冬の沖縄のんびり旅。「星のや竹富島」は、さらに素敵に進化中

Web eclat

1/10

2/10

3/10

4/10

5/10

6/10

7/10

8/10

9/10

10/10

アクティビティ「朝の静けさ 水牛車観光」では、まだ人の少ない朝の時間帯に、水牛車で島をひとめぐり。星のや竹富島の宿泊者限定。
農業を営む人が減っている竹富島で、この島ならではの畑文化を継承すべく活動している長老、前本隆一さん。島に伝わる白、橙、紫の3種類の芋を、その場で割って見せてくれた。本当に色が違う!
島の農作物について説明してくれる前本さん。星のや竹富島はその思いに共鳴して、施設内の畑で島特有の作物を継承するプロジェクトを2017年からスタートした。
リゾート内の小道には、この季節でも色とりどりの花が。
「島テロワール」から、命草(ぬちぐさ)と島豆腐のクープ。沖縄好きの人にはおなじみ、命草とは伝統的に島の人々の健康を支えてきたハーブのこと。
月桃の葉にくるまれてサーブされる、車海老のサンゴ焼き 命草ソース。竹富島には車海老の養殖場がある。
車海老と豚のショーソン。すべて、ソムリエがセレクトしたワインとのマリアージュでいただくコースもある。
いきいきと生命力を感じる島の食材。このパワーをありがたくいただこう。
食事のしめくくりに、三線の名人が島唄を聴かせてくれた。旅情が高まる嬉しいひととき。
竹富島の伝統建築をもとにした平屋造りの客室。縁側はすべて南向きになっていて、心地よく風が吹き抜ける。
 *  *  *  *  *  

時を経るごとに素敵になるリゾートホテルって、ありそうで、そうは多くないもの。

開業から6年がたち、ますます人気の「星のや竹富島」を取材したライター、ジャーナリストたちがそろって口にした言葉が印象的でした。「オープンの時より、さらに、ずっと魅力を増していますね」。

サンゴの石垣に、赤い瓦の低い屋根。それらの家々をつなぐ白い砂の道。ずっと竹富島に息づいてきた人々の暮らしをそのままに、「離島の集落に滞在する」をテーマとしてできた星のや竹富島。エクラ読者のみなさんにも、泊ったことがある方は多いかもしれません。2012年のオープン後、家々のまわりの植物はすくすくと育って生い茂り、石垣もいい感じに風合いを増して、まるで本当の集落のように、より島に根差したリゾートとなりました。

そんな星のや竹富島が、この冬、提案するのは「島テロワール」。

竹富島でうまれた、竹富島にしかない味わいを満喫しながら、島の食文化にも興味深く触れる。単なる「美食」とはまた違った食体験は、なんとも知的好奇心を刺激するもの。そして、島の食材たちが蓄えたパワーが身体のすみずみまで染みていくように、健やかな心地よさをも体感することができます。

外のテラスで食前酒をいただく「島風(しまかじ)アペロ」から始まるディナー。冬こそが一番おいしいといわれる芋や、島では冬に旬を迎えるハーブ、野菜。そして島の特産品でもある車海老などを、全10皿。沖縄というとどうしても夏のイメージが強いけれど、冬には冬の「旅に出る理由」があるな……とうならされるコースです。

1/4

2/4

3/4

4/4

プールの向こうから昇る朝日に出会えたラッキーな1枚。プールはリゾートの中心部、少し低くなった場所にあり、ここからさえぎるもののない夜空を見上げるのも素敵。
朝食も島テロワールの特別メニュー。ハンダマや長命草といった命草たっぷりのサラダ。5種類あるドレッシングも、長命草やタンカン、山羊チーズのシーザードレッシングなど選ぶのが楽しい。
ラウンジで自由にいただけるお茶も、月桃やフーチバ、グァバ、センダン草など興味深い。
高台からのぞむリゾートの風景。伝統の建築様式を尊重してできており、島にもともとある3つの集落になぞらえ、今では「第4の集落」と呼ばれるほど。
 *  *  *  *  *  

快適なベッドでぐっすり眠ったあと、夏よりも遅い冬の朝日に迎えられながらいただく朝食は、その澄み切った空気もごちそう。島の野菜をたっぷりといただきましょう。

そのあとは、まだ人の少ない朝の時間帯に水牛車で島をめぐるもよし。スパを楽しんだり、ミンサー織りや民具づくりを習ってさらに島の文化に触れるもよし。海風も心地よい季節なので、ハンモックでうたたねしたりも……。もう最高ですね。

日常の忙しさを忘れて、身も心も島時間にゆだねるなら、大人世代にとってはむしろ冬こそが、ベストシーズンかもしれません。
「島テロワール」
期間/2018年12月10日~2019年3月3日
料金/12,000円(税・サ別)
要予約。予約は星のや竹富島公式ホームページにて、夕食付の宿泊プランを選択。

島の散歩中に見つけたかわいいシーサー!
島の散歩中に見つけたかわいいシーサー!
沖縄県八重山郡竹富町竹富
☎0570・073・066(星のや総合予約)
アクセス/石垣港よりフェリーで約10分。竹富港より送迎あり。
料金/1室1泊51,600円から(税・サ別、食事別)※通常は2泊より
取材・文/本誌編集部
関連記事
  • ハリやコシが低下していく大人の髪は、たび重なる白髪染めやパーマでダメージが深刻になるばかり。そんなエイジングヘアの悩みに応えるシャンプー&トリートメントが発売されました。和漢植物やオーガニックハーブ、最先端の植物研究による成分を配合し、加齢などあらゆる要因で傷む頭皮を癒して乱れがちなヘアサイクルを整えてくれます。香りもよく、洗い上がりの髪はしっとりつややか!HANAオーガニック[左から]リセットシャンプー 280㎖ ¥3,700・3WAYトリートメントパック 280㎖ ¥4,100問い合わせ先:えそらフォレスト ☎0120-052986撮影/ケビン・チャン 原文/中込久理
  • おしゃれ女子会をするとなれば、 恵比寿や表参道、六本木が人気エリアですが、 実は、都内屈指の隠れ家エリアと言われている 「白金」もかなりおすすめなんです! 今日は、中でも私がおすすめする 《東京・白金エリア》の 注目レストランをご紹介します♡♡白金台駅徒歩1分!別荘のような癒しレストラン★白金台交差点、プラチナ通り入口に店を構え アメリカ料理が堪能できるカジュアルレストラン 【Be Terrace -SECOND HOUSE-】3時間飲み放題&全6品!アニバーサリーコース★この日は、友達の誕生日を お祝いするためのディナーだったので、 【アニバーサリー】コースメニューを♪♪ アメリカ料理を堪能できる、 かなりボリューミーな内容です!! 【前菜】季節野菜の梅バーニャカウダ 【前菜】豊洲市場直送鮮魚のカルパッチョ 【前菜】ホンビノスのクラフトビールのスチーム 【パン】アコーディオンバケットのガーリックトースト 【パスタ】本日のシェフおすすめパスタ 【メイン】豪州産リブロースステーキ100g メカジキのケイジャングリル マッシュポテト添えバースデーケーキもかわいい♡そして最後に・・・ こんなに可愛いバースデーケーキを 出していただきました♡♡NYで人気の自家製“ネイキッドケーキ”を含めた デザートの盛り合わせ❤︎ テラス席がおすすめ★店内席もかなりお洒落な空間ですが、 カリフォルニア西海岸を想わせるような テラス席がかなりおすすめです!!冬でも、暖房完備なので、 全然寒くありません!!あまりにも居心地良すぎて、 自分の家にいるかのようにくつろぎました(笑) 女子会にはぴったりすぎるレストランなので、 ぜひ行ってみてください 〜!! ちなみにわんちゃん連れも、お子様連れも 大歓迎のようです♪♪【No.576】*Ayane* Instagram料理専用Instagramはこちら★モアハピ部 No.576 *Ayane* のブログ
  • 全国の『髙島屋』で、1/23(水)より順次開催! 最終日は2/14(木)。本日お届けするのは、可愛い・限定・美しいと三拍子揃ったショコラが一堂に会する、『髙島屋』バレンタイン「アムール・デュ・ショコラ」。横浜、大阪、京都などで1/23(水)より随時開催されるこちらでは、今話題のルビーチョコレートを使った華やかなショコラや芸術的な美しさを誇るショコラ、会場でしか買えない限定品など、話題が盛りだくさん。そのなかから選りすぐりの11アイテムをご紹介♪【『髙島屋』限定】「ミニヨン・ルビー(6個入)」(¥1944 ※税込)/『メサージュ・ド・ローズ』美しいパッケージを開けると、バラの形をした愛らしいショコラが♡ ルビーチョコレートのナチュラルなピンクカラーや、うっとりする香りにキュン♡【『髙島屋』限定】「ショコラシンフォニー(8個入)」(¥1728 ※税込)/『モンロワール』 ミルク、ダーク、フランボワーズを加えたルビーチョコレートガナッシュを、ホワイトとダークチョコレートでコーティング。ちょこんっと乗ったトッピングもチャームポイントです♪【『髙島屋』限定】「プレミアムタブレットルビー」(1枚¥1728 ※税込)/『ベル アメール』手のひらに乗る小さなお花畑♡ さわやかな酸味の「ルビーショコラ」に、フランボワーズやピスタチオ、花型のチョコレートを飾りつけました♡♡「キャラモンドR(110g)」(¥2862 ※税込)/『ブノワ・ショコラ』 キャラメリゼしたアーモンドスライスの絶妙な食感が人気の「キャラモンドR」に、華やかなルビーチョコレートコーティングが新登場!!【日本初登場】「マンディアン・ズー(10枚入り)」(¥2484 ※税込)/『コジェンス』日本初登場のベルギー発ショコラ。健康志向を背景に、人気のフルーツやナッツをふんだんにトッピングした、ユニークなマンディアン(※)5種類と、ひと粒ごとにアニマルプリントを施したショコラを楽しめる、スタイリッシュな注目株!※マンディアン......薄く伸ばしたチョコレート生地の上に、ナッツやドライフルーツを乗せたもの【『髙島屋』限定】「タルトオショコラ(3個入)」(¥1620 ※税込)/『ロイスピエール』小麦の外皮を練りこんだグラハムクラッカーやメレンゲクランチなど、食感とショコラにこだわったタルトオショコラ。ラインナップはストロベリー、ホワイトチョコレート、ショコラの3種類。【『髙島屋』限定】(左)「バーグルモン(4種各1個入)」(¥3672 ※税込)、(右)「髙島屋セレクション(4種9個入)」(¥3240 ※税込)/『ジャック・ジュナン』カシスキャラメルとアーモンドプラリネの2層ショコラや、キウイやマンゴーフルーツのペーストをショコラでコーティングした、バータイプのショコラ「バーグルモン」。「高島屋セレクション」は、パッションフルーツやレモンを使用した甘酸っぱいガナッシュや、スペシャリテであるミントのガナッシュなどを贅沢に詰め合わせ♡【『髙島屋』限定】「髙島屋セレクション バレンタインコフレ(8個入)」(¥3996 ※税込)/『ローラン・ル・ダニエル』フランス国家最優秀職人「M.O.F」の称号を持つ、ローラン・ル・ダニエル氏がつくるハイクオリティーなショコラには、自身が育てたハーブなどが使用されているんです。焼き菓子の販売も見逃さないで!【『髙島屋』限定】「ショコラ・オ・フリュイ(6枚入り)」(¥2592 ※税込)/『トゥジュール・ショコラ』ベルギーのショコラティエ・ヤン・ヴェルレイヤ氏と、『髙島屋』のバイヤーが、何度も試作を重ねて出来上がった自慢の6粒の詰め合わせ。ショコラとフルーツ、それぞれの素材の特長を活かした、情熱が詰まったアソート。これなら、大切な人への思いもしっかり伝えてくれそう♡【『髙島屋』限定】「マロンショコラ(9個入)」(¥3996 ※税込)/『グザビエ・ベルジェ』本店があるピレネー山脈の谷間で育った「ビゴール栗」にラム酒を効かせた「マロンショコラ」が初登場! お酒とともに味わいたい大人のショコラ♪(左)「ドームアソート(3種計9個入)」(¥7236 ※税込)、(右)「ロシェ(4種計16個入)」(¥5724 ※税込)/『パトリック・ロジェ』30歳という若さでフランス国家最優秀職人「M.O.F」を受章したフランスのトップショコラティエ・パトリック・ロジェ氏が世におくり出す芸術的なショコラ。自家農園で育てたこだわりのアーモンドとピエモンテ産へーゼルナッツを用いたミニサイズのプラリネなど、必見のラインナップ♪個性豊なショコラがそろう会場は『Little Glee Monster』が歌うキャンペーンソング「ハピネス」でさらに盛り上がる予感! ぜひ近くの『髙島屋』に、足を運んでみて♡■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■「アムール・デュ・ショコラ」■横浜店、大阪店、京都店期間:1/23(水)~2/14(木)■新宿店期間:1/25(金)~2/14(木)■日本橋高島屋期間:1/30(水)~2/14(木)■玉川店、柏店、大宮店、高崎店、岐阜店、堺店、泉北店、岡山店、米子店、名古屋店でも開催。※店舗によって販売期間や、一部、取り扱い商品が異なります→詳細や公式サイトはこちらから!
  • 脂ののった金目鯛を香りのいいアオサ、つるんとしたとろろと味わう“アオサの金目鯛しゃぶしゃぶ”のレシピを料理家の冷水さんがご提案。“香り豊かな、和み鍋”香草やスパイス、和の薬味使いに、目からウロコのアイデアが満載。「シンプルな鍋も、スパイシーな辛味やさわやかな香りなどで目新しい味わいに。最後のスープまでおいしくいただけることを心がけています」(冷水さん)。冷水さんのセルフスタイリングでご紹介。>>冷水さんの鍋THEORYはこちらアオサの金目鯛しゃぶしゃぶ脂ののった金目鯛にさっと火を通し、香りのいいアオサ、つるんとしたとろろと。魚のうま味が出ただしが絶品!材料(2~3人分)金目鯛(しゃぶしゃぶ用スライス)....................半身分 アオサ(乾燥)..............................................4g 大和いも......................................................10㎝ A  だし...........................................................800㎖ 酒.............................................................100㎖ 薄口しょうゆ...............................................大さじ2/3 塩.............................................................小さじ1/2 ポン酢.......................................................適量作り方1.鍋にAを入れて温める。大和いもは皮をむいてすりおろす。 2.1の鍋にアオサを加え、各自が金目鯛をしゃぶしゃぶして、ポン酢をつけていただく。途中、すりおろした大和いもをスプーンなどですくって落とし入れ、軽くかたまったらいただく。鍋奉行ポイント締めはにゅうめんがおすすめ! だしに金目鯛のうま味が加わり、アオサやとろろもからんでおいしい。そうめんをゆでて冷水で締め、鍋に加えて温め、だしとともに器に。教えてくれたのは……料理家 冷水希三子さん 雑誌、書籍、広告などで活躍する料理家。京町家ホテルの朝食のプロデュースなども。センスのいいスタイリングも人気。http://kimiko-hiyamizu.com/>>「絶品鍋レシピ28days」をもっと見る撮影/伊藤徹也 取材・文/海出正子 ※エクラ2019年2月号別冊掲載
  • 外出しているとき、芯から冷えて「もう帰ろうよ〜」モードになった母も納得したハーブの「温める力」。実話です(笑)こんにちは、yuccoです。 東京は雨がほとんど降っていないので乾燥で肌のピリピリは悩ましいですが、昼間の陽射しは暖かくて過ごしやすいです。 日向は、ですね。日陰に入るとやっぱり1月。めちゃ寒い。 ・ 先日、母と外出をした時のこと。 晴れでしたが、ビルの谷間だったこともあり日向がなくて寒い中を結構歩きました。 ・寒さについてはあまり弱音を吐かない雪国育ちの母ですが、「どこかでお茶しようか…芯まですごく冷えた感じで…もう帰ってもいいし…」と目的を達成する前から帰りたいモードに。 ・ そこで私の専門、「ハーブ」ティーが飲めるサロンを探しました。 温かい飲みものならコーヒーや紅茶でももちろんマル、不正解はないんですけどね^^ そしたら近くにMUJI cafeがあるではないか!! というわけですぐ向かいました。MUJI cafeには、1年中フレッシュハーブティが置いてあります。 季節によってブレンドは変わりますが、ローズマリーやレモングラスがはいっていることが多いかな? 1つ共通点は、どんな季節でもカフェインフリーということ。 カフェインにも良いところがたくさんありますが、体を冷やす、という弱点があります。 夏にはいいですよね、火照り防止とか。 ・ プラス、ハーブティーには植物の成分がたくさん溶け出していて体を温めたり血流を促したりしてくれるので、ハーブティ飲むなら今でしょ!のタイミングと思い一緒に飲みました。すると。 ハーブティーを飲んで外に出て、しばらく経った時に母が「お腹がずっとポカポカしてるね」と。 温熱効果がハーブの成分で保たれているという事を母に言ってもチンプンカンプンなのでもちろんややこしい事は言わず(笑)、目的を無事に達成して楽しく帰宅したのでした。 ・ 今週後半は寒さが深まる予報のようですし、芯から冷えた〜と思った日はぜひハーブティを試してほしいです。 お好きなもので大丈夫です♪美女組No.102yuccoのブログ
  • 赤提灯からお洒落イタリアンまで、18時間で食べ尽くした名店の味をご紹介します。 ただただ、おいしいものが食べたい!いいお酒が飲みたい!の一心で、真冬の京都に行ってきました。  高いお金を出せばおいしいものを食べられるのは間違いないですが、今回はカジュアルな旅。そして、いろんなジャンルの料理とお酒をとことん味わいたいし、交通の便が良いまちなか限定で・・・、といろいろワガママな希望、全て叶うでしょうか?  さて、夕方に出発して一路京都に向かい・・・、行ってきまーす。 実は新幹線内で既に酒盛り開始(笑) PM7:00、一軒目は、風情のありすぎる居酒屋、川端二条に位置する「赤垣屋」さんへ。  年季の入った赤提灯に、レトロなネオン。入り口だけで、既に酒飲み心がくすぐられます♡この店構えがすでに100点! まずはマストなおでんから。京風のお味であっさり風味。いくらでも食べられちゃいます。  肉厚の万願寺とうがらし焼きに、ジューシーな鴨ロース、写真撮り忘れましたが、しめ鯖、酢牡蠣、くもこ、なまこなどなど、材料良し、味付良しの最高のお酒のあてが次々と。  レモンサワー➡熱燗➡焼酎と進み、かなり満腹になりましたが、まだまだ夜は終わらない(笑) PM9:00 二件目の予約まで少し時間があったので、ぶらぶらしていたら、気になるお店を発見!  OHSHO・・・?なんと、餃子の王将でした!京都は王将もオシャレなんだなぁ・・・!カフェ的な感じで、女性の一人客も多かったです。 OHSHOにちょっと寄り道して、紹興酒の炭酸割り「上海サワー」と餃子を少しつまんでから、次のお店へ。  PM10:00  三条室町のイタリアン、「ryuen」さんです。 なんともオシャレなたたずまい。深夜まで営業しているのもうれしいところ。 カトラリーもおしゃれで、料理への期待がいやがうえにも高まります♡  ワインもこだわりの品揃え。 ワインをいただきながら、まずはウサギのレバーパテ、フォアグラのポワレのせオムレツ、京都産豚ロースのロティと続いていきます。  正統派イタリアンでありながら、京都の食材を生かしたあっさり風味でどれもすごくおいしいんです。  写真にないですが、ジェノベーゼも、バジルの香りがとにかく濃厚で素晴らしかったなぁ・・・。今思い出しても幸せになってくるお味でした。  京都イタリアンのすごさ、とくと味わいました!ウサギのレバーパテ。臭みがなく軽い味わいでした。添えられたパンがまた格別のおいしさで最高でした!このお店に来たらこれはマスト!フォアグラのポワレのせオムレツ。上に散らされた生マッシュルームがフォアグラの濃厚さを引き立てます。京都産豚ロースのロティ。こんなにボリューミーに見えて、意外とあっさりとした味わい!他の画像を見る 最高の夜はあっという間に過ぎ、いつのまにかAM1:00!  この日はゆっくり寝て、一夜明けて若干の胃もたれを感じつつ、朝ご飯は抜いて昼食への期待感を高めてからの・・・  AM11:30 最後のご飯は、寺町丸太町の「マダム紅蘭」さんへ。 町家でいただく中華です。ミシュラン一つ星のお店。 こちらは、京野菜をふんだんに使った体に優しい中華料理のお店。  とにかく、お味が全て上品なんです。  お店の方の接客も素晴らしく、人を連れてきたくなるお店です。その名も「上品な八宝菜」!彩りが美しい。皮がモチモチのワンタン。外はカリッカリ中はトロットロの大根餅。名物の東坡バーガー。とろける角煮に悶絶! 紹興酒をお供に、しみじみ味わいました。  おいしいランチのあとは急いで帰路へ。滞在時間は正味18時間。観光は一切できなかったけど、大満足の弾丸京都グルメ旅でした。  今回ご紹介したお店は、どれもハズレなし!と強く断言できますので、良かったら行ってみてくださいね。大切な友達へのお土産は、マダム紅蘭の冷凍の東坡バーガー。➡「赤垣屋」さん➡「ryuen」さん➡「マダム紅蘭」さん★my Instagram美女組No.141 カキノキのブログ
  • 大好物ってわけじゃないのに、この時期だけは無性に食べたくなるのがチョコレートケーキ。ワインやウイスキーとも好相性で、オツな晩酌のおつまみにもなります。その場合、ほわんとした頼りない甘さじゃなくて、ガツンと脳を刺激する、クラクラするような濃厚さがちょうどいい。中はみっちみちに詰まっていて、爆発的に体重を増やしてくれそうなものだとなおよし。どうせ夜に食べるなら覚悟の上です。 一口にチョコレートケーキと言っても種類はたくさんありますが、中でもザッハトルテは別格なイメージがあります。ウィーン発祥の由緒ある出自とノーブルな名前の響きがそう感じさせるのか、洋酒とクラシック音楽がよく合う。それに、表面をチョコでコーティングした艶やかなたたずまいには、お菓子という域を超えた重厚な品格を感じるのです。 ザッハトルテといえば、数ある有名店を差し置いて食べたくなる一品が、故郷である京都にあります。市内中心部の六角通沿いにひっそりと店をかまえる「ケテル」。物心ついた頃から両親に連れられ、今でもかよっている喫茶、イノダコーヒが手がけるケーキ専門店です。イノダの喫茶メニューにあるケーキは昔からずっとケテルのものですが、六角通の店舗では、あえてイノダで出されないオリジナルが販売されています。 ケテルのザッハトルテは、表面のコーティングが分厚くて、まあ硬い。フォークがスムースに通らないし、はっきり言って食べにくいと感じてしまうのですが、これこそがウィーン風の本格派です。それに、困難を乗り越えた先にはうっとりするほどの幸せが待っています。 鎧のように硬い表面は、やっとの思いで口に入れるとシャリシャリとほどけていき、ウソみたいに口どけがいいんです。目が覚めるような甘さとチョコレートのほろ苦い風味、アプリコットジャムの甘酸っぱさが三位一体となって、脳内にピリリと刺激が走ります。その一撃を和らげるかのように、下の生地はしっとりマイルドで香ばしい。この生地がほどよく緩衝材になってくれて、またシャリシャリの甘い刺激を確かめたくなる。そこに苦手なはずのウイスキーをはさんでみると、もう信じられないくらい美味しい! 私はひと口で完全にデキアガリました。 まだ京都に住んでいた頃は、本場にならったケテルのザッハトルテを口にするたび、「これがウィーンの味かぁ」と感心したものでした。それがいつの間にやら「故郷の味」へと転化し、今となってはノスタルジーすら感じさせる存在になりました。バレンタインデーが近づいてくると、このシャリッと刺激的な甘さを舌が思い出し、恋しくなる夜です。 >>「お夜つ」の時間 ── いにしえの祭に思いを馳せる #深夜のこっそり話 #1056 >>「お夜つ」の時間 ── 自宅で楽しむ高級料亭の味 #深夜のこっそり話 #1061 トッピングされたチョコレートには、イノダコーヒのエンブレムが。中までみちみちに詰まった生地は、しっとりまろやかで香ばしい。
  • 歯ざわりのいい大根を、ピリッとする花椒オイルでいただく“大根といりこの鍋”のレシピを料理家の冷水さんがご提案。“香り豊かな、和み鍋”香草やスパイス、和の薬味使いに、目からウロコのアイデアが満載。「シンプルな鍋も、スパイシーな辛味やさわやかな香りなどで目新しい味わいに。最後のスープまでおいしくいただけることを心がけています」(冷水さん)。冷水さんのセルフスタイリングでご紹介。>>冷水さんの鍋THEORYはこちら大根といりこの鍋歯ざわりのいいリボン状の大根を、ピリッとする花椒オイルで。煮干しはそのまま食べるので、上質なものを。材料(2~3人分)大根......................................................1/2本 煮干し(いりこ).....................................15g A 水........................................................600㎖ 酒........................................................50㎖ 薄口しょうゆ.........................................大さじ1 花椒オイル 花椒....................................................大さじ1 太白ごま油(またはサラダ油)..................大さじ4 作り方1.煮干しの頭と内臓を取り除き、Aとともに鍋に入れ、弱火でゆっくり煮出す。 2.花椒オイルの材料を小鍋に入れて弱火にかけ、花椒が赤黒くなって香りがたつまで加熱する。火から下ろして冷ます(冷蔵庫で1カ月保存可)。 3.大根は皮をむいて縦に4等分に切り、スライサーでリボン状に薄くスライスする。 4.1の鍋に薄口しょうゆを加えて味をととのえる。各自が大根を入れて好みの硬さまで煮て、煮干しとともに器に取り分けて花椒オイルをたらしていただく。鍋奉行ポイント大根の切り方は縦に4枚に切る感じ。両端は写真のような形になるけれど、スライスすればリボン状になる。スライサーがない場合は、ピーラーでリボン状にしても。教えてくれたのは……料理家 冷水希三子さん 雑誌、書籍、広告などで活躍する料理家。京町家ホテルの朝食のプロデュースなども。センスのいいスタイリングも人気。http://kimiko-hiyamizu.com/>>「絶品鍋レシピ28days」をもっと見る撮影/伊藤徹也 取材・文/海出正子 ※エクラ2019年2月号別冊掲載
関連キーワード

RECOMMEND