【Day11】まろやか配色の上品パンツスタイルで、年始用のお茶を買いに【冬の洗練パンツ30days】

Web eclat

day11.

年始用のお茶を買いに。まろやかな配色で上品なパンツスタイルを

タック入りのテーパードパンツは柔らかな素材が優しい雰囲気。ミルクティーのようなワントーン配色で美しくしっとりと。
パンツ¥28,000/ウィム ガゼット 青山店(セラー ドアー) シャギーコート¥205,000/トゥモローランド(マルティン グラン) ニット¥32,000/ebureサングラス¥30,000/モスコット トウキョウ(モスコット) バッグ¥63,000/アマン(ペリーコ) 靴¥30,000/デ・プレ 丸の内店(デ・プレ)
撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子 モデル/ゆうき 構成・文/宮崎桃代 撮影協力/XEX 日本橋 一保堂茶舗 東京丸の内店 ※エクラ2019年1月号掲載
関連記事
  • 「メンズ使い」をマスターしたら、毎日はもっとシンプルできれい! 定価で買ったものが、そのあと半額まで値下げされてしまうとちょっと撃沈( இдஇ)。お正月、ユニクロのチラシを見て衝撃を受けました。「えっ!?カシミヤニット半額になっちゃったの??((( °ω° ;)))」*3日間限定  昨秋、ユニクロのカシミヤが出たその週にすぐ買っていたわたしはちょっぴり動揺。でも、いつもの撃沈まではいきませんでした。数ヶ月でもこのニットを先に長く楽しめたことの満足感のほうが大きかったのです。  ユニクロのニットはよくご紹介しておりますが、ほとんどメンズを買うことが多く、カシミヤもやっぱりメンズでした。クローゼットをよく見たら、昨年買ったユニクロメンズは、ニットだけで6枚も↓ 並べるとイケメン集団、メンズ「S」さんたち もちろん女性も素敵なのでよく見ます。でも一度メンズニットを着てしまうと、わたしの体型には女性の「S」でも「M」でもない微妙なフィット感が心地よく、やめられなくなりました(≖ᴗ≖ )  今月号のマリソルに「シンプルコーディネートの作り方」という特集がありますが、「シンプル」と聞くと思い浮かぶのはユニクロのニットです。デザインにムダがなく、色も形も究極にシンプルで美しく、今ではわたしの中で立派なニットブランドに。  かつ、価格がご存知の通りですから色違いで揃えやすいのも魅力的。肌触りの良いコットンニットはネイビー&グレーで揃え、これにホワイトデニムを合わせればシンプル&クールがテクニックいらずで完成します。  これ1枚でカッコいい。春と秋に大活躍のコットン そしてユニクロといえば「ファインメリノ」。このニットを着れないのは夏だけです。ニットの中では1年で一番使える通年素材。  これはクルーネックと「V」の両方買いました。メンズの利点のひとつは、女性にない素敵なカラーが見つかること。さんざん女性コーナーを見て欲しい色がなく、最後にメンズを見て「なんだこっちにあったのか(´тωт`)」と、うれし泣きすることもしばしば。  特にVネックのダークブラウンは、女性になかった濃すぎるほどのブラウンが本当に素敵でした↓ファインメリノはツヤが高見えのポイント 女性より「きれい色」が少ない分、ベーシックカラーに幅があるので手持ちの服に合わせて選びやすいのもいいですね(^^)。  同じ「グレー」でも商品によってニュアンスの違いが楽しめます。わたしの知る限りメンズの「グレー」は上品な色味が多く、ホワイトグレーや淡グレーなど、まさに大人女子が素敵に見える高見えグレーが見つかります。 好みのグレーが見つからない時はユニクロメンズへ(^^) そして冬用のウールとカシミヤ↓メンズのカシミヤは毎年買い替えている冬のマイ定番アイテムです。定価9,900円(+税)はユニクロ内では一番高いけれど、普通に考えたらやっぱりお得(。•̀ω-) いつかは半額になってしまうとしても、発売したらすぐに買わずはいられないマストアイテムです。  ユニクロのカシミヤは毛量のボリュームがほど良いところが好きです。「着ぶくれ」せず、また安っぽくもなくサラりと軽く1枚で着られる究極の冬のシンプルニット。今年はクルーネックのネイビーを選びました。 着ないで眺めているだけでも好きな、惚れホレのニット(☆∀☆) メンズは首回りが女性より狭いのが好きです。特にVネックは一回りは狭いので、かがんでも胸元が気にならず1枚でも着やすい。かつ腕の長さは女性の「M」とほとんど一緒なので(個人調べ)、ダラっとなることもありません。首の開き具合だけでもまったく違う印象 メンズはそのデザインゆえ、パンプスやスカートに合わせるとそのアンバランスさが逆に女性らしくなります。フェミニンをほどよく崩してくれるので、「甘すぎ防止」にもお役立ち。気づいたら「今週メンズしか着てないじゃん( ° ω ° ; )」ということもしばしば。Day1:カシミヤ素材は、艶のあるスカートでさらに高見えDay2:首回りの狭いクルーネックはスカートに合わせてフェミニンにDay3:チョコレート色のVはきれい色と。狭い「V」はワイドパンツとの相性も◎他の画像を見る 流行のチェックやレオパード、きれい色・・・。色々楽しんでは結局戻る「シンプル」。  ユニクロのメンズは、移り気なわたしをいつも変わらず待ち続けてくれる、とてもやさしい「男性」です( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ ) 今日もユニクロ、行こっかな~~♪ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ニットがメンズでもバッグの中身はキラキラの「女子」。ピンクが多めです(⑅•ᴗ•⑅)仕事で文房具を使うことが多いので、テープ・ホチキス・穴あけパンチはギラっギラのローズゴールド(すべて「TED BAKER」)、クリップやポーチなども気付けばピンク系に(^^;) 最近仲間入りのピンクは「KINOKUNIYA」のジップポーチ。色がかわいく大きさもほどよいので「おやつ入れ」に 持ち物くらいは永遠に女子でいたいものですˆᴗˆ ↓Clickで移動します(すべてメンズ)★UNIQLO スーピマコットンクルーネックセーター(長袖)公式サイト★UNIQLO エクストラファインメリノクルーネックセーター★UNIQLO カシミヤクルーネックセーター美女組No.127 Akaneのブログ
  • 仕事の合間に、同じ部の後輩とカフェランチ出社したら、後輩から突然ランチのオファーが。近所のカフェだし日差しが暖かい日だったからノーコートでサッとお出かけ。淡色でまとめたスタイルは、ボーダー&黒のショートブーツで印象を引き締めたのがポイント。ファーで首もとはぬくぬく。朝、後輩が「先輩、ご相談が……」と神妙な面持ちでやってきたから心配していたら、恋の相談って(笑)。可愛いヤツ! スカート¥26000/アナイ ボーダートップス¥11000/ゲストリスト(ルミノア)  ジャケット¥15000/プラステ バングル¥162000/ハルミ ショールーム(オー) スヌード¥4000/アーバンリサーチ 渋谷ヒカリエ シンクス店(アーバンリサーチ) バッグ¥185000/ジミー チュウ 靴¥122000/ジャンヴィトロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)【今月のPROFILE】〝甘め〟ゆる華通勤OLの絵美里 丸の内に本社のある家電メーカーでマーケティングを担当。顧客ニーズの予見や販促資料作成などをこなす多忙な日々。可愛げのある上品フェミニンが好み。大の犬好きで彼氏あり。明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【アイスグレープリーツスカート】 無造作に揺れ動くシアーな質感で美女感アップ。ニュアンスグレーで甘さも適度に。¥26000/アナイ 【コンパクトボーダートップス】 前はクルーネック、後ろはVネック、どちらを前にしても着られる2way。コンパクトなサイズ感で女らしく。¥11000/ゲストリスト(ルミノア) 【ホワイトノーカラージャケット】 クリーンな白ジャケットはオフィス映え抜群。顔色も冴えて第一印象美人に。¥15000/プラステ「今月のおすすめスカート着回しアイテム」まとめはこちらから>>関連アイテムをこちらで買えます! 画面をタップ♪【関連商品】23区 【セットアップ対応】リラクションツイル ノーカラーロング ジャケット \13000(¥26000の50%オフ)+税【関連商品】3can4on(Ladies) ボリュームツイストスヌード ¥2,300+税撮影/SHINTARO スタイリスト/室井由美子 取材/榎本洋子 文/衛藤理絵 
  • クリスチャン ルブタンから、バレンタインに向けた限定コフレ「ルビバレンタイン コレクション」が、2019年1月23日(水)に限定発売! バレンタインの季節にぴったりのハートが描かれたボックスは、これまでクリスチャン ルブタンが手がけたシューズやバッグにインスパイアされたスペシャル感たっぷりのデザインです♡赤いハートが印象的なボックスはドラマティックなレッド系のコスメがセットされた「ルビバレンタイン コフレ ルージュ ルブタン」。ピンクのハートのボックスはフェミニンなヌード系カラーのコスメがセットされた「ルビバレンタイン コフレ ヌード」。ボックスを開けると目に飛び込んでくるのは、リップとネイルを組み合わせたスペシャルなセット。ネイルはひと塗りでリッチな仕上がりを実現。見た目も美しいスレンダーなキャップは持ちやすく、気泡を含まずに適量をすくいあげるブラシで均一に塗ることができます。もう一つは唇のラインにフィットしたアプリケーターと心地よい密着感のあるテクスチャーでセンシュアルな塗り心地を実現したリップカラーのルビラック。秘薬の入った小瓶のように神秘的なパッケージも魅力的。 クリスチャン ルブタンの「みんなの笑顔を引き出したい」との思いから誕生した限定コフレは1月23日(水)発売。持つだけで気分が上がるセットをぜひチェックして。◾️ルビバレンタイン コフレ ルージュ ルブタン ¥16,000(1月23日限定発売)   ルビラック ルージュ ルブタン 001L 、ネイルカラー ルージュ ルブタン(ミニサイズ)<お問い合わせ先> クリスチャン ルブタン(化粧品) TEL:0120-449-360(11:00~17:00)※土・日・祝日を除く
  • 他の画像を見る新クリエイティブディレクターとしてニコラ・グラスを迎えたケイト・スペード ニューヨーク。彼女による初のコレクションとなるSpring 2019は、全世界に先がけて日本で1月23日に発売となります。 ブランドとして初めて行ったランウェイショーの評判も上々で、早くも多くの注目を集めている“新生”ケイト・スペード ニューヨーク。今回のキャンペーンビジュアルに起用されたのは、米女優ジュリア・ガーナー、サディ・シンク、キキ・レーン。 ニコラ・グラスがブランドコンセプトとして掲げるoptimistic femininity(楽観的な女性らしさ)を体現する3人の女性たち。撮影は、ケイト・スペード ニューヨークの創業以来、2006年まで多くのキービジュアルを手がけてきたフォトグラファー、ティム・ウォーカーが久しぶりのカムバック。 週末に友人同士が思いつくままに集まり、ふとしたことから人生の喜びや親密な瞬間を分かち合う、というコレクションのテーマにインスピレーションを受けた今回のビジュアル。ケイト・スペード ニューヨークらしい大胆な色使いと、思いもよらないような柄やモチーフの組み合わせには、人生へのポジティブなメッセージも感じられるよう。フェミニンでいて、エネルギッシュ! 今回のコレクションを記念したイベントも、1月25日(金)、26日(土)の銀座店を皮切りに、全国のケイト・スペード ニューヨークで開催。新たな一歩を踏み出したケイト・スペード ニューヨークの「進化」をショップで体感して。 1/25(金)、1/26(土) ケイト・スペード ニューヨーク銀座店1階 2/9(土)、2/10(日) 一部店舗ケイト・スペード ニューヨークのウェブサイトはこちら>>>
  • ヴィンテージラバーの熱気あふれる会場でおしゃれスナップ! トレンドに左右されない“自分らしさ”あふれる着こなしが楽しい (右)いま最も旬なファッション・カルチャー誌『office』のエディター、ケイトランを会場でキャッチ。古着のスタジャンをメインに、チェックのトップス、アディダスのスウェットパンツをオレンジで揃え、ノスタルジックでスポーティな装いが可愛らしい。バッグは注目のテルファー。夢は自分の古着店を持つこと (中央)ア・カレント・アフェアにはリサーチのために訪れるファッション業界人が多い。今回はエキゾチックなテイストをフェミニンに昇華するデザインが人気のマラ・ホフマンに遭遇した。清潔感のある白シャツをインに、オレンジのスーツスタイルが素敵。意表をつく、大きな貝のチャームネックレスがキュート! (左)場内にはおしゃれな人がひしめき合っているが、ベンダーにファッショナブルな人が多いのも特徴。オンラインヴィンテージショップTyranny+Mutationのオーナー、ヴァレンティナはウェスタンハットとバンダナを巧みに取り入れ、ナチュラルなカウガール風。ガーリーな見た目だが、扱っているのはゴリゴリのロックTシャツコレクションだ 70年代にブレイクしたカントリー歌手、タニヤ・タッカーがスタイルアイコンなだけあり、インディゴデニムをクラフト感あふれるバッグとミックス。スポーツサンダルが旬なハズシに NYで人気の古着店「フロント・ジェネラル・ストア」のスタッフとして来場。オールヴィンテージのサファリルックが洒落ている ブラジル出身のアレクシアは、全身黒でまとめ、トップスのロゴで遊びを加えた。ヴィンテージでは60年代のアイテムが好きだそう タイトスカートにジャケットというコンサバスタイルをコスプレ感覚で楽しんでいる彼女。足もとにはバレンシアガのパンプスを投入 主張の強いジャケットにはジャージとアディダスのスニーカーを合わせてカジュアルダウン。ロングスカートにも細部にこだわりが! アフリカン・テイストのアイテムも揃うVan Hees Vintageで買った花柄ドレスをコートのように羽織り、サボで70年代の薫りをプラス インスピレーションを得るためにやってきたというブリンは、自身が手がけるヴァケラのオーバーサイズジャケットとロブスターTシャツで異彩を放つ 80年代と90年代のヴィンテージが好きだというヴィ。ニット×ロングスカートのシンプルな組み合わせに、ベレー帽でひねりを加えた 古着店Funkanovaのオーナーでもあるサラ。スタイリスト目線で選んだコスチュームライクなアイテムが揃う。アシンメトリーなピンクのドレスも自店のものだそう >>おしゃれなメンズも集ってる
  • 絶対になくてはならない存在で、いい距離感にいたい。辻さんにとって特別で、親密な存在であるデニムアイテムに宿る表情豊かなブルーは、「ほかのどの色とも違う特別な色」。知ってるようで実は奥深い、デニムブルーへのあふれる愛を語ってもらいました。自分に似合う色が必ずある! 淡~濃まで、デニムブルーのグラデーション10ウォッシュドブルーのハイウエストデニム。「淡いブルーは、デニムブルーのなかでもいちばん今っぽさのある色。冬なら、クリーム色やアイボリーのニットに合わせたワントーンで」。デニム¥24000/スタニングルアー 青山店センタープレスできれいめな雰囲気。デニム¥20800/ショールーム セッション(サージ)フェミニンなディテールを明るいブルーが軽やかに。ワンピース(ウエストリボンつき)¥60000/トリー バーチ ジャパン(トリー バーチ)ジージャンのデニムブルーも、辻さんにとっては永遠のスタンダードカラー。ジージャン¥34000/アストラット 新宿店 ガウンコートで大きい面積でデニムブルーを取り入れて。「シンプルなアイテムにバサッと羽織るだけで新しさが生まれます」。コート¥48000/ボウルズ(ハイク)「ほどよく濃いめで、淡すぎない、個人的にいちばん似合うのはこのあたりのトーンです」。デニム¥31000/サザビーリーグ(マザー)控えめな色落ちとハイウエスト&スリムなシルエットは、きれいめスタイルにもなじみやすい。デニム¥32000/マインド(マインデニム) ポケットなど、レトロなアクセントが効いた、インディゴブルーのAラインスカート。スカート¥24000/アー・ペー・セー カスタマーサービス(アー・ペー・セー)ボーイッシュなシルエットに濃いめのブルーがマッチ。デニム¥24000/ナゴンスタンスフェミニンなスタイルのバリエーションを広げてくれる、濃紺のデニム地のフレアスカート。スカート( 1 月下旬発売予定)¥21000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(イウエンマトフ)カジュアルなハズしを加える、デニムブルーのシャツの空気感袖のリボンディテールにさりげない甘さを残したデニムブルーのビッグシャツに、チェック柄のツイードジャケットをなにげなく羽織った彼女。自分の本当に好きなものをシンプルに重ねた着こなしには、いつだって心地よい空気が流れている。「デニムブルーのシャツが、ジャケットとパンツのかっちりとしたムードをやわらげて、かしこまりすぎず、カジュアルなハズしを加えてくれます。シャツの場合、濃いめより淡めのデニムブルーのほうが白シャツ感覚で簡単にトライできるはず」。 シャツ¥18000/リーバイ・ストラウス ジャパン(リーバイス® メイド アンド クラフテッド®) ジャケット¥161000/サード マガジン(ソニア リキエル) パンツ¥29000/ロンハーマン リング¥214000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム)セットアップでコンサバに整えたデニムブルーに、赤とネイビーを添えて今回、真っ先に思いついたのがこのコーディネート。デニムブルーと最高に相性のいいネイビーのタートルニットに、時計やスカーフで赤をちりばめたスタンダードな配色を久しぶりにやってみたくて。デニムをセットアップで着るのは、私自身も大好きな着こなし。上下をそろえることで、きちんとしたコンサバ感が出ます。ヘアには’70年代の女優ファラ・フォーセットのような強さをひとさじきかせて。デニムというアイテム自体に確固たる存在感があるからこそ、自由に遊びを加えられるんです。 スタンドカラーのデニムジャケットにストレートデニムを合わせて。「デニムをセットアップで着るとき、上下のデニムの色をそろえるのはもちろん、あえて濃淡でコントラストをつけてみるのも面白いですよ」。ジャケット¥39000・デニム¥28000/アー・ペー・セーカスタマーサービス(アー・ペー・セー) ニット¥21000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) スカーフ¥56000・時計¥322000(ともに1/12時点の価格)/エルメスジャポン(エルメス)濃紺のデニムはコントラストをつけて、レトロモダンな配色にすっきりとした濃紺のカットオフデニムは、発色のよさを生かしたかったので、明るいイエローのコートやオレンジのニットでコントラストをつけたきれいめなスタイリングに。色落ちの少ないダークな色みなのでシンプルなパンツのような感覚で合わせられます。思い切り鮮やかな色使いや上品な靴とバッグで’60年代っぽいレトロなムードを添えるのがポイント。デニムブルーはそれ自体がベーシックな色だから、着こなしにストーリー感があったほうが素敵に映えると思います。 リジッドデニムに代表されるような濃色のデニムも昨今のトレンドのひとつ。「デニムの色は濃色になればなるほど、カジュアル感が弱まり、シックな印象になります」。カットオフされた裾のあしらいやデニムならではの素材感で、かちっとしすぎず、今っぽい抜け感も加えてくれる。デニム¥18000・ピアス¥24000/ボウルズ(ハイク) コート¥56000・ニット¥33000/アー・ペー・セー カスタマーサービス(アー・ペー・セー) サングラス¥52000/ピエール アルディ 東京 リング(ゴールド)¥85000・(シルバー)¥68000/ショールーム セッション(ザ レタリング) バッグ¥190000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ザンケッティ) 靴¥103000/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ・ヴィヴィエ)撮影/白川清史(人)、さとうしんすけ(物) ヘア/JUN GOTO メイク/Yuka Washizu〈beauty direction〉 スタイリスト/辻 直子 モデル/ヨンア ※BAILA2019年2月号掲載
  • まずい! 寝坊しちゃった! 計算いらずのワントーン頼り昨日遅くまで勉強会の復習をしていて寝坊。ワントーンの時短コーデで、慌てて出かける用意を。上品なネイビーとレースのスカートがノーブルさを引き上げてくれるから、決して手抜きには見えないよね。そういえば、今日は来客予定があったんだった……! 出かけにパールネックレスやピンクパンプスをささっと投入し、きちんと感をアップ。結果、会社にはギリギリセーフで間に合った! スカート¥26000/インターリブ(サクラ) タートルネックニット¥30000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) カーディガン¥23000/スリードッツ 青山店(スリードッツ) ジージャン¥26000/ゲストリスト(アッパーハイツ) バッグ¥152000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥77000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) ネックレス¥7778/アビステ【今月のPROFILE】〝甘め〟ゆる華通勤OLの絵美里 丸の内に本社のある家電メーカーでマーケティングを担当。顧客ニーズの予見や販促資料作成などをこなす多忙な日々。可愛げのある上品フェミニンが好み。大の犬好きで彼氏あり。明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【ネイビーレーススカート】 レディライクなレースを知的に導くネイビーがベストチョイス。長めの丈も今年らしい。¥26000/インターリブ(サクラ)【黒タートルネックニット】 プレーンなハイゲージのタートルニットは着回しの名手。ロングスパンで着られる上質素材を選びたい。¥30000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) 【ネイビーリブニットカーディガン】 一枚着、羽織りとフレキシブルに活躍。リブ編みの縦長効果でほっそり見えも。¥23000/スリードッツ 青山店(スリードッツ) 【インディゴジージャン】 カジュアルダウンに使えるジージャンは、インディゴで大人に。レイヤードしやすいコンパクトなシルエットを。¥26000/ゲストリスト(アッパーハイツ)「今月のおすすめスカート着回しアイテム」まとめはこちらから>>関連アイテムをこちらで買えます! 画面をタップ♪【関連商品】M7days レースミモレ丈スカート ¥16,000+税【関連商品】SINME Gジャン ¥38,000+税撮影/SHINTARO スタイリスト/室井由美子 取材/榎本洋子 文/衛藤理絵 
  • アウターが主役になるこの季節。ライトカラーのショート丈ダウンコートを着回した、真冬のおしゃれコーデを披露着回したダウンコートはこれ!やっぱり頼れるダウンコート。通勤にも着やすいショート丈、色は明るめでエレガントに取り入れて。¥95,000/カナダグースDay1好みのペーパーを探して画材屋さんめぐり。あちこち歩き回る日はダウンで軽快に席次表や招待状に使うペーパーサンプルは、見ているだけで楽しい! 負けじと鮮やかなピンクスカートで。フェミニン服+ショートダウンの軽快なスポーティMIXが今季の気分。ダウンコート/上と同じ シャツ¥19,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) スカート¥45,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) ピアス¥68,000・バングル¥98,000/ヒロタカ 表参道ヒルズ(ヒロタカ) バッグ¥39,000/サザビーリーグ(ステート オブ エスケープ) タイツ¥1,000/ブロンドール 新丸の内ビル店(ジュウナナドシー) 靴¥43,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(バルダン)Day2会場設営の立ち会いは力仕事も想定したアクティブな服装が基本!明日の結婚式に向けて会場のセッティングに。一生に一度の機会、ミスがないか隅々までチェックして。服装を気にせず動けるダウン&デニムも、白多めの明るいトーンでまとめれば女性らしく仕上がる。襟もとパールの存在感も、少量ながら、品のよさを演出するのにとても有効。ダウンコート/上と同じ ニット¥51,000/リーミルズ エージェンシー(ジョンストンズ) デニム¥26,000/サザビーリーグ(カレント エリオット) ネックレス¥295,000/CHERRY BROWN 靴¥38,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ) バッグ¥39,000/サザビーリーグ(ステート オブ エスケープ) バングル¥124,000/ストラスブルゴ(ソフィー ブハイ)Day3楽ちんなニットの上下が週末ドライブに最適。防寒対策も万全に運転は私の役目だから、車内はリラックスできる格好で。外でのダウンコートは防寒としてだけでなく、そのキレのいい質感で、ニットの上下を都会的に見せてくれる。ダウンコート/上と同じ ニット¥51,000/リーミルズ エージェンシー(ジョンストンズ) スカート¥33,000/ブルーバード ブルーバード 帽子¥7,000/カシラ ショールーム(カシラ) タイツ¥1,000/ブロンドール 新丸の内ビル店(ジュウナナドシー) ピアス¥76,000/ヒロタカ 表参道ヒルズ(ヒロタカ) 大バッグ¥39,000/サザビーリーグ(ステート オブ エスケープ) 靴¥58,000/カオス丸の内(ウーマン バイ コモン プロジェクト) 小バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ストール¥25,000/グリニッジ ショールーム(プレディー)撮影/金谷章平(人物) 草間大輔(impress+/物) ヘア/左右田実樹 メイク/水野未和子(3rd) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/五明祐子 構成・文/東原妙子
関連キーワード

RECOMMEND