーム50㎖¥11,500(医薬部外品)/パルファム ジバンシイ〔LVMHフレグランスブランズ〕>>アラフォー肌を変える!“化粧水”取り扱い説明書【Marisol 6月号2019年掲載】撮影/ケビン・チャン 取材・文/山崎敦子 構成/原 千乃 
  • 毛穴も美白もエイジングケアも! その肌悩み、まるっと「ビタCコスメ」に任せちゃいなよ! 美容界のビタC通がビタCブームを語るニキビ、はり、シミ、くすみ……、どんな肌悩みにも寄り添ってくれるビタミンCがキテますキテます! 仕事にプライベートに何かとハードスケジュールなモア世代が攻略すべき“ビタCコスメ”の今をリポート! 美容界のビタC通3人に、最新ビタC情報を教えてもらいました!「青山ヒフ科クリニック」院長 亀山孝一郎先生 「すべての肌トラブルを解決してくれるビタミンC×美容成分のコラボに各社が熱視線!」「ビタミンCは、シミ・くすみ・シワ・たるみ・ニキビ・赤ら顔・毛穴の開き・敏感肌・乾燥肌など、ありとあらゆる肌トラブルを解決してくれる万能成分です。すべての肌トラブルを改善する以外にも、内服すれば、代謝促進・活性酸素除去・疲労低下・ストレス減少・自律神経バランスを整えるなど、いろいろな効果が期待できます。だから、ハードスケジュールをこなすモア世代にはぴったりの成分なのです。ぜひビタミンCを生活に取り入れてみてください」PROFILE|毛穴やニキビなど幅広い肌悩み治療を行う「青山ヒフ科クリニック」院長。高濃度ビタミンC療法の第一人者。ビタミンCを軸にしたコスメブランド『ドクターケイ』の開発も行っている美容コーディネーター 弓気田みずほさん 「安全性と信頼度の高い成分。日進月歩で研究が進んでいるから常に目が離せない存在です」「ビタミンCは美容の鉄板成分! そのマルチな効果にはいつも感動しきりです。スキンケアとしてもサプリメントとしても長く使われてきた安全性と信頼度の高さも魅力。昔から常に注目されている成分のため、体や肌にどう役立っているのか、また、効率的かつ効果的にどう働かせるかの研究が日々進化してきました。それと比例するようにビタミンCコスメが豊富になってきているように感じます」『ロート製薬』オバジ PR担当 阿部由美子さん 「実現不可能とされていたビタミンC濃度を達成。さらなる高みを目指してビタミンC研究は続きます」「美容クリニックでも重宝され、身近な成分であるビタミンC。あらゆる肌悩みに効き、その効果の実感度の高さから今、関心が高まっていると感じます。『ロート製薬』はこの15年もの間、ビタミンCの製剤研究に邁進してきました。そしてようやく不可能とされていたビタミンC濃度25%の美容液開発に成功。商品化できた達成感は大きいですが、“肌に効くことがすべて”の『オバジ』の想いと共に、さらなる研究に励んでいきます」今年の3月、ビタCコスメの代名詞『オバジ』に「C25」が新登場し、話題に!(右から)オバジC5セラム10㎖¥3000・オバジC10セラム12㎖¥4000・オバジC20セラム15㎖¥8000・オバジC25セラム ネオ12㎖¥10000/ロート製薬 ♡6月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・文/海渡理恵 撮影/岩城裕哉 イラスト/村田エリー
  • 「MAQUIA」7月号では、美容賢者が選んだプチプラコスメグランプリを発表。栄えあるスキンケア、メイクアップ部門それぞれのベストに輝いたアイテムは?第6回美容賢者45名が選ぶ、大人のための逸品が続々プチプラコスメグランプリ 2019発表!今や大人のビューティにマストとなりつつあるプチプラコスメ。拡大を続けるプチプラ市場の海から美容賢者が見つけた宝とは!? 欲しいアイテムが必ず見つかる、大人気グランプリの発表です。ベスト・オブ・スキンケア賞/589点イハダ薬用バーム [医薬部外品] 20g/資生堂薬品花粉に大気汚染、さらには激しい温度差など。環境の悪化を背景に増え続ける敏感肌の、お守り的アイテムが多くの票を獲得。「従来のワセリンのイメージを覆した、使いやすいテクスチャー」(藤原さん)、「体温でとろけるのにベタッとしない。スベスベの仕上がりまで連れて行ってくれる」(小林さん)、「メイクののりもよくなるから、肌が荒れて誰にも会いたくない日を、外に出たい日に変えてくれる」(神崎さん)\ ここがすごい! / □荒れる肌をしっかり守ってくれる保護力 □ワセリンなのにベタつかず、メイクのりもアップ「マイナス肌を0にではなく、プラスにまで上げてくれる」― 神崎 恵さん「肌のあらゆるトラブルに寄り添ってくれる」― 小林ひろ美さん「美容オイルのようななめらかさは、まさに感動ものです」― 藤原美智子さんベスト・オブ・メイクアップ賞/324点UZUアイオープニングライナー 全13色/UZU BY FLOWFUSHI“アイライナーを再発明する”。そんな意気込みで、筆、リキッド、本体のすべてにこだわり抜いた新アイテムが玉座をゲット。「見た目のワクワク感を裏切らない高機能」(中山さん)、「色はビビッドだけど軽くくすみ要素が入っていたりして、トレンド感抜群」(paku☆chanさん)、「テクニックがなくても思い通りのラインが描ける。メイクに変化球をつけられるカラーラインナップも素晴らしい」(藤井さん)\ ここがすごい! / □筆、リキッド、グリップのすべてを再発明 □メイクのルールを変える驚きのカラーバリエーション「とにかく描きやすいのひと言。しかもにじまない!」― 藤井優美さん「肌になじみながら高発色。色持ち絶品!」― paku☆chanさん「心がときめくカラーバリエーション」― 中山友恵さんもっと見る > 美容賢者45名【マキアスタッフ】マキア編集長 湯田桂子、マキア副編集長 伊藤かおり、マキア副編集長 清田恵美子、マキアエディター 木下理恵、マキアエディター 芹澤美希、マキアエディター 吉田百合、マキアビューティディレクター 髙橋美智子、マキアエディター 若菜遊子、マキアエディター 山下弓子、マキアエディター 火箱奈央、マキアエディター 萩原有紀、マキアライター 中島 彩、マキアオンラインプロデュサー 永山美里【使って吟味! アーティスト陣】ヘア&メイクアップアーティスト AYAさん、ヘア&メイクアップアーティスト イガリシノブさん、ヘア&メイクアップアーティスト 河嶋 希さん、ヘア&メイクアップアーティスト KUBOKIさん、ヘア&メイクアップアーティスト Georgeさん、ヘア&メイクアップアーティスト 千吉良恵子さん、ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん、ヘア&メイクアップアーティスト 中野明海さん、ヘア&メイクアップアーティスト 中山友恵さん、ヘア&メイクアップアーティスト 野口由佳さん、ヘア&メイクアップアーティスト paku☆chanさん、ヘア&メイクアップアーティスト 藤原美智子さん【製品を熟知。美容ライター陣】美容ジャーナリスト・ライター 小田ユイコさん、美容ジャーナリスト 鵜飼香子さん、美容ライター 浦安真利子さん、美容ライター 長田杏奈さん、美容ライター 風間裕美子さん、美容ライター 高見沢里子さん、美容ライター 柏谷麻夕子さん、美容ライター 関本陽子さん、美容ライター 谷口絵美さん、美容ライター 轟木あずささん、美容エディター 藤井優美さん、美容ライター 前野さちこさん、美容ライター 摩文仁こずえさん、美容ライター 森山和子さん【プロ中のプロ。美容家陣】美容家 神崎 恵さん、美容家 小林ひろ美さん、美容愛好家 野毛まゆりさん、中医美容研究家 濱田文恵さん、美容コーディネーター 弓気田みずほさん、美容家 石井美保さんMAQUIA7月号撮影/ヤノコージ〈STIJL〉(物) 荒川雅之〈近藤スタジオ〉(物) 取材・文/関本陽子 風間裕美子 構成/髙橋美智子(MAQUIA)【MAQUIA7月号は5月22日(水)発売】
  • ふとした仕草や動きまでも美しく魅せるヴェルニカ.のドレスに映えるのはどんな旬メイク? 「MAQUIA」7月号から、付録・コラボポーチの魅力とともに、日常をドラマティックに彩る服とメイクをお届けします。コラボ第4弾 MAQUIA×ヴェルニカ.\ 花びら巾着ポーチできました /様々なアイテムが収納できるBIGポーチなんです!Velnica.デザイナー 小林加奈さん女性誌の編集・ライターを経て、高校の同級生とVelnica.を立ち上げる。ファッションだけでなく、美容にも造詣が深く、本誌にも度々登場。リボンを絞ると花びらのよう!可愛さも実用性も備えたポーチ「毎年好評をいただいている、コラボポーチも早いもので第4弾。今回は、新作の中でも人気のドレスのフラワープリントをMAQUIA別注のカラーにチェンジ。光沢のあるターコイズブルーをベースに、華のあるサーモンピンクを合わせたのは、ヴェルニカ.ならではの色使い。ブランドイメージのただ甘いだけで終わらない、凛とした女性らしさをこのポーチでも表現してみました。見た目の可愛さに加え実用性が高いのもこのポーチの魅力。伸縮自在な巾着型なので、コスメだけでなくライフスタイルに合わせて色々なアイテムを入れられます。ぜひ日常や旅のお供に!」Velnica.の新作ドレスに合わせる初夏メイク華やかフラワープリント × くすみピンクワントーンメイクヴェルニカ.の代名詞であるフラワープリントのドレスに似合うのは、こんな華やかなピンクメイク。ただし、パステルな色みではなく、渋みのあるピンクを目元にさせば、頬も口元もピンクのワントーンで合わせても甘くなりすぎず、アンニュイな大人っぽさをアシスト。HOW TO MAKE-UPEYE アイホール広めにA1、二重幅にA2をなじませる。さらに、A1とA3を混ぜ、まぶたの目頭側のみに重ねる。まつ毛の隙間を埋めるように目のキワにA4を引く。下まぶたの目尻から黒目下までA1をのせタレ目風に。残りの目頭側の下まぶたにはA3を仕込んで。CHEEK ブラシにBのピンクをとり、小鼻横から頬全体にふわっとぼかす。中央寄せにすることで、目尻側にポイントを置いたメイクとのバランスがよくなる。LIP Cを直塗り。A ネオン〜くすみ系のバリエ豊富なピンクの組み合わせ。ニュアンスブラックで優しく引き締め。デザイニング カラー アイズ 125 ¥6800/SUQQU(限定品) B 肌に透明感を与えてくれる青み系のピンクチーク。ハイライトもセット。コンスピキュアス チークス 02 ¥6800/アンプリチュード C 唇を美しく見せるツヤ発色。大人っぽいフレンチローズ。デアリングリィデミュアリップスティック 04 ¥3900/THREEストライプリゾートドレス ×日焼け風ツヤ肌メイク太陽の下で着たい爽やかなブルーのドレスには、日差しとも相性のいいツヤ肌仕立てに。今回の日焼け風メイクは、ハイライトを広めにのせ、頬の高い位置にチークを、口元にはノンパールのグロスを合わせ、光を味方にした都会的な表情に。HOW TO MAKE-UPEYE アイホール全体にA1をベースとして広げ、ブラシにA2をとり、まぶた全体へ。目尻1/3のみA3でラインを引き、少しにじんだようになじませて。CHEEK 頬の高い位置から放射状にBを広げてツヤ足し。頬の高い位置のみCを薄く重ねて、じんわり熱を帯びたような肌感に。LIP 濡れツヤが美しいDを唇全体へ。A 3色シャドウをひと塗りできる。ソフィーナ オーブ ブラシひと塗りシャドウN 16 ¥3700/花王(6/25発売) B ノンパールのブロンズオレンジ。程よいツヤをまとえるリキッドタイプのハイライト。リキッドハイライター 3997 ¥3700/NARS JAPAN(5/24限定発売) C こなれ感を引き出すブラウンチーク。カムフィー スティックブラッシュ 03 ¥3500、D クールなブロンズオレンジ。エンスロール グロス 07 ¥2800/セルヴォークもっと見る >MAQUIA7月号撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル、ロケ物) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/岡野瑞恵〈storm〉 スタイリスト/Velnica. モデル/森 絵梨佳 取材・文/谷口絵美 構成/若菜遊子(MAQUIA)【MAQUIA7月号は5月22日(水)発売】
  • 幼少期、日焼けによる肌の腫れに悩まされてきたという貴子先生。強力なUV防止効果があるものを選びつつも、スキンケアや美白の要素も決してあきらめないのだそう。そんな貴子先生おすすめの超優秀UVアイテムをご紹介します。医師 貴子先生幼少期、日光を浴びると赤くはれる肌質だったため、小学生から日焼け止めを愛用。現在もUVケアせずに外出はしない。「最強の防御力×ピテラが配合の贅沢なスキンケア効果」SPF50・PA++++のUV防止効果は絶対! さらに、スキンケア効果や美肌演出効果などの付加価値があるものから厳選します。SK-ⅡのアトモスフィアCCクリームは、紫外線や大気汚染物質などから強力に肌を守りつつ、ピテラの入った贅沢なスキンケア効果を兼ね備えた頼もしい名品。自然なカバー力を発揮しつつ、つけていることを忘れるような軽い感触は、心を解放したい休日や旅行先にもぴったり。SK-Ⅱ アトモスフィア CC クリーム紫外線・赤外線・大気汚染の三大ダメージを遮断。濃縮ピテラTM配合で肌をトリートメントしつつ、微細パールでソフトな輝きを演出する。SPF50 ・PA++++30g ¥8500 (編集部調べ)撮影/山口恵史 スタイリスト/郡山雅代〈STASH〉 取材・原文/長田杏奈 ※BAILA2019年6月号掲載
  • ずっと気になっていた、 《ルージュ ココ フラッシュ》 やっぱり凄かった!!皆さん、こんにちは。 RUIです。 ここ最近はスタイリング業をしたり、楽しくも忙しく充実した日々を過ごしています⑅◡̈* 私は洋服も大好きですが、コスメも大好きです。その中で好きなブランドはありますが、なんといっても不動のNO.1は《CHANEL》です♡ 色味、発色、艶全てにおいて、パーフェクトで見ているだけでウキウキします。 少し前に発売された、[ルージュ ココ フラッシュシリーズ]のリップは気にはなってましたが…タイミングを逃していました。 そんな時、友人のインスタで紹介されていて、艶がとても綺麗で…! またそのタイミングで神崎恵さんも紹介してるではないか… これは気になる〜ってことでタッチアップしてきました。 ルージュ ココ フラッシュ56番 ジュコントゥラスト 370番ココ フラッシュは艶と透明感が綺麗でひと塗りするだけでツヤっと発色してくれます。 ベージュ系も気になりましたが、BAさんのアドバイスもあり、ブラウン系の56番にしました。 ブラウンレッドや濃いめのリップは好きですが、このぐらいのシアー感がある方がこれからの時期、使いやすそうです。リップだけのつもりが、気になっていたチークも一緒にお持ち帰りとなりました!笑 どんな色味のアイシャドウやリップにも馴染み、エレガントな印象にしてくれるカラーです。オールシーズン、ヘビロテになりそうです。 ルージュ ココ フラッシュ53番私が迷いに迷った、ベージュ53番は友人が購入して、とてもお似合いなんです♡。 参考までに…⑅◡̈*ではまた⑅◡̈*美女組No.159 RUIのブログ
  • 堂々と、美しく咲き誇るノバラに魅せられて作られた「nobaraコレクション」。レッド調のピンクからレンガ色まで、力強くも繊細に表現されたグラデーションで、口元、頬、目元を染め上げたワントーンメイクを提案する。シュウ ウエムラ ルージュ アンリミテッド 限定2色、ルージュ アンリミテッド マット 限定4色、既存2色 各¥3,200(2019年6月1日一部限定発売) まるで花びらのように、鮮やかな色が軽やかに唇にフィットするルージュが8色登場。リップバームにも似たつるんとなめらかなつけ心地で、しっとり感も持続。愛らしく咲き誇る花のような、明るく華やかな発色を長く楽しむことができる。色は大きく分けてピンク系とレッド系。その中でもレンガのような風合いや、くすみ混じりのトーンなどキャラクターは様々。どれも一筋縄ではいかない繊細な色出しで、深みのある魅力を演出するものばかり。質感はツヤとマットの2種類から。シュウ ウエムラ グローオン F(チークカラー・フェイスカラー) 限定2色 各¥2,500(2019年6月1日限定発売)※ケース別売り 塗った瞬間、肌にふんわり溶け込むようになじむチークカラーとフェイスカラー。素肌が透けるようなナチュラルな色づきは、まるで肌が息づく水彩仕上げ。ただ彩りを加えるのではなく、生きた表情を崩さないからこそ、生命力を感じさせるメイクに。シアーなレンガ色と、ヘルシーなアプリコットの限定2色。 シュウ ウエムラ プレスド アイシャドー 限定3色 ¥2,000(2019年6月1日限定発売)※ケース別売り意志を伝えるパーツである目元には、ノバラの強く華やかな魅力を投影。見たままの高発色で、力強い目力を表現していく。ベルベットのように柔らかなテクスチャーはまぶたの上をなめらかに伸び、使用感も抜群。まぶたに成りかわるようにフィットすることで、生き生きとした目元の表情やパーソナルな魅力を引き出していく。レンガ色、ローズ、ベージュと、赤味を含んだトーンが出揃う。愛らしさ・強さ・華やかさ。ただそこに佇むだけで見るものを魅了するノバラのエッセンスを与えたコスメは、きっとあなたの自信になってくれるはず。 シュウ ウエムラhttps://www.shuuemura.jp/03-6911-8560text:Saori Nozawa ビューティニュース>> ⇩「nobaraコレクション」の全ラインナップはここからチェック!
関連キーワード

RECOMMEND