インナー&小物でチェンジ! スーツで速攻「ドレスアップ」テク

Web eclat

インナーを白シャツからツヤありブラウスに替えて、色と光で華やかに

office

きちんと感が必要な場には、濃紺の正統派パンツスーツに白シャツとマニッシュ靴で端正に。
ジャケット¥86,000・パンツ¥43,000・コート¥180,000/SANYO SHOKA(I ポール・スチュアート) ブラウス¥29,000/サザビーリーグ(エキップモン) バッグ¥372,000/ブルーベル・ジャパン(マーク クロス) 靴¥103,500/リエート(サントーニ)

⇒dress up!

スーツ、小物はそのままで、インナーを光沢素材の鮮やかブルーのブラウスに替えただけで、ハレの席にも映える、華やかオーラがまとえる。首まわりのフリルやリボンがさらに女性らしさをプラスしてくれる。
ジャケット¥86,000・パンツ¥43,000/SANYO SHOKA(I ポール・スチュアート) バッグ¥372,000/ブルーベル・ジャパン(マーク クロス) ブラウス¥23,000/デザインワークスドゥ・コート銀座店(デザインワークス) ピアス(片耳)¥147,000/ブランドニュース(リーフェ ジュエリー)

ファー小物にチェーンバッグ、ラグジュアリー小物で速攻“華映え”

office

どんな仕事シーンにも対応できる、シンプルなベージュスーツ。シャープすぎないゆるやかなVカラーが好印象を与える。
ジャケット¥24,000・ブラウス¥16,000・スカート¥16,000/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス ビームス) 時計¥750,000/DKSHジャパン(ベダ&カンパニー)バッグ¥563,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ)靴¥74,000/ジミー チュウ(ジミー チュウ)

⇒dress up!

上のお仕事スタイルにファーを巻けば、一気にパーティ仕様に。チェーンバッグもドレスアップ感を盛り上げる、おすすめの名脇役。大きなパールモチーフが効いて。
ジャケット¥24,000・ブラウス¥16,000・スカート¥16,000/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス ビームス) ファー¥29,000/SANYO SHOKA(I ポール・スチュアート) バッグ¥221,000・靴¥115,000/ジミー チュウ(ジミー チュウ)

華麗なる「ビジネス・ドレスアップ」術 記事一覧

オフィスから華やかなパーティの場に直行して「自分だけ地味?」と居心地の悪い思いをしたことが、忙しいキャリア女性なら少なからずあるはず。時短でドレスアップできるテクニックを伝授!
ビジネスパーティに着たい洋服や小物、さまざまな仕事シーンで活躍する新作アイテムなど、この時季のお仕事ファッションをより素敵にしてくれる旬の情報を紹介。
忙しく働くアラフィー女性は、オフィスから華やかな場へ直行しなければならないシーンも多々あるもの。そんな日のために、昼もオフィスで浮かず、夜は時短でドレスアップできる“ワンピーススーツコーデ”をご紹介!
撮影/撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) 坂根綾子 ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/吉村友希 取材・文/新田幸子 撮影協力/アンダーズ 東京 六本木グランドタワー
関連記事
  • 大人に似合うおしゃれなレイングッズが、梅雨の時期の救世主。防水機能はもちろん、途中で雨がやんだり、晴れの日だっておしゃれに決まる、そんなアイテムを集めました。1.永遠の名品スニーカーに 防水透湿機能をプラスジャックパーセルとしても新鮮なハイカットパターンに、「GORE-TEX® ファブリック」を搭載。アッパー、ヒールラベル、アウトソールを黒でまとめ、モダンな仕上がりに。ジャックパーセル ゴアテックス RH HI¥15,000(申込コード 341212)/コンバース2.たっぷり入って使いやすい トレンドのPVCバッグ雨の日にもうれしいPVCに型押し加工を施したバッグは、今季のトレンド。スポーティな素材も、バンブーハンドルつきで上品に。見せたくない中身は、付属の巾着に入れて。バンブーハンドルPVCバッグ¥25,000(申込コード 345612)/ヴィオラドーロ 3.レインブーツの人気ブランドから 旬のペニーローファーが登場天然ラバーからハンドクラフトされた一足は、高い防水性が魅力。トレンドのトラッドなムードを備えたペニーローファーは、雨が降らない日でも足もとからおしゃれを底上げ。ペニーローファー¥15,000(申込コード 345608)/ハンター他の画像を見るeclat6月号掲載 撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 取材・文/東原妙子 ※申し込みコードつきの製品はエクラプレミアム通販で購入できます。
  • これからの季節の必需品・サングラス。単に紫外線防止のためだけに身につけるなんてもったいない! アラフィーの顔を明るく優しげに見せてくれるピンクベージュは、エクラのイチ押しフレーム。かわいすぎる?との心配は無用! 顔に自然になじみ、品よくフェミニンに仕上げてくれる。1.フォーナインズ柔らかなピンクフレームが顔をトーンアップし、メタルテンプルのゴールドの輝きが華やかさをプラスしてくれる。包み込まれるようなかけ心地にもこだわった、大人の顔にいいことずくめの一品。サングラス¥36,000/フォーナインズ(フォーナインズ・フィールサン) Tシャツ¥11,000/スリードッツ青山店(スリードッツ) ピアス(片耳)¥14,000/イー・エム表参道店(イー・エム) ストール¥10,000/プレインピープル青山(ニムニムデュアイ)2.アナスイベージュピンクの細フレームに、グラデーションレンズが上品。テンプルは耳に負担の少ないチタン製で、紫外線を約99%カットしてくれる。サングラス¥24,000/東レインターナショナル(アナスイ)3.レディーマンマニッシュな型でもピンクのクリアカラーならフェミニンな雰囲気。血色をアップするピンクレンズをべっ甲柄の太めテンプルがキリッと引き締めて。サングラス¥27,000/青山眼鏡(レディーマン)他の画像を見るeclat6月号掲載 撮影/黒沼 諭(aosora/モデル) 西原秀岳(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/大沼こずえ(eleven.) モデル/高橋里奈 取材・文/新田幸子
  • 夏は目前。必要なのは、足もとから気分を上げてくれて、軽やかなスタイルに導く新しいサンダル。旬のデザインに加えて歩きやすさも備えた一足が、街で、リゾートで活躍してくれる。1.裸足に優しくフィットして、 快適な夏を約束するサンダル大人のコンフォートシューズにふさわしいレザーライニングの一足。アッパーは3M ScotchgardTM加工のレザーで、ベルトは着脱が楽なマジックテープつき。ダークトーンの服でシックに見せるなら、足もとは素肌感を添えて!サンダル¥¥24,000(申込コード 345337)/ダンスコ リネンワンピース¥¥66,000(申込コード 345330)/クリステンセン ドゥ ノルド タンクトップ¥7,500(申込コード345341)/エクラプレミアム通販(ヴラスブラム)2.歩きやすくデザイン性も高い コンフォートシューズの決定版上質レザーを使った高級感のあるデザイン。足にフィットして衝撃を吸収する快適な履き心地も備える。マジックテープつきで簡単に着脱できるのも魅力。旬を感じさせるワンピースは、下半身の冷えを防ぎ、汗を吸ってくれるレギンスを合わせて。サンダル¥23,000(申込コード 345338)/ダンスコ リネンワンピース¥¥66,000(申込コード 345330)・レギンス¥25,000(申込コード 345333)/クリステンセン ドゥ ノルド3.夏らしいカジュアルな素材感を フェミニンデザインで楽しむセレクトショップなどで人気のブランドが、エクラプレミアム初登場! 新作のエスパドリーユは、繊細なひもの編み込みが特徴。インソールのジュートもきめ細かく、フラットながら上品なイメージを演出してくれる。ヌーディなデザインながら、ストラップに安定感がある。スマートなフォルムも女性らしい。サンダル¥24,000(申込コード 345603)/マリサレイ バッグ¥75,000(申込コード310821)/エクラプレミアム通販(アンテプリマワイヤーバッグ×エクラ) Vネックカーディガン¥23,000・スカート¥21,000/エリオポール代官山(エリオポール)他の画像を見るeclat6月号掲載 撮影/熊澤 透(黒田さん分) 渡辺謙太郎(MOUSTACHE/Emiさん分) ヘア&メイク/福沢京子(黒田さん分) ヘア/左右田実樹(Emiさん分) メイク/佐々木貞江(Emiさん分) スタイリスト/佐伯敦子(黒田さん分) 徳原文子(Emiさん分) モデル/Emi Renata 取材・文/東原妙子 髙橋眞理子 ※申し込みコードつきの製品はエクラプレミアム通販で購入することができます
  • ずっと憧れだった銀座ならではの風格や洗練された美意識。エクラ世代になった今だから触れてみたい素敵なもの、価値あるものを、黒田知永子さんがご案内。1.銀座歩きの始まりは、アートなウィンドウと展覧会から 「銀座メゾンエルメス」 ’01年に完成したレンゾ・ピアノによるガラスブロックの建築は、銀座の街を明るく照らす行灯のよう。ウィンドウ・ディスプレイもアーティスティックで、夢あふれるアプローチが銀座の地によく似合う。広々とした店内は居心地もよく、「ファッションだけでなく、インテリアも見入ってしまいます」。 アートな銀座を語るうえで欠かせないアドレス。メゾンの年間テーマに合わせて、さまざまなクリエイターが手がけるウィンドウ・ディスプレイは、「街にひらかれた劇場」(※写真の展示は終了)。さらに見逃せないのが8階の「フォーラム」での展覧会だ。現在、『「うつろひ、たゆたひといとなみ」湊 茉莉展』(~6/23)を開催中。古代からの人類の営みを彷彿とさせる、大胆かつパワフルな作品は圧巻。ファサードペインティングは6/2までの公開!中央区銀座5の4の1  ☎03・3569・3300  11:00~20:00(日曜は~19:00) 不定休 ※フォーラムは閉場30分前までの入場、入場無料 トレンチコート¥150,000(ザ ハイアリン)・ワンピース¥83,000(ポステレガント)/以上ストラスブルゴ ピアス¥108,000・ブレスレット¥66,000・バッグ¥353,000・バッグに結んだスカーフ¥86,000/エルメスジャポン(エルメス) 靴¥85,000/リエート(サントーニ)2.洋の東西を問わず、骨董と新しいもののマリアージュを楽しむ 「サンモトヤマ銀座本店 アート・ライブラリー」古伊万里とオールドバカラが現代作家の漆の器や竹のカトラリーと取り合わせられる。北欧の家具とペルシャの絨毯が和の感性によって配置される。その研ぎすまされたセンスが、このアート・ライブラリーの真骨頂だ。 「ここではアフリカのお面、秋田杉の照明、デンマークの家具も同列に扱っています。日本独自の“和えて見立てる”感性によって、さまざまな国の古いものや日本の現代のプロダクトが出会い引き立てあう。ここは文化の国際結婚の場だと思っているんです」と話してくれたのは、『サンモトヤマ』の茂登山貴一郎さん。これからの時代、個人の時間をどう豊かにしていくか? お客さまからも学ばせてもらいたい。そういう思いから、「アート・ライブラリー」という名をつけたという。 「友だちに教わってここを訪れるようになったのだけど、オールドバカラの小ぶりなコップや、カメルーンの鉄の貨幣の置物など、ほかにはない好みのものばかりでいつもため息が出ます。コンディションのよさも魅力ですね」と、黒田さんもうっとり。中央区銀座6の6の1銀座凮月堂ビル4F ☎03・3573・0030 11:00~19:00(日曜、祝日は~18:00) ㊡年末年始 http://www.sunmotoyama.co.jp/ ワンピース¥63,100/ヴィンス 表参道店(ヴィンス) ピアス¥78,000/ストラスブルゴ(サイモン アルカンタラ) バッグ¥318,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ)3.聞香も体験できる、銀座の香文化の発信地 「香十 銀座本店」仏教とともに祈りのお香が日本に伝わり、やがて香道として和の生活文化に。その雅やかな香りの世界を身近にしてくれるのが、リニューアルオープンしたばかりの『香十 銀座本店』。 「畏まらずカジュアルにお香を体験していただけるよう、店の奥にバーカウンタースタイルの席を用意しました。まずは香木体験コースで、季節に合った3つの香木を電子香炉で楽しんでみてください」と、広報の伴在貴弥さん。  スタッフのかたに教わりながら、香炉を持ち、手で覆ってためた香りを深呼吸するように聞く黒田さん。 「繊細な香りに気持ちを集中させると、感覚が研ぎすまされ、浄化されるような感じがしますね。家でも掃除をしたあとに、お香を焚くんですよ。部屋の空気がさっぱりするし、不思議と気持ちが落ち着くんです」と話す。  ここではスティック状のお香から、名刺入れに入れる『名私香』、ルームフレグランスなど、和の香りを日常に取り入れるためのさまざまな商品がそろう。和の空間だけでなく、現代のインテリアや洋服にも合わせてみたい。中央区銀座4の9の1 B1 ☎03・6264・2450 11:00~19:00 ㊡年末年始 https://www.koju.co.jp/ ワンピース¥138,000/オンワードグローバルファッション(ジル・サンダー ネイビー) ピアス/私物他の画像を見るeclat6月号掲載 撮影/荒木大甫 ヘア&メイク/徳田郁子 スタイリスト/池田奈加子 モデル/黒田知永子 取材・文/山崎陽子
  • 夏に着たくなるノースリーブは、全体のシルエットや素材感、アームホールのあき具合など大人の体型をきれいに見せることに細部までこだわったJマダムに人気のブランドなら、雰囲気出しがかなうとともにその華奢見え効果にきっと驚くはず! 体のラインを拾わない素材や柄の選び方など、参考になること間違いなし。1.オケージョンもOKな華やかさなら 「VERMEIL par iena」しっとりとした肌ざわりのとろみ素材を使用。全体にたっぷり施したドレープが動くたびにドラマチックな雰囲気を演出。グログランリボンによる付属のベルトを軽く巻くことで脚長効果も発揮。ちょっとしたドレスアップシーンでも重宝する。ワンピース(ベルトつき)¥20,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ)2.トラッドを今どきに再構築する 「Scye」きめが細かくさらりとした肌ざわりのカットソーは、肉厚感があるので体のラインを拾わず、まっすぐなシルエットでクリーンな印象に。一枚ではもちろん、レギンスに重ねた着こなしも今年らしく、白でも透けにくいからデイリーに活躍。足首が見えるロング丈は誰もが着やすい絶妙丈。ワンピース¥25,000/マスターピースショールーム(サイ)3.リュクスで女らしいたたずまいを演出する 「HYALINES」ニュアンスのあるピンクベージュが美しい、ツヤのある上質なシルクを使用したワンピースは、たっぷりのギャザーがつくり出す柔らかな表情が魅力。二の腕がすっきり見えるアームホールや、ウエストコンシャスなメリハリのあるシルエットなど、抜群の華やかさと着映え力を発揮。ワンピース¥75,000/ストラスブルゴ(ハイアリン)他の画像を見る>>「雰囲気出しワンピース」の記事はこちらからeclat6月号掲載 撮影/西崎博哉(MOUSTACHE/モデル) 坂根綾子(物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ 撮影協力/アンダーズ 東京
  • 目じりが自然に上がったソフトなキャットアイ型や、名前のとおりキツネ目のような形のフォックス型は、顔全体をリフトアップして見せながら、エレガントな雰囲気もまとえる大人向きサングラス。1.プラダほどよく大きい自然なキャットアイシルエットが、気になる目まわりを隠しつつ、顔をシュッと見せる効果大。ブリッジ部分のさりげないメタル使いなど華奢さや上品さがある点も大人におすすめ。サングラス¥39,000/ミラリ ジャパン(プラダ) トップス¥15,000・スカート¥27,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) ピアス¥10,000/CPR トウキョウ(ルーカス ジャック) ブレスレット¥48,000/イー・エム表参道店(イー・エム)2.コーチグラデーションレンズのまわりにシルバーの細フレームでキャットアイを象って。目じりのフラワーモチーフがシャープな中にかわいらしさを添えて。サングラス¥20,000/ミラリ ジャパン(コーチ)3アイヴァンかけてみると、ナチュラルに目じりが上がって、顔をシャープに見せる。一見シンプルだが、テンプルの飾りなど、さりげなく小技が効いている。サングラス¥29,000/アイヴァン PR(アイヴァン)他の画像を見るeclat6月号掲載 撮影/黒沼 諭(aosora/モデル) 西原秀岳(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/大沼こずえ(eleven.) モデル/高橋里奈 取材・文/新田幸子
  • 「揺れるスカートもワンピースも好き」という甘め系なら、マキシ丈のボトムに似合うフラット系や、ボリュームは軽めの靴を意識すると、すんなりなじむはず。「茶サンダル」、「白スニーカー」、「銀の靴」の3足があれば、“今日合わせる靴”にもう悩まない!1.銀のアンクルストラップで小粋な味わいをプラスロングシャツには細身パンツをプラス。ちらりとのぞく足首にシルバーのストラップがキラリ。ネイビー×白のベーシックな配色もおしゃれな味わいになる。靴(ヒール高1.5cm)¥24,000/フラッパーズ(カルツァイウエーリ・フィオレンティーニ) ロングシャツ¥28,000/ティッカ パンツ¥22,000/ウィム ガゼット 青山店(ウィム ガゼット) ピアス¥30,000/エスケーパーズ(リジー フォルトゥナート) バングル¥36,000/アッシュ・ペー・フランス(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス) バッグ¥25,000/ショールーム セッション(アシーナ ニューヨーク)2.クッションたっぷりで履き心地のいいレザースニーカープリーツスカートとスニーカーは相性ぴったり。上級感ある白レザーで、カジュアルになりすぎず、大人の雰囲気漂う着こなしに。靴「アー・ペー・セー スニーカー」¥34,000/アー・ペー・セー カスタマーサービス(アー・ペー・セー) ニット¥26,000/アングローバル(イレーヴ) スカート¥28,000(ヴェルメイユ パー イエナ)・イヤリング¥31,000(グーセンス パリ)/以上ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店 サングラス¥31,000/RHC ロンハーマン(カーラ カラー) ブレスレット¥123,000/ウノアエレ ジャパン(ウノアエレ) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)3.足もとで女らしさをアップさせる カジュアルのスイート仕上げに女らしい抜け感のある足もとはヒールは低めでラインナップ。前でも後ろでも結べるアンクルストラップの茶サンダル「アディル」(ヒール高0.5㎝)¥45,000/J&Mデヴィッドソン 青山店(J&Mデヴィッドソン) キャメルとの配色が小粋な白スニーカー「649 スニーカー」¥70,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン) チビヒールでほんのり女らしい、銀の靴(ヒール高5㎝)¥49,000/アマン(ペリーコ)他の画像を見るeclat6月号掲載(4月30日発売) 撮影/黒沼 諭(aosora/モデル) 佐藤 彩(物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/望月律子(KIND) モデル/LIZA 構成・文/宮崎桃代 ※掲載商品の価格は、本体価格(税抜)で表示しております。
  • 年々暑さが厳しくなる夏に向けて、「やっぱり着たい!」という声の多いノースリーブ。細部までこだわったJマダムに人気のブランドなら、雰囲気出しがかなうとともにその華奢見え効果にきっと驚くはず! コーディネートいらずな美シルエットを、堪能あれ。1.大人の遊び心をリュクスに取り入れた 「BLAMINK」鮮やかなイエローにうっすらとストライプ柄が施されたラップドレスは、ノースリーブながら生地が二の腕に斜めにかぶるデザインで、腕全体をほっそり見せてくれる視覚効果あり。イレギュラーヘムの立体感が抜群に華やかなムードを演出。ワンピース¥120,000/ブラミンク ピアス¥69,000(ソフィー ブハイ)・バングル¥63,000(タプレイ)/以上エスケーパーズ バッグ¥172,000/ジミー チュウ 靴¥71,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)2.大人が似合うかわいげカラーならここ 「MARIHA」きれい色初心者は原色よりも肌なじみのいいニュアンス系が正解。上品なライラックを引き立てるすそ広がりなシンプルシルエットは、おなかまわりがゆったりしたリラクシングな着心地。深すぎず浅すぎない絶妙なあき具合のVネックと、狭めのアームホールはインナーなしでもOK。ワンピース¥28,000/ショールーム セッション(マリハ)3.繊細な色出しと上質素材にこだわる 「ebure」デイリーだけでなくオケージョンにも活躍する、エレガントさ抜群のブルーグレー。繊細なレースとウエストにあしらったリボンベルトが女らしさをいっそう高めて。ウエストにたっぷりとったギャザーがつくり出す上半身の膨らみとスカートの美しいドレープが、歩くたびにラグジュアリーに揺れる。ワンピース(ベルトつき)¥98,000/ebure他の画像を見る>>「雰囲気出しワンピース」の記事はこちらからeclat6月号掲載 撮影/西崎博哉(MOUSTACHE/モデル) 坂根綾子(物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ 撮影協力/アンダーズ 東京
関連キーワード

RECOMMEND