グレージュの名手が「グレージュ」を愛する理由 五選

Web eclat

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.旬の柄もグレージュの
ワントーンで大人顔に
「グレージュのワントーンに変化をつけるなら柄アイテムがおすすめ。今シーズンならグレーやブラウンをベースにしたトラッドなチェック柄。柄の中にグレージュと相性のいい色が入っているので、色合わせに悩まずにコーディネートが決まります」(森さん)。

ニット¥29,000・スヌード¥8,000/スローン パンツ¥68,000/ヨシエ イナバ ピアス¥22,000/ブランイリス伊勢丹新宿店(ブランイリス)バッグ¥158,000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター)靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)
2.モードなトレンドアイテムも
グレージュなら挑戦しやすい
「ファーやスエードなど素材感のあるものとグレージュの組み合わせが好み。ワイドパンツやロングスカートと合わせて履きたいです。足もとに抜け感を演出してくれます」(森さん)。

サンダル¥19,000/アパルトモン 青山店(カミナンド)
3.形は定番、色で今季らしく
アップデートしたハイク
「この冬、一番欲しいと思ったコートがこれ。フェルトっぽいスエードの素材感と濃いめのグレージュにときめきました。素材や色で今の気分に更新するところに、ハイクらしさを感じます」(森さん)。

コート¥75,000/ボウルズ(ハイク)
4.スポーティなアイテムこそ
上質なグレージュが正解
「フードつきプルオーバーというスポーティなアイテムこそ、上質なカシミヤ素材と深みのあるグレージュをセレクトします。前後差のある着丈も今どきです。大人なムードで着こなしたいですね」(森さん)。

ニット¥36,000/オンワード樫山 お客様相談室(ベイジ,)
5.デイリー使いのトートは
黒より断然しゃれ見え
「私は黒いコートが多いので、バッグまで黒いと全体が沈んでしまいがち。なのでグレージュのバッグが気になっています。これはマチが広く軽く、さらに肩がけできるのがいい」(森さん)。

バッグ¥160,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)

「グレージュ」を選ぶ理由 記事一覧

シンプルな着こなしも計算されたような奥行きを感じさせ、しゃれたたたずまいに見せてしまう、そんな頼もしい色「グレージュ」。今回、グレージュを使った素敵なコーディネートがエクラ誌面でも評判のスタイリスト・森慶子さんがこの冬提案するのは、グレージュを広い面積で大胆に取り入れた"メイン使い"。おしゃれを華やがせる、絶妙バランスに注目を!
"+濃密色"という新しいセオリーで大人を素敵に見せるグレージュの魅力がますます拡大! ポイントは濃密色を少量ではなくダイナミックに使うこと。時代性と若々しさが宿る、鮮度MAXの配色をマスターしたい。
シンプルな着こなしも計算されたような奥行きも感じさせ、しゃれたたたずまいに見せてしまう、そんな頼もしい色「グレージュ」。この冬大人気の「グレージュ」を使ったコーディネートが多くの女性から支持を得ているスタイリスト・森慶子さんが、その魅力を語るとともに、愛用のグレージュアイテムをご紹介します。
eclat1月号掲載 撮影/酒井貴生(aosora/モデル) 魚地武大(TENT/物) ヘア/Show Fujimoto(TRON) メイク/小森由貴 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/ゆうき 取材・文/向井真樹
関連記事
  • 間違いなくきちんと見えるジャケットは、オフィスコーデに欠かせないアイテム。今までとは違うブラッシュアップしたジャケットコーデと、そこまできちんと感を求められていない日の、オフィスカジュアルコーデをお届け!【目次】 40代 夏のオフィスコーデ:ジャケットコーデ編 40代 夏のオフィスコーデ:オフィスカジュアルコーデ編※商品は販売を終了している場合があります40代 夏のオフィスコーデ:ジャケットコーデ編■白ジャケット×ベージュワンピースのオフィスコーデフロントのひとつボタンと細めのラペル、九分袖がシャープな印象の白ジャケットをさらりとまとえば、膨張しがちなベージュワンピースもシュッときれいに着こなせる。少し短めの丈が軽やかさとスタイルアップをお約束。 ジャケット¥19,000・ワンピース¥19,000(エムセブンデイズ)・アイスグレーバッグ¥41,000(トフ&ロードストーン)・ポインテッドトゥバックストラップパンプス¥26,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol▶白ジャケットとベージュワンピースの詳細はこちら■ノーカラージャケット×パンツのオフィスコーデトレンドの太めパンツも長め丈のジャケットでグッドバランス。合わせるボトムを選ばない長め丈が毎日に重宝。ジャケットがヒップにかかる着丈だから、少しボリューム感のあるボトムとも合わせやすい。ジャケット¥19,000/ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店(ホワイト) ブラウス¥20,000/ANAYI パンツ¥26,000/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ) バッグ¥42,000・ストラップ¥35,000/A.D.M.J. ピアス¥18,000/アガット パンプス¥76,000/カオス丸の内(ニナ リッチ)▶ノーカラージャケットとパンツの詳細はこちら■ベージュのジャケット×ワンピースのオフィスコーデストレスフリーなコットン地のワンピースにきちんと感のあるベージュのジャケットを羽織れば、こなれ感のある通勤コーデが完成。足元は白のサンダルで抜け感をプラスすると女っぷりがアップ。ジャケット¥42,000(ヴェルメイユ パー イエナ)・バッグ¥59,000(マージ シェアウッド)/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店 ワンピース¥19,000/ビームス ハウス 丸の内(エイトン) メガネ¥32,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(BJ クラシック) 靴(6.5)¥93,000/ウィム ガゼット青山店(ニナ リッチ)▶ベージュのジャケットとワンピースの詳細はこちら■ベージュのシャツワンピース×ブラウンジャケットのオフィスコーデ小さめ襟の端正なベージュシャツワンピに、ブラウンのジャケットとグラデ配色にしてなじませたオフィスコーデ。上品で落着きのある雰囲気のカラーコーディネート。縦長ラインで細見えも効果も狙って。ワンピース(ベルトつき)¥35,000/ストラスブルゴ(バルバ) ジャケット¥47,000/デ・プレ 丸の内店(デ・プレ) ピアス各¥181,000・バングル¥181,500/ハルミショールーム(オー) 時計¥91,000/ハミルトン/スウォッチグループ ジャパン(ハミルトン) バッグ¥160,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)▶シャツワンピースとブラウンジャケットの詳細はこちら■ネイビージャケット×カラーパンツのオフィスコーデ人気のカラーパンツで少し攻めのオフィスコーデ。インパクトのあるカラーパンツはシンプルなシルエットを選び、合わせるアイテムもベーシックを意識すれば品のあるオフィスコーデに。パンツ¥42,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) ジャケット¥39,000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(アッシュ・スタンダード) Tシャツ¥7,800/スローン(スローン) バッグ¥29,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥26,000/ファビオ ル スコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)▶ネイビージャケットとカラーパンツの詳細はこちら■ジャケット×ネイビー細身パンツのオフィスコーデぐっとビジネスモードのアラ管(=アラウンド管理職)ファッション。ネイビーの細身パンツで引き締めつつ、ジャケットとパンプスは淡いトーンでまとめて、女性らしさもプラス。バッグはきちんと感のあるクラシカルなバッグでコーデを格上げ。パンツ¥20,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー)  ブラウス¥10,000/ゲストリスト(ステートオブマインド) バッグバッグ¥345,000/エイチ アイ ティー ジャケット¥75,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) 靴¥77,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) フープピアス¥85,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ)▶ジャケットとネイビー細身パンツの詳細はこちら■ノーカラージャケット×ふんわりワンピースのオフィスコーデ着丈長めのノーカラージャケットをワンピースにはおれば、長め×長めで旬のムードに。細めのシルエットでふんわりワンピースをシャープに演出。ノーカラージャケットは堅苦しさがないので、会食やビジネスディナーがある日にもおすすめのスタイル。ジャケット¥19,000/ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店(ホワイト) ワンピース¥55,000/ストラスブルゴ(ハイアリン) バッグ¥129,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ピアス¥11,000/プラージュ 代官山店(ニナ&ジュール) パンプス¥46,000/ゲストリスト(ルチェンティ) ▶ノーカラージャケットとワンピースの詳細はこちら■ネイビージャケット×リネンパンツのオフィスコーデ現場の上司としての印象は、堅すぎず砕けすぎずのほどよいオフィシャル感が重要。そんなときはセンタープレス入りのゆったりとしたリネンパンツと、ダブルボタンのジャケットのセットアップがちょうどいい。爽やかな白Tシャツと白小物で抜け感を。足もとは華奢なサンダルでエレガントな女性らしさを忘れずに。パンツ¥36,000・ジャケット¥62,000・カットソー¥10,000/アングローバル(イレーヴ) ネックレス¥252,000/CHERRY BROWN バンダナ¥9,800/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(MONA SULTAN) バッグ¥332,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥52,000/アマン(ペリーコ)▶ジャケットとリネンパンツの詳細はこちら■ジャケット×シャツワンピースのオフィスコーデほんのりモードなバンドカラーシャツをベルトアレンジでオフィス仕様に。片側のフロントに大きめのポケットをあしらったハンサムな雰囲気のグレーのシャツワンピースは黒ベルトでシルエットを引き締めて女っぷり度高めに。さし色の赤いパンプスで気分を上げる!ワンピース¥30,000/プルミエ アロンディスモン ジャケット¥48,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ベルト¥18,000/デ・プレ 丸の内店(メゾンボワネ) メガネ¥34,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー(オリバーピープルズ) ネックレス¥33,000/RHC ロンハーマン(サンズサンズ) バッグ¥225,000/ジミー チュウ 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) ▶ジャケットとシャツワンピースの詳細はこちら■ジャケット×ボーダーカットソー×白パンツのオフィスコーデ膨張カラーの白こそ、タックや股上が深すぎないジャストウエストで気になるおなかも目立たせない。センタープレスでメリハリをつけたのもポイント。下まで全面裏地つきなので、ラインが響きにくく透けにくい。リラックス感のあるリネン混素材で、紺ブレ、ボーダーともマッチ。パンツ¥15,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ユナイテッドアローズ) ベルトつきジャケット¥62,000/ebure カットソー¥10,500/サンスペル 表参道店(サンスペル) バッグ¥59,000(ウェルデン)/フラッパーズ サンダル¥48,000/アマン(ペリーコ)▶ジャケットと白パンツの詳細はこちら■サファリジャケット×ドット柄スカートのオフィスコーデオフィスに着ていく色合いに迷ったら、必ず組み合わせる鉄板の「ベージュ×黒」。今年らしく着こなすならスイートな黒をとりいれること。例えばノスタルジックで甘さを感じさせるドット柄の黒スカートに、都会的なサファリベージュのジャケットを合わせて。ドット柄と同じくらい大きさの粒が連なったパールネックレスでリンクさせるのもおしゃれの高等テクニック。ジャケット¥48,000/アングローバル(イレーヴ) Tシャツ¥9,000/オーラリー スカート¥32,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) ネックレス( 2 本セット)¥31,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(コンチー) バッグ¥49,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(カパフ) 靴¥57,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(サルトル) ▶サファリジャケットとドット柄スカートの詳細はこちら■ジャケットとスカートのオフィスコーデ ビッグ&ロングなジャケット、バンドカラーのシャツ、ざらりとした質感のシルクリネンスカート。そしてガツンと大きなバッグ。旬のアイテムたちを集めた、鮮度の高いオールベージュ。ジャケット¥52,000/サード マガジン シャツ¥26,000/ebure スカート¥64,000/カオス丸の内(カオス) サングラス¥34,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(BJ クラシック) バッグ(大)¥57,000/フレームワーク 自由が丘店(ア ヴァケーション) (小)¥128,000(ザンチェッティ)・靴¥62,000(ジョセフ チーニー&サンズ)/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店 ピアス(右)¥19,000・(左)¥21,000・リング(人さし指)¥47,000・(中指)¥39,000/ショールーム セッション(マリア ブラック)▶ジャケットとスカートの詳細はこちら40代 夏のオフィスコーデ:オフィスカジュアルコーデ編■シャツワンピース×肩掛けカーディガンのオフィスコーデシワになりにくく着心地のよい素材で仕上げたシャツワンピースは今シーズンもマストハブ。気になる二の腕をさりげなくカバーするフレンチスリーブや、ベルトなしでもサマになるウエストゴムで、働くアラフォー女性への思いやりを感じる一着。肩掛けしたカーディガンはさし色効果だけでなく、オフィスの冷房対策に。シャツワンピース¥22,000(エムセブンデイズ)・メタリックマクラメトートS¥14,000(ヌキテパ)・アンクルリボン スクエアトゥ フラットシューズ¥44,000(ネブローニ)/SHOP Marisol カーディガン/スタイリスト私物▶シャツワンピースとバッグの詳細はこちら■ブラウス×白プリーツスカートのオフィスコーデ清潔感があって信頼感も増すネイビーブラウスと白スカートの王道通勤コーデも、今年は少し辛口を意識して。例えばシャツの延長線上で着やすいバンドカラーのブラウスと長め丈のプリーツスカートで2019年仕様にアップデート。腰まわりをすっきり見せるための切り替えプリーツやウエストインが決まるテープ使いなど、ひと手間考えられたディテールがたまらない。スカート¥24,000/アルアバイル ブラウス¥13,000/TOMORROWLAND(マカフィー) ピアス¥24,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バングル¥22,000/ゲストリスト(ハウント代官山/アニー) バッグ¥79,000・ストラップ¥44,000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)▶ブラウスとプリーツスカートの詳細はこちら■カーディガン×ベイカーパンツのオフィスコーデ長時間座りっぱなしの日にも頼れる、タフでカジュアルなワーク系パンツ。すっきり美シルエットのきれいめデザインなので、オフィススタイルにもなじんでくれる。運転しない日、たまには白のヒールパンプスで足もとから女っぷりを引き上げて。ベージュ×カーキの配色もなんだか新鮮。 パンツ¥19,000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ・シンゾーン) カーディガン¥23,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) バッグ¥31,000/マルティニーク丸ノ内(ヴァジック) 時計¥600,000/セイコーウオッチ(グランドセイコー) 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) ▶カーディガンとベイカーパンツの詳細はこちら■ニット×ワイドパンツのオフィスコーデ長時間のミーティングが続く日には、座りっぱなしでもシワになりにくい素材のパンツがかなり重宝。エムセブンデイズのワイドパンツはウエストボタンのポイントが上なので腰位置が高く、さらに上からまっすぐ入ったセンタープレスが脚をすっきり長く見せてくれる。シワになりにくいきれいめ素材も魅力。プルオーバー¥27,000(サクラ)・パンツ¥16,000(エムセブンデイズ)・ショルダーつき2WAYバッグ【CHERRY】¥19,000(ジャンニ キアリーニ)・シューズ【TUTTI ANELLI FLAT】¥50,000(ペリーコ)/SHOP Marisol▶ニットとワイドパンツの詳細はこちら■ブラウス×ストレッチパンツのオフィスコーデほどよくボディにフィットした全方位ストレッチ素材のスーパーストレッチパンツは、一日中動き回ってもノーストレス! 細身のシルエットなので、トップスはきちんと感とふんわり感を兼ね備えた白ブラウスでシンプルにバランスよく着こなしたい。小物は清潔感のあるベージュでまとめて。ブラウス¥15,000・パンツ¥13,000(エムセブンデイズ)・ショルダーつきレザーバッグ¥31,000(ジャンニ キアリーニ)・ポインテッドトゥバックストラップパンプス¥26,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol ピアス/スタイリスト私物▶ブラウスとストレッチパンツの詳細はこちら■ボリューム袖のブラウス×タイトスカートのオフィスコーデボリューム袖が今年らしい白いブラウスにネイビーのタイトスカートを合わせた清潔感のあるオフィスコーデ。小物はクラシカルな雰囲気のバッグと靴で、しっかり個性もアピール。¥10,000/ゲストリスト(ステートオブマインド) スカート¥26,000/ebure 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス) 時計¥340,000/セイコーウオッチ(グランドセイコー) バッグ¥345,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) ▶白ブラウスとタイトスカートの詳細はこちら■とろみブラウス×細身パンツのオフィスコーデとろみ素材が女性らしいネイビーのトップスと細身のネイビーパンツを合わせたワントーンコーデ。小物は軽やかに決まる白とシルバーで抜け感をプラスして。ブラウス¥12,000・パンツ¥16,000(エムセブンデイズ)・牛革トートバッグ【福田亜矢子さん×マリソル×A.D.M.J.】トリプルコラボ¥42,000(エー・ディー・エム・ジェイ)・パンプス¥50,000(ペリーコ)/SHOP Marisol▶とろみブラウスとパンツの詳細はこちら■白シャツ×テーパードパンツのオフィスコーデ人気の定番テーパードパンツのすそ幅をやや狭く、光沢を出すチンツ加工を施してアップデートされたスタニングルアーの優秀な一本。太ももやヒップ部分はタックでゆとりがある、アラフォーにうれしいデザイン。コンパクトだからこそ、ゆったりとした白シャツとも好バランス。パンツ¥21,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) シャツ¥16,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) バッグ¥48,000/アパルトモン 青山店(スタウド) サンダル¥75,000/エストネーション(ネウス) ベルト¥19,000(参考価格)/アマン(アトリエ  アンボワーズ) メガネ¥26,000/アイヴァンPR(アイヴァン)▶白ブラウスとテーパードパンツの詳細はこちら■ブラウス×カラーパンツのオフィスコーデほどよく肉厚だから下着も体のラインも拾わずノンストレスなマルティニークのカラーパンツは、センタープレスで、端正さはキープ。注目のイエローもこっくりトーンが取り入れやすい。ほどよく地厚でストレッチがきいているので、動きやすく、脚のラインをまっすぐに補正する効果も。黒の甘ブラウスで女らしく着こなして。パンツ¥19,000/マルティニーク ルコント  ルミネ有楽町店(マルティニーク) ブラウス¥28,000/エストネーション バッグ¥145,000/アパルトモン 青山店(ザンケッティ) サンダル¥43,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ピアス¥20,000/ココシュニック▶ブラウスとカラーパンツの詳細はこちら■ニット×テーパードパンツのオフィスコーデ夏場も穿きやすいゆったりめのタック入りテーパードパンツは、落ち感のあるとろみ素材ならしなやかで女性らしい印象に。パンツ自体に華がある光沢素材だからこそ、トップスはベーシックなニットに。ベージュのワントーンコーデが、知的でこなれた印象に導く。パンツ¥25,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) ニット¥20,000/スローン バッグ¥14,000/フラッパーズ(マニプリ) パンプス¥30,000/RHC ロンハーマン(ピッピシック) バングル¥6,500/ジューシーロック サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285)▶ニットとテーパードパンツの詳細はこちら■ノーカラーシャツ×テーパードパンツのオフィスコーデサイドジップで腰まわりの装飾をいっさい排除。そのぶん、太ももまわりがゆったりしているのではき心地は快適。すその内側部分にファスナーで開け閉めできるファスナーつき。オーバーシャツとの端正なスタイルにはファスナーを閉めてよりミニマルに。ライトブルーのシャツは程よい細身で裾もデザインされているのであえてアウト。さわやかな通勤コーデに。パンツ¥17,000/エストネーション シャツ¥33,000/ebure PVCバッグ¥24,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ヴァジック) ローファー¥29,000/アーバンリサーチ ドアーズ 銀座マロニエゲート1店(カルチェグラム) ピアス¥4,600/リエス(ラ ピエス)▶ノーカラーシャツとテーパードパンツの詳細はこちら
  • 夏に着たくなるノースリーブは、全体のシルエットや素材感、アームホールのあき具合など大人の体型をきれいに見せることに細部までこだわったJマダムに人気のブランドなら、雰囲気出しがかなうとともにその華奢見え効果にきっと驚くはず! 体のラインを拾わない素材や柄の選び方など、参考になること間違いなし。1.オケージョンもOKな華やかさなら 「VERMEIL par iena」しっとりとした肌ざわりのとろみ素材を使用。全体にたっぷり施したドレープが動くたびにドラマチックな雰囲気を演出。グログランリボンによる付属のベルトを軽く巻くことで脚長効果も発揮。ちょっとしたドレスアップシーンでも重宝する。ワンピース(ベルトつき)¥20,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ)2.トラッドを今どきに再構築する 「Scye」きめが細かくさらりとした肌ざわりのカットソーは、肉厚感があるので体のラインを拾わず、まっすぐなシルエットでクリーンな印象に。一枚ではもちろん、レギンスに重ねた着こなしも今年らしく、白でも透けにくいからデイリーに活躍。足首が見えるロング丈は誰もが着やすい絶妙丈。ワンピース¥25,000/マスターピースショールーム(サイ)3.リュクスで女らしいたたずまいを演出する 「HYALINES」ニュアンスのあるピンクベージュが美しい、ツヤのある上質なシルクを使用したワンピースは、たっぷりのギャザーがつくり出す柔らかな表情が魅力。二の腕がすっきり見えるアームホールや、ウエストコンシャスなメリハリのあるシルエットなど、抜群の華やかさと着映え力を発揮。ワンピース¥75,000/ストラスブルゴ(ハイアリン)他の画像を見るeclat6月号掲載 撮影/西崎博哉(MOUSTACHE/モデル) 坂根綾子(物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ 撮影協力/アンダーズ 東京
  • 薄着になる季節こそ「巻きもの上手になりたい!」という美玲さん。さりげないあしらいでデイリースタイルのしゃれ感を倍増させるスカーフ&ストールの簡単アレンジにフォーカス。 まだ照れるスカーフは小面積で始めてみる気張らずプラスしたいときには、細長いスカーフがおすすめ。キュッとコンパクトに巻くだけで、いつもの黒リブニットに個性を。足もとにもピンクを配すと首もとだけ浮かずにカラーバランスが整う。「スカーフと靴をリンクさせるとまとまりもよく、取り入れやすさも上がりますね。見慣れた黒ニットのマンネリ解消にも! ショートパンツもぐ んと大人っぽく見えます」(美玲さん)。スカーフ(5×85)¥7800(マニプリ)・靴¥44000(ネブローニ)/フラッパーズ トップス¥30000/スローン(スローン) パンツ¥34000/ビューティフルピープル 銀座三越(ビューティフルピープル) ピアス¥31000/トゥモローランド(レレサドゥギ) リュクスな2枚使いで女らしさ香るマニッシュルックコットンとシルク、素材違いのスカーフを編み込むことで表情が豊かに。「2枚巻きのゴージャス感も辛口スタイルにならアリですね」(美玲さん)。ピンクストール(20×160)¥18000/フラッパーズ(マニプリ) ブルースカーフ(25×120)¥9000(altea)・トップス¥42000(アンスクリア)/アマン パンツ¥12800(ヴィルーム)・ハット¥32000(クライド)/ギャルリー・ヴィー 丸の内店 バッグ¥12000(カーナス)・リング¥32000(アンコモンマターズ)/デ・プレ イヤカフ¥24000(ヒロタカ)・フープピアス(大)¥23000(マリア ブラック)/ショールーム セッションラフにたらして定番デニムにこなれ感をTシャツ&デニムの王道コンビが見違える。「無造作なあしらいが意外でした。服とストールのトーンが合っていて、ほんのりレトロで可愛い。普段着がワンランクアップしますよね」(美玲さん)。ストール(68×68)¥16000/スローン(スローン) Tシャツ¥9000・パンツ¥21000(ともにRouje)・ベレー帽¥10000(ラ メゾン ド リリス)/メゾン イエナ ジャケット¥64000 (カバナ)・ベルト¥25000(参考価格)(アトリエ アンボワーズ)/アマン ピアス¥18000/ショールーム セッション(ヒロタカ) ネックレス¥54000/デ・プレ(レジェ) 靴¥51000/フラッパーズ(ネブローニ) 白黒ストールで肩を覆い大人の露出バランスにストールを三角に折り、片肩で結ぶだけ。清潔感のあるモノトーンストールが、肩と腕をアシンメトリーに覆い、肌見せも上品に。「リゾートでやってみたいスタイル。はおりもののように使うストールも新鮮です。この夏はカーデに頼らず、ストールを活用したいです」(美玲さん)。ストール(90×90)¥23000/アマン(altea) ワンピース¥50000/クルーズ(エリン) バッグ¥43000/スーパー エー マーケット(ヴァニーナ) ピアス¥ 25000・リング¥32000/サアガラ ショールーム(エース バイ モリザネ) 初夏のストールは、服とのバランスで2タイプ揃えるべき!冬用の厚手ストールは持っているけど、春夏に巻くものは実は一枚も持っていないんです。仕事で巻いてもらうたび「おしゃれだな、欲しいな 」と思ってはいるものの、そもそもどんなものを選んでいいのかがわからなくて……。今日の撮影で学んだのは、無地より色の入った巻きもののほうが実は合わせやすいってこと。手持ちのモノトーンのアクセントにもなるし、服の色とリンクさせても可愛いし。一方で、服の色が派手ならモノトーンのストールで引き締めるのもいいなって。服とのバランスで2タイプをそろえるべきだと確信! コンサバにはしたくないので、“Tシャツにサラリ”など、まずは自分が好きなカジュアルに加えてみたいです。(美玲さん)撮影/赤尾昌則〈whiteSTOUT〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/安西こずえ〈Coz inc.〉 モデル/桐谷美玲 取材・文/榎本洋子 ※( )内の数字は編集部で計測した(縦×横)で単位は㎝です ※BAILA2019年6月号掲載
  • ZARAのトップスとジーンズでプチプラコーディネート♪ このトップスもとはオールインワンとして売られていたのですが オールインワンで着るには164センチの私には短すぎて... ズボンの部分をカットしました! シンプルで着まわしができるので気に入っています♪ootd▼ トップス/ZARA ジーンズ/ZARA バック/RomHerman スニーカー/コンバース RomHermanの巾着は友だちの誕生日プレゼントに購入しましたが、可愛くて自分たち用にも購入しました♡ 色んな色があってどれも可愛くて悩んでしまいました〜^ ^ そして、 BAILA6月号に載っていたブシュロンのジュエリープレゼント企画!!♡豪華すぎますよね...(・Д・)♡ 私も応募させて頂きました^ - ^ まだ間に合います!!こちらからとべます..♡最後まで読んで頂き、ありがとうございます♪スーパーバイラーズ 高橋茉衣のブログ
  • 夏の「オフィスカジュアル コーデ見本」まとめ【2019年夏版】2019年夏のオフィスカジュアルコーデのトレンドは? 今年っぽいアイテムや旬のアースカラーを取り入れて、おしゃれに仕事もアフター6も楽しめるコーディネートをまとめました♪【2019年夏のオフィスカジュアル見本1】オンの日もこなれ見えしたいなら『TICCA』のシャツコーデ“着る人を美しく見せる”と話題。計算され尽くしたデザインと着心地。どんな体形でもサマになるシルエットに絶妙なパリッと感。きれいめパンツに合わせてもお堅くなりすぎず、知的で上品なこなれ感が手に入る、魔法のシャツ。シャツ¥21000/TICCA パンツ¥19000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) ジャケット¥59000/ブルーブルー(J.プレス・ブルーブルー) 靴¥17000/ダイアナ 原宿店(ダイアナ ロマーシュ) バッグ¥33000/FUN Inc.(ベルメール) イヤリング¥1925/サードオフィス(ROOM)時計¥24000/ピークス(ロゼモン) リング¥1100/ジオン商事(スリーフォータイム) →夏のオフィスカジュアルを詳しく見る【2019年夏のオフィスカジュアル見本2】赤いニットできちんと見えコーデニットの用途は着るだけじゃない。赤ならなおさら! ベージュシャツとカーキパンツ。シンプル気分の日の仕上げに、赤いニットを肩にひと巻き。シャツ¥23000/フローレント パンツ¥17000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ フィロソフィー) ニット¥28000/ボウルズ(ハイク) バッグ¥13500/ダイアナ 銀座本店 イヤリング¥1400/お世話や →夏のオフィスカジュアルを詳しく見る【2019年夏のオフィスカジュアル見本3】ブラウス代わりに“透ける”『ハイク』のシャツコーデ色っぽいのにいやらしくない甘くないのに女っぽい。こちらもトレンドのシアーな素材。透ける服を女らしくしすぎるのはわざとらしくてイヤだから、シャツのシャープさを頼ってむしろカッコよく。シャツ¥24000/ボウルズ(ハイク) タンクトップ¥1200/ヘインズブランズ ジャパン パンツ¥18000/コンバース トウキョウ 代官山 ピアス¥1925/サードオフィス(ROOM) →夏のオフィスカジュアルを詳しく見る【2019年夏のオフィスカジュアル見本4】ノースリーブの黒いワンピースのコーデ会議の日。ブラックドレス、スカーフ、フープピアス。会議のためにびしっと知的に決めたけど、嬉しいことがあったから子どもみたいにスキップしながら帰っちゃうんだ〜♬リトルブラックドレス¥28000/ショールーム セッション(アダワス) 靴¥46000/ゲストリスト(ルチェンティ) バッグ¥64000/アー・ペー・セー カスタマーサービス ピアス¥21000/ボウルズ(ハイク) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) リング¥20000/フレーク バングル¥21800/ガス ビジュー 青山 →夏のオフィスカジュアルを詳しく見る【2019年夏のオフィスカジュアル見本5】ベージュのセットアップのコーデシックなワンツーで"好"感度を、テラコッタのスカーフとパンプスで"高"感度を意識した、気合のコーデを勝負服に! セットアップ¥13000・スカート¥16000/エレメントルール カスタマーサービス(バビロン) Tブラウス¥11000/マイカアンドディール 恵比寿本店 靴¥46000/ゲストリスト(ルチェンティ) メガネ¥33000/アイヴァン プレスルーム ピアス¥2056/サードオフィス(ROOM) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) ブレスレット¥2400/サンポークリエイト(アネモネ) →夏のオフィスカジュアルを詳しく見る【2019年夏のオフィスカジュアル見本6】『GU(ジーユー)』の靴×白いデニムスカートのコーデタイト&ロングなシルエットで、白でも膨張知らずの美スタイル♡ ポケットのボタンがマリンなムードで春夏にぴったり。タイトなトップスで縦長ラインを強調すれば着やせも叶う。スカート¥16000/ブルーブルー(シップス・ブルーブルー) ニット¥9000/ピーチ(スアデオ) 靴(一部店舗のみ販売)¥2490/ジーユー バッグ¥60000/ビショップ(マリア ラ ローザ) ピアス¥1925/サードオフィス(ROOM) スカーフ¥8800/フラッパーズ(マニプリ) →夏のオフィスカジュアルを詳しく見る【2019年夏のオフィスカジュアル見本7】『GU(ジーユー)』のパンツ×白Tシャツのコーデシンプルな白Tとでも一瞬でさまになるのは、今っぽさをたっぷり含んだフレアデニムのおかげ。色は濃いインディゴ、小物は女性らしく。パンツ(一部店舗のみ販売)¥2490/ジーユー Tシャツ¥4500/シップス 有楽町店 ジャケット¥59000/ブルーブルー 靴¥46000/ゲストリスト(ルチェンティ) バッグ¥16000(メゾン ヴァンサン)・スカーフ¥16000(マニプリ)/フラッパーズ ピアス¥1500/サンポークリエイト(アネモネ) 時計¥25000/エイチエムエスウォッチストア 表参道(ウィリアムエル1985) →夏のオフィスカジュアルを詳しく見る【2019年夏のオフィスカジュアル見本8】Tシャツコーデを大人っぽく。ベージュとくすみブルーで「きれい」にトレンドのアースカラーを使って、今年はTシャツをONコーデにも! ベージュTとくすみブルーのスカート、わざと曖昧な色合わせが今っぽくて大人ならではのチョイスでしょ? ハイウエストのスカートにINしてメリハリを出せば、Tシャツだってちゃんときれいめに仕上がる。さらに小物をパキっとした色で引き締めれば完璧。中に着た白Tを首もとからちょこっと見せるだけで無地コーデに立体感が出せるって裏ワザも☆パンツ¥21000/リエス Tシャツ¥6000/TOMORROWLAND(MACPHEE) 中に重ねたTシャツ¥5800/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) 靴¥17500/パリゴ 丸の内店(チェンバー) バッグ¥25000/アルアバイル ターバン¥600/お世話や イヤリング¥12800/カージュ ルミネエスト新宿店(べべ) ストール¥8700/シップス 渋谷店(クロリス) バングル¥16000/デミルクス ビームス 新宿(フィリップ オーディベール) →夏のオフィスカジュアルを詳しく見る【2019年夏のオフィスカジュアル見本9】スカーフのかわりにバンダナを巻いたシャツコーデ「カジュアルなアイテムを使ってきれいめをつくる」という新しさ。首に何かを巻くというシックな装いを、バンダナを使うことで真面目すぎないテンションに!シャツ¥22000/ビームス 新丸の内(TICCA) バンダナ¥1400/ハリウッド ランチ マーケット パンツ¥16000/フォーティーン ショールーム(テクスチャーウィーメイド) ピアス¥1800/サンポークリエイト(アネモネ) 時計¥25000/エイチエムエスウォッチストア 表参道(ウィリアムエル1985)オフィスカジュアル関連特集をチェック♪ユニクロコーデ特集 - プチプラで着回せる、20代のオフィスカジュアルにおすすめのファッションまとめGUコーデ《2019年春夏》- プチプラでオフィスカジュアルにぴったりのアイテムは?新社会人特集 - 新卒女子が準備しておきたいお仕事服やプチプラコーデ、お仕事メイク、覚えておきたいマナーまとめオフィスカジュアルまとめ | 2019年春 | 20代後半におすすめのコーディネート特集オフィスメイク特集《リップ編》 - 20代働く女子におすすめのリップ・口紅まとめ
  • 動きやすさはもちろん、きちんと感も女っぽさもこなれ感もかなえてくれるワイドパンツ。さらに、太ももやふくらはぎをカバーしてくれるとあって40代に欠かせないアイテムです。40代がワイドパンツコーデをもっと素敵に着るテクを一挙ご紹介! 【目次】 1.40代のワイドパンツコーデ:名品ebureの腰高ワイドパンツを着回し! 2.40代のワイドパンツコーデ:きれい色ワイドパンツの着こなしテク 3.40代のワイドパンツコーデ:まわりと差がつく大人カジュアルな着こなしテク※商品は販売を終了している場合があります 1.40代のワイドパンツコーデ:名品ebureの腰高ワイドパンツを着回し!【DAY1】イエローニット×ebureの腰高ワイドパンツコーデ太ももやふくらはぎをカバーしつつ、すっきり脚長に!下半身に自信がない、という人におすすめなのがこちらの「ピタふわ」シルエット。腰位置が高く見えるベルトつきのハイウエストパンツに、タイトなリブニットをイン。トップスを明るい色にすると、視線が上半身に集まりよりバランスよく。パンツ¥33,000/ebure ニット¥33,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(フォンデル) ピアス¥68,000/ショールーム セッション(ヒロタカ) バッグ¥160,000/アパルトモン 青山店(ヘイワード) 帽子¥36,000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) 靴¥69,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)▶ニットとebureの腰高ワイドパンツの詳細はこちら【DAY2】ボーダーカットソー×ebureの腰高ワイドパンツコーデボーダートップスと腰高ワイドパンツの定番コーデ。カジュアルになりがちなボーダーでも、上質な生地のトップス、パンツもしっかりウエストがマークされているから、ルーズに見えないのでオフィスでもきれいに着こなせる。カットソー¥14,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) ワイドパンツ¥33,000/ebure ストール¥53,000/ebure(ファリエロサルティ) イヤリング¥15,700/シップス 有楽町店(ラダ) バッグ¥140,000/ジミー チュウ 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)▶ボーダーカットソーとebureの腰高ワイドパンツの詳細はこちら【DAY3】リブカーディガン×ebureの腰高ワイドパンツコーデメリハリシルエットでパンツも女っぷり高く。ハイウエストのワイドパンツは、トレンド感だけでなく、スタイルアップ効果も抜群! 今日は女っぽく仕上げたいから、下にボリュームがあるぶん、トップスはコンパクトに。深Vカーディガンをウエストインすれば、顔まわりもすっきり映え。 パンツ¥33,000/ebure リブカーディガン¥23,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) バッグ¥45,000/TOMORROWLAND(ヴァジック) 靴¥45,000(ジルサンダー ネイビー)・ネックレス¥102,000(リジー マンダラー)/ロンハーマン▶リブカーディガンとebureの腰高ワイドパンツの詳細はこちら【DAY4】ロングカーディガン×ebureの腰高ワイドパンツコーデオフィスで安定感のある上司としてふさわしい色合いの黒×ベージュ。たっぷり余裕のある太めのワイドパンツや透けるブラウスのコンビなど、お堅く見えないように形や素材感で工夫をしてみて。女子ウケも期待するなら、シルバーバッグやレオパード靴など、スパイス小物をきかせてみるのも有効。 ロングカーディガン¥28,000/ボウルズ(ハイク) シフォンブラウス¥18,000/デ・プレ(デ・プレ) ワイドパンツ¥33,000/ebure ピアス¥2,300/ジューシーロック バッグ¥140,000/ジミー チュウ 靴¥19,000/TOMORROWLAND 時計¥600,000/セイコーウオッチ(グランドセイコー)▶ロングカーディガンとebureの腰高ワイドパンツの詳細はこちら2.40代のワイドパンツコーデ:きれい色ワイドパンツの着こなしテク■ニット×きれい色ワイドパンツコーデリラックス感あふれる週末コーデもピンクで女らしさをひとさじ。ニュアンスのあるくすみ系のピンクで、大人が着ても甘すぎないイージーパンツ。上下ともゆるっとしたストレスフリーなコーデを、ニットの黒で印象を引き締めて。ハイウエストなパンツにインしたら脚長効果も期待できる。パンツ¥30,000/オーラリー ニット¥42,000/アングローバル(イレーヴ) バッグ¥16,000/ロンハーマン(レ サーディン) ツイストミュール¥62,000/オデット エ オディール 六本木ヒルズ店(マリ ジウディセリ) ビーズブレスレット¥3,000・3 連ビーズブレスレット¥9,000(ともにハルポ)・リング¥35,000(サンズ サンズ)/RHC ロンハーマン▶ニットときれい色ワイドパンツの詳細はこちら■ニット×きれい色ワイドパンツコーデざっくりニットのドライな色と質感が、濃密パープルカラーのパンツと好相性。引き続き人気のテクニック“前だけIN”で着こなす春のワンツーコーデにはきれい色を盛り込んで。ひときわ鮮やかな、パープルのくるぶし丈ワイドパンツに、赤みのないサンドベージュと合わせてしまえば、簡単に色を取り込める。さりげなく露出されるデコルテやくるぶしで女性らしさを滲ませて。ニット¥24,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス  丸の内店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥19,000/TOMORROWLAND(ボールジィ) サングラス¥44,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(アイヴァン) ネックレス¥33,000/RHC ロンハーマン(RHC) バッグ¥53,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(メゾン ボワネ) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ)▶ニットときれいい色ワイドパンツの詳細はこちら■パーカ×きれい色ワイドパンツコーデ男前なタックパンツをピンクに!パーカコーデも一気に鮮度アップ。ピンクのボトムといえばスカートのイメージも強いけれど、今年はパンツが豊作! アラフォーにはちょっと勇気のいる淡いピンクも、パンツなら甘さを上手に引き算。Tシャツとパーカを合わせたら、大人のリラックスカジュアルが完成。パンツ¥39,000/エイトン青山(エイトン) パーカ¥21,000/スリードッツ青山店(スリードッツ) Tシャツ¥5,000/ユナイト ナイン(カラフル スタンダード) ネックレス( 2 本セット)¥31,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(コンチー) バッグ¥39,000/ピーチ(ヴィオラドーロ) 靴¥27,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ファビオ ルスコーニ)▶パーカときれい色ワイドパンツの詳細はこちら■ロングカーディガン×きれい色ワイドパンツコーデビビッドイエローのとろみパンツはキャメルベージュで大人シックに風でなびかせて。鮮やかで美しく周りから注目されること間違いなしのイエローパンツ。キャメルベージュを合わせることでそれほど抵抗せずにはきこなせるもの。例えば膝が隠れる長め丈のカーディガンなら、ボトムの分量調整に有効で、歩くたびにちらりちらりと覗く効かせ色となって、最高にさりげないおしゃれなパンツコーデの完成。カーディガン¥28,000・ニット¥24,000/アングローバル(イレーヴ) パンツ¥16,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) イヤリング¥9,500(ドミニク ドゥヌーヴ)・ネックレス¥23,000(ヘレナ ローナー)/ヴェルメイユ パー イエナ日本橋店 帽子(別注)¥19,000/ロンハーマン(キジマ タカユキ) バッグ¥157,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥54,000/アマン(ペリーコ)▶カーディガンときれい色ワイドパンツの詳細はこちら■トレンチコート×きれい色ワイドパンツコーデ仕事にもはくなら、ピンクの彩度を下げることでなじみ度アップ。ややブラウンがかったくすみピンクなら、ベージュの延長線上で着られるから取り入れやすい。コシのあるツヤ素材とセンタープレスで端正さもあり、ベーシックなトレンチコートを合わせれば、ほどよく華のある通勤コーデに。インのリブニットやパンプスで随所に黒をさし、メリハリをつけて。パンツ¥33,000/ebure トレンチコート¥96,000/SANYO SHOKAI カスタマーサポート(サンヨー) ニット¥20,000/オーラリー バッグ¥44,000(ペリーコ)・靴¥44,000(ネブローニ)/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店 ピアス¥14,000/CPRトウキョウ(ルーカス ジャック)▶トレンチコートときれい色ワイドパンツの詳細はこちら■カットソー×きれい色ワイドパンツコーデ上半身をより華奢に見せたいなら黒トップスががいちばんぴったり!肩にキラリと光るシルバーボタンが小粋な黒のボートネックニットには爽やかなブルーのワイドパンツをあわせて大人マリンな着こなしに。ほどよい肌見せがアラフォーに清潔感を与えてくれる。 パンツ¥29,000/ebure カットソー¥14,000/ゲストリスト(ルミノア) サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) ネックレス¥18,000/ドレステリア 銀座店(フィリップ オーディベール) バッグ¥90,000/スーパー エー マーケット(ワイワイ) 靴¥15,000/フラッパーズ(ラオコーンテ)▶カットソーときれい色ワイドパンツの詳細はこちら■ニット×シャツ×きれい色ワイドパンツコーデグレー、白とのトリコロールは鉄板配色。ボトムにきれい色パンツを選んでよりきれいめ感をUP。やや青みがかったピンクの色みとほんのり光沢のあるワイドパンツのきれいめ感で、ぐっとシャープな印象に。グレーニットから白シャツをのぞかせて、いっそうクリーンさに磨きをかけて。パンツ¥38,000/オーラリー ニット¥69,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) シャツ¥24,000/アストラット 新宿店(アストラット) メガネ¥42,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(アイヴァン 7285) イヤリング¥11,500(ルーカス ジャック)・バッグ¥76,500(フリン)/CPRトウキョウ 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)▶ニットときれい色ワイドパンツの詳細はこちら3.40代のワイドパンツコーデ:まわりと差がつく大人カジュアルな着こなしテク■ニット×センタープレス入りワイドパンツコーデきれい色ニットには、きれいめ素材で幅広すぎずにほどよいワイド感の万能パンツを合わせて。エムセブンデイズのワイドパンツはウエストボタンのポイントが上なので腰位置が高く、さらに上からまっすぐ入ったセンタープレスが脚をすっきり長く見せてくれる。シワになりにくいきれいめ素材も魅力。シルク100%プルオーバー¥27,000(サクラ)・パンツ¥16,000(エムセブンデイズ)・ショルダーつき2WAYバッグ【CHERRY】¥19,000(ジャンニ キアリーニ)・シューズ【TUTTI ANELLI FLAT】¥50,000(ペリーコ)/SHOP Marisol▶ニットとセンタープレス入りワイドパンツの詳細はこちら■ブルゾン×チェック柄ワイドパンツコーデカラーアクセントの効いたチェックのワイドパンツにミリタリーブルゾンの肩がけでこなれ感をアップして。ボディにフィットする白ニットとハリのある素材でラインを拾いにくいチェック柄パンツで完成させる優等生ワンツーコーデ。ともすると真面目すぎる印象になりがちなので、カーキのブルゾンで切れ味を加えるというのも手。 パンツ¥33,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(インコテックス) ニット¥38,000/マディソンブルー ブルゾン¥56,000/マスターピースショールーム(サイ ベーシックス) バッグ¥16,000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) ローファー¥27,000/ウィム ガゼット青山店(ルカ グロッシ) ピアス¥10,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ソコ)▶ブルゾンとチャック柄ワイドパンツの詳細はこちら■ニット×リネンのワイドパンツコーデリネン素材のワイドパンツはニット&白Tでボーイズライクにまとめて。一枚で着るとデコルテや背中がかなり露出しそうなニットも、中に白Tシャツをレイヤードするだけでヘルシーかつボーイッシュな雰囲気に。パンツ¥22,000/ゲストリスト(リトラル) Tシャツ¥12,000/アパルトモン 青山店(ジェームス パース) ニット¥19,000/RHC ロンハーマン(RHC) バッグ¥75,000/ウィム ガゼット青山店(ヘイワード) パンプス¥25,000/エリオポール代官山(ファビオ ルスコーニ) バングル¥6,500/ジューシーロック▶ニットとリネンワイドパンツの詳細はこちら■ボーダーニット×白ワイドパンツコーデ洗練された大人マリンに挑戦するなら鮮やかなブルーにブラックをトリミングした進化系ボーダーをチョイス。まずアラフォーがボーダーを着るなら上質なものを選ぶのがポイント。18ゲージという超繊細なコットンニット素材はカシミアに匹敵する上質な光沢を持っているので、ボーダーのカジュアル感を大人仕様に。しかもこの進化系ボーダーニットは後ろすそが長いロング丈なので、すそをアウトで着てもどちらもキマるのが嬉しい。 ニット¥53,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) パンツ¥49,000/エイトン青山(エイトン) バッグ¥56,000/ロンハーマン(OAD) ストール¥14,000(エンリカ)・バングル¥56,000(シンパシーオブ ソウル スタイル)・靴¥25,000(スペルタ)/フラッパーズ▶ボーダーニットと白ワイドパンツの詳細はこちら■ダンガリーシャツ×チェック柄ワイドパンツコーデ男前パンツはダンガリーシャツで肩の力が抜けた大人カジュアルに。パープルのカラーラインが入った今年らしいグレンチェックのパンツは、太めシルエット、ダブルのすそとメンズライクなデザイン。ダンガリーシャツと白のバレエシューズで柔らかさを添えて。 パンツ¥19,000/ナノ・ユニバース(オドラント) シャツ¥39,000/マディソンブルー バッグ¥16,000/オルサ(オルセット) バレエシューズ¥24,000/フラッパーズ(スペルタ) サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バングル¥9,500/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(エネーダ)▶ダンガリーシャツとチェック柄ワイドパンツの詳細はこちら■ニット×ベルト付きワイドパンツコーデフレッシュグリーン×知的ベージュで完成させる初夏のきれいめワンツコーデ。爽やかなグリーントップスとベルトつきパンツのアクセントのおかげで、シンプルな初夏のワンツーコーデでもこなれて見える。小物もさりげなくグリーン&ベージュでトーンを統一して、コーデにまとまりを。パンツ¥23,000/マルティニーク丸ノ内(マルティニーク) ニット¥27,000/ロンハーマン(オーラリー  フォー ロンハーマン) イヤークリップ¥9,000(マージョリー・ベア)・バングル¥6,000(ナイン)/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店 バッグ¥522,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)▶ニットとベルト付きワイドパンツの詳細はこちら■トッド柄ブラウス×リネンのワイドパンツコーデ涼しくて、軽くて、脚のラインも綺麗に出してくれるからこそ今の季節にぴったりなリネン素材のワイドパンツをチョイス。アシメトリーなリボンベルトつきデザインが柔和な女性らしさを漂わせてくれるリネンパンツ。黒のドットブラウスとシルバーのバレエシューズで軽やかな雰囲気のフレンチシックに仕上げて。合わせる小物は淡い色よりもビビッドな赤いバッグを選べば、きりっと印象が締まってより華やかで女っぷりの高い着こなしに。パンツ¥32,000/ADORE ブラウス¥16,000/エリオポール代官山(エリオポール) サングラス¥47,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥563,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥24,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ)▶ドット柄ブラウスとリネンのワイドパンツの詳細はこちら■スウェット×サテンのワイドパンツコーデクリーン&ラフな白スウェット投入でサテンのワイドパンツもたちまちヘルシーに。清潔感のある白スウェットにパールのネックレスと上質なかごバッグを合わせれば、ワンランク上の大人のカジュアルコーデが完成。パンツ¥18,000/エリオポール代官山(エリオポール) スウェット¥21,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(クチュール ド アダム) かごバッグ¥52,000/エイチ ビューティ&ユース(セスタ コレクティブ) スニーカー¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) パールネックレス¥2,900/ジューシーロック▶スウェットとサテンのワイドパンツの詳細はこちら■ニット×艶ありとろみ素材のワイドパンツコーデマットな黒×艶ありベージュ、これぞクールなのに華やかフェミニンなミニマムコーデ。艶ありとろみ素材のワイドパンツのもつ女性らしさが、黒のローゲージニットとのコントラストでより引き立って。上品なミニバッグやキトゥンヒールのパンプスも、フェミニンな印象を与えてくれる。ニット¥42,000/アングローバル(イレーヴ) パンツ¥16,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) サングラス¥19,000/essence of ANAYI(スペクタル) バッグ¥169,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥44,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ネブローニ)▶ニットとツヤありとろみ素材のワイドパンツの詳細はこちら
  • 目じりが自然に上がったソフトなキャットアイ型や、名前のとおりキツネ目のような形のフォックス型は、顔全体をリフトアップして見せながら、エレガントな雰囲気もまとえる大人向きサングラス。1.プラダほどよく大きい自然なキャットアイシルエットが、気になる目まわりを隠しつつ、顔をシュッと見せる効果大。ブリッジ部分のさりげないメタル使いなど華奢さや上品さがある点も大人におすすめ。サングラス¥39,000/ミラリ ジャパン(プラダ) トップス¥15,000・スカート¥27,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) ピアス¥10,000/CPR トウキョウ(ルーカス ジャック) ブレスレット¥48,000/イー・エム表参道店(イー・エム)2.コーチグラデーションレンズのまわりにシルバーの細フレームでキャットアイを象って。目じりのフラワーモチーフがシャープな中にかわいらしさを添えて。サングラス¥20,000/ミラリ ジャパン(コーチ)3アイヴァン.かけてみると、ナチュラルに目じりが上がって、顔をシャープに見せる。一見シンプルだが、テンプルの飾りなど、さりげなく小技が効いている。サングラス¥29,000/アイヴァン PR(アイヴァン)他の画像を見るeclat6月号掲載 撮影/黒沼 諭(aosora/モデル) 西原秀岳(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/大沼こずえ(eleven.) モデル/高橋里奈 取材・文/新田幸子
  • 季節の変わり目こそ、抜け感も、カジュアルもモードもクリアする頼れる一足を手に入れたい! “これさえあれば”のアイテムは、一番着たいボトムと、なりたいイメージの2方向から見つけてみては? ボトム&イメージごとに、最旬の茶サンダル、白スニーカー、銀の靴をご提案。足もとで女らしさをアップさせるカジュアルのスイート仕上げに 女らしい抜け感のある足もとはヒールは低めでラインナップ。 1.キャメルとの配色が小粋な白スニーカー「649 スニーカー」¥70,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)  2.チビヒールでほんのり女らしい、銀の靴(ヒール高5㎝)¥49,000/アマン(ペリーコ) 3.前でも後ろでも結べるアンクルストラップの茶サンダル「アディル」(ヒール高0.5㎝)¥45,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)テーパードパンツも揺れスカートも。ランダムなカジュアルに万全! ボリューム感の違う3足で装いにバリエーションを。 1.ウエッジでほどよいボリュームの銀の靴(ヒール高5.5㎝)¥28,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコー二)  2.潔いオールホワイトで切れ味よい白スニーカー「996」¥30,000/ニューバランス ジャパンお客様相談室(ニューバランス)  3.辛口モードなトングの茶サンダル「アルゴ」(ヒール高0.5㎝)¥87,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) やっぱりヒールが好き。パンツにもフェミニンさをほんのりとプラスしたい デニムやパンツが多くても、靴はちょっと優雅にしたいなら! 1.流行のPVCとコンビの、銀の靴「プレクシィ」(ヒール高8.5㎝)¥91,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) 2.甲の太めストラップがキリリとした茶サンダル「アルバ」(ヒール高7㎝)¥83,000/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター(クレジュリー)  3.ジャカード織りでクールな白スニーカー「ミューズ」¥8,900/プーマお客様サービス(プーマ)  アクティブに歩くけれど大人の愛らしさは忘れたくない 歩くという実用性をしっかりキープしつつ、しゃれ見えな3足。 1.メッシュで涼やかな銀の靴「エラ」(ヒール高1㎝)¥26,000/F.E.N.(プリティ・バレリーナ) 2.後ろファスナーで着脱もラクな茶サンダル「デスヌーダ」(ヒール高3㎝)¥29,000/アマン(ペリーコ サニー)  3.すべてがピュアホワイトの新作白スニーカー「スタンスミス」¥12,000/アディダスグループお客様窓口(アディダス オリジナルズ)服も靴もベーシック派に。安心感にさりげなく今の気分をトッピング 定番好きにフィットするトリオ。 1.頼もしい定番の白スニーカー「オールスター 100」¥7,500/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) 2.ホールド力が頼れる茶サンダル「ディサ」(ヒール高1㎝)¥48,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ヴィットリオ ヴィルジリ) 3.ボトムを選ばないポインテッドトゥの銀の靴(ヒール高1.5㎝)¥22,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)撮影/佐藤 彩 スタイリスト/望月律子(KIND) 構成・文/宮崎桃代 ※エクラ6月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND